Hatena::ブログ(Diary)

医学処まとめリンク集

2011-05-19 過去5年間の生理学ニュース一覧@医学処

生理学・日常生活系の医療記事

  • 本当は健康に良くない、驚きの日常生活7つを改善しよう。
  • 睡眠不足の脳は部分的に寝てしまいミスを起こしやすくなる。
  • 肥満になると毛細血管がおかしくなりインスリンが全身に運べなくなる
  • 梅の成分ムメフラールにインフルエンザ予防効果がある
  • 正月を医学的に正しく過ごす6箇条とは。
  • ストレスを感じている女性は妊娠しにくいことが判明
  • 磁化水でIGF-1が上昇することが判明する
  • 寝ないとホルモンバランスが狂い太りやすくなる
  • キュウリに脂質分解酵素ホスホリパーゼが含まれていた
  • 生理による経血の漏れやかぶれを6割以上が我慢している
  • 思春期の経験で脳の構造は変化する
  • エネルギーの燃焼効率を上げる方法を発見する。
  • Wii Fitの消費カロリーは家事労働よりも少ない。
  • 通常の3倍の鉄分を含む白米をつくる。
  • ビタミンCを入れるとiPS細胞の作成効率が上昇する
  • 男性は長い脚の女性にさほど魅力を感じないかもしれない
  • 10分間の運動を行うだけで情報処理能力あは向上する。
  • ビールの最初の一口が美味しいのは、舌の水線維にあった。
  • インテリ層の平均寿命は平均より短い。
  • 財布に入るカード式の体温計を発売。
  • 抗原抗体反応を瞬時に計測できるテラヘルツ波。
  • 自動販売機の中は虫と細菌だらけ。
  • 蜜柑の皮に含まれるオーラプテンに免疫活性効果。
  • アメリカ人も慢性的な睡眠不足に悩まされている。
  • 2012年、地球がシフトすると起こる身体的変化。
  • 雷が落ちたところにキノコが発生しやすい、は正しかった
  • 植物も細菌に感染すると自身で細胞死を引き起こす。
  • 高学歴の妻は、夫の死のリスクを低減させる。
  • 忘れた記憶が脳に存在することを実験で実証する
  • 睡眠管理システム「眠りスキャン」を発売する。
  • 生命が進化したのは遺伝物質にDNAを選択したため。
  • 寿命120年の壁、について考える。
  • RNA干渉に不可欠な合成酵素、ヒトでも発見する。
  • 不眠の原因:生活習慣が不規則、深夜にインターネット
  • 不眠不休の映画鑑賞で168時間の大記録を達成する。
  • 「腰が抜ける」メカニズムをご紹介。
  • 女性は太古から遺伝的に怖がりになっている。
  • 短眠の理由を遺伝子変異によって説明する。
  • 過度の運動によって、中毒状態になる可能性がある。
  • ヨガでケガをする人が急増中。
  • 睡眠時間を短くすることは可能なのか?
  • 爪の伸びる速度の違いは、異常をきたしているサインかもしれない
  • ベジタリアンの骨は肉を食べる人よりも劣る。
  • スダチの果皮に長寿物質のレスベラトロール作用がある。
  • 低身長がコンプレックスの女性が脚を伸ばす手術を受ける。
  • 親友のいない人はお酒を飲むと脳卒中のリスクが上がる。
  • 長期記憶の仕組み「シナプスタグ説」を解明する。
  • 放射能に耐性を持った大豆をチェルノブイリで発見する
  • 人体に不要な物質に結合する蛋白質「ユビキチン」
  • 朝型より夜型のほうが覚醒状態の持続力が強い。
  • 問1「人は何歳まで働くことができるのか?」
  • カエルの精子の動きは動物の精子のそれと異なる。
  • 植物にも体内時計があり生長発達に関与している。
  • ガードナー国際賞に山中伸弥教授と森和俊教授
  • 何故女性はおしゃべりなのかを科学的に検証する。
  • 恋に落ちた男性は魅力的な女性を8.2秒見つめる。
  • 骨細胞増殖に最適な振動数は50ヘルツ。
  • 知能検査で好成績の人ほど心臓病や自殺のリスクは低い。
  • 左利きは何故淘汰されなかったのか?
  • 電磁波について中立的立場から情報を提供する活動。
  • 野球は投げ込みや打ち込み、走り込みなどはやっても無駄。
  • 生物を昔の環境に戻しても、DNAは少ししか逆進化しない。
  • 朝鮮中高級学校の生徒や教員らが献血に貢献する。
  • 今の子供は胸の成長に比べてブラジャーの着用が遅い。
  • 慢性痛を人為的に発症させるメカニズムを開発する。
  • 媚薬効果のある食べ物ベスト10
  • 長寿に関連する遺伝子を日本人だけでなく白人でも発見する。
  • 時差ぼけを修正する蛋白質を名古屋大学が発見する
  • 中学女子の運動量は週60分未満。
  • カイコなどの昆虫は宇宙食として最適な栄養を誇る。
  • 人差し指より薬指が長い人は金融トレーダー向き。
  • 低体温は、免疫力が低下し病気になりやすい
  • 日本人の全遺伝情報を解明するプロジェクトを立ち上げる
  • 昆布のグルタミン酸と鰹のイノシン酸で相乗効果が生まれる
  • 5人に1人が、眠るために酒や薬を使っている。
  • 有酸素運動をすると食欲抑制ホルモン「ペプチドYY」が分泌される
  • 寿命を延ばす遺伝子「Rheb」を京大が発見する。
  • 砂糖に依存性があることを実験により証明する
  • 「男の生きがい」をもっていれば、脳卒中の死亡率は減少する
  • 筋ジストロフィーの原因となるかもしれない蛋白「MG53」
  • ガラガラヘビの毒はモルヒネの数百倍の鎮痛作用がある。
  • 夜間に人工透析を行ったほうが、死亡率は大幅に低下する。
  • 腎機能障害を引き起こす蛋白質Rac1を発見する
  • 断食デトックスに健康面での効果はない。
  • 赤肉に含まれる糖分子が腸内細菌の毒素を血液内に誘導する
  • カフェインは、ずきずきする痛みを和らげる効果がある。
  • アントシアニンを含んだ紫色のトマトで健康を促進する
  • ホットコーヒーかアイスコーヒーかで持たれるイメージが異なる
  • 体内時計の制御DNA配列を網羅し、データベース化することに成功
  • ヘルパーT細胞とキラーT細胞に分かれるメカニズムを解明
  • 長時間パソコンを使う女性は自律神経失調症状が出やすい
  • 疲労を感じる原因となるたんぱく質を発見する。
  • 異常な構造の染色体を人為的に作り出すことに成功する
  • ラットの脳に新しい神経核「矢状核」を発見する。
  • 幸福な人は何故健康でいられるのか。
  • ネアンデルタール人のミトコンドリアDNAを解析することに成功
  • 人のあくびは犬に伝染することが判明する。
  • 地球温暖化で腎臓結石の患者数が増加する。
  • アンコウとヒトの発声のための脳の働きは似ている。
  • ドラマーの体力は、一流サッカー選手と同等。
  • 若者離れの進むバナナ。
  • 部活の練習中に熱中症で倒れて死亡した「熱中症死訴訟」
  • 忙しい母親はカフェインを過剰摂取する傾向にある。
  • アジサイの葉を食べると胃酸と反応して中毒を起こします。
  • 日本人向けに開発したオリジナル快眠プログラム
  • 何故、一定の割合で左利きが生まれるのか。
  • サマータイムによる睡眠障害が引き起こす損失は1200億円
  • テレビで放送した「ティッシュ箱飛ばし」で骨折。
  • ノーベル賞田中耕一さんの、血液1滴で病気を分析できる技術。
  • 朝に食事を取るほうがエネルギー消費が良く太りにくい。
  • スポーツ医科学賞に東大名誉教授の宮下充正氏
  • 二日酔いの原因はアセトアルデヒドではないかもしれない。
  • カカオ分を多く含むチョコレートは本当に身体に良いのか。
  • 顎が角ばり、鼻が大きく、目が普通より小さい男性について。
  • 部活中の熱中症で記憶喪失に。高校側に賠償命令。
  • ローヤルゼリーで女王蜂になるのは、遺伝子が関与していた。
  • アルコール中毒に対する対処法は?
  • 「死んだふり」をしたほうが、交尾成功率は倍増する。
  • 日本アニメ「NARUTO」の真似をして砂に埋まり死亡。
  • 犬に食べさせてはいけない食べ物について。
  • 中年女性は肥満の影響で脳卒中になるリスクが増大している
  • 何故、二度寝はあれほど気持ちいいのか。
  • トイレットペーパーの端を三角に折りますか?
  • 市長がミネラルウォーターではなく水道水を飲めと提言
  • 宇宙医学について知ろう
  • ノーカロリーの人工甘味料は、砂糖よりもダイエットに向かない。
  • 酒を飲んで眠り込むのは「睡眠」ではなく「意識消失」
  • 人工DNAの合成に成功する。
  • 韓国医療ドラマ「ニューハート」の漢方薬問題で訴訟。
  • 細胞が生きたまま、生体分子1個1個を観察する蛍光顕微鏡
  • 禁煙、運動、適酒、野菜で寿命が14年UP。
  • コーヒーの好みを客観的に算出する方程式
  • 脱皮したヘビの皮を身体につけて体臭を似せるリス
  • 1日20分笑うことで、人は大きな病気にならない
  • メタボリックシンドローム予防のための漢方薬、測定器が大好評
  • 都道府県別平均寿命トップは男長野、女沖縄
  • 太ったサンタは子供の悪い見本となっているのか
  • 50万人のイギリス人は、1カ月に1回しか下着を替えない。
  • 抗酸化作用のあるザクロを色々な料理に使ってみよう
  • 座りすぎは喫煙と同じくらい身体に悪い。
  • 部屋のいやなにおいを分解してくれるカレンダー
  • 日本人の睡眠時間、ここ20年で最短に。
  • 子宮筋肉に、幹細胞が存在する。
  • 仰向けで寝ると美人になる
  • 女性が少ない泌尿器科をあえて選ぶ女性医師。
  • メタボリックシンドロームの腹囲基準について
  • リンパ球の暴走を抑える樹状細胞をつくる
  • 睡眠時間が長いと寿命は短く
  • ミカンを食べると骨粗鬆症の予防になる
  • いびきを抑える枕
  • 10年前より男性はふっくら、女性はほっそり
  • 「キクイモ+桑の葉」を血糖値が下がるとして売った社長を逮捕
  • 左利きの人の割合が全体の11%を占めるまでに増加。
  • 投資家は、感情が高ぶっているほうが良い判断を下せる。
  • ポリ塩化ビフェニル類似物質が日本人の母乳から検出される。
  • 人間の身長を決める主要遺伝子を発見した。
  • ニセクロハツを食べた男性が多臓器不全で死亡する。
  • 犬や猫専用の酸素カプセル。
  • 日本の酷暑に参ったキリン、水の飲みすぎで死亡。
  • ジャンクフードならぬ、ジャンクスリープが悪影響を及ぼす。
  • 吸収性が高く、経血が肌につかない生理用ナプキンを開発する。
  • 運動後に冷水浴をしても筋肉疲労回復には効果がない。
  • オメガ3脂肪酸の摂取が不足している人は、飲酒量が多い。
  • ルックスが良い人はより良い人間関係を築き、高い報酬を得られる。
  • 男らしい顔を持つ男性は、長く付き合うには向いていない。
  • アイスクリーム専用の醤油がひそかな注目を集めている。
  • 夏本番。特に高齢者は熱中症に警戒しましょう。
  • ビリーズブートキャンプによるダイエットで腰痛になる人が続出
  • 中越沖地震で、アレルギーのある子供への対応が十分とられていない。
  • 日本人の身長は、もうこれ以上伸びることはない。
  • 遠足帰りの保育園の車に3時間いた2歳児が熱中症で死亡。
  • 日本人の平均寿命が過去最高を記録。男79歳、女86歳。
  • リンゴポリフェノール(林檎5個分)を摂取すると長寿になる。
  • 携帯依存で、若者の記憶力は低下する?
  • 日差しが強ければ、エアコン使用中でも車内は五○度以上に達する
  • 遺伝子組み換えで、植物の光合成をパワーアップさせることに成功する
  • ストレスを受けると、ストレスがない状態に比べて2倍のペースで太る
  • 日本171cm、アメリカ175cm、オランダ183cm、韓国173cm、北朝鮮165cm
  • 原因不明の激しい疲労が続く「慢性疲労症候群」を理解しよう。
  • 水をがぶ飲みすると運動誘発性の低ナトリウム血症に陥るので注意を。
  • 鼻粘膜に噴射するインフルエンザワクチンは皮下注射より効果あり。
  • コーヒーを1日4杯以上飲むと痛風の予防になる
  • 週末に朝寝坊する子供は、成績が悪くなる。
  • 危害を加える犬を特定するためにDNA鑑定を導入するオーストラリア。
  • 15歳未満のエホバの証人信者に対しては、親が拒否しても輸血を行う。
  • 朝食後の作業効率を高めるには、糖分だけではなく栄養も必要。
  • 医師が「急性Wii炎」に関する論文をニューイングランドジャーナルに
  • オランダの大学生が粉末状のアルコールを発明、未成年に販売か
  • 厚生労働省副大臣の公開ダイエット、武見敬三副大臣は成功する。
  • サンゴが死ぬ「ホワイトシンドローム」は地球温暖化で促進される
  • 二重らせん構造のジェームス・ワトソン博士のDNA情報を全て公開
  • 朝食を食べないと、低体温や疲労感など体調低下の原因になる。
  • 聴診や触診を学べる、ヒト型の医療シミュレーターを販売する。
  • バイアグラを投与すると時差ボケからの回復が早まる。
  • 血液型による性格分類について色々言われるのがツラい。
  • メタボリックシンドローム対策のコーヒーを発売。
  • カフェイン入り石鹸で朝すっきり目覚めよう。
  • ヒトが高収入を求めるのは、本能によるもの。
  • チワワやパグが小さいのはIGF-1遺伝子の働きが抑制されているため
  • 加齢臭の原因「ノネナール」が子宮内にもあることが判明
  • メタボリックシンドローム向けのメジャー付きトイレットペーパー
  • 眠気覚ましグミ「起まずいじゃん」を中学生と共同開発
  • 低容量ピルの使用率は、女性のわずか1.8%に留まる。
  • 1つの卵子に2つの精子が受精して生まれた「キメラ」
  • ビタミン豊富と宣伝していた清涼飲料水の嘘を14歳の女子学生が暴く
  • 酒かす汁にはアルコールが入っていないため酔っ払うことはない
  • 休みの日に多く寝る人ほど、不眠や抑うつを訴える傾向にある。
  • 睡眠薬「マイスリー」を飲むと夢遊病のような症状が出ることがある
  • 男性は女性より悩み事の相談相手が少なくストレス症状が出ている
  • 血流制限による簡易筋力増加法、「加圧トレーニング」について
  • 女性の85%が、体重より年齢を公表するほうがマシだと考えている
  • エキノコックスをわずか2年間で根絶する方法を北大が発見。
  • 運動しない主婦向けのフィットネスクラブが大盛況。
  • 飯島愛を引退へ向かわせた腎盂腎炎。
  • 日本のイルカは水銀汚染されており妊婦は食べないほうがいいかも
  • 生きがいがないと、病死する確率が高くなる。
  • 胸腺でT細胞を教育していたのは「クローディン」と呼ばれる分子
  • 月経血から、筋肉細胞を取り出して筋ジストロフィーの治療に
  • 国民の1/3が寝不足のフランスで、安眠キャンペーンを実施
  • 世界最高齢の人物に、福岡県福智町の皆川ヨ子(よね)さん(114)
  • 大量の水を飲み、尿を我慢しすぎて水中毒となり死亡。
  • 男らしい顔は暴力やイカサマを想起させ、良い印象を与えない
  • ノーベル賞受賞者は、その他の候補者よりも寿命が長くなる。
  • 夫の手を握ると、即座にストレスは解消される。
  • 毎日の就寝起床時間を記録して睡眠時間を計算するブログを公開。
  • スターバックスがトランス脂肪酸を含む油の使用を停止する
  • 韓国で、クローン猿を誕生させる計画を進めている
  • 東京の女子中高生は必要なエネルギーの7,8割程度しか摂っていない
  • BCGワクチンが花粉症に効く仕組みを突き止める
  • 薬剤噴射だけで癒着を防止する新技術を開発する
  • ナノテク素材「フラーレン」には関節の変形を抑える効果がある
  • 大酒飲みは自殺のリスクが著しく高い
  • 科学的根拠のない、マイナスイオンの広告に東京都が苦言
  • 「笑い」の治療効果について本格的に検証が開始される
  • 卵を控えても、コレステロール値は下がらない。
  • 174cm40kgのブラジル人モデル、拒食症で死亡
  • 自分の血小板を用いて、テニス肘の痛みを改善することに成功
  • 高齢者は時差ぼけを経験すると死亡率が上昇する
  • カネミ油事件の被害者の孫からも高濃度のダイオキシンが検出
  • ケンタッキーフライドチキンでトランス脂肪酸の使用を停止
  • 運動すると寿命が縮むという説、否定される
  • 何故鼻が詰まると味が分からなくなるのかを医学的に解説
  • 医師お勧めの温泉宿を無料で紹介するサービスを実施
  • おはスタ内で取り上げたブルーベリーが毒物だったことが判明
  • 猫の尿の激臭の原因物質は、好奇心にちなんでコーキシン
  • そば粉90%を100%と誤表示した蕎麦を食べ小麦粉アレルギーに
  • 苺に含まれるフィセチンは記憶力を向上させる
  • フグには毒があるんだから免許ないと調理しちゃいけません
  • 免疫力を高める乳酸菌で風邪やインフルエンザを予防
  • 身体の健康も心の状態も、基礎体温で分かる。
  • アルコールの分解力と酒の強さは関係ないことが判明
  • ニューヨークでトランス脂肪酸の使用を全面禁止か
  • オリゴ糖を食べると免疫力が上がり、アレルギーが抑えられる
  • 半永久的に消臭し続けるスメルキラーが人気
  • 男と女の、失恋したときの立ち直り方の違い
  • 人類史上初の無重力手術が成功。
  • 山登りで内臓脂肪が分解されるというメカニズムに疑問
  • 水道代がバカにならないので女子高のトイレにも擬音装置
  • スギヒラタケは脳症や腎不全を起こすので食べないで!
  • 学習するなら、時間帯は午前中のほうが効果的である。
  • 人間ドッグ受診者の88%に、何らかの異常がみつかる。
  • 【飲んだら乗るな】酒を呑むと動かなくなる車を開発
  • 毎日5杯以上緑茶を飲むと、脳梗塞の予防に。
  • シスメックスが神戸に予防医学研究施設を新設
  • 酸素入りの水に効果があるというのならその研究データをよこせ
  • 県立淡路病院で抗生物質によるアナフィラキシーショック。賠償は4100万円
  • イトーヨーカドーの電気ストーブで化学物質過敏症の訴訟
  • 農水省が力を注ぐ、高リコピントマトやGABAの豊富な米
  • 開眼片足立ちで20秒以上できないと将来歩行困難に
  • 指静脈画像を保存し、受刑者の監視を行う新技術を導入
  • ビール1杯で赤くなる人は、食道がんのリスクが8倍
  • 筋肉の「数」は、個人によって生まれつき異なる。
  • 太りやすい体質を爪の遺伝子から判定するサービスを開始
  • 麻酔による痛み、吐き気などは手術を行う時間帯によって異なる
  • 細胞内の亜鉛濃度が減少すると免疫力が高まる
  • 傷を治すのに、微弱な電流が活躍しているらしい
  • 日本人は睡眠時間が短くなっており、とうとう世界で最短に。
  • 睡眠は記憶の強化に利益をもたらす。試験前はしっかり寝よう。
  • 何故世界中の人が早弁をしているのか
  • トロポニンの発見者、生理学の江橋節郎氏が死去
  • 煙草とダイオキシンの細胞内メカニズムは同じ
  • 喫煙と同じくらい健康に悪いこと
  • 睡眠不足が日本経済にもたらす損害は年間3兆を超える。
  • 身体に圧をかけることで代謝を良くするダイエットウェア発売
  • 煮込んだ野菜よりローストした野菜のほうが歯に悪い
  • メンデルの法則に従わない遺伝、動物でもみつかる
  • 卵が先か?ニワトリが先か?ついに決着
  • 膵臓細胞が形成されるメカニズム解明。糖尿病の治療に有用か
  • 24時間しか記憶の持たない男が日本で個展を開く
  • 豆を食うと屁が出るのは「事実」である。
  • 生理の血から、心筋っぽい細胞を発見
  • 2011-05-18 過去5年間の医学時事ニュース一覧@医学処

    医学系の時事ニュース一覧

  • 手術室で執刀医が画面を直接触れずにパソコンを操作する方法
  • 医学生・研修医向け総合キャリア情報サイト「DtoDレジデント」
  • 無医村危機に陥っていた秋田県上小阿仁村に新任医師が赴任する。
  • ストレスの少ない職業ランキングトップ10の半数を医療関係が占める。
  • 東京医大病院の呼吸器外科医が659人の手術記録を紛失する。
  • 外国人看護師の合格率、依然として4%と低値。
  • 体内の放射性物質を吸着させ排出すると偽り、千人以上に飲み薬を販売し逮捕
  • 医療施設・介護施設の利用者に関する横断調査
  • メジャーリーグ始球式にハーバード大の日本人放射線科医
  • 原発作業員の造血幹細胞をあらかじめ保存しておくべきという意見
  • クモの糸を1万本束ねることに奈良県立医大の教授が成功
  • J・K・ローリング、多発性硬化症研究施設に13億円寄付
  • 血液不足で逝った友へ―献血1101回達成。
  • 殺虫剤の効かないゴキブリが増加している。
  • 描写のリアルな医療漫画が今人気を集めている
  • 朝の一杯、コーヒーか緑茶か。
  • 子供を救うため製薬会社を立ち上げた映画「小さな命が呼ぶとき」
  • 卵が先か鶏が先か議論、卵の殻を作る新蛋白質を特定
  • 育児でストレスを抱える母親は全体の7割
  • 国立病院機構仙台医療センターの後期研修医が殺人か
  • 離島医療と医師を守るため与那国町が独自の制度を整備する
  • 24時間訪問看護サービスの提供のあり方について
  • Aiだけで死因が究明できたと医師が判断したのはわずか3%
  • アトラスWii新作ソフト『HOSPITAL. 6人の医師』
  • フィリピン人看護師の半数が第一希望勤務地に日本を選ばない
  • 京大病院インスリン事件、虚偽の入力をした看護師を逮捕
  • 病死と判断された遺体、翌日の解剖で殺人と判明
  • 分娩中に医師が殴りあいの喧嘩を始め、死産に
  • 念力を医学的に実現しよう
  • 月刊「蛋白質 核酸 酵素」、休刊のお知らせ。
  • 開業医の免税を認めず、見直す方向性に。
  • 合コンしてみたい職業1位に2年連続で「医師」。
  • 海堂尊原作「ジーン・ワルツ」が映画化。菅野美穂が主演
  • 診療報酬の底上げに対しての見解。
  • 筑波メディカルセンター病院に7600万円の賠償命令。
  • 現代科学技術で最も偉大な功績トップ3、医学が独占。
  • 地域医療再生に向かって、シンポジウムを開催する。
  • 離職した看護師の復職教育費を、診療報酬で。
  • 外国人看護師に立ちはだかる言葉の壁。
  • 運転が下手な遺伝子が存在した。
  • 病院の赤字、報酬改正で若干改善するも未だ赤字続き。
  • 蛋白質の輸送・移動の調節を阪大教授が解明。
  • 2009年度・病気がわかるWEB大賞の投票が開催される。
  • 2009年上半期の病院・診療所倒産件数が、過去最悪に。
  • 2009年度イグ・ノーベル賞は医学的小ネタが目白押し
  • 機能的磁気共鳴画像fMRIの小川誠二教授がノーベル賞候補に
  • 英国の入院患者の病院食献立ブログが大人気。
  • 長妻昭厚生労働相、後期高齢者医療制度を廃止する。
  • 特定疾患治療研究事業の対象に11疾患。
  • 兵庫県医師会が死因特定医を認定医として養成する。
  • アメリカの医学生が強盗に日本刀で切りつける。
  • 民主・社民・国民新の連立政策で先進国並みの医療費確保を明記
  • 新潟市民病院が診療報酬2億8千万円を過大請求。
  • 海上自衛隊の医師、金井宣茂さんを宇宙飛行士候補へ。
  • 自衛隊病院の医官が民間の当直バイトで報酬を受け取る。
  • 医師じゃないのに診療行為を繰り返した準看護師を逮捕
  • 日本医師会会長、民主党に「おめでとうございます」
  • 競馬の記録が短縮されたのは騎手の姿勢の変化によるもの。
  • 鳴門病院の筋弛緩剤誤投与事故、医長を書類送検へ。
  • 献体を用いた医療技術トレーニングの市民フォーラムを名古屋市で7/11に開催
  • ゲルマニウム商品はインチキ医学。科学的根拠ありません。
  • テロ現場で活躍した救助犬のクローンを作成する。
  • 法政大学で国内初の植物医師の養成学部が誕生。
  • 幻肢痛の治療に仮想現実システムを用いる。
  • こうのとりのゆりかご、2年間で42人の子供を救う。
  • アリの脳髄を食べ、アリを操るタイコバエの脅威。
  • コラボクリニック新宿を作った城口社長がミニブログサービスを開始
  • ほとんどの医師が、患者の本音を聞きたいとしている。
  • シンガポールに日本人医師が常勤するクリニックが誕生する
  • 被害の増え続けるセアカゴケグモに、天敵が出現する。
  • 毒を持つ生き物を食べるとき、アライグマは洗っている。
  • 日本国内で自生トリュフを15種類発見する。
  • 女医アイドルユニット「Joy☆Total Clinic」が試写会
  • ウイルスを電極にしたバッテリーをMITが開発する。
  • 着たままで医師が聴診できる「聴診衣」を開発。
  • 医師不足で透析受刑者が刑の執行を停止されている。
  • 合併症やエビデンスなど分かりにくい病院言葉800語を置き換える。
  • オニヒトデに魚のストレスを減らす効果がある。
  • 病院に勤める医者の5割近くが疲労が原因でミスをしそうに。
  • 国内トップレベルの開業読影医の生活を追う。
  • そうめんは古いほど味が良いという常識は正しくない。
  • 健康食品メーカーが医師2名を育て、再入社させる。
  • 中鎖脂肪酸入りのスポーツ栄養補給食品「エネキューブ」を発売
  • 病院を「医療センター」と改名するところが増えている。
  • がんセンターなどの国立高度専門医療センターの借金がヤバイ
  • オバマ大統領、人工妊娠中絶を容認する方向へ。
  • iPhone用の医学辞書アプリを販売開始。
  • インターロイキン6を発見した日本人2名がクラフォード賞を受賞
  • 問診5分ルールで、開業医750億円の減収に。
  • レセプト請求のオンライン化は営業侵害として医師らが提訴する
  • 国民健康保険、1人当たりの医療費最高は広島、最低は沖縄
  • 世界の医療団、日本人医療スタッフが解放される。
  • 新金岡豊川総合病院の全盲患者置き去り事件、職員らを不起訴に
  • 配偶者と同じ寝室で寝るという人は年代ごとに減少している。
  • 地域のため頑張ってきた医師が、非協力的な町に対し退職を申し出
  • 免震構造を施した病院と、地震の被害報告。
  • 3000万円を支給する産科医療補償制度、1月1日より開始。
  • 勤務医、開業医が選ぶ2008年医療界のキーパーソンは
  • 米科学誌が選ぶ今年の10大成果、第一位はiPS細胞研究。
  • 開業医と勤務医が選んだ、2008年10大医療ニュースランキング
  • 大塚製薬、栄養食品関連で欧州に市場展開する。
  • 飛ばないてんとう虫をつくり、アブラムシ駆除にあてる
  • 日本法医学会、全国に死因究明医療センターの設置を提言する
  • 佐賀の医学史をたどるマップを作製する
  • 女医のみのアイドルユニット「Joy☆Total Clinic」
  • 胃瘻の交換で管が胃を貫通し死亡する
  • 溶液中の細胞を観察できる走査電子顕微鏡を開発する
  • 司法解剖されたことで遺族の怒りや悲しみは強くなる。
  • 偽の整形外科医は30年間も何故バレなかったのか?
  • 割り箸死亡事故、検察側が上告を断念し医師の無罪確定へ。
  • 東京都がDr.コトーを募集している。
  • 病院に寄贈したカリヨンに癒し効果がある。
  • 麻生首相の度重なる医師医療関連失言について。
  • 先端医療に活用できる画期的蛍光剤を島根大学が開発する。
  • 「或る病院の一生」から、病院というものについて考える
  • 妊婦受け入れ拒否問題での二階経産相の失言について
  • 13歳の少女が心臓移植を拒否して尊厳死の権利を勝ち取る
  • 手術室にヒットマンが銃を手に押し入り患者に発砲する。
  • ヘモグロビンの低い女性から献血→数値を改ざんして製剤化
  • 手書き文書よりメールのほうが1.5倍ちかく嘘をつかれている。
  • 術後の大量内出血を見落とし死亡させた外科医を書類送検
  • 手で揉むと子宮筋腫が治ると無資格医業を行った男女を逮捕
  • 筑波メディカルセンター病院の医療過誤事件で患者側が勝訴
  • ショッカーまでもが献血への協力を呼びかける。
  • 世界最年少でクローンマウスの作製に成功した近畿大の21歳女性
  • がん化する危険のない、新世代iPS細胞誕生。
  • 医療用麻薬を自分に注射して急性循環不全で死亡した医師
  • 女性産科医の過半数は、妊娠をしても当直は減らず。
  • 2008年度の慶應医学賞に京都大学の坂口志文教授ら
  • 2008年度のノーベル医学生理学賞は「HIV&HPV」
  • 雄が求愛の歌を歌っている時は報酬系神経回路が活性化している。
  • 2008年度イグ・ノーベル賞発表。2年連続で日本人が受賞する。
  • 昭和大学が寄付金4億6000万円を申告漏れに。
  • 1年以上の業務停止処分を受けた医師一覧。
  • 日本人を遺伝子で分けると本土型と琉球型に大別できる。
  • ストーンヘンジは病気を治すための巡礼の場所だった?
  • 茨城県医師会が民主党支持。一方日本医師会は自民支持。
  • 関節リウマチの原因遺伝子CD244を発見する。
  • インドネシア人看護師を受け入れる病院側の声は
  • 韓国の医療現場は不潔すぎるのか
  • 患者に「様」をつけるのはおかしい。「さん」で統一。
  • 通院率が最も高いのは大阪の女性、最も低いのは沖縄の男性
  • 免疫力を強烈に高める水→中身は水道水1本で5000円
  • 外来の待ち時間を減らすためコンシェルジュを配属する
  • 福島県立大野病院が加藤医師の懲戒処分を取り消す
  • 「外来5分ルール」が医療従事者に不評な理由
  • 患者2人に酸素と誤って二酸化炭素を吸入させ、死亡する。
  • 何故、モンスターペイシェントは増加しているのか。
  • 利尿剤と血糖降下剤を誤って投与し、死亡。
  • 医療ヒヤリハット、過去最高の20万件を超える。
  • 代理出産の無国籍児を日本へ入国させることに。
  • ラットの脳細胞でロボットを操ることに成功する。
  • 北京オリンピック初、ドーピングによるメダル剥奪。
  • 蛾は鱗粉を使って超音波を出し求愛行動をする
  • 「開かずの踏み切り」でまた死者が出る。
  • 数学力に男女差は存在しないことが明らかに。
  • 外国人患者と医療者を繋ぐ、医療通訳者について知ろう。
  • 研修医が一人も来ない病院が結構あるらしい。
  • 何故勤務医はこんなにも清貧なのか。
  • 全国保険医団体が人体の不思議展の中止を求める。
  • タスマニアデビルが悪性腫瘍に進化で対抗している。
  • 総合医の創設と認定医制度に向けて舛添が前向きな姿勢。
  • アメリカ医師会が、黒人の医師を差別をしてきた事を謝罪する
  • 高度医療評価制度第一号は「腹腔鏡補助下肝切除術」
  • 東京大学医科学研究所で患者の同意を得ずに骨髄を使用する
  • 選挙への投票をするかどうかは、遺伝子が関与している。
  • 放射線科医がストラディバリウスの秘密に迫る。
  • 中国「五輪中は大量輸血を必要とする手術を延期しろ」
  • がん患者の遺伝子などの分子レベルの情報をデータベース化。
  • 京都民医連中央病院で体内にガーゼを置き忘れる事故
  • 藤枝市立総合病院が藤枝市出身の医学生に送る「市長の手紙」
  • 引退した潜在看護師の復職を支援する民間団体発足へ。
  • 脊椎動物の祖先はナメクジウオだった。
  • 鳩山法相を死に神と表現した朝日新聞。
  • 谷本整形の院長の家には風呂がないらしい。
  • 東大の吉川洋教授が医療費抑制には限界があると主張。
  • 点滴した外来患者13人が入院、1人が死亡する。
  • 波動を水に伝えて病気を治すとかいうワケワカラン装置
  • 勤務医が中心となる新団体「全国医師連盟」を発足へ。
  • サウジアラビア大使館で、留学生の代わりに献血をしよう!
  • インドネシアの看護師174人が試験に合格し、来日する。
  • 太陽発電ブラジャー登場。パットから飲料を飲める機能付き
  • 医療費を定額化した病床が、45万床を越える。
  • 採血器具の使い回し問題で、医療機関名を非公表にする?
  • 筋弛緩剤事件の守大助に5000万円の損害賠償。
  • 組長、情報提供と引き換えにアメリカで肝移植。
  • 後期高齢者医療制度を批判する民主党は代案を明確に示すべき
  • 「家庭医」になる研修医が増え始めている。
  • 看護師資格がないのに15年間病院に勤務していた偽看護師
  • コラム「麻酔科医の逆襲」
  • 院内暴力に対する対策を施しているところは全体の2割。
  • 病院内でセアカゴケグモが大量発生する。
  • 研修医と病院を橋渡しする機関を構築。
  • 主治医が十分に説明していれば、総責任者は説明義務を負わない
  • インドネシア人の看護師と介護士を受け入れ準備開始。
  • 「漫画を読むと頭が悪くなる」論に反論しよう。
  • 麻酔科医不足が深刻。麻酔科医の待遇・扱いの改善を。
  • 人工透析の治療を受けていた男がカッターで臨床工学技師を切る
  • 日本医科大学付属病院で患者情報約2万件が紛失する
  • 全国の病院で6882件もの「患者の暴力、暴言」があった。
  • 著明ブロガーにドクターストップが相次ぐ。
  • 看護師の8割が、忙しすぎて辞めたい思ったことがある。
  • 医師不足や経営悪化を理由に141の診療科が入院休止。
  • am/pm、商品を医師と共同開発する。
  • 極小カプセルを注射することで肝硬変などを治療する。
  • 高校教師が夢に向かって医師を志し、44歳で研修医に。
  • 兵庫県で、麻酔科や産婦人科へ医療秘書を配置する。
  • 上司に医療ミスを責められた。
  • 無保険で受診が遅れ死亡した人が年間31人いた。
  • 患者を乗せて病院内を自走するロボットが誕生する。
  • 紀元前200年の頭蓋骨に外科手術の跡を発見。
  • ゲームセンターCXの有野課長を凄い処で目撃。
  • 同じ病気を持つ人同士のコミュニティー
  • 嘘の勧誘方法で販売したニューウェイズに業務停止命令
  • 先進医療のうち24個を保険適用に。
  • 外国人看護師、どの程度病院は受け入れますか。
  • ベトナムでハムスター流行。しかし…。
  • 27歳の女性の4割以上が「浮気したことがある」と回答。
  • 白衣のビジュアル系バンドLuLuがメジャーデビュー。
  • 医学が進歩する難題、ポーヤ・セグー予測とエシュルビー予測
  • 無農薬野菜の生産効率を20倍に上げる方法。
  • ルクセンブルクでも安楽死が認められる。
  • 日本人の半数が、金縛りを経験している。
  • オバマ氏、国民皆保険制度をバッシングする。
  • 糖尿病やがんに効果があると謳った健康食品の嘘
  • 見舞いに来て欲しくない人第一位は、職場の上司
  • ペット犬のクローン作りを韓国が受注する。
  • 勤務医の再診療を30円引き上げ。
  • 国立病院の診療明細を全患者に発行する方針
  • 何故医学生は法医学を志さないのか。
  • 警察庁が、解剖医の育成協力を法医学会に要請する
  • 医者の態度や話し方が向上している。
  • 舛添厚労相「医者を増やしすぎるとホームレスになるよ」
  • 開業医の診療報酬を引き下げることで痛みを分かち合えとか
  • 舛添厚生労働相「産科医増員対策!」
  • インドネシアの植物「ベチバー」でゴキブリを100%ブロック!
  • 政府が、個人の医療情報をデータベース化する
  • 10代の若者のシャイっぷりを克服する方法
  • 兵庫県立淡路病院の院内保育所で保育士を処分
  • モラルの低下した患者による暴力行為が多発。
  • 北大産婦人科の医局を法人化してクリーン路線に。
  • 研修医と元患者が病院でコンサートを行う
  • 多摩地区に監察医を派遣するモデル事業を開始
  • 政府与党が、診療報酬を0.2%増やす方針へ。
  • 韓国医療ドラマ「ニューハート」は、医龍の模倣ドラマ?
  • 医師不足などを背景に、現場の負担はピークに達している
  • 医学部生だと偽って結婚詐欺をした山本綾子
  • 国立精神神経センターで患者情報の入ったPCを紛失
  • 女医の育児支援と復職に理解を
  • 山中伸弥教授の快進撃は、世界の研究者に衝撃を与えた。
  • 医師免許なしに瀉血治療をした療術師を逮捕
  • 腹膜炎を便秘症と誤診し、賠償2000万円
  • 外国人医師の診療、解禁か。
  • 国連がクローン人間に対し警告を発する
  • 手術室内で、筋弛緩剤を自ら点滴して自殺した女医
  • 添加物を全く使わない炭酸飲料「ビオナーデ」
  • 医者の8割以上が労働基準法違反
  • 日本医師会が、診療報酬の5.7%引き上げを要求する
  • 「濃い杜仲茶」の人気が徐々に高まっている
  • フィリピン人看護師の受け入れ、2008年度から始まる。
  • 舛添要一厚労相「医者はもっと協力しろ」
  • ヨーネ病でみる、獣医師の勉強量について
  • 募金詐欺を見破る方法
  • 医療ドラマ「グレイズアナトミー」が3位にランクイン
  • 医師の採用枠を満たせない病院は3/4にも上る
  • どうせ税金で出るだろ、と医療費を払わない人
  • 診療所開設者の年収は必ずしも高くない?
  • 九州大学生体解剖事件の最後の証人
  • 医龍の続編ドラマ、はじまる。
  • アフリカゾウは、怒ったハチの羽音に恐怖を感じる
  • 2007年度のノーベル医学生理学賞は「ノックアウトマウス」
  • 経口用のブドウ糖粉末を水道水で溶かして注射するミス
  • 結合性双生児のベトさん、肺炎と腹部出血で亡くなる。
  • 愛知県がんセンター中央病院が、生検とは異なる患者の肺を切除する
  • ホビットの手首構造から、ヒト属の新種であることが判明
  • ゴキブリの嫌う鋼板を開発する。
  • 28歳の佐伯直里が夜泣きする息子の首を絞める。
  • かんだ後でもべたべたくっつかない「Clean Gum」
  • クレームに関する医師側の問題について
  • 献体を用いた手術トレーニングについて、厚生労働省は
  • 老人ホームの女性の腸内から、錆びたスプーンをみつける。
  • 厚生労働省「時間外診療しない開業医の収入を減らします」
  • こうのとりのゆりかご、運用開始から7人が預けられる
  • 川田龍平議員がマイケルムーア監督作品「シッコ」を見て一言
  • 医療系バンドHeartfull Hospital、デビューシングル「経過良好」発売
  • 診療報酬を不正請求した静岡県藤枝市立総合病院の保険機関指定を取り消し
  • イギリスとドイツの首相が途上国への医療支援を強化することを宣言
  • 厚生労働省が、新人看護師への臨床研修制度を創設するかも
  • 現場を離れた女性医師の復帰を支援する病院に補助金を出す。
  • 「身に着けるだけで脂肪燃焼」は誇大広告として業務停止命令が下る
  • 医療従事者に理不尽な暴力を振るう患者とその家族。
  • 看護師の魅力を収めたDVDを無料配布する。
  • 南極の氷から600万年前の微生物を解凍・復活することに成功。
  • 医療従事者の努力のおかげで、医療費は前年度とほぼ同じ32兆でした。
  • 「どなたか養子となって」と書き置き付きの捨て子が松屋銀座でみつかる
  • 洗剤入りペットボトルとドライアイス爆弾を使った少年犯罪
  • 刑務所でも医師不足。1人もいない刑務所も8箇所に上る。
  • 佐藤一樹医師に対する、真実でない記事を書いた週刊女性に賠償命令
  • 研修医の採血が未熟で、2歳児が号泣→呼吸困難で死亡。
  • 医薬品の個人輸入に、一定の制限を設けるべきという見解を示す
  • MEDO医歯薬英語辞書を、翻訳ソフトBabylon6のフリーコンテンツに
  • 薬物を使って手術中に眠りに陥った麻酔科医の医師資格を一時剥奪する
  • 日本の医師数は、人口1000人あたりわずか2人で主要7ヶ国で最低。
  • 医療のヒヤリハット、1年間で19万6000件も発生。
  • 行政処分を受けた看護職の再教育は、120時間を要する。
  • 過去に大病を患ったり持病がある人でも入れる新型医療保険について
  • イギリスの登録医師の46%が、外国で教育・訓練を受けた医師。
  • 変死者に対する解剖予算、山口県ではなんとゼロ円というお粗末さ。
  • ピラニアが群れをなすのは、攻撃ではなく自己防衛のため。
  • 昭和大学藤が丘病院が、診療報酬を過大に請求していた疑い。
  • 保険適用されていないロボット手術で、保険の診療報酬を請求していた
  • マイケルムーア監督が映画「シッコ」で米国医療制度を切り捨てる
  • ギネスに載せたくて、15歳の息子に帝王切開をさせた医師夫婦
  • 医師でないのに採血して「血液がドロドロ」と脅した女を逮捕
  • 医師の息子を装い1800万円を騙し取った、振り込め詐欺が発生。
  • ネットで覚せい剤販売の広告「しゃぶ亭」を出したアホを逮捕。
  • 女子高生の下着の中に覚せい剤を隠した土屋富己夫を逮捕
  • 薬剤師の倉元善光が処方箋なしでハルシオンの錠剤を売る。
  • 尊厳死を認めようと「尊厳死法制化を考える議員連盟」が案件を公表
  • 点滴用注射針で長女を虐待。長女の体内から覚醒剤と精神安定剤を検出
  • 女子生徒が高校内の女子トイレで出産。新生児は窒息死。
  • 解剖後に臓器保存をするなら遺族にちゃんと説明すべきだと主張
  • ZARDの死は自殺か事故か、慶應大学病院に責任が問われる。
  • 医療費未払いという詐欺行為を働いているのは高齢者、無職、フリーター
  • 国立大学病院の看護師の4割が、過密労働でパニックになっていた。
  • 解剖せずに外見と触診だけで死因を判断していることに不安を感じる
  • 検視しかしておらず、変死体の殺人見過ごしが過去13件発覚
  • JFE健康保険組合川鉄千葉病院の研修医が違法バイト診療。
  • 医療機関の診療科名が専門的すぎるので4割強廃止する
  • 瓶の牛乳は蛍光灯の影響を受けて酸化臭がするようになる。
  • 医師国家試験に合格したのに免許申請せず無資格医療を行った男
  • 放射線関連を管理する「医学物理士」の国家資格化を要請する。
  • 医者余りから医者不足に変遷してきた理由
  • 厚生労働省が新たな診療科として「総合科」を創設する。
  • 大津市民病院の薬剤師が、睡眠鎮静作用のある向精神薬を持ち出す
  • 19病院に受け入れを拒否され死亡した妊婦の診療情報が流出
  • NPO法人MERI Japanが、献体を用いての技術訓練を日本に普及させる
  • 医療保険の広告は、消費者の不安を煽るものであってはならない。
  • 厚労省「開業医は時間外診療をしっかりとしなさい」
  • 医師不足が深刻な地域のほうが、医師の給与は高くなる。
  • 握力が強い中高年ほど、病気による死亡率は低い。
  • 外科医の7割は、当直明けに手術をしており、約1割が訴訟を経験
  • 心臓が癒着している結合双生児の分離手術に成功。
  • タミフルを服用していない男児が、転落して死亡していた
  • 4年に1度の国内最大級の学会「日本医学会総会」が開催される
  • もう一度見たいドラマランクTOP10に医療ドラマが3つランクイン
  • MRIの発明者、ポール・ラウターバー博士が死去
  • 粘菌を用いた生物コンピューターで人間のような柔軟な発想を
  • 韓国で、クローン狼を誕生させることに成功する。
  • 肝臓に排液管が刺さり、失血死。
  • 新人看護師の技術低下が著しく、一人では注射もできない。
  • 一般診療所は増加しているのに大型病院数は減少している。
  • 土星の衛星であるエンセラダスに生命が存在しているかもしれない
  • 安楽死を合法化しようとする運動がフランスで活性化している
  • 父親の死を受け入れられない男が、遺体を掘り起こす。
  • 先端が自由に曲がるカテーテルなど、人工筋肉の実用化を目指す
  • 医療広告の規制緩和で、サービスや内容を詳しく紹介できるように
  • 筋弛緩剤による尊厳死事件の控訴審判決は、主治医の減刑
  • レクター役のギャスパー・ウリエルが医大の解剖で役作りをする
  • 安倍首相が産婦人科と小児科の診療報酬を改定することを検討
  • 刑務所の常勤医師が不足しており急患に対応できなくなる
  • マイクロ体内ロボットを体の中で自在に操作して病気を治療する
  • 未承認医薬品を売った産婦人科医、勝見喜也を薬事法違反で逮捕
  • 執刀医が手術中に殴り合いの喧嘩。ケリをつけるために退室。
  • 赤ちゃんロボの世話を義務とすることで育児の大変さを学ばせる
  • ゲーム好きな外科医は、内視鏡などの手術の腕が良い。
  • ヘビは、カタツムリを食べるために右利きへ進化した。
  • 病院勤務医の9割が医師不足を訴え、疲れを感じている。
  • 消費減少の続く牛乳を救うため、牛乳からビールを生成
  • 飲酒運転防止のためのトイレ消臭剤を開発。
  • 国立循環器病センターから麻薬を盗んだのは麻酔科医の福田稔
  • 国立循環器病センターで患者情報の入ったパソコンと麻薬が盗難に
  • 帰ってきた村上智彦医師。夕張市で予防医学に尽力。
  • 胃に入れるべき栄養チューブを誤って気管支に挿入し死亡
  • 看護師不足が深刻化しているので配置基準を見直して下さい
  • 岩手県遠野市に来てくれる医師には、馬をプレゼントします。
  • 三重中央医療センターの麻薬一覧表などがWinnyに流出する
  • 視覚障害者と一緒にジョギングしてみませんか?
  • 犬向けの肥満治療薬「スレントロル」を承認する。
  • 正座が普及したため、江戸時代から足指の変形が増加した。
  • 遺伝子組み換え操作により、緑色に光るブタが誕生する
  • 会社帰りに立ち寄れるコンビニ病院、コラボクリニック新宿
  • 大手保険会社4社で、生命保険の不払いが1万件以上に上る。
  • 長崎県立島原病院で、右足と左足を取り違えて手術
  • 検査に関する医療事故、2年で114件も報告される。
  • うつ病になった教師は4000人。セクハラした教員は124人。
  • 高校生の4割が、家で勉強しないらしい。
  • ナース風過激コスチュームのハンバーガー店に本物看護師激怒
  • 女性医師の再就職を支援する「女性医師バンク」を設立
  • 病院名に「乳腺」の2文字を入れると法律違反
  • 相手に好意を抱いている女性は「!」「?」を多用する
  • 動物保護委員会「獣姦を法律で禁止にする必要はない」
  • がん診療に特化した病院の評価もする日本医療機能評価機構
  • 2030年でも日本人女性が世界最長寿を維持することが判明
  • 医療ミスはすぐ謝罪したほうが逆に訴訟を減らすことができる
  • 相次ぐ健康被害の対策として、健康食品の副作用を検証する
  • 飲酒により美人に見える公式はβ=(An)^2×d(S+1)/√L×(Vo)^2
  • 美濃焼の皿から、基準値を超える鉛が検出される
  • 高学歴で配偶者のいる人のほうが寿命は長い
  • ウニの遺伝情報を全て解読。遺伝子の70%はヒトと共通。
  • 「NO!レジ袋」と主張するブラジャーが登場
  • 覚せい剤取締法違反の外科医、塩谷雅文が懲りずに再犯
  • 保険適用外の先進医療に関して、消費税を非課税にする方針
  • 柳雄介九大大学院教授が第50回野口英世記念医学賞を授与
  • 乱獲や汚染により42年後には食用の魚が消滅するかもしれない
  • 障害者や高齢者に毎月1000円を300回寄付した夫婦
  • 履修漏れで責められた茨城県立佐竹高校の校長が自殺
  • 会津中央病院で受付案内ロボットを導入
  • 08年より、健康保険証が紙からカード型に変わります。
  • 警察のDNA鑑定の精度が格段に上昇。逃げ場はないぞ犯罪者
  • 中学の授業で豚の目玉を解剖した学生が発熱や嘔吐
  • 分娩中の脳出血を、18病院が受け入れ拒否して死亡。
  • わがままな患者に悩む医療従事者向けの電話相談が始まる
  • 48年前に他の新生児と取り違えられ男性が勝訴。
  • 中国や韓国からの医療廃棄物が2万個も漂着する。
  • Dr.コトー診療所2006、いよいよ10月12日より放送開始
  • 米国の医療保険に大きな穴があり加入者は悲鳴
  • 2006年度のノーベル生理学・医学賞は「RNA干渉の発見」
  • 日本学術会議の会長に金澤一郎国立精神神経センター総長
  • シーメンス旭、ブレないCTを発売へ。1台15億円
  • 北村惣一郎氏と笹川千尋氏に武田医学賞
  • 「ばんそうこう」の呼び名で、出身地を特定できる
  • 犯人のDNAをデータベース化。事件解決の糸口に。
  • 優れた医学研究者に与えられる「ラスカー賞」が発表
  • インターフェロンの先駆者、岸田綱太郎氏が亡くなる
  • 大月市立病院、医師不足と患者減少で3億5000万円の赤字
  • 武田薬品、700億円をかけて中央研究所を新設
  • ペットでも「医療ミス」
  • 結合双生児のドクさん、専門学校生と結婚へ。
  • 山形市立病院済生館でインターネットサービス。1日30円。
  • 引退した看護師の再就職を促進しよう
  • 医療ミスを繰り返す医師を行政処分する署名が提出される
  • 3人の看護師が確認を怠り、献血中にミスが発生
  • 医療裁判の公平化のために、第三者による究明機関を設置
  • 農村医療の先駆者、若月俊一さんが肺炎で亡くなる
  • 江別市立病院の内科常勤医師がゼロに。
  • 離島医療に関する質疑応答でやりがいを発見
  • スイカの栄養価を高める一番の方法は、常温で保存すること
  • 人体の不思議展に用いられた死体は死刑囚や精神病患者?
  • 医療機器販売業者が覚せい剤密売人に注射器を売る
  • もし苗字が「藪」だったら
  • 手術用ガーゼにICチップを組み込み、体外から検知することに成功
  • 医療事故の慰謝料は「患者が医者に裏切られたから」交通事故よりも高くなる
  • 成績のことを言われて母親の頭を包丁で切りつけた子供は医者志望
  • 梅雨の湿気で毒キノコが異常に発生している
  • 野口英世賞は賞金1億円。5年に1度授与
  • 「がんに効く」不正広告を監視する事業スタート
  • 厚生労働省がきちんとした診療報酬を定めれば死ぬことはなかった患者が発覚
  • 県立木本高校の身体測定記録カードが紛失する
  • 関西大学でマジックマッシュルームを食べ、飛び降りて死亡。
  • どうすればヤツらは避妊してくれるのか考える
  • 健康食品会社「やずや」でアミノ酸濃度を誇大広告
  • 患者の個人情報を盗み見て宗教勧誘をしていた看護師
  • 診療費の未払いが1億5000万を超える。病院は赤字経営。
  • 東京大学で青酸カリが粗大ゴミに出される
  • 有名18禁ゲーム「臭作」の原画家、堀部秀郎氏が急性心不全でお亡くなりに
  • 奈良放火殺人事件の犯人は幼稚園の時から勉強漬けだった
  • 美容形成外科医、石原秀一を覚せい剤所持で逮捕
  • 世界最高齢の双子出産、なんと母親は59歳
  • 生協で売っていた体脂肪率計は測定機能がありません
  • 橋本龍太郎元首相、日本の医療のために病理解剖へ
  • カリスマ美容外科医の行っている「脂肪注入による豊胸」は危険?
  • 診療報酬を下げた厚生労働省が今度は「医者を増やせ」とのお達し
  • 眠りの度合いを分析する枕、今秋発売
  • 「政府VS企業」医療費は誰が払うのか論争
  • 自民党「激務が問題となっている分野以外診療報酬引き下げ」
  • 自殺を事故と偽って保険金を騙し取ろうとした児玉寿太郎を逮捕
  • 世界遺産の杉に除草剤が入れられ、「再生手術」が始まる
  • 自殺対策基本法が可決したけど、何なのこの法律は
  • Dr.コトー診療所、再度連続ドラマ化
  • 病院専門の違法高利貸しを逮捕
  • 腎臓病早期発見のためのプログラム始動。無料です。
  • ダイエット経験者は女性全体の8割に上るが、その成功率は約3割である
  • ニプロが人工血液事業に参入
  • 体内にタオルやガーゼを置き忘れた札幌市立札幌病院
  • 点滴が漏れて血管を圧迫し、壊死してしまった右足を切断
  • 中国の注射液に不純物が混入してて死亡者続出
  • ニラは食べられますがスイセンは食べられません
  • ヒマラヤで注射針や点滴袋などの医療廃棄物を発見
  • カロライナジャスミンでハーブティーを作った祖母と孫娘が食中毒に
  • 山陰地方の患者は治療費を払わないでトンズラする
  • 東大医科学研究所の河岡教授がドイツ最高の医学賞を受賞
  • 未成年の1/4「献血?何それ?」
  • リウマチが治ると、ネックレスを高額で販売し逮捕
  • 何で厚生労働省は医療費を誤魔化そうとしているの?
  • 北海道北斗市では、中学卒業までの医療費が全部無料!
  • 経済制裁で医薬品が無くなり病人が死んでいくパレスチナの現状
  • 覚せい剤服用後、頭に釘を刺して自殺を図った男
  • 医学用画像とエロ画像の境界線
  • 人工透析に消毒液混入。
  • 内部告発者を守れ!遺族らが立ち上がる。
  • 医療制度改革反対を掲げ、医療従事者がデモ
  • 奉仕している医療従事者が叩かれている日本に医療の明日はない
  • 毛髪入りトローチを自主回収
  • 無知は恥ではない。罪だ。
  • もう免疫抑制剤はいらない。拒絶反応を抑える新技術
  • 最強医療漫画「医龍」がドラマ化するわけだが
  • 治療費を払わない人々と、損害を被る病院
  • 日本の医師割合は世界63位。1000人あたり1.98人
  • あなたの好みの異性はどの果物が好き?
  • 映画「ミリオンダラーベイビー」と尊厳死
  • 診療所にも女性専用外来ができました
  • 虎ノ門病院に手技訓練センター設立
  • 割り箸死亡事件で過失を認められたが無罪となった医師
  • リアルに動いている臓器の画像を販売
  • 週63時間働けますか?病院勤務医は働いています
  • 綿菓子の割り箸が脳に刺さった事件を覚えていますか
  • 「先生は宝でした、この町の」
  • 人間が、人間らしく死ぬ権利
  • 医者とお金と自民党の小泉首相
  • 「ご主人様、献血お疲れ様でした。」in秋葉原
  • 医学系の時事ニュース一覧

