Hatena::ブログ(Diary)

愛されたいの向こう側 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-07-05

涙は零して


流してはいけない

だけど零していい

雨が降る夜に誘われて

涙を零して

一緒にため息も零して

何もかも無くしてしまいたい


こなくてもいい明日があるけれど

必ず来る明日のようだから

どこで区切りをつけて

明日と呼べばいいのかわからないまま

やはり明日を迎えている


流してしまいたいものは

今日に残して

零していいものは

後から湧き出てしまうのだけど

濃い目の珈琲を飲みながら

懐かしい音楽でも聞いていよう

2011-06-12

孤独とは限らない


週末、一人ぼっちで過ごす

いいんだ

他人のなかで埋もれていくよりは

一人の時間を楽しむことも

猫と一緒に昼寝することも

素敵な時間なんだ


いいんだ

他人のなかで傷つき泣くよりも

一人の時間で寂しさを受け止めて

猫の温もりに安堵する自分を知る

大事な時間なんだ


孤独な時間かもしれないけれど

孤独とは限らないない


いいんだ

目に見えない

だけど、孤独ではないとわかっているから

2011-06-05

細い三日月の夜に


風はなく

穏やかな時間の流れのなか

逆らわないようにして

ゆっくりと散歩する

真夏になる前に

枯れた葉

静かにくずれていく


細い三日月の夜に

桜の大きな枝のドームの下で

影を消して

ゆっくりと散歩する

梅雨の前の

軽やかな空気が

頬をなでていく


茫洋と浮かぶ三日月

幸せの黄色に耀いている

今、この時間

静かに息を生きている

2011-06-04 久しぶりにツブヤク・・・

ふと思うこと


何を思い描いているのかわからない

頭の中で独り言ばかり

心の中では何も言葉がない


サビシイよ

カナシイよ

ツライよ

タスケテよ


心の解放は

頭の中の言葉を吐き出してしまって

空っぽにすることさ


ゴメンナサイ

ユルシテクダサイ

アリガトウゴザイマス

カンシャシマス


今日も一日が終わっていく

ありがとう

わたしは本当はシアワセ

2009-06-29

愛されたいのは、愛したいのは


愛されたいのは

七月生まれの君であって

いや、

遠い昔にあきらめていて

だけど、

愛されたい


愛したいのは

七月生まれの君だったのに

いつのまにか、

遠くの人になって

まだ、

愛したい


七月をケーキで祝う

照れた君を思い出し

くすっと笑っていた


七月に背中を見送り

哀しい君の影が長く

涙を零して零して


愛されたい七月の君に

愛したい七月の君に

もう一度、会いたい


愛される喜びも

愛する喜びも

七月とともにやってきて

七月とともに去っていった




FC2 Blog Ranking

↑↑↑ランキングに参加してます。応援クリックお願いしますね。