イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2006-02-06

[] 岡本太郎の視線

それで、上の写真展を見にいった際に、岡本太郎さんの写真展も見たんだった。

私は岡本太郎さんについて、ほとんど何も知らないです。

でも、この写真展を見るのなら、岡本太郎記念館に足を向けた方がずっと岡本太郎さんという人の世界は見えると思う。(逆に言えば、岡本さんの世界についてある程度の認識がある人向けの展覧会だったということで)

私は岡本さん作品というと、どうしても造形物や写真より「言葉」の方が印象に残ってしまうんだけど、この写真展でもスライドに写されてる言葉のほうが印象に残ってしまった。

あと、写真はとても素直に見えるものが多くて、この視線から、あの作品群が生まれたのか、ということには正直に驚いた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20060206/p2