  • 佐賀の医学史をたどるマップを作製する
  • 女医のみのアイドルユニット「Joy☆Total Clinic」
  • 胃瘻の交換で管が胃を貫通し死亡する
  • 溶液中の細胞を観察できる走査電子顕微鏡を開発する
  • 司法解剖されたことで遺族の怒りや悲しみは強くなる。
  • 偽の整形外科医は30年間も何故バレなかったのか?
  • 割り箸死亡事故、検察側が上告を断念し医師の無罪確定へ。
  • 東京都がDr.コトーを募集している。
  • 病院に寄贈したカリヨンに癒し効果がある。
  • 麻生首相の度重なる医師医療関連失言について。
  • 先端医療に活用できる画期的蛍光剤を島根大学が開発する。
  • 「或る病院の一生」から、病院というものについて考える
  • 妊婦受け入れ拒否問題での二階経産相の失言について
  • 13歳の少女が心臓移植を拒否して尊厳死の権利を勝ち取る
  • 手術室にヒットマンが銃を手に押し入り患者に発砲する。
  • ヘモグロビンの低い女性から献血→数値を改ざんして製剤化
  • 手書き文書よりメールのほうが1.5倍ちかく嘘をつかれている。
  • 術後の大量内出血を見落とし死亡させた外科医を書類送検
  • 手で揉むと子宮筋腫が治ると無資格医業を行った男女を逮捕
  • 筑波メディカルセンター病院の医療過誤事件で患者側が勝訴
  • ショッカーまでもが献血への協力を呼びかける。
  • 世界最年少でクローンマウスの作製に成功した近畿大の21歳女性
  • がん化する危険のない、新世代iPS細胞誕生。
  • 2011-05-17 過去5年間の救命救急ニュース一覧@医学処

    救命救急の医療ニュース一覧

  • 東日本大震災、被災地の妊婦について神戸大病院医師に聞く。
  • 日本医師会、被災した開業医に月30万円の給付金を提供。
  • 東日本大震災の被災地で食物アレルギーの対応が不十分。
  • 三兄弟が被災地で診療所を新たに開設。
  • 東京DMATで活躍した佐々木医師(帝京大、救急医学)に聞く
  • 緊急被曝医療を学ぶプログラムを福井大学で
  • 東日本大震災後、1万5千人の医師・看護師が被災地に支援に向かう
  • 必要のない救急車出動件数が過去最多に。
  • 餅は小さく切って食べましょう。よく噛んで食べましょう。
  • 救急搬送の緊急度を段階別に分けてみる。
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センターでフェンタニルを悪用した麻酔科医
  • 脳梗塞のt-PA療法、救急医療として川崎市が成果を挙げる
  • 救急医療情報を冷蔵庫に入れておく運動を広めよう
  • 骨折の治療スピードを高める手法をスタンフォード大が開発
  • AEDを一般人が行えば社会復帰率は2倍にもなる
  • 奈良妊婦搬送死亡事件で、産科救急の充実が求められる
  • 秋田大学医学部付属病院の救急医がみる、自殺未遂者
  • 7000年前に前腕切断の外科手術。
  • 筑波メディカルセンター病院が、乗用車型のドクターカーを導入
  • 画像伝送システムを用いて、救命救急をより密度の高いものに。
  • 避妊に失敗したからと夜間外来にピルを貰いにくる若者。
  • モンスターペイシェント対策に、警察OBを病院に配属する。
  • マイケルジャクソンが心臓麻痺で死亡。
  • 空軍病院で手術ロボットを用いた初の外科手術に成功する
  • 鳥取大学病院救命救急センターの新体制が整う。
  • 鳥取大学病院の救命救急センターの惨状。
  • 労働基準法を守れないため愛育病院の指定返上を都が打診。
  • 医療アラームを聞き逃し、患者が死亡する事故が多発している
  • 通路側の席に座った方がエコノミークラス症候群になりにくい
  • 山梨県で救急隊が患者を誤送する事故が発生。
  • 全国で献血者が減少する中、秋葉原の献血ルームが盛況。
  • 鳥取大学医学部付属病院の救急専門医が全員退職する。
  • チェックリストを用いて外科手術の合併症を減らそう。
  • 一般市民がAEDで救命させた人の一ヶ月生存率は42.5%
  • 現状をみて、短期的な医師不足の応急処置は「集約化」すること。
  • 軽症者の救急患者から時間外加算金を徴収する
  • 激増する119番対策として、どんな時に119番するのか意識調査を
  • 医療事故実例集を過半数の病院が受け取ることすらしていない
  • 三井記念病院の麻酔研修事故、指導医らを告訴する方針へ
  • 扁桃摘出術後の再手術で、胃内の大量血液を誤嚥して死亡。
  • 緊急の救急かどうか迷うときは「#7119番」を使用しよう
  • 急患のたらい回しをなくすため、「東京ルール」を導入する。
  • 割り箸死亡事故、医師に過失なしの無罪判決が出る。
  • 医療事故で家族を亡くした人と医師が対話をする。
  • 群馬大学病院の時間外診療は軽症なら4200円上乗せ。
  • 救急たらい回し問題で、舛添厚労相と石原都知事がバトル。
  • 心臓マッサージ(1分間に100回)に最適な曲、日本版。
  • 救急車をタクシー代わりにした男に実刑1年2ヶ月。控訴も棄却
  • カンボジアから救急医療を学ぶために研修医が来日。
  • 妊婦は原則としてシートベルトを着用すべきである。
  • 胚性肝細胞(ES細胞)から大量の赤血球を作ることに成功する。
  • 福島大野病院事件、加藤克彦医師に無罪判決が出る。
  • 電源の入らないAED2万台を回収する。
  • 血小板と成長因子をフリーズドライすることに成功する。
  • 未だに救急車をタクシー代わりに使っている人々。
  • 飛行機内で救命措置を行った女性が、乗客の撮影でPTSDに
  • 秋葉原通り魔事件で救急トリアージは成功したのか。
  • 秋葉原通り魔事件での被害者。
  • 大阪府済生会茨木病院が、術後の体調不良を放置し死亡させる。
  • 自民党が救急医療基本法を提言してる。
  • フリーランスの医師の日給について。
  • 赤十字マークの無断使用は違法。マークの意味を考えよう。
  • 医学ちょっといい話
  • 心停止で倒れている人をみつけたら、とにかく胸を押して下さい。
  • ER緊急救命室、ついにラストシーズンへ。
  • 全国で初めて、救命救急センターが廃止される。
  • 機内の心肺停止を、2年目の看護師が救う。
  • 救急医療を担う看護師、技師にも重い負担を強いている。
  • 札幌市産婦人科医会が二次救急からの撤退を通告する。
  • 容態の急変した子供を救急車で迎えに→退職へ。
  • 玉名中央病院の全麻酔科医が福岡大学医学部へ引き上げる
  • 「受診マナー」の向上を県民運動として行う広島県。
  • 公明党、救急医療情報システムの確立へ
  • 全国の学校の25%に、AEDを設置。
  • 交通事故から1時間、5つの救命センターで受け入れ拒否
  • 一般人がAEDを使う際にためらいが生じる可能性も
  • 救急医学の現場でも、PTSD発症を予防することが重要
  • 入れ歯の誤嚥を見逃し肺炎で死亡→書類送検へ
  • 飛行機内のエコノミークラス症候群は女性に集中している
  • 暴力団が救急車から救急隊員を引きずり出して暴行する
  • 若者の献血離れが深刻。43%から25%へ減少。
  • 福島市内で、交通事故から救急搬送できなかった。
  • 659回目の献血を行った熊本市の本松さん
  • 意識不明男性の救急搬送を拒否して消防が訴訟
  • 開業医の初診料を減らし、夜間報酬を上げる。
  • 輸血による弊害について
  • 妊婦の緊急受け入れを行った病院には診療報酬を優遇するよ
  • ペット誤嚥No1は竹串。医薬品もNo3にランクイン
  • 高校生へのAED指導を、授業で行う。
  • 救急蘇生法に人工呼吸は不要。心臓マッサージだけで良い。
  • 悪質119番に、罰金を与える条例を制定する。
  • 急増する「飛び込み出産」
  • 当直医しかおらず、別の急患要請を受けていたため119番を薦めた
  • 元妻が、別れた夫の性器に火をつける。
  • 身体を切断され、頭部だけとなったヘビに指を噛まれる事故。
  • 【緊急呼び掛け】AB型とO型の血液が不足しています。
  • 停電になった手術室で、携帯電話の明かりを頼りに続行し、無事に終える
  • 献血に行こう!Part4 献血後に届く血液検査結果について
  • 献血に行こう!Part3 献血後のお楽しみ、おみやげの詳細
  • 献血に行こう!Part2 献血に関する知識を身につけよう。
  • 献血に行こう!Part1 献血を不安に思っている人へ送る体験レポート
  • 三重県の中学校の水泳授業で心肺停止→AEDで回復する。
  • 一般人がAEDを用いることで、蘇生率が7倍にまで増加。
  • 医師の確保が困難で、救急病院が142件減る。
  • 浴槽用の浮き輪を使用した乳児がバランスを崩して溺れる事故。
  • ムカデに刺されアナフィラキシーショックになり、意識不明に。
  • ドクターヘリを全国的に導入するための特別措置法案が成立する。
  • エホバの証人の手術中に大量出血、輸血を受けずに死亡する。
  • 窒息死亡事故のあったこんにゃくゼリーの販売元と商品名を公開。
  • 保育園の園児が相次いで倒れたという電話で全救急車出動→いたずらでした
  • 救急救命士が気管挿管を誤って食道に入れ患者を死亡させた疑い。
  • こんにゃく入りゼリーで窒息になった場合の対処法を紹介。
  • 火事の中、ペット用酸素マスクで40匹の猫を助ける。
  • 2007年6月1日より、救急車のトリアージ制度を試験的に導入する。
  • 葬儀会社の社長が、AEDを盗難して逮捕の謎。
  • 災害時に妊婦を優先的に救助するための指針を学会が作成
  • 産婦人科と救急医の当直回数は、他の部門の2倍近くある
  • 自殺しようとした人の2割程度しか、家族や友人に相談していない。
  • 宇宙空間や戦場での手術として、ロボットによる遠隔操作を行う
  • 失敗学を応用し、誰がどう使っても安全な遊具を開発する
  • 経済産業省が、商店街にAEDを普及させるため費用の半額を補助する
  • 千葉県の高速道路上に発着できるようになったドクターヘリ
  • 大阪で、過去最悪なほどに輸血用血液が不足している。
  • 災害時に電気ガス水道を使わず出産できる簡易分娩セットを開発
  • 隕石による被害を受け易い国ベスト5に日本がランクイン
  • 心停止した患者には、人工呼吸をしないほうが生存率が上がるらしい
  • 救急車でコンビニに立ち寄りクッキーを買った消防士を処分
  • 救急病院の勤務医不足が深刻化しており病院数激減
  • 24時間往診可能な診療所を検索するシステムをネットで公開
  • 横浜市立大学の医学部生が、小学生にAEDの実習を行う。
  • ねんがんの臓器提供意思表示カードをてにいれたぞ!
  • 救急医学会が、延命治療中止に関する指針を発表する
  • 産婦人科学会が、出産のための24時間支援センター開設を提言
  • 患者の体内に18年間入っていたガーゼが、鼻をかんだ瞬間に出てくる
  • 福島県立大野病院の帝王切開死亡事件の裁判、始まる。
  • ドクターカーによる高度な処置で、心肺停止患者が社会復帰
  • レントゲン画像を携帯電話に転送するシステムを稼動
  • ドクターヘリを全国整備するための法案をまとめる
  • 神奈川県で精神科の救急を完全24時間化へ
  • 救急車の必要性に順位をつける「トリアージ制」を導入する
  • 重症者が運べなくなるため、悪質な119番に罰則を与える動き
  • 泥酔してるから様子見→実は脳挫傷で重体だった
  • 横浜労災病院救急外科医師、李裕道を覚せい剤所持で逮捕
  • こんにゃくゼリーを詰まらた3歳児が受け入れ拒否され死亡
  • バナナボートで転落し救命胴衣を装着していない人が死亡
  • 品質保持期限すら切れていない乾パンで食中毒発生
  • 東海道新幹線、山陽新幹線の全駅にAED設置
  • 救急救命士のアレルギーショック治療薬投与を認めてほしい
  • 掛川市立総合病院が夜間の救急診療を中止します。
  • 南相馬市立総合病院で10月から夜間の小児救急診療を強化
  • 心肺停止時に市民から応急手当を受けると生存率40%up
  • 9/9は救急の日。AEDコンテストが開催される。
  • 人工マッサージの回数が変わりました。15回から30回に。
  • クロコダイルハンターを心停止させたアカエイの毒
  • 医師が乗る乗用車を、緊急車両に指定。
  • 陣痛ではなく腸閉塞で、発見が遅れる。解決金は7000万円
  • 予定していた動脈と別の動脈にカテーテルを入れ脳内出血
  • ドクターヘリ大活躍。心肺停止から奇跡の生還。
  • セアカゴケグモの生息地、大阪を中心に爆発的拡大中
  • 若者の献血離れが深刻。高齢者の献血のほうが多いという現状。
  • キャンプでハチに襲われ、アナフィラキシーショックに
  • 正しい人工呼吸と心臓マッサージのおかげで一命を取り留める
  • 死にたくなければ後部座席でもシートベルトをしなさい
  • 娘の医療費のために、自身の切断した足をオークションに出品
  • 胆石が痛み出した暴力団員、救急隊員を殴り逮捕
  • 本日、救命救急センターが2つ開設
  • 2011-05-16 過去5年間の内分泌ニュース一覧@医学処

    内分泌・ホルモン医療ニュース

  • ネフローゼ症候群の関与遺伝子を東大が発見。治療に光。
  • シークヮーサーに含まれるβカリオフィレンが内臓脂肪増殖を抑制する
  • あすか製薬、チラーヂンの代用薬「サンド」を緊急出荷する。
  • 被災地の子供の甲状腺被曝検査、全員問題なしと判明。
  • 加齢男性性機能低下症候群(LOH症候群)とは何でしょうか
  • 人間は、疲れたり睡眠不足だと余計なものを食べてしまう
  • 糖尿病まっしぐらコース“朝抜き、昼ソバ、夜ドカ食い”
  • ポリフェノール含有量と1日に摂取する量の目安
  • 民間療法ホメオパシーは全く効果がない荒唐無稽な療法
  • 2型糖尿病にアルツハイマー病発症のリスクがある。
  • 生理前のむくみを治そう。
  • テストステロンが多い人の特徴→「よく眠る」「薬指が長い」「尿が濃い」
  • 甲状腺の刺激で長寿効果がある
  • ビールを飲めるアルコール依存症治療施設
  • アンチエイジングの造語「ハッピーホルモン」
  • 寝不足でも寝過ぎでも内臓脂肪はたまる一方に
  • 慢性疾患に苦しむ患者の7割が医療費に負担を感じている
  • ランニングはやり方を間違えると身体に害となる
  • カルシウムを摂ることで糖尿病のリスクを減らすことができる
  • 糖尿病治療薬アバンディアに心臓発作の副作用
  • バレンタインデーが満たす脳科学。
  • 早老症「ウェルナー症候群」が起こる仕組みを解明する
  • 糖尿病性腎症に関連する遺伝子ACACBを発見する。
  • 少女の9割近くが、痩せることへのプレッシャーを感じている
  • 日々の睡眠不足分は、一晩長く寝るだけでは解消されない
  • WHO、煙草の次はアルコールの規制に乗り出す。
  • 喫煙者は禁煙する際に糖尿病に気をつけよう。
  • セロトニンが不足すると、懲りない性格になる。
  • コーヒーで2型糖尿病のリスクを減らそう。
  • セロトニンが分泌されやすいウォーキング方法とは
  • 1型糖尿病の子供たちと交流する阪神の岩田選手
  • 巨乳の女性のほうが知能指数は高い?
  • メタボリックシンドロームの診断基準を再検討する。
  • 女性の性欲を高める革命的薬剤「フリバンセリン」
  • 肥満が原因で時計遺伝子に異常を来たす。
  • 痛風リスクが26倍になる遺伝子を発見する。
  • 食物繊維を摂ることで喘息や糖尿病を抑制することができる
  • 内臓脂肪が代謝疾患を引き起こすメカニズムを解明する
  • 肥満ホルモン「レプチン」が糖尿病を防ぐことを発見。
  • 選択的DPP-4阻害薬(経口糖尿病治療薬)を初承認。
  • アレルギー・喘息講演会、10月10日に開催。
  • 性分化疾患をガイドライン化し、より正確な性別判定を行う
  • 尿と灰を組み合わせた肥料を使うことで収穫量が倍増する。
  • 壊死した足を切断せずに骨髄細胞を移植して再生する。
  • 免疫力が上がると謳う健康食品が増えるが実際に効果があるのは…
  • 天才数学者アラン・チューリングの名誉、55年ぶりに回復する。
  • 陸上優勝のセメンヤ選手、両性具有であることが判明する。
  • オバマ大統領、子供の健康を守るため炭酸飲料税の導入を検討中
  • 太もものサイズが細い人は、寿命が短くなる傾向にある。
  • 糖尿病患者由来のiPS細胞から、膵臓の細胞を作ることに成功する
  • 年齢とともに増加し免疫力を低下させる特殊な「悪玉リンパ球」
  • B型インスリン抵抗症をピロリ除菌で完治に成功する。
  • 若い喫煙者はアディポネクチンの濃度が低く糖尿病リスクに。
  • マルチビタミンを摂取している女性は寿命が延びるかも
  • 飲酒で攻撃的になる人はグリコーゲンが少ないのかもしれない
  • 体内時計の時刻を簡単に測る方法を開発する。
  • 髪の毛の1000分の1の細さしかない注射針を開発する。
  • ビタミンDを多く摂取している中年男性は頭が良くなる。
  • コーラの飲みすぎで低カリウム血症になった症例。
  • 早発閉経の新治療法を聖マリアンナ医科大学が開発する。
  • 生活環境の変化で精子数が40%も減少している。
  • 牛乳がけシリアルは運動後の回復に役立つ最適な食材。
  • 母乳を与えた女性は、心臓発作などの心血管障害の危険性が減る
  • エストロゲンは記憶力や学習能力を改善させる効果がある
  • 膵臓細胞に、甘味を感じる受容体が存在することを突き止める
  • 自身の皮下脂肪の細胞で血管を再生し、閉塞性動脈疾患を治す
  • マゴットセラピー、通常の治療法と効果に大差はない。
  • 昆虫は毒草を食べて寄生虫を自己駆除する。
  • 骨粗鬆症に、ジャンプ運動が効果を挙げている。
  • キスをするとオキシトシンによってストレスが無くなる。
  • 糖尿病の人にとって、酢が重要な要因となってくるかも。
  • 名前をつけてもらった牛のほうが牛乳生産量は多くなる
  • 週7分運動するだけで血糖値をコントロールし糖尿病予防に。
  • 体調の良い人が適度に飲酒をすると健康を維持することができる
  • 新疾患「IgG4関連リンパ増殖性多臓器疾患」
  • 相手への信頼感や絆を強めるホルモン「オキシトシン」について
  • ホルモン療法で思考力や記憶力が減退するかもしれない。
  • 睡眠時間が人によって大きく異なるのは、進化の過程によるもの
  • 女性の性欲回復に、テストステロンの貼付剤が有効。
  • 腎臓移植と血液透析と腹膜透析について
  • 肝臓に刺激を与えると膵臓β細胞が増えることを東北大が発見
  • 低身長を治療する成長ホルモン製剤ジェノトロピンが承認される
  • 痛風のリスクを40倍に高める遺伝子を発見
  • 若い女性と中高年は葉酸を積極的に摂取しよう。
  • 糖尿病向け運動療法、エアロビックを無料でご紹介
  • 肥満遺伝子を持っていても運動すれば帳消しされる。
  • 食欲を増進するホルモン「グレリン」が心筋梗塞を改善する
  • 小6の時に肥満だった人はメタボリック症候群になりやすい
  • 子供の肥満には、母親のストレスが深く関与する
  • 富山大学で、糖尿病のオーダーメイド医療を実現する
  • 手術で治せる高血圧「原発性アルドステロン症」
  • 尿崩症が起きる仕組みを東京医科歯科大学が解明する。
  • 東京慈恵会医大病院で期限切れのインスリンを使っていた。
  • 糖尿病患者向けに砂糖不使用のあんパンを。
  • 大豆の食べすぎは精子に影響が出る
  • 牛にホルモン剤を投与すると地球温暖化を防止できる。
  • 生姜に含まれる6-ジンゲロールが血糖値を改善する。
  • ビタミンD値が低い人は心臓発作を起こす確率が高くなる
  • 先天性魚鱗癬様紅皮症などの難病を難治性疾患克服研究事業対象に
  • 術後の血糖値の管理を怠って昏睡状態になる。
  • 慢性疲労症候群の特徴について
  • 遺伝子を注入するだけでβ細胞を作り出す技術。
  • 胸が大きくなる錠剤を販売していた健康食品会社社長を逮捕
  • 糖尿病学会「低カロリー幕の内弁当」をローソンで発売
  • レタスに含まれるチオレドキシンがアレルギー薬に。
  • 体外受精での妊娠後の流産に、ストレスが関与している。
  • 糖尿病患者は週7個以上卵を摂取すると、死亡リスク増大。
  • 糖尿病についてのまとめ
  • インスリン分泌を制御するたんぱく質。
  • 女性発情薬、薬事法違反で販売中止に。
  • 母乳栄養の赤ちゃんはビタミンD不足にご注意。
  • 糖尿病の昏睡状態を、神に祈れば治るとして病院に行かず。
  • コレステロールを調節する遺伝子を発見する。
  • 研修医の指示ミスで低血糖患者にインスリンを投与する
  • 糖尿病とその合併症についてのフォーラム
  • ホルモン療法の副作用で天皇陛下の骨密度が低下している
  • 怒りをコントロールできない人が最も怪我の回復が遅い。
  • インターフェロンの分泌を増やすたんぱく質、PDC-TREM
  • 徹夜をすると下垂体の細胞が死滅する。
  • いちごミルク大福を「いちご大福」として販売
  • 抗がん剤で関節リウマチを治療する方法
  • 膵臓のβ細胞の元になる幹細胞を発見する
  • 眠りが浅いと、2型糖尿病になる危険性が高まる
  • アレルギー体質改善乳酸菌飲料「ホップ研究所アレルスムーズ」
  • チンパンジーには閉経がない。
  • 今の男子中高生は、団塊の世代よりも足が短い。
  • 男性ホルモンの減少が生活習慣病や鬱病のリスクを高める
  • 人工多能性幹細胞を使って鎌状赤血球症を治そう
  • 子供のバセドウ病の症状と治療法
  • 大豆を沢山食べる女性は心筋梗塞になりにくい。
  • 女性が音楽を聴くときに、不安が和らぐ理由
  • 膠原病に悩む患者同士のネットワーク
  • 骨量と脂肪のバランスを調節する、Wnt5a
  • 体内時計は真夜中の光で狂う。
  • 書籍「中国の危ない食品」
  • 牛乳生産量をあげるためにホルモン療法を行う
  • 一目惚れに必要な時間は、たったの0.5秒。
  • 人工透析の患者を紹介した見返りに百数十万円
  • 合成着色料が子供の集中力を無くす。
  • 骨粗鬆症と女性ホルモンの因果関係を初めて解明する。
  • 東国原知事の甲状腺の腫瘍は、良性。
  • シロアリ駆除のために、卵に含まれるフェロモンに着目する。
  • 東国原知事、甲状腺腫瘍であることが判明。
  • 東京都内の小・中学生の?型糖尿病、初めての減少へ。
  • 【全国一位は徳島】糖尿病の受診者は地方圏に多い。
  • 日本酒から原料米のDNAを抽出し、品種を判別する技術を開発
  • ビスフェノールAが胎児や子供の神経系に悪影響を与える。
  • インスリンは、脳内では老化を促進する作用を行っている。
  • 先端巨大症(末端肥大症)の新しいタイプの薬「ソマバート」を発売
  • K-1のチェ・ホンマン選手が末端肥大症と指摘される。
  • 糖尿病の男性は、精子が損傷されやすい。
  • オイボの肝臓を食べてビタミンA過剰の食中毒となる。
  • 赤色LEDを当てたハーブはビタミンC含有量が9.7倍になる。
  • 医師がメニューを企画したドクターズレストランが人気の兆し
  • ニンニクを食べても悪玉コレステロールは減少しないことが判明
  • ムコ多糖症の男児を救うため、国内未承認薬を無償提供する
  • そこまで副作用の心配はないので、男性ホルモンを使用しましょう
  • アーモンドは毎日食べても体重が増加しない食品
  • 男性の汗をかいだ女性は性的興奮、心拍数増加を引き起こす
  • ビタミンB3が特定酵素に結合することを妨げれば老化防止に繋がる
  • CD38がオキシトシンの分泌を促すことで母親の愛情行動が現れる
  • トイザらスの幼児向けおもちゃから、環境ホルモンDEHPを検出
  • あるある大辞典の納豆特集で全国の小売店が納豆品薄状態
  • 食欲促進ホルモン「グレリン」はインスリン分泌を抑制する
  • 採血しないで血糖値を測定する手法を開発
  • エクオールをつくる乳酸菌を発見。更年期障害の改善へ
  • 糖尿病の患者は治療を中断することが多い。
  • 低身長の成長ホルモン治療が医療保険の対象になるかで議論
  • インスリン注射針、B-Dマイクロファインプラスを自主回収
  • 子宮内膜症や子宮体がんの予防にも役立つアディポネクチン
  • DHEAの血中濃度が高い男性ほど死亡率が低い
  • 携帯電話を用いれば糖尿病患者の血糖値を把握できる
  • メスの尿の性フェロモン「キヌレニン」はオスを興奮させる
  • わかめに含まれるフコキサンチンは脂肪燃焼を促進する
  • 食欲を抑える蛋白質「ネスファチン1」を発見。
  • 薬指の長さはスポーツ能力との関連性がある
  • 26人の死者も出ている「子供の拒食症」が激増
  • カルシウムサプリメントは骨粗鬆症の予防にはならない
  • テストステロン作用で春と冬にグラマーな体つきになる
  • スズメバチの大群に刺されアナフィラキシーショックに
  • グルタミン酸が破骨細胞を抑制することで骨粗鬆症を防ぐ
  • 中高年でテストステロンが少ないと、死亡リスクが88%高くなる
  • 背の高い人は、知性も高いという研究が発表される。
  • 命の危険があっても痩せたいと願う思春期やせ症を追う
  • 早食いをすると、食べる量が同じでも肥満になる。
  • アンギオテンシンIIは破骨細胞を活性化させて骨粗鬆症を引き起こす
  • 太っている原因は、単に食べすぎと運動不足だけではないことを認識しろ
  • 血糖値を下げる働きを強める新しいタイプの糖尿病治療薬
  • 日本人はアメリカ人より内臓脂肪が溜まりやすいので非常に危険
  • ラブホルモン「オキシトシン」が夫婦の危機を救う
  • 害虫の脱皮を止めるホルモンから、農薬を作ろう
  • インドネシア伝統食「テンペ」に、糖尿病や動脈硬化を予防する効果あり
  • 若い頃カルシウムを摂らず股関節骨折になる人が激増
  • エストロゲンは動脈硬化の進行を遅らせる
  • 糖尿病性ケトアシドーシスを放置され両手足麻痺&視力障害
  • 睡眠ホルモンとして、プロスタグランジンD2が働いている
  • 睡眠不足と肥満は関連している
  • 糖尿病による低血糖で事故を起こす人は結構いるらしい
  • 体内でコエンザイムQ10の合成量が減った場合、どうすればよいのか
  • 思春期の女の子の肥満は高アンドロゲン血症と関連する
  • コエンザイムQ10の扱いに困る食品安全委員会
  • 大人の成長ホルモン分泌不全の患者への注射治療が認可される
  • 世界一の身長を持つ女性は脳下垂体の瘤による成長ホルモン過剰分泌
  • 妊婦や子供には大豆イソフラボンを摂らせすぎないほうが良い
  • 納豆を食べればコレステロールが減る
  • 衝撃波で糖尿病や高血圧のリスクが増加
  • 栄養ドリンクが99円にプライスダウン
  • 緑茶を飲むとアディポネクチンの分泌量が増えます
  • 2011-05-15 過去5年間の生殖器ニュース一覧@医学処

