イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2006-04-07

[][] SLAM DUNK(その4/17〜21巻)

SLAM DUNK 17 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 17 (ジャンプコミックス)

17巻。陵南/海南戦いは王者、海南に軍配をあげたが、牧と仙道の戦いは仙道がねじ伏せるという展開で幕。そして戦いは陵南VS翔北因縁の対決へ。

ただ、翔北には安西先生がいない。陵南の報われなかった隠し玉、福田がとても良いです。そして田岡監督の語りによって試合が解説されていくため、終盤までもしかして、という不安が付きまとう。

また、こうしたスポーツものの漫画というのは、その選手の回想シーンがあったらしばらくはその選手の活躍が保証されるような「お約束」があるので(そりゃ仕方ないと思うけど)陵南選手の回想が入るたびに、感情移入はしつつやきもきする。

中でも桜木の空回りは不安材料なのだけど、ここでもやっぱり褒められてのびる子。試合の後半には田岡監督の「不安材料」が明かされ、あわやの大ピンチを迎えるのだけど、ここでも読者の盲点を突く展開というか、あの翔北バスケ部の母的存在木暮君の名場面です。走馬灯のように駆け巡るこれまでの風景。そして『バスケットが好きなんだ…』という気持ち。ようやく巡ってきた見せ場だけに感動的だ。

そしてゴリの外したボールをゴールに押し込み、それでも試合に集中している桜木の姿に、しみじみと成長を感じ取ったりもする。世代交代を伺わせる幕切れ。

#167の表紙にあるオールスター戦が見たい。

SLAM DUNK 21 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 21 (ジャンプコミックス)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20060407/p3