Hatena::ブログ(Diary)

女。MGの日記。

Info

プロフィール
● 「女。MGの日記。」の世界観ダイジェスト
● 対談ラジオやってます!MGの部屋

2008-05-31

[]グーグル化するオフィス 20:23 グーグル化するオフィスを含むブックマーク

オフィス環境が変わりだしている?

私たちが今後創っていく知識社会のインフラを提供するインターネット関連の会社環境がとってもおもしろいということに注目したことはあるだろうか?


・卓球スペースやゲームスペースがあったり。

・1人1部屋を用意され、そこにはペットを連れてきてもよかったり。

・家族とのお食事スペースがあったり。

・なぜか、みんなカジュアルスタイルw



実に、おもしろい環境が作られている、これは私たちの親の世代の感覚したら、

「仕事と遊びは違う!もう社会人なんだからチャラチャラすんじゃねーよ。」

なのかもしれない。

でも、私たちは上に紹介した会社環境をとってもイイと感じてしまうし、そういう会社で働きたいと思うんじゃないか?


私は、会社のオフィス設計や規則が一部の領域で変化し出していることにとてもとても興味を持ちます。


フーコーによる組織と建物様式の分析


かつて、ミッシェルフーコーというおっさんが、『組織を収容する建物の様式が、組織の社会的構成や職務権限システムと直接にに関係している』ということを指摘しました。


フーコーはベンサムが考案した監獄施設の設計様式が学校や病院あらゆる近代の組織でも応用されていると述べます。

どういうことかというと、この監獄は一望監視施設となっており、監視塔からは監獄の中が隅々まで見渡せるが、逆に監獄からは監視塔の中が見えなくなっており、巧妙なのですが、監視塔に人がいなくても囚人たちは、見張られてる可能性を想像して悪いことができなくなってしまうのです。


この監獄はつまり、人々に『見られているかもしれない』と思わせて、自己規律を自分自身にさせる効果があるわけです。そしてこのような規律の仕方は学校でも病院でもいたるとこで行われてますよ、と述べたわけです。


とってもおもしろい視点だと思います。


新しい組織についての分析

そして私はこのフーコーの発想にインスパイアーされて次のような仮説を立てることができるのではないかと考えました。

現代のインターネット関連会社のおもしろいオフィス環境は、従来の会社のオフィス環境と比べると大変異なっているます。したがって、その事実を『組織を収容する建物の様式』が変化したと捉え、『組織の社会的構成や職務権限システム』といったものがインターネット会社と従来の会社では違うと考えることはできないでしょうか?


現代の最先端の組織は、フーコーの分析した監獄や、学校といった建物に収容され、官僚的な組織編制をされるわけではなく、あちらこちらに分散され、ネットワーク化した組織と権限委譲が進んだ組織になってきている。

また監獄や学校が無機質な作りや自由を拘束する厳しい規則があったりする反面現代の組織はお洒落なオフィス空間や自由をむしろバックアップする規則があったりする。


そういう意味で、知識社会を生きる私たちは、フーコーの時代とはまったくもって違う仕事観や人間観を持つ時代を生きることになるのではないでしょうか。


グーグルはなぜクリエイティブなオフィス環境と自由を重視するのか


それでは次に、ここで私が考えたいのはなぜ今の最先端の業界の会社は、クリエイティブな環境や自由をバックアップする規則を作ったのでしょうか?


この問いを考えることで、我々が今後仕事をする上で重要な視点が導き出されるに違いありません。


まずは、高校の歴史教科書を読む要領で、資本主義社会の産業変遷を振り返りましょう。

ます、基本として、

 

資本主義の基本原理=差異性から利益を生み出す。



というものをおさえます。それではスタートです。

第一次産業革命により、紡績業、紙、パルプ業が発達します。

第二次産業革命では、重化学工業、鉄鋼などの産業が発達します。

このどちらの時期も、労働生産性の向上や、農村からの豊富な低賃金労働者の供給によって資本主義は空前絶後の勢いで成長していきます。

しかし、今我々が直面しているのはポスト産業資本主義社会です。知識社会とも言います。またドラッカーなんかはポスト資本主義とかって語ってるアレです。


ここでは、利益の源泉がもはや機械制工場から生み出されるモノではなく、違いを意識的に作り出していく知識を持つヒトになります。

ヒトが工場かつ労働者!になったと考えればいいのではないでしょうか?


で、産業革命によって最初は農業従事者が多かったものの最終的には機械工業が経済をひっぱり産業労働者が増え、農業そのものも機械化、近代化されました。

同じように考えると、ポスト産業資本主義に従事する人々が今後増えるし、また従来の産業資本主義や農業も、ポスト産業資本主義化していくのではないでしょうか?


私が経営者になる時代

ということで何を私が一番言いたいのかというと、今後の社会を創る、ポスト産業資本主義の会社は、人間をめちゃくちゃ大切にする会社ですよ!ってこと。


人間だけが差異を生み出す情報ではなく!『知識』を持っているわけだから。

人間を粗末に扱っていたら、会社自体競争優位性を保てなくなるわけです。


ということで、オフィス環境はこれから、ますますおもしろくなっていくんじゃないですか?

人間が今以上にクリエイティブになれる環境、そういう環境を作れるか!とても重要なポイントだと思います。


これからは1人1人が自分会社の経営者。

創造力を働かせ、知的興奮!を楽しもう!