iRSSの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-06

虫歯になってから読んだけど、抜歯しなくて本当によかったと思った本

一日2人しか診ない、ほんとうの歯科医療

一日2人しか診ない、ほんとうの歯科医療

歯科医師と医師は全く別の資格だし、成り立ちが違う。

歯科医師の起源は「歯抜き」という職業で、治療を目的としてものではなくて、痛みに対する対処療法の歯抜きを専門としていた。

抜歯や、神経抜きは、治療放棄。

虫歯になっても、いかに歯を残し続けられるかを考えるのが治療ではないか

保険治療では、抜歯の方が点数が高い(治療費が高額になって、収入には有利)なものだから、抜歯に誘導したくなる。抜歯すれば、そのあとのインプラントへの誘導等、将来にわたる顧客の獲得にもなる。

保険の仕組みだと、患者視点の方針決定ができないので、自由診療でじっくり話をきくスタイルをとってる。

虫歯が将来どうなるかは、だれにもわからない。

いづれ、抜けるかもしれないが、それが1年後のなか、10年後なのかは、わからない。

歯磨きしなくても、虫歯にならない人たくさんいるよ

体調が不調な人のほうが、虫歯になりやすい。

酸性になると虫歯なりやすいね。

キシリトールガム有効、砂糖はよくないね

虫歯を取り除いて、その隙間に特殊なセメントをいれると、そのまま歯と一体化して、再生する被せ物不要だよ。


歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)

歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)

食後の歯磨きは、唾液による再石灰化を妨害することになるよ。

歯は硬い骨じゃなくて、溶けたり、再生したりを繰り返している。

内部とも物質のやり取りが頻繁にある

菌はたくさんいるので、無菌化は無理。



とにかく、抜かなくてもなんとかなるんだ

いろいろ、読んだけど、歯医者は抜歯したがる傾向にあるのは、保険治療の仕組みからして致し方なさそう。

まずは、抜こうといわれても、一晩考えたいので、といって、すぐに抜かずに本屋にいって、歯医者の本読んでみましょう。

選択肢はいくつもあります。

でもって、一回抜いちゃうと、戻らない

自分はとりあえず、応急処置で詰め物したもらって、次の策を検討中。

正月に、強烈な痛みで歯医者にいって、その後1ヶ月たったけど、今の所痛みはないです

たぶん、歯医者さんの腕はよかったのだろうなあ。

しかし、抜歯と神経治療を勧めてくれるところにはもう戻れないです

2016-12-03

permalinkを残したまま記事非公開化

find-travel.jpというキュレーションサイトの非公開化の対応。

サイト閉鎖ではなくて、非公開化というのが、ポイント。

重要なお知らせベージをのぞいて、全て302で / にリダイレクトする。

404にはならないので、これまでの検索エンジンインデックスが保持されるという期待なのかな?実際どうなるのだろう...

インデックスが命だから、なんとか、有効なうちに復活させたいのだろうけど、量が多いだけに大変そうだなあ。

人気キーワード順に、対応することになるのかな。

担当者のみなさま、対応ご苦労様です。

curl "http://find-travel.jp/about/corporate" -v
*   Trying 54.249.89.197...
* Connected to find-travel.jp (54.249.89.197) port 80 (#0)
> GET /about/corporate HTTP/1.1
> Host: find-travel.jp
> User-Agent: curl/7.43.0
> Accept: */*
> 
< HTTP/1.1 302 Moved Temporarily
< Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0
< Content-Type: text/html
< Date: Sat, 03 Dec 2016 00:51:39 GMT
< Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT
< Location: /
< Pragma: no-cache
< Server: find-travel.jp
< Set-Cookie: SESSFT=omgu41sh1ku5ab6q9na14pt575; expires=Mon, 03-Dec-2018 00:51:39 GMT; Max-Age=63072000; path=/
< Content-Length: 0
< Connection: keep-alive
< 
* Connection #0 to host find-travel.jp left intact

