イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2012-01-26

[][] 「昭和元禄 落語心中」1,2巻/雲田はるこ

最近あたりが多いITANコミックスから出ているということもあり、気になってた作品。「このマンガがすごい」のランキングを見て買ってきました。

以前、作者のBL作品を読んだことがあり、その登場人物がちょっと苦手だったので買うか迷っていたのですが、この「昭和元禄 落語心中」は面白かった! やっぱ食わず嫌いはよくないなー。

昭和元禄落語心中(1) (KCx)

昭和元禄落語心中(1) (KCx)

物語は、元ヤクザの主人公、与太郎落語家八雲”に弟子入りするお話与太郎の憎めないキャラクターがいいです。しかし細やかな性格ではない与太郎には八雲の「技術も頭もべらぼうに使う」落語を真似するのはむずかしく、彼はだんだん八雲の同門である亡き助六落語に興味を持つようになる…、というところまでが第2巻です。

落語はまったく知らないのですが、読んでるだけで八雲師匠落語がおもしろそうでわくわくする。そして2巻で見られる若き助六落語には八雲とはまったく別の魅力があって、こういう差を実在の落語家に重ね合わせて読めたら楽しいだろうなーなんて思いながら読みました。

昭和元禄落語心中(2) (KCx)

昭和元禄落語心中(2) (KCx)

[][] 「小煌女」完結/海野つなみ

小煌女(5) <完> (KC KISS)

小煌女(5) <完> (KC KISS)

先日出た第5巻で完結。

この「小煌女」は著者初のSFだったとのことですが、異星人とのやりとりが出てくるお話はいえ、お話は「王子乞食」に近い定番の物語じゃないかなと思います。ただ、物語舞台となる架空の星のルールが、わりと終盤で語られるため、ちょっと都合良く感じられてしまったのが残念。こういうのはファンタジーの難しいところだなと思います。

でも、全体を通してとても上品な印象があるのは「回転銀河」を初めて読んだときと共通しています。連作短編を是非また読みたいです。

[][] 「50/50(フィフティ・フィフティ)」

監督ジョナサン・レヴィン

昨年末に見ました。

ある日突然、「がん」であることを宣告された主人公が、病気きっかけに身の回りの人々との関係を捉え直すというお話

闘病生活をコミカルに描くこと自体はいいなと思うのですが、なんかどうも、キャラクターではなく制作側に「そういうものだ」としている部分があるような気がして気になった。

【以下内容に触れています】

続きを読む

2012-01-18

[] カルビー+に行ってきた日記

昨年末に開店のニュースを聞いてからずっと行きたいと思ってたんですがやっと! いってきました。

f:id:ichinics:20120118222522j:image:w200

カルビープラスは原宿の竹下通りにできた、カルビー直営の「揚げたてポテトチップスが食べられるお店」です*1。すでに北海道と京都にはあったそうですがこのたび関東初上陸ということで、オープンしてからひと月以上経っているにもかかわらず、私が行った日曜日にも行列ができていました。さすがカルビー!

イートインについて

揚げたてポテトチップスは、厚切り、薄切りを選んだうえでフレーバーを選ぶ流れになっています。その他にいくつかスナックがあり、他にはソフトクリームと飲み物メニュー。今回、私は揚げたてポテトチップス厚切りのしおバター味と、じゃがりこ風の入れ物にはいった「ポテりこ」を注文しました。

  • 揚げたてポテトチップス
    • おいしいです。よく野菜スナックってありますが、あれの揚げたて版って感じで芋の味が香ばしいんです。ただ、フレーバーが粉でかかってるのは味のつきかたにかなりムラができるのでもう少し工夫が欲しいかなと思いました。というか塩こしょうだけで食べたほうがおいしい気がした。

f:id:ichinics:20120118222521j:image:w200

  • ポテりこ
    • すごくおいしかったです。じゃがりこを揚げた感じなんだけど、マックのハッシュドポテトにちょっと近い食感で、カリカリしてるのにしっとりしてる。これはまた食べたいなー。ケチャップつけてもおいしいかも。

f:id:ichinics:20120118222523j:image:w200

ただ正直なところ、揚げ物と揚げ物なので二人がかりでも店内で食べきるのは厳しく、半分以上は持って帰ることにしました。ちゃんと持ち帰り用の袋が用意されてるのは嬉しいですね。店内は席数も少ないし(座れるのは10人くらいかな)今度はテイクアウトしてビールでも飲みながら食べたいです。

物販について

個人的には目当てはこっちでした!

