Hatena::ブログ(Diary)

市長のための市会ではなく、市民のための名古屋市会を! Ver.2.0 Twitter

  一人の名古屋市民が「地域委員会制度」「減税日本」に対する疑問をまとめるサイトです。


20141011164859
ubuntu Japanese Team
- Deep Learning Implimented Python libraries Accelerated by CUDA on Ubuntu -

>>> 名古屋城天守の有形文化財登録を求める会
    http://bit.do/Ncastle
>>> 名古屋市民の建てた 名古屋城天守閣を守ろう!

  →touch

2017-11-07 東区補選顛末

東区補選顛末


・・・呆れますね。
その一言です。

予定されていた名古屋市東区における市議補欠選挙
減税日本は候補擁立を見送ったそうだ。

まだ状況は変わりうると思っています。断定的なことは言えない、ここまでマスコミ発表をしても、その言葉が撤回される可能性はある。いままでの経験から、そういった保留は置かざるを得ませんが、それでも今現在、わかっていることだけを整理してみましょう。
先の衆議院解散に、減税日本は現職の市会議員である佐藤夕子東区選出)と余語さやか(緑区選出)を擁立した。
これによって減税日本ナゴヤは議席数が10となり、名古屋市会最小会派となった。
佐藤、余語は希望の党公認として立候補したが無残にも落選
いわゆる希望の党の失速をもろにかぶる形となった。


緑区においては議席数が充足しているが、東区はもともと2議席しか議席数がないため、佐藤市議の辞職によって補欠選挙が行われる事となる。


もともと、減税日本の中では東区の補選に新人のO氏を準備していたようだが、佐藤落選を受けて、佐藤元市議の「出戻り立候補」が取り沙汰されていた。


私は、この「出戻り立候補」は制度的にできないものと聞いていたが、法的には問題なく、名古屋市会では前例もあるらしい。


ただ、まったく個人の勝手で約3300万円の公費を使う補欠選挙を行うこととなるため、その批判は起こるだろう。


考えてみれば、選挙は水物。受かる落ちるは時の運。佐藤擁立は結構だが、その落選という可能性に対するオプションは予め考えていなかったのか?と疑問が湧く。


どうせ佐藤であれ能力不足は明白であり、河村市長の人気と、希望の党小池東京都知事の人気にあやかった選挙なのだから、誰を立てたって同じだ。現職市議の佐藤を辞めさせるのではなく、市議候補としていた新人のO氏を愛知1区に擁立しても良かったのではないのか?


また、いままで減税日本から参議院選挙に出た候補が2人いる。
両人とも落選後も熱く国政への思いを語っていたものだし、お一人などは私の批判に言葉を荒げて、今後も河村市長の下で政治に邁進する。と強い口調でおっしゃった。その言葉はどこへ行ったものだろうか。


しかし、河村市長の下には本当に人がいつかない。


減税に人なし。


その理由も明白だが、ここでは書かない。彼らにヒントを与えて助ける必要はないのだから。


佐藤元市議に対しては、市議補選、出戻り立候補を求める支援者もいたようだ。
また、出戻り立候補に批判的な支持者もいたと聞く。


・・・で、あるから私はまだ状況は流動的であると見ている。
出ても批判を受ける、出なくても批判を受けるのであれば、佐藤元県会議員にして元国会議員、前市会議員の「三冠王」にして今次落選候補にしてみれば、出て市議に復帰できれば、またまた「税金を食って楽な暮らし」ができるのだから出ない手はないだろう。出戻り補選やその経費3300万円に対する批判が怖くて、トリプル選挙の際の意味のない市長選挙(これは2億円以上かかっていたはずだ)はできやしないし、何より「市長を守る女」として信任を得たのだから、市民の税金など知ったことではないだろう。何を今更市民の批判が怖いのだろうか。そんな面の革の薄い手合とは知らなかった。


そもそも東区選出の市議候補として、佐藤夕子元県議〜三冠王〜を擁立するにあたっては、それまで尽くしていたはずのK元市議を首にして、佐藤に候補を変えたものだった。


ブラック企業並の人事強権の発動だった。K元市議からもぎ取った市議のバッチを、希望の党騒動が起きれば後先考えずに投げ捨てて、国政へと転身させる。いったいヒトをなんと考えているのだろうか。市政や国政の重みをどう考えて捉えているのだろうか。


2つ言えることがあるだろう。
こうした動きは、有権者のためのものではない。市民の声を受けたものではない。
彼らはせいぜい「市長を助ける」ために活動しているのである。また、実はこの言葉も彼らの内部でのおべんちゃらでしかない。市長に対するお追従だ。本当は単に私利私欲のためだけに動いているに過ぎない。


私利私欲のために立候補し、自己保身のために立候補を辞めておく。


さもしいものだ。


もう一つは、これほど先が読めない者が、名古屋市名古屋市民の将来がわかるわけはない。
SLを走らせる? 名古屋城を木造化する? 名古屋の街を良くする?