    生殖器・性交についてのニュース

  • 世界初、双子の姉妹間で卵巣移植し女児を出産する。
  • 日本産婦人科学会、性同一性障害の子供、嫡出子と認められず。
  • 母体の血液を測定するだけでダウン症を診断できる方法を開発
  • 昔の人間のおちんちんにはトゲが存在した。
  • HIV予防膣用ジェルは直腸に使用しても予防効果があった。
  • 妊婦の超音波検査は遺伝学的検査になりうると産婦人科学会が認定
  • オーラルセックスで男性の口腔癌のリスクが高まる。
  • 性交後72時間以内に飲む緊急避妊薬ノルレボ錠を発売へ。
  • 性行為後72時間以内に飲むことで排卵を抑える緊急避妊薬「ノルレボ」
  • 体格の良い男児ほど、思春期の到来も早い
  • 2010年度のノーベル医学生理学賞は「体外受精」
  • 性交渉は大人の脳の成長を促進する効果をもっていた。
  • 毎日1リットルのコーラを飲む男性は精子が減少する
  • 交換が容易になった新型頚動脈ステントを発売
  • 小さく見せるブラジャーをワコールが発売
  • 精子幹細胞の自己複製を抑える遺伝子を確認する
  • 中絶手術がきっかけで失血死したことで産婦人科訴訟に
  • 医学の発達した国の女性のほうが、男らしい顔を好まない
  • 名古屋大病院の泌尿器科で国の審査を受けず臨床研究を行う
  • 同性愛者の74%は、異性愛者になりたくないと思っている
  • がん化の危険のないiPS細胞を使っても寿命が短い
  • 60年代に比べて最近の若い女性は性的に3倍活発に
  • 性同一性障害の女子、学生服で登校することが認められる
  • 父親が別々の双子が生まれる、異父過妊娠について。
  • 0.0000034パーセントの良き出会いに期待して。
  • がん治療後に凍結した卵巣を移植してホルモン分泌を維持する
  • 早稲田大が、生殖機能を抑制するホルモンを発見する。
  • 好きだと相手に伝えるポーズには、味覚細胞が関連している。
  • 男性不妊の治療に繋がる、ゲノムの守護神を発見する。
  • 産婦人科医、10年ぶりに増加の傾向に。
  • アメリカ疾病予防管理センターが性行為の豆知識を紹介する。
  • 不育症でも専門外来を使えば8割以上が出産できていた。
  • 機能的に完全な培養ペニスの作成に成功する。
  • 胚の代謝を評価することで体外受精に成功する確率が高まる
  • 完全型アンドロゲン不応症に悩み命を絶った医学生
  • 性分化疾患、XX/XYモザイク型に悩む人を追う。
  • 助産師による自宅出産は病院と同じくらい安全。
  • 上地雄輔が医師役のドラマ「ギネ〜産婦人科の女たち〜」
  • 15歳〜64歳の13&が性病に感染したことがある。
  • メタボリックシンドロームの人は性機能が低下する。
  • 性同一性障害の性別変更手術、国内実施例は2割以下。
  • 英国でXY染色体をもつ幹細胞から精子を作成することに成功。
  • 男性器にオリーブオイルを注射して炎症を起こす若者が続出
  • 出産後の女性の6割が、出産をしても身体が楽にならない。
  • 神奈川県助産師会立の助産院「とわ助産院」が開院する。
  • 心の知能指数が高い女性ほどオーガズムに達しやすい。
  • 不妊治療指定医療機関の25%が安全マニュアル未整備だった
  • 生殖細胞を試験管内で作成することに理化学研究所が成功する
  • ハプスブルク家のスペイン王朝は近親婚の繰り返しで断絶した
  • 17歳の性同一性障害に、乳房除去手術を認める。
  • アメリカで、クローン人間が誕生するかもしれない。
  • 21年前に凍結した精子で体外受精し出産する。
  • 女子中学生が塾講師とてんやわんや事件。
  • 男性割礼は性器ヘルペスなどのウイルス感染のリスクを減らす
  • AVのどこを観るかでその人の性格が分析できる。
  • 腐った卵のような匂いのガスが勃起不全の治療薬になる。
  • 地球最後の日に備えて、種子を保管する研究所。
  • 中国の強壮剤「性欲王」で意識障害を引き起こす。
  • オバマ大統領、ES細胞の研究に賛成。
  • 自慰を頻繁に行った男性は、前立腺癌に罹る可能性が高い。
  • カトリック医学協会「ピルは環境を汚染し男性不妊の原因に」
  • 長野県立須坂病院に常勤の産婦人科医師が2名配属。
  • 13年間冷凍されていた飛騨牛の精巣からクローン牛を誕生させる
  • 習慣性流産の原因遺伝子を藤田保健衛生大学が突き止める
  • 受精卵の呼吸量を測ることで体外受精の妊娠率が倍になる
  • 受精卵の遺伝病を調べる着床前診断は出生率が低い
  • 世界最高齢、70歳が体外受精で出産する。
  • 男性器増大手術でシリコン注射をしたペニスが壊死する。
  • 「妊娠の心得11か条」から、妊娠や出産について学ぼう
  • iPS細胞から精子や卵子をつくる研究が容認される。
  • 注射液の起こす痛みはワサビの刺激と同じ仕組み。
  • オナ禁は医学的にはデメリットばかり
  • いかがわしいアルバイトをしているかどうかを見破る方法
  • 済生会宇都宮病院に正常分娩を対象とした院内助産所を作る
  • 性同一性障害者同士のカップルが結婚する。
  • 医学ちょっといい話7「ベテラン助産師の卒業」
  • 帚木蓬生がインターセックスを題材に小説を書く
  • 性器ヘルペスと尖圭コンジローマが増えているらしい。
  • 雌への求愛などの性行動を活発にする遺伝子を発見
  • 高齢出産でも、「おめでとう」を。
  • 出産育児一時金を3万円引き上げ、無過失補償制度に。
  • 59歳の女性、不妊治療の結果3つ子を出産する。
  • 誘発剤を用いた不妊治療に明確な効果がみられなかった
  • 福島大野病院事件、地検が「控訴しない」ことを発表する
  • インドで代理出産するも、子供は帰国できず。
  • 性行為の頻度が週1回未満の人は勃起不全に注意!
  • 肥満の男性は、精液量減少の確率が60%高くなる。
  • 産科医療補償制度、来年元旦に生まれた子供から対象に。
  • サルのiPS細胞で精子と卵子を作り、不妊症の原因解明へ。
  • 子供を産んだ旦那さん。
  • スイカには勃起不全治療薬バイアグラに似た効果がある
  • 受精卵は必要な栄養を自分の体を分解して得ている。
  • 豊胸手術で乳房を大きくされすぎた女性が裁判で勝訴する。
  • 山形大学病院が産科医に分娩リスク手当てを支給する。
  • 富士市立中央病院の産科に数年勤めれば開業時に1億の助成。
  • バイアグラの効かない勃起不全を遺伝子治療で治そう。
  • 性器に負傷を負った兵士の、性の問題について。
  • 非配偶者間人工授精を行う施設が半減する。
  • 勃起・射精の専用神経回路を発見して勃起不全の治療に
  • 福島大野病院事件、8月20日に判決が言い渡される。
  • 帝王切開の大量出血で母子ともに死亡する。
  • 産婦人科の女性医師が40代で激減する理由。
  • 高カロリーを摂取すると男児を出産する可能性が高くなる。
  • 子供がいる場合でも性同一性障害者の性別を変更できる法案
  • 赤ん坊の父親を特定するDNA鑑定キットをドラッグストアで販売
  • 中学生男女同室着替えは結構当たり前?
  • 福島大野病院事件の加藤医師に禁固1年求刑。
  • 実の妹を愛した男性による近親相姦合法化、認められず。
  • オランダ、市民公園内でのセックスを合法化する。
  • セックスセラピスト「性行為は3分で十分」
  • 女子割礼の存続を訴えるデモを、女性が行う。
  • 自慰行為をしすぎても精子は無くなることはない。
  • フランス人女性が近年「性の狩人」と呼ばれる理由。
  • 友人や姉妹から提供された卵子で体外受精を行う。
  • 確率2億分の1の、一卵性の三つ子が誕生する。
  • 染色体数が異常になるのを防ぐ8種類の遺伝子を発見。
  • 元来謎とされていたGスポットの位置、ついに特定か。
  • 尿もれや性器脱などで悩む女性向けの電話相談。
  • 米国女性研修医が見た、日本の産婦人科現場
  • 精子を作るのに必要なたんぱく質「Nanos2」。
  • 患者に防腐剤を飲ませた浦安市川市民病院
  • 腟内射精障害を予防する「正しい自慰」について知ろう。
  • 我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
  • 妊婦がカフェインを多く摂ると流産の危険に
  • 高額請求した包茎手術費用を返せ
  • 男女差のある病気に着目した性差医療について
  • 大学生のマスターベーション経験率は94.2%
  • 胎盤がうまく機能するための遺伝子を発見
  • 産婦人科医の書いたケータイ小説が書籍化
  • 飛び込み出産の1割がリピーターで4割が医療費未払い
  • おしりが大きいと安産、という俗説は正しくない。
  • 人間の精子を凍結乾燥した後で正常な状態に戻すことに成功
  • 産婦人科医不足の市で、助産師による助産院を開設
  • 女性のバストにおける理想的な乳首の位置とは
  • 凍結保存した飼い猫の卵子から子猫を誕生させることに成功
  • 性交と赤ちゃんの性別の関係について
  • 48歳の妻に料理用ナイフで性器を切られる
  • 32歳男性、18歳未満と性行為→恋愛感情があるのでOK!
  • 精子をつくる細胞が特定の場所に存在することを発見
  • 性病検査と偽ってわいせつした岡本昌利に懲役16年
  • 年齢が高くなっても、性行為の頻度には大きな低下はみられない。
  • 凍結保存した姉の卵巣組織を移植する手術をアメリカで行う
  • 割礼手術で失った包皮を取り戻そうとする人がアメリカで増加中
  • 受精卵に蛍光灯などの光を当てると出生確率が下がる。
  • 豊胸手術を受けた人の自殺リスクは、通常の3倍。
  • ED治療薬は、58%が医療機関以外の場所で購入されていた。
  • 勃起能力を高め、性交時間も長くなる新コンドームを開発。
  • 天使病院の経営側に不信感を抱いた産婦人科医4人が辞職する。
  • HIVとヘルペスウイルスの感染を防ぐ性交潤滑剤が開発される。
  • 入浴後20分以内は、性行為を避けたほうがよい。
  • 第三者から卵子や精子の提供を受ける体外受精で、124人の子供が誕生
  • アメリカ高校生の性交経験者は、37%がコンドーム未使用。
  • 閉経後の卵子提供により出産した高齢者の8割が、重い合併症を呈する。
  • アメリカ人男性の30%が、過去に15人以上と性的関係を持っている。
  • 帝王切開が遅れたため後遺症が生じたとして1億を超える賠償請求。
  • 福島県立医大のサークル「DearPeer」が避妊の大切さを指導する。
  • セックスの最中にコンドームが破れたとして客と売春婦が喧嘩する
  • 日本は世界一のセックスレス国。今回の統計も最低の48回/年。
  • 煙草の煙は、精子のDNAに変異を起こし、永久的な変化をもたらす。
  • 出産した30代女性の13.8%が不妊治療を受けていたと回答する。
  • 不妊に悩む女性の1/3が、他人の受精卵による出産を認められないと主張
  • ミック・ジャガーが短小に悩み、竹筒のハチに自分のペニスを刺させる
  • 16歳以上ならばセックスによる精神的悪影響は少ないという報告
  • 筋ジストロフィーの患者の38%が、着床前診断に賛成している。
  • 赤ちゃんポストの設備が完成。まずは情報交換と相談を。
  • 友人の卵子を用いた体外受精が倫理委員会で認められる
  • 妊婦向けに毛髪中の水銀濃度を検査するサービスを開始
  • 体外受精は、胎盤や臍帯に異常が発生する可能性が高くなる
  • 諏訪マタニティークリニックの根津院長を学会が処分
  • 諏訪マタニティークリニックで、死んだ夫の精子による出産を公表
  • 夫の死後に精子を体外受精しても、夫の子とは認知しない
  • 代理出産を認められなかった向井夫婦と最高裁
  • 助産に関して、看護師による内診を認めない方針を貫く
  • 安倍首相「親が匿名で子供を置き去りにすることは許されない」
  • 「こうのとりのゆりかご」の設置を熊本市が許可する
  • 出産直前に医療機関を受診する「飛び込み分娩」が増加中
  • 医学的根拠のない男性器増大法を載せたサイト運営者を逮捕
  • 妊婦の出産のうち250件に1件は、重篤な状態に陥る。
  • 日本人の既婚者の4割は1ヶ月に1回もセックスしていない
  • 若い産婦人科医は半分以上が女性だが、10年後半数が辞めてしまう。
  • 多胎妊娠を防止するため、体外受精の受精卵数を減らす方向に。
  • 女性は性生活よりも新しい洋服を買うほうを重視している。
  • 40代以上の8人に1人が、過活動膀胱に該当する。
  • いじめで精巣を破裂させたとして、水戸市の中学生を児童相談所へ
  • 中高年の女性にかなりメジャーな疾患「骨盤臓器脱」にご注意を。
  • 体重180kgの女性が妊娠していることに気づいて2日後に出産。
  • 遺伝子治療により、メスになるはずの受精卵をオスに変更。
  • 優秀な盲導犬をつくるため、精巣や卵巣を凍結保存する。
  • オカモトが、水系ポリウレタンのコンドームnudeを発売
  • 医師一人当たりの出産数が多すぎるので「里帰り出産」を制限
  • 出産時の大量出血に備えて自己輸血用に血液採取しても、問題はない
  • オシャレをし続けたい妊婦のための、進化したマタニティーウェア
  • 凍結保存した精子は、本人の死後に廃棄することを決定する
  • イギリスでは、薬局のカウンターでバイアグラを買うことができる
  • あまりにも性知識が欠如しているイギリス人。
  • キヤノンが、社員の不妊治療費を100万円分補助する。
  • ニューヨークが知名度を生かして「ニューヨークコンドーム」を作成
  • がん患者から卵巣組織を取り出して凍結保存し治療後体内に戻す
  • 勃起し続けるイグアナのペニスを切断することに決定。
  • 日大医学部の丸田佳奈さんと京大医学部の島村実希さんがミス日本
  • イギリスの10代少女は毎月100人が人工妊娠中絶2回目。
  • 世界最高齢で双子を出産した、67歳のスペイン人女性
  • 無過失補償制度を患者のための制度と位置づけるように求める
  • 若い母親から生まれた子供は、長生きする確率が高い
  • 微乳の女性と巨乳の女性が語る、メリットとデメリット
  • オス誕生のカギとなる遺伝子を、OTOKOGI(侠気)と命名。
  • インド人男性の60%が、コンドームより2.4cm短いペニスをもつ
  • 産婦人科医の過剰な逮捕は、医療を萎縮させる。
  • 産婦人科の医療施設のうち分娩を行っているのは50%以下
  • 不妊のリスクを下げるには、鉄分をとらなければならない
  • 代理出産などの生殖補助医療に関する法整備が始まる。
  • 堀病院、無資格の助産を行いすぎたため書類送検へ
  • チンパンジーは年齢の高いメスを好む傾向がある
  • タイの僧侶が、瞑想中に勃起した自分のペニスを切断する
  • ブラジルでは高齢者に無料でバイアグラを提供する
  • 日本でも緊急避妊薬を治験へ。公的使用が認められるか。
  • 米国で月経前不快気分障害の治療として経口避妊薬が承認される
  • 無精子症でも新技術で取り出せば出産率が25%にも上昇する。
  • 不妊治療に鍼治療を導入したところ、大幅に効果改善あり
  • 何故男性は「巨乳が好きだ」と言わないのか。
  • セックスの相手が複数いるほど、子供の生存率が上がる
  • 米国で卵子提供を受けた高齢の女性が相次いで大量出血
  • 性的刺激を加えられた時のおっぱいの変化について知ろう
  • 実際はあまりセックスをしていなかった英国人
  • 最愛の妻に浮気され、口論の末、自分のペニスを切断した男
  • 男性は1日に2300滴の尿を洋式便所の外へ飛び散らかしている
  • 人工妊娠中絶件数が1955年以降、過去最少に。
  • 排卵期の女性は肌の露出が多くなり派手になる
  • 過酷な労働条件を撤廃するため産婦人科医が1億円を要求
  • マスターベーションをするとバカになり老けるという「嘘」
  • おばあちゃんが娘の卵子と婿の精子で代理出産。
  • 10代の出産が異常に多いチリで、性交後ピルを無償で提供
  • 日本人の好む「腟外射精」の避妊失敗率は27%
  • 運転中、性的妄想をしている人が100万人を超える
  • 帝王切開が増加傾向。その背景にあるものは
  • ミトコンドリアの異常で、男性不妊が引き起こされる
  • 助産師が不足してるんだから看護師が内診してもいいじゃない
  • Duchenne型筋ジストロフィーに対して着床前診断が行われる
  • 史上初のペニス移植術が行われ、成功するも敢え無く切断
  • ペニス増大ポンプを装着しながら運転しバスと衝突した男
  • ペニスが10cmしかない人はどうセックスすれば良い?
  • 尾鷲市産科問題で医師が辞める本当の理由は「市議の中傷」だった
  • 尾鷲市の産婦人科は異常。24時間常駐、休みは年2日
  • 10代で妊娠する少女は将来を軽視しすぎている。
  • 死者の精子で体外受精した子供の「認知」は認めない判決。
  • 患者の悩みに答える心療内科的マニュアルを無料配布
  • 国民健康保険坂下病院で自然分娩による胎児仮死。賠償は3800万円
  • 不妊治療費の助成を倍増し、出生率向上を狙う構え
  • 私たちはセックスレスだと自認する夫婦が約半数もいる日本
  • 生まれつき2本のペニスを持つ男、片方の切除を決意
  • 処方箋なしのモーニングアフターピル店頭販売を承認するFDA
  • 男の理想はバスト85.8、ウエスト58.9、ヒップ85.4
  • 零下20度程度でも精子は保存可能。
  • 10代のアメリカ人はしっかり避妊するようになってきたらしい。
  • 勃起不全は冠動脈の疾患の前兆。EDは心疾患の一種か。
  • マスターベーションの回数、持続時間を競う大会
  • バイアグラ専門の強盗、バイアグラギャングを逮捕
  • 余った受精卵を用いたES細胞研究案、ブッシュの一声で廃案に
  • 死んだ夫の精子で体外受精→子の親として認知できる?できない?
  • 筋肉細胞を注射して、尿失禁を治す
  • 夫婦に聞いた欲しい子供の数、33年ぶりに減少
  • 人工ペニスで一生勃ちっぱなしになった男性の慰謝料は
  • 広告の数倍高い値段を請求される包茎手術の問題点
  • 子宮頚がんを100%予防するワクチンをFDAが承認
  • 産婦人科医は月に17回当直し、1年の休みはたったの50日
  • バイアグラの海賊版をネット販売し逮捕
  • 女子割礼を行うと、出産の時帝王切開が必要になる
  • 日本人の精子はフィンランド人の2/3しかない
  • より子が卵巣腫瘍に。摘出手術は成功
  • 妊娠後期にアスピリンの使用は禁忌とする方針
  • 妊婦に鎮痛剤投与で胎児死亡、825万の賠償
  • 包茎手術でのボッタクリに対抗すべく審議会が立ち上がる
  • 生殖器官を自ら再生する脅威のミミズ
  • タイで性転換美人コンテストを開催。性転換者の権利を訴える
  • 業界初の「Aカップでも谷間が作れるブラジャー」をワコールが開発
  • 少子化対策ブラ登場(画像あり)
  • 難しい手術を断る産婦人科が増えていく
  • 産科医不足に続き、助産師不足が深刻に
  • 結婚してなくても体外受精できるようになりました
  • 不妊治療促進に向けて民主党が策を練る
  • 後頚部浮腫像検査はあくまで参考程度に。
  • 産婦人科医不足の対抗策に、「助産師外来」
  • 札幌の10代はSTD&中絶の全国平均を上回っている。
  • 2011-05-14 過去5年間のがん最先端ニュース一覧@医学処

    がんの最先端研究ニュース

  • 癌の化学療法にナノダイヤモンドを併用すると有効に。
  • 大麻の成分THCが癌患者の食欲回復に有効であった。
  • 細胞の癌化を抑える酵素の存在を広島大学が発見する。
  • 20代で薄毛の男性は前立腺がんのリスクが高くなる。
  • 高水準の緩和ケアを提供し続けるホスピス、八鹿病院。
  • 成人T細胞白血病に有効な分子標的薬を協和発酵キリンが開発
  • 臍帯血からホゾティ。がんを死滅させます。
  • カプサイシンで皮膚がんなどを促進する可能性が生じる
  • 前立腺がんの診断キットを田中貴金属工業が開発
  • がんを息の中の微量有機化合物で発見する技術
  • 名古屋大学、胆管がんの外科的切除で高い成功例を発揮
  • 男性でも遺伝子変異の乳がんを発症する。
  • 骨髄バンク、末梢血幹細胞移植を2010年10月から導入へ
  • 癌周囲の血管を新生して抗がん剤を効きやすくする技術
  • 自覚症状が出現しない、恐るべき食道がん
  • グリベック耐性の慢性骨髄性白血病に有効な新薬の開発
  • 多発性骨髄腫治療薬、レブラミド登場
  • 子宮頚がんと子宮体がんを区別して理解しよう
  • 余命1ヶ月の花嫁の乳がん検診に医師・患者らが猛反対
  • がんの画像診断システムをオリンパスとNECが共同開発
  • 母乳から作られる物質HAMLETは癌細胞も死滅させる
  • 肺がん患者の1割は煙草を一本も吸ったことがない
  • 霊芝キノコに大腸がんの予防効果が認められる
  • パパイヤの葉から抗がん作用を発見する。
  • がんが治ると虚偽表現をした健康食品320業者に指導
  • 東北大病院で前立腺がん患者の取り違えミス
  • がんの痛みを和らげる緩和医療専門医を認定する
  • がんの疼痛ケアを受けたことがないという人が6割近くいる
  • 遺伝子やウイルスを使わずにiPS細胞を作ることに成功
  • 炭酸飲料で膵臓がんになる確率が上がる
  • 赤ワインとチョコレートが癌細胞を餓死させる?
  • 「がんの痛みに耐えられない」説得に応じず男性が自殺
  • NASH〜アルコールを飲まなくても肝臓がんになる〜
  • 前立腺がんの細胞に効く抗体F77を発見する。
  • ビール大瓶1本以上で乳がん発生率が上昇する。
  • 乳酸菌を接種することで乳がんのリスクを減らすことが出来る
  • 抗がん剤ネクサバール錠投与後に12人が死亡。
  • 乳がんマンモグラフィー検診を40代でもしっかり受けて下さい
  • 乳がん手術後に脂肪細胞を増殖させ、乳房を再建する。
  • 神経膠芽腫の増殖を抑える画期的方法を東大が発見する。
  • 「がんに効く」と書かれている商品は100%がんに効かない。
  • 男性の2人に1人が癌になるのに検診率は圧倒的に低い。
  • 子宮頚がんワクチンを11〜14歳に優先的に接種か。
  • 生ゴミから、がん転移を抑える作用を持つ新たな化合物を発見
  • 胃がんの手術後の再発を7割の確率で予測できるシステム
  • 子宮頚がんワクチン、日本でも承認へ。
  • 若い男性に多い精巣腫瘍は、症状が少なく早期に転移する。
  • アスパラガスには癌抑制作用だけでなく二日酔い軽減作用もある
  • 医学生・研修医のための腫瘍内科セミナー
  • ダニの唾液から癌を退治する蛋白質を抽出する。
  • 乳がんと子宮頚がん検診の無料クーポン券が配布されることに。
  • 精巣がんに関与する遺伝子を京大が発見する。
  • 赤ワインに含まれるレスベラトロールの機序がとうとう判明する
  • 男性のがん死亡率が高いのは「がまん強さ」が原因。
  • 子宮頚がん予防ワクチンをWHOが初認定する。
  • 虫下しの薬が、がん細胞に効果があるかもしれない。
  • フコイダンの肝臓がん増殖抑制効果を世界で初めて解明する
  • 貝類のコハク酸が大腸がんと胃がんの増殖を抑制する。
  • 慢性炎症が引き金となって、悪性リンパ腫が生じる。
  • 尿検査で肺がんを発見しやすくなるかもしれない。
  • 焦げるほど調理された肉を食べると膵臓がんになりやすい。
  • 喫煙者は野菜摂取でがんのリスクが増大する。
  • 前立腺がんの遺伝子治療研究を承認、開始する。
  • マリファナの有効成分が、がんの増殖を抑制する
  • 熱々のお茶を飲むと食道がんのリスクが2倍になる。
  • 酒を飲むと顔が赤くなる日本人は食道がんになりやすい。
  • 児童期の大豆摂取で、乳がんのリスクが低下する。
  • 野菜を食べると肝臓がんのリスクは減り、果物を食べると高まる。
  • ヘリウムガスを使った安楽死で医師らを逮捕する。
  • 中性子でがん細胞だけを狙い撃ちにする新治療法を実用化
  • iPS細胞で生まれたマウス、1年後に6割ががんになる。
  • がん検診を受ける人が減りつつある。
  • 4月9日は子宮頚がん検診の日。女性は検診を受けよう。
  • 慢性骨髄性白血病治療薬タシグナカプセルとスプリセル錠を承認
  • 大麻を使用すると睾丸がんのリスクが70%増加する。
  • がん死亡率13年連続1位の青森県は予防意識が低い。
  • 蛋白質CHIPが乳がんの増殖や転移を強く抑制する。
  • 川崎医大病院で中皮腫疑いの病理所見を見落とすミス。
  • 脳腫瘍に対する効果を判定しやすくする新抗がん剤SLENU
  • 遺伝子を使わず化合物だけでiPS細胞を作ることに成功する。
  • ピロリ菌の新たな胃がん発症のメカニズムを発見する
  • 生物内で最大のたんぱく質「ボルト」を治療に応用する。
  • 着床前診断で乳がん遺伝子を持たないことが確認された赤ん坊
  • 胃癌検診に酢を用いることで癌の部位を浮かび上がらせる技術
  • 臨床試験の抗がん剤マツズマブ投与後に死亡した件で訴訟に
  • がん患者よりも医師のほうが死への恐怖感を強く抱く
  • 乳腺超音波画像コンピューター支援診断(CAD)システム
  • 腎細胞がんの抗がん剤ネクサバールで急性肺障害が生じる
  • 肺癌、膵臓癌、リウマチを早期発見できる糖鎖について
  • ビタミンCやビタミンEのサプリを飲んでも癌予防にはならない
  • 新鮮な血液を輸血することで手術中の癌患者の生存率が上がる
  • ミリ単位以下のがんまで見つけ出すことのできる検査方法を開発
  • CT検査は癌になる確率を高めるか?
  • 医学ちょっといい話10「末期乳がんの女医が送るメッセージ」
  • 茶カテキンの抗がん作用を増強させた薬を開発する。
  • 肺がんの新たな治療薬を自治医大が開発する
  • ICGを用いて肝癌細胞を光らせ、残さず切除する術法
  • 悪性中皮腫の発症は2つの受容体によるものだった。
  • ガン予防効果のあるレスベラトロールを含むビール
  • 小児がん「神経芽腫」の原因遺伝子を東大が発見する。
  • RUNX3がん抑制遺伝子の欠如が大腸がんを引き起こす。
  • 2ヶ月で13回も通院したのに癌を見落とされたとして訴訟。
  • アメリカ人の半数以上が、医者よりも神の奇跡を優先する。
  • 乳がんを早期発見できるブラジャーを開発している。
  • ビタミンCを直接体内に投与することでがん細胞に効く。
  • 喉頭癌で人工喉頭になった人が禁煙教室を開く。
  • 偽のがん検査キットを18万個売った臨床検査会社社長を逮捕
  • 日常でよく動く人は、がんになるリスクも低くなる。
  • がん患者と家族に医療情報を提供する民間団体が発足。
  • 噛み煙草は口腔癌のリスクを80%も上昇させる。
  • 乳房手術した女性専用のブラジャー「リマンマ」を発売する。
  • 肺癌治療薬イレッサによる副作用は1916件。734件が死亡
  • がんの発見の遅れを医療ミスとして1000万円を払う。
  • ハーバード大学が慢性骨髄性白血病の根治療法を開発する。
  • 移植後の肝がんを防ぐ、NK細胞の培養投与について。
  • 喫煙者が飲酒すると肺癌の危険率は更にアップする。
  • 抗がん剤の原料となる猛毒の植物。
  • 乳製品を多く取る男性は前立腺癌になりやすい?
  • 化学療法前に正常の細胞を副作用から守る方法を発見する
  • 国立がんセンターの麻酔科医、現場に不満で退職相次ぐ。
  • 乳がんの再発予防にハーセプチンが認可される。
  • 乳がんの悪性化を引き起こす遺伝子を特定する。
  • 緑茶は胃癌に効果があるが、喫煙者には効果はない。
  • がん総合医療を行える認定医、今年三月に誕生。
  • 胃癌の診断が主治医に伝わらず、胃潰瘍の治療を続けられる
  • 秋田県が大腸癌の集団検診に内視鏡を導入する
  • 国立がんセンターの最新手術室が負の遺産に。
  • フィブリン糊を使用しただけで、C型肝炎ウイルスに感染する
  • 胆石は、胆道癌になる危険を高める。
  • 多治見病院で、抗がん剤の投薬ミスによる死亡事故
  • ジフテリア菌の産生するたんぱく質が卵巣癌を抑制する
  • 緑茶を沢山飲む人は、前立腺がんの危険性が半分になる。
  • がん検診の質は、市によって格差が生じている可能性も
  • 若年性乳がんを見つけるためにも、すぐに病院へ
  • お茶を飲んで心臓病や前立腺がんを予防しよう
  • 欧米化する中国で乳がんが急増している
  • 太りすぎは、6種類の癌の危険性を高める
  • 福島医科大学が新たな抗がん剤を開発へ
  • 北里大学で、前立腺がんの遺伝子治療を開始
  • 膵臓がんや食道がんに対するワクチン療法、効果あり
  • コーヒーを飲む男性は、膵臓がんになりにくい。
  • 呑むと赤くなる人は、膵臓癌のリスクが高い。
  • 順天堂大学病院ががん治療センターを新設する。
  • ビタミンB6の摂取が多い男性と、コーヒーを飲む女性は、大腸がんが少ない
  • 医師以外の11職種についても「がん専門家」の養成を行う。
  • 神戸市立医療センター中央市民病院が同意書を得ずに臨床試験を実施か
  • がん健診で見落とされ進行胃癌で死亡した男性の遺族が訴え
  • がん患者の性生活に関連する悩みに対応するカウンセリングを開始
  • 毎日2杯のコーヒーを飲む人は、肝がんになりにくい。
  • 子宮頚癌のリスクになる「HPV感染」を自宅で検査するキット
  • オランダの、腎移植相手を見つける番組で、ヤラセ発覚。
  • 肺癌治療薬イレッサでの副作用による死亡が706人に上る。
  • 中外製薬が、大腸癌治療薬「アバスチン」をとうとう発売。
  • 中国企業のリップバームから発がん性色素「スーダン色素」を検出
  • がん治療のエキスパート、がん認定医の資格を創設する。
  • 癌の疑いのある腎臓を移植した、勇気ある秋田大学医学部に拍手。
  • オーラルセックスで口腔咽頭癌になる可能性が浮上。
  • 乳がんの約1%は男性にできますし、女性よりも生存率が悪いです
  • 富士フィルムが、塗る抗がん剤の開発に着手する
  • X線と超音波を組み合わせた検診で乳がん死亡率は低減するか
  • 免疫療法のために、がん組織を無料で保管するサービスを開始
  • 飲酒と因果関係のある癌は、食道がん、乳がん、大腸がん。
  • 高血圧治療薬「ACE阻害薬」が肺癌を縮小させる効果を持っていた
  • 味噌汁や豆腐などの大豆イソフラボンは限局性前立腺癌に効く
  • 難治性の膵臓癌やスキルス胃がんに有効な治療法を発見。
  • 高身長、未出産の女性は乳がんになるリスクが高い。
  • 在宅患者向けの医療用麻酔、規制を大幅に緩和して使いやすく
  • がんの痛みについて専門医が相談にのるホームページをJPAPが開設
  • グリベックが急性リンパ性白血病の治療薬として承認される
  • 胃癌検診の裏側〜異常を拾い上げる能力〜
  • 果物ボイセンベリーを食べると中皮腫が抑制される
  • 2,30代の子宮がんが増加しているのに、がん検診受診者は5%程度
  • 肺癌治療薬イレッサは既存の薬より延命効果があるとはいえない
  • 岩手医科大の藤岡知昭教授が膀胱癌のワクチン療法を開発
  • 滋賀県で、癌の放射能治療を正確に行うOBIシステムを導入
  • オリーブオイルが癌予防に有効らしい。
  • 卵巣がん治療に使える抗がん剤を早く保険適用してほしい!
  • 未婚でも白血病治療を受ける前に卵子を凍結保存しておける
  • 乳がんの「しこり」を触診体験させてくれる保険代理店
  • 元東京都知事、青島幸男氏が骨髄異形成症候群で亡くなる。
  • カンニングの中島忠幸氏が白血病ウイルス性肺炎で亡くなる。
  • 進行胃がんの手術後に抗がん剤TS-1を投与すると生存率が上がる
  • 医療機関を渡り歩く「がん難民」が、全体の過半数を占める
  • 前立腺がんになったときは、あわてないことが最も大切
  • PS3を癌やアルツハイマー病の新薬研究に活用する
  • ブドウの種子に含まれているプロアントシアニジンに抗がん作用
  • 大腸がんの原因となるポリープは、男性のほうができやすい。
  • 大量のパン食は腎臓癌を引き起こす可能性がある
  • モズクに含まれるフコイダンにがんの増殖を抑制する効果あり
  • CTで発見した肺癌は10年生存率が9割にも上る
  • がん細胞のアポトーシスに関する仕組みを山形大が解明
  • 乳がん患者だけで行く温泉ツアーを再度開催決定
  • 癌の化学療法を受けた患者に起こるケモブレインとは
  • 煙草と関係なく、家族に肺癌患者がいると発症率は倍になる
  • 乳がん手術前のセンチネルリンパ節生検が普及しはじめてきた。
  • 乳がん早期発見を訴える、ピンクリボン・スマイルウォーク
  • くらげの蛍光を利用して、がん細胞を光らせる技術
  • 内視鏡で1mmの食道癌を発見する技術
  • 手術数が多い病院ほど、死亡率が低いとは言えない。
  • 非小細胞肺がんの中には、喫煙の影響とは関係ない癌もある
  • 海草の糖脂質「SQAG」に副作用のない、がん増殖抑制作用
  • 和食生活だと大腸ポリープ発生率が3割減少
  • 肺癌治療薬イレッサの副作用発症率は他の薬の3倍
  • ザクロから前立腺癌を抑制する成分が発見される
  • カルシウムを大量に摂ると、大腸がんのリスクが減る
  • がん発症は蛋白質損傷が原因で起こるという新設誕生
  • アディポネクチンには強力な抗がん作用もあった!
  • 放射能から眼球部を守る遮蔽装置を開発
  • 抗がん剤カプセルをがん細胞に取り込ませて赤外線照射する
  • 自分の免疫能力を体外で育成、再注入して癌を治す
  • 一滴の血液から早期に膵臓がんを見つける技術。
  • がん医療のスペシャリスト育成に向け、大学院に助成金
  • 肝炎から肝硬変になったのに癌検診を怠った医師。賠償は5100万円
  • 間違った乳がん検査を受けており25人中1人が死亡
  • 中皮腫を破壊するウイルス研究に、クボタが乗り出す
  • 1日3杯紅茶を飲むと、がん予防に虫歯予防に骨強化ができる
  • 兵庫医大が中皮腫・アスベスト疾患センターを開設
  • がん対策基本法の実施に向け、300億円を投入
  • 粒子線治療施設を作って、がんを切らずに治そう
  • 病気別に検索できる、闘病記ライブラリーが完成
  • 日本でも多発性骨髄腫治療としてサリドマイドを承認申請
  • 脳腫瘍の増殖を促進する遺伝子、メルク。
  • 高周波エネルギーで肺癌(非小細胞癌)を治す
  • 富山呼吸器外し事件の伊藤雅之外科部長がインタビューに応じる
  • より精度の高い乳がん検査法はなんと「血液検査」
  • 食物繊維をとらない女性は、大腸がんになりやすい
  • 禁煙セラピーの開発者、アレン・カー氏が肺癌に
  • DHC社のアロエベラに基準を7倍も上回る発がん物質
  • 癌の放射線治療で骨の内部の海綿状組織が失われていく
  • 妻が末期がんになり治療法がないからと無理心中
  • 日立メディコ&筑波大学が、超音波を用いた乳がん検査法を開発
  • 忌野清志郎、喉頭がんが発覚。入院治療へ。
  • 聖路加国際病院で、がん治療に伴う不妊の専門外来を開設
  • 世界3大テノールの1人、パバロッティが膵臓がん
  • ノアの小橋建太、手術終了。他臓器への転移は認められず。
  • 強盗傷害罪の男、服役中の健康診断で肺癌を見落とされる?
  • 王貞治監督、胃に悪性の腫瘍。来週摘出手術。
  • ノアの小橋建太、腎腫瘍摘出手術のため欠場。悪性の疑いあり
  • 術前検査でガンと判断したが実際は良性だった裁判で賠償命令
  • 日本人は死の準備をさほど重要視しない
  • CRD-BPをうまく押さえ込めば大腸がんの増殖が1/3に
  • 1日に17本以上ビールを飲めば前立腺がんにならない
  • 104歳の大腸がん手術が無事成功
  • 病巣にだけ効く微小カプセル式抗がん剤を大阪府立大学が開発
  • 子宮頚がんを引き起こすヒトパピローマウイルスのワクチンが米で承認
  • 抗がん剤の副作用で腎不全に。8900万円の賠償命令
  • 母の日に、乳がんの早期発見を訴えかけるキャンペーン
  • 新しい乳がん再発予防薬「レトロゾール」は国際的評価もバッチリ
  • 「アガリクスで確実にがんを消滅させる」と宣伝した出版社に罰金
  • 乳がん手術患者だけで行く温泉ツアー
  • CRPが高いほど大腸がんになりやすいことが判明
  • 肺がん治療薬「イレッサ」、副作用による死亡者が643人に
  • 重粒子線によるガン治療施設が群馬大に
  • 新たな乳がん治療法は乳房を切除しなくてよい
  • 抗がん剤のスペシャリスト47名誕生
  • 胃がん手術のミスで敗血症に。遺族全面勝訴
  • がん検診においてPET神話は崩壊する
  • 3社中2社のアガリクスは「発ガン性なし」
  • 2011-05-13 過去5年間の脳神経ニュース一覧@医学処

