イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2005-06-06

[][] あずみ

チャンネルNECOにて。

小山ゆうさんの原作の方はスペリオールで一時読んだことがあるだけで、いつかちゃんと読みたいと思っているんですが、この映画を見るにあたっては原作を知らないで良かったかなと思いました。

まず、若い役者さんたちがいきいきとしていていたのが印象に残る。逆にとても重要な役であるはずの原田芳雄さんは、とても好きな俳優さんなんだけど、なんとなく覇気がないというか、なに考えてるか最後までわからないというか・・・漫画でもそうなのかな? 

あと、北村龍平さんが監督ということで、ある低度予想はしていたんだけど、CGに自然さがなく、わざとらしく見えたのが残念。アニメ的な動きを意図してるのかもしれないけど、それにしても不自然。それに、ラストの大砲で打ち上げられるとことか、あれはないだろうと思った。ああいうコミカル(?)な手法を入れることが、物語の重厚感が損うことに繋がっていたと思います。まあ、敵方はコミカルに、あずみ側はシリアスにという温度差を出したかったのかもしれないけど、あまり効果的には感じられませんでした。格好良い映像を撮りたいのか、物語を描きたいのかが定まっていない感じ。あと殺陣のシーンでスローモーション使い過ぎだった。あれでは強調すべきところが際立たないと思う。

殺陣で印象に残ったのは成宮寛貴さん。美女丸へ向かっていくところはとても良かった。美女丸のオダギリジョーさんは「12モンキーズ」でのブラッド・ピットさんを思いだした。昨日のと今日のギャップがすごい。

個人的には岡本綾さんが好きなので見て良かったです。「東京ゴッドファーザーズ」での声の演技がかなり良かったので好きになった。もっといろいろな場面でみたい女優さん。ちょっと西田尚美さんに似てる気がする。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20050606/p3