五十嵐晋の毎日

2008-11-30 受験に向けて・・・通信より

 3学年の学年通信を書いています。

その一部を紹介します。受験に対する私の考え方の一端です。

 雪が降りました。

 いよいよ受験勉強本番です。

自分の持っている力をさらに伸ばす時期です。

 結果がでるか、でないかに関係なく、とにかく、自分を伸ばすために自分の全てのエネルギーを使うときです。

 仲間とともに、力を尽くすこと。まさに君たちの集団の力が試されます。

 繰り返しますが、結果を出すことが第一ではありません。

 君たち自身が、これまで、個人個人の力を結集して高めてきた集団力を、さらにパワーアップさせる時期なのです。

 自分さえよければよい、他人を蹴落としても自分が上に立つ、というような思考しか持てない人はいませんか。

仲間と一緒に学ぶことに嫌悪感を感じている人はいませんか。君たちの中にそんな人はいないと思います。

 オウム真理教というカルト集団が松本市東京地下鉄猛毒サリンという薬剤をばらまき、多数の人を死に追いやった事件がありました。

 そうした事件を引き起こした人たちは、麻原というオウム真理教の代表に「自分だけがかわいがってほしい」という一念で人を殺すことも平気でやってしまいました。

 彼らは、受験勉強にはたぐいまれなる力を発揮した人たちです。しかし、彼らは孤独でした。

 なぜなら、「仲間とともに学び成長していく」という「人」として最も大切なことを忌み嫌っていたからです。

たとえ、自分が思うように勉強できなくとも、

☆仲間の成長を素直に喜べる人になりましょう。

☆仲間の頑張りを素直に認められる人になりましょう。

☆仲間の苦しみに共感できる人になりましょう。

☆仲間とともに苦しくとも笑顔で生活できる人になりましょう。

「高校受験」という矛盾に充ち満ちた制度の中で、君たちが自分を成長させていくことができるとしたら、それらのことがしっかりと胸に刻める人になったときだと思います。

勉強方法に悩む人がいたら、手をさしのべましょう。自分が悩んでいたら、仲間に助けを求めていきましょう。

先生や親だけが、君たちを救ってくれるわけではありません。君たちのそばには、いつもクラスの仲間がいるのです。

 そうしたことが、当たり前にできるのが、本来の人間の集団です。

君たちが二年生になったばかりの頃に、校長先生が「当たり前のことを当たり前にできるような人になろう!」と訴えました。

「当たり前のことを当たり前に」とは、まさにこのことを言うのです。

集団がそうであってこそ、自分の良さ(個性)が発揮できます。クラスの仲間をけなす人は、仲間に距離を置かれてしまうのは仕方のないことなのです。仲間に欠点があっても、仲間として認めることによって、初めて自分もその一員になれるのだ、ということを自覚しましょう。

 それは、社会に出て、集団の一員として活動するときは、最も必要な「学力」になることでしょう。

2008-11-13 明後日はレポート報告します。

 明後日、これまでの二年間の学年の歩みを報告します。

2008-10-19 負けることの意味

天童エンジェルス、今年はリーグ戦全敗です。全敗だから、チームがだめかというとそんなことはありません。

素晴らしいチームワークです。元気もあるし、生き生きとしています。勝てないだけです。

勝てない代わりに、このチームのひとり一人が、自分がいかに「野球」という遊びが好きか、確かめることが出来たのではないでしょうか。レギュラーになれない、とか、調子が今ひとつさえないとか、そんなことは関係ありません。とにかく野球がしていたいのだ!と叫ぶことのできる人間になれたら、自分の利益だけで動くことのつまらなさが自覚できるのではないでしょうか。負けることの大切な意味を自覚できるのではないでしょうか。

 勝ち続けてきたエンジェルスだから、なおさらそれを自覚できたら最高です! 