    脳・神経系医療ニュース一覧

  • インターロイキン10が多発性硬化症の悪化を抑制した。
  • 脳細胞の再生に成功。脳周囲白質軟化症の治療に繋がるか。
  • フラボノイドを多く摂取している人はパーキンソン病になりにくい。
  • 脳の正常組織を摘出したのが死亡に繋がったとして1億円の損害賠償
  • 脳動脈瘤は無症状。脳ドックによる早期発見が大切
  • ウニの研究でムコ多糖症と異染性白質ジストロフィーを解明
  • 三重大学病院でカラオケを歌うと認知症に効果があることを研究
  • 集中力のないほうが創造性は高くなる
  • 慶応大岡野教授、脊髄損傷のサルにiPS細胞を入れて回復に成功
  • 脊髄損傷マウスに抗てんかん薬を投与して歩行を回復する
  • 音楽を聴きながらの試験勉強は記憶能力が損なわれる
  • 片頭痛の原因遺伝子を東大研究チームが発見する。
  • 暴力的な夢を見る人は50年後に脳障害を発症するかもしれない
  • 対話する2人は、脳の神経活動がシンクロする。
  • ALSの原因遺伝子を広島大などが発見する。
  • ゲームの才能は、天性によるところが大きい。
  • 考えていることをMRIで読み取ることが出来る。
  • 集中力やリラックスの度合いを手軽に計測できる機械を東芝が販売
  • ハンチントン舞踏病の遺伝子治療にマウスで成功する
  • 脳梗塞後の言語治療に、ミュージック・イントネーション療法
  • 単語などの記憶はコーヒーを飲むと記憶効果が低下する
  • 臨界期を過ぎた脳でも、それ以降に変化し続ける細胞を発見
  • プリオン病のアミロイド生成に関する新たな研究
  • 脳卒中の視覚障害のリハビリを、3Dで行う技術。
  • 空前の脳ブーム、しかし根拠のない神話が多い。
  • 成体でも脳の神経細胞は新たに作られていた。
  • 不公平なことをされた時に活発になる脳の部位を特定する
  • 読書を行うことで自閉症の治療に繋がるかもしれない。
  • NR2B遺伝子操作で世界一賢いラットを誕生させる。
  • 幹細胞を脳に移植して記憶能力を回復することに成功。
  • 与謝の海病院の脳神経外科を再開。手術、入院も可能に。
  • 熱ショックタンパク「HSP」の役割とは
  • ハエに人工の記憶を植え込むことに成功する。
  • 南田洋子さん、くも膜下出血でお亡くなりに。
  • 神経活動の記録から、脳内イメージを再現することに成功
  • 海馬形成に必要な遺伝子「ガーディン」を発見する。
  • 電気刺激療法が、脳梗塞の治療にも効果がある。
  • きまぐれオレンジロードの作者まつもと泉さん、脳脊髄液減少症だった
  • 新日本科学が偏頭痛薬ゾルミトリプタンの経鼻投与剤を開発
  • 切断されたヤモリの尻尾から、脊髄損傷の解明のヒントに。
  • 大阪市立大学が「滑脳症」を薬剤投与で改善させることに成功。
  • 雰囲気に流されやすい人は、右脳の部位の働きが弱い
  • 音痴は脳神経の回路の異常が原因で起こる。
  • 脊髄損傷部位に青い光を当てると回復する。
  • 脳や脊髄の神経が切れるのを防ぐ遺伝子を発見する。
  • 脳内の長期記憶のメカニズムを映像撮影することに成功
  • 人の上皮幹細胞で、脊髄損傷のラットを回復させることに成功
  • 脳梗塞の血栓溶解療法、病院ごとに実施数に差が生じている。
  • のどを集中的に冷やして脳の温度を下げる咽頭冷却法について
  • 筋ジストロフィーの症状改善に犬での実験で成功する。
  • Wiiでパーキンソン病の進行を抑制しよう。
  • 埼玉医大の脳腫瘍摘出手術訴訟で大学側は争う構え。
  • 脳の特定のニューロンをレーザーで活性化することに成功する
  • 外国語の文法習得には左脳の下前頭回が関係している。
  • 頭で考えたことを直接Twitterに投稿する装置を開発する。
  • 遺伝性脳障害の原因遺伝子HTRA1を特定する。
  • 携帯電話の電磁波が子供に与える影響を大規模に調べる。
  • 気候が悪いときのほうが、物覚えは良くなる。
  • 専門家からアドバイスを受けると意思決定の脳の部位が停止する
  • 脳の免疫細胞「ミクログリア」の働きを解明する。
  • 世界で4人しかいない、出来事をすべて記憶する病気
  • 魚には認識能力を発達させるオメガ3脂肪酸が含まれている。
  • 脳神経の部位によっては、使っても減ることもある。
  • 脳活動をみるだけで、何を考えているのかを知ることが出来る
  • 脊髄損傷後のリハビリ期間が長いほど、不快な痛みが生じやすい
  • 受動喫煙の量と脳の機能の低下には明らかな因果関係がある。
  • 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病でスペイン人が死亡。
  • iPS細胞で筋ジストロフィーを改善することに成功する。
  • ネットで見た最新レーザー手術をすぐに導入して命を救う。
  • 芸術家の独創の源を解明する、東京芸大×理化研プロジェクト
  • パーキンソン病や男性不妊症に関係する蛋白質「セプチン」
  • 多発性硬化症の脳ではTIP30という分子が異常に増えていた
  • 脊髄損傷の患者にES細胞を用いる世界初の治験を行う。
  • 脳波を測定してボールを上下させる玩具を発売
  • ジストニアは大脳基底核の信号の異常によって起こる
  • てんかんの原因遺伝子「EFHC1」のノックアウトマウスを作成
  • コーヒーを飲む中高年はアルツハイマー病発症が極めて低い
  • パーキンソン病の一種「ペリー症候群」の遺伝子変異を特定する
  • 藤田保健衛生大学で最先端の脳医学を紹介する市民公開講座
  • パーキンソン病の患者からiPS細胞を作ることに成功する。
  • 心臓の神経密度を調べることでパーキンソン病の早期発見へ。
  • 膠芽腫のモデルマウスを開発。治療法の確立なるか。
  • 若いうちから運動をしているとアルツハイマー病になりにくい
  • 多発性硬化症で髄鞘の自己再生能力が低下する原因を特定
  • ワサビを1日に12.5g食べると脳細胞の再生促進に。
  • 自分の体と他人の体が入れ替わったように錯覚させることに成功
  • 海馬を切除し、脳研究に協力していた男性が死去。
  • 神経細胞が必要な物質を的確に選別して運ぶ仕組み
  • 脳のニューロンを活性化して麻痺した四肢を動かす。
  • スポーツや音楽でトップになるには1万時間の練習が必要
  • いじめっ子の脳には他人の苦しみを喜ぶ回路があるかもしれない
  • 恋愛している相手を見ると中脳の腹側被蓋野が活性化する
  • 首のコリを治せば、自律神経失調症の9割が治る。
  • 突然性格が変貌した人がいたら、脳腫瘍の可能性がある。
  • 岡野栄之教授がiPS細胞を用いマウスの神経難病治療に成功
  • アルツハイマー病は、記憶の形成維持プロセスに依存した疾患
  • 神経細胞を使って計算回路を作成する。
  • 多発性硬化症に白血病治療薬アレムツズマブが効く。
  • 全く酒を呑まない人の脳は、脳容積の減少が最も少ない。
  • 超音波を使って脳の微小動脈の血流をリアルタイム測定する
  • 方向音痴は海馬の歯状回で細胞が増加していない
  • 学習意欲が湧く中枢は脳の線状体にあった。
  • 歴史医療漫画「JIN―仁」が100万部突破。
  • アスパラガスに含まれるアスパラギン酸が記憶に関与している
  • 6個目の味覚を新たに発見。その名も「カルシウム味」
  • 記憶を司る海馬の神経細胞はカフェインで増強される。
  • カルシウム摂取が多いと脳卒中を予防できる。
  • ガンプラを作ることで前頭葉が活性化する。
  • 脳脊髄液減少症の治療可能な病院名をリストアップ
  • ハンチントン病の進行に関与する因子を発見する。
  • 調節性T細胞を増やして、自己免疫性脳脊髄炎を治す。
  • マンモグラフィーで脳卒中のリスクを予見できる。
  • ピック病で万引き行為をした人を理解しよう。
  • パーキンソン病治療薬の副作用で交通事故が多発。
  • 寝すぎても、成績が下がることが判明する。
  • 柔道着が青色のほうが勝率が高いという説は都市伝説か
  • 脳脊髄液減少症の治療や研究促進を求める声について
  • 延命治療、家族の同意で中止に出来るか。
  • ボツリヌス療法の副作用の「誤嚥」に注意
  • 米国のサルの動きを日本のロボットにインターネットで伝達
  • Duchenne型筋ジストロフィーの進行を止める薬の候補を開発
  • 八丁みそを食べると学習能力が向上する。
  • 寝る前のメールチェックは不眠の原因になる
  • iPS細胞を用いて、脊髄損傷の症状が改善する。
  • 医療従事者の4割が脳死を「人の死」ととらえている
  • 視床に電極を入れて行動を改善することに成功
  • BSEの感染源は、肉骨粉ではなかった。
  • 6年以内にアルツハイマーを発症するかどうかが分かる検査法
  • 高学歴のほうが記憶の喪失は速くなる
  • 筋萎縮性側索硬化症と「D-セリン」の関係について
  • 椎間板ヘルニアの原因遺伝子を解明
  • 脳の中に、特徴的なにおいの組み合わせを認識する神経細胞がある
  • 筋ジストロフィーの進行を、バイアグラで抑える。
  • 日本人女性から、アルツハイマーのリスクとなる遺伝子を発見
  • 神経細胞を正しく結合させる蛋白「Wnt4」を発見する。
  • 人工的に幽体離脱を起こさせることに成功する。
  • 書痙になりやすい人の脳は、運動や感覚を司る部位の組織が少ない
  • 先天性障害の発症リスクを下げる「葉酸」を知らない妊婦が多すぎる。
  • 脳の働きを円滑にする、ハンドマッサージを覚えよう
  • プロ棋士の脳がどのようになっているのかを解明するプロジェクト
  • 脳脊髄液減少症の診断基準などを厚生労働省がまとめる。
  • 多発性硬化症の視神経脊髄型にインターフェロンを用いて悪化
  • 嗅覚障害はアルツハイマーの初期症状なのです。
  • BSEやクロイツフェルト・ヤコブ病の異常プリオンを激減させる物質を合成
  • 脳梗塞による脳神経細胞の壊死を防ぐタンパク質「プロサイモシンα」
  • 片頭痛治療に有効な新薬「MK-0974」で痛みをなくそう。
  • パーキンソン病の遺伝子治療、1年たっても効果が持続していることが判明
  • 男子学生の学力向上には、音楽とチョコレートの2つが有効である。
  • 受動喫煙で認知症のリスクが3割高まる。
  • 人差し指より薬指が長い子どもは、数学能力が高い。
  • 脳は不必要な記憶を忘れることで活動を効率化している。
  • 64年間、日本軍の銃弾が頭蓋骨に入ったままになっていた女性
  • 和歌山県立医大が、医師の呼吸器外しは犯罪とは考えないと主張
  • 受動喫煙によって注意欠陥多動性障害(ADHD)のリスクは上がる
  • 自治医大で、国内初のパーキンソン病遺伝子治療をいよいよ実施
  • 映画「バベル」を鑑賞し、光刺激によって体調不良に。
  • 1日に5杯以上の緑茶を飲むと脳梗塞の死亡リスクが激減する
  • 多汗症の交感神経切断術には合併症などのリスクが多い。
  • 想像の痛みと実際の痛みは、活動する脳の部位が同じである。
  • 認知症の予防に、30分以内の昼寝や緑黄色野菜中心の食事が有効
  • 光ナビゲーションキーボードが脳の活性化に効果あり
  • ES細胞を用いてパーキンソン病の症状を改善することに成功
  • 脊髄損傷者の自宅でのリハビリ方法をまとめたDVDを無料配布
  • 記憶力の向上には睡眠中にバラの香りを嗅ぐことが重要である
  • 生後六ヶ月の記憶の持続時間は約24時間。
  • 六年以上前に昏睡状態→三日だけ目覚める→再度昏睡状態に
  • ほのぼの君の作者、佃公彦さんがパーキンソン病で降板に
  • アルツハイマー病の発症因子の1つ「ホモシステイン酸」を研究
  • 中国がハトの脳に電極を埋め込み飛行を操作することに成功
  • 「島」と呼ばれる脳の損傷によって、禁煙が容易になる。
  • 脳出血の手術に内視鏡を用いて重い後遺症が残ったとして書類送検
  • 神経のシナプス間隙では、両方向に信号が伝わることが判明
  • パーキンソン病に鍼治療は有効。ドーパミンを保ち予防に繋がる。
  • 難病「線維筋痛症」と闘う患者たちと治療
  • アメリカで、脳神経疾患の患者が急増している。
  • 神経線維腫症の患者に、顔面移植手術を行ったフランス
  • 脳梗塞の発症率を大きく左右する遺伝子を発見する
  • 容姿が良いほど筆記試験でも好成績を挙げるというデータが
  • ひきこもり学生を和歌山大学がサポートする。
  • 漢方薬成分「フラボノイド」が認知症を改善する
  • ビタミンDの摂取で、多発性硬化症を予防できるかもしれない
  • アルツハイマー病の原因物質が何かを韓国チームが特定
  • ヘルニアの手術は、しなくても完治するらしい
  • パーキンソン病の妻に腹を立て殴り殺した吉田俊雄
  • 気温などから割り出した「脳卒中予報」を医師会のHPで開始
  • 偏頭痛治療薬イミグランの高い有効性と安全性が実証される
  • 慶大チームが、カビから脊髄を再生させる物質を発見する
  • 脳脊髄液減少症の、診断と治療のガイドラインが作成される
  • スイッチの切り替えを考えるだけで行える技術
  • 脳梗塞治療薬tPA、副作用の脳出血で48人が死亡していた
  • 道順を記憶するニューロンを発見。方向音痴のメカニズムを探る
  • クロイツフェルト・ヤコブ病を発症した女性の感染経路が不明。
  • 脳脊髄液減少症の研究が加速。適正治療法解明なるか
  • 須賀川市立第一中学の柔道部リンチで被害者が脳波を取り戻す
  • 高脂血症薬フルバスタチンが脳梗塞の記憶障害を治す
  • 電気刺激で記憶力を上げることができる。
  • 赤ワインを呑むとアルツハイマー病を予防することができる
  • パーキンソン病に対し国内初の遺伝子治療が行われる
  • 高齢運転者の4人に1人が認知機能の低下を起こしている
  • 運動や楽器は、片腕より両腕で練習するほうが上達が早い
  • パーキンソン病予防に、カフェインが効く
  • 脳を電気で刺激すると、誰かが後ろに立っているような気がする
  • ハンチントン舞踏病の治療に有力な、蛋白凝集抑制分子
  • ジュースを週3で飲む人はアルツハイマー病発症率が76%低い
  • くも膜下出血の治療成績は、開頭手術も血管内治療も同等
  • 中学の柔道部で激昂した部長に投げられ、急性硬膜下出血
  • アルツハイマーは全身性病変を来たすから皮膚検査で判断できる
  • ストレスを受けすぎると知的柔軟性が失われる
  • ビタミンB6を摂ることで、パーキンソン病になりにくくなる。
  • 脳内マリファナが小脳に働けば、運動音痴は治る
  • 子育てをするとバソプレシンが分泌され、父性が身につく
  • イルカの知能は、ネズミや金魚以下である。
  • 左利きの男性は、右利きの人よりも2割多く稼ぐ
  • 学習や記憶に使われた神経細胞だけが、大人になっても生き残る
  • ダウン症の発症メカニズムを脳神経回路の観点から解明
  • 一生のうちに平均1328回、頭痛に見舞われる
  • 子供の脳脊髄液減少症に対する知識と理解を身につける
  • 埼玉県の女児プール事故は、脳幹損傷が原因で即死
  • 日本人の24人に1人がなる「むずむず脚症候群」について知る
  • 20年間の植物状態から復活した人は、事故前にパキシル(抗うつ薬)を飲んでいた
  • 赤塚不二夫の妻、赤塚眞知子さんがくも膜下出血で亡くなる。
  • 脳に電極を埋め込めば「思うだけ」で器具を操作できる
  • 交通事故の衝撃で髄液が減ると脳脊髄液減少症になる。
  • BSE感染でのヤコブ病発症までは最長で50年を超す
  • 脊髄損傷患者に自身の骨髄細胞を移植して再生させる治療法
  • 脳卒中の発音障害のために、小型バルブ装置を開発
  • 音楽はやっぱり脳に良いことが直接示される
  • 「学習」すると、記憶を妨げる遺伝子を減らすことができる
  • 健康診断の採血時に注射針で神経を傷つけられる
  • 抗生物質ミノサイクリンが覚せい剤中毒やパーキンソン病に効く
  • HAMについての知識と理解を深める
  • 神経細胞の活動を知る新たな手法を京大グループが開発
  • 【体験談】脳梗塞になりたくない?そんなアナタは脳ドックへ行こう
  • 脊椎靭帯骨化症の偏見を取り除くため講演会を開催
  • 何故飯を食ってる最中に飲む水は甘いのか
  • トランポリンで宙返りにトライ→全身麻痺
  • 医者が尊厳死かどうかを決めるべきではない
  • 2011-05-12 過去5年間の脳死・移植ニュース一覧@医学処

    脳死・移植関連ニュース

  • 臓器移植が増えても、移植を行える外科医が日本には不足している。
  • 小児脳死臓器移植で提供した家族の勇気をもっと評価しよう。
  • 豚の体内で完全な豚の膵臓を作ることに東大と明大が成功。
  • 血管付きの細胞シートの再生培養に岡野教授が成功する。
  • 子供の臓器移植、虐待の有無も含めた医療的な課題が山積み。
  • 家族承諾のみの脳死臓器移植、進む。
  • iPS細胞の山中教授、バルザン賞を受賞。
  • 本人の意思不明での脳死臓器移植、5例目へ。
  • 法改正後の脳死臓器移植2例目、家族の同意のみで実施
  • iPS細胞、ミオシンの影響で「死の舞」を踊る。
  • 東大&慶應大でサルでの子宮移植に成功する。
  • 交通事故の20代男性、初の改正脳死臓器移植が行われる。
  • iPS細胞に、もとの細胞の性質が残る可能性もある。
  • 臓器移植法改正。そして施行へ。
  • 小児心臓移植に3施設が認定される。
  • 小腸と大腸の移植術で治療費高額化
  • 幹細胞移植と抗てんかん薬で脊髄損傷のマウスが歩くことに成功
  • 臓器を提供したくなければカードを所持しましょう
  • 万波医師と徳洲会、病気腎移植を再開する。
  • タカラバイオ株式会社、iPS細胞の作成サービスを開始
  • iPS細胞から精子や卵子を作る研究を解禁する
  • 人工的に免疫寛容を起こし、免疫抑制剤なしで臓器移植をする。
  • 親族への臓器提供優先、心臓は除外するよう要望書を提出
  • 脳死臓器移植の親族への優先提供は認められるのか。
  • iPS細胞の作成で、山中教授にラスカー賞が授与される。
  • パキスタンの貧困層の間で、腎臓を売る人々が後を絶たない。
  • 「人の死とは?」脳死臓器移植法A案の波紋。
  • 渡米移植費の高額化の理由は、「日本人の排除」。
  • 臓器移植法の改正案、参議院で廃案となってしまうのか。
  • ラッキョウの抽出液で細胞培養液と凍結液を作る。
  • 豚を使って拒絶反応の出ない移植用臓器を大量生産する
  • WHOが渡航しての臓器移植規制を来年以降に延期する。
  • WHOが臓器移植法規制を見送っても、日本は決議します。
  • とうとうアメリカで、日本人の臓器移植を拒否。
  • 絹を使った人工血管などの再生医療技術を東京農工大が研究。
  • 群馬大学病院の肝移植執刀医が経験数を水増し。
  • 京大病院の脳死肺移植を再開する。
  • iPS細胞で腎臓を作成することに東大チームが成功する。
  • 山中教授のグループが国内でES細胞を用いた研究を始める。
  • 15歳未満の脳死臓器移植を、早急に国会で採決しろ。
  • 膵島を効率よく分離する新装置を野村ユニソンが開発する
  • 心肺同時移植の男性、順調に回復に向かっている。
  • 日本小児科学会が小児の脳死臓器提供を来月にも検討する。
  • 徳州会病院が病気腎移植の再開を検討している。
  • 他国での渡航臓器移植が制限される可能性がでてきた。
  • 腎移植を受けた男性患者の1割が、移植後に肥満になる
  • 東大チームがiPS細胞から血小板を作り出すことに成功する
  • 骨髄移植用の器具の代替品600個が確保される。
  • 79例目の脳死臓器移植、国内初の心肺同時移植へ。
  • iPS細胞を肝臓に注入して血友病を治療する。
  • 栃木県で初の脳死臓器移植、獨協医大で行われる。
  • 自身の幹細胞を使った世界初の気管支移植手術
  • iPS細胞で得られた情報をデータベースにする。
  • iPS細胞研究は、日本がアメリカに遅れをとっている。
  • 骨髄移植に用いる医療器具が在庫不足で実行困難になるかも
  • 国が禁止にしている病気腎移植、修復腎移植への理解を求める。
  • 骨髄バンク始動から16年、骨髄移植の件数が1万を超える。
  • 幹細胞から作った気管支を移植することに成功。
  • 心臓移植は異性間だと生存率が低下する。
  • 76例目の脳死臓器移植。10代女児から60代男性に提供。
  • 移植された角膜は、今年で123歳に。
  • 臓器提供意思表示カードを全国に置いたローソンに感謝状。
  • 臓器提供意思表示カードを持っていれば、助かる命がある。
  • 病気腎移植を禁止することは、生存権の侵害である。
  • 山中教授のiPS細胞の特許が国内で成立する。
  • 顔面移植後、社会復帰が可能なレベルにまできている。
  • 75例目の脳死判定。心肺肝腎膵を移植へ。
  • ブタの腎臓を移植したヒヒを83日間生存させることに成功
  • 世界初の両腕の移植手術に成功する。
  • 筋萎縮性側索硬化症の患者からiPS細胞を作ることに成功する。
  • iPS細胞を使った再生医療はまだ出来ないので、そっとしておいて。
  • おなかの脂肪から幹細胞を取り出して移植する。
  • 国際幹細胞研究学会でiPS細胞研究が白熱する。
  • 京都大学病院の生体肺移植、再開。
  • 生体細胞を用いた人工腎臓が実用化するかもしれない。
  • 生理の血から心筋細胞を取り出し心臓病治療に使う。
  • 山中教授とイアン・ウィルムット教授が提携するかも
  • 67例目の脳死移植。7人に臓器を移植する。
  • 牛の卵子と人の細胞核を融合したハイブリット胚作成に成功
  • 世界初の6臓器を取り出して癌を切除する手術に成功する。
  • 臓器移植法の早期改正を訴える。
  • 腎臓を作れない受精卵にES細胞を注入したら丸ごと再生される
  • タカラバイオが、民間初のiPS細胞の研究部門を設立する
  • 癌化しにくいiPS細胞を肝臓や胃から作ることに成功する。
  • インドの貧困層を騙して腎臓を摘出する。
  • 病気腎移植を行った病院の、不正な保険請求を取り締まり。
  • iPS細胞の生殖細胞製造は禁止の方向で
  • 拒絶反応なしの腎臓移植に成功する
  • iPS細胞の京大と細胞シートの阪大が共同研究を行う!
  • 骨髄バンクのドナー登録数、30万人を超える。
  • 死んだ心臓に細胞を注入して再生することに成功
  • iPS細胞を、がん遺伝子やウイルスなしで作成する
  • 献腎移植のうち22%が延命治療を中止していた
  • 顔面移植をしたフランス人患者の経過は良好である。
  • 筋電義手で、バイオリンを演奏する。
  • テルモが、不具合のあった人工血管を自主回収
  • 人工多能性幹細胞の研究を国を挙げて支援することに
  • 病気腎移植は過去に90例以上行われていた
  • 臓器移植法施行から10年。助かった人数209人。
  • 訪問販売先の他人のために腎臓を提供
  • 拡張型心筋症の「お母さん」の心臓移植呼びかけ
  • 臓器提供者(ドナー)への休業補償を容認する案
  • 60例目の脳死臓器移植へ。
  • 損傷した心臓組織に移植する方法が、実用化する見通し
  • 拘束型心筋症で心臓移植を受けた阿波宏典ちゃん。
  • 60例目の脳死判定。59例目の臓器移植が行われる予定。
  • 再生医療が商業化の段階に入り、培養皮膚の製造販売が承認される。
  • 世界初、ドナー1人から取り出した肺で生体肺移植を成功させる。
  • 心臓移植認定取り消しの埼玉医大、再申請も認められなかった。
  • フィリピンで腎臓移植を行った40代の男性がインタビューに応じる
  • 生体肝腎同時移植をうけた4歳女児が、術後の合併症で死亡していた。
  • 生体肝移植のドナーの3.5%は、術後に重い合併症を来たしている。
  • オーストラリアでの病気腎移植、41例が成功し再発はなし。
  • 臓器移植法改正案、ようやく衆議院で審議入り。
  • 角膜移植が50周年。しかし献眼数は20年前の1/7にまで減少している
  • 変形性股関節症の治療に使える、ひざ軟骨の人工培養に成功。
  • 多臓器移植を受けた山下みらいちゃん(1歳3ヶ月)が帰国。
  • 自分の右手を左腕に移植する手術で、手を動かせるようになった男
  • ミシガン州で臓器運搬用の飛行機が墜落、行方不明に。
  • 拡張型心筋症を患う松永真和さんの心臓移植のための募金成功を願って
  • 東京女子医大の医療ベンチャーが再生医療用アップセルを販売
  • 臓器提供意思表示のインターネット登録が全然増えていない。
  • 拡張型心筋症の松永真和さん29歳が、心臓移植のための募金を呼びかけ
  • 先天性免疫不全症に、造血幹細胞を移植して改善することに成功。
  • 40代の男性がドナーになり、脳死移植55例目を実施。
  • ES細胞の研究を推進するため、文科省が改正案を告示する
  • 金沢大学病院が、脳死判定に必要なデータを保管していなかった。
  • プラスチック分子から人工血液を製造することに成功
  • フィリピン貧困層の10人が「日本人に腎臓を売った」と証言
  • 埼玉医大病院が心臓移植実施施設の認定を取り消される
  • 脳死移植、54例目を施行。10歳未満から40代までに移植
  • 絹の繊維と織物の技法を用いて作った人工血管の世界。
  • 今年こそ臓器移植法改正にむけて国会で審議されるのか
  • 中国で、臓器の売買を全面的に禁止する条例が公表される。
  • 人工リンパ節を移植すると免疫力が正常の20倍になった。
  • 鼻の嗅粘膜を脊髄損傷部位に移植することで回復させる
  • 1年間の献血者数が初めて500万人を下回る。
  • 入院中の妻の腎臓の1つを医師に摘出させていたパキスタン人
  • 携帯やインターネットからでもドナー登録できるようになりました
  • 注射の苦手な新垣結衣さんが、献血応援隊長に任命される。
  • 人工の義腕の感覚を胸部に伝えることで、圧力や温度を感じる技術
  • 病気腎移植を支持する患者らが宇和島でデモ行進
  • 病気腎移植の調査委員会が「全て適切でない」との判断を下す。
  • 塩崎官房長官がフィリピンでの腎臓売買に苦言を呈する
  • フィリピン政府が、外国人向けの腎臓売買を公認する方向に
  • 京大病院の心臓血管外科が、心臓血管手術を自粛している。
  • スマトラ沖地震の被害者が生活苦ゆえに相次いで腎臓を売り出す
  • ネフローゼの病気腎を移植すると、半数が数値改善した。
  • 腎臓移植が浸透しつつあり、とうとう年間100人を越える。
  • 事故で子宮を失った女性に、出産のための子宮を移植する
  • 臓器提供意思表示カードの署名者は、2001年以降増えていない。
  • 皮下脂肪の間葉系幹細胞から肝細胞を作り出すことに成功
  • 骨髄を提供した場合に10万円支払う活動を行う団体
  • 交通事故で死亡した少年の臓器を7人の患者に移植
  • 骨髄採取の新技術「潅流法」なら、負担が軽く痛みも軽減。
  • 受精卵を使わないES細胞なら生命倫理的に問題ないでしょう
  • 今年に入って10例目の脳死移植。肺や腎臓などを提供。
  • 旭化成とクラレが人工腎臓事業を統合し、競争力を強化する
  • ラットの体内で幹細胞からヒト腎臓を再生することに成功
  • 群馬大学病院の生体肝移植で後遺症が残ったのは、腕が未熟だから
  • 万波医師は、今後も病気腎移植を行っていくらしい。
  • 細胞の自動培養ロボットを川崎重工が開発。
  • 切れた神経を最長9cm培養し繋げることに成功。
  • 中国で臓器移植を受けた患者がB,C型肝炎ウイルスに感染
  • ラットの心臓を72時間保存し、別のラットに移植することに成功
  • 中国が外国人向けの臓器移植ビジネスを締め出しに
  • 英国で、世界初の全顔面移植術を近く実施する予定
  • 病気腎移植に感謝している患者が、万波医師支援の会を結成
  • 藤田保健衛生大学病院でも病気腎移植を行っていた
  • 科学技術振興機構が自然の骨と一体になる人工骨を開発
  • 臓器移植患者団体が、病気腎の移植に反対との声明を出す
  • 1型糖尿病の治療としてES細胞を膵臓細胞にして移植する技術
  • 病気の腎臓を移植することは、社会的に許されない行為か?
  • 日本より中国の骨髄提供者が多いので中国と提携します
  • 後頭部の頭皮を移植して、睫毛(まつげ)を増やす美容形成
  • 脳死判定49例目。心肺肝膵腎小腸を提供予定
  • 京大の肺移植術失敗の原因は、医師の連携不足だった。
  • 心臓移植のため渡米するも、移植を回避する手段を選択する
  • 法輪功学習者から臓器を摘出している中国政府に抗議デモ
  • 移植用の腎臓を捨ててしまった社会保険中京病院
  • 会社の上司や社長の妻のために部下が腎臓を提供するケースも
  • 本人が臓器提供を拒否していなければ家族の同意で提供できる法律
  • 腎臓提供者に金銭を支払う仕組みを立法化すれば問題解決
  • 中国の死刑囚から摘出された臓器に日本人が群がる
  • 臓器移植法改正の審議は、現状では必要ないとする国会議員
  • 腎臓移植事件で本当に悪いのは誰なのか
  • ドナーの骨髄移植検査料が3000円値下げされる。
  • 適合した途端に辞退する骨髄ドナーの存在意義
  • 移植するための骨を供給する「骨バンク」を知ろう
  • 生体肝移植ドナーの術後ケアのため、健康管理手帳を配布
  • 世界初!完全人工心臓の販売をFDAが許可する。
  • 若麺会主催、献血すると無料でラーメンが食べられる。
  • 自分の子供の幹細胞を将来の怪我に備えて保存するサッカー選手たち
  • 臓器移植法を改正すれば救える命のことを考えよう
  • 下半身が結合している双子の女児、分離手術に成功する
  • 群馬大学付属病院の生体肝移植成功率が極端に低い件
  • 厚生労働省が健康保険証に臓器提供の意思表示欄を設ける
  • 海外で脳死と判定された日本人3人が、帰国後意識を取り戻す
  • ドミノ移植後のFAP、国内で初めて発症。
  • 生体肝移植には当然「途中で辞める権利」がある。
  • 中国の闇相場にて、腎臓一個713万円、肝臓は1127万円
  • 運転手が雇い主から貰ったものは「腎臓」
  • 胆のう除去手術を行っていた医師が患者の腎臓を盗み取る
  • 骨髄ドナー登録者が25万人を突破。あと5万人必要
  • 【世界初】血液型が異なる脾臓膵臓同時移植が行われる
  • 修正大血管転位症の女性がドイツで心臓移植を望んでいる
  • 脳死による臓器移植47例目。心臓膵臓腎臓を移植
  • ドナーになったから金を寄越せとパキスタン人in京都大学
  • FAPの肝臓を移植した重症患者が予想よりも早くFAPを発症
  • 和田心臓移植事件の和田氏、倫理面の重要性を指摘
  • 救える命が救えない。臓器移植改正法案がまたも審議延長
  • 中国の臓器移植件数が85000件を超え、第二の臓器移植大国に
  • 肺移植に失敗。肺の癒着が強く出血が止まらず
  • 45例目の脳死臓器移植。
  • 全腸管壁内神経細胞未熟症で五臓器移植を受けた彩花ちゃん1歳、永眠。
  • 肝硬変になった教師、教え子らの支援で肝移植に成功
  • 法整備が進んでいないため、外国人の臓器を高値で買い漁る日本人
  • 京大にて肺移植を行った患者が相次いで死亡したため、今後の移植を自粛
  • 中国で世界2例目の顔面移植に成功
  • 臓器提供の意思表示を、携帯やパソコンで
  • 自身の細胞から膀胱組織を再生し移植に成功
  • 幹細胞シートで心筋梗塞を治療する
  • 家族の意思で移植できる法案と、提供年齢を下げる法案
  • 脳死移植44例目。心臓肺肝臓膵臓腎臓を移植
  • 43例目の脳死判定 急性硬膜下血腫で
  • 2011-05-11 過去5年間の小児科ニュース一覧@医学処

    小児科医療ニュース一覧

  • 妊婦の殺虫剤暴露量と子供の知能指数の低さは相関している。
  • 三つ子の出産割合、6倍に。体外受精の影響か。
  • 赤ちゃんの腎臓に硬度の高いミネラルウォーターは負担が大きい。
  • 子供の短足化が進んでいるらしい。身長も頭打ち。
  • 赤ちゃん言葉を発する母親は脳が活性化されている。
  • こどものホスピスプロジェクト発足。課題は資金難か
  • 子どもが虐待を受けたかどうかを医学的に判断する
  • 日本の1〜4歳児死亡率は何故先進国の中でも高いのか
  • ダウン症の退行現象にアルツハイマー治療薬アリセプトが効く
  • スイミングスクールに通う子供は風邪を引きにくい。
  • 目と耳の錯覚、視聴覚タウ効果は八ヶ月の赤ちゃんでも見られる
  • 成育医療を担う病院は一般病院の1.9倍の医師が必要
  • 赤ちゃんと同じ成長方法をするロボットを阪大が開発する
  • 胎児に2つの言語を聞かせると、両方の言語を区別できるように
  • 少子高齢化対策を大成功させている長野県下條村を見習おう
  • 栃木県で産婦人科、小児科を目指す医学生に奨学金制度。
  • 世界初、胎児が自発的微笑をする瞬間を撮影する。
  • ダウン症の合併症は、酵素の過剰分泌が原因だった。
  • 出産後の入院期間の短縮でベッド数不足を改善する
  • フランスで、尻たたきを禁止する法律が出来るかもしれない。
  • 川崎病の原因は複数の細菌だった?抗菌薬で治療に成功。
  • 新生児を誘拐して売却していた医師、看護師を逮捕する。
  • 赤ん坊の泣き声は、母親の胎内にいたときに聞いた言語に似る。
  • 子持ちの女性意思の復帰支援を、県が開設する。
  • 日本での子供のためのホスピス設立に向けて。
  • 小中学生の保護者の4割が余った薬を服用していた。
  • 出産直後のカンガルーケアで新生児16例が呼吸停止に
  • 紫斑病性腎炎とはどういう病気なのか?
  • アスペルガー症候群に対しての公的支援が不十分と感じる。
  • 聖隷三方原病院で静岡県内初の院内助産所を開設する。
  • 大気汚染にさらされると、子供の知能指数は低下する。
  • 医療費削減が続き、このままではNICUが破綻してしまう。
  • 医療費削減によって、このままではNICUが破綻してしまう。
  • 遺伝子操作したマウスの乳から、人間の母乳を作る。
  • とりかえしつかないことの第一歩 名付ければその名になるおまえ
  • 女性の痩せ願望が原因で、未熟児の出産率が上昇している。
  • 自閉症の原因の1つはシナプスの機能異常に起因する。
  • 夜10時以降に寝る幼児は、発達が遅れやすい。
  • 医師不足による入院児童減少で院内学級が閉鎖へ。
  • ADHDの治療に関して、親と医者の間で認識の差がある。
  • 父親の年齢が高い子供は知能テストの結果が悪い。
  • 野菜に新しい名前をつけると子供の好き嫌いがなくなる。
  • 静岡県立こども病院が生後22日の子供の心臓手術に成功する
  • 親が高収入なことは、子供の言語能力に影響してくる。
  • 八つ子出産にアメリカ国内で非難轟々。
  • 赤ちゃんは、生後8ヶ月で人の横顔を認識することができる。
  • 医療功労賞に川崎病院の小児科医、梶谷喬医師。
  • 小児科医不足を補うため医師不足の病院に研修医を派遣する
  • 北村山公立病院で院内に24時間対応の保育所を開設する
  • 妊娠時にビタミンDが欠乏すると帝王切開の確率が上がる。
  • 急性喉頭蓋炎で死亡した裁判で、原告逆転敗訴に。
  • 妊娠初期に葉酸サプリを使うと乳児の呼吸器疾患リスクが上がる
  • 小児の便秘に要注意。
  • 中学生のときに朝食を抜いていた子供は性体験が早まる。
  • 広汎性発達障害児は療育法によって能力の伸びに差が出る。
  • 繊毛の異常が生じる原因遺伝子を東大が突き止める。
  • 新生児集中治療室を国立大学の全病院に作る計画。
  • 自殺した小児科医の過労死訴訟、2審も敗訴する。
  • 強い体罰を受けた子供の脳の前頭葉は萎縮している。
  • 食品による窒息死が年々増加している。
  • 駆除剤の効かない抵抗性アタマジラミが小学生間で流行中
  • 割り箸死亡事件の控訴審判決が11月に。
  • 中国製粉ミルクを飲んだ乳児が腎結石を発症する。
  • 子供の身長を伸ばすためのレシピを考案する。
  • 被虐待児の心のケア「あまえ療法」について。
  • 母乳にはビフィズス菌を増やす成分が含まれていた。
  • 母親がわが子の笑顔を見たときの高揚感は計り知れない。
  • 乳幼児突然死症候群は脳内のセロトニンと関係ある?
  • 哺乳瓶に使われているビスフェノールAが乳児に悪影響か。
  • 七夕の小児病棟。願いを込めて。
  • 胎児の体内時計は母親の食事時間に影響される。
  • ダウン症候群の治療のためにES細胞を利用する。
  • 自閉症の発症原因はニューロリジンの突然変異にあった
  • 先天性側弯症の治療機器を保険適用して
  • 16人の命を救った、赤ちゃんポストが運用一周年。
  • 睡眠時間が1日12時間未満の乳幼児は、デブになる。
  • 総肺静脈還流異常症の1176gの男児の手術に成功する。
  • 富士市立中央病院の産婦人科医が慈恵大に引き上げる。
  • 勤務医の負担を考える良識ある地域に小児科医が進んで赴任する
  • 赤ちゃんポストに障害児を含む3人が預けられる。
  • 13歳の天才少女、両親の過度の圧力に嫌気が差し自殺する。
  • 鹿児島大学の学生がホスピタルクラウンの普及に努める。
  • 学校検診で脊柱検診を怠り、脊柱側弯症を発見できなかった。
  • 赤ん坊の顔を見ると助けたくなる、眼窩前頭皮質について。
  • 過労自殺した小児科医の長女が、小児科医を目指す
  • 北海道の性体験の低年齢化は著しい。
  • 赤ちゃん言葉のデータベースづくりを開始する。
  • 10代の父親を持つ新生児は低出生体重などの危険性が高い
  • 羊水は胎児を守るとてもいいもの。
  • 無過失補償制度、出産時の母体死亡も対象に。
  • 血液一滴で、遺伝病を簡便に診断できる技術を開発
  • 自閉症児に対する理解を求めるシンボルマーク
  • イギリスでジャンクフードのCMを禁止に
  • 小児の細菌性髄膜炎のワクチンの導入が延期される
  • 東大病院監修医療漫画「最上の命医」
  • 相手の顔を見ずに育っても、表情の違いは見分けられる。
  • 百歳の小児科医、吉井三郎院長のモチベーション
  • アレルギー体質の子供向け、お寿司ケーキを作成。
  • 青森県在住の子供は肥満にご注意。
  • 川崎病の発症遺伝子を日米共同チームが発見
  • 赤ちゃんポストに新たに新生児が3人預けられる
  • 市民が協力して、小児の救急体制を守ろう
  • 新しい里親制度「ファミリーホーム制度」を導入
  • 鎌倉時代では、2歳から離乳食を始めていた。
  • 生後6ヶ月の赤ん坊は、他人を助ける人を好む
  • 小児脳神経外科医のことを描いた漫画「義男の空」
  • 中学生の2割が、死んでも生き返ると思っている。
  • 川崎病の患者が2年連続で1万人を超す
  • 京大病院小児科病棟のボランティア「にこにこトマト」
  • クリニクラウン(臨床道化師)をネット配信へ。
  • 新生児をTシャツにくるんで産婦人科医院に放置。
  • 都道府県によって、乳児死亡率に2倍の格差が生まれる
  • 一度も産科にかからず救急車で運ばれてくる妊婦とは
  • 生後2ヶ月の長男を激しく揺さぶって硬膜下出血を起こす。
  • こうのとりのゆりかご、初の親引き取りが行われる。
  • 「赤ちゃんを置き去りにしたので助けてあげてください」
  • 読み方が適切ではないとして役所ごとに異なる判断をされた「稀星ちゃん」
  • いじめで心身症の悪化した気管支喘息持ちの子供を養護学校へ。
  • 赤ちゃんポストを検証する組織を熊本県知事が作る。
  • 給食でうなぎを食べなかった子供たち7人に口止め料100円を払う教師
  • 野菜嫌いな子供に、キャラクターを包装した野菜や果物を
  • バカ親「かわいいから子供の髪を染めたいんです」
  • 福岡で、ランドセルにシンナーを入れている小学生が発見される
  • 東京で、生まれた直後に置き去りにされる赤ん坊を保護する。
  • IQ152の2歳女児が、天才クラブの仲間入りを果たす。
  • ケロッグ社が子供用菓子にカロリーや糖分の上限を設ける。
  • 虐待で死亡した子供の4割が、見逃されていた。
  • 生後二ヶ月の男児が、こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)に。
  • 皇太子さまご夫妻が、県立こども病院を視察される。
  • 熊本県知事「こうのとりのゆりかごに預けた親を出来るだけ特定する」
  • 両親が禁煙すれば、乳幼児突然死症候群の危険性は大幅に減る。
  • こんにゃくゼリーを喉に詰まらせて死亡する事件が2例あった。
  • 小学生がベテラン看護師と一緒に看護体験実習を行う
  • 隠し味として表示していなかった落花生によるアレルギーが発生
  • 「こうのとりのゆりかご」運用初日にまさかの3歳児が預けられる
  • 珍しい名前の子どもは、学校の成績も悪い。
  • 牛肉を週に7回以上摂取した母親から生まれる男は、精子数が少ない
  • 母乳による育児を促進するため、医療従事者向けに指導ガイドを作成
  • 喘息やアトピーなど、子供のアレルギー疾患が激増中。
  • 4歳児が親に置き去りにされ、一ヶ月間生ゴミや生の米で生き延びる
  • 過労死認定された小児科医の自殺に対し、「過労ではない」と認定
  • 小児がん征圧キャンペーンでドラえもんと対面。
  • 難病の子どもの夢を叶えるメイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン
  • 強制調査権なや接近禁止命令などの権限を児童相談所に与える
  • 元小児科医のチリ大統領が講演で昏倒した少年を診察する。
  • 99%の企業が認めている育児休暇なのに、男性の利用は皆無
  • 過労死認定された小児科医は月100時間の時間外労働をしていた
  • 子供たちに笑顔を。臨床道化師(クリニクラウン)募集中。
  • 胎内滞在日数が世界最短で、体重283gの超未熟児が生まれる。
  • 慈恵病院の赤ちゃんポスト設置を熊本市が認可する方向へ。
  • 何故こどもはテレビゲームを止められないのか。
  • 赤ちゃんポスト設置申請が難航しており、慈恵病院が会見を開く
  • 金沢大名誉教授、村上誠一氏に医療ミスで有罪判決
  • 体重6577グラムの大きな赤ん坊が生まれる。
  • 母親が魚油サプリメントを摂取すると幼児の視覚が向上する。
  • 料理人が作った、小児の投薬向け黒糖シロップ
  • 少しずつ卵を摂取することで、卵アレルギーを改善する
  • 白血病で苦しむイラクの子供たちを、義理チョコで救え
  • 細菌性髄膜炎予防ワクチン「Hibワクチン」を保険適用に
  • 産婦人科医院の敷地内に新生児の女児を置き去りに
  • IQの高い子供は、大人になっても太らないという調査結果
  • 「早寝早起き朝ごはん」すると自信がつき不安が消える。
  • アメリカ小児学会が、ジャンクフードのCM規制を求める
  • 胴上げをして遊んでいた少年が、頭の骨を折る重症に
  • 足幅の細い子供向けのシューズを、ミズノが販売する
  • 医師の過失がなくても脳性麻痺となった場合には補償します
  • 給食のアレルギー事故、年間300件も発生していた
  • 小学生間の、アタマジラミの感染が拡大。
  • アメリカでは、新生児の4割の母親が未婚である。
  • チェチェンの新生児の3割は四肢の不調や精神障害を持っている
  • 新生児に造影剤を投与する所を鎮静剤を投与してしまった
  • 親が養育できないとした新生児を受け入れる「赤ちゃんポスト」
  • 母乳で育てた子供は、精神的に安定した子供に成長する
  • 首都圏を中心に、男児の出生率が低下中
  • お漏らしに激昂し、三歳児に硬膜下出血を引き起こした小沢賢二
  • 赤ちゃんの手術を拒否した両親に親権停止処分。
  • 病院内の保育所で、うつぶせ寝で乳児死亡。
  • オランダで小児性愛者の政党が出馬するも非難轟々
  • 朝食を食べる子と食べない子では運動能力に歴然とした差が
  • 例えエホバの証人の子供でも、輸血するという医者が75%
  • 向井亜紀さん、代理出産による親子関係が認められる
  • 病気の子供を預かるサービスを市が提供
  • 赤ん坊に自発的なサインを覚えさせる運動がさかんに
  • 小児脳腫瘍に自分の幹細胞を注入すると劇的に改善した
  • 人魚体症候群の女児が、脚の分離手術に成功する
  • バカ親「子供の耳にピアスを入れたいんですけど」
  • 父親が高齢であった場合、子供は自閉症になりやすい。
  • 滋賀県野洲市は小中学生の入院費が無料。
  • 国内で最小の新生児心臓手術に成功。症例は総肺静脈還流異常症
  • 夜泣きをさせないために浴槽に沈めた重松慎太郎の精神
  • 分娩第1期内診は看護師でも行えるようにするべき。
  • 親と離れて入院中の子供に、会話ロボット「翔ちゃん1号」を
  • ヘルニアと間違って膀胱を切除するミスが発覚
  • 医師に過失がなくても出産時の事故を補填する制度
  • お産1回につき、特別手当1万円を産婦人科医に支払う小田原市
  • 妊娠、出産、全てに対応できる「総合産婦人科医」を育成する
  • 岐阜県庁は裏金工作のためにユニセフへ募金していた
  • 新生児には照明の切り替えが大切。常時照明は悪影響を
  • 愛育病院で、新生児を取り出そうとしたら頭蓋骨を骨折してしまい死亡
  • 母乳で育てた子供のほうが夜尿症にならない
  • 重い病気をもった赤ん坊の延命治療中止問題
  • 朝食、運動、睡眠と「学力」は関係している。
  • アメリカの新生児の8人に1人は早産で生まれる
  • 専門病院間で30%も違う、未熟児の死亡率
  • 9歳で妊娠した少女をジャングルで保護
  • 全身に菌がまわってショック死した女児は、頭部に熱湯をかけられていた
  • ベビーフードを使用すると子供の食事に異常が出てくる
  • 中学・高校生の入睡障害率は成人を超える
  • 厚生労働省曰く、小児科医は数よりも質である
  • 睡眠不足の3歳児は中学生までにデブ化する
  • 重い病気と戦う子供と家族を支援するマクドナルドハウス、自治医科大学に
  • ユニクロの乳幼児用ズボン ホルムアルデヒド過剰で自主回収
  • BCG生ワクチンとポリオ生ワクチンの間には4週間以上あけなければいけない
  • 体外受精から20年、偏見を乗り越えた子供たちの交流会
  • 長期入院の子供のための学び舎、「院内学級」
  • 3本とも「正常」で、医師が対応に困る
  • ヒルシュスプルング病で臓器移植のための募金を呼びかける。
  • おしゃぶりが原因で噛み合わせが悪くなった
  • 愛知県の竹内祐人&理恵夫婦が犯した犯罪
  • 貧乏な家庭の子供は肥満率が高い
  • 食事の大切さを知らないバカ親のせいで子供がどんどん偏っていく
  • 11歳で妊娠した少女とその母親のコメント
  • 子供のペニスを剥いて洗うのは正しい行為?
  • 一般診療撤回を求め、保護者が起つ!
  • 乳幼児が抗生物質を服用したときのデメリット
  • 産科不足の煽りを受けた小児高度専門医療
  • 2011-05-10 過去5年間の介護ニュース一覧@医学処

