井出草平の研究ノート RSSフィード

2006-06-01

[]スウェーデンの結婚と離婚


スウェーデンをディスるコピペに対する疑問。(成城トランスカレッジ)
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060601/p2

chikiさんが林道義氏のホラを論駁したエントリ繋がりでスウェーデンの結婚と離婚についてのエントリ。論駁はchikiさんの記述で十分なので、このエントリでは日本とスウェーデンにおける結婚・離婚の世代的な特徴について述べる。


2004年時点で比べると、日本の離婚率は「1.58」、スウェーデンが「2.22」なので、離婚率はスウェーデンの方が高い。ただ、スウェーデンで5796組離婚が少なければ日本と同率という程度の差なので、著しい違いがあるとは言えない*1


ちなみに「離婚率」というのは人口1000人あたりの離婚件数のことである。離婚率が「3」ということは、男女問わず1000人集めれば、その中で3件/年の離婚があるということを意味している。


世代別にして日本とスウェーデンの表を作ると以下のようになる。



*日本表は厚生労働省人口動態 平成16年 より再集計

*スウェーデン表は *Folkmängd i hela riket, länen och kommunerna 31 december 2004 より再集計(PDF)より再集計



件数で比較すると日本はスウェーデンの10倍離婚している。スウェーデンが「国家的破綻」をしている批判するほど、日本の離婚は少ないわけではない。

また、表からは、スウェーデンの離婚のピークが40代だということが読み取れる。また、50代になると日本は離婚がグッと減るが、スウェーデンでは離婚はなされている。これは日本と大きく違う点である。


このデータをグラフにしてみた。



20代の離婚率は日本の方が高い。つまり、20代に限っては、スウェーデンより日本の方が離婚がなされているということだ。


しかしこの数字は日本の20代が離婚しやすく、スウェーデンの20代が離婚しにくいということを意味してるわけではない。


1年の結婚件数を世代別にみてみると次のようになる。



スウェーデン女性の結婚ピークは30代だが、日本ピークは20代である。つまり、日本では20代で結婚する人が多いため、そのぶん離婚する人も多くなっているのだ。


列パーセントを取ってグラフにすると以下のようになる。



このグラフからは日本女性の結婚の6割が20代でなされていることが読み取れる。一方スウェーデンでは、20代から30代にかけて結婚がなされている。つまり、スウェーデンは日本よりも「晩婚」なのである。


日本とスウェーデンの結婚・離婚の世代的特徴は以上のようになる。

*1:また、日本での離婚は2000年をピークに減少傾向にあることも考慮しなくてはいけない。

初めまして初めまして 2006/11/28 18:48 興味深いブログです。

しかし確かスウェーデンは非嫡子が多かったのでは無いでしょうか?
明確な英文ソースが見つけられませんでしたが、サンボーと呼ばれる事実婚が多い国では人口比で離婚率を出すことは比較になり得ません。

特に日本の非嫡子は権利が制限されているため、日本は事実婚は少なく
スウェーデンは非嫡子の権利が嫡子とほぼ変わらないので事実婚が多いはずです。これはフランスやイタリアでも言えることです。

ですので、結婚や離婚の統計では事実婚はカウントしていないのがほとんどだと思われますので
人口比ではスウェーデンの正確な離婚率は割り出せません。
言い換えると、事実婚の多さを考慮すれば人口比はもっと高くなるはずです。

