海を歩くために目を凝らす

Que sais-je? わたしは‥‥何も知らないではないか。

2014-07-27 アメリカ・図書館・図書館情報学

リチャード・ルービン『図書館情報学概論』

http://id.ndl.go.jp/bib/025441949

リチャード・ルービン著『図書館情報学概論』根本彰訳、東京大学出版会2014年5月

★感想メモ

  • 会誌の先輩からおすすめいただいて読んだ。
  • アメリカ図書館教育・図書館学校・関連協会設立の歴史など過去のことについては、知らなかったことがまとめられていて、なるほどそういう流れだったのかということばかりだった。
  • 現在につながる課題として取り上げられているものについては、アメリカの事情と日本の事情ではだいぶ異なる部分がありそうだなと思いながら読んだ。たとえば公共図書館に求められている教育的な役割については、公教育の整備状況や移民の多さ、マイノリティとくくられる人の多さ(白人・黒人といった「皮膚の色」やヒスパニックなどの「出自」の違いによって受けられる教育が異なるなど)といった問題があるために、公教育に変わる教育支援的のニーズが明らかである、など。
  • 組織の在り方、職業選択の在り方、キャリアパスの在り方、という意味でもアメリカと日本とではだいぶ異なるため、この本に書かれていることは参考事例として読む、という姿勢に自然となっていたと思う。そして違いがあることは当然に想像できるがために、この本に書かれていることの中では、問題や課題に対する取り組み方が参考になると思った。
  • 訳者あとがきによれば、本書は1998年に初版が出たあと、2000年に改訂版、2004年に第2版、この訳書の底本が2010年の第3版とのことなので、いま(2014年)から4年前の本なのだけれども、いまはもう違うなと思うことが当時の現在や当時からみた未来の話として書かれている点については、すでにだいぶ古くなってしまっている部分があり、更新が必要だと思った。それだけ変化が早いのだとも言えるだろうし、それだけこのようにアメリカ図書館教育や図書館業界全体を俯瞰した本を書くことは難しいのだとも言えるだろう。
  • そういうわけで古くなってしまう部分については保留をもって、あるいは「いまは違うね」と思いながら読んだけれども、古くならない歴史については勉強になった。といっても、幅広い知識を持っていて日本のこれまでの図書館情報提供機関をよく知っている人なら、古くなってしまう部分からもいろいろなことを読み取ることができるのかもしれず(先輩はそのような感銘を受けてすすめてくださったので)つまりは理解の浅さや価値の読み取りは、読み手である私に問題があるのかもしれない。

★概要メモ(粒度は章によってバラバラ、「<」の右側は感想)

  • 3 情報の組織化:その技術と問題
    • 研究者のニーズ pp.120-121(訳文から少し文言変更)
      • 1 すべての関連情報資源についてもっとも明確でより幅広い視点
      • 2 特にその研究分野の課題において、実は重要で意義深く、基準となる情報資源を見落としていないか
      • 3 不必要な過去の重複研究はしたくない
      • 4 時分の研究に領域横断的に関連するものを知りたい
      • 5 時分の同一主題の研究に分類される近年の図書を探し出し、より最新の研究結果を従来の研究結果と照らし合わせたい
      • 6 思いつかないけれど密接に関連しているキーワードを認識させて最適の文献を得られるメカニズム
      • 7 巨大なリストやデータを表示する作業(?)は省きたいが検索結果の向こうにある多様な情報資源を確認する必要があるとは思っている
    • メタデータ p.136
  • 4 機関としての図書館:その組織を展望する
    • 図書館の機能と仕事(部署)、意思決定、各館種の特徴・役割と課題と期待と貢献(可能性を含む)、財政難と説明責任と量的な価値測定
  • 6 情報学:サービスの視点
    • どんな情報が求められているかを把握し、提供できる情報の性質を知ったうえで提供方法を考える

