イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2011-07-14

[] 罪悪感のとなり

久しぶりだなと感じるたびに、前会ったのが、地震の前だったか後だったか、をつい考えてしまうようになった。だから久しぶりに会った彼女が、そのことに気づかなかった、と言ったとき、少し意外に思っていた。

まあ連絡はとっていたし、そんなものかもしれない。「でもすごく、長いこと会わなかったような感じがする」と私は言った。彼女は軽く頷いただけだったけれど、

お互いの近況をぐるっと巡ってやっと、「実はね」と居住まいをただしたとき、やはり気づいてはいたんだろうな、と思った。

なんとなく、罪悪感を感じると彼女は言った。スーパーには相変わらずものが溢れているし、電気はつかうし、そんなの前からだけど、その前からに戻っていることに。自分のやっている仕事に。ごはんを食べたり、笑うたびに。

そう話す顔がなんだか疲れて見えて、自分の生活は大事だよ、と私は言った。われながら無難言葉だなと思うけれど、正直な気持ちだった。でも彼女あいまいな顔で首をかしげる。

何 年か前、「罪悪感」というものについていろいろ考えていたとき、私はひとまず “罪悪感は役に立たない” と結論したのだけど、それは「罪悪感を感じ たくないのでできることをする」か「できることをしないで罪悪感を感じる」か、どちらを選ぶのも自分でできることだと思ったからだった。

でもそれ は自分の罪悪感対処法でしかなくて、彼女の話している「罪悪感」は、私にはないものだった。私はいま、罪悪感を感じてはいない。なぜか、というところを否応なく考えることになって、 私はあこがれといらだちが入り混じるような、変な気分になっていた。そんな私の沈黙を見て、彼女はすまなさそうな顔をする。

正解も不正解もないことは思っている以上に多い。ただ、常に何かを選んでいて、私は今のところ、これに落ち着いているのだなと思う。「とりあえず私は、こうして久しぶりに会えてるのは嬉しいと思ってる」、と言うと彼女は少しほっとした顔をして、それは私もそうだよ、と言った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20110714/p2