京都 travel」でgoogleで検索すると、

2016/12/3 10:00am 現在 8位に Find Travelのサイトが存在している



京都観光のおすすめスポット - Find Travel [はてなブックマークで表示] [このエントリーのコメント一覧をポップアップ表示]

find-travel.jp › 近畿観光

Translate this page

京都のおすすめ観光スポットや宿泊情報をまとめました。日本三景の一つの 天橋立京都の観光名所として有名な嵐山清水寺金閣寺・銀閣寺などの、京都の観光で役立つ情報を豊富に取り揃えています!京都に行ったらまず何をしよう?どんな見所がある ...

今後どうなるのかなあ。

「302 Moved Temporarily」

で、googleがいつまで待ってくれるのか、気になる



ちなみにリダイレクトしないのは以下の重要なお知らせベージ

 curl "http://find-travel.jp/about/corporate" -v
*   Trying 54.249.89.197...
* Connected to find-travel.jp (54.249.89.197) port 80 (#0)
> GET /about/corporate HTTP/1.1
> Host: find-travel.jp
> User-Agent: curl/7.43.0
> Accept: */*
> 
< HTTP/1.1 302 Moved Temporarily
< Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0
< Content-Type: text/html
< Date: Sat, 03 Dec 2016 00:51:39 GMT
< Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT
< Location: /
< Pragma: no-cache
< Server: find-travel.jp
< Set-Cookie: SESSFT=omgu41sh1ku5ab6q9na14pt575; expires=Mon, 03-Dec-2018 00:51:39 GMT; Max-Age=63072000; path=/
< Content-Length: 0
< Connection: keep-alive
< 
* Connection #0 to host find-travel.jp left intact
&#10140;  kaizen-instant curl "http://find-travel.jp/article/53097" -v
*   Trying 52.69.125.182...
* Connected to find-travel.jp (52.69.125.182) port 80 (#0)
> GET /article/53097 HTTP/1.1
> Host: find-travel.jp
> User-Agent: curl/7.43.0
> Accept: */*
> 
< HTTP/1.1 200 OK
< Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0
< Content-Type: text/html
< Date: Sat, 03 Dec 2016 00:54:16 GMT
< Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT
< Pragma: no-cache
< Server: find-travel.jp
< Set-Cookie: SESSFT=14b5fe3ob65bnbtrv7aqkofqt4; expires=Mon, 03-Dec-2018 00:54:16 GMT; Max-Age=63072000; path=/
< Set-Cookie: ft_uuid=931c63b1-3ca5-44b2-b204-ae71cceb5a7b; expires=Sun, 03-Dec-2017 00:54:16 GMT; Max-Age=31536000; path=/
< Set-Cookie: ft_lsvt=1480726456; expires=Sun, 03-Dec-2017 00:54:16 GMT; Max-Age=31536000; path=/
< Set-Cookie: ft_lpid=article.get_view.53097; expires=Sat, 03-Dec-2016 01:04:16 GMT; Max-Age=600; path=/
< transfer-encoding: chunked
< Connection: keep-alive
< 

googleクローラーにだけは、記事公開したてりしてとおもったけど、さすがにそんなことはない。

思いついても、さすがにやらないですよね

curl -A "Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)" "https://find-travel.jp/area/hokkaido/hokkaido"  -v
*   Trying 52.69.125.182...
* Connected to find-travel.jp (52.69.125.182) port 443 (#0)
* TLS 1.2 connection using TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
* Server certificate: *.find-travel.jp
* Server certificate: Symantec Class 3 Secure Server CA - G4
* Server certificate: VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5
> GET /area/hokkaido/hokkaido HTTP/1.1
> Host: find-travel.jp
> User-Agent: Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)
> Accept: */*
> 
< HTTP/1.1 302 Moved Temporarily
< Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0
< Content-Type: text/html
< Date: Sat, 03 Dec 2016 01:14:20 GMT
< Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT
< Location: /
< Pragma: no-cache
< Server: find-travel.jp
< Set-Cookie: SESSFT=ch9iduim7ripguuag43isjhil6; expires=Mon, 03-Dec-2018 01:14:20 GMT; Max-Age=63072000; path=/
< Content-Length: 0
< Connection: keep-alive
< 
* Connection #0 to host find-travel.jp left intact

