壱創日記 〜武術 太極拳用品のイチクリ〜

2006-02-22 天下第一指

[電影]霍元甲(SPIRIT

 日本でも試写会が行われたそうですね。

 主人公の霍元甲を演じた李連傑(ジェット・リー)は、この映画を最後に商業映画からは引退するという噂だが、それもうなづける映画。これを撮ってしまったら、もう次に撮るものはないように思えるほど、武術映画としても、歴史を背景とした一人の男の物語としても完成度の高い出来だったと思う。

 中村獅童は、いい役をもらったなぁ。中国では日本人に好意的すぎるという反発も多いそうだ。政治的、商業的配慮を感じないでもないが、いいところに着陸したように思う。カンフーオタク道の先輩も「ちょうどよい匙加減なのではないでしょうか」と言っていらっしゃるし。その配慮を受けて、日本でもしっかりヒットしてほしい。私も2回は劇場で見るでしょう。*1

 ジェイ・チョウの歌う主題歌は、とてもかっこいい。しかし、これは一時的な流行で終わってしまうんだろうなぁ。「男児当自強」のように、武術好きが10年後もカラオケで歌うような歌ではないように思う。話題性もあり、彼自身もかっこいいので、これはこれでいいとは思うのだが、もっと長く心に残るような歌をもう一つ付けてくれても良かったような気がしないでもない。

http://youtube.com/w/00AA0DQ43u3200BMV[8Ce74n05f70r48?v=md1hjFiHPzU&search=e

歌への評価は別として、この↑MVでジェイが着ている右身頃に金(?)で刺繍のしてあるジャケットかっこいいな。今度出張したときにすこしデザインをいじって自分用にオーダーしちゃおうかなー。

祝初北京

 イチクリ講座の生徒さんが、昨日北京旅行から帰り、本日ご来社。興奮冷めやらぬご様子で、2時間ほどしゃべりたおして行った。

 初中国で、初北京。3泊4日の駆け足の旅行だったけれど、ものすごいインパクトを受けたようだった。そして、土産物屋で中国語(と日本語!)を駆使して値切り倒した様子を生き生きと再現してくれた。通じるうれしさを実感してくれたようで、なんかこちらまで感動。

 私も初心を忘れずに精進しなくては。

[]祝荒川静香SP三位!

 「輝くような表情」。使い古された感じがしないでもないが、今朝ショートプログラムを終えた荒川選手の顔からは本当に発光しているようだった。彼女も、他の日本代表の選手も、そして他国の選手も悔いなくすべることができますように。

 ところで、荒川選手の衣装、どこかで見たと思いませんか?今日一日ひっかかっていたのですが、先ほど判明。ウルトラマンですね。赤と白、そしてキラキラ。ウルトラ警備隊というよりはウルトラマンの親戚にいそうな感じ。いっそのことシュワッと飛ぶことが出来れば高得点なのにねぇ。

*1:日本の公式HPにはミシェル・ヨーが出演する旨大きく書かれているが、どこに出ていたんだろうか?日本版には出るのかな。