2008-10-18 文化祭近し・・・「文化は混乱の中から生まれるのです。」

いよいよ来週は、文化祭です。文化祭は、今年合唱コンクール中心という形になりました。多少残念です。しかし、執行部は頑張っています。これだけ組織として、しっかり活動出来るとは正直思いませんでした。どんな発表であろうと、ここまで努力するリーダーが育っていることを確認できたので、それでほぼ成功でしょう。

もちろん、非協力的な生徒もいます。しかし、それは、いて当然なのであって、そう言う生徒を説得し、納得させ、ともに歩もうとする努力もまた大切だと思います。それがなくて、黙って右向け右の集団だったらそれはむしろ恐怖です。

「文化は混乱の中から生まれるのです」

2008-10-10 明日は教研集会

 昨日の写真は、アキレス腱を断裂し、そのまま楽天野球塾に出席したときの写真です。

もうすぐ丸二年になろうとしています。

 教研集会は、教師の学びの場です。

 行っても行かなくともよい場なのですが、私は毎年参加しています。

 市民の方の声や、生徒の生の声を聞くチャンスでもあるからです。

 組合主催なので、敬遠する方もいますが、私は、自らの力量に幅を広げるチャンスと思ってやっています。

 今日は、準備で会場の山形四中に夕方から行きます。

 昨日の写真は、アキレス腱を断裂し、そのまま楽天野球塾に出席したときの写真です。

もうすぐ丸二年になろうとしています。

 教研集会は、教師の学びの場です。

 行っても行かなくともよい場なのですが、私は毎年参加しています。

 市民の方の声や、生徒の生の声を聞くチャンスでもあるからです。

 組合主催なので、敬遠する方もいますが、私は、自らの力量に幅を広げるチャンスと思ってやっています。

 今日は、準備で会場の山形四中に夕方から行きます。

taki-plathometaki-plathome 2008/10/10 14:05 ぷらっとほーむ松井です。
ブログ復活おめでとうございます!
更新楽しみにしてますね〜。
では明日教研にて。

2008-10-09 3年ぶりの復活です。

f:id:igarasisusumu:20070203090301j:image 今日からまた書き始めたいと思います。

私は今、山形県中山町立中山中学校の現場に戻って2年が経とうとしています。

愛すべき中山中3年生とともに本当に充実した毎日です。

 今、文化祭に向けて生徒たちは頑張っていますが、明日は、中間テスト。きつと今頃生徒たちは、「勉強しなければ」と思いつつ、なかなか取り組めない自分にいらいらしていることでしょう。

 現場に戻って2年、教育現場は、コロコロ変わる教育政策に翻弄されています。

毎日の慌ただしさが、立ち止まって考えるほどの暇を与えてくれません。

プロフィールも3年前のまま、そのまま淡々と綴ります。

アドレスが組合の書記局になってしまっているのが、ちょっと心苦しい!

2006-01-30 多忙

毎日があっという間に過ぎていきます。今は、各市町教委との交渉の準備と人事、そして、役員選挙もあって、てんてこまいです。

自分の生き方が果たしてこれでいいのか、と自問自答しながら生きています。

しかし、かつて私の今の年齢の人たちは、みな頼もしく見えたものですが、いざ、自分がこんな歳になってみるとなんと進歩していないことか・・・情けなくなってきます。自分の未熟さといい加減さに・・

hauru2006hauru2006 2006/07/06 13:11 情けなくなってきます。自分の未熟さといい加減さに・・
未熟ですか、いい加減ですか・・・先に立っている人(先に生まれてきた人)は頼もしく見えるものですよね。いまの仕事が本意ではないかもしれませんが、すべてのことは繋がっているように思います。一緒に考えていきましょう。おまけ・・・先生!って呼ばれると偉くなった気になりますよね。(先に生まれてきた)だけとも(笑)igarasisusumuさんは偉そうにしている方には思えないです。

2006-01-24 バトルの学舎

 感想が寄せられてうれしく思います。

2005-12-20 いよいよ発売です。

igarasisusumu2005-12-20

「バトルの学舎」が12/25に出ます。いよいよです。なんとなく不安ですが、若い人にはぜひ読んでほしいと思います。

教師は、現場で育つのだ!というメッセージを込めています。つまり、教師の最もふさわしい指導者は、子どもたちである、ということです。