イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2007-11-26

[] 鳩とバス

目が覚める。携帯を見る。寝返りをうって二度寝の誘惑と数秒戦い、起き上がりストーブをつける。もう一度布団に戻り、ストーブがつくのを待つ。

膝を抱えて待ちながら、携帯に残っていた書きかけのメールのこと考える。それは宙に浮かんだままの声みたいで、ボッ、とついたストーブの音に、吹き飛ばされてきえる。今日は晴れ。いつだったか、小さな映画館で、友達3人で膝を抱えて見た映画のラストシーンのことを思いながら、バス停まで歩く。

並ぶひとのほとんどが、バスがくる左手の道を眺めている。11月も終わりかけの朝7時、いまだ朝焼けが広がっている空の端は、とてもまぶしくて、

その、まぶしさに顔をしかめていた全員がふと顔をあげた、瞬間、空を横切るのは鳩の群れ。

ほんの1、2秒。やがておもむろに、俯いたり左手の道に視線を戻したり携帯を取り出したりと、散り散りにわかれながらも、あの瞬間、視線の重なった感触に、目の奥がすこしひりひりする、冬の朝。

バスに乗り込むひとみんな、新しい顔をしている。

[] 夕暮れビール

駅前にロータリーがあると、知らない町だ、と感じてしまうのは、私が幼い頃からずっと駅と住宅街が地続きに直結しているような町に住んでいるからで、あたりを見回しながら、ここもまた知らない町だ、とすこし身構えつつも、あちこちで交わされる、あら、いま帰り?、どーも、そうなのよぅ、なんて、他愛もない挨拶、のようなものに体半分、溶けだすような気分で入った店の、背後の席では知らない人が、私の知らない恋の話をしていた。酔いが回っているわけではないみたい、だけどその語り口には、思っていることを口に出す気持ちの良さみたいなものが感じられて、私もつい、うれしくなって、何かを言おうと口を開くのだけど、その前に、と、つい酒が進み、ぼんやり、酔ったなぁとか思いながら、行儀悪く耳をすます。状況はよくわからなかったけれど、たぶんうまくいっている、とか、そういう感じの平和な話で、ふと、

「いますごく幸せなんだよね」というのろけ話を聞いてはじめて、あーいい人だなぁなんて意識するのは、なんつうか不毛だ、と自嘲しつつ、それからけっこう長いこと、あーいい人だなぁと思い続けることになった、まだ10代の、でも終わり頃のことを、思いだしたりした。

それは、たぶん恋とかそういうんではなかったと思うんだけど、まあ、けっこう、いい人だなぁと思っていて、でも「いますごく幸せなんだよね」という言葉の奥にあった、ちょっとややこしい事情みたいなものを、それはわりとどうしようもない話で、知ってからは、うー、と、思いつつ、でもやっぱりどうしようもないままだった。

ともかく。その人は、7つくらい年上の先輩で、まあいろいろよくしてもらっていたわけです。CD貸してくれたりとか、私が小石川植物園行ってみたいっていったら、手書きの地図くれたりとかね、そんなささやかな感じなのですけど、で、まあなんていうんですか、ほら、2月にあるじゃないですか。あのイベントっぽいのが。そんで、まあこくは(ゲフンゲフン)とかしないにしても、なんていうかこう、あげたいなーみたいな気持ちがあって。でも面と向かってそんなんあげたらお返しとか気にする人だろうし、気を使わせたくないなーていうのがあって、私が買ったのトッポだった。

トッポわかりますかね。棒状のプレッツェルにチョコ入ってるやつです。あれおいしい。んで、二袋入ってるんですよ。それを、帰りがけに、お腹すいてます? え、すいてない? でもこれひとふくろあまってるっていうか、もういらないからあげます、みたいな感じで、1袋あげて、そんで満足したっていう、それだけの話で。

なんつーか、ま、あのときはそういうことだったんだよなぁって、ってこれじゃあなんのことやらだけど、

それにしても、と、イマココに戻ってきてもまだ背後の彼は気持ち良さそうに話をしていて、できることなら、私も、あんなふうに、話してみたいなと思う。そんで、のど元のなにかが、聞く人にとって心地よい話ならいいのになあ、とか、思いながらまたグラスを手に取って、

ビール飲む。私はいま、何を話したいんだろーなと、考えながら、もっと話がききたいと思っている。