イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2006-02-01

[] bonobos/electlyric

electlyric

electlyric

聴いた。良かった。きらきらしてます。日だまりというか、真夏のプールの中から空を見上げてる感じがする、とても良いアルバムでした。なんだーもう。なんだか先日ごちゃごちゃ書いたのがあほらしくなってくる。

この前は多幸感溢れるダンスミュージック、と書いたけれど、それは訂正。やっぱり彼等の基本は南国の音楽にあるみたいですね。ラブ&ピース。ただ、「ホーバー・ホーバー」で感じた、あちこちのジャンルを行き交う、ちょっと落ち着かない感じは薄れて、とてもまとまりのある、芯の通ったアルバムだと感じました。もちろん「ホーバー・ホーバー」も良かったんだけど。でも単純にこのアルバムの方が、好きで、bonobosというバンドがどんなバンドなのか、伝わってくるような気がした。

そして、おこがましいことを言うならば、バンドが一段ステップをのぼるときっていうのは、やっぱりキラーチューンを生み出した瞬間だと思うんですよ。そしてこのアルバムには、それがある。たぶんきっと、このアルバム聴いた(ほとんどの)人が一発で「おっ」と身を乗り出してしまうであろう曲。「THANK YOU FOR THE MUSIC」! 聞き込むうちに、あ、こっちの曲のが好みかも、なんてことはあるだろうけど、このキャッチーさはちょっと特筆すべきだと思う。「We Will Rock You」と凄く似てるリズムなんだけど、雰囲気がまるで違って、これは久々の個人的エンドロールソング*1を発見してしまったと思いました。

他には#1「春の嵐」#7「あの言葉、あの光」などが好きです。

*1:映画のエンドロールでかかるような音楽が私は好きなので

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20060201/p2