イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2006-04-18

[] 「REPEATER+3」「Instrument」/FUGAZI

Instrument - O.S.T.

Instrument - O.S.T.

この前の「Faraquet」再聴を切欠に、まずはFUGAZIをちゃんと聴くべきだと思うに至って集めはじめているのですが、これがもう、びっくりするくらい格好良いんだ。FUGAZIを初めて聴いたのは確か「Instrument」というFUGAZIのドキュメンタリー映画を貸してもらって見た時だった。それで、すごい格好良い、と思って買った、その映画のサントラでもある同名のインスト集「Instrument」は、長らく愛聴している。特に唯一のボーカル入りトラック「I'm so tired」は、個人的ベストトラックのかなり上位に入り続けています。

でも、第一印象がインストばかりだったせいか、「REPEATER+3」とかは買ってすぐ聴いて、なんとなくしっくりこないまんまで放置していた。

Repeater & 3 Songs

Repeater & 3 Songs

そこに昨年のザゼンブームです。もう最近は全てがザゼンに繋がってしまうけど、それは似ているとかそういうことでなく、ただ私の耳の中の、ある回路をザゼンが開いたような気がしているということだ。

そんで改めて「REPEATER+3」を聴いてみたら、これがまたえらい格好良い。「REPEATER+3」は、FUGAZIの3rdアルバム(1989年リリース)のリマスター盤。シングルでリリースされた「3songs」も同時収録されてます。

荒削りな印象もあるけれど、ハードコアというジャンルにカテゴライズされるのではなく、ストイックな統制のもとに、全てのパートが楽器と一体になって絡み合ってコアな音楽になる感じ。こういう音を聴くと、言葉って追い付かないなぁと思う。このアルバムでは「Brendan #1」からの流れが気に入ってます…ってまたインストだけど。あと「Sieve-Fisted Find」あたり。

ともかく暫くディスコード漁りにいそしむつもり。ライブもみてみたい…。でも、その前にまずボーカルの声を聞き分けられるようになりたいので、あのドキュメンタリーDVDも買わなきゃなと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20060418/p1