2016-11-11

WKWebViewのキーボードに隠れるテキストボックスを表示する方法

webviewのbottom bottomConstraint を変更して、高さ調整する記事がたくさん見つかったが、bottomConstraintを変更する方法だと、キーボード切り替えを連続して行うとうまくいかない。

webview.boundsを変更するのが正解だった。

f:id:iRSS:20161111012525p:image

参考にしたけど、うまくいかなかった記事

2016-08-21

playgroundでつまづく

printlnなくなってた。1年放置してたから、仕方ない。やりなおす

print(1+1, terminator:"")

なのか


f:id:iRSS:20160821121805p:image

コンソールができたので、改行が挿入された方が見やすいのね

外部引数名(externalParameterName)

// 外部変数なしのとき、1番目は省略できるが、2番目以降は必須
func scoreboard_1(score:Int,  name:String) {
    print("\(name) get \(score)")
}

scoreboard_1(3, name: "Taro")
//scoreboard_1(3, "Taro") //<-  error: missing argument label 'name:' in call



// 2番目以降は必須も省略するには _ をつける
func scoreboard_2(score:Int, _ name:String) {
    print("\(name) get \(score)")
}

scoreboard_2(3, "Taro")
// scoreboard_2(3, name: "Taro") //<- error: extraneous argument label 'name:' in call


// 外部変数をつけたら、1番目も省略できない
func scoreboard_3(score score:Int, name:String) {
    print("\(name) get \(score)")
}

scoreboard_3(score: 3, name: "Taro")
// scoreboard_3(3, name: "Taro") //<-  error: missing argument label 'score:' in call


// 外部変数をつけたら、呼び出し時には必須
func scoreboard_4(score score:Int, n name:String) {
    print("\(name) get \(score)")
}

scoreboard_4(score: 3, n: "Taro")
//scoreboard_4(score: 3, "Taro") //<- missing argument label 'n:' in call

//scoreboard_4(score: 3, name: "Taro") //<-  error: incorrect argument label in call (have 'score:name:', expected 'score:n:')

はてな記法を忘れてる

いやー、わすれた。

MarkDownはつかえるのかな?

素直にQiitaでかけばよいのか

2015-06-10

iOS9で登場するNewsアプリ

f:id:iRSS:20150609214953p:image

News Standというサービスで大きな失敗を経験している

アップル、衝撃は「音楽配信」だけではなかった | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

「News Standというサービスで大きな失敗を経験している」という前提で仕切り直しということか... News standは開発者にも負担で、出回るアプリも結局のところ、雑誌をそのままPDFで配信しただけで、あまり、たのしいものにならなかった。iBookとの区別もいくわかんなくなりそうだし、ユーザー、開発者共に関心が薄れてたなあという感じはした。

Newsstandのときは、アプリを作ることもハードル高かったけど、配信も自前でホストする必要があって、配信コストも結構かかることも課題だった。

今だと、配信はiCloudの太っ腹配信料金体系で、配信コストの心配はなくなったし、楽しげなアニメーションが動く記事が Apple News Format化すれば、できちゃうのは、開発者としてもかなりハードル低いはず。

美しいテンプレートAppleが標準化できたのかもしれない。

日本はまだ先で、まずは US,UK,AUから開始。

iBookのときも、2バイトは待たされたけど、同じ理由かな。縦書きを考慮するとレイアウトも難しくなるし... しかし、その分準備できる時間もできたとうことで、様子みながら いろいろApple News Format 対応してみるのが、よさげ。



f:id:iRSS:20150609214954j:image

疑問

課金方法はどうするのだろう?