Hatena::ブログ(Diary)

今日の『ラ』

2016-12-15

#8 関西 美山向山地区 06:16

Fを拾って、縦貫道で美山の向山地区へ
f:id:ibebe:20161204072108j:image:w360
会場からちょっと離れた空き地に駐車
降り立つと、くそ寒い
野辺山より寒いんちゃうか?

朝試走へ
晴れ続きだったので、完全ドライと踏んでたら
霜か凍っていたのかチュルチュルな山肌。
登りは後ろが滑って、下りは前が滑る。
そもそも、後ろがスリックタイヤ。

Fが芝から舗装に出る最終コーナーで、派手にずりコケ。
以後、自分だけはそーならないように注意する。
その後も、止まってなんか探してる。
「なにしてんの?」
ブレーキの部品落ちた」らしい。

結局、見つからずに
「TOYOさんで借りてくるわ」とF
「?う、うん・・」(何をだ?貸せるブレーキなんかないだろ)
と思ってたら、自転車丸ごと借りてきちゃう。
f:id:ibebe:20161204094708j:image:w360
意気揚々とサドル高さを合わせる。

で、CM2スタート
中団後ろあたりで1周目通過。
テキトーに応援しながら、順位を数えてたら10位?
次の週、真剣に数えたら12位。
あわてて教えてあげる。
f:id:ibebe:20161204112938j:image:w360
結果、13位とシングルも狙える順位でゴール。
やるやんけーTOYOフレーム。
確かに走って軽い。

C2、
雨・・・C2だけ。
前回のマキノでやらかしてるので、最後尾スタート。
号砲一発で動けず、更に端に追いやられて一旦停止。
狭いコースに、雨でつるつるてんな路面に我先にと地獄絵図。
そこに飛び込む気が失せて最後尾で待機。

落ち着いてから追い上げる作戦
が、芝に出てもあちこち滑るコンディション
前の人がコケて、そこに突っ込み前転。
落ち着いてないのはこっちの様子。

てんやわんやだけど、まわりもてんやわんや
抜いた覚えはないんだけど、20位まで上がってる模様。
フロントのブレーキをかけただけでコケる状況。
かけなかったらコケない事に気づいたのが残り2周。
結果16位でゴール。
これで、マイアミは2列目からいけそう。

びちゃびちゃの中、ピットに入ってくれてたFは優しい。
帰りに失ったカンチブレーキを求めて、
f:id:ibebe:20161204183742j:image:w360

ポールな高級カンチを買っちゃった。
確かにその造形は美しい。

2016-12-03

#7 信州 野辺山 day2 21:37

夕暮れを迎えると、急激に気温が下がる野辺山
清里まで下がり、食事とお風呂
温泉の匂いにホッとする。

火事で残念なROCKだけど、横にも素敵なイタリアン
ノスタルジックヒーローな車の雑貨が溢れていて、心躍る。
無理難題な案件を書き留めておく、GS型レターホルダーを購入
デスクに置いといて、またこの地へ来れるように頑張る作戦。

馬小屋で飲んで寝る。

二日目の朝
雨予報に反して薄曇り、時々日差しも。
朝日に照らされた、朱色の八ヶ岳が望めないのが残念。

気温が昨日より上がって、寒さは和らぐ
反面、凍てた土が解けて時間がたつにつれて泥化してる。
更にレースが進むほどに、こねられてどんどん重馬場になってる様子。

ゆっくり準備してローラーでアップ
f:id:ibebe:20161127081755j:image:w360
最近は大人になって、音楽をクラシックにしたらアルプスの山々に合う。

招集へ、ゼッケン72
後ろから2番目である
でも、昨日のことがあるから早めに行く。
が、きっちりみんな来てて召集も時間通り
なすすべなく最後尾へ着く。
この、テクニカルで更に泥んこの野辺山で最後尾スタートは絶望的である。

号砲と同時には動けずにしばし待ったのち加速
するも最初のコーナーでわちゃくちゃ
一旦停止の後も空いてる隙にみんな突っ込むので、更にわちゃくちゃ
で、最初の泥の海にダイブして、いざ踏み込むも意思に反して自転車は進まない
トラクションが全くかかんない。
3日前に戻って、後輪もライムスに張り替えたい・・・。

コースにやられちゃって、1周目からきつすぎるんだけど
アスファルトの登りでポジションが上がってる気もする

「42位!」
って教えてくれる、70人出走だから66%までは来た。
でも、昨日で残留は確保したのであんまり関係なく。
ここは、出し切るのと、このまさしくシクロクロスな状況と最高の雰囲気を楽しもうと思う。
泥の下に隠れてる硬いところが分かってきたのと、泥の進め方を掴んできて
序盤より、少しだけ上手く走れているような気がする。
「上がってる、上がってるっ!」とピットから教えてくれたので気のせいではなさそう
f:id:ibebe:20161203155959j:image:w360