    高齢者障害者医療ニュース一覧

  • 成人の難聴はアルツハイマー病のリスクを増大させる。
  • 【膝痛】歩行時に膝には体重の3倍の負荷がかかっている。
  • 貼るアルツハイマー型認知症治療薬、エクセロンパッチを承認へ
  • 記憶力を高めるアロマテラピー、集中力を高めるアロマテラピー
  • ボランティア経験のある学生ほど、障がい者表記に好印象を受ける
  • 幹細胞を用いて足の関節と軟骨を再生することに成功
  • 指の触覚の違いで認知症を早期発見する技術。
  • 介護職の月給が平均9000円上がる。
  • 路上生活者の3割が、知的障害や発達障害の可能性
  • 脳卒中のリハビリに、Wiiが有効であるという研究が出る
  • 人が感じる不思議な錯覚「皮膚うさぎ」について。
  • ビールには意外にもケイ素が多く含まれている。
  • 靴を履くより裸足で走る方が、足にかかる衝撃は少ない。
  • パーキンソン病の原因遺伝子を持ったサルを誕生させる
  • 植物でできた人工の骨、生体の骨との親和性もバッチリ
  • 家族介護者ほど心理的ストレスにさらされている。
  • 鳩山首相「障害者の名前をチャレンジドに変更したらどうだろう」
  • 介護関連の殺人が過去10年で増加傾向に。
  • インドネシア看護師、条件が違うと途中で帰国。
  • 介護のイベントで、プロの技を身につけよう。
  • 尿を自動的に吸引する介護用ポンプをユニチャームが販売。
  • 認知症患者に対する介護従事者のバーンアウトを防ぐためには
  • インターネットで検索することで認知症を予防することができる
  • 京都府立医大で認知症脳検診を開始。認知症早期発見へ。
  • 骨を形成するときの必須タンパクを宮崎大が解明する
  • 脊髄麻痺の運動機能を電気刺激と薬物療法で改善する。
  • 身体障害者の生活を助ける「介助犬」について知ろう
  • アルツハイマーの誘引3遺伝子を英仏チームが発見する。
  • 軽い運動で筋力増大、加圧トレーニングのシンポジウムが開催
  • 脳梗塞後に神経回路を繋ぎ替えて機能を補完する方法。
  • アルツハイマー病に、神経幹細胞の注射で効果があった。
  • 年を取ると記憶力が悪くなる、と考えると本当に低下する。
  • ラパマイシンに長寿の作用があることを突き止める。
  • 二本足で直立姿勢を保てるのは体をわずかに揺らしているため
  • 脳卒中で手足が麻痺した男性がボトックス療法で歩けるようになる
  • 何故サルなどの霊長類ではアルツハイマー病は存在しないのか?
  • 園芸療法がアルツハイマー型認知症に有効。
  • 我らが日本、長寿世界一をキープする。
  • 夜間に2回以上トイレに起きる高齢者は死亡率が高い
  • コラーゲンから人工靭帯を開発することに成功する
  • 原因不明の難病「特発性大腿骨頭壊死」をラットで再現する
  • カフェインがアルツハイマーを予防する。
  • 高齢者がアスピリンを服用すると脳内に微小出血が生じる
  • アルツハイマー治療薬アリセプトで海馬の神経細胞を再生する。
  • インドネシア人看護師の受け入れ人数は予定に2割程度。
  • 「ハートフルホスピタル」セカンドシングル「永い2人だから」
  • 看護師のたまごたちが医療用ウィッグに髪を提供する
  • 人間の知能は平均すると22歳でピークを迎える。
  • 50歳から運動を始めても、死亡率は改善する。
  • 九州大学、アルツハイマー病の早期発見の人間ドッグを創設
  • 各自治体でケースワーカーが圧倒的に不足している。
  • 抑肝散でアルツハイマー病の神経細胞死を抑える
  • 義手の性能が大幅に向上。日常的なことは出来るように。
  • アルツハイマー病研究、東大の岩坪威教授に医学賞。
  • やきとりじいさん体操、高齢者向けの座って踊れる版を開発
  • クラゲから抽出したムチンで変形性関節症を治療する。
  • 脊髄損傷でもリハビリにより別の神経回路を働かせることができる
  • 社会的に活発な人は認知症になるリスクは50%低い。
  • 高齢者は若い人よりも嫌な記憶を消すのが上手い。
  • テトラスパニンが関節リウマチの発症に起因していた。
  • 重度の心身障害者の通院費に自己負担を求める方針へ
  • 計画力を鍛える知的な趣味と運動で認知症を改善する。
  • チタン製の人工骨で腰椎すべり症を治療する。
  • 介護職員の半数が仕事を辞めたいと思っている。
  • ダブルネットワークゲルを用いて関節軟骨を再生させる。
  • 刑務所の職業訓練が多様化。介護職や医療事務も創設。
  • 医療崩壊を食い止めるために医学生が話し合う。
  • おむつの尿漏れを検知してパソコンに知らせるシステム開発
  • 介護福祉士や社会福祉士を目指す学生に資金の貸付を行う
  • 介護職であっても一部の医療行為を認める。
  • 知的障害者がパニックに陥っているときの対処法4箇条。
  • 介護報酬を3%上げ、介護分野の人手不足を解消する
  • 認知症疾患医療センターの整備が大幅に遅れている。
  • 公明党「障害者は差別的だから障がい者で。法改正もするよ」
  • これからの日本は、介護福祉士の労働条件改善が必要。
  • 激増する高齢者虐待。4割が息子による虐待。
  • 手足を動かしやすくなるロボットスーツ、量産体制に。
  • トランプのブリッジで遊ぶと記憶力が向上する。
  • 鉄を混ぜた幹細胞と磁石の力で、骨を再生する。
  • 障害者卓球、岡紀彦プロが北京パラリンピックで敗退する
  • 適度な運動を行うことで高齢者の記憶力を向上できる。
  • DHA、EPAはサプリより食事から摂るほうが効果的。
  • 認知症に効果のあるドールセラピーについて知ろう。
  • カレーに含まれるターメリックは記憶力を高める。
  • 高齢者は室内でも熱中症になる危険性が高い。
  • インドネシア人看護師がいよいよ来日する。
  • 100歳まで長生きする人に多い10の条件。
  • 水素水を飲むと記憶力の低下を抑制でき認知症予防に。
  • 骨粗鬆症の新しい治療に欠かせない「ヘッジホッグ」。
  • 【静岡】蜜柑の果汁が脳の老化を防止する。
  • てんかんやパーキンソン病の頭部保護具をオシャレに。
  • 欧州最高齢の112歳男性の長寿の秘訣は酒と煙草と激しい女
  • 高齢者の交通事故死が過去最高に。
  • アルツハイマー病を、臍帯血細胞で予防する。
  • 後期高齢者医療制度、案の定パニック状態に。
  • 日中韓が共同でアジア人向け人工関節を開発へ
  • 福田首相「後期高齢者という名前が良くない」
  • 病を乗り越え、生きている。
  • 認知症患者相手にミシンを購入させたJUKI子会社に業務停止命令
  • 働き盛りの若年性認知症患者を、地域で支える。
  • 知的障害者施設でのリハビリで後遺症が残ったとして提訴
  • ゲートボール→リレーション
  • 通院の際の交通費支給に制限を加える。
  • たった一人の、老年病専門医。
  • 高齢の双子を調査して、老化と環境の関連を調べる
  • やせている高齢者は、糖尿病になるリスクが高い
  • 認知症予防のために、日ごろから脳を刺激しよう
  • 介護ベッドの手すりの隙間で3人が死亡する
  • 今年も餅を詰まらせた人々。
  • 盲人卓球(サウンドテーブルテニス)で障害者と触れ合う
  • 高齢者介護ロボ「TWENDY-ONE」を早稲田が開発
  • ファッション性の高くなった車いすの魅力
  • 運転免許を返納した高齢者はタクシー料金を1割引に。
  • 盲導犬に対する理解を深めよう
  • 良質な慢性期医療がなければ日本の医療は成り立たない
  • ローズマリーに含まれるカルノシン酸にアルツハイマー予防効果
  • 年をとっても、自己実現欲や性欲などはなくならない
  • 障害があるからこその魅力
  • アルツハイマーをワクチンで治す夢
  • 押し花で健康維持と老化防止を行う。
  • 高齢者虐待の加害者は息子が37%。
  • 80歳以上が700万人となり、総人口の22%を占める。
  • 100歳以上の高齢者が3万人を突破する。
  • 障害者施設入所者の胃袋から手袋10枚を検出。
  • 「障害者」改め、「障がい者」へ……本当にいいの?
  • ヘルパーが同行して移動やトイレなどの介助をする旅行が高齢者に人気
  • 麻雀が脳トレとして有用かどうかを確かめるプロジェクトを開始する。
  • 高校生にならって、看護のコツを学ぼう。
  • 岐阜大学が、患者一人で出来る手指のリハビリ方法を開発
  • ハート・プラスマークで、心臓や免疫機能などの内部障害者を理解する
  • 北九州八幡東病院の看護師が認知症患者の足の爪をはぐ虐待を行う。
  • 嫌がる運動を強制して養護学校の女児が自傷行為→失明に6300万円の賠償
  • 国内男性最高齢111歳の田鍋友時さん、男性世界最高齢に。
  • 看護師が離れた場所にいても入院患者を監視できるシステム
  • 知的障害の女性を熱湯風呂に入れて死なせた介護支援員を書類送検
  • 認知症の女性から預金1億円を騙し取ったホームヘルパーの小原さつ子
  • 終末期医療の現場で、塗り絵が「心のケア」として取り入れられる。
  • ドコモと亀田総合病院が、携帯で見れる電子カルテを開発。
  • 介護福祉士と、国家試験の必要がない准介護福祉士の差とは
  • 日立とユニチャームが共同で自動採尿システムを開発する。
  • 障害者雇用率が最も高いのは、ユニクロ。二位にマクドナルド。
  • 投票所にエレベーターが無く、車椅子の女性が投票できませんでした
  • 高齢者の介護予防を目的とした筋力トレーニング事業を始める。
  • 聴覚障害者をターゲットにしたマルチ商法による被害が相次ぐ
  • 高齢者を総合的に診るジェネラリストが今後必要である。
  • 女性専用車両は、障害をもつ男性も利用できます。
  • 特定保険用食品として生まれ変わったミロは高齢者にお勧め
  • 滋賀県立北大津高での非道な傷害事件で右半身不随と視力低下に
  • ジャパン杯障害者卓球で岡紀彦氏が怒涛の20連覇を達成。
  • 阪神の赤星が、盗塁数と同じ数だけ車椅子を寄贈する
  • 障害者の性の悩みを解消するためのボランティア活動
  • 介護福祉士の上級資格として専門介護福祉士を創設する
  • 障害者アートの専門誌「brut ブリュット」が関西で誕生。
  • 貴方の家族は、Pick病のせいで万引きしたのかもしれません。
  • 長生きの秘訣は、セックス抜きの生活にあるのかもしれない
  • 知的障害者施設で、にがりの原液を飲まされて死亡した女性
  • 認知症による脳萎縮、始まる前に細胞が活性化することが判明
  • 埼玉医科大学がアルツハイマー病のワクチンを開発。
  • 3年で使用されなくなる子供用の車椅子を海外に贈ろう。
  • 高齢者や聴覚障害者向けに、振動で火災を知らせる警報機を
  • 元日に、餅を詰まらせて意識不明の重体となったのは5人
  • 75歳以上に、医師の治療を制限する「定額制」を導入
  • 2055年、日本の総人口は8993万人、4割が高齢者に
  • 障害者の駐車規制、ボランティアの車や福祉タクシーも除外
  • 盲導犬を断る、無理解な職場や学校が相次ぐ
  • ほうれん草などの葉野菜を食べると、認知力が衰えない
  • 子供と同居を考えていない高齢者が増えてきた
  • 新しい現代病、その名も「パソコン指腱鞘炎」
  • 診療報酬改正で療養病床のある病院のうち7割が収入減
  • セックスをするか、100歳まで生きるか、どちらを選ぶ?
  • 従来の2倍の性能をもつ、燃料電池式車椅子が完成。
  • パースジャパン、病院ベッドに電子新聞を配信
  • 水洗トイレ一体型の車椅子を開発。
  • フィリピン人看護師と介護士に日本就労の国家資格を設定
  • 入院から在宅療養へのシフト、「できない」が35%
  • 介護センター職員が90歳女性の遺言受け取りを自分にする詐欺
  • 脳性まひの中学生3人が富士山登頂にチャレンジ
  • 電通大の田中一男教授、脳波で動かす車椅子を開発
  • カレーに含まれるターメリックはアルツハイマーを防止する
  • 車椅子の男性を背負って登山もできる筋力増強スーツを開発
  • 脳トレとして有用なオセロ、高齢者間で大ブームの兆し
  • 車椅子でもエコノミークラス症候群。夏場の脱水状態に気をつけて
  • 点字を手軽に作れるツールを使って各種サービスを展開
  • 医療制度改革法が成立し、高齢者の負担が増大する
  • アルツハイマーに効く新型ワクチンは副作用もありません
  • 認知症に、脳を活性化させる塗り絵を
  • 【滋賀】脊椎や頚椎を損傷した人向けの施設が開所
  • アルツハイマーにはホヤが効く。
  • ボケ防止に有用なのは「運動」「栄養」「昼寝」
  • 高齢者は大腰筋を鍛えよう
  • 採血して血液がドロドロだと脅し布団を売りつける詐欺
  • フィリピンなら24時間介護でも激安
  • 凄惨さを極める老人介護で、4人に1人が抑うつ状態に
  • 2011-05-09 過去5年間の医学部・医科大学のニュース一覧@医学処

    医学部・医科大学のニュース

  • リウマチや乳癌などの早期診断に使える超高感度のエックス線撮影装置を開発
  • 自治医大のOBで構成される「東日本大震災支援プロジェクト」とは
  • 難病研究のために欧米と連携する必要があると主張したい
  • 全国の病院が、消費税の負担で苦しんでいる理由
  • 医者は自分が病気になった場合、患者に行うアドバイスとは一致しない。
  • 監察医七浦小夜子〜法医学者の事件プロファイル〜
  • 第105回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
  • 第105回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
  • 第105回医師国家試験、終了
  • 臨床研修の指導医確保のため財政支援を行う
  • 公立病院の6割が赤字。どんなに頑張っても赤字。
  • 医学部の入学定員を更に増員する計画。
  • この不況の中、やっぱり医師は高給求人が多い。
  • 琉球大医学研究科の教授、論文不正で懲戒解雇
  • 急性期看護の日本版「ナースプラクティショナー」を養成
  • 人間ドッグの「異常なし」率、更に減少する。
  • 遠隔操作で触覚を伝える手術ロボットを慶大が開発
  • 法医解剖、大学では1人で年280件以上を請け負うところも
  • アメリカの医師の3/1は問題のある同僚を報告していない。
  • 手術の醍醐味を伝える、金沢大学病院の手術体験会
  • インフルワクチン接種で看護師の13%がヒヤリハットを経験
  • 弘前大学の後期研修医が過去最高の人数に
  • 山崎直子さん専属の航空宇宙医師、松本暁子医師
  • 日本医師会、親民主党路線の会長が誕生する
  • 第104回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
  • 第104回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
  • 第104回医師国家試験、合格発表速報
  • 地域枠での医学部進学に市長がエールを送る
  • 医療系の大学院教育に関して検証する
  • 富山大学医学部・薬学部の一般入試で出題ミス
  • 日本医師会が、医学部新設に反対の姿勢をみせる
  • 全国の医学生の登竜門、第104回医師国家試験。
  • 大学医学部の新設を文部科学省が検討している。
  • 岡山大学病院が女性医師復職支援で成果を挙げる
  • 解剖医が不足しており不審死が見過ごされている。
  • 東京医科大学ラグビー部が事故を起こし廃部か。
  • 「研修医ニーナの731日」出版。
  • 弘前大学と大館市立総合病院が専門医育成で協定
  • 初期臨床研修、大分県の充足率は58.5%。
  • 2009年度マッチング最終結果 全国大学病院別ランキング
  • 2009年度研修医マッチング終了。大学病院は5年連続で半数割れ
  • 鳥取大学病院の院生医師が交通事故死したのは過労が原因。
  • 薬学部の入学定員に多すぎという批判が出る。
  • 難病指定に新たに11疾患を追加する。
  • 研修医マッチング登録中間発表までの登録率は88.8%。
  • 弘前大学医学部のX線回転横断撮影装置が技術遺産に
  • 名古屋大学病院で男児の遺体を巡って問題が生じる。
  • 2009年度のノーベル医学生理学賞は「テロメアとテロメラーゼ」
  • 佐賀大学医学部で保育園児とのコミュニケーション実習を行う
  • 京大外科交流センターを設立し、若手医師にアピールする
  • 勤務医110番に大学院生や外科医から相談が相次ぐ。
  • 都道府県別の研修医募集定員を発表する。
  • 札幌医科大学とスキー連盟が連携協力協定を結ぶ。
  • 外来患者の約6割が受診した病院に満足している
  • 島根県の外科医師養成に向け、島根外科ネットワークを設立する
  • 福島県立医大で、胃管と間違えて静脈に空気を入れる医療ミス。
  • 光駆動ナノマシンで赤血球の解剖に成功した名古屋大学
  • 医学部の入学定員を更に増加し、8855人に。
  • 山中教授が京都大学にiPS細胞バンクを設立する構想
  • 宮崎大学医学部が臨床技術トレーニングセンターを開設する
  • 日本でも第三者機関が医師の配置を行うようになるかも
  • 医療クラークの導入で勤務医の過重労働を軽減できるか
  • 東邦大学で小学生を対象に夏の医学校を開催する。
  • 京大病院で放射線の過放射による副作用が生じる。
  • 群馬県が県内で働く研修医らに資金を貸し出す。
  • 医学部での臨床実習を1500時間行うことを義務化する。
  • 医師を全国に適正配置する第三者機関をつくる。
  • 最新機器を使った医療シミュレーション教育を岡山大で。
  • 筑波大学が初期臨床研修のため水戸協同病院と提携する。
  • 愛媛大学医学部5年生が泥酔し凍死したのはタクシー側の責任?
  • 第103回医師国家試験 学校別ランキング 卒留編
  • 第103回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
  • 第103回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
  • 第103回医師国家試験合格速報
  • 都心部の研修医募集定員を削減する方針。
  • 聖マリアンナ医科大学で研究費補助金の不正使用が発覚。
  • 広島大学の小児科医師が10人一斉に退職した理由とは。
  • 医師は保険会社への書類書きに追われている。
  • 医師臨床研修に都道府県ごとの定員を定める案が出ている。
  • 医師臨床研修を1年短縮したいという厚生労働省の暴挙
  • 第103回医師国家試験を終えて、受験者の感想。
  • 第103回医師国家試験、始まる。
  • 複数の病院で臨床研修医を育成する「病院群制度」
  • 島根大学医学部の地域枠に志の高い医学生が集まる
  • 東北大学病院、ただでさえ安い医師の残業代を不払い。
  • 徳島県で自治医大卒の医師の25%は県外へ流出している。
  • 信州大学が女性医師の支援策を実証実験へ。
  • 弘前大学医学部の県定着枠、10人に増員する
  • 保険適用外の材料費を患者から寄付という形で募ることが禁止に。
  • 研修医の後半1年は専門科で修行できるよう特化させる
  • 山形大学医学部でスチューデントドクター制度を導入する。
  • 研修医の違法バイトは61病院、278人に上る。
  • iPS細胞研究に、国は来年度も予算を確保する構え。
  • 群馬大学が医師を引き上げ、中核病院の常勤医が不足する
  • 医学生の従事したい診療科。1位内科2位小児科3位整形外科
  • 法医学者が1人しかいない佐賀県の惨状。
  • 福岡大学医学部が弁護士を研究職の教員として採用する。
  • 産婦人科医は月平均300〜500時間も拘束されている。
  • マッチングで人気となった和歌山県立医大の秘密に迫る。
  • 小児科や産婦に入れば学費を免除するコースを山形大が設置
  • 国立大病院の大半が赤字。しかし・・・
  • 2008年度マッチング最終結果 大学病院ランキング
  • 2008年度マッチング最終結果 都道府県別充足率ランキング
  • 防衛医科大学病院の眼科部長が汚職。
  • 京都大学病院で患者情報入りのUSBメモリがひったくりに
  • 2008年度マッチング人気大学病院ランキング中間発表
  • 慶應大学医学部の準教授に健康食品会社が1200万円を渡す
  • 筑波大学付属病院で抗がん剤を4倍投与してしまうミス。
  • 広島県立病院が研修医への残業代を払っていなかった。
  • 医学部全体の定員を500人増やすことに決定する。
  • 産婦人科や小児科に特化した臨床研修プログラムを大学病院で
  • 臨床研修後に大学病院へ戻ってくる新人医師はわずか56%。
  • 地方の医学部に通う大学生は車がステータスとなっている。
  • 医学部への裏口入学を持ちかける詐欺。
  • 名古屋大学医学部付属病院で19年前に放置したガーゼを取り出す。
  • 医学部の定員を増加させる方針へ転換するのが遅すぎる。
  • 宮崎大学病院が順調に黒字経営を続けているらしい。
  • 金沢大学が医学部の定員を増やすことに決定。
  • 「医師不足と深刻化する地域医療崩壊」を話し合う。
  • 防衛医科大医学部五年生を強盗教唆容疑で逮捕する。
  • 和歌山県立医大の「観光医学講座」。
  • 秋田県内の研修医の定着率は67%。この数値をどう読むか。
  • 東海大学東京病院でカテーテル挿入口に空気を流し込むミス
  • 佐賀大学病院が、検査データとは別人の前立腺を摘出する。
  • 京都大学がiPS細胞の関連特許を管理する会社を設立。
  • 横浜市立大学の嶋田紘教授が、がん患者から100万円を受け取る
  • 島根大学医学部付属病院の研修医が患者情報をロストする。
  • 東京医科大学病院で専門医資格を取り消された医師が復活。
  • 研修医確保のための70病院合同説明会 in 北の大地
  • 神戸大学医学部が遺伝子組み換え大腸菌を一般排水に捨てる
  • 横浜市立大学の医局員が金銭授受問題で異例のクレーム
  • 第102回医師国家試験 学校別ランキング 既卒編
  • 第102回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
  • 第102回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
  • 第102回医師国家試験合格速報
  • 医療従事者同士で、感謝の言葉を伝え合おう。
  • 毎年恒例、臨床研修医争奪戦が始まる。
  • 早稲田大学と東京女子医大が夢のコラボレートを果たす。
  • 横浜市立大学医学部、博士号に絡んだ金銭のやりとり。
  • 難病の解明のために、iPS細胞を用いる。
  • 精神科医の製作した映画「受験のシンデレラ」
  • 札幌医大と旭川医大が医学部の定員を増やす。
  • 輸血が必要というチェーンメールで昭和大学に電話殺到
  • ドイツ最高の医学賞、ロベルトコッホ賞に山中教授。
  • 北海道立高校九校を、医学部受験に特化した存在に。
  • 激務で麻酔科医全員退職→年収3500万で募集中
  • 第102回医師国家試験の様相。
  • うつ状態の研修医は6.2倍の投薬ミスをする。
  • 割り箸死亡事件、民事訴訟では過失も認めず。
  • 東京女子医大の心臓移植、6年ぶりに再開か。
  • 第102回医師国家試験が目前に迫る。
  • 献体フォーラム、札幌市道新ホールで明日開催。
  • 大阪大学、兵庫大学の臨床研修医98人が違法バイト
  • 札幌医大病院で多剤耐性緑膿菌による院内感染か
  • 岐阜大学医学部が国公立大学受験の倍率1位を獲得。
  • 5分未満の問診の場合、診療報酬を無料にします。
  • 順天堂大学、遺伝子相談外来を開設へ
  • 焼津市が浜松医大の大学院学費を負担する。
  • 島根大学・秋田大学と東京医科歯科大学の研修医相互派遣計画
  • いつでもどこでも病院を探せるネット検索を開発
  • 東大でも、入学前に麻疹予防接種を促す。
  • 日本医大病院の訴訟、2審も大学側の責任を認めず
  • 東京医大でも、認定医試験で不正、受験資格停止へ
  • 名古屋市立大学医学部の教授が学位論文審査で不正を働く
  • 昭和大学の医者5人が認定内科医資格試験で不正
  • 医学生の3割が産科医を志すものの、訴訟が多く考え直す現状
  • 顔面の形成手術で聖マリアンナ医科大学を相手に訴訟
  • 現役医大生グラビアアイドル、平田春菜
  • 金沢大学が画期的な産科医不足対策を行う。
  • 旭川医大は研修医に月20万プラス
  • 熊本大学の満屋裕明教授らに、慶応医学賞。
  • 大学進学者の5人に1人が家で勉強せずに進学。
  • 獨協医大が、科研費を不正に使用していた。
  • 慶応大学薬学部が認可され、来春より開設。
  • 福島医科大学病院にローソン開店
  • 徳島大学医学部と大学病院でもパソコンが盗難される。
  • 米田正始教授が京都大学と和解。
  • 京大病院で脳外科医師が看護師に性的暴行→病院側は放置
  • 地方の病院が研修医を獲得するために改革を行う。
  • 東大病院の患者85人分の個人情報を入れたPCを研修医が紛失する。
  • 東北大学の高額医療機器入札で業者との癒着が発覚か。
  • 藤田保健衛生大学病院で、執刀医のミスにより肺癌患者が死亡。
  • 東京女子医大の「特定機能病院」が5年ぶりに再承認される。
  • 獨協医大越谷病院の心臓手術ミスで教授が書類送検される
  • 愛知きわみ看護短大が、受験の資格に「非喫煙者」という項目を加える
  • 医学部定員の削減案を見直すべきとする、民主公明共産社民国民新党。
  • 地方の医師不足を解消するためにも、医学部の定員を早急に増やすべき。
  • 東京医科大学病院で不適正な診療報酬請求が発覚。
  • 福島県立医大の推薦枠を倍にして、県外からも推薦受け入れを行う。
  • 岡山大学で患者2000人分の情報の入ったパソコン18台が盗難に
  • 脳死肺移植が失敗したのは京都大学病院の責任だとして病院長らを告発
  • 慈恵医大青戸病院事件の前田重孝被告を減刑することに決定。
  • 信大が、高校生を対象にした外科手術の体験セミナーを開く。
  • 医師が不足しすぎていて、緊急医師派遣制度をわずか半年で中止する
  • 細菌性髄膜炎で両足と右腕を切断した女性がUCLA医学部を卒業
  • 研修医の受け入れ先を地域の拠点病院に限定する方針をかためる
  • 医学部全体に、僻地などへの地域勤務枠を設け、授業料を免除する
  • 担当の教授が退職したため、埼玉医大での性転換手術を中止
  • 東京医大に留学していた中国人が医師免許無しで縫合などを行う
  • 群馬大学病院で動脈損傷の医療ミスが起こる.
  • 日大医学部の三木基弘が爆弾を作った理由は大学への復讐
  • 日大付属病院の女性研修医が過重な労働を苦に自殺
  • 兵庫医大病院で、研修医に違法アルバイトをさせていた。
  • 医学系予備校、野田クルゼが早稲田アカデミーに買収される
  • 地方の医学生のうち、県内に残るのは33%しかいない。
  • 京大病院が心臓血管外科長の米田正始氏を解任する
  • 第101回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
  • 第101回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
  • 第101回医師国家試験合格速報
  • 地域医療や災害医療、国際看護の人材を育てる近大姫路大が誕生
  • 共立薬科大学が解散し、来年度から慶應義塾大学薬学部となる。
  • 同志社大学が心理学部の新設を検討している。
  • 京都府立医大が府立大と経営統合し、教養科目を共同化する。
  • 埼玉医科大学の多剤耐性緑膿菌の院内感染は新たに5人死亡していた
  • 医学部入学希望者の書いたエピソードはウェブサイトからのコピペ
  • 京大病院心臓血管外科の米田正始教授が、大学相手に仮処分申請
  • 福島県立医科大学の2次試験中に試験官がいびきをかいて居眠り
  • 医学部の学生が馬鹿すぎてとても落ち込んだ人の手記
  • 金沢大学で、看護師を目指す学生向けの相談フロアを設ける。
  • 日本大学医学部の三木基弘が、自身の大学を時限爆破装置で爆破
  • 四国リーグ「ガイナーズ」に香川大学医学部整形外科が協力
  • 東大病院で2度連続の医療ミス。患者は意識不明の重体に。
  • 本日2月17日より3日間、第101回医師国家試験が行われる。
  • 横浜薬科大学で、一般人向けの肥満講座の受講者を募集中。
  • 各大学の薬学部が、志願者集めに奔走している。
  • 背が高くイケメンな男子医学生は、外科に進む傾向が強い
  • 社会人から医師へなれる道、メディカルスクールの設置に向けて
  • 山形大学が、退職医師を再教育して地域医療に貢献させる
  • 脳動脈瘤手術による後遺症で群馬大学医学部付属病院を提訴する
  • 東大医学部図書館で、100年前の手術現場などの医学写真を発見
  • 愛媛大学が医学部の後期日程を廃止し、前期日程を33人に増やす
  • 東大生の8割が、将来の進路や生き方に悩んでいる。
  • 東京医大病院で、医療ミスをした5組の遺族と和解が成立
  • 九州大学医学部に生命科学科を新説。
  • 徳島大学病院にローソンがオープン。寝間着なども陳列
  • 慶應との差を縮めるために早稲田大学医学部誕生か。
  • 慶應大学と共立薬科大学が合併。慶應に薬学部が誕生か。
  • 熊本大学の医学生が一気飲みで死亡。山本哲郎教授らに賠償命令
  • 慈恵医大付属青戸病院で60cmのワイヤーを体内に1年も放置
  • 阪神の金本知憲外野手が兵庫医科大学の学園祭でトークショー
  • 東京女子医大病院で死亡事故を改ざんした医者の保険医登録抹消
  • 全病院で看護師大募集中。看護師は上京する傾向に。
  • 東大理?の男がインポテンツにコンプレックスを感じ暴行
  • 56歳の佐藤薫さんが群馬大学に、年齢を理由に不合格とされた件
  • 医師でなくても医学部の教員になるシステムを北大が構築
  • 小児科医の新人大幅減少。秋田と富山では0人。
  • 大学生の自殺を職員が防止するためのマニュアル
  • 医学部4年生の共用試験CBTが本格的に実行される
  • 自衛隊中央病院の医師が論文のデータを改ざんしていた
  • 横浜市立大学医学部の学生がアタック25の予選でカンニング
  • 死体洗いのバイトについての真実と遺体保存の現状
  • 防衛医大病院で心嚢穿刺のミス。でも不起訴に
  • 医療ミスすると自身を追い込むため更にミスの確率が上がる
  • 長崎大学病院でパソコン内の患者データが盗難に
  • 元近畿大教授の八木田旭邦をキノコ免疫詐欺容疑で逮捕
  • 慶應大学の医学生、中南米を歩く。
  • 自治医科大学のセレウス菌感染は洗濯機の汚染が原因だった
  • 尾鷲市産婦人科問題での、浜口文生委員の答弁内容を公開
  • 大分大学医学部、学士偏入学者に地域枠を設ける
  • 県立新潟高校で医歯薬コースを導入。地元医師を増やす狙い
  • 北里大学病院で、530g未熟児の内視鏡手術に成功
  • 岡山大学病院、手術に使用していたガーゼを滅菌していなかった
  • 1230万円の歳暮や中元を受け取っていた弘前大学医学部
  • 患者の一番欲しい情報は「医師の経歴」
  • 大学病院に不満あり。研修医は市中病院のほうが満足度が高い
  • 医師限定サイト「ケアネット」で、女性向けブログを開設
  • 東大病院に、血管専門の血管ドックが開設。
  • 岩手医科大学が入学定員数を20人増加。でも県内出身者限定
  • 山形大学病院、時間外手術に対し報酬を支払う新制度を導入
  • 徳島大学病院で受け口治療に失敗し後遺症の残った女性
  • 脳外科を志す若手医師のために、学会が現状を解説
  • 今まで人手不足すぎた東大以下全ての大学で看護師を大募集。
  • 藤田保健衛生大学病院でWinnyから患者データが流出
  • あの手この手で医師の偏在を解消。大学の定員を増加する方針。
  • 横浜市立大学で、医学生のための自殺予防講座を実施
  • 研修医後の進路の選択肢を広げる、マッチングプラザを開催
  • 論文捏造、談合関与の山形大学医学部教授、小谷直樹を解雇
  • 人体の不思議展のハーゲンス博士が解剖DVDを発売。養老孟司監修
  • 灘高校は理系160人中、70人が医学部へ進学する「頭の悪い高校」。
  • 資格がないのに解剖を行った助手を解剖保存法違反容疑で
  • 地方医学部の定員増加を検討する方向の厚生労働省
  • 地方医学部の定員増加を却下した厚生労働省
  • 何故あなたは医学部を受験するのですか
  • 心筋再生医療やパーキンソン病治療のために文部科学省が大学同士を連携させる
  • 自治医科大学卒業生の地元定着率は7割
  • 長崎大学でクロロホルムが盗まれる
  • 山形大学医学部の論文捏造、やっぱり教授が指示していた
  • 東邦大学医学部6年、李光摂を覚せい剤取締法違反で逮捕!
  • 国立大学医学部の推薦入試、県内高校限定者を増やす方向に
  • 山形大学医学部の麻酔科学チーム、論文のデータを捏造
  • 新庄病院談合事件に山形大学医学部の教授が関与か?事情聴取へ
  • 細胞シートによる再生医療、いよいよ臨床応用段階に
  • 三重大学医学部で女性教授が女性大学院生にアカデミックハラスメント
  • 新薬の承認期間を短縮するために6大学が連携
  • 芝浦工大で実験中に事故。四塩化チタンによる悪心など
  • 青戸病院腹腔鏡事件で長谷川太郎、斑目旬、前田重孝に執行猶予付きの禁固刑
  • 慈恵会医大青戸病院腹腔鏡事件の判決公判が15日に
  • 裏口入学失敗で、大阪の予備校と母親が裁判
  • 心臓カテーテル手術後に酸素ボンベを接続していなかった日大医学部病院
  • 阪大医学部、教授とは独立して研究を行う職を創設
  • 献体という行い
  • 不足している小児科や産婦人科を選ぶ新人医師が増えてきた模様
  • 小児科、産婦に続いて脳外科でも若手医師不足。その背景にあるものは
  • 触診で声を出す患者ロボ誕生。OSCE対策に有効か
  • 元宮崎医大教授、美原恒が酒気帯び運転で衝突
  • 横浜薬科大学が誕生。
  • 埼玉医大にお金払ったのに卒業できなかった。金返せ!
  • 第100回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
  • 第100回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
  • 第100回医師国家試験合格速報
  • 弘前大学の産婦人科入局者は0人
  • 2011-05-08 過去5年間の精神科ニュース一覧@医学処