なぜなら、オープン前のニュースで、店内に北海道バターしょうゆ味があるのを見たからです。

そしていざ店内にはいったら、ありましたよ! かなり大きな面展がされていて感激しました。やっぱりバターしょうゆは地域限定のエースですよね!(たぶん!)

他にも地域限定ものがいくつか(九州しょうゆ、かき醤油、博多めんたいこ味はあった)と、地域限定じゃがりこのバラ売り、カルビーグッズなどを販売していました。

私が買ったのは

  • Vegips(べジップス)2種
  • Oh! じゃがりこ チリトマト味、わさび醤油味
  • おこめぼれ
  • かき醤油味
  • 北海道バターしょうゆ味2袋

以上です。見たことないのとかあってつい盛り上がって買ってしまいました。今月はもうお菓子買わない…!

そしてこの日はなかったのですが新商品の先行発売なんかもあったりするらしいので今後も楽しみです。

あと、商品を買うとカルビーのロゴが入ってる袋に入れてもらえるのもファンとしては嬉しかったな〜。その後寄った洋服屋さんの店員さんと、カルビー話で盛り上がったりもしました。

f:id:ichinics:20120118222524j:image:w200

というわけでカルビー+、また行きたいです!

2012-01-16

[][] 「このたびは」/えすとえむ

作品集このたびは (Feelコミックス)

作品集このたびは (Feelコミックス)

本屋さんで新刊だと思って買ったのですが、2010年に出ていた本でした。知らなかった…! 個人的に、昨年はえすとえむさんへの興味がぐっと上がった年だったのですが、これを先に読んでたらもっとはやく好きになっていただろうなーって思うような本だった。とてもよかった。

えすとえむさんは、ご都合主義的なところをあまり感じさせないギリギリのラインで、ハッピーエンドを描くのがうまいひとだなと思う。そして、それが自然に見えるのは、キャラクターに嫌味がないからなのだろうとも思う。

例えば第1話とか、顔で結婚相手を決める、っていうお話なんだけど、いままで読んだそういう設定のお話のどれとも違って、読んでいるうちに主人公のことちょっと好きになってしまったし、ラストにはついぐっときて笑ってしまった。あと恋人地元に行くお話もいい。

なんとなく、作者は何かが変わるということではなく、受け入れることを描こうとしている人のように感じます

今後ますます活躍するだろう漫画家さんなので、いろいろ楽しみ。

[] 年始日記

1月2日

初夢は忘れた。朝ごはんにお雑煮を食べ、上の弟はどこかへ下の弟は駅伝を見に、私と妹は初売へでかけた。絶対コートを買いたいと思ってでかけ、襟のかわいいコートが買えたので満足です。他にも赤いカーディガンや白いシャツなどを買いました。

夜に高架を走る電車に乗っていると、車内の明るさに浮いているような気分になる。電車の足元暖房はとてもあったかい。年末オウム関連のニュースがあったこともあり、いろいろ当時のことを思い返したりする。2012年って。

f:id:ichinics:20120116213516j:image:w200

1月3日

早起きして茨城の祖母の家へ。干しぶどうを食べながら、新聞に載った祖母の俳句を読んだり話をしたりいろいろ。祖母はものしりで話を聞いてて楽しいんだけども、上の弟はお構いなしに腹をだして寝ていた。いい天気だった。祖母に「あそこに富士山が見えるでしょう」と言われ、人の指さす先に、目をこらすのは久しぶりだと思った。

一度実家に戻り、片付けをした後に帰宅

f:id:ichinics:20120116213511j:image:w200

1月4日

朝、カントリーベアージャンボリーヘルプで入る夢を見た。お昼に近所で友だちとカレー初めした後、セールをぐるっと見て、結局何も買わずにビール初め。今年もたくさん乾杯できるといいな。

f:id:ichinics:20120116213515j:image:w200

1月5日

年末できなかった大掃除の日。掃除→漫画→掃除を繰り返してなんだか充実した気持ちになる。TBH始動の文章を読んでぐっときた日。ということを覚えていたい。

写真おすすめしてもらって買った本。感想はあらためて書きたいんだけど、とにかくとても好きな本になりました。

f:id:ichinics:20120116213512j:image:w200

1月6日

夜は友だちと新年会でもつ鍋。久しぶりでおいしかった。鍋後はカラオケに行き、「Creep」と「Don't Look Back in Anger」を合唱するなどした。「Don't Look Back in Anger」はいつまでも肩組んで合唱したい曲です。

