Hatena::ブログ(Diary)

女。MGの日記。

Info

プロフィール
● 「女。MGの日記。」の世界観ダイジェスト
● 対談ラジオやってます!MGの部屋

2011-04-15

[]社会貢献を面接で語る学生を皮肉ってる場合じゃない件について 社会貢献を面接で語る学生を皮肉ってる場合じゃない件についてを含むブックマーク


2010年度全米文系学生・就職先人気ランキングによると、NPOであるTeach For Americaが、GoogleAppleを抑えて1位になっという。TFAは、アメリカ国内の一流大学の学部学生を、教員免許の有無に関わらず大学卒業から2年間、国内各地の教育困難地域にある学校に常勤講師として赴任させるプログラムを実施している。TFAが今、一流大学の学生に超人気。そんなわけでアメリカの既存の企業もあせっているのか、TFAで修行した若者を受け入れる準備を整えている。この流れは遅かれ早かれこの日本にもやってくるだろう。正直に言おう。もはや、自分の頭できちんと思考ができ、やる気のある若者は既存のシステムに超絶飽きているのだ。そんなものよりもずっとドキドキできてワクワクできて自分の限界に挑戦できそうな、難問が世界中至る所に転がっている、そして今ならそれらが昔よりもずっと鮮明に可視化されているのだ。このような状況下にあって、なぜ、日本のやる気のある若者が、「家電」を作りたいと思う?「銀行」で営業をやりたいと思う?誤解を恐れずに言う。そういう仕事にもはや私たちは「燃えない」のだ。モチベートされないのだ。

これが正直な私の気分であるし、多かれ少なかれ私の友人達もそうなのだ。


もし、いま松下幸之助が生きていたらなにをするだろうか?

わたしは今日そんなことを考えていた、おそらくは、世界じゅうにある「問題」解決に励むだろう。決して家電をつくり続けることを選ぶとは思えない。



いま、世界じゅうの感度の高い若者は、「精神性」の復興に着手し始めているのだ。そこは今、荒野である。まさに戦後日本が焼け野原であったように、なにもないのだ。そして、今の若者は、その荒野に旗を立てていく活動を始めている。


この行動をして「馬鹿げてる」「単なる若者の戯言だろう」「そんなの無理に決まってる」

と言う人をわたしは、かわいそうだと思う。


このような言説を投げる人々の精神は、人間の可能性をシニカルに捉えすぎだ。なにか変だと思っているのに、「もう無理だ」「変わりっこない」「このまま逃げ切ろう」この精神に侵されているのは、めぐりめぐって自分自身を虐めているようにしか思えない。そのような態度が、精神的な貧しさを生んできたのではないのか?

いまの、若者の想像力はたくましいと思う。本当に想像力があると思うのだ。

カンボジアの過酷な児童労働を行っている少年少女を自分ごとのように感じられる人がいる。

既存の教育システムからドロップアウトした若者にもう一度チャンスをと燃えている人もいる。


なぜ、彼ら彼女らはそのような想像力をもちえたのか?

それはきっと当事者として「出会って」しまったからだろう。今わたしたちは「当事者」として出会わざるを得ないテクノロジーと移動手段を手にしているのだ。暇つぶしでやっていたネットサーフィンで知り合った南アフリカの子どもと、Skypeで話をしてみて困っていることを知ったら、なにかしたいと思う人は1000人いれば100人ぐらいはいるのではないかと思う。なんとなく大学のスタディーツアーで行った国でみた児童労働にショックを受けてなにかせざるをえなくなる人もまた、1000人いれば100人ぐらいはいるのではないかと思う。



今までは無視されていた問題が、どんどん目の前にあらわれて来ているわけだ。そういうのを目にして、傍観し、先進国の人々のための家電を作り続けるのはやはり、モチベートされないに決まっている。

だから、これからは、どんなビジネスも、このように目の前にあらわれて来た問題を解決できるようなものになっていくに違いない。そうでないのであれば、やる気のある若者はそんなビジネスをやりたいとは思わないだろう。

こういう事態に気づいている人事はどれくらいいるだろうか?