2014-07-25 プレゼン:ポスター

ポスター(プレゼン)準備全般

酒井聡樹『これから学会発表する若者のために』

http://id.ndl.go.jp/bib/000009919995

共立出版, 2008.11. 166p ; ISBN 978-4-320-00579-2

★メモ

発表内容の練り方

  • 序論
    • 何を前にして:現象、事実、既存知識、研究の現状、技術開発へのニーズ
    • どういう問題に取り組むのか:「何を前にして」の具体化
    • なぜ取り組むのか:問題意識の説明、どのような意義があるにも関わらず未解明だから、など
    • どういう着眼で:仮説の検証、既存研究との違い、研究のポイントアピール
    • 何をするのか:研究方法
  • 演題に入れる情報
  • 研究方法
    • 論理的な不備がないことをわかってもらえればよい
    • 研究対象の素性・由来・特徴
    • 各実験・調査等のタイトル
    • 各実験・調査等の簡単な説明(本筋に関わることだけでよい)
    • データ処理の方法(当然に推測されるものならば省略してよい)
  • 研究結果
    • *結論を導くことを唯一の目的にする
    • 得られた結果の提示(必要なデータのみ。データはわかりやすい形にしてそのデータが持つ情報のまとめとタイトルを示す。)
    • 得られた結果の統合的解釈(必要な場合のみ)
    • 先行研究の検討(必要な場合のみ)
    • 結論:取り組んだ問題への答え
    • 結論を受けて:取り組んだ理由への答え
  • 論文要旨
    • *目的のみを書き、背景を書く必要はない
  • 講演要旨
    • *序論をきちっと書く(目的と背景)
    • 序論
      • 1.何を前にして:現象、事実、既存知識、研究の現状、技術開発へのニーズ
      • 2.どういう問題に取り組むのか:「何を前にして」の具体化
      • 3.なぜ取り組むのか:問題意識の説明、どのような意義があるにも関わらず未解明だから、など
      • 4.どういう着眼で:仮説の検証、既存研究との違い、研究のポイントアピール
      • 5.何をするのか:研究方法
    • 研究方法
    • 研究結果
    • 結論:取り組んだ問題への答え
    • 結論を受けて:取り組んだ理由への答え

  • 聴き手が理解する努力をしてくれるかどうかは、
    • どれくらい興味深そうな発表か
    • どれくらいわかりやすそうか(理解の努力の必要度)

にかかっている


  • わかりやすい発表のために
    • 論理的な主張をする
    • *わかりやすくしようという意識を持つ=気遣いの心
    • *聴衆を想定する
    • *わかりやすい発表のためのプレゼン技術を身につける
      • 必要かつ不可欠な情報だけを示す(主張を絞る、論理的なつながりの順序で重要なものから研究方法→結果と説明する、読めばわかる言葉を使う、同じ言葉を使い続ける、直感的な説明を心がける、

  • ポスター発表で心がけるべきこと
    • 説明練習をする
    • 5分くらいで説明できるようにする
    • 勝手に説明をはじめない
    • 10秒ほど見てくれたら声をかけてみる:説明しましょうか?→No→質問ありますか?
    • 全員に向かって言葉を発する:声量、視線
    • 聴衆の反応を見ながら説明する
    • 特定の聴衆と延々とやりとりをしない
    • 指示棒を使って説明する
    • 図表の読み取り方を説明してから、データの意味するところを述べる
    • A4の縮刷版を用意する

ポスター作成(構成・デザイン)の参考

宮野公樹『学生・研究者のための伝わる!学会ポスターのデザイン術』

http://id.ndl.go.jp/bib/023156735

化学同人, 2011.11. 143p ; ISBN 978-4-7598-1469-9 :

プレゼン練習のためにあとで使う

塚本真也, 高橋志織『学生のためのプレゼン上達の方法』

http://id.ndl.go.jp/bib/023941907

朝倉書店, 2012.9. 151p ; ISBN 978-4-254-10261-1

上西幸治『英語でプレゼン!』

http://id.ndl.go.jp/bib/000010070200

丸善京都出版サービスセンター (制作), 2009.3. 147p ; ISBN 978-4-944229-81-9 :

Tipsとして利用するならよい

佐藤佳弘『わかる!伝わる!プレゼン力』

http://id.ndl.go.jp/bib/000010992956

武蔵野大学出版会, 2010.9. 166p ; ISBN 978-4-903281-17-9

今後見ることはきっとない

伊藤宏, 福井愛美 編著,西尾宣明, 服部美樹子, 水原道子, 中山順子『プレゼンテーション演習』

http://id.ndl.go.jp/bib/000011257218

樹村房, 2011.6. 159p ; ISBN 978-4-88367-213-4

  • 悪い本ではないけれどカバー範囲が広い分、学会発表の準備という目的にとっては、ほかの参考図書と比べて詳細が足りない。また、図が少ないため把握しづらい。飛ばし読みをした。