    精神科医療ニュース一覧

  • 「がんばろう日本」・・・安易な復興ムードは遺族を逆に追いつめる。
  • アスピリンなどの抗炎症薬は抗うつ薬SSRIの効果を減少させる。
  • 海洋深層水を飲むと認知症やうつの症状を改善する。
  • ネット禁断症状の、各国における症状の違い
  • 自閉症はアセチルコリンの働きが弱いことを浜松医大が特定する
  • 大麻を若者が吸うと統合失調症などの精神疾患リスクを高める。
  • 抗精神病薬の副作用の管理の仕方について
  • 震災のストレスに対する身近な人向けのメンタルヘルス
  • 精神保健指定医の指示なしで拘束→締め方が不十分で死亡し有罪
  • 被災した住民に最も必要な医師
  • アルコール依存症のリハビリ施設に
  • 自閉症は扁桃体の体積が大きくなることを東大病院が解明
  • ナルコレプシーの脱力症状の原因を初めて突き止める
  • 女性をデートに誘う場合は、3回連続で誘うと成功率が上がる
  • 他者の悔しい表情をみた勝者の脳の反応を分析する
  • 自閉症は生後一ヶ月から徴候が認められることもある。
  • 麻酔薬ケタミンに抑うつ効果があることをエール大が発見する。
  • 性同一性障害の若者が海の家を運営する。
  • LSDやケタミンを使うとうつ病や強迫性障害に効果がある。
  • 赤い服を着ると女性からより魅力的に見えるようになる
  • うつ病の人は世界の色が灰色に見えるようになる。
  • うつ病の発症を防ぐ脳内分子機構を解明する
  • 精神科と心療内科の区別をはっきりさせよう
  • 生活保護受給者が向精神薬を重複処方してネットに転売
  • 精神科の往診により助かる人がいる
  • うつ病の検査を職場の健康診断で義務化する
  • 仕事のときだけうつ状態になる「新型うつ病」について
  • 失恋が景気でうつ病を発症?回復の手助けに失恋回復手帳を
  • 両親のドメスティックバイオレンスを目撃した子供の脳萎縮
  • 禅の瞑想法は痛みに対する感受性を低下させられる
  • うつ症状の診断の正確を高める新プログラムを東大病院で
  • 大麻の長期使用と精神病に関係がある
  • 医師による、患者の希望する薬剤に対する断り方
  • 自分は双極性障害、と自己診断する人が増えている
  • 神戸市で精神科医とかかりつけ医を連携する取り組みを開始
  • ナルコレプシーの原因は自己免疫疾患の可能性も。
  • 色々なことにハマる現象を研究する「依存学」が誕生
  • 不眠症治療薬エリミンを横流ししていた開業医を書類送検
  • うつ病患者増加の背景には新しいタイプの薬が関与している?
  • 社会不安障害が原因で、社会的にひきこもる大人たち
  • 人生がもっと幸せになる9つの方法について。
  • 映画「アバター」の世界を体験し、現実で鬱状態になる人が続出
  • 栃木県の自殺者が初めて600人を超える。
  • 寝る時間の遅い若者は、うつ病になるリスクが高い。
  • 子供の110人に1人が自閉症スペクトラム障害を持つ
  • 精神病院に頼りすぎな日本の社会について
  • うつ病患者が初めて100万人を越す。
  • あなたの身体の痛みは、もしかしたらうつ病かもしれない。
  • 【日本ピンチ】11年連続で、自殺者が3万人を超える。
  • 睡眠1、2時間の女子大生、勉強のし過ぎで過労死する。
  • 統合失調症やADHDの原因遺伝子HB-EGFを特定する。
  • アメリカの大学生の間でリタリンが大流行している。
  • 2009年前半の自殺者が22362人と過去最悪ペースに。
  • 日本精神科病院協会が新政権に対して指摘をする。
  • 統合失調症の患者からiPS細胞の作成に成功する。
  • ADHDの治療薬の乱用が増加している。
  • シャーリーズ・セロンが強迫性障害であることを告白する
  • 酒井被告の覚せい剤に対して行われる入院薬物治療について。
  • アムネスティが精神障害のある死刑囚への執行を批判する。
  • 自殺者の2割がアルコールに関する問題を抱えている
  • 勤務医の12人に1人が「うつ状態」になっている。
  • 大地震の生存者の一部に、大脳機能の失調がみられた。
  • 9月10〜16日は、自殺予防週間です。
  • 精神科通院中に自殺した女性、病院側に賠償命令が下る。
  • 15%の人が経験するうつ病に対して理解を深めよう。
  • 統合失調症の67%に抗精神病薬を多剤併用している現状。
  • 自身の四肢を失いたいと考える、身体完全同一性障害について
  • うつ病を血液検査で診断する方法を開発する。
  • 前向きな言葉を唱えると、逆に落ち込んでしまう。
  • 映画「精神」でみる、精神障害者の素顔とは。
  • テーマパークで遊ぶと家族や恋人との絆が深まる。
  • 統合失調症はグリア細胞のわずかな変質でも発症する
  • ビールを飲むとホッとするのはIGF−1が高まるため。
  • 自閉症の染色体異常を再現したマウスの作成に成功する。
  • ハーバード大学が同性愛・トランスジェンダー学を新設する
  • 躁鬱病の原因となる遺伝子を名古屋大学が特定する。
  • 不眠症の克服にはトークセラピーが有効である。
  • かかりつけ医に、うつ病の早期発見のための研修を行う。
  • 意欲に関連する脳内たんぱく質「X11L」を発見する。
  • 自閉症を持つ子供は、脳内の扁桃体が大きくなっている。
  • 消防士のほうが高所恐怖を感じやすい。
  • 治療抵抗性統合失調症治療薬「クロザリル」を承認へ。
  • ADHDの小児新薬「ストラテラ」が承認される見通し
  • ブッシュ政権が容認した10種類のCIA尋問方法
  • 政治家こそうつ病を受け入れて偏見を無くすべきである。
  • 凹んだ顔を凸面の顔として知覚してしまうホロウマスク錯視。
  • アラキドン酸が脳の神経細胞の生成を促す。
  • 自殺を図る若い男性は、8歳の時点で情緒的問題が現れる
  • 不登校の子供たちに、箱庭療法を行う医師。
  • 京大「一人でパソコンをするより仲間とマージャンを」
  • 躁鬱病の傾向のある人は社会的成功や名声に強い願望を持つ
  • 「いたずら書き」は逆に集中力を高めることができる。
  • 親から褒められた子供は、他人を思いやる気持ちが育つ。
  • 幼少期に虐待を受けるとストレスと闘う遺伝子が変化する。
  • SSRIを服用した患者に暴力性が高まる。
  • 自殺の原因となる鬱病の「不眠」を見逃さないことが大切
  • 校長が職員の同意を得ずに精神科医に病状を聞きだす
  • 独りぼっちの寂しさは、健康にも害を与える。
  • 35歳以上で初めて子供を産んだ女性は産後精神病になりやすい
  • 統合失調症のラットのドーパミン放出についての研究成果
  • しかしアメリカでは進化論が受け入れられていない。
  • イタリアでも「hikikomori」が目立つ。日本と類似と指摘
  • 集中力を高める色と、想像力を高める色について。
  • 偽りの鬱病で5500万円を詐取した社員らを逮捕する。
  • 内気な魚はペアになった相手の勇敢さを引き出すことができる
  • 若いうちにテレビなどの電子メディアに接すると鬱になりやすい
  • 抗うつ剤ごとの効果に大きな開きがあることが判明する
  • グルココルチコイドの濃度が高すぎると、神経伝達物質が減る
  • テトリスをプレイするとPTSDの治療として効果がある。
  • 精神科医に人格を否定されPTSDを再発したとして賠償命令
  • 社会参加していない精神障害者は50万人に上る
  • 強い不安や緊張からくる症状を森田療法で改善しよう
  • 第37回医療功労賞に酒井病院の精神科医、酒井保之さん
  • 犬も不公平な扱いに反応して嫉妬する。
  • 精神科病院、貝塚中央病院で入院患者の違法拘束による死亡事故
  • つい出てしまう独り言は、精神衛生上良くないのか?
  • 身体症状から始まるうつ病もある。
  • うつ病を証明する客観的指標として脳血流を評価する。
  • 向精神薬エリミンを20万錠流出させた大阪の診療所について
  • 精神科の後期研修の医師を県の正規職員として採用する試み
  • ナルコレプシーの関連遺伝子を東大が発見する。
  • 統合失調症は、海馬の歯状回が未成熟で機能していない。
  • 自己愛性人格障害の特徴と診断について
  • うつ病と双極性障害の違いを判定する診察方法
  • キレる子供の脳のメカニズムを解明するプロジェクト
  • 抗うつ薬の効果の個人差を遺伝子で予測する。
  • 心の健康の不安を7割が意識している。
  • 統合失調症を早期に発見できる検査キットを開発する。
  • 教職員の長期休職に対応した新しい保険を発売する。
  • 恐怖の記憶にブレーキをかけるたんぱく質を発見する
  • ニートは発達障害や精神疾患かもしれません
  • チンパンジーはハグとキスでストレスを軽減させている
  • 医学ちょっといい話2
  • 山形県立鶴岡病院が子供のうつ病治療の専門病棟を設置する
  • うつ病の復職の原則は、「もとの職場に」。
  • 2007年度の全国県別自殺率・自殺者数表。
  • 果たしてうつ病にブログ療法は効くのか?
  • 総合病院の精神科病棟が緊急事態に。
  • リチウム、バルプロ酸、カルバマゼピンは脳神経の再生を促す
  • 社会不安障害と行為障害、人格障害の名称を変更する。
  • パニック障害はうつ病に移行しやすい。
  • 休職した人を職場復帰させるプログラムを病院内で行う。
  • 島根県隠岐病院の精神科常勤医が不在となる。
  • 学者の5人に1人が、リタリンなどを服用していた。
  • 褒めて褒めて褒めまくれ。
  • うつ病の4人に1人が治療を勝手に中断してしまう。
  • 喫煙者は抑うつ気分になりやすい。
  • 米国の女子大生「日本で桜を見れたら命を絶てる」
  • 神戸いのちの電話の役割と活躍について。
  • ギャンブル依存症は、心の病か
  • 国家公務員の長期病欠の63%はうつ病や統合失調症など。
  • 神奈川県で最先端の「うつ病専門病棟」を開設。
  • 春の訪れを感じる遺伝子を発見。鬱の治療に有効か。
  • 自己主張が強くプライドが高い若者に多いうつが目立つ。
  • 憂さ晴らしに酒を飲んでも、嫌な記憶が強化されるだけ。
  • 軽度の鬱病患者には抗うつ剤は不要とする結果に。
  • 心の病を研究してきたアメリカのベノア医師が初来日
  • 恋愛は、本当に人の目を曇らせるのか。
  • 出生児に低身長だった男性は自殺企図が高い。
  • ひきこもりの子供をもつ家族の心構え
  • 統合失調症の新薬「ロナセン」を承認へ
  • 拒食症の少女、7病院に受け入れ断られ心不全に
  • 10代の精神科通院が増えている。
  • 統合失調症治療薬リスパダールの副作用で昏睡状態へ
  • ADHDの治療薬「コンサータ」、いよいよ発売へ。
  • エミネムの母親が、息子は躁うつ病だとの暴露本出版
  • うつ病治療薬LuAA21004の第3相臨床試験を開始
  • 満員電車のストレスは、ミントガムを5分以上噛むことで解消
  • 徹夜することでうつ病を治療する「断眠療法」
  • 能面を使って精神状態を分析するシステムを開発
  • 山場のCMに視聴者は不快感を覚える
  • ニートの6割が、やっぱり部活動を未経験だった。
  • 魚も不眠症になる。
  • 精神障害者向けサロン、運営メンバー募集中
  • 喉が渇いたとして血液サンプルを飲んだ男を禁固刑に
  • 振動していない携帯が、振動しているように感じる人
  • 開業医はうつ状態になりながらも診療に従事している
  • うつ病患者の4割は、抗うつ薬を自己判断で増減する
  • 友人や性生活を犠牲にしてもインターネットを取る人々
  • リタリンの適応から難治性・遷延性うつ病を除外する
  • 抗うつ薬SSRIと自殺願望について。
  • ゲイやバイの男性の14%が自殺未遂を経験している。
  • いのちの電話で相談員不足。かかってきた電話の4%しか話を聞けない状態
  • 気やカビの多い家の住民は鬱病にかかりやすい
  • 「自殺する」という人は、本当に自殺しないのか。
  • IQが高すぎる人と低すぎる人は、性交渉経験率が低い。
  • うつ症状の早期発見・対応などの、効果的な自殺予防策を考える。
  • 私立女子高の14.3%、公立中学の女子9.3%、男子8.0%が刃物での自傷経験
  • 主婦が台所で一日中食べ続ける「キッチンイーター」は摂食障害
  • 厚労省曰く、抗うつ薬「パキシル」使用後に自殺と自殺未遂が増えている
  • 光母子殺害で女児を押入れにいれたのはドラえもんに何とかしてもらう為
  • 頻繁に悪夢を見て夜中に起きる辻希美さんの精神
  • 子持ちの性同一性障害者、性別変更を認めない判決。
  • 精神障害を持つ人が300万人を超す。
  • 「いのちの電話」の相談員と寄付が不足しており苦境に立たされている。
  • DSMにネット中毒やゲーム中毒が精神障害として分類されるのか。
  • 精神科病院の患者喫煙率を6割からゼロに大幅減少することに成功
  • 4年ぶりに3万人以下になった日本人の自殺者。
  • 山口県光市の母子殺害事件の弁護団「強姦は死者復活の儀式」
  • 現在の日本の中学生の25%が「うつ状態」にある。
  • 注文の違うウエディングケーキによってPTSDになったとする裁判
  • 遺伝子を操作したら、うつ病や統合失調症のマウスを生み出せた。
  • 突然居眠りをしてしまう「ナルコレプシー」について
  • 秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始
  • 災害時はパニックより「大したことない」という心理のほうが危険
  • ADHDの子供の母親は、喫煙率が一般人の2倍にも上る。
  • ADHDの8割以上が、子供時代にいじめられた経験を持つ。
  • 精神疾患患者向け雑誌「メンタルヘルスマガジン こころの元気+」
  • 日本人が好きな白色の、上手なつかいかた。
  • いじめを受けると心だけでなく脳内の扁桃核にも傷が生じる
  • システムが把握できずにオドオドするスターバックス症候群
  • 恋愛の主導権を女性が握るケースが増えてきている。
  • 不眠症に悩まされている人の割合が最も高いのは専業主婦
  • 芸能人のプライベートが異常に気になる、セレブ崇拝症候群について
  • 暴力的なテレビゲームは子どもを殺人に駆り立てるわけではない
  • トラウマの記憶は、幸せな記憶よりも残りやすい。
  • 女性のセクシーさを訴えるメディアは摂食障害や鬱病を引き起こす
  • 社長も主婦も受験生も宇宙飛行士もなる「燃え尽き症候群」とは
  • 神戸の知的障害者施設が時給100円で最低賃金法に違反
  • 女子高生に「勝手に死ね」と言った教師は別に悪くない。
  • 韓国の小・中・高校生の間で「集中力を高める薬」が大流行
  • 自閉症に高密度集中治療が効果的かどうかを脳科学の点から検証
  • 体は女、心は男の性同一性障害者が綴る「ダブルハッピネス」
  • 患者の髪の毛をつかんで頭を壁に数回たたき付けた精神科医
  • うつ病などで県が医療費を全額負担している人が過去最多に
  • 有効成分が不足しているため、ハルシオンを自主回収。
  • 抗うつ剤の服用、24歳以下で自殺衝動が出るとFDAが警告
  • 妊婦にパキシルを使用すると胎児に傷害が生じる可能性がある
  • 運転免許更新時の認知症検査は、75歳以上に行う
  • 睡眠時間は7時間より長くても短くてもうつ状態が強くなる
  • 暴れたので精神安定剤を注射して連行した医師が敗訴
  • 日照時間が短くなると起こる冬季性鬱病の症状と治療
  • 明るい性格の人は、風邪をひきにくい
  • 子供がいる性同一性障害者でも、性別を変更できるように
  • うつ病に効果的なオメガ3脂肪酸はイワシや鮭に含まれている
  • 30代で多く発症する双極II型障害とはどんな症状か。
  • PTSDの治療と称して女性を殴った医師に賠償命令
  • うつ病の労災は、時効以降でも補償が受けられる
  • 精神科に入院させたことに腹を立てた元患者が自宅に火をつける
  • 場の空気を読めない日本人は、3つの手法で鍛えるべき
  • 家族を地震で亡くした少年の将来の夢は、レスキュー隊員
  • うつ病の治療に、磁気の刺激を用いると症状が改善する
  • 男性にも、強迫的に買い物をしてしまう状況に陥る
  • 精神科病院で患者が放火。5人が死傷
  • 精神分裂病が統合失調症へ変わったように英語の名称も変更
  • 子供の軽度発達障害を、テレビゲームで治療する
  • 欲しい物を我慢できない「買い物中毒」は躁うつ病の兆候。
  • 湾岸戦争症候群は、筋萎縮性側索硬化症や睾丸がんも増加する
  • キレる子の原因を探れ!徹底的に追跡調査。
  • 不登校の原因となっている起立性調節障害を理解しよう
  • 芸術家の創造性と脳の関係を追及する
  • 同性の教師に教えてもらったほうが偏差値は高くなる
  • 米企業が精神障害者対策をするのは、訴訟を起こされたくないから。
  • ニートは発達障害という疾患である可能性が高い
  • 精神障害者の退院支援施設、患者団体から撤回を要求される
  • 精神科入院患者を減らすために、退院支援施設を設置
  • 統合失調症の男に刺された男性が、病院と主治医に2億の損害賠償
  • スーパーウーマン症候群って何ぞや?
  • 鬱症状の改善には、「結婚」が効果的である。
  • サヴァン症候群の新しい能力は「動物と会話することができる」
  • 性同一性障害の小2男児、性同一性障害の小4男児と対面
  • イタコの口寄せを利用して、病の不安を解消する
  • PTSDは恐怖の記憶を塗り替えられないことによって起こる。
  • 精神疾患患者の個人データがWinnyで流出
  • 北海道で初の性転換手術が成功。性同一性障害者2人に対し。
  • 期待の新星ジェイゾロフト、説明書が意味不明
  • 所得の格差が大きいほど、うつ病傾向になる
  • 頭の悪い保護者が増え、精神疾患を抱える教師も増加傾向に
  • 精神科を退院した患者が、翌日に凶器を持って現れる
  • 森林浴は医学的に効果があることをプロフェッショナルが論じる。
  • 高校教諭をモデルに、放送部が性同一性障害のドキュメンタリーを作成
  • セロトニンを分解する遺伝子が欠損すると心配性で疲れやすくなる
  • 期待の抗うつ薬ジェイゾロフトが日本を席巻する日
  • 徳島県いのちの電話、ボランティア数が足りず相談員募集
  • 非常にスレンダーなキーラ・ナイトレイは拒食症?
  • 現代では豊かな階級のほうがいじめっ子になる
  • 「精神病院」→「精神科病院」に変更
  • 過敏性腸症候群が低年齢化。不登校の原因に
  • なぜ抗うつ薬はニューロンを増加させるのか
  • 札幌医大が性同一性障害の性転換手術を実施する方針に
  • リタリンの処方箋を偽造した男を逮捕
  • ディーゼル自動車の排ガスで、子供は自閉症になる
  • ニートにならないためには、ドラえもんを精神的指導者にすればよい
  • ペ・ヨンジュン、多忙によるストレスで不眠症に
  • サラリーマンのうつ病対策。復職する前にリハビリを
  • 性同一性障害の小2男児を、女子生徒として受け入れる
  • 30歳未満がパキシルを飲むと自殺したくなる
  • 心のケアを重視した小児成育医療を和歌山県立医大病院で開始
  • 日本ではアメリカの10倍の抗不安薬が処方されている
  • どうしても眠れなかったら、病院へ行こう
  • 中学生♀が担任のなめこ汁に抗うつ剤を混入する
  • うつ病が増加傾向。精神疾患に対する理解を。
  • 精神科の急性期病棟設立。重症患者を中心に治療
  • 臨床心理士が極低出生体重児の母親をサポートする
  • 「教師に理解してもらえなかった」注意欠陥多動性障害
  • 強迫性障害をカミングアウトしたベッカム
  • クモ恐怖症の男がクモ相手に健闘
  • 「君が代神経症」だってさ。
  • 精神病院→精神科病院へ名称変更
  • 2011-05-07 過去5年間の感染症ニュース一覧@医学処

    感染症医療ニュース一覧

  • 結核菌と肺内の酵素との関連を見いだし、MMP-1を同定する。
  • ヒブワクチンとBCGワクチンを同時接種した乳児5人が死亡。
  • はしかの感染拡大の恐れ。ワクチンをしっかり接種しておこう。
  • アメリカの生体腎移植で移植患者がHIVに感染。
  • 伝染性紅斑(りんご病)が4年ぶりに流行の兆しをみせている。
  • 鳥インフルの検体を先進国と途上国の両方で共有する仕組み
  • 格闘家の間で広まる新しいタイプの水虫「トンズランス菌」にご注意。
  • 30代のドナーが骨髄を提供した後で急性C型肝炎を発症
  • 避難所でノロウイルス。60人が感染か。
  • 超多剤耐性結核菌が佐賀で集団感染中
  • HTLV−1の抗体検査が全国の保健所で検査可能に
  • ノロウイルスが原因で高齢者が死亡
  • 東大病院で多剤耐性緑膿菌に感染した10人中5人が死亡。
  • 多剤耐性菌がインドから持ち込まれる―獨協医大―
  • クリプトコッカス・ガッティ、日本初の感染者が出る
  • ヨーロッパで新種の抗生剤耐性菌に感染
  • 新型インフルの大流行の原因を河岡教授らが特定する
  • 国立感染症研究所情報センター長、岡部信彦氏の話
  • 針まで溶けて吸収されるインフルエンザワクチンを開発
  • 女性の意思でHIV感染を予防できるゼリー薬登場
  • 百日咳、過去10年で2番目の多さに急増中
  • マラリアを媒介する蚊を使ってワクチン接種することに成功
  • 治療不可能な超多剤耐性結核菌が激増している
  • はしかの患者、初めて大幅に減少する。
  • 結核治療中の俳優が病院を脱走し池袋のラーメン屋に
  • ヘルペス治療薬アシクロビルがエイズの進行を遅らせる
  • 宿主を性転換させ爆発的に繁殖するボルバキアについて
  • 新型インフルエンザ、未成年の感染者が半数を下回る。
  • 新種のリンパ球「ナチュラルヘルパー細胞」を発見する。
  • ニホンザルが再生不良性貧血で相次いで死ぬ現象が起こる
  • ボルバキアを蚊に感染させて、デング熱などの伝染病を抑制する
  • マラリアを媒介する蚊の繁殖を大幅に抑える。
  • 南京虫は共生している細菌からビタミンBを貰っていた。
  • イヌも新型インフルエンザに感染していた。
  • 季節性ワクチンを打つと新型インフルワクチンの効果も高まる
  • 新型インフルは、抗体価が高くても発症する。
  • カタツムリを食べた女性が髄膜炎で死亡する。
  • ウクライナで謎のスーパーインフルエンザが大流行中。
  • 過大な表現で販売されているインフル用マスクにご注意。
  • 新型インフルエンザワクチン、4300万人は国産のものを接種可能
  • ロタウイルス向けのワクチン、ロタリックスを日本でも。
  • 新型インフルエンザの死者、国内で52人に。
  • 未処理の雨水を飲んでも衛生面では問題がないとする研究
  • 世界で初めて、猫の新型インフルエンザ感染を確認する。
  • 飼い犬の25%が日本脳炎に感染している。
  • セレウス菌は胞子の周りをガラスで覆っている。
  • 舌ピアスで脳膿瘍になる可能性があるのでご注意。
  • カンピロバクターによる食中毒を予防しよう。
  • カテキンでインフルエンザウイルスの増殖を抑制する。
  • 新型インフルエンザワクチンは一回の接種で効果あり。
  • 慢性疲労症候群はXMRVというウイルスに感染している可能性
  • ティラノザウルスの死因は寄生虫トリコモナスだった?
  • タミフルの予防投与は耐性ウイルスを生んでしまう。
  • C型肝炎治療、遺伝子の違いによって差が出ている。
  • 不顕性感染のメカニズムを帯広畜産大が解明する。
  • 伝染病阻止ゲーム「パンデミック」が日本上陸。
  • 成人T細胞白血病ウイルスについて症状と治療を知ろう。
  • 新型インフルエンザに感染した小6男児が死亡。
  • 新型インフルエンザにおける妊婦さんの対応。
  • HIVからエイズの発症を防ぐ2つの抗体を発見する。
  • 新型インフルエンザの男性、基礎疾患をもっていないのに死亡
  • 新型インフルエンザの国産ワクチンの治験を行う。
  • ジンバブエのコレラ死亡者数が4000人を超える。
  • 新型インフルに抵抗力が強い血液型はB型?
  • エイズ患者の4人に1人は仕事を離職した経験がある。
  • 鶏の刺身を食べた男女8人がカンピロバクターに感染する
  • ウォシュレットの温水に雑菌が繁殖しやすいことが判明する。
  • 新型インフルエンザ感染者が急性脳炎を発症する。
  • 感染症のかかりやすさに男女差があることを大分大が確認
  • 女性のほうがエイズ発症が早いのは、免疫による。
  • 緑茶成分に性交渉時のHIV感染を抑制する作用がある。
  • 豚インフルエンザの国内感染が1000人を超えた可能性
  • 新型インフルエンザの機内検疫を行っている医師の話。
  • 新型インフルエンザの隔離ってどんなふうにされるの?
  • カエル絶滅の根源、ツボカビはアジアが起源か。
  • 豚インフルエンザはスペイン風邪が起源だった。
  • 豚インフルエンザの感染症に関する情報について
  • 米軍施設がベネズエラウマ脳脊髄炎の病原体サンプルを紛失
  • ハリセンボンの箕輪はるかさん、肺結核で入院。
  • 百日咳の患者数が過去最悪のペース。流行が止まらない。
  • 紫外線に耐性を持つ新種の細菌3種を成層圏で見つける
  • 医療関係者が持つ携帯電話が院内感染の原因となっている
  • ノロウイルスの集団感染は煙草を口にもっていく動作が原因
  • HIV除去精子の体外受精で71人誕生、母子ともに感染なし。
  • なぜインフルエンザは冬に大流行するのか。
  • 東大の河岡教授がエボラ出血熱のワクチンを開発する。
  • Hibワクチンを接種していなかった乳児5人が死亡する。
  • ヘルペス感染を防ぐための局所用クリームを開発する。
  • 経済が壊滅的なジンバブエでコレラが大流行中。
  • どのタイプのインフルエンザにも効く万能ワクチンを開発
  • 福岡大病院で多剤耐性アシネトバクター菌の集団感染。
  • 粘膜が細菌感染を防ぐ仕組みはインターロイキン17Fによるもの
  • 町田の病院でインフルエンザの集団感染101人。
  • インフルエンザワクチンは不活化ワクチンなので妊婦もOK
  • フィブリン糊によるC型肝炎感染の和解が難航している。
  • サルモネラ菌に感染した豚をそのまま出荷してしまう
  • インフルエンザの流行はネット検索で分かる
  • HIV研究でノーベル賞受賞者「HIVの感染を数年で根絶する」
  • 福島県で、死者も出るほどのツツガムシ病による被害が続出。
  • 新型インフルエンザ対策で注目を集める「ダチョウ抗体」
  • 大都市での麻疹予防接種率が3,40%と非常に低迷している
  • ソースの2度漬けで、ソース内の細菌は激増する。
  • タミフルの効かないインフルエンザが鳥取で流行中
  • 風邪ウイルスの機序が明らかになる。
  • 福岡大病院の医師が結核の徴候がありつつも勤務を続けていた
  • アフリカで未知のウイルスによる新たな感染症が発生する。
  • 20代前半女性と30代男性に梅毒が増加している。
  • 女性看護師が肺結核に感染したまま4ヶ月間勤務していた。
  • ペットボトルのフタを回収してポリオワクチンを送れる?
  • 相撲やラグビーや柔道で感染する格闘家ヘルペス「BgKL」
  • 1908年チンパンジーを撲殺した時に飛翔した血液からHIV初感染
  • 女性の5人に1人が感染する腟カンジダ症について。
  • 北京でデング熱の感染者が出る。
  • カエル・ツボカビ症の原因菌を単独分離することに成功する
  • ヘモグロビンを分解し貧血を引き起こすバベシア症について。
  • 蚊を中途半端に駆除するほうがデング熱は重症化する。
  • 外国人「いい加減日本は麻疹対策をしろボケナス」
  • 食中毒菌を3分で検出する手のひらサイズの装置を開発。
  • 寄生虫治療薬ニタゾキサニドがC型肝炎にも効く。
  • 黄砂にはカビや細菌も含まれている。
  • 遺伝子操作を加えた蚊を自然界に離す計画。
  • 血液型によって、かかりやすい病気が異なる?
  • ガーナの人々は誰もが野口博士を知っており、貢献を忘れない
  • 九州大学病院が新型インフルエンザ治療施設を計画する。
  • 島根県おちハートクリニックが採血用の針を使い回していた。
  • 医療の事故防止キャンペーンを開催。
  • 風疹の免疫のない若い女性が増えている
  • 中国で手足口病が大流行し、死者も出る。
  • 熱帯の魚を食べると発症する、シガテラ中毒について
  • ツツガムシ病の調査で和歌山県医学研究奨励賞を受賞
  • 変異型ヤコブ病で2人が死亡する。
  • 野生イノシシの5〜10%がHEVを保有している
  • 神戸大学医学部が遺伝子組み換え大腸菌を廊下で培養していた。
  • 百日咳、何故か急増中。大人の感染に注意して。
  • コレステロールが低いと免疫細胞の働きが悪く死亡率も上昇する
  • インフルエンザ菌の6割が抗生物質効かず。
  • 野兎病について知っていますか?
  • どんな型のウイルスにも効く新しいタイプのワクチン
  • 協和発酵、がん治療用抗体の開発権を取得する。
  • 麻疹の予防接種が遅れている日本にアメリカがブチ切れる
  • インフルエンザの流行がピークを越し、終息へ。
  • ジャカルタで人から人へ感染する鳥インフルエンザに
  • 細菌性髄膜炎予防のHibワクチン、公費負担となるか
  • タミフル耐性のインフルエンザ、欧米で流行中
  • HIV感染の検査目的での献血が増加している。
  • エボラウイルスの無害化に東大の河岡教授が成功する
  • 汚染された血液製剤納入先一覧を政府広報が掲載
  • 消費期限の切れた生食用牡蠣を客に提供
  • 感染性胃腸炎が今年の冬も大流行。
  • 人から感染する鳥インフルエンザで死亡した男性の父親も感染
  • 北里大学に入学する学生に麻疹ワクチンを打たせる方針
  • アパホテル高崎駅前の温泉でレジオネラ属菌を検出
  • 腸内細菌を養って、免疫力を向上しよう
  • 近年流行のなかったAソ連型インフルエンザが広まる
  • 人から人へ感染する鳥インフルエンザ、誕生か。
  • 北海道のインフルエンザが早々に警報に。
  • 修学旅行先の北京でノロウイルスに集団感染
  • 麻疹ウイルスの表面たんぱく質の構造を解明へ
  • 鳥インフルエンザを2類感染症に。強制入院が可能に。
  • 今秋初のインフルエンザを検出
  • 都内の温泉マンションからレジオネラ菌を検出
  • アメリカでのMRSAによる死者エイズより多い
  • 農村部でもエイズが拡大。
  • ピロリ菌は細胞死を抑制する
  • 九州、関西地方を中心にはしかが流行する恐れ
  • サルモネラ菌が宇宙にいくと毒性が増す
  • B型肝炎ウイルスの、父子感染の割合が増えている。
  • カエルを絶滅から救うプロジェクト「両生類の箱舟」
  • イギリスで、初の青舌病感染牛。
  • コンゴでエボラ出血熱の感染者を確認、5人が死亡
  • タカラバイオが遺伝子組み換えウイルスを排水に流す
  • 菓匠三全のドラ焼きからブドウ球菌が検出される。
  • 日本の蚊も西ナイル熱のウイルスを媒介させることが判明
  • エキノコックスがペットのネコに感染しているのを発見する
  • 毎年一種類のペースで、未知の病気が発生している。
  • 非定型BSE(牛海綿状脳症)がマウスにも感染することが発覚
  • バリ島で2人目の、鳥インフルエンザの犠牲者が出る。
  • HIVの新規感染者、3ヶ月で270人と過去最多に。
  • 500年前のミイラの肝臓から、B型肝炎ウイルスが発見される。
  • 今年の夏も流行する見通しのアタマジラミについて知識と理解を深めよう
  • 十九歳未満の性交経験者の四分の一がクラミジアに感染している
  • なぜか大人の間で年々広がっている、百日ぜきの流行。
  • 2012年を目標に、国内の麻疹を制圧するプロジェクトを開始する。
  • タイのHIV感染者が、売春をしている女子大生に狂気の「復讐」
  • 北京の有料飲料水の半分が偽者で、飲料には適さないことが判明する
  • 順天堂大学医学部が、細菌学の実習で赤痢菌に集団感染。
  • 院内感染への対応や医療事故の安全対策などを日本で学ぶ。
  • 何故病院職員が手を洗うようになったのか。
  • 麻疹流行を受けて、中1から高3を対象に2度目の予防接種を行う
  • ピロリ菌の祖先は、深海底に広く分布する微生物だった。
  • インフルエンザワクチンが過去最多の640万本を廃棄へ。
  • ドイツの野鳥から、今年初の鳥インフルエンザを検出する。
  • 北京で温泉がブームになっているが、大半の温泉にバクテリアが多数。
  • 麻疹ワクチン、ただいま大増産中。
  • コレラ菌のワクチン成分を含んだコメを作ることに成功。
  • ようやく麻疹の流行が収束か。麻疹患者が減少傾向に。
  • 東京医大病院の調査の結果、多剤耐性緑膿菌は院内感染の疑いが強い。
  • 宮崎県の地鶏の刺身で食中毒。原因菌はカンピロバクター。
  • 迅速な対応で麻疹の集団感染をゼロとした茨城県に学ぼう
  • 全ての抗生剤が効かない極度薬剤耐性結核菌がイタリアで検出
  • 麻疹にかかったことがなく予防接種もしていない妊婦は注意。
  • 麻疹抗体の検査依頼が殺到し、臨床検査会社がてんてこまい状態
  • 広範囲薬剤耐性の結核に感染していながらも渡航しようとした男性
  • インドネシアの5歳少女が鳥インフルエンザで死亡
  • 香川大学医学部で百日咳の大流行。職員にまで広がり休講に。
  • 麻疹の抗体検査が、試薬の不足から実施困難になっている。
  • 予防接種を打ったからといって麻疹にかからないわけではない。
  • 北大で、鳥インフルエンザのワクチン開発に成功する。
  • 蔓延防止のため、大阪府でブルセラ症の犬119匹を安楽死させる
  • フルオロキノロン系抗生物質などの効かない淋病が急増中。
  • 関東で流行している麻疹は、10代前半や大人に多い。
  • クロイツフェルト・ヤコブ病の患者に使った手術器具を滅菌せず
  • キリスト教の儀式で、狂犬病に感染するおそれが出てくる。
  • ピロリ菌が胃癌を発症させるメカニズムを解明
  • 日本中国韓国の3国が、新型インフルエンザに共同で対処する
  • HPVワクチンを義務付けることで性行為の低年齢化が懸念される。
  • 超薬剤耐性の結核が日本を含む世界35ヶ国に感染拡大中
  • 日本における豚コレラ、120年ぶりに根絶。
  • 殺菌してない「生乳」には食中毒の原因となる菌が含まれている
  • マラリア原虫に耐性のある蚊を遺伝子組み換えで開発
  • タミフルを服用していないインフルエンザ患者の飛び降りが発生
  • 熊本県内のクマタカの死骸から鳥インフルエンザを検出
  • 日本でのワクチン開発を推進するために厚生労働省が乗り出す
  • 朝日新聞社の「AERA」の表紙と裏表紙の印刷時に抗菌処理を施す
  • 下呂温泉でノロウイルスに感染し19名が下痢発熱を引き起こす
  • 牛の病気の原因「気腫疽菌」に、世界で初めて日本人が感染
  • もし新型インフルエンザが確認されたら、既に3000人が感染している。
  • 岐阜の饅頭からノロウイルス。112人が新規発症。
  • インドネシアがウイルスを知的財産だと主張していた問題が解決
  • エジプトで鳥インフルエンザの死者。これで13人目。
  • 転落死した中2女子生徒は、タミフルを服用していた。
  • 慈恵医大青戸病院でインフルエンザの院内感染により2人死亡
  • 南アフリカで、大規模なエイズ予防接種を実施することに。
  • 今年流行するインフルエンザは症状の重いA香港型
  • マスクがインフルエンザ予防に効果を果たすのかを、体を張って検証
  • 2006年にエイズウイルスに感染した人は1304人で過去最高
  • 進化しながら6万年も昔から人に感染しているピロリ菌。
  • 厚生労働省が、インフルエンザの流行シーズンに入ったと発表
  • 鳥取市の集団食中毒、給食を介して775人に感染
  • 鳥インフルエンザの恐怖。岡山県高梁市の養鶏場で陽性反応。
  • HIV検査で陽性の人に間違えて陰性と通知してしまいました。
  • 蚊を介して感染る、チクングニヤ熱が日本で初めて発症する。
  • 河岡義裕教授がスペイン風邪を人工生成することに成功
  • 不二家のシュークリームの細菌数は異常すぎて計測できない
  • ようやくピークを越えたノロウイルス感染症。
  • カエルを絶滅の危機に追いやるカエル・ツボカビ症が日本上陸
  • 腸の細胞を騙して体内に入り込む赤痢菌
  • 鳥インフルエンザを10分で診断する新技術を開発
  • 無菌の氷を溶かした南極の浴槽でもレジオネラ菌は繁殖していた
  • プリオンを持たない牛を20ヶ月健康に育てることに成功
  • 海外旅行シーズンのため、狂犬病ワクチンが全国的に不足
  • インフルエンザ発生一番目は岐阜県、次いで北海道でも発生
  • アフリカ原産の植物2種が、HIVの感染を抑制する
  • 超多剤耐性結核菌による感染者、国内で年間70人に上る
  • エボラウイルスでゴリラとチンパンジーが大量死
  • ノロウイルスの患者数は1000万人に達するかもしれない
  • 世界初の、男女ともにHIV感染者の体外受精を実施
  • カリニ肺炎の感染を防ぐ「デクチン1」を東大が特定
  • ホテルメトロポリタンで347人がノロウイルスに集団感染
  • 箱根ホテル小涌園でノロウイルスによる食中毒が発生
  • かに道楽本店で数十人が食中毒。2日間の営業停止へ
  • 注射針に付着した黄色ブドウ球菌が原因で両手足が麻痺。
  • 麻薬と同性愛行為で受刑者の1/4がHIVに感染。
  • 感染性胃腸炎警報が発令される
  • 薬害エイズ事件の担当医の手記が出版される
  • フィリピンで犬に噛まれた男性が狂犬病を発症。本月2例目。
  • セフトリアキソンナトリウムの副作用で重度の肝障害
  • 36年ぶりに日本で狂犬病発症。感染源はフィリピンの犬。
  • 焼肉バイキングでカンピロバクターによる食中毒が発生
  • インフルエンザの季節。新型インフルエンザの予防法とは。
  • HIVを減らす「遺伝子治療」実験が好成績を挙げる
  • 献血した人のHIV陽性率が過去最悪に
  • 牛肉や鳥肉の加熱不足でカンピロバクターによる食中毒が多発
  • 全ての治療薬が効かない超多剤耐性結核菌が発生する
  • 民間からエイズ予防財団国際課主任となった柏崎正雄氏
  • MMRワクチンを接種した後に死亡した男児の慰謝料判決
  • 東大で致死率70%のウイルスを遺伝子から合成することに成功
  • 加熱用のレバーを使ったレバ刺しでカンピロバクターに感染
  • 東京医科大学でも多剤耐性緑膿菌の院内感染が発覚
  • ホテル宿泊客が風邪の場合、ウイルスは4日以上存在する
  • アメリカO-157事件、ほうれん草による死者が2人目に
  • 雪印乳業食中毒事件から六年連続で、毒素検出はゼロ
  • 異性愛者でも1割は同性とのセックス経験がある
  • HIV感染者全国第2位は意外にも長野県。6割がAIDS発症で発覚
  • パルトネラ菌による「ネコひっかき病」が増加の兆し。
  • 昭和大鳥山病院でまたもノロウイルス食中毒。
  • りんご病が再び増加傾向。妊婦は感染にご注意
  • 学園祭で生レバーやユッケを出すと食中毒が多発するよ
  • 爬虫類ペットによる乳幼児のサルモネラ菌感染が相次ぐ
  • インドから帰ってきた男子学生が細菌性赤痢に感染
  • 透析を受けていた8人が同時にB型肝炎に感染する
  • 若者が全然避妊してくれないからエイズ対策費を減らします
  • 2011-05-06 過去5年間の循環器ニュース一覧@医学処

