Hatena::ブログ(Diary)

おぎろぐはてな RSSフィード

2010-01-29

Ust用ライブ編集ソフト Ustream Producer (無料版)を試してみた

Ustreamから、Ustream時に配信に使うライブ編集のソフト "Ustream Producer" が出ていました。

無料版と199ドルの有料版がありますが、両方を試してみました。(Mac版のみ確認していますので、Windows版では仕様が異なる場合があるかもしれません) まずは、無料版について。

※有料版のレビューはこちらで書いています。

意識しているのは、Livestreamかなと思います。動画配信で、且つWebでないGUIアプリが提供されているものとして思いつくのが、LivestreamのProcasterです。

カメラとデスクトップキャプチャを切り替えて表示したり、タイトルをつけたりすることができます。

利用方法

起動

起動すると、まずUstreamのIDとパスワードの入力を求められます。

Ustream Producer 起動画面

初期画面

ログインが完了すると、こんな感じの画面になります。画面の上半分は、UstのWeb I/Fと似ているのでなんとなく分かるかと思います。

Ustream Producer 画面

  • 1. Ustで配信される画面
  • 2. カメラの入力。ここではプレビューみたく出ますが、静止画で、現在の状態を映してくれるわけではないのが残念
  • 3. Live Inputで、カメラの映像及び、音声を選択します。(Ustのカメラとオーディオの設定と同じ) Media では、画像やムービー、音声を取り込むことができ、Screencastではデスクトップ画面を取り込めます。取り込んだソースは、カメラ入力の横に並びます。(ただし、Live Input = カメラは1つしか選択できない)
  • 4. 音声レベルの調整。
  • 5. チャンネル設定。アカウントに紐付くチャンネルが選択できます
  • 6. 配信開始はこのボタン。録画は横のボタン
  • 8. ビデオの解像度とビットレートの設定ができます

何気にすごく便利なのが、Ustに流している音をモニタリングできることです。4.の下のヘッドホンアイコンで、モニタリングのオンオフを切り替えられます。

デフォルトでONになっていますが、内蔵マイクと内蔵スピーカーだと、ハウリングを起こしてしまいます。使う場合は、イヤホン必須です。

実際の利用方法

配信を開始したら、こんな感じの画面で、操作を行います。

Ustream Producer ソース選択

  • 並んでいるソースから流したいものをクリック。緑枠になっているソースが上の配信画面に表示されます
  • ソースを切り替えたときの効果を設定できます。Smooth、Cross-desolve、Cutの3つが選択できるけど前2つは同じ気がする。Cutは、効果無しです。
  • Changeというところで、ソースの一部変更ができます。
    • Picture: 内蔵マイクの音はそのまま残して、画面は写真やムービーを使うという場合
    • Sound: カメラの映像を選択しているけど、音声を別の音楽を再生するとかの場合
    • PIP: 画面中に別のビデオソースを埋め込める
解像度とビットレートの設定

設定画面で選択できるのは以下です。

設定名解像度FPSビットレートオーディオ
Lowest SD Quality 4:3320 x 24020fps200kbpsAAC 32k Mono
Lowest SD Quality 16:9352 x 19820fps200kbpsAAC 32k Mono
Basic SD Quality 4:3320 x 24020fps350kbpsAAC 32k Mono
Basic SD Quality 16:9352 x 19820fps350kbpsAAC 32k Mono
Standard SD Quality 4:3320 x 24030fps350kbpsAAC 41k Stereo
Standard SD Quality 16:9352 x 19830fps350kbpsAAC 41k Stereo
High SD Quality 4:3640 x 48030fps500kbpsAAC 41k Stereo
High SD Quality 16:9720 x 40530fps500kbpsAAC 41k Stereo
Best SD Quality 4:3640 x 48030fps600kbpsAAC 41k Stereo
Best SD Quality 16:9720 x 40530fps600kbpsAAC 41k Stereo

個人的には、プレゼン映像を流すことが多いので、FPS (frame per sec / 1秒あたりのコマ数)は低くてもよく、まず下げるのはFPSだったりするのですが、それができないのはちょっと微妙です。(Web UIはAdvanced設定で変更できる)

と、16:9のアスペクト比を利用する場合、カメラの映像がどうなるかというと、対応しているカメラだといいのかもしれませんが、手元のカメラで確認したところ、左右に黒帯が入るか、Live Input → Camera Aspect Ratio のメニューで Wide Screen を選択すると、4:3の映像を左右に引き伸ばされた映像になりました。

CamTwistを設定で出力解像度を720x405に変更し、試してみたところ、縁なしワイドで表示することができました。なので、ビデオソースが対応しているなら16:9で利用できそうです。

無料版を利用するメリット

回線が安定してる場合に、高クオリティの配信をするときにはまぁよいかなと思います。

  • Macで、Bitrateや解像度の設定ができる
    • Windowsの場合、Flash Media Encoderを配信に利用すると、このあたりは細かく調整できるのですが、MacではFMEは提供されていないため、今まではUstreamのWeb UIでしか配信できませんでした。
    • なので、高クオリティの配信を行うにはよい
  • ビデオ映像や音声を簡単に流すことができる
    • PIPや写真を差し込むのは、MacだとCamTwistで可能です。しかしムービーの映像のみで、音声も含めて流すことはできません。

次は、有料版についてまとめてます。199ドルするくらいなので、結構違いがあります。 → こちら

名古屋のホームページ制作名古屋のホームページ制作 2010/06/27 00:03 はじめまして。
かなりググッてたどり着きました。
このようなソフトを探していたので非常に助かりました。
またのぞきにきます!

mamababarmamababar 2010/11/17 12:00 すみません!!突然の質問で。解決するために、あれこれ情報検索して TRYしてみても上手く行かなくて(涙)自分のUstream 収録トークセッションをひとまず非公開配信にしておいて、関係者が録画アーカイヴから見られるようにと目論んだのですが。macbook proを使用したので冒頭にmac操作する顔が入ってしまいました。カットしたり、タイトルを挿入することができますか?Ustream内の番組設定からスライドを操作して一部カットすることは出来たのですが、再生スタート時1、2秒の顔のシーンが残ってしまいます。Ustream producer に自分のUST録画を取り込んで編集できるのか???判りません!!!教えて頂ければとても助かります。

tshimurantshimuran 2011/02/20 19:47 入門者に参考になる良い記事なので、読んだ人が迷わないように補足させてください。2010.4にFlash Media Live Encoder 3.1でMac対応になりました。→Flash Videoをライブ中継する際に使えるライブエンコーダーのMac版対応版の提供を開始しました。下記のサイトからダウンロードしできます。

・Flash Media Live Encoder 3.1
http://www.adobe.com/products/flashmediaserver/flashmediaencoder/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証