最終周回、関西のお知り合いの背中が見えた
同郷のよしみで仲良くゴール、ではなく絶対抜こうと頑張る。
シケインで抜かす。
ゴール前の泥区間に出る、ズリズリ滑って失速
焦って踏み込むから余計滑ってワタワタ。
IN側から再び抜き返されてがっかり、
してたら「後ろ来てる!」って教えて頂き
慌ててもう一回踏み直す。
踏んでるんだけど自転車は進まなくって泣きそう。
ホイール半分差でなんとか先着。
結果33位。
二日間とも、大きく失速する事なく今の能力は出せた気がするので良かったと思う。
でも、やっぱりもう少し前のパックで走りたい。
当面の目標は安定したシングルゼッケン

あとは、エリート観戦
f:id:ibebe:20161126152207j:image:w360
トップ選手はもちろんカッコ良いけど
ここで走る選手のギリギリ感は感動すら覚える
泥にまみれればまみれるほどに。

困難に挑む姿勢は全てに通用するかと思う。
それが、楽しめればなお良し。
明日からの日常をまた頑張ろうと帰路につく。

2016-12-01

#6 信州 野辺山 day1 06:23

月・火 東京出張
ついでに幡ヶ谷のブルーラグへ
http://bluelug.com/
店員さんと雑多に陳列されてる商品が琴線に触れる
白州の森バイクロアの回顧録や、野辺山情報で盛り上がる。
四角軸のBBが良いとか、9速ティアグラが良いとか・・・
2時間ぐらい居た。

新しい青色号もフロントシングル化すべくナローワイドのギアを購入
赤色号が40Tだけどちょっと重たいので38Tをチョイス
170个クランクを探すもちょっと高い
帰宅後に172.5个クランクを近所の中古部品屋で発見
2000円だし、これでいいやと購入。

それらを組み付けて、
マキノの二の舞にならないように
ローラーで20分250Wを1回、通勤の帰りに丘っぽいところを5回通るので、その間インターバルもどき。
あとは、後輪も泥用のライムスに張り替えたかったけど時間切れ。

で土曜日、野辺山
木・金と甲信越で雪が降ったので心配してたけど
f:id:ibebe:20161126090352j:image:w360
やっぱり雪。
でも冠雪した八ヶ岳とその雰囲気に心躍る。

11時40分のスタートまで時間があるので、コースを下見がてら牧場をうろうろ。
今年も、この地へ来れたのが嬉しい。
嬉しいついでにRaphaが似合う男になろうと、清水の舞台から飛び降りて購入。
5000円以上のウェアは買わない方針を変更した。

毎年なんだかんだある野辺山なので、ピットに赤色号待機
f:id:ibebe:20161126102428j:image:w360

運よく、駐車した場所がスタート地点直近だった為、20分も早い召集に気づく
慌てて向かうと、10人づつドンドン入れているので、20番ゼッケンの僕が最前列に並べた。
このテクニカルなコースで、出走70人だから最前列からスタートできる恩恵は計り知れない。
「30人抜かれてもまだ半分。タレタレでもあと一枚必要な残留切符はとれるんちゃう?」

スタート
クリートはすぐ拾えるも、設定したギアが軽すぎたみたいで加速が鈍い
のと、試走していないのでコースわかんない
のと、先の直角左コーナーがこわい・・・などの理由でちょっとひく。

1周目で「10位!」って教えてくれる
なんたって最前列スタートだから、まだ後ろに60人。

2周目で「14位!」

3周目で「16位?」

ここらへんから、きつすぎて良く覚えてない
でも例年の慢性的アスファルトの登り区間で完全に脚が止まる症状がない
ぎりぎり君だけど、なんとかついていける
172.5个クランクのおかげか?

涎が寒さでツララになる心配をしながら、それ以上順位を落とさないよう必死で耐える。
でも、ミスしないよう、コケないよう、泥で自転車壊さないよう意外と冷静

なんとか19位でゴール。
大好きだけど、踏んだり蹴ったりの野辺山でソコソコ走れたのが嬉しい。

その後、エリート観戦
f:id:ibebe:20161126150114j:image:w360
自分のレースが終わり、あったかい恰好でほっこりしながら森の中で観戦するのは至福の時間と思った。

DAY2へ

2016-11-21

#5 関西 マキノ高原 06:43

メビウスの輪っか製作に燃えた1週間
滑り込みセーフ
やり切った気がする。

反面、自転車には1个眈茲蕕此NEWフレームも放置。
完成は汚部屋を更に汚くしながら土曜日の深夜1時。

案の定、寝坊
今回は、ZさんJrと会場へ
霧が深い
f:id:ibebe:20161120121942j:image:w360

NEWフレームで初試走が試走
最初の飛び乗りでサドル傾く
やぐらを締め付けてなかった模様
その他、締め忘れがありそで空中分解が怖い。
フライオーバーだけに

バイクは軽い!
体は重い!
試走ペースで”F”についていけない始末。
アカン感じ。

”F”は中団でゴール
f:id:ibebe:20161120120447j:image:w360
その、フライオーバー
大嫌。、撤去されたと聞いて安堵してたのに
再建されていたのが悲しい。