笑わせます。


まず、自分たちの仲間内だけでも、理解できるような将来構想を打ち出せないものでしょうかね。なんですか、このいきあたりばったり。「中学生並の脊髄反射」といったら「中学生に失礼だ」といわれた。目の前の餌にだけ食いつくこの姿は、動物以下。ミドリムシ程度の知能としか思えない。


このミドリムシの知能で名古屋市民や名古屋市の将来像が構想できるわけもないし、民主主義の何たるかも理解できまい。


あわれ、河村たけしたかし。いや、河村隆男。
裕福な家庭に生まれ、なに不自由なく養育され。
人並み以上の教育を受け、16年に渡って国会議員を努め、今8年に渡って名古屋市長を務める。それでいてこの見識、この能力。


ヒトを育てるのは金や環境だけではないということがよくわかる。(何が必要かは書いてやらない、教える義理はないのだから)


河村たかしは、それらを知る機会を得ながら、何も理解できることなく死んでいくのだろう。すべてを周りの環境、他人の責任にして。いったい、このモノの人生とは何だったのだろうか。


さて、その河村市長に対して、批判の矛先を上げた立憲民主党の候補予定者である国政直記氏が、公約にも加えてくれた名古屋市政の懸案が「議会報告会」である。


河村市長はこの「議会報告会」に予算を付けず、名古屋市民の市政参加の機会を奪っており、民主主義の実現を拒んでいる。河村名古屋市長は市民による民主主義の破壊者である。


制度としての議会報告会は市の主催でなければできない。市の主催であれば、議会全会派だけではなく、市の職員による市政の説明も聞くことができる。個人や個々の議員、会派が主催するのであれば、こうした形式は取ることができない。


しかし、サブセットといえども、市民主催で市政を議論する場を主催しているヒトがいる。
市議会リコールによって市民から首を宣告された名東区の冨田勝三元市議である。


11月10日(金曜日)
夕方6時30分から
名東区役所講堂


において、この冨田勝三元市議主催の市政報告会が開催される。


会派を超えて、名東区選出の
自民党丹羽市議
民進党、日々美咲市議
共産党市議団からはどなたかが

追記:facebook 上で、共産党名東区にはさいとう愛子市議が居ると指摘を受けました。
ボケておりました、失礼しました。

さいとう愛子市議が参加されるようです。

参加して市政の課題などを市民と意見交換します。


どうぞ、ご参加ください。


端くれ職員端くれ職員 2017/11/09 22:38 明日告示の補欠選挙。立憲民主党の国政氏で決まりかと思いきや、対抗馬が現れましたね。久しぶりに聞きましたわ則竹勅仁。一言で言えば「よくもまあノコノコと出てきたな」
先回辞職した理由って何でしたっけ?お金に絡んだウソがバレて辞職に追い込まれた人間が議員報酬800万円に戻します?アンタどうせ万が一当選しても、またお金ちょろまかすんでしょ?
無所属ながら減税に支援を求めたいと述べているそうですが、流石に河村も金の問題でケチの付いた元職を表立っては応援できないでしょうね。ただ市長のお膝元だけに次回の統一地方選で佐藤ゆうこが再出馬するまでのワンポイントと言うことで裏で手を廻す可能性はあるかも?
国政氏には結果的に減税以外の会派からの支援、支持はあるでしょうね。共産党みたいに「衆院選からの共闘を重視したい」との積極的支援から、自民党みたいに「ウチは議席持ってるから候補は立てんが、減税に議席が行くぐらいなら立憲に」の様な消極的支持まで。幅広い支持を受けた候補対ケチの付いた元職候補では結果は見えていると思いますが、ブログ主様はいかがお考えでしょうか?

ichi-nagoyajinichi-nagoyajin 2017/11/10 01:11 立憲や民進に議席がいくぐらいなら、
いっそ何の役にも立たない減税に行ったほうが良いと考える人も多いと思います。
名古屋市民はニュートラルなら、45万人、市長として誰を選んだか。
それを考えると空恐ろしくなります。

ichi-nagoyajinichi-nagoyajin 2017/11/10 01:26 あえていうと、則竹が議員報酬だとか議会改革だとかばかり言ってくれたら賞賛は有るでしょうね。
議員報酬については有権者の意識も代わっていますし、そういった層とはことなります。
また、お金の話をすれば連想されるのはそういった一連の不祥事ですからね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichi-nagoyajin/20171107/p1