2014-02-19 環境・社会

原研哉『日本のデザイン』

日本のデザイン : 美意識がつくる未来 (岩波新書) 岩波書店2011年10月

★感想メモ

  • 未来のデザインとは、その人の生き方に真正面から向き合い、その命のエネルギーの求める心地よさを実現し、求めへの気づきをもたらすもの。それは複雑なものではなく、無駄を捨てることで生まれる空っぽに由来する簡素なもの。そのようにして生まれるデザインが、その人が生きるうえで大切にしていることに通じているものであれば、その美意識は他者にとっての魅力となりうる。ということかなぁ、と思った。
  • エネルギーとのコミュニケーション、目には見えないその営みを、結果として目に見えるものにするのがデザイン、なんていう流れを想像した。

★勝手なメモ

  • 日本の美意識:繊細、丁寧、精緻、簡潔
  • 小ささ、スマート
  • オリジナリティ、ユニーク
  • 生活の思想:ものを介して暮らしや環境の本質を考える
  • 人間の欲望への影響力
  • 仮想と構想とその可視化
  • 日本の簡潔さはシンプルとは根本的に異なる「空っぽ」に由来する
  • 四角と丸、切り取って、嵌める
  • 究極のプレーン、零度の極まり
  • 暮らしのかたち=生活のへそ=無駄なものを捨てること
  • 美意識が観光資源になる
  • 小さな美には敏感だが、巨大な醜さに鈍い
  • 新しい価値、ときめきを見つける
  • 世界から評価されるのではなく、世界で機能する
  • 無数の知の成果を受け入れる巨大なパラボラアンテナのような仕組み
  • 歴史と文化が価値を生み出すソフト資源

2014-01-15 図書館・社会

猪谷千香『つながる図書館

つながる図書館 : コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書) 筑摩書房2014年1月

★一言感想メモ

★勝手な要点まとめ[ページ]

  • 公立図書館の動向
  • 図書館作り
  • つながる
  • ひと作り
    • 設計から市民が携わった伊万里市民図書館の古瀬館長いわく「伊万里のまちをつくる、そのために人を育てる。そのためお図書館(後略)」[136]
    • 島まるごと図書館構想でできた海士町中央図書館の主任の磯谷奈緒子さんいわく「町作りの根本は人作りだろうと。その時に、図書館を軸にした人作りが始まりました」[220]
  • 第五章では、早ければ数年以内には、CCCによるブックカフェ(武雄市図書館型)は珍しいものではなくなる、と書かれている。
    • 勝手にまるめてしまうと、新しいものが新しさを失って当たり前になったときに、それが魅力的であり続けることができるか、ひとびとを惹き付けつづけることができるか、というのはひとえにオリジナルのコンテンツとしての力があるかどうかだよね、ということと読んだ。そしてそれはそのまま選書だよね、と私は思った。ココにしかない、を、どのように築くか。

2013-12-27 文字・標準化

小林龍生『ユニコード戦記』

ユニコード戦記 : 文字符号の国際標準化バトル 東京電機大学出版局、2011年6月

★一言感想メモ

  • 身の引き締まる思いになって、同時に気持ちが高まった。もっと早くに読んでおくべきだった、と思ったけれど、異体字リスト編集後のいま(読んだのは11月)だからこそ実感を持って頷けるのかもしれない。と考えると、良い時期に読んだかもしれない。
  • まるごと勉強になる本だった。[文字]とは何か、[文字]と<文字>の関係と文字表の意義、ユニコードJISの歴史、ユーザーと情報通信技術の専門家の対話と課題の解決方法、標準化との向き合い方、国際標準化活動の現場の雰囲気、などなど。
  • 標準化の重要性をここでも再認識。そして、こういう戦いがあったからこそ快適に生活できるのだと感謝。
  • 文字の標準化ユニコードのような国際的な場でやる必要があるのだと納得できた。私たちだけでがんばろうとしてもダメ。ただし、この本に登場するような専門家にはなれないとしても、専門的な知識を持っておく必要はあると思う。でなければ仕事にならない。
  • 自分の仕事に応用できることがいくつもあった。戦略や戦術の必要性については、出張のときにちょうど語ってもらった。この点はまだ抽象的な理解しか持っていないけれど、これから具体的な動き方を見る機会がありそうでわくわくしている。
  • 英語、英語、と思った。まずすぎる。

