Hatena::ブログ(Diary)

女。MGの日記。

Info

プロフィール
● 「女。MGの日記。」の世界観ダイジェスト
● 対談ラジオやってます!MGの部屋

2012-07-01

[]「 隠れ貴族」の存在 「 隠れ貴族」の存在を含むブックマーク

ヴェルサイユ宮殿ツアー:ヴェルサイユ宮殿


最近、隠れ貴族に思いを馳せています。第八大陸の原住民、小作脳代表としてwww


<露出社会>にデビューしなくてもいい隠れ貴族の存在について。

今や、全世界的、同調圧力によって、実名SNSにデビューしないと、いろんな面白いイベントの仲間に入れてもらえなかったり、面白い情報に接続できなかったり。そう思い込んでいる人々もいるかもしれませんが、やはり、それはそう思い込まされてるだけだったりしてなぁと。



今日も、のんびりと、ネットなどどこふく風よ、とまった〜りと日々を過ごしている隠れ貴族たち。どんどんと人々が実名で<露出社会>にデビューしていく中で、あえてその選択をとろうとしない貴族たちの存在について。「facebook? はぁ。あんなもん、企業の宣伝マンにされるだけでございましょ〜おっほほほ〜。」



隠れ貴族は、ベタに<露出社会>の存在を知らないわけではありません。非常にITリテラシーが高い人々を想定しています。にも関わらず、彼ら、彼女らは、<露出社会>にあえて、デビューしないのです。実名で、<露出社会>にデビューしたときの、リスクに思いを馳せて。黒子的存在として、「いやぁ、今日も<露出社会>では、いろいろ面白い芸者が登場して、エキサイティングな演目が始まったらしいね〜。」と、その世界を鑑賞として楽しむことはしても、決して自分はその世界の演者になろうとはしないのです。




とはいえ、なかには、実名(国家に両親が申請した名前)はリスクが高いから、あれだけど、自分がつくった名前で、<露出社会>にデビューしている人はいます。このような、人々も、私は、隠れ貴族だろうなと考えています。<露出社会>にデビューするものの、現実の社会<第七大陸>から、完全に遊離しているゆえに、気楽にやっていけます。彼ら、彼女らは、完全に、第七大陸的世界と紐づかない、第八大陸だけの、存在としてのIDを獲得した人々です。もちろん、第七大陸上の自らの身体に紐づくような写真や動画などの情報はいっさい出さずに、アバターを自らのIDの身体の化身として使っています。




ベタにITリテラシーが低い人々は、ネット界隈では<情弱>と言われたりします。隠れ貴族は、<情弱>では決してありません。自らの戦略のもと、あえて<露出社会>に、実名でデビューしていないのです。




思えば、2010年から日本でも実名でのSNSの普及が進んでいきました。まさに、現実社会<第七大陸>と紐づけるSNSの使用法が注目されてきたと思います。

ただ、先日、facebookをのぞいたときに、右側の広告欄、ありますよね。あれに、私の友人の顔マークが表示されて「○○さんが、この企業サイトをいいね!と言っています」みたいな表示がされたのですが、なんとも微妙に感じた次第です。なんだか、あの広告表示は滑稽に感じてしまうのは私だけでしょうか?私は、自分のアインコンをあそこに、表示させたくないなぁと。


隠れ貴族はもちろん、facebookのようなサイトに情報提供を行わないので、あんなところに自らの顔面広告が表示されることもありません。まぁ、これは一例ですが、隠れ貴族が負わなくてもいいリスクは数え上げればきりがないでしょう。




隠れ貴族になることは昨今ますます難しくなっているように感じます。今や、ITリテラシーがそれなりにあって、SNSに実名登録していない人々の数の方が少ないように感じます。というわけで、隠れ貴族の数は相当少ないです。でも、確実に隠れ貴族は存在しているのです。自らの情報を出さずにすむ、ある種の特権階級として、今も、このブログを読んで、ほくそ笑んでいるいるかもしれませんね(笑)