ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

春野町で暮らす山里日記 いちりん堂/楽舎 (池谷 啓)

2018-10-07

空き家の解体をしたいということで、相談されている

空き家の解体をしたいということで、相談されている。本人は、神奈川にいて春野の空き家を維持できない。墓も移した。春野に戻ることもない。

土木・建築に詳しい友人に見に行ってきた。隣家の方といろいろお話もしてきた。親しみやすい方であった。

しかし、解体となると費用は、やはり100〜120万円は掛かりそう。

ならば、住みたいとひとがいれば、タダで譲ってしまって(ノシつけても)住んでもらうのがいい。家財道具はほとんどない。中を見てないが、すこし補修すれば住めそうな気がするが。

まあしかし、問題はいろいろある。

借地(年間3万円︰しかし地主と交渉して安く譲ってもらえばいい)。湿気が強い。杉の木が生い茂り近くに川がながれ、日当たりも風通しもよくない。夏暑くて冬寒い。隣家が近い。家のすぐ近くに駐車スペースがない。山里なので、いろいろ不便。家をたたむ時には、最終的には処分することになるので、そこは費用は自分持ち。

……ということで、住んでもらえるのは難しそうかな。でも、興味ある人がいたら、連絡されたし。

いなかったら、解体屋を紹介して一件落着。あるいは、一年がかりでも、ゆっくり解体可能なので、やってみたい方に、つなげたい。

こうした物件は、これから、たくさん出てくる。ひとつのケーススタディとなる。

f:id:ichirindo:20181007214719j:image:w640

f:id:ichirindo:20181007214714j:image:w360

f:id:ichirindo:20181007214710j:image:w360

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichirindo/20181007/1538916484