    循環器・血液の医療ニュース一覧

  • 大動脈解離を見逃し死亡したとして1億円の賠償を求める
  • 肥満の子供の手首のサイズが心血管系の発症リスクと関連している。
  • ミイラから世界最古の動脈硬化病変を発見する
  • 被災地の静脈血栓症、数ヶ月後にピークがくる恐れも
  • 東日本大震災で、たこつぼ心筋症の多発の恐れがある。
  • 医療における信念を抱き続ける病院、藤沢駅徒歩3分の山内病院
  • 腎臓の動脈硬化の認知度は1割未満
  • 低血圧の定義って何?ほっといていいの?
  • 冬の間は献血する人が激減するらしい。
  • 当直医に専門医と同等の判断を要求するのは酷か
  • クロレラの光合成を使って心停止後の臓器を復活させる
  • 毛髪からコルチゾールを測定し心臓発作を予測する
  • 心室の壁が薄くなる病態の原因を慶應大が発見する
  • チョコに降圧効果があっても患者は食べることに拒否的である
  • 太鼓を叩いていた女性、炭疽菌に感染し入院する。
  • アテローム性動脈硬化をナノ粒子と幹細胞で治療する
  • IT機器を活用しヒューマンエラーを無くそう
  • 座っている時間が長いほうが寿命は短くなる。
  • 室内でも熱中症になる―高齢者の台所に注意―
  • 腹部大動脈留破裂の104歳、金沢大学病院で手術に成功
  • オメガ3脂肪酸は心臓には良いが脳の機能を高める効果はない
  • バイエル薬品が循環器内科医向けのサイトを開設する
  • 血圧の変動が大きい場合は脳卒中のリスクが激増する
  • 川崎病のモデルマウスを千船病院が作製に成功する
  • アナフィラキシーショックの児童に学校側は注射薬を使わず
  • 拡張型心筋症に透析で抗体を除去すれば回復する
  • IQが低いと心臓病になりやすい理由とは。
  • 大動脈狭窄症の弁置換術をカテーテルで行うことに阪大が成功。
  • アーモンドの皮含まれるフラボノイドが抗酸化作用。
  • 魚を食べても心不全の予防にはならなかった。
  • 中性脂肪やコレステロールが高い人のほうが脳梗塞を起こしにくい。
  • iPS細胞の初実用化。心臓への副作用を予測する検査へ。
  • やせすぎは循環器疾患による死亡リスクが上昇する。
  • 大動脈瘤の手術時に脊髄を冷却する技術を開発する
  • 大麦黒酢の抗酸化作用で血液の流動性が改善される
  • 心筋幹細胞を増やして心不全に移植する臨床研究を開始する。
  • 魚を食べて血管病を防ぐ-北国健康生きがい支援事業-
  • 人生に絶望すると頚動脈に異変が起こりやすくなる。
  • お年寄りと小さな子供は、室内での熱中症に注意。
  • 心筋梗塞に、幹細胞を注入して損傷を修復する治療法
  • 睡眠不足な中高年は高血圧の危険性が高まる。
  • バッハの生演奏を行うことで白血病患者の症状が改善する。
  • 好きな音楽を聴くと血管が拡張する作用がある。
  • 乳児の拡張型心筋症にペースメーカーを用いた新療法を行う。
  • 心筋細胞も再生することを確認する。
  • 暑がり遺伝子を発見。人間にも同様のものがあることを確認。
  • 心臓の動きに同調して手術サポートするロボットを開発する
  • 東京女子医科大学の心臓手術事件、2審も医師無罪となる。
  • 塩は人の気分を高揚させ、麻薬のような熱望を引き起こす。
  • 「怒り」が心臓に悪影響を与える。
  • ロス手術で高校生を死亡させた心臓外科医が書類送検。
  • NHK「Q.E.D.」でペースメーカーについて訂正する
  • 鹿児島大学病院で人工心肺中に空気が混入する医療ミス。
  • iPS細胞で作った心筋シートで心筋梗塞を改善する。
  • 心筋に中性脂肪が蓄積する「中性脂肪蓄積心筋血管症」
  • 福島医大で先天性心疾患の無輸血手術のシステムを開発。
  • 点滴バーの効果に疑問視する声が多数寄せられる。
  • 血管内を泳ぐ極小電動ロボット「プロテウス」の開発に成功。
  • 心アミロイドーシスの治療法を世界で始めて福島医大が発見
  • 低めの血圧でもリスクがあれば脳卒中や心筋梗塞を起こす
  • ぬるま湯の温泉「ぬる湯」の美容・健康的効能について
  • 禁煙法を施行したところ心疾患の入院患者が4割減った。
  • 人工心臓エバハート装着後、2週間後に心肺停止状態に
  • 肩こりを解消するための入浴方法について知ろう
  • 色んな症状が出る低血圧のこと、理解してあげて下さい。
  • 補助人工心臓を永久装着して歩けるようになるまで回復する。
  • 塩分過剰は腎臓の細胞膜のコレクトリンを活性化させ血圧を上げる
  • サマータイムから標準時間への移行は心臓に優しい。
  • ブドウを食べると血圧降下と心機能向上を認める。
  • スタチンの発見者、遠藤章名誉教授がラスカー賞受賞。
  • 補助人工心臓を管理する「人工心臓管理技術士」の資格
  • 高血圧の治療薬で症状を完治させよう。
  • リンパ浮腫の治療に、医療用弾性ストッキングを。
  • 第50回国際脈管学会に学ぶ、最先端血管治療法。
  • 実はせっかちな人のほうが心筋梗塞になりにくい。
  • 20世紀最高の心臓外科医、マイケル・ドゥベーキ医師が死去。
  • 北京ダックの皮の表面は心臓病の死亡率を減少させる。
  • 血圧が正常な人が減塩食を食べるとかえって心臓に悪い。
  • 心筋の成長を促すたんぱく質IGFBP-4を発見する。
  • サイパンの心臓病の新生児を、あいち小児医療センターで手術
  • 静岡県に経皮的頸動脈ステント留置術の指導医が誕生する
  • 混合型血管奇形を難病指定にするよう求める。
  • 足の異常を自覚しても、ほとんどが病院に行かない。
  • 時間が経つと体内で吸収されるステント、新発売。
  • 心臓を摘出した状態で16日間生存し、心臓移植に成功する。
  • 三重大学が、3cmの心臓を手術し、成功させる。
  • 15歳未満のエホバの証人には、親が拒否しても輸血する2
  • ペースメーカーがハッカーに悪用される恐れが生じている
  • ネコの飼い主は心臓発作のリスクが減少する。
  • 筑波メディカルセンター病院で心臓の裏にガーゼを忘れる事故
  • ES細胞から赤血球を量産することに成功する
  • 心配性の男性ほど心筋梗塞になりやすい
  • 大腿の筋肉を培養し、拡張型心筋症を治療する技術
  • 高血圧治療薬の大いなる進歩と現状について
  • 直観像記憶は人間の子供の数百人に一人が備えている
  • 足湯を行うと心機能が改善するため移植の補助に有効
  • 朝と夜に測定した血圧の平均値を表示できる血圧計
  • 血管潰瘍に効果のある遺伝子治療薬、来春承認申請へ
  • 果物をたくさん食べれば脳卒中や心筋梗塞になりにくい
  • 小児のメタボリックシンドロームの基準
  • 高血圧患者は、就寝中の薬切れに注意しなければならない
  • 不足すると心不全になる蛋白質。
  • ジョギングするより卓球したほうが医学的にも良いと思う。
  • 北海道夕張市が、メタボ改善ツアーを企画する。
  • PL学園で、胸に硬球が当たった野球部員が死亡する。
  • エアコンの故障が原因で、手術用血液8リットルを廃棄する。
  • メタボ克服のためのジョギング中に虚血性心不全で死亡
  • 東京都内で熱中症による救急搬送が多発している。
  • 世界でほとんど報告のない、重度の心臓疾患の難手術に成功する。
  • 心臓震盪を防ぐ、野球・ソフトボール用の胸部保護パッドを発売
  • 被災した住人にエコノミークラス症候群の集団検診を行う。
  • 中越沖地震のストレスで「たこつぼ心筋症」を発症か。
  • 4時間以上動かない姿勢で、血栓ができる可能性が通常の約2倍に高まる
  • コレステロールは、脳の機能増進には欠かせない。
  • カテーテルを心臓側面に縫い付け、抜き取ろうとした時に大量出血
  • 手術中継の際に動脈瘤が破裂し患者が死亡。今後の在り方について。
  • 和歌山刑務所の受刑者が、肺血栓塞栓症で死亡していた。
  • iPodを使用すると、心臓ペースメーカーに悪影響が出る。
  • 国内初の、血液型の異なる生体肝腎同時移植が成功。
  • 心筋に伸びる神経が偏っていることで、不整脈を防止している
  • 適度な飲酒は、急性心筋梗塞を予防する効果がある
  • 1146g男児の完全大血管転位症の手術、見事に成功。
  • 高額なブレスレットやネックレスを買っても健康に良いわけがない
  • キムチを食べ過ぎると肥満、高血圧、高脂血症など慢性疾患にかかる
  • 名古屋大学病院で、不整脈に8分間気づかない医療事故発生
  • 心停止後120分経ってから奇跡的に生還。
  • 動脈瘤の拡大因子を抑制する「おとり拡散」で破裂予防
  • 鎮痛剤をほぼ毎日服用する人は高血圧になるリスクが3割増える
  • 北大が、サケの皮のコラーゲンから人工血管を作ることに成功。
  • 松の樹皮エキス「ピクノジェノール」が心不全改善に効く
  • ビタミンA,Eなどの抗酸化サプリメントは死亡率を高める可能性もある
  • 失神ゲームが米国の若い世代で流行し、年間1000人が死亡している
  • 国立循環器病センターのICU専属医師5人が一斉退職する。
  • がん抑制遺伝子p53が、心不全を促す働きも行っていた。
  • 仕事中に昼寝することで、心臓疾患で死亡する確率が低くなる。
  • 厚生労働省「定期健診にウエスト測定も」経団連「ヤダ」
  • 薬剤溶出ステントを使用する場合、抗血小板薬の服用期間を延長する
  • 国立病院初の、禁煙タクシー専用乗り場ができる。
  • 動脈硬化学会が、コレステロールの判断基準を変更することに決定
  • 老後になっても夫と暮らす妻の死亡リスクは、2倍に高まる
  • 煙草の体験から、シンナーや覚せい剤に移行するパターンがある。
  • バイリンガルは一ヶ国語しか話さない人より認知症になりにくい
  • 睡眠時無呼吸症候群にCPAPマスクをつけても脳梗塞の危険は残る
  • 紅茶は心臓病を予防するが、ミルクを入れると効果がなくなる。
  • ロス手術後に死亡したとして水戸済生会総合病院を訴える
  • 心筋細胞を大動脈に巻きつけて、拍動動脈を作る実験を行う
  • 加藤茶が大動脈解離で10時間に及ぶ緊急手術。術後は順調。
  • 単核球に血管の再生を促す働きがあることを千葉大が発見
  • ブレスレット商法詐欺は、血液検査に細工がしてあるだけです。
  • 悪性リンパ腫に使う抗がん剤「リツキサン」の副作用で8人死亡
  • 魚肉ソーセージを使った健康食品がブームの兆しをみせる
  • 献血不足が深刻なのでメイドにマッサージなどのサービスを提供
  • 身長が3cm以上縮んだ人は、心臓病で死亡する恐れが高い。
  • HIV感染者でも帝王切開と抗ウイルス剤で感染率を0.6%に抑えられる
  • 厚生労働省副大臣がメタボリックシンドローム克服サイト作り
  • 幼少期に多量の大豆を摂取した女性は、乳癌の発症が少ない
  • ゴルバチョフの頸動脈は8割がコレステロールで塞がっていた
  • 貧血治療薬エポエチン、ダーベポエチンに心臓病リスク
  • チョコレートに血栓を防ぐ作用があることを確認
  • 種子を埋め込んで自分の細胞に覆われた人工心臓弁を作ろう
  • 潜在意識をコントロールすることがダイエット成功へ繋がる
  • 赤ワインに含まれるレスベラトロルは肥満の悪影響を打ち消す
  • 憂鬱な月曜日はどの曜日よりも心臓発作で死亡する人が多い
  • 「血液がサラサラに」と主張するブレスレット商法は詐欺です
  • 重さ1kgの結石が膀胱に形成され、除去手術を受ける
  • 心筋細胞は血流が止まるとまだら模様に死んでいく
  • 東大病院で、新生児へのステント治療を成功させる
  • キノコに肝動脈を硬化させる因子があることを発見
  • 町立愛知中学校で中学生37人が熱中症になり2名が入院
  • 着るだけで心電図を24時間測ることのできるシャツを開発
  • 農村で暮らす男性は塩分過多で高血圧になりやすい。
  • バルーンカテーテルにより血管破裂を引き起こし死亡
  • 献血は8月と9月に最も減少する。今年は特にAB型が不足。
  • ステントグラフトによる腹部大動脈瘤治療が拡大中
  • とろろ昆布には血中の中性脂肪上昇を抑える働きがある
  • 完全大血管転位症を治療するためアメリカへ、向かう途中の日本で手術成功
  • 心臓発作が起こっても気づかない人が4割以上
  • 肺塞栓の治療に用いた金属製ワイヤーで出血死
  • 下手な外科医が難度の高い手術に挑み18歳男性を殺す
  • 携帯の電磁波は天井や壁で反射するので優先席付近だけ警戒しても無駄
  • 夏は脳の血管が詰まりやすいので予防と対策をしっかりと
  • 心筋梗塞発症は、塩基配列が1つ違えば1.5倍、3つ違えば3.5倍に
  • 熱中症対策に、「ウォーター・ローディング」を
  • 心停止のアラームに誰も気づかず死亡
  • 猛威を揮う熱中症。九州では2名が死亡。
  • これから暑くなってきます。熱中症を予防しましょう。
  • 本当は怖い高山病。海外の登山や観光で日本人が数多く死亡
  • 朝食を抜き続けて起こる、将来の障害
  • 血液が薄すぎて献血ができないという女性が増加している
  • サッカーを見ると心筋梗塞になりやすい
  • 完全大血管転位症の低体重児、心臓手術に成功
  • 元患者が心筋梗塞になり腹を立てた医師が病院を放火
  • 自動体外式除細動器(AED)に不具合が生じ578台を回収へ
  • 心肺停止後から回復までの国内最長記録を更新。記録は2時間45分
  • 大動脈瘤を見落とした事件で、遺族の請求を棄却
  • 冠動脈の閉塞を取り除く新技術、「エキシマレーザー」
  • 拡張型心筋症治療のためアメリカで行った心臓移植が無事終了
  • 動脈が詰まっていることに気づかず死亡 in多賀総合病院
  • カテーテルを誤って動脈に挿入し死亡 in市立札幌病院
  • 閉塞性動脈硬化症の遺伝子治療で、効果の確証が得られず
  • 獨協医大で心臓手術ミス。病院はミスを隠蔽
  • いたずら電話かと思ったら本当に心臓発作だった
  • 無職が減ると、心臓発作は増える。
  • 心筋梗塞を白血病治療薬で治そう
  • 遺伝子治療で閉塞性動脈硬化症(ASO)を治そう
  • 冠状動脈バイパス術に「祈り」を付加するとどうなるのか
  • 大動脈瘤の手術は医者にとってもハイリスク
  • 2011-05-05 過去5年間の消化器ニュース一覧@医学処

    消化器・栄養の医療ニュース一覧

  • 善玉腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸が生体内エネルギーバランスを調整する
  • 肝臓の疾患を一滴の血でスクリーニングすることに成功。
  • ねこは食物の栄養バランスを自分で調節していることが判明。
  • エンシュアの類似製品を医療扶助の対象にする。
  • 安岡力也、ギランバレー症候群と生体肝移植を乗り越える
  • 梅干ダイエットで7割が体重減少する。
  • エリンギに体脂肪を減らす効果があることが判明する
  • 宇都宮の女子高生2人がO-157に感染。
  • メタボリックシンドロームは腹囲とはあまり関係がなかった。
  • ピロリ菌に加え2種類の酵素が胃潰瘍発症に関係している
  • 潰瘍性大腸炎の画期的新治療法を浜松医大が発見。
  • 消化管に生息する微生物の全容が明らかにされる
  • リンゴを食べれば腸内の善玉菌が増えます。
  • 武田薬品工業が脂肪の吸収を阻害する肥満症薬を承認申請へ
  • アニサキス症に新治療法。内科的治療だけで完治する。
  • フレンチパラドックス、ついに解明される。
  • 梅にはピロリ菌抑制と血糖値上昇抑制の2つの作用がある。
  • 二日酔いは色の濃いお酒のほうがなりやすい。
  • 古代ミイラをCTにかけたところ、動脈硬化がみつかる。
  • 潰瘍性大腸炎の発症に関与する遺伝子を発見する。
  • 腸内の常在細菌は人によって大きく異なる。
  • 食欲抑制ホルモン「ネスファチン」がオキシトシンを介していた。
  • 早期の慢性腎臓病の治療に、高脂血症薬スタチンが有効。
  • コーヒーを飲むことで肝臓疾患を食い止めることが判明
  • 切除された胃を人工シートで再生することに埼玉医大が成功
  • 2009年度イグ・ノーベル賞を3年連続で日本人が受賞する。
  • やせている大食いの人と一緒にいると、食べ過ぎる傾向に。
  • 過敏性腸症候群への理解を深める運動を行う。
  • グリシドール脂肪酸エステルを含む健康エコナ全製品を販売自粛
  • 高脂肪の食事は、運動能力や記憶力が損なわれる
  • ペッパーランチのO-157、出荷前の肉が既に汚染されていた。
  • 専門医師なしで肝臓手術、患者を死亡させたとして起訴される。
  • 雪印が開発した乳酸菌は、肥満状態で落ちた免疫を改善する。
  • 下痢を起こす腸内細菌が大腸のがん化を促進する。
  • 粗食は健康のモトであることを医学的に証明する。
  • 磁力で自在に操れるカプセル型内視鏡を開発する。
  • 原因物質不明の食中毒が首都圏で増殖している。
  • アルコール性急性膵炎の発症のメカニズムを解明する。
  • 肝臓がんの治療法の比較試験にご協力下さい。
  • 授業中に自分の消化管を顕微鏡で見てクローン病を発見する。
  • 玉造黒門越瓜がアルコール性肝臓疾患の予防に効果がある
  • レモンを摂取することでメタボリックシンドロームを予防しよう
  • 酢を飲み続けると内臓脂肪が減少する。
  • ある脂肪を摂取すると記憶力が向上するらしい。
  • 成人後に5kg以上体重が減った場合死亡率は上昇する。
  • メタボ検診にMRIを用いることで被曝を避けることが出来る。
  • 3ヶ月で体重を8〜13%減らしてメタボリック症候群を改善する。
  • 脂肪を分解する新しいメカニズムを日米研究チームが発見する
  • 体重の減量は総カロリー次第で炭水化物が多くても構わない。
  • Peutz-Jeghers症候群の12歳、腸重積症で死亡。
  • ヘリコバクターピロリ菌のいる人は全員除菌すべきである。
  • 女性のほうが空腹感を抑える能力が低い。
  • ふなずしの乳酸菌が悪玉コレステロールを低下させる
  • ダイエット薬、塩酸フェンフルラミンに有害作用。
  • 研修医が腹水を抜く治療中に血管を傷つけて死亡。
  • 食生活が欧米化して大腸がんが急増している。
  • 飲酒するときに食べたほうがいい料理とは。
  • ピロリ菌は食道腺癌を予防する作用をもっていた。
  • 間食を抑えることを目的とした商品が大人気。
  • 胃もたれになったとき、どの胃腸薬を飲んでいる?
  • 噛む回数を増やすことでダイエット効果が生まれる。
  • オリンパスがカプセル型内視鏡の販売承認を取得する。
  • 食料価格高騰で病院の食事がピンチに陥っている。
  • 馬肉にはLカルニチンが多く含まれている。
  • 乳酸菌より効果が期待できる、乳酸菌酵母分泌物について
  • メタボ向けの運動は、短い時間で激しい運動を。
  • 生牡蠣から基準値を超える麻痺性貝毒が検出される。
  • ケーキに指輪を入れてプロポーズ→飲み込んで気絶する。
  • 腎臓病患者向けのカレー丼と中華丼を販売する。
  • 脳の酵素の働きを阻害して空腹感を抑制する薬。
  • エネルギー消費を増やすタンパク質、KLF5を発見する。
  • 飲酒後に何故アイスやラーメンを食べたくなるのか?
  • Wilson病の治療薬ノベルジンカプセルが保険適用に。
  • 肝硬変を完治させる治療法を札幌医大が開発する。
  • 潰瘍性大腸炎とクローン病治療薬「ペンタサ」
  • じゃが芋を揚げる前に水に浸すと発癌物質が軽減する。
  • 気まぐれの運動は、かえって太ってしまう。
  • 命に支障はないけど絶対かかりたくない病気「痔」
  • 新谷弘実医師と酪農協会の牛乳論争が熱い。
  • アメリカで清酒の熱燗が大ブーム
  • メタボリック症候群の防止効果があるチーズ
  • トウガンを食べると体重が減少する。
  • 胃の中から重さ4.5kgもの毛髪を摘出
  • リンゴ1個食べるとカロリー摂取量が少なくなる。
  • 腸内細菌のうち800種類は未知の細菌らしい。
  • 口臭を計測できる携帯電話
  • 小学生の女児がO-157に感染する
  • ソーダはジャンクフードそのもの
  • ダイエットに成功したら報奨金を支払います。
  • 友人や兄弟姉妹が肥満になると、本人も肥満になりやすい。
  • 消化器外科医が不足しており過労のまま手術している現状
  • 生活習慣病予防の特定健康審査と特定保健指導で医療市場を活性化
  • アメリカで、炭酸入りのフルーツや野菜が大人気。
  • ダイエットのためには低脂肪で高水分の食事が効果的である。
  • メタボリックシンドロームの診断基準で日本と国際組織が争っている
  • 処方せん不要の脂肪吸収抑制やせ薬「アライ」がアメリカで大人気。
  • 日本人のトランス脂肪酸摂取量は、WHOの安全範囲内なので一応大丈夫
  • 皇太子さまの十二指腸ポリープ切除手術、東大病院で成功。
  • ビールにはコレステロール値を減少させる力がある可能性が分かった
  • コーヒーを好む人が増えたので、コーヒーの値段を上げます。
  • 未だに絶食によるダイエットを行っている人たちがいるらしい。
  • かんきつ類の成分が、脂肪の蓄積を抑制している。
  • 肥満と糖尿病のなりやすさにはDNAの微妙な違いが関係していた
  • カロリー制限食や低塩分食などの医療食の通販を開始
  • 痛くない痔の手術が、先進医療認定を受け躍進中。
  • 日本酒に含まれるα-EGが肝機能を保護する役割を果たしている。
  • Clostridium difficile菌より多量の毒素を出す変異型が日本上陸
  • 若者のダイエットは、長期的にみれば逆効果である。
  • 便潜血検査を受けた人は、大腸癌による死亡率が7割も低い
  • 歯ブラシを飲み込んだ女性、内視鏡手術で摘出される。
  • 広島県の中学生は男女とも全国平均より肥満気味。
  • ラクトフェリンがメタボリック症候群の予防に効果を発揮する。
  • 企業向けの健康増進事業に、フィットネスクラブが名乗りを上げる
  • メタボリック症候群が減らなかったら、健康保険の負担金を増額
  • 人類は突然変異により牛乳を飲めるようになった。
  • ヘリコバクター・ピロリ除菌薬に消化器治療薬パリエットが加わる
  • 嘘だらけの「あるある大事典2」、とうとう打ち切りか。
  • カロリーの吸収を促進して、体重増加を担う微生物を発見
  • 「便秘がちな人は大腸がんになりやすい」が嘘だと証明される。
  • 世界の和食レストランを認証する農水省の試みに猛反発
  • パーキンソン病と潰瘍性大腸炎の治療費の公費負担を外します
  • シミュレーションに役立つ、世界初の人工胃腸が完成。
  • カプセル型内視鏡が申請されれば、内視鏡のわずらわしさがなくなる
  • ES細胞から、人工肝臓を作ることに成功
  • キムチを食べるとウンコが出やすくなる。
  • 英国の子供は、1年間でサラダ油5分のポテトチップスを食べる
  • 放屁を過剰に気にする「おなら症候群」が男性に増えている
  • 毒蝮三太夫の綴る腸閉塞闘病記
  • 胃がんのリスクを10倍にするヘリコバクター・ピロリとは
  • コケイン症候群の患者に栄養液→外れて死亡。賠償は260万円
  • 「50歳の時点で肥満だと容赦なく早死に」という調査結果に激怒
  • 10日で6キロ痩せる、ビヨンセ式メープルシロップダイエット
  • 毒きのこ「ニセクロハツ」の死亡事故。見分け方を覚えよう。
  • ロビン・ウィリアムズとメル・ギブソンがアルコール依存症の治療へ
  • 腹部大動脈留の新治療は「ステント」。高齢の患者のため
  • X線が体を貫通しないほど脂肪のついているアメリカ人が激増
  • 脂肪吸収抑制「黒烏龍茶」VS脂肪消費促進「ヘルシア緑茶」
  • 直腸が途中で途切れる「鎖肛」の患者のQOLを追い続ける医師
  • 専修大学生が一年生に酒を一気飲みさせ殺害
  • 暑い夏を、胃腸に優しい熱燗で乗り切ろう
  • 胃がん集団検診のバリウムが腸に残り腸閉塞に→死亡
  • カブレラが急性大腸炎で入院
  • スタイルの良い芸能人のダイエット法に迫る
  • 死ぬところを自分の脂肪に助けられる
  • コーヒーを飲むとアルコール性肝硬変になりにくい
  • デブは缶コーヒーをよく口にする
  • 白インゲン豆ダイエット、全国で158人の被害者を生む結果に
  • 砂糖を消化吸収しない甘味料原料を開発
  • いんげん豆を使ったダイエット法で嘔吐や下痢が多発
  • 2011-05-04 過去5年間の薬理学ニュース一覧@医学処

    理学・クスリの医療ニュース一覧

  • ガードナー国際賞に自然免疫関連タンパク質を発見した審良静男教授
  • だだちゃ豆に肝機能改善効果のあるオルニチンが枝豆の5倍ある。
  • 准教授が学生時代に豆腐屋でみつけた酵素、宇宙で実験へ。
  • ヨードうがい薬は安定ヨウ素剤の代替品とはならない。
  • プラセボ効果の逆バージョン「ノセボ効果」も正しく作用するという実験
  • 子宮頚がんワクチンの筋肉注射で失神を起こす事例が多発。
  • アルツハイマー治療薬ガランタミン(レミニール)を承認へ
  • 病原菌の毒素生成だけを抑制する薬を京都府立大が開発
  • 脳卒中患者の多くが三ヶ月以内に服薬を中断している。
  • 作用の違う三種類の薬を配合した高血圧治療薬トライベンゾール
  • 朝起きたときに疲れている人はドリンク剤を飲んでいる?
  • 排水に含まれる抗うつ剤で海老の行動が変化している
  • デジタルドラッグ(i-dosing)がアメリカで蔓延
  • 必要性の高い未承認薬を早急に承認してもらおう
  • 強毒性鳥インフルエンザにも効果のある治療薬を開発する
  • 内科勤務医によるMRの好感度ランキング、第1位は第一三共
  • プラセボの治療効果はかなり高いことが判明する
  • 薬の飲み忘れを防ぐためのセンサーやキャップを販売
  • 漢方薬と西洋医学の共存に向けて環境整備へ。
  • 手術後の血栓予防に有用な、抗Xa阻害剤、エドキサバン
  • 万有製薬が医療情報サイト「univadis」をオープン
  • 脱法ドラッグ「ハーブ」、いよいよ規制対象に。
  • 抗インフルエンザ薬ペラミビルを承認申請する。
  • エーザイ社長、頼もしい発言。
  • 重症のインフルエンザに高脂血症薬スタチンが効果あり
  • 経鼻、経皮による、痛くない注射の開発が進む。
  • 線維筋痛症の日本初の診療ガイドラインを発表する。
  • コカインの快感を無くすコカインワクチンを開発する。
  • 重症薬疹を判別する蛋白質、グラニュライシンを発見。
  • タミフル並の効果があるインフルエンザ新薬「ペラミビル」
  • 食べながら呑むと酔いが回りにくいことをアサヒビールが実証する
  • メテナリンとウテメリン、取り違え防止のため名称変更へ
  • 厚生労働省が、新薬承認のための治験へ753億円を助成する。
  • 謎の毒キノコ、ニセクロハツの強毒性原因物質を特定する
  • ノーベル医学賞受賞者、ロバート・ファーチゴット氏が死去。
  • 海洋の生物から新しい医薬品の開発を狙う。
  • 薬の通販規制に対し離島など特定の条件では猶予を与える。
  • アレルギー性を抑えた鶏卵の開発に成功する。
  • 微生物の眠っている遺伝子を目覚めさせて新たな抗生物質を作る
  • ビスフォスフォネートが放射線被曝による白血病を防ぐ。
  • カフェインの離脱症状は頭痛、疲労感、眠気、集中力の欠如
  • 弱い電流で薬物を体内に吸収させる「痛くない予防接種」
  • 子宮頚癌の原因、HPVに対する次世代型ワクチンを開発
  • アジサイの葉が原因とされた食中毒事件、原因物質検出せず。
  • プロテアーゼの全構造を原子レベルで解明することに成功。
  • 細菌性髄膜炎を予防するHibワクチンの供給が不足状態。
  • 日本脳炎の新ワクチン「ジェービック5」を承認する。
  • iPS細胞で新薬の心臓への影響を検査する技術。
  • プロプラノロールは嫌な記憶を薄めることができる。
  • グレープフルーツの薬物代謝阻害作用をキノコが変化させる
  • セロトニンの分泌刺激でバッタは変貌する。
  • タミフルと風邪薬を同時に飲んだネズミに異常行動がでる
  • 微量の薬で人体への効果・副作用を予測するマイクロドーズ試験
  • 健康食品と医薬品の関連をまとめた健康食品ポケットマニュアル
  • 免疫抑制剤が効かない移植患者に、抗がん剤ボルテゾミブを使う
  • アメリカのインフルエンザはタミフル耐性のものが多い
  • 脳の働きを増強する薬は何故合法化されないのか?
  • セアカゴケグモの血清を病院に配備する。
  • 便秘薬の酸化マグネシウムは高マグネシウム血症の副作用がある。
  • ネット販売の医薬品で肝障害の副作用を来たす。
  • 抗炎症薬サクシゾンと筋弛緩剤サクシンを間違えて投与してしまう
  • 薬害被害者が薬のネット販売全面禁止を訴える
  • 超多剤耐性結核菌に効く化合物を微生物化学研究会が開発
  • 日本人向けのヒトパピローマウイルスに対するワクチンを開発
  • 刑務所でもジェネリックを導入して医療費削減へ
  • 後発医薬品が新たに色々増えました。
  • 塩野義製薬がアメリカ製薬会社サイエルを1500億で買収する
  • ドクツルタケを丸ごと1本食べた男性、意識不明に。
  • サリドマイド、多発性骨髄腫の治療薬として再承認へ。
  • 生ゴミの中から抗がん剤作用のある化合物を作る微生物を発見
  • アメリカ村で購入したベゲタミンを飲んで14歳少年が死亡。
  • 厚生労働省がジェネリックの品質を検証する。
  • マリファナの成分「ベータカリオフィレン」が医薬品に
  • 全店に栄養士を配置したドラッグストアが誕生する。
  • 岡山大学薬学部でアジ化ナトリウム入りのコーヒーを飲んで入院
  • 腹痛薬の原材料となる生薬「厚朴」の発祥について。
  • ゴーシェ病の新治療薬は、経口投与が可能となる。
  • 新型インフルエンザの大流行を未然に防ぐ方法。
  • 早漏治療にSSRIが効く?
  • 新薬承認の期間を短縮するために体制を大幅に強化する。
  • 武田が米医薬ミレニアム社を88億ドルで買収する。
  • 改正薬事法で、薬剤師でなくても医薬品を販売できるように
  • 十戒を受けた時のモーゼは麻薬による幻覚を見ていた。
  • 中国製のヘパリンでアメリカ人21人が死亡する。
  • 漢方医によるエイズ治療に著しい効果が表れる
  • 中国産の勃起回復サプリ「男根増長素」で低血糖症状に。
  • 花粉症に効果のある漢方薬について。
  • 乳酸菌を使った農薬の開発が進む
  • NPOと厚生労働省でタミフルの異常行動発生率が異なる不思議
  • ヤクルト菌の膵炎に対する影響について誤報が?
  • 全ての病気を治すと言って塩化マグネシウムを売っていた男
  • 市販の風邪薬は2歳未満に使うべきではない。
  • 朝鮮人参の成分がアミロイドの生成を防止する。
  • 鼻に噴射して感染そのものを防ぐ粘膜ワクチンの開発へ
  • 結合力が最強の人工分子を投薬に応用しよう
  • 10代患者に対するタミフル治療に混乱も。
  • 厚生労働省がジェネリックの使用促進に本腰を入れる
  • タミフル服用後20分で、0.15%が脳に移動することが判明
  • 来年解散するSyrup16gの曲タイトルと医学の関連について
  • タミフルだけでなくリレンザでも異常行動が認められる
  • 関節リウマチ薬「エタネルセプト」で敗血症などの副作用
  • タミフルの睡眠試験で、因果関係は認められず
  • 血液ドーピングでスキー選手を処罰
  • 生き物は、どこで食用か否かを見極めるのか
  • 混合診療の全面解禁は果たして得策なのか
  • 経口ワクチンの動物実験に成功する
  • 今冬のタミフル供給量、2006年の半分に。
  • 医師免許のない事務員らにリタリンを処方させていた
  • タミフルが脳に達するメカニズムを解明した
  • ノロウイルスを分解消滅させる渋柿のパワー
  • 「1日分の緑黄色野菜を使用」は嘘だったことが判明
  • 日本赤十字社の血液事業、赤字に
  • 運動神経は動かせる局所麻酔薬を開発
  • ADHD治療薬「コンサータ」、承認見送りへ。
  • 薬剤耐性マラリアに効く安価な新薬を開発
  • 内臓を除去し忘れたシロサバフグをジャスコが販売
  • 海洋細菌の薬剤耐性が別の細菌に取り込まれる
  • 適切じゃないリタリンの処方で、東京クリニックに立ち入り調査。
  • シアリスは、36時間効果が持続するED治療薬。
  • 科学雑誌「CELL」の表紙に、荒木飛呂彦さん
  • バイアグラを飲めば、男性の恋愛感情が高まる。
  • プラセボ効果には、脳領域である側座核が関与している。
  • 女子中学生2人が学校の放送室で鎮痛剤を大量に飲んで自殺未遂
  • 福岡ソフトバンクホークスのガトームソン投手が発毛剤でドーピング違反に
  • HIVが細胞に侵入するのを防ぐ、新型の抗HIV薬を開発する。
  • ウイルスの殻を使って、特定の臓器にのみ薬を届る方法を開発
  • 心臓保護作用ある降圧剤を、合併症患者向けに今秋発売
  • 転落死した中学生を調べたところ、タミフルは脳で検出されず。
  • タミフルとの因果関係を否定され、精神的苦痛を受けたとして提訴
  • 死刑執行中に血管を探すのに手間取って、注射を何度も失敗する。
  • 岐阜産の鶏卵から基準値の2倍のトリメトプリムが検出される。
  • ヘロインと頭痛薬を混合して作るドラッグ「チーズ」で死者多数
  • 偽者のバイアグラに引っかかった人が日本国内に1100人以上存在する。
  • アロエを用いた抗菌防臭フィルターを開発。
  • 中国産毒性原料を含んだ咳止め薬を飲んで多数の死者が出る。
  • 日本の大手メーカー、中外製薬がインドネシアに輸液工場を建設
  • クリントン前大統領が、途上国向けにHIV治療薬を安価で提供する
  • 小林製薬の栄養補助食品に発疹やかゆみなどの副作用
  • Jリーグは正当な医療行為以外の静脈注射を禁止しています。
  • タイが無許可でHIVのコピー薬を作ろうとしてアメリカがブチキレる
  • タミフルと異常行動との因果関係は未だつかめていないと発表
  • 違法ドラッグの成分の一部を組み替えた薬物も規制対象に
  • タミフルの副作用を検証するため,追加動物実験を行う。
  • 白血病治療薬解析プロジェクト「UD」、突然の活動終了を発表。
  • サリン被害者の脳が縮小していることを突き止める。
  • タミフルの売り上げが激減。病院向けは半減している。
  • タミフル服用後の異常行動、100件を越す。
  • 禁止薬物検査で異常な数値を出したイアンソープの真実とは
  • MRSAに効く抗生物質「キュビシン」の日本での早期発売を目指す
  • リポビタンDに体力増強の生薬「ハゲキテン」を配合した商品
  • インフルエンザにタミフルを乱用するべきでない
  • 10代へのタミフル投与を中止する方向で!
  • PS3での難病究明プロジェクトが、いよいよ始動する。
  • 人工餌で養殖したフグの肝は無毒な「禁断の珍味」
  • 5000億を売り上げた高脂血症治療薬の発明者が会社を提訴。
  • ディープインパクトから検出されたイプラトロピウムが禁止薬物に
  • 抗生物質フロモックス使用後に3人が劇症肝炎を発症する。
  • 薬の効果の個人差を判定するため、遺伝子を30分で診断する技術
  • 「あるある」のレタスに快眠効果があるという実験も捏造だった
  • 米製薬会社最大手のファイザーが全世界で1万人のリストラ
  • 釧路総合病院で3歳児に処方量の10倍の解熱剤を投与する
  • 高麗人参の成分量は商品によって極端にばらつきがあるので注意
  • 新薬承認期間を短縮するため、審査人員を大幅に増やす。
  • アスベストが原因の中皮腫治療薬「アリムタ」、いよいよ承認
  • てんかん治療薬「ゾニサミド」がパーキンソン病にも有効
  • ドイツ人漢方医が本場中国で外国人に大人気
  • 胃酸分泌抑制薬「プロトンポンプ阻害薬」で骨折の危険が高まる
  • 市販の鎮痛解熱剤の副作用を知っておかないと、死亡する可能性も
  • 九州大学で、ベーチェット病患者へのサリドマイド使用を承認する。
  • アントシアニンの含有量を偽る健康食品会社に排除命令
  • チェスのアジア大会に、ドーピングテストを導入する
  • 経口投与を繰り返すとHIVに対する免疫が着実に高まる薬
  • 青柿から、血中コレステロールを減少させる効果が
  • 栄養ドリンクの成分についての詳細を知ろう
  • 日本人は新薬の国際共同臨床試験の対象とされていない
  • 貼るだけで済む「ワクチンパッチ」の開発が進む
  • WHO曰く、ネットで販売される薬の半分は偽物。
  • イモ貝の毒素で、重度の神経痛を和らげることができる
  • 脱法ドラッグを規制対象に。ラッシュや5−MeO−MITPも取締り
  • 魚を食べるリスクよりも、身体に良い効能のほうが上回る。
  • タミフル服用と異常言動には関連がないことが証明される
  • シンナーを吸い続け失明した経験を、青少年に訴え続ける
  • イプラトロピウム使用でディープインパクトがドーピング違反
  • 武田薬品とエーザイが新薬の治験を海外並に短縮する
  • 本場中国の漢方よりも、日本の漢方医学のほうが効く。
  • ジェネリックに嫉妬した先発品メーカーが嘘情報を流す
  • 痔の薬を目の腫れ治療に使わないで下さい。
  • 武田薬品工業ニュース3連発。大阪経営No1アルツハイマー
  • マリファナはアルツハイマー病の進行を止める作用がある
  • パナマの謎の病気は伝染病ではなく有毒物質によるもの
  • ウイスキーの樽成分に、糖尿病を予防する作用
  • インフルエンザ予防接種で副作用を呈したのは102人
  • 武田薬品工業、新薬開発に総額1兆円を投入
  • 遺伝子組み換え大豆に毒性など存在しない
  • 日本医師会がジェネリックの問題点を厚生労働省に提示
  • 違法ドラッグ3CPPとTMA-2を麻薬に、モダフィニルを向精神薬に指定
  • インドのジェネリックメーカーが日本に進出
  • がん治療に効果があるかもしれないGCS100を20万ドルで売却。
  • 医療機器商社の三笑堂がジェネリック業界へ
  • 徳島名物スダチ、血糖値を抑制する働き。
  • びわ茶に血糖値と血圧上昇を抑制する作用
  • ネットを通して売られる「偽薬」、4兆を越す巨大市場に
  • 大腸検査に用いる下剤で腸閉塞や腸管穿孔の副作用
  • ガーナ産のカカオから高濃度のクロルピリホスが検出
  • ツムラが症状に合った漢方薬を検索できるサイトを立ち上げる
  • 中国産の烏龍茶から殺虫剤「トリアゾホス」が検出
  • キウイは、DNAを損傷したときの修復能力を高める。
  • 広末涼子主演の「からだ巡茶」のCMが薬事法に抵触
  • 健康食品「ビッグダン」に未承認の医薬成分
  • MDMAの2倍の興奮作用を持つドラッグ「メチロン」が流行
  • じゃがいもは芽だけでなく皮にも毒が含まれている。
  • 内臓脂肪を減らしたいなら、杜仲茶を飲みましょう。
  • 大分県名物カボス、血小板凝固作用を抑える働き
  • タミフル被害者の会を結成。異常行動により死んだ遺族など
  • 薬の使用上の注意を絵文字で表し、事故防止を図る
  • タミフルの服用が原因で死んだかもしれない2例が報告される
  • 処方せん無しで購入できる「塗る」勃起不全治療薬を開発
  • 医薬品売り上げランキング、日本産が大健闘
  • ポリ塩化アルミニウムと次亜塩素酸が混ざり、塩素ガス発生
  • UVカット剤に肝臓への毒性があり、製造禁止へ
  • 転落死した中学生は風邪気味でタミフルを服用していた
  • 10円玉を水槽に入れておけば蚊の発生を抑制できる
  • 白血病の再発を防ぐための画期的治療法を開発
  • 油の温度を10℃下げることで、発がん物質の生成量を減らすことができる
  • 日焼け止めクリーム内の粒子は脳細胞を損傷する恐れがある
  • コエンザイムQ10の安全性がよくわからないから摂取上限も設定しません
  • 大豆イソフラボンの過剰摂取は非常に危険
  • マツモトキヨシでも医薬品を処方箋なしで販売していた
  • 抗菌薬「ケティック」に肝臓障害の副作用が相次ぐ
  • バイアグラの偽物が国内で出回っていることを危惧して
  • 【米】サリドマイドを多発性骨髄腫の治療薬として承認
  • 小学校でニス塗りの作業中、児童が吐き気を訴え病院へ
  • 豊胸手術にポリアクリルアミドゲルを用いて拒否反応続出
  • 花粉症を完治させる薬は10年以内に出来る
  • NTTが被保険者向けにジェネリック情報を提供
  • 眠れぬ夜に、催眠鎮痛剤
  • 同じ成分なのに値段の違う薬、どっちを使う?
  • 五年連続で世界一売れた薬
  • 投薬ミス防止策に「バーコード」
  • タミフルが先か、北大の新型ワクチンが先か
  • 備蓄用タミフルを買う政府のジレンマ
  • 2009-10-11 眼科の医療ニュース一覧 new