で、定刻より更に遅れて15時30分レーススタート
3列目。
1列目のクレちゃんラインからは、ずらしておく。

最初のアスファルトの登りから、絶望を感じる。
なすすべなく、ズルズル後退。
気のせいと思うようにするも
全く体が動かない。
止めようかな・・・と思う。

ま、こんな時もあるさ
注力するべき事は他にあったんだから仕方ない
と開き直って、とにかくゴールまで。
しかし、長い・・・
メビウスの輪だな
堂々巡りだけど1歩づつ。
なんて、思ってたら
実況でクレちゃんがTOPらしい
すげーと思いながら、LAPだけはされないように頑張る。
で、クレちゃん勝っちゃった。

また、最終レースがぼっちになってしまう点が悲しい。
不甲斐無いレースをした自分も悲しい。

っが、次は野辺山
ここで、やり切れるように準備をしよう
今週は、自転車に注力。
のまえにメビウスの輪を見に出張。
それからだ

生まれ変わったら犬になろう・・・
いま、ほしいのは睡眠。
f:id:ibebe:20161120215523j:image:w360

2016-11-13

#4 関西 りんくう (2回目) 23:13

土曜日
自分比で、重要プロジェクト
CADとにらめっこ、
煮詰まる。
頭をほぐそうと、有酸素運動に切り替える。

そうだ、京都に行こう。
サドルの上で考えながら、プラ〜とサイクリング

哲学の道で考えて
f:id:ibebe:20161112154210j:image:w360
美術館で考えて
f:id:ibebe:20161112140025j:image:w360
みやこめっせ前でクレープ食べてたら
f:id:ibebe:20161112152932j:image:w360
ひらめく。
急いで、山中超えで帰宅。

本日
りんくうで2回目のシクロクロス
”F”と試走
脚が軽い!今日は良い感じがする。

その後、周辺を流す
f:id:ibebe:20161113101407j:image:w360
向こうは関西空港、「まってろ世界っ!」

気づけばアウトレット
f:id:ibebe:20161113101827j:image:w360
に入っちゃった
f:id:ibebe:20161113102128j:image:w360
八ヶ岳野辺山CXも近いし、冬のワードローブを充実させようと服を見る。
なんか楽しい・・・

あとで、来ようと
一旦、会場へ帰ると。
”F”が走ってる
f:id:ibebe:20161113111213j:image:w360
ショッピングしてる場合ではなかった

永遠のCM3から解き放たれて、伸び伸び走ってる様子
こんな時の彼は、強い。
CM2でも中団で展開し、そのままゴール。
f:id:ibebe:20161113112017j:image:w360
その、競輪みたいな攻めたポジショニングは、ハンドルがドンドン下がってきた結果らしい。

で、最終レースのC2
2列目スタート
前は前回3位のクレちゃん。

クレちゃんならと信用して、彼の後ろをチョイス。
スタート。
1発でクリート拾えず、2回ぐらいで拾う。
加速しようとしたら、クレちゃん拾えてない・・・
結果、このクレちゃんラインは本人も含めて全員が出遅れる。

でも、10番手前後で1周目終了
息も上がってなく、脚も余裕あり。
今日は、大丈夫だ・・・

油断したら、キャンバーでコケる
でも、今日は大丈夫な日。
落ち着いてリカバリーしようとしたら車輪ロック。

?と確認したら前タイヤが剥がれてる
ビローンて・・・

一気にパニック
タイヤを戻そうとするも、硬くて戻んない
3秒考えて、担いで走る。
どんどん抜かれてべべの人も視界から消える。

せめて66%に望みをつなぐも、ピットが遠い。
半周担いで、ピットにたどり着く。
”F”が代車を持って待ってくれている
”F”の時はショッピングしてたから”ピットに入ってくれ”って言えなかったけど・・・

ありがとーって交換
でも、全然進まない、重たい代車。
1周回ってピット前を通過。
そしたら、剥がれた前輪を交換して本番車を再び用意してくれてる”F”
この神対応に泣きそうになりながら再び交換。

軽い!
ここまでしてもらってあきらめるのはナイので
66にも届かないけど、全力で踏む。
そーいえば、今日は留めさんも沖縄200キロだ
「がんばるわ、ありがとう」って金曜日に職場で言って帰ったけど
どーなったかな?

しんどいな、きついな、早く楽になりたいなって、この状態をみんな我慢してるんだよな。
ってな事を考えてたら、ちょっと踏めて3人は抜けてゴール。

ちなみに、タイヤは去年のまんま。
全ては、自分の準備不足。

で、準備は大事なのと、誕生日が近いので
f:id:ibebe:20161113230100j:image:w360
帰りの住之江で、安い!カーボン!カンチ仕様!
これは、いっとかないと後悔すると思って
清水の舞台から飛び降りた。


F7
P2のち8(フレーム買ったから)