スマパンToday」歌った人がいたので流れで東京生まれ。

f:id:ichinics:20120116213514j:image:w200

1月7日

楽しみにしてた友人の家での鍋会。トマトチーズ鍋と寄せ鍋どちらもおいしくて、大人数でわいわい食べるのは楽しかった。食後には友だちが持ってきてくれたガレット・デ・ロワというケーキを食べる。なかにひとつ陶器人形が入っているホールケーキで、人形があたったひとは1日王様になれるというフランス伝統的なお菓子だそうです。人形あたったのでちょっと王冠かぶらせてもらったりした。

f:id:ichinics:20120116213513j:image:w200

そんな感じの年初めです。

今年は1日1言日記かきたいなーって思ってるんだけどまだ思ってるだけでどうなることやら。

2012-01-10

[] 行く年来る年日記

12月29日

冬休み1日め。目が覚めて、今日二度寝してもいいんだなって全能感を味わいながら、しばらくごろごろして、でも結局二度寝せずに起きあがれたのでとくした気持ちになる。

幾つか用事を片付けた後、夜は近所で忘年会インスタグラムの使い方を手取り足取り教えてもらう。瓶ビールをひたすら飲んだのにすごく安かった。とても楽しかった。

f:id:ichinics:20120110214926j:image:w150

12月30日

社用の年賀状を書き終えた後、帰省してきた友人と集まる。久しぶりなんだけど特に報告する近況もなく、食べ物にどのタイミングでラップをかけるかという話を長々として、私は、時間にかかわらず他の部屋に移動するなどしばらく目を離す場合はかけるかなという結論に達したのだけど、その理由もうまく説明できなくて面白かった。飲み屋を出るときに何故かバナナをもらった。

f:id:ichinics:20120110214927j:image:w150

12月31日

簡単に掃除をした後、昨日もらったバナナを携えて実家へ帰る。

途中、父親の誕生日ケーキを買いにデパ地下のようなところに寄った。どの店もホールケーキショートケーキしかなく、それは在庫の問題なのか紅白でおめでたいからなのかよくわからなかったけど、ともかく白いケーキがならんだショーケースは眩しかった。白くて。

夜は年越しそばを食べた後、解体された自分の机から出てきたという細々としたものを整理した。手紙とか写真とか、触るのすら懐かしい。

写真は幼い頃、携帯テレビを作ろうとして近所のガラス屋さんにお願いして切ってもらったガラスほこりだらけ)。箱にガラスはめて、中身はどうするつもりだったんだろうな。

f:id:ichinics:20120110214928j:image:w150

1月1日

あけまして、と、お誕生日おめでとうございます挨拶をしつつ、朝ごはんは納豆ご飯。テレビの中に人がたくさんいて、お正月だなと思う。

暇だったので、昼過ぎに下の弟と妹と3人で初詣に行った。途中、ちょうど車が停車していたときに大きめの地震があって、車ってずいぶん揺れるんだなと思った。

おみくじはあんなにたくさんある中で弟とお揃い。

一生のあひだ喜んだり悲しんだり、わが心の苦労たへ間なし、若けれど心は早や老人のごとし

ってかいてあって笑った。思い切り泣いたり笑ったりしようぜってことですね。そうしたいなと思う。

f:id:ichinics:20120110214929j:image:w150

歩いていると、視界の端々をみかんが過ぎる。道行く人の多くが上機嫌に見えるところがお正月の好きなところ。

夜、上の弟が帰ってきたので、ようやく家族揃ってお雑煮おせちを食べた。上の弟は海外から帰ってきたばかりだったのだけど、ちょうど飛行機に乗っている間に日付がかわったらしく、乗客の外国人が大騒ぎしていたという話のオチに「おいおいここはディスコ会場かい? ってね」とか大げさな身振りで話していて、いつの時代の人なんだろうと思った。

おせちの後、ろうそくのついた誕生日ケーキを前にポーズをとってる父親が「フェルメールみたいな感じで撮って」とか注文つけてたのも面白かったです。

f:id:ichinics:20120110214930j:image:w150

夕食後は日付がかわるまで大貧民をして私は富豪で終わったのでまあまあいい気分で眠りました。

そんな感じの行く年来る年でした。

f:id:ichinics:20120110214931j:image:w150

あけましておめでとうございます