明確なソースが無いのにこんなコメントすみません。

iDESiDES 2006/11/29 00:11 コメントどうもありがとうございます。日本では非嫡子の「権利が制限されているために」非嫡出子が少ないというとは思いません(主たる原因は文化的な要因だと思います)が、スウェーデンに非嫡出子が多いのはご指摘の通りです。また、事実婚の少ない国と多い国の離婚率を比較する問題点があることも指摘の通りです。ただ、国際統計の比較全般に言えることなのですが、文化的側面や質問文の解釈をはじめ、各国の統計をそのまま比較することはいつもり問題が存在しています。かといって、他に手段が無いという場合があり、その際には、データに欠点はあれど、現存するデータで近似値的に示す努力をする他ないのではないかと思っています。ご指摘の点を正確に統計の数字として示すためには、事実婚の動態の統計をとるということになりますが、そのためにはスウェーデンのどこでカップルが別れ、どこで新しいカップルが出来たかということを追うということを完全に網羅する作業をすることが必要で、現実的にはそのような作業は不可能だと考えられます。本エントリの趣旨は、最初にリンクで示している「成城トランスカレッジ」に掲載されている林義道氏の「スウェーデンでは離婚率が約五〇%」という事に対して、婚外子の問題はあれども、国際比較に通常使われている「離婚率」(人口あたりの離婚数)を記して、「50%」という数字が如何に間違えた数字であるかということを示す目的で書かれています。国際的な統計の比較の限界を考えますとこのエントリで書いたことでひとまず目的は達成されているかと思います。ただ、もう少し踏み込んで、推測値として出すならば、婚内子と婚外子の割合を法定結婚と法定外結婚の割合だと仮定(=法定結婚も法定外結婚も同率で子供が生まれるという仮定)をして、同割合で離婚数を推定するということになるのではないかと思います。とはいえ、常識的に考えて事実婚の方が離婚しやすいはずなので、これもやはり近似の推定値ということになるとは思います。もう少し、きっちり数を出す場合は、数百人〜数千人程度のサンプルに対してライフヒストリーの調査をして、どの程度の人たちが法定内外で結婚し、離婚しているかという動態を調べて、このようなミクロな分析から出た結果でマクロな状態を推定するという形をとると良いかと思います。

初めまして初めまして 2006/12/13 00:32 こんばんは。
返答ありがとうございます。

日本の非嫡子の割合は確かに、文化的要因かもしれませんね。今でも愛人の子というイメージが拭えません。しかし法定相続は確か嫡子の2分の1だったかと思います。古い規定が長く続いていると聞きました。これも結婚さえすれば、子供に与えられる権利ですので、余程のことが無い限り事実婚の選択肢も少ないでしょう。

それと、ソースらしいソースではありませんが、一応非嫡子の割合を見つけました。スウェーデンの非嫡子の割合は50%以上ですね。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/w-2004/html-h/html/g1211040.html

事実婚の離婚率が、法律婚と同等と捉えられるかは議論が必要ですね。
私も専門家ではありませんが、存在意義を考えるなら、事実婚の解消率は、法律婚の離婚率を上回るのが自然かと考えてしまいますね。

離婚率の算出方法については、識者達がこれを用いている意図が私もよく理解できません。再婚や再離婚も当然含まれているようですし。しかし、専門家がこれを用いているのは、傾向と時期的なトレンド把握が可能なのではないかと仮説を立てています。

スウェーデンも50%近辺が数年続いているので、現実値に近くなっているのでは無いでしょうか。そのカップルが一生の間に別れる確率を出そうとするならば、どのような計算式が適切なのかはちょっと分かりませんが。

いずれにせよ、日本に比べて、女性からも離婚がし易い以上は、日本よりも大きく上回るのは非常に自然だと思われますね。

私はスウェーデンの肯定・否定どちらでもありませんが、今後の動向には注目をしています。

男女平等に注力している国ですが、かなり急速に進めた感は否定出来ませんので、様々な弊害が出てくるでしょう。各国にとってはスウェーデンの行動は、同等比較は出来ませんが、良いサンプルにはなるでしょう。

アメリカの黒人差別問題も100年以上経っても、本格解決には至っていません。これが男女ともなれば、様々な過渡期を経る必要があるのでしょうね。

女性の社会進出だけがジェンダフリーなのかどうか、北欧の成り行きが楽しみです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

    
この日記のはてなブックマーク数
はてなRSSに追加