イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2014-08-28

[][] 思い出のマーニー

f:id:ichinics:20140828212441j:image:w300

感想を書くのがずいぶん遅くなってしまったけれど公開してすぐ見に行ったし、2回見に行ったしつまりすごく好きな映画でした。とはいえ、多くのジブリ作品のように、双手をあげておすすめ!とは言えないと思うのは、多くの人がジブリ映画に期待するであろう、冒険活劇的な要素はまるでなく、脚本も少しいびつ作品であると思うからです。

それでも自分にとって大切な作品になったのは、終盤にある、クライマックスともいえる場面が本当にすばらしかったから

主人公である少女アンナは病弱で、人を寄せ付けないところのあるおとなしい少女として登場する。おとなしいだけでなくどこか自分以外の人を見下しているようなところすらある。殻にとじこもって、でも誰かに手を差し伸べてもらうことを期待している。

ちょっと中2病…と思わなくもないのですが、こういう屈折の仕方って身に覚えがないですか?(え、ない?ならいいけど!)ともかく、そういう子が、自分を受け入れるまでのお話、なので、マーニーが実は…というところは個人的にはどうでもよく、ただひたすらにアンナマーニーに期待し、裏切られる、ということを繰り返していくうちに、主体として行動するということを獲得する場面にほんとうにぐっときました。

謎解きが、突然判明した解説員にすべて委ねられるとか、行動範囲に広がりがないとか、マーニーの魅力が伝わりにくいとか、謎がとかれすぎてファンタジーがないとかロハスとか色々あるけど

でもアンナ自分から手を差し伸べ、許すことを知るあのシーンがあるだけでこの映画大事作品になったと思います。美しく正しい心根などなくても、人は人を許すことができる。あとさやかちゃん超いい子。

ジブリの今後はとても気になるけど、この宮崎監督がほぼ関わらなくなったという*1タイミングで米林監督がいわゆるジブリヒロインとは真逆女の子を描いたのはすごくよかったと思います

できればジブリ冒険活劇と、このような思春期もの死ぬまで交互に見て新作楽しみにしたかったですが、どうなるんだろう。

*1:とはいえ「マーニー」を映画化することを提案したのは宮崎監督だそうですが

2013-07-28

[][] 「モンスターズ・ユニバーシティ」

自分の住んでいる街は誕生日月は何曜日でも1000円で映画が見れるという夢のようなサービスがあり、夏休み映画真っ盛りの7月に生まれてよかったなあとしみじみ思ったりするのですが、そのせいかここ数年、夏のディズニーピクサー映画ジブリ映画には、窓口で身分証を提出した際の「あ、おめでとうございます」の思い出がもれなくついてきています。このモンスターズ・ユニバーシティもそう。

f:id:ichinics:20130728214435j:image:w400

ピクサー映画正義と悪的なものを描く時に悪がそんなに悪に見えないのにけっこうばっさり切り捨てる傾向があって、そこが見ていててしんどい場合があるのですが、モンスターズ・ユニバーシティは基本「モンスターズ・インク」で一度描かれたキャラクターの背景の話であり、前作品でいいやつ代表のような形で出ていたキャラも必ずしも最初からいい奴っていうわけじゃない、ちょっと悪役よりだったやつにも、こういう事情があった、という奥行きをだしてくれたところがよかったなと思いました。

特に主役である2人、自分の才能にあぐらをかいている若き日のサリーと、まだ自分の才能を見つけきれていないマイクの描かれ方は、なるほどこういう経験を経てああいキャラクターになったんだなって腑に落ちるところがあってよかった。

大学生活でのある試練を経て、必ずしも成功するわけではないのに、かけがえのない相棒を手に入れる。ちょっと日見た「きっと、うまくいく」にも重なるところのある青春映画だったと思います。ただ、お話がほぼ大学内に限定されていたことでちょっと世界が狭いような気もしてしまいましたが、それはあえてなのかもしれない。

ともかく、新キャラも楽しかったし(特にアート)、場内のお子さんたちも大喜びだったしよかったなと思います。なによりサリーマイクが仲良くなってよかったよー!

2013-07-24

[][] 「風立ちぬ」

監督宮崎駿

宮崎駿監督5年ぶりの新作、かつジブリでは珍しい「大人向け」長編映画。「紅の豚」とかも大人向けって言われてたけどそれよりもずっと、はっきり大人に向けられた映画でした。

試写を見た人たちの大絶賛を見ていたのでかなり期待していたのですが、冒頭数分であっという間に予想を上回って、あとはひたすら新作作ってくれてありがとうございます…!という気持ちでした。

f:id:ichinics:20130724221333j:image:w380

「天才」というのは一般的に、特別な才能のある人のことを指すと思うのだけど、この映画を見ていてその特別な才能とは、自分の中にある別の「世界」のことなのかもしれないなと思った。冒頭で描かれる幼少時代から、二郎の中には飛行機の世界がある。一見すると浮世離れした人のようにも見えるのだけど、彼にとっての「世界」はもしかしたら本来あちら側なのかもしれない。

映画は初めから最後まで主人公二郎の夢の中と現実を行き来する白昼夢のようで、特に説明するわけでもなく「そういうものだ」と、堀越二郎の「世界」を垣間見させてくれる。

物語の中で、二郎はある少女に出会いやがて恋をするのだけど、その過程はとてもロマンチックに描かれているのにも関わらず彼はまったく、仕事と彼女を天秤にかけようとはしないわけです。もちろん彼女を軽んじているわけではない。仕事と私とどっちが云々、という定型句がありますが、しかし二郎の場合は仕事こそが彼の中にある「別の世界」であって、それと彼を切り離すことはできないんですよね。そして、天秤にかけられないのはそうやって作り上げた飛行機が何に使われるのか、ということも同様だったんじゃないかと思う。

婚約者の喀血の知らせを聞いて、締切間際の仕事を抱えて電車に飛び乗る彼が定規の目盛をたぐりながら大粒の涙を落とす場面、その心中がどのようなものであるのかはわからないけれど、そうとしかあれない感じがとても切なくてよかった。

そして、そのような身勝手と純真のバランスを描く嫌味のなさもすごい。わざとらしさがないというか、ほんとそういう人としか見えなくて、その嫌味のなさを描く上で庵野監督の声と、その前フリとしての少年時代の声(公式サイトに名前がないので後日)が重要だったんじゃないかな。

「大人向け」という点では、恋愛シーンへの踏み込み方が印象的だけど、それだけでなく、二郎が自分のチームに同期を入れようとしたりする、プライドに対する鈍感さの見せ方とかもさりげなくてよかった。あそこで気を使ってくれる上司はほんと気がきくな。

そして何より、登場する飛行機がどれも魅力的で、ああ宮崎駿は本当に飛行機が大好きなんだなーということを改めて思う映画でもありました。気持ち良かった。

まだまだ細かくみたいシーンがいろいろあったのでやってるうちにまた見に行くと思います。とっても面白かった!