Hatena::ブログ(Diary)

handmade yellow

 | 

2009-01-22

untitled description

雄どもは皆阿呆の如き餅焼きじゃからの。ただな、雌もそんなことが嬉しい阿呆じゃからの。どこを見ても阿呆ばかりじゃ。

- 「狼と香辛料」より


全生物みんなアホだと賢狼ホロ様は仰っていますが、今日はそんな話だったり、違ったり。ところで無性生殖を行なう生物に関してはホロはなんと言うだろう。うーん。




生物の基本行動原理は、自らの遺伝情報を後世に残すことだという理論があります。大雑把ですが、セックスしたいがために生物は生きている、と。それと同時に、パートナーが誰でもいいという訳ではなく、より優れた—さらにその後世にまで遺伝子を残し得るだけの力を持った子を作れるような—相手を選ぼうとする、そういう方に生物の本能は働くようです。生物の求愛行動というのは、自分が優れていると思った相手に対し、自分がどれほど優れているのかをアピールすること。クジャクの羽の美しさや、類人猿の力の誇示。自然界では皆必死だね。


では人間様はどうかというと、本能を上回ろうかというレベルで知性を発達させたが故にピラミッドのてっぺんに立っているのですが、それでも求愛行動という意味での本能はまだ随所に見られます。女性は他の子に負けじと流行りの服や化粧品を買い漁り、男性は「女性にモテる10の秘訣」を読み漁る。どういう心境でそういう行動を起こしているのかは人によって色々でしょう。片思いのあの子を振り向かせたいのかもしれないし、ミスコンで一位に輝きたいのかもしれないけど、突き詰めれば本能が、より優れた表現型を!と喚いているのではないかな。


人の行動の裏にやれ遺伝子だ、やれ生物の本能だと言いたがるのは生物屋の悪癖ではあると思うのですが、面白ければいいじゃない。そんなわけで最近個人的に気になっている、女性の行動についてぼそぼそと。まあ野郎はいいんです。野郎の話なんてしたってしょうがないし、野郎共が乙女心を完全に理解しようなんて、性染色体が違う以上それは蟻の行列に話しかけることぐらい無益なことです。


Y染色体はその絶対数から劣化しやすい、という話がある。野郎はそのうち消えるだろうと遺伝学者は予言しているらしい。今すぐにでも消えてしまう可能性もゼロじゃないという話だ。喜べ、百合モノ好きの同士諸君!まあ、そういう事情と関係あるのかどうかは知りませんが、優れたパートナーを見つける、という点で言えば雌の方が熱心です。自然界では求愛行動ベクトルも♂→♀の方向が多い。いいねえ、選ぶ立場って。なあ、そう思わないか?…まあ泣くなよ、女は星の数ほど居るって言うじゃないか*1 *2。それはともかく、他の生物では雄の方が自分をよく見せようと必死なのだ。だが人間では逆のように思えるね。


女性の方が綺麗に、美人に、可愛く、お洒落でありたいとする欲望は強い。データはないけどそう言い切ってしまってもいいでしょう。可愛い服を着飾って、めいっぱいメイクして、お腹のお肉が気になるからおやつは控えてダイエット。そんな女性は腐るほどいる。特に日本人女性のそれは病的というか、何かに取り憑かれたような熱心さだね。イギリスの大学に通う友人が、日本からきた留学生が普段の授業でさえとても気合いの入ったお洒落な格好をしてきて恐ろしいと言っていた。喜べ日本人女性。君たちは世界基準で可愛いぞ!


しかし悲しいかな、日本人男性のほとんどはそういった女性の涙ぐましい努力にもとんと無頓着な奴の方が多い。彼女達の努力が報われる日は来るのだろうか。いや、きっとそれは遠い話だ。だって、連中は「可愛いよ」と言うだけじゃ満足しないんだぜ!


なにせ、女性のお洒落は奥が深過ぎる。女モノの服は安くて羨ましいなどと思ったこともあるが、日々彼女達が消費する化粧品の値段を見て驚愕した。全く違いが分からない化粧品を二つ見せられ「どっちがいいと思う?」と言われても、そんな高いものじゃなくていいじゃないかとしか言えない。「それじゃダメなの!」と言われても、ねえ。野郎は薬局でニキビ薬を買うだけだもの。


そして日本人女性はダイエットというものが文字通り三度の飯より大好きだ。流行りのダイエット食品だのダイエット法だのを試しては、体重計の示す値に一喜一憂。次々と新しいダイエット方法が世に出ては消えていることに何か疑問を抱かないのだろうか、と常に疑問に思っていたのだが、最近分かったのは、彼女達にとってそれは「私はちゃんと外見を気にしているのよ」という意思表示であり、さらにゲーム性を持ったある種の娯楽に近いものなのだ。ダイエットをしている女の子は誰かに「ダイエットをしている」ことを表明しなければ気が済まないのが裏付けの一つであり、何よりも「体型」よりも「体重」を気にしているのがその証左に他ならない。


なにしろ、最強にして唯一のダイエットは腹筋だと俺は唱え続けているのに、彼女達は「今日はもうお菓子は食べない!」と叫ぶことこそ至高だと思っているらしい。俺は前に一度「太り過ぎでもない限り、体重を減らしたところでそれは意味がない。やるなら筋肉をつけて体型を安定させろ。だが筋肉をつけて美しい身体になれば体重は増える、つまり重さだけに拘ってもそれは意味がないんだ」と後輩の女の子に説き伏せたことがあったのだが、彼女は一言「筋トレはしんどいので嫌です」。そうかい。


規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事、適度な運動とストレスを溜めないポジティブシンキング。それに筋トレをすれば、美しいお肌と夏でも堂々とビーチに出られるナイスバディを安く手に入れられるのは納得してもらえそうなものだ。それを知ってか知らずか、今日も彼女達はハーブを混ぜ過ぎてむしろ異臭のする「無添加」という名のクリームを肌に塗り付け、ケーキ屋のウインドウを恨めしそうに睨むのだ。こう書いてると乙女心なんて全く理解不能だな。アリの方がまだ何を考えているか分かる気がする。おい、そっちに行くと蟻地獄があるぞ!




さて、この意味不明な文章をどう締めたものかと悩んでいるのだが(それを放棄してアリと会話していたい気もしている)、女性の不可解な行動を逆手に取って女ウケするライフハック技術をモテない野郎共に布教すればいいのではないかと思いついた。何せ、今後数世紀に渡っても完全に分かりあえることはなかろうと言うくらいだ。フッターに「※ただしイケメンに限る」なんて付けて自嘲しているヒマがあったら、彼女達の努力を理解しようとこちらも努力すべきではないだろうか。誰も理解してくれないのであれば「理解しようとしている」姿勢も評価に値することぐらいは望んでもいいくらいには、彼女達だって悪魔じゃない*3。ただ可愛いと褒めるだけじゃ物足りないそうなので、髪型変えたね、その服似合ってるよ、と声をかけてあげよう。メイクの違いまで見抜けられれば上出来だ。俺達が女性を顔で判断している割には彼女達はこちらの顔を見ていないという事実が我々を勇気づけてくれる!そう、今こそ立ち上がらねばならない。明日にも野郎は消えるかもしれないのだから。


p.s.

女性諸君

以上の通り大半の野郎はあなたの求める優しさを欠片も持っていないのでもう少しハードルを下げてやって下さい


*1:ちなみに銀河系だけでも一千億ほどの星があるそうなのでこれはどう考えても数が合わない

*2:宇宙人も入れてるのかな

*3:ただし簡単には振り向いてくれないくらい程度には小悪魔だ

 | 
Connection: close