イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2006-04-10

[][] 立喰師列伝

ichinics2006-04-10

押井守による日本戦後昭和史を立喰師という額縁から描く。という奇妙な(?)作品。

そのクロニクルは、インチキかもしれないけど、それはいわば押井守の世界の真実なわけで、インチキだ! と言われることすら既に作品の中に取り込まれているというかなんというか。狐につままれる感じで、だんだんと「立喰は体制へのテロだ」ということが理解できるような気になってくる。そして実際、そこはうまく現代史と重なっているように思えた。もちろん、押井監督ならではの視点であるというとここそを楽しむべきなのだけど。吉本隆明さんの文章がところどころに挿入されるのが印象に残った。

物語を盛り上げる山寺宏一さんの口上はさすがに美しく深く緊迫感のあるもので、そこにのせられた嘘と真とパロディの入り交じった物語にのせて物語はどんどん進む。映像はペープサートを進化させた「スーパーライヴメーション」によるもので、思った以上にテンポがよかったです。

「見栄を切る」ような格好良い場面がこれでもかと押し寄せてくるのがまたグッとくる。

まあ、かなり押井守押井守による押井守のための映画」な(とこはある)ので、押井監督のファン以外が楽しめるかどうかは私にはわかりませんが、作るのは楽しかっただろうなぁーというのも、しみじみ伝わってきます。

あ、あと神山健治監督の眼鏡男子っぷり、寺田克也さんの薄幸っぷり。吉祥寺怪人さんのサラサラヘアー(CGだと思いますが)なども見どころ。個人的には牛魔王が良かったです。あ、あと「パン屋再襲撃」が出てきたときには「そことのつながりには全然気づかなかった…」と思いました。

個人的には「元ネタわからないと面白くないかも」系のお話はあんまり好きじゃないのですが「立喰師列伝」に関しては、敢えて他人におすすめしようとは思わないものの、個人的には楽しめました。なんかもう「楽しそうな押井監督」を思うだけでお腹いっぱいな感じです。そんなにファンなのか私。

公式 → http://www.tachiguishi.com/top.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20060410/p1