Hatena::ブログ(Diary)

hedgehog’s blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-03 each()使用時のループの抜け方

[]Photoshopのペイントカーソルの形状が勝手に変更される件

Photoshopを使っている際、いつの間にかブラシや消しゴムツールのペイントカーソルの形状が普段と異なっている場合ってありませんか?具体的に言うと、僕の場合は「環境設定」の「画面表示・カーソル」で選択したペイントカーソルの形状を「ブラシサイズ」にしているのですが、これがいつの間にか「詳細」を選択した場合に表示されるべきカーソルに変わってしまっているのです。これだと選択しているブラシサイズが視覚的に分かりづらく、大変不便なのです。

じゃあ、その設定画面でまたペイントカーソルの形状を選択し直せばいいんでないの?というとそうでもなくて、設定画面でのペイントカーソルの形状は依然として「ブラシサイズ」が選択されているままなのです。ですので、もうこなってしまうとカーソルの形状を戻す術もなく、「うんこPhotoshop!」という呪いの言葉とともに、仕方なくアプリケーションを再起動するわけです。

ですが、これがPhotoshopのバグなんかでないことを偶然発見しました。答えは[CapsLock]+[Shift]キー。これがペイントカーソルの形状をトグルするショートカットのようで、勝手にバグと勘違いしていたのは、いつのまにかこのショートカットを呼んでいたという痛い結果でありました。Photoshop様ごめんなさい。