イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2006-02-12

[] ROCKIN'ON PRESENTS JAPAN CIRCUIT - vol.30 -

「現代の無戒」を見て即アコエレに行こうと思って取ったのがこのイベントのチケットでした。行って初めてロッキンオンイベントだということを知ったくらいの予備知識ない感じです。

  • 向井秀徳アコースティック&エレクトリック
  • OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
  • 髭(HiGE)
  • マキシマム ザ ホルモン

最初にロッキンオンジャパンの編集長の人が出てきて、出演順お知らせ。面子からして向井(無戒はやめたらしいです。)アコエレが一番手だろうなと思ったらその通りだった。それからOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDというのはブラフマンの人だと知る。

向井秀徳アコースティック&エレクトリック

一発目から「Crazy Days Crazy Feeling」。エレアコが良い音だなと思った。現代の無戒見ても思ったけど、向井さんは良い声している。のびる。そしてザゼンのアルバムを相当聞き込んでいるのにもかかわらず、アコエレで聞くときに耳がザゼンの音を探さない。ちゃんと別物として聞き分けられるのが自分でも不思議でした。

ザゼン最新アルバムからは「Water Front」をやって、これもかなり良かった。ザゼンの音では聞き逃してた(ひっかからなかった)言葉とかが浮かんできて、また別の側面を見た感じ。念願の「KU〜KI」を聞けたのもうれしかったし、ナンバーガールから「性的少女」をやったのもうれしかったです。

あと猫町からはアコエレってそういうことか!と思う展開があって、まあなんというか一人ツインギターというか、その手があったか、と思った。ラストの「自問自答」はまじで素晴らしかったです。言葉の粒が立ってるよ。

でも、一つ残念というか腹のたったことといえば、私はほぼ最前列で見ていたのですけど、他のバンド待ちでそのエリアにいる男の子たちが、しゃべり過ぎだったことだ。ファンじゃないバンドを前で見るのも場所とりをするのも別にいいけど、すぐ目の前で歌っている人がいるのに、関係の無いことをしゃべって(ときにはステージを茶化して)笑ってるのは、迷惑だと思った。

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

ブラフマンのメンバーに、外国人の、バイオリン兼ボーカルの男の人を加えた新バンド、なのかな?

音は、何というかアーシーな感じとでも言うのでしょうか。トラッドというか、アイリッシュな曲が印象に残ったけれど、ハードな方向には最後まで転じなかった。

ちょっと疲れてきて後方で見ていたのだけど、うーん、面白かった。「総理大臣」って連呼する曲が一発目で、二曲目は「ベートーベン」だったんだけど、うん、楽しかった。HPとかジャケットとかを見て、もうちょっと70年代サイケっぽいバンド、もしくはガレージ系かなと思ってたんだけど、そんな片鱗も確かにあるけど、音は今って感じだった。

ただですね……何かすごく格好の良い人がいて、その人に見とれすぎて、正直よく覚えておりません。これはきっと「羽生ライン」だ、と思ったんですが、帰ってきてサイトを見てみたら普通に格好の良い人でした。

ちなみに羽生ラインとは「寝癖&眼鏡&夢中になると周囲が見えない」です。ときめきます。

マキシマムザホルモン

噂には聞いてましたが(主に「ざわ、、、ざわ、、、(以下略)」で)、実際に聞くのは初めて。

今日のライブは、たぶん半分くらいこのバンド目当てのお客さんだったんじゃないでしょうか。他のバンドがアウェー感満載なのに対して、しょっぱなから大盛り上がり。

音としては、基本ハードコアなんだけどメロディが入る感じ。構成としては声の高いMCと低声ボーカルのギター、ベース、ドラム、と見るとrage against the machineみたいな感じかなとも思うんですけど、飛び道具的な女性ドラマーの存在がこのバンドの雰囲気をポップに変えてるのかなと思いました。コアなようでコアではないぎりぎりの感じ。うまく言えないけど、キャッチーさがある、というか。

そんでこの女性がMCでも結構面白い感じで喋って、盛り上げるんだけど(基本喧嘩腰みたいな)途中から歌ったりもしていて、あれだけタイトに叩いて、これだけのパフォーマンスができるのは、素直にすごいと思った。

でもそれより気になってしまったのは声がアニメ声なこと。「よっしゃー」とか言う度に、(ナルト?)とか思ってしまった。(まあ、このバンドのファンにはそんなことどうでも良いと思いますが。ちなみに、ざわざわはやっぱアカギの曲なんだと知って納得。)

そういえば途中、あれ、これレッチリのカバーかなと思った曲があったんだけどどうだったのかな。

* * *

いろんなバンドが見れてお特なイベントで、楽しかったです。でもファン層が偏っている上に系統が違いすぎる気もしました。次にアコエレ見るならワンマンが良いな。

[] ライブと本屋巡り

昨日は徹夜してしまったので、昼過ぎに起きて、身支度して家を出る。

ライブの前に、いくつか電器屋を覗く。妹がDS買いたいと言ってて探してるんだけど、まだどこも品切れ状態。このぶんだとライトが出るまで品薄が続きそうだ。

その後パルコブックセンターでスタージョンの新装版『夢みる宝石』を探したのだけど見つからなかった。他に欲しいのたくさんあったんだけど、とりあえず今読み途中なのが5、6冊あるのでそれをどうにかしなきゃと思って思いとどまる。でも『夢みる宝石』は帰宅してすぐ、アマゾンで購入した。だって読みたい。それにしても最近、SFを中心に読みたい作品があり過ぎて、生きてるうちに全部読めるのか心配になるくらいだ。

ライブの後は、フレッシュネスバーガーでちょっと小腹を満たしてから、ツタヤの本屋へ。妹が買っている「メテオメトセラ」の新刊が出ていて、大喜びして購入。帯を読んだだけで泣ける。私はIKKI(やっと買えた)とか買って、渋谷を後にする。

帰宅してからはオリンピック関連のニュースとか見る。そういえば電車の中吊りになってるマックのオリンピックポスターかわいいな。ドナルドがスケートとかしてるやつ。

opiumnopiumn 2006/02/12 10:35 はじめまして。ジャパサキのリンクをたどってきました。いやー文章うまいですねー的確な言葉を選んでまっとうに伝えていらっしゃる感じ。私はマキシマムザホルモン目当てだったのですが(あのTシャツは恥ずかしくて着れず、ですが)、彼らを表現されている文章を読んで、激しく同意しました。んで、そうです!レッチリの「BY THE WAY」の演奏を入れている曲あります。「上原〜FUTOSHI〜」というBASSくんの名前を入れたオバカな曲名です。

ichinicsichinics 2006/02/13 01:26 はじめまして。コメントありがとうございます。初めて聞いたくせに印象をいろいろ書いてしまったので、ちょっと不安だったのですが、ほっとしました(笑)曲タイトルについても教えて下さって感謝です。そういや「BY THE WAY」でしたね。すっきりしました。