イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2005-06-29

[] 旅/キセル

旅

「夏が来る」というこの季節にぴったりの曲からはじまるキセルのニューアルバム。これがもう、とても良いです。

「近未来」にも参加していた益子樹さんプロデュースの前作「窓に地球」は新境地開拓という印象もありながら、自分たちの色を滲ませない傑作アルバムだったけれど、セルフプロデュースで製作された今回のアルバムでは、これまでやってきたことがぜんぶ生かされているのを感じる。

「旅」というタイトルのとおり、どこかへいく曲が中心なんだけど、音楽そのものが、心地のよい乗り物のようで、はらまさこさんが描いたジャケットの雰囲気もぴったり。

キセルはほんとに特別なミュージシャンで、私はこんな風に音で話す人たちを他に知らない。楽しそうで、気持ち良くて、飄々としていて、懐かしい。いろんな言葉を思い付いても、それだけじゃうまく言えない、なんだかとても素敵なものがあって、その音楽を聴いていると、彼らの見ている世界を、ちょっとづつおすそわけしてもらっているような気分になる。

特にお気に入りは、昨年のライブでもやってくれた「ハネムーン」、それから、夏の昼下がりを思わせる様な「サマタイム」、夕暮れは「タワー」かな。

と、こうして曲をあげてはみるけれど、やっぱりアルバムを通して聴きたくなります。今年の夏は「夏が来る」からはじまる時間をたくさん過ごすと思う。

私はキセルの音楽がとても好きです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20050629/p1