「昨今の若者は、面接で将来やりたいことを質問すると、NPOやらBOPやら社会貢献ばかり言ってくる、甘ったれんじゃない。」そう批判的につぶやく人事は、その事実に恐れを抱いたほうがいいだろう。もはや、そういう若者の「気分」にのらない「仕事」や「製品」をつくっている会社は選ばれない時代に突入していくと思う。さらに言えば、そのような批判的なつぶやきをするだけで、その背後にある若者の精神性を分析しない人事がいる企業の製品など今後市場で評価されるはずもないという事実に気づく必要がある。


これは誤解されることを覚悟の上で言っているが、上記のようなお気楽な人事がいるような企業には、自分の頭で考えず、ただ、就職活動しなければならない時期にきたからするというような人材しか集まってこなくなるだろう。残念ながら、今後、自分の頭で考えることができ、努力できる人材は、そもそも就職活動すらする必要性を感じてはいないという恐るべき事実があることを早く知る必要がある。

わたしの観察するところ今水面下で変化が起きている、これが表面化してくるのはもうすぐだ。



========

当記事は、facebookファンページにて発表されたが、多くの人々に共感される内容だったみたいで正直驚いた。自分では炎上覚悟の内容だと思っていた。誤解しないで頂きたいが、わたしは、「家電メーカー」や「銀行」を非難したいわけではない。「家電メーカー」や「銀行」にだって、今後「問題解決」に貢献するビジネスを展開できる可能性もあるわけだから。以下で、みなさんから頂戴したコメントを紹介したい。


自動車メーカー勤務Oさん

「この人事の話、本当だと思いますよ。結局、殿様商売の感覚のままですから「何とかして優秀な人材に来て欲しい」という気概もありませんし、NPOを求めるような人に満足感を与えられないんですよ。良し悪しの問題じゃなくて、これが今の時代の現実なんだと思います。」


坂田さん

「ただ単純にマニュアルを消化して、金銭を貰う時代は終わったと思うし、既存の作り上げてきた環境から個人が個人が何をプラスするかの時代でないでしょうか。そのプラスも良し悪しや優劣の判断でなく、個々の価値観のプラス。別に嬉しくも楽しくもないのにロボットのようにニコニコ作り笑顔して、八方美人に振舞ってお金貰ってもただただ苦しいだけ」


明石さん

「家電屋で仕事していた身からして痛感します。この業界は仕事のために仕事を作っている、生き残っていくために仕事を作っている感じ。それを経た先には何が見えるのか、結局自分にはわからなくなってしまった。。。」



最後に、1989年生まれの石田さんのメッセージを紹介したい。

「なんでだ。もっとみんな興奮しろよ。 @sayuritamakiさんのこの文章を読んでくれ。 http://ow.ly/4AfbV これが明文化される時点でもっと絶望しろよ! 僕らへんの世代の人はだいたい気づいてるよ。でもこうやって文章化して啓蒙しなきゃならない。前提条件すら共有できていないじゃないか。遅いぜ。もっと加速しないと先端に追いつけない。今、先端は水面ではじけちる泡のように無数に世界に存在している。何かが生まれては消える悪い場所日本が、やっとやっと変わろうとしているんだぜ。何も恐れることはない。最大加速で走れば周りは止まって見える。先端っつっても何かのヒエラルキーの先っぽじゃねえぞ。生まれて淘汰される僅かなエネルギーの隙間だ。それはどこにでも存在する。固定化された軸上で見るとアトランダムに存在しているから、それに突っ走る若者は奇妙に見えるだろうな。まるで予想できない場所にワープゾーンがあってそこに突っ走るようなものだ。誰もリスクリターンを考えていない。動き回る先端を捕まえて次の次元に(次の時代に)ワープするのさ。80歳90歳の人は逃げ切れるかもな、おめでとう。けれど20歳30歳はそれを沸き起こすんだぜ。40歳50歳の人は振り落とされないようにがんばれよ。箱から脱出して幾多ものイマジネーションを想像するんだ。想像できる限りの端っこに次の現実があるはずだ。若い世代の動向に気を使うんだ。彼はすべて先輩だ。今の物差しで見てるとなんにも掴めないから、細かく対話していくといい。彼ら自身もよく分かっていないかもしれない。ある種の動物的勘で動いていることもよくある。ロジカルに話を聞いてもうまく話を聞き出せないかもしれない。よくわかっていないのに、彼らは無根拠な自信で突き進む。言葉では言い表せないけどなんとなく「間違いないだろう」というのは彼らは共有できているのだ。完全に準備ができてから子供を作る親がいないように、次の始まりは"よくわかんない"ところが発芽する。最初はミニマルに駆動するだろうぜ。しかし1年後にはブームに、3年後にはムーブメントに、5年後にはシーンとなって世界を襲うだろう。そこで溺れることを想像するでない。さらに強化する方に加担するのだ。おもしろいぞ。本当に面白いことが起こるぞ。おやすみなさい。」



「女。MGの日記。」4月度のパトロンに、名乗りを上げて下さった方々です。

@Hvemerduさん、@sraokiさん、@ohchanwpcさん、@alexsamansaさん、 @daiprioさん、@takahiroASA99さん


▶最後まで読んでくれてありがとうございます!続きは、facebookファンページで!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/iammg/20110415/p1