イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2007-06-24

[][] 「300」

ichinics2007-06-24

監督・脚本/ザック・スナイダー

フランク・ミラー作品の映画化。

スパルタの300人の精鋭と、圧倒的な軍力を誇る帝国ペルシアとが戦う「テルモビュライの戦い」を描いた物語。物語の筋はシンプルだけれど、効果的に配置された伏線、フラグをアクセントとしながら、映像の快楽を突き詰めたような作品だった。スパルタ兵士のかっこよさを、脳内だけでなく共有できるものとしてアウトプットしてみせてくれる映像の圧力。それだけを見せようというストイックさもまたスパルタ的だと思った。

100万に対して300人で挑むというと、まるで捨て身のようだけど、スパルタ王レオニダスはちゃんと勝てる算段をつけて挑んでいる。アクションシーンでも、スパルタ軍がどのように戦っているのかをきちんと見せてくれるのがよかった。300がひとつになって一糸乱れぬ攻撃をくり出す。その瞬間にはぞくぞくするような快感があったし、盾、槍、剣を「使える」とはどういうことなのかが見て感じられる映像だと思った。ラスト近くの、背中合わせの二人の戦いなんかは、舞踏のようなうつくしさだったな。

そりゃ勝つわ、と思うし、勝てるかも、という期待をさせてくれる。スパルタの強さに説得力があるところが、とくに良かったです。

そして、そこには意志統一の力強さもある。ひとつの目標に向かって士気をたかめ、鍛錬を積んできたことに自負があるからこそ、向かって行ける。強さこそ正義、といわんばかりの自信にあふれた目。筋肉は裏切らないのか。そうなのかもしれない。

[] 「場」のイメージ(&25日追記)

先日(id:ichinics:20070614:p1)引用させていただいたsfllさんのエントリの続きで、図解をされているものがあげられていたのですが、それを読んで私は完全に「場」と「閉鎖系」にはじまるいろいろをごっちゃにして読んでいたことがわかりました。申し訳ないです。

とてもイメージしやすい図解でした。

偽装部 - ポケットのなかは暗くて、帽子がみつからない - 「場」トーとか元「個」の続き

それで、ちょっと自分のイメージしてたことも図解してみようと思ったんだけど…これがものすごくむずかしい。なんかもうアウトプットした時点でかわっちゃうのがもどかしいので、たぶんもうやらない、と思う。でも、せっかくつくったものはとりあえずあげてみる貧乏性。

たたみます。

まず、Aの話す言葉、振る舞いはいつもA自身(のようなもの)から少しづつずれている。というのが黒丸に重なっている白い線。そしてBが見るAも、Aの描く線とは重ならない。これが私の思った「勾配」です。

f:id:ichinics:20070625011022j:image

Aがなにか言葉を発するとき、そこにあるのはAからはこう捉えられているとします。真っ白。

f:id:ichinics:20070625010914j:image

しかし実際Bに伝わるのはその一部分で、言葉には影ができてしまう。重なり(白部分)が大きければ大きいほど、理解度は高いということになるのですが、時にはその形がまったく異なるものとして捉えられてることもあったりして。

f:id:ichinics:20070625011127j:image

でも、時間を経てAがA'になったとき、その言葉の食い違いとともに、自分の言葉を客観的に見れるようになるんじゃないか。それは「理解」とは少し違うけれど、その可能性はあるよねと思います。ただ、もうその場(この場合かさなった吹き出しの部分/sfllさんの書かれてた「場」のイメージとは別物になってるけど)には関われない。

f:id:ichinics:20070625011227j:image

そして、このA'と同じ軸にいるのが観測者Cだと思うんですが、Cもまた場に関わっていないからこそ、それを「場」として見ることができる。

で、前書きたかったのは、こんなふうに言葉を俯瞰するのに、文字ってのはわりと簡単に軸を移動できるツールなんじゃないかってことだった、と思うんですけど…。

でもこうやって出してみると、何か違う。違うんだ。図解したのに全然わかりやすくなってない、てことにがっくりしつつ。ただ、最初の図のBの視点というものがあるからこそAは「場」に登場できるものでもあるのかな、と思う。その辺もっと考えてみたいです。

しかし図解ってのは読む側としては便利だけど、いざやってみるとイメージが固着してしまいそうでこわい。

追記

わーやっぱわかりにくい!ですよね!

nekoprotocol さんのブクマコメントに答えて追記。

Bのいない非公開日記では、A'はありえないのか、どうか・・

http://b.hatena.ne.jp/nekoprotocol/20070625#bookmark-5098917

日記に例えて書いてみます。

図4の縦長の箱は、時間とか心的距離みたいなものをイメージしています。ダイアリーをつけた日数100日のAと300日のA'とみたいな感じですね。

で、AのAによる非公開日記のばあい、そこに他者Bはいないので、A→A’の流れしかない。仮にAが日記空間にだけいるとしたら、日記を書くのは、観測者としての行為であって、他者に見られることのない(つまりA'のためにだけある)Aの言葉は、場を作れない。つまり、

  • 「場」は他者Bがいないと作れない

でも公開日記だって、コメントもメールもトラバもないよ、Bなんてみたときないし、場があるかどうかなんてわからない!って思うかもしれないです。思います(それがいいときもあればわるいときもあるんだと思うけど)。

それでも、言葉を公開することは、どこかで場を作る可能性をともなっています。

例えば…Aさんの書いた記事に対してBさんが反応してるんだけど、Aさんは気づいてなくて、でも2人のダイアリをアンテナに入れているCさんだけが気づいてたり、とか? なんて珍しい(たぶん)ケースだけでなくって、そもそも書いてるときというのは、誰からどんな反応がもらえるかなんてわからない。反応はなかったな、と思って忘れていたら、既にAが観測者A'になった頃に届いたりする。そんな時間軸のずれた場が乱反射している、のが、インターネット、だったら、面白いなとか思ったりしてます。ともかく、

  • 「場」があることは、観測者があらわれてはじめてわかる。

ともいえるんじゃないでしょうか。どうかな。

三日後の私'はこの文を読んで眉をしかめるんでしょうか、それとも続きをかきたくなるんでしょうか。とりあえず今は、まだ首を傾げています。

ichinicsichinics 2007/06/25 15:38 うーややこしくてすみません。たぶん私は1つの語をいろんな意味で使いすぎなんだと思います。頭にあるときは理解できてるつもりなんですけど、言葉にして出すと穴に気づくな。でも、この気づく視点が「A’」てことなんだと思います。自分を他人として見れる。その客観を目的に使う場合は、たしかに非公開を選ぶほうが適しているのかもしれませんね。イメージとしては、非公開が冷凍庫で、公開はかもされまくるぬか床みたいなかんじかなー。って考えてるとどんどんずれて…。