    眼科の医療ニュース一覧

  • 遺伝子治療で色覚を改善し、全ての色を判別可能に。
  • Stevens-Johnson症候群で失明した女性、歯を目に移植して回復。
  • 低年齢化する近視から、子供の目を守るための注意点は
  • 日本の視覚障害者の数が164万人にも上る。
  • 「チャート式数学」の完全点訳に筑波技術大が成功する。
  • 緑内障の早期発見に役立つ遺伝子配列を発見する。
  • 流行性角結膜炎の新ウイルスを北大が発見する。
  • 片目で物を見続けると脳の神経が変化していく
  • ブルーベリーが目に良いことを初めて実証することに成功する。
  • アクションゲームをすると目が良くなるかもしれない
  • 視力を失った人用の、人工眼の試作に成功する。
  • レーシック手術を受けるためのポイントをご紹介。
  • ずさんな滅菌処理を行っていた銀座眼科で感染性角膜炎。
  • ベトナムで無償の眼科手術を行う日本人を皇太子さまが労う
  • ガリレオ・ガリレイの失明の原因を探るためDNA鑑定を行う
  • セロトニンが視覚に与える役割を解明する
  • ドライアイは市販の目薬じゃ治らない場合もある。
  • 盲導犬と触れ合う体験イベントを行う。
  • 動体視力に関係するタンパク質「ピカチュリン」
  • カラーコンタクトレンズで目に障害が起きる被害が相次ぐ
  • 人間ドックや大学病院でも見落とされている「緑内障」
  • 東大病院が緑内障の手術で左右の目を取り違える。
  • 眼精疲労に、サフランなどに含まれるクロセチンが効く
  • iPS細胞を用いた網膜再生にはまだまだ時間が必要です。
  • 山梨大学が「眼科遠隔診療システム」を開発する。
  • 堺のヘリ墜落事件の操縦士はサルコイドーシスを患っていた。
  • 順天堂大学がベトナムで白内障の手術を指導する。
  • 偽眼科医、河口哲也に懲役6年を求刑する。
  • 色盲障害者が、時刻表の色に申し立てをする。
  • 中国製レーザーポインターの光が強すぎて失明の恐れ
  • まつ毛エクステで角膜に傷が出来るトラブル、急増中
  • 緑藻の遺伝子を網膜に注入し、視力を回復させる。
  • 病気で失われた視力を、電子機器を用いて回復する。
  • プール後の洗顔は逆に感染のリスクを高める。
  • まつ毛エクステで目のトラブルが続発している。
  • 追起訴された偽眼科医の総収入は2億6000万円也。
  • GABAには目の動きを止める役割がある
  • ES細胞で視細胞と網膜色素上皮細胞を再生することに成功
  • 東南アジアで、無償の白内障手術を1000件以上行う医師
  • モンゴルでメチルアルコール入りの偽酒で死亡事故
  • 医学における7つの誤った俗説についての解説
  • コンタクトの診療報酬を引き下げる。
  • 入院費滞納の全盲患者を公園に放置した
  • コンタクト診療所の請求の60%、600億円近くが不正請求
  • 経済省&厚労省が、カラーコンタクトの規制を検討中
  • 書籍で得た知識だけで開業したニセ眼科医を逮捕。
  • 視覚障害者用の「録音図書」を一般図書館でも作成できるように。
  • 夏に生まれた人のほうが、強度の近視になる確率が大きい。
  • 少なくとも4件、眼球下にガーゼを放置した医師。
  • ドライアイスで遊んでいた子供が、失明する事態に。
  • とろみをつけた目薬「アスパラ目薬モイストCL」を発売
  • アルツハイマー病の治療薬で、緑内障の進行を抑えられることが判明
  • コンタクト洗浄液「コンプリートアミノモイスト」による角膜炎に注意
  • テリー伊藤氏の斜視の矯正手術成功。お値段は3万円。
  • 紫外線は真昼よりも午前9時ごろのほうが多い。
  • 赤ワインに含まれるレスベラトロールが目の血管を拡張させる
  • 傷ついた網膜に薬をつけて視細胞の再生を起こすことに成功
  • 1個の角膜細胞から角膜上皮組織を再生することに東大チームが成功
  • 松坂も使っている、競技者用コンタクトレンズ「マックスサイト」
  • 中学の担任がMarfan症候群の少年の目を殴り、失明させる。
  • ビタミンCをしっかりとる人は、老人性白内障になりにくい。
  • ブルーベリーの5倍のアントシアニンを含むアサイーに着目
  • 先天性緑内障を誤診されて、両目とも失明した乳児
  • 埼玉医大の米谷新教授が、インドで白内障の無料手術を続ける
  • 小学生の3割、中学生の2人に1人が、視力1.0未満
  • 正常内圧緑内障の検査をホームページで行って下さい。
  • コンタクト検査料を割高に請求する眼科医が多いらしい
  • ベルツ賞に、再生医学による重症角膜疾患の新規治療法
  • よく運動する人は加齢性黄斑変性のリスクが減少する
  • 度の強い眼鏡をつけることにより頭痛や食欲不振を引き起こす
  • 未熟児網膜症は早期手術を行えば失明しなくなる。
  • 盲導犬の寿命はペット犬よりも長い
  • 緑内障になっても自覚症状を感じない人の方が多いという問題
  • SMAPの中居正広が流行性角結膜炎になり両目とも開かない状態
  • 角膜培養による視力回復法、旭川医大でも成功。
  • コンタクト洗浄液による角膜炎、拡大
  • 弱視の治療用眼鏡に保険が適用されることになった
  • コンタクト洗浄液に異常?米で角膜炎が相次ぐ
  • 2009-10-08 皮膚科の医療ニュース一覧 new

    皮膚科医療ニュース一覧

  • 女性の30%は、身体を手で洗っている。
  • かゆみを感じる、頭頂葉内側部の楔前部を特定する
  • 傷を乾かさずに治す浸潤療法で皮膚を再生する。
  • 男性の間で乳房を小さくする手術が急増している。
  • 日焼けマシンの使用は発がんリスクを確実に高める。
  • 世界一薄い、ナノばんそうこうを早稲田大と防衛医大が開発する。
  • 傷口につばをつけると唾液中のヒスタチンが傷を塞いでくれる
  • アンダーヘアーをケアしている女性
  • 花王研究グループが、くせ毛の髪の細胞構造を解明する。
  • 紫外線を浴びることで皮膚細胞の寿命が短くなっていく。
  • 人間の皮膚で最も細菌のいる場所は?
  • 抜け毛の原因に関わる遺伝子「Sox21」を発見する。
  • 17歳の美少女テニスプレイヤーが巨乳を小さくする手術を行う
  • 唾液に含まれるシアル酸に育毛効果がある。
  • ブラジャーの洗濯回数は国によって大きく異なる
  • 早期皮膚がん治療に、ケミカルピーリングを用いる。
  • 美容外科診療の適正価格を知りたい。
  • 野菜を食べても肌がガサガサになる人は、食べ方を間違えている
  • ES細胞で毛を新しく生えさせることに成功する。
  • 手掌多汗症の治療、ETSで代償性発汗が生じる。
  • エステサロンのホクロ取りでクレーム続出。
  • ウミケムシの毒物質の合成に成功。抗炎症剤の開発につながる。
  • 白髪は、過酸化水素の蓄積によって引き起こされる
  • プロペシアとカプサイシンとイソフラボンの発毛法が劇的効果。
  • 薬の効かないアタマジラミが2年で倍に。
  • 皮膚に塗る局所麻酔薬でも副作用が生じる可能性がある
  • コラーゲンの摂取はやっぱり美肌効果はあった。
  • 澱風の原因となるマラセチアの受容体を同定することに成功
  • 若ハゲの原因遺伝子「U2HR」を同定する。
  • アトピー性皮膚炎の新治療薬は免疫抑制剤ネオーラル
  • ジェイスを用いて、全身の9割のやけどを治療する
  • コラーゲンを摂取したからといって美肌になるわけではない。
  • 老化防止クリームに含まれる抗酸化物質には効果が無い。
  • 男性用ブラジャーが爆発的な人気を示している。
  • 女性の手は男性よりも多くの細菌が付着している。
  • 肌のかゆみをスキンケアで抑えて、高齢者も快眠に。
  • 薄毛になる確率が7倍に跳ね上がる遺伝子とは。
  • 付け爪をつけるとカビが生えたりバクテリアが繁殖したりする
  • タトゥーを消したがる女性が増加している。
  • スッピンと化粧顔を見た時の、脳活動の違いを発見
  • わかめを食べると本当に髪の毛は生えるのか?
  • 急激なダイエットで、若い女性が薄毛になっている。
  • ボツリヌス毒素を無許可で販売。1億7000万円の売り上げ。
  • 通販の化粧品クリームから、通常じゃありえないレベルのステロイド
  • iPS細胞の品質の安定化に成功したアメリカMIT
  • 日焼け止めクリームを使っても紫外線から肌を守れない問題
  • アトピー性皮膚炎に効く中国輸入化粧品からステロイド剤を検出
  • 若く見えるポイントはヘモグロビン、笑顔、表情筋
  • メラニンの移動を阻害する物質を発見。新たな美白の手法に。
  • 男でも半数がアンチエイジングに興味あり。
  • 人口の5%程がなる「むずむず脚症候群」の患者会が発足。
  • 肝斑などのシミ治療に使える化粧品が増えている。
  • ひげ脱毛をする男性が増加中らしい。
  • メタボリックシンドロームは肌にも悪影響を及ぼす。
  • 日焼け止めクリームの人気商品について。
  • 加齢臭を少しでも減らす工夫について。
  • ヤモリをヒントにした、縫合代わりになる絆創膏を開発
  • 木いちごの香りの元、ラズベリーケトンに育毛&美肌効果。
  • 熊本赤十字病院の皮膚科医が全員退職し急患に対応できなくなる
  • 身体に痕がつかないワンピースブラジャー、発売。
  • ハゲた部分に移植するだけで自然に毛が生えてくる人工頭皮
  • 重症の先天性水疱症をiPS細胞を用いて治療する。
  • アスベストによる中皮腫患者の症例を登録する。
  • 他人の頭皮細胞を特殊な技術で患者に移植する毛髪再生法
  • シラミ大流行。子供を中心に年50万人が感染
  • 化粧に含まれるクマリンが肝臓に影響を及ぼす
  • コンブの仮根で服用者の76%が発毛促進する
  • 水虫パンが大人気の兆し
  • 健康関連商品会社ファイテン、大リーグに商品提供
  • 米ぬか成分がIgE抗体と結合してアレルギー症状を緩和する
  • 身体の表層を診る「T線検査」、実用化なるか
  • 人の皮膚から万能細胞を作ることに成功する
  • 肌の内側から状態を改善させる乳液、マリアンナ
  • フサフサでも髪が薄いと悩んでいる人が多い。
  • フレグランスは本当に効果があるのか?
  • 秋田美人は日本人の平均より色白
  • ブロッコリーの新芽は、紫外線による肌へのダメージを防ぐ
  • 洗顔による肌のトラブルについて。
  • 外から内臓が透けて見える透明なカエルを誕生させる
  • 女性兵士の豊胸手術費用を軍が負担する。
  • 唇の血行促進効果を持つ口紅「フルーツコンプレックス」
  • 流行のサンダルは、エスカレーターに挟まりやすい。
  • アトピー性皮膚炎の治療法開発に一筋の光が。
  • 戦国武将がムダ毛の処理を行うための「毛抜き」が見つかる。
  • ピエロが風船の使用を禁止されたのは、アレルギーの子供に配慮するため?
  • 世界一の美尻を決める、全世界ヒップコンテストが開催される。
  • マムシ酒を造ろうとした男性、マムシに咬まれて死亡
  • 女性が毎日化粧をすると年間約2kgの化学物質を体内に吸収している
  • 日本の薄毛率26.5%、推定薄毛人口1293万人で、アジアトップに君臨。
  • 聖マリアンナ医科大学の研究者による化粧品ベンチャー「ナノエッグ」
  • 梅雨シーズンは水虫に注意。そもそも水虫ってどんな病気?
  • ヘナ配合の白髪染めで化学物質によるアレルギー症状が出る。
  • アトピー性皮膚炎に効くという中国製健康食品からベタメタゾン検出
  • 結婚への不安などから、藤原紀香が円形脱毛症になっていた。
  • 「お洒落な性器」として陰唇部縮小術がイギリスで大人気。
  • 卓球ラケット用の接着剤でアレルギーを呈し意識不明の重体に
  • かつらに健康保険を適用しようとしたハゲの男性の主張
  • 糖尿病で壊死した足を切断せずに済む治療法、マゴットセラピー
  • 医師免許なしで皮膚に色素を入れるアートメイクを行って逮捕
  • 話題の体臭改善ガム「オトコ香る。」を実際に食べてみた。
  • レバノンで、美容形成手術を希望する人向けのローンを開始
  • テルモが、直径0.2mmの痛くない注射針を増産する。
  • 第7回発毛日本一コンテストに岐阜県会社員、中坪淳さん
  • ナショナルが、毛穴に詰まった皮脂を取り除く吸引機を発売
  • 性同一性障害手術の乳房切除術で皮膚が壊死したとして提訴
  • オキナワモズクの成分が、抜け毛を加速させるタンパク質を抑制する
  • カスピ海ヨーグルトを食べるとアトピー性皮膚炎が緩和する。
  • ビフィズス菌「BB536」がアレルギー症状を緩和する。
  • 富有柿に含まれるクエルセチン配糖体が美白効果をもたらす
  • フェアビアンカという白いバラの香りには美白成分が含まれる。
  • ストレスが多い人は、ワキガ臭を強めることが判明。
  • 福井県のアトピー児童は全国平均を上回っている。
  • ラベンダーのシャンプーで男性が女性化乳房を引き起こす。
  • 人間の皮膚には数百種類に及ぶ細菌が存在しているわけです
  • 体からバラの香りが出るガム、パワーアップして再発売。
  • 初めての白髪染めは30代が最多。
  • カプサイシンで皮膚を刺激すると、肌の老化を防ぐ働きに
  • 魚鱗癬の患者が、進学や就職で差別を受けているという現状
  • 毛髪を再生・移植する実験、マウスで成功。
  • 消毒中に化学物質過敏症になった看護師が病院相手に勝訴
  • 長距離ランナーは、皮膚癌のリスクが高くなる。
  • カプサイシンとイソフラボンを同時に摂ると毛髪の成長が促進
  • 牛乳に含まれるラクトフェリンは放射能障害を防ぐ
  • 中国製の美白クリームに、基準の2万倍の水銀が含有
  • 酷いにきびに悩む10代は、自殺願望を抱くほど鬱症状を呈する
  • 若白髪は本当に抜いたら増えるのか
  • WHOがツボの位置を世界基準として決定する
  • 長崎刑務所の受刑者と職員41名が、疥癬の集団感染
  • 枯葉剤で腫瘍のできた17歳の少女を京大病院で手術する
  • ダイエット目的でのゲルマニウム関連商品が大人気
  • 悪性黒色腫を磁場と酸化鉄で焼き殺す新技術
  • ハゲの遺伝子治療。細胞に毛を生やすよう指令することが可能に
  • アロエヨーグルトを食べるとニキビや毛穴の黒ずみが改善
  • にきび治療薬アキュテンでコレステロール値と中性脂肪値が上昇
  • 半永久的に顔のシワを取る注射「ArteFill」
  • 体からバラの香りが発散されるガムが爆発的人気
  • アジャックスが炭酸泉製造装置付きのマンションを販売
  • プラセンタエキスを注射した人からの献血は禁止。
  • 皮膚病患者を盗撮、ネット上で中傷した岩手大学工学部の吉田勝久
  • 仙腸関節への鍼治療で、血糖値や血圧を改善する
  • 髪がダメージを受けるメカニズムを解明。新商品開発へ。
  • 骨髄液を用いた人工皮膚で、糖尿病性潰瘍の治療に
  • 日焼けサロンには脳内モルヒネを分泌させる作用がある
  • 足の角質を食べてくれる「ドクターフィッシュ」で綺麗になろう
  • 大正時代に効能があっても、現在どうなっているか分からない温泉が多数
  • 日光の浴びすぎで毎年6万人が死亡
  • 男も女も、加齢臭を未然に防ごう
  • アトピー治療のための死の食事療法を行った村田啓二に懲役3年を求刑
  • 男性だけのものじゃない。女性の間で広がりつつあるスカルプケアとは
  • 無免許韓国人が出張整形と称しボトックス療法を行う
  • アルビノの馬は毎日日焼け止めクリームを30本使う
  • ハゲのための蜜柑ヘアトニック、厚生労働省にも認められる
  • 足先でお悩みの貴女に、フットケア外来を開設
  • 今使っている背中のツボの位置は全部間違い
  • アクセサリーが引き起こす「鉛中毒」とは
  • 結婚式のために歯の漂白や日焼けをする男性が増加
  • 猫を飼うとアトピーのリスクは高まるが犬ならば大丈夫
  • ニンジンは煮て食べたほうが美肌になる
  • 男性型脱毛症の苦悩を描いたドラマがネット配信
  • 乳酸菌がアトピー症状を緩和してくれる
  • アトピーのかゆみを軽減する下着を開発。その秘密は鉄フタロシアニン
  • 大人にきびの治療薬をライオンが開発
  • 小学校でシラミが集団発生
  • 美容形成は営利目的なところに引っかからないようにしよう
  • ハゲには内服薬が効く!カミの薬「プロペシア」
  • アトピー改善のための、死の食事療法
  • あせもを引き起こしていたのは表皮ブドウ球菌
  • ジャパニーズ・ストレートパーマが海外で大ウケ
  • 副作用のないアトピー抑制剤が今秋発売
  • 2009-10-07 歯の健康・歯科関連ニュース new

    歯の健康・歯科関連ニュース

  • 歯磨きで食堂がんや頭頸部がんのリスクを下げることが出来る
  • 口臭が原因で人付き合いを避けた経験のある人は8人に1人。
  • 歯科医の「痛かったら手を上げて」はどこまで通用するのか
  • 虫歯菌や歯周病菌をほぼ完全に殺菌できる「パーフェクトペリオ」
  • 意外にもコーヒーには口臭予防の効果があった。
  • がん患者向けの口腔ケア用品をサンスターが開発する。
  • 虫歯の詰め物に新素材「胆汁酸」を使う。
  • インプラント治療用のチタンの劣化を紫外線で防ぐ。
  • 進行した虫歯に電磁波を照射し、骨を再生する治療法。
  • 歯の矯正の初診患者は、半数が小学生。
  • 緑茶を日常的に飲む人は歯肉の状態が良い。
  • 歯周病が作り出す酪酸がHIVを活性化させる。
  • 歯神経を抜かずに痛みを除去する再生治療を開発する。
  • 低迷する歯学部教育。入学定員の見直しも考慮か。
  • 札幌の無料歯科医を指導。NPOと業務の区別を厳格に。
  • 歯科の4割で、患者が減少している現状。
  • 9200年前の歯垢から、古代人の食生活を分析する。
  • 20歳以上の日本人の8割が歯周病になっている。
  • 良い歯科医を患者の立場から紹介する相談所。
  • 歯の本数が多い人ほど、海馬の容積は大きい。
  • 親知らずからiPS細胞を作ることに成功する。
  • 昔と違って「まったく痛くない」歯医者が増えている。
  • カニの甲羅に含まれる成分「キトサン」で歯周病を治す。
  • 傷口や虫歯…知られざる唾液の効能について。
  • 歯科インプラント手術で、術中に大量出血し死亡する。
  • 感染性心内膜炎の予防には歯のケアが欠かせない。
  • 子供を多く産んだ女性は、歯を多く失う。
  • 虫歯菌だけを溶かす酵素を使った歯磨き粉やガム
  • 口臭を防ぐ舌専用ブラシについて
  • 乳歯を利用したヒトの近親者間の骨の再生医療
  • 歯科医の20%が、年収300万円以下
  • 40,50代は口腔の健康に対する意識が最低。
  • 太っている人ほど口臭は強い傾向に。
  • MRI検査を受ける際の注意点。
  • わたしは精神科医だ。リタリンをくれるまで帰らない
  • 乳歯から幹細胞を取り出す「乳歯幹細胞研究バンク」
  • 歯科医が誤った処置をすると、痛いと叫ぶロボット
  • 需要の減っている歯科医を抑制する方向に。
  • 使用済み入れ歯1個で、予防接種の注射針250人分に
  • モクレンの樹皮が、口臭予防に効果アリ
  • 電動歯ブラシの快適性は異常。もう手動には戻れない。
  • 歯科大学付属病院第一号の認定証は、鶴見大学歯学部病院
  • 親知らず抜歯後に下顎骨骨髄炎になったとして告訴する
  • 不要になった入れ歯をリサイクルして福祉の役に立てよう。
  • 三井記念病院の歯科医による麻酔研修は患者側への説明も嘘ばかり。
  • 虫歯治療の女児が全身麻酔を受けた後急性心不全で死亡する。
  • フードファイターの小林尊氏が顎関節症に。
  • 歯科医向け画像撮影装置で、痛みを引き起こす神経の様子も分かる。
  • 口臭を除去するための生活習慣10箇条を提示。
  • 歯科医を対象に、ずさんな麻酔研修を行っていた三井記念病院。
  • 熊本県山江村では、小学生の虫歯治療費が全額無料。
  • 貧困ゆえに虫歯の治療を受けられなかった少年が死亡する。
  • 20代の女性が関心を集めているオーラルケア市場について
  • 東京理科大と大阪大が歯をまるごと再生させることに成功する。
  • 重い虫歯を、神経を抜かずに治療する新技術を開発
  • 親知らずから、歯の幹細胞を取り出し自分の歯を再生する
  • 医師は不足しているけど歯科医は多すぎるので削減します。
  • 妊娠中からキシリトールを摂れば、赤ちゃんの虫歯予防になる
  • 虫歯菌などの口腔内の悪玉菌を狙い撃ちする抗菌療法を開発。
  • 上司の口臭が気になるという人が92%にも上る。
  • 骨伝導で音楽が流れる歯ブラシに大ヒットの予感
  • 喫煙者は歯周病になりやすいため医療費もかかる
  • 人工甘味料キシリトールは、犬に肝障害を起こす。
  • キノコやワインに含まれるエリスリトールが歯垢を分解する
  • 戦争と虫歯を話し合う、軍所属の歯科専門家サミット
  • 乳酸菌の働きで虫歯を予防する新しいタイプのガム発売
  • 口内の機能が低下すると、運動能力低下と認知症の進行が起こる
  • 歯を白くする、前歯専用歯ブラシが誕生
  • 歯髄細胞を刺激してエナメル質を増やす合成蛋白「デントニン」
  • 2割の父親が、娘に口が臭いことを指摘されて歯医者に
  • 日本人の2割は、80歳でも自分の歯をしっかり持っている
  • 歯の成分を高速で吹き付けることで虫歯も元通りになる技術
  • アメリカによる虫歯撲滅作戦失敗か
  • 大人のせいで歯茎が黒くなる子供
  • 2009-02-19 日常生活に役立つ医学 new

    生理学・日常生活系の医療記事

  • 媚薬効果のある食べ物ベスト10
  • 長寿に関連する遺伝子を日本人だけでなく白人でも発見する。
  • 時差ぼけを修正する蛋白質を名古屋大学が発見する
  • 中学女子の運動量は週60分未満。
  • カイコなどの昆虫は宇宙食として最適な栄養を誇る。
  • 人差し指より薬指が長い人は金融トレーダー向き。
  • 低体温は、免疫力が低下し病気になりやすい
  • 日本人の全遺伝情報を解明するプロジェクトを立ち上げる
  • 昆布のグルタミン酸と鰹のイノシン酸で相乗効果が生まれる
  • 5人に1人が、眠るために酒や薬を使っている。
  • 有酸素運動をすると食欲抑制ホルモン「ペプチドYY」が分泌される
  • 寿命を延ばす遺伝子「Rheb」を京大が発見する。
  • 砂糖に依存性があることを実験により証明する
  • 「男の生きがい」をもっていれば、脳卒中の死亡率は減少する
  • 筋ジストロフィーの原因となるかもしれない蛋白「MG53」
  • ガラガラヘビの毒はモルヒネの数百倍の鎮痛作用がある。
  • 夜間に人工透析を行ったほうが、死亡率は大幅に低下する。
  • 腎機能障害を引き起こす蛋白質Rac1を発見する
  • 断食デトックスに健康面での効果はない。
  • 赤肉に含まれる糖分子が腸内細菌の毒素を血液内に誘導する
  • カフェインは、ずきずきする痛みを和らげる効果がある。
  • アントシアニンを含んだ紫色のトマトで健康を促進する
  • ホットコーヒーかアイスコーヒーかで持たれるイメージが異なる
  • 体内時計の制御DNA配列を網羅し、データベース化することに成功
  • ヘルパーT細胞とキラーT細胞に分かれるメカニズムを解明
  • 長時間パソコンを使う女性は自律神経失調症状が出やすい
  • 疲労を感じる原因となるたんぱく質を発見する。
  • 異常な構造の染色体を人為的に作り出すことに成功する
  • ラットの脳に新しい神経核「矢状核」を発見する。
  • 幸福な人は何故健康でいられるのか。
  • ネアンデルタール人のミトコンドリアDNAを解析することに成功
  • 人のあくびは犬に伝染することが判明する。
  • 地球温暖化で腎臓結石の患者数が増加する。
  • アンコウとヒトの発声のための脳の働きは似ている。
  • ドラマーの体力は、一流サッカー選手と同等。
  • 若者離れの進むバナナ。
  • 部活の練習中に熱中症で倒れて死亡した「熱中症死訴訟」
  • 忙しい母親はカフェインを過剰摂取する傾向にある。
  • アジサイの葉を食べると胃酸と反応して中毒を起こします。
  • 日本人向けに開発したオリジナル快眠プログラム
  • 何故、一定の割合で左利きが生まれるのか。
  • サマータイムによる睡眠障害が引き起こす損失は1200億円
  • テレビで放送した「ティッシュ箱飛ばし」で骨折。
  • ノーベル賞田中耕一さんの、血液1滴で病気を分析できる技術。
  • 朝に食事を取るほうがエネルギー消費が良く太りにくい。
  • スポーツ医科学賞に東大名誉教授の宮下充正氏
  • 二日酔いの原因はアセトアルデヒドではないかもしれない。
  • カカオ分を多く含むチョコレートは本当に身体に良いのか。
  • 顎が角ばり、鼻が大きく、目が普通より小さい男性について。
  • 部活中の熱中症で記憶喪失に。高校側に賠償命令。
  • ローヤルゼリーで女王蜂になるのは、遺伝子が関与していた。
  • アルコール中毒に対する対処法は?
  • 「死んだふり」をしたほうが、交尾成功率は倍増する。
  • 日本アニメ「NARUTO」の真似をして砂に埋まり死亡。
  • 犬に食べさせてはいけない食べ物について。
  • 中年女性は肥満の影響で脳卒中になるリスクが増大している
  • 何故、二度寝はあれほど気持ちいいのか。
  • トイレットペーパーの端を三角に折りますか?
  • 市長がミネラルウォーターではなく水道水を飲めと提言
  • 宇宙医学について知ろう
  • ノーカロリーの人工甘味料は、砂糖よりもダイエットに向かない。
  • 酒を飲んで眠り込むのは「睡眠」ではなく「意識消失」
  • 人工DNAの合成に成功する。
  • 韓国医療ドラマ「ニューハート」の漢方薬問題で訴訟。
  • 細胞が生きたまま、生体分子1個1個を観察する蛍光顕微鏡
  • 禁煙、運動、適酒、野菜で寿命が14年UP。
  • コーヒーの好みを客観的に算出する方程式
  • 脱皮したヘビの皮を身体につけて体臭を似せるリス
  • 1日20分笑うことで、人は大きな病気にならない
  • メタボリックシンドローム予防のための漢方薬、測定器が大好評
  • 都道府県別平均寿命トップは男長野、女沖縄
  • 太ったサンタは子供の悪い見本となっているのか
  • 50万人のイギリス人は、1カ月に1回しか下着を替えない。
  • 抗酸化作用のあるザクロを色々な料理に使ってみよう
  • 座りすぎは喫煙と同じくらい身体に悪い。
  • 部屋のいやなにおいを分解してくれるカレンダー
  • 日本人の睡眠時間、ここ20年で最短に。
  • 子宮筋肉に、幹細胞が存在する。
  • 仰向けで寝ると美人になる
  • 女性が少ない泌尿器科をあえて選ぶ女性医師。
  • メタボリックシンドロームの腹囲基準について
  • リンパ球の暴走を抑える樹状細胞をつくる
  • 睡眠時間が長いと寿命は短く
  • ミカンを食べると骨粗鬆症の予防になる
  • いびきを抑える枕
  • 10年前より男性はふっくら、女性はほっそり
  • 「キクイモ+桑の葉」を血糖値が下がるとして売った社長を逮捕
  • 左利きの人の割合が全体の11%を占めるまでに増加。
  • 投資家は、感情が高ぶっているほうが良い判断を下せる。
  • ポリ塩化ビフェニル類似物質が日本人の母乳から検出される。
  • 人間の身長を決める主要遺伝子を発見した。
  • ニセクロハツを食べた男性が多臓器不全で死亡する。
  • 犬や猫専用の酸素カプセル。
  • 日本の酷暑に参ったキリン、水の飲みすぎで死亡。
  • ジャンクフードならぬ、ジャンクスリープが悪影響を及ぼす。
  • 吸収性が高く、経血が肌につかない生理用ナプキンを開発する。
  • 運動後に冷水浴をしても筋肉疲労回復には効果がない。
  • オメガ3脂肪酸の摂取が不足している人は、飲酒量が多い。
  • ルックスが良い人はより良い人間関係を築き、高い報酬を得られる。
  • 男らしい顔を持つ男性は、長く付き合うには向いていない。
  • アイスクリーム専用の醤油がひそかな注目を集めている。
  • 夏本番。特に高齢者は熱中症に警戒しましょう。
  • ビリーズブートキャンプによるダイエットで腰痛になる人が続出
  • 中越沖地震で、アレルギーのある子供への対応が十分とられていない。
  • 日本人の身長は、もうこれ以上伸びることはない。
  • 遠足帰りの保育園の車に3時間いた2歳児が熱中症で死亡。
  • 日本人の平均寿命が過去最高を記録。男79歳、女86歳。
  • リンゴポリフェノール(林檎5個分)を摂取すると長寿になる。
  • 携帯依存で、若者の記憶力は低下する?
  • 日差しが強ければ、エアコン使用中でも車内は五○度以上に達する
  • 遺伝子組み換えで、植物の光合成をパワーアップさせることに成功する
  • ストレスを受けると、ストレスがない状態に比べて2倍のペースで太る
  • 日本171cm、アメリカ175cm、オランダ183cm、韓国173cm、北朝鮮165cm
  • 原因不明の激しい疲労が続く「慢性疲労症候群」を理解しよう。
  • 水をがぶ飲みすると運動誘発性の低ナトリウム血症に陥るので注意を。
  • 鼻粘膜に噴射するインフルエンザワクチンは皮下注射より効果あり。
  • コーヒーを1日4杯以上飲むと痛風の予防になる
  • 週末に朝寝坊する子供は、成績が悪くなる。
  • 危害を加える犬を特定するためにDNA鑑定を導入するオーストラリア。
  • 15歳未満のエホバの証人信者に対しては、親が拒否しても輸血を行う。
  • 朝食後の作業効率を高めるには、糖分だけではなく栄養も必要。
  • 医師が「急性Wii炎」に関する論文をニューイングランドジャーナルに
  • オランダの大学生が粉末状のアルコールを発明、未成年に販売か
  • 厚生労働省副大臣の公開ダイエット、武見敬三副大臣は成功する。
  • サンゴが死ぬ「ホワイトシンドローム」は地球温暖化で促進される
  • 二重らせん構造のジェームス・ワトソン博士のDNA情報を全て公開
  • 朝食を食べないと、低体温や疲労感など体調低下の原因になる。
  • 聴診や触診を学べる、ヒト型の医療シミュレーターを販売する。
  • バイアグラを投与すると時差ボケからの回復が早まる。
  • 血液型による性格分類について色々言われるのがツラい。
  • メタボリックシンドローム対策のコーヒーを発売。
  • カフェイン入り石鹸で朝すっきり目覚めよう。
  • ヒトが高収入を求めるのは、本能によるもの。
  • チワワやパグが小さいのはIGF-1遺伝子の働きが抑制されているため
  • 加齢臭の原因「ノネナール」が子宮内にもあることが判明
  • メタボリックシンドローム向けのメジャー付きトイレットペーパー
  • 眠気覚ましグミ「起まずいじゃん」を中学生と共同開発
  • 低容量ピルの使用率は、女性のわずか1.8%に留まる。
  • 1つの卵子に2つの精子が受精して生まれた「キメラ」
  • ビタミン豊富と宣伝していた清涼飲料水の嘘を14歳の女子学生が暴く
  • 酒かす汁にはアルコールが入っていないため酔っ払うことはない
  • 休みの日に多く寝る人ほど、不眠や抑うつを訴える傾向にある。
  • 睡眠薬「マイスリー」を飲むと夢遊病のような症状が出ることがある
  • 男性は女性より悩み事の相談相手が少なくストレス症状が出ている
  • 血流制限による簡易筋力増加法、「加圧トレーニング」について
  • 女性の85%が、体重より年齢を公表するほうがマシだと考えている
  • エキノコックスをわずか2年間で根絶する方法を北大が発見。
  • 運動しない主婦向けのフィットネスクラブが大盛況。
  • 飯島愛を引退へ向かわせた腎盂腎炎。
  • 日本のイルカは水銀汚染されており妊婦は食べないほうがいいかも
  • 生きがいがないと、病死する確率が高くなる。
  • 胸腺でT細胞を教育していたのは「クローディン」と呼ばれる分子
  • 月経血から、筋肉細胞を取り出して筋ジストロフィーの治療に
  • 国民の1/3が寝不足のフランスで、安眠キャンペーンを実施
  • 世界最高齢の人物に、福岡県福智町の皆川ヨ子(よね)さん(114)
  • 大量の水を飲み、尿を我慢しすぎて水中毒となり死亡。
  • 男らしい顔は暴力やイカサマを想起させ、良い印象を与えない
  • ノーベル賞受賞者は、その他の候補者よりも寿命が長くなる。
  • 夫の手を握ると、即座にストレスは解消される。
  • 毎日の就寝起床時間を記録して睡眠時間を計算するブログを公開。
  • スターバックスがトランス脂肪酸を含む油の使用を停止する
  • 韓国で、クローン猿を誕生させる計画を進めている
  • 東京の女子中高生は必要なエネルギーの7,8割程度しか摂っていない
  • BCGワクチンが花粉症に効く仕組みを突き止める
  • 薬剤噴射だけで癒着を防止する新技術を開発する
  • ナノテク素材「フラーレン」には関節の変形を抑える効果がある
  • 大酒飲みは自殺のリスクが著しく高い
  • 科学的根拠のない、マイナスイオンの広告に東京都が苦言
  • 「笑い」の治療効果について本格的に検証が開始される
  • 卵を控えても、コレステロール値は下がらない。
  • 174cm40kgのブラジル人モデル、拒食症で死亡
  • 自分の血小板を用いて、テニス肘の痛みを改善することに成功
  • 高齢者は時差ぼけを経験すると死亡率が上昇する
  • カネミ油事件の被害者の孫からも高濃度のダイオキシンが検出
  • ケンタッキーフライドチキンでトランス脂肪酸の使用を停止
  • 運動すると寿命が縮むという説、否定される
  • 何故鼻が詰まると味が分からなくなるのかを医学的に解説
  • 医師お勧めの温泉宿を無料で紹介するサービスを実施
  • おはスタ内で取り上げたブルーベリーが毒物だったことが判明
  • 猫の尿の激臭の原因物質は、好奇心にちなんでコーキシン
  • そば粉90%を100%と誤表示した蕎麦を食べ小麦粉アレルギーに
  • 苺に含まれるフィセチンは記憶力を向上させる
  • フグには毒があるんだから免許ないと調理しちゃいけません
  • 免疫力を高める乳酸菌で風邪やインフルエンザを予防
  • 身体の健康も心の状態も、基礎体温で分かる。
  • アルコールの分解力と酒の強さは関係ないことが判明
  • ニューヨークでトランス脂肪酸の使用を全面禁止か
  • オリゴ糖を食べると免疫力が上がり、アレルギーが抑えられる
  • 半永久的に消臭し続けるスメルキラーが人気
  • 男と女の、失恋したときの立ち直り方の違い
  • 人類史上初の無重力手術が成功。
  • 山登りで内臓脂肪が分解されるというメカニズムに疑問
  • 水道代がバカにならないので女子高のトイレにも擬音装置
  • スギヒラタケは脳症や腎不全を起こすので食べないで!
  • 学習するなら、時間帯は午前中のほうが効果的である。
  • 人間ドッグ受診者の88%に、何らかの異常がみつかる。
  • 【飲んだら乗るな】酒を呑むと動かなくなる車を開発
  • 毎日5杯以上緑茶を飲むと、脳梗塞の予防に。
  • シスメックスが神戸に予防医学研究施設を新設
  • 酸素入りの水に効果があるというのならその研究データをよこせ
  • 県立淡路病院で抗生物質によるアナフィラキシーショック。賠償は4100万円
  • イトーヨーカドーの電気ストーブで化学物質過敏症の訴訟
  • 農水省が力を注ぐ、高リコピントマトやGABAの豊富な米
  • 開眼片足立ちで20秒以上できないと将来歩行困難に
  • 指静脈画像を保存し、受刑者の監視を行う新技術を導入
  • ビール1杯で赤くなる人は、食道がんのリスクが8倍
  • 筋肉の「数」は、個人によって生まれつき異なる。
  • 太りやすい体質を爪の遺伝子から判定するサービスを開始
  • 麻酔による痛み、吐き気などは手術を行う時間帯によって異なる
  • 細胞内の亜鉛濃度が減少すると免疫力が高まる
  • 傷を治すのに、微弱な電流が活躍しているらしい
  • 日本人は睡眠時間が短くなっており、とうとう世界で最短に。
  • 睡眠は記憶の強化に利益をもたらす。試験前はしっかり寝よう。
  • 何故世界中の人が早弁をしているのか
  • トロポニンの発見者、生理学の江橋節郎氏が死去
  • 煙草とダイオキシンの細胞内メカニズムは同じ
  • 喫煙と同じくらい健康に悪いこと
  • 睡眠不足が日本経済にもたらす損害は年間3兆を超える。
  • 身体に圧をかけることで代謝を良くするダイエットウェア発売
  • 煮込んだ野菜よりローストした野菜のほうが歯に悪い
  • メンデルの法則に従わない遺伝、動物でもみつかる
  • 卵が先か?ニワトリが先か?ついに決着
  • 膵臓細胞が形成されるメカニズム解明。糖尿病の治療に有用か
  • 24時間しか記憶の持たない男が日本で個展を開く
  • 豆を食うと屁が出るのは「事実」である。
  • 生理の血から、心筋っぽい細胞を発見