イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2007-11-28

[] 「comic opera」/Robert Wyatt

Comicopera

Comicopera

「Cuckooland」から4年ぶりのニューアルバム。「Lost in noise」「the here and the now」「away with the fairies 」と題された3部構成になっていて、それぞれ少しずつ雰囲気が違う。

特に2部が好きです。「A Beautiful War」聴いて、最初にグッとくるのはやはり鍵盤の音だなと思う。それからスチールドラムの音が気持ちいい「On The Town Square」など。楽器が印象的なフックになる曲が集まっているような気がした。

スペイン語とイタリア語で歌われる曲がつづく第三部は、ジャズや、チェ・ゲバラ賛歌(のカバー)、スペインの詩人 Federico Garcia Lorca の詩に音楽をつけたもの、など、とてもロバート・ワイアットらしい雰囲気。ライナーを見ると、今年で62歳になるそうですが、その視線の先にはいまも様々な熱のようなものがあって、それを音楽に結び付けることを、自然にしてきた人なのだろうな、と思う。

いろんな色が混じりあいながら Robert Wyatt という人の手のひらに包まれているかのような、贅沢な気持ちになる音楽。におい立つ雨上がりのような空気と、夜の音。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20071128/p1