★抜粋(ページ)、要約[ページ]、→の右側は感想。

  • 偉人(46)
    • 小池建夫さん:歩く漢字コードの字典
    • 佐藤敬幸さん:歩く国際標準化の歴史
  • 仕事での戦い方BY佐藤敬幸さん
    • 「とどめの刺せない反論を紙で出すなんて、敵に塩を送るようなもんだ。傷を負わせたら殺せ。見逃せば自分が殺される。せめて最終局面で、意表を突いて口頭で爆弾発言するぐらいしなきゃ」(46)
    • 「どんなに自分たちの主張が正当なものであっても、適切な戦略や戦術がなければ、国際的な戦いの場では無力に等しい」(47)
    • 「他の国々に原則論を勧めておきながら、日本だけ例外をゴリ押しする身勝手は許されない」実装コストがかかるとしても、それこそが、日本がグローバルな情報化社会で協調的に生き延びていくためのコスト。こうして、JIS X 0213:2000のレパートリーは、まがりなりにもすべてUCSに対応付けられた。[74]
  • 効果的な英語レッスン
    • 用意した英字新聞ウェブの記事のサマリー(キーワードやキーフレーズにマーカー)を自分の言葉で説明、サマリーは添削してもらう(後日の場合も)。先生からの質問に答える。文法や語彙について、公的な場の発言というフォーマルな印象を与える言葉、意味的にはほぼ同じでもポジティブな印象を与える言葉とネガティブな印象を与える言葉といった微妙なニュアンスの違いを教えてもらう。[134-136]
    • アジェンダが同じ!効果的だったなと思っていたけれど、間違っていなかったと思えてなんとなくほっとした。またの機会のためにもメモ。
  • 社会言語学の常識(これを考慮しないと根拠脆弱な主張となってしまう)(163-164)
    • 話される言葉は、組織立った教育なしに母親から獲得することが可能である。まさに、母語母語とよばれるゆえんである。
    • 文字は、何らかの形での教育を経なければ獲得は困難である。文盲の存在が、そのことを如実に物語っている。
    • 古来、文字行政は権力者による支配の手段として用いられてきた長い歴史がある。
    • 言語や文字の使用者集団の境界と近代的国家の境界(国境)は必ずしも一致しない。
  • 文字コードの意義
    • 活字に組まれた形の再現性が必要なのであれば、画像データとして保存再現すれば良い。電子的な翻刻効用は、一般的な内容の再現に留まらない。それは、検索の利便性が圧倒的に高まる、という一事に尽きる。[100-101]
    • 検索の問題の背後には、情報の交換という、より本質的な問題が存在する。それは「ある符号によって表される文字が、情報を送る側と受け取る側で同じである」という了解ないしは保証が必要だということである。送り手と受け手の意味の共有を支えるのは、ある言語を共有する社会全体の無形の合意である。文字や言葉に関わる規格とは、このような社会的な合意を、健全な蓋然性を伴うような形で、明文化したものと言えよう。コンピュータや通信においては限定された範囲での保証となるが、そこを逸脱する創造的な営為によって社会が変化すれば、規格もまた変化していくことでその存在意義を全うすることができる。[102]
  • 文字と標準化
    • 活版印刷の時代、活字箱に納められていた字母の種類は数千種に限定・正規化されていた。そして著者も編集者も読者も、文選工たちによる手書きから活字への変換を、所与のものとしてごく自然に受け入れていた。[207]
    • 漢字の異体字は、利用局面書き手によってさまざまな変異があり、その数はゆうに1000を超える。[226]
    • 機械と人間の接面にある問題。それは情報技術と言語文化の狭間の領域である。言語の表記形([文字])とそれに対応する記号の列(<文字>)との対応関係には曖昧性、一意に解決することが不可能なアポリアの介在する余地が存在する。この関係は、言語世界を構成する要素全体と、その指し示す世界を構成する要素全体とが互いに支え合う構造となっているのと同様な困難さを持っている。何らかの視点で強引に[文字]の社会的曖昧さを排除して情報交換用符号化文字集合の符号位置=ビット列を当てたのが<文字>である。文字表の[文字]は参考情報にすぎないが、これこそがビット列である<文字>と[文字]をつなぎ止めるか細い絆なのである。[197-199,215]
    • 人名・地名に用いられる漢字の字形については、情報交換用の符号としての意味とは異なる、何らかの感覚的・情緒的なこだわり、唯一無二性、アイデンティティの確認といった意味があることは、認めなければならない。この唯一無二性の意識と情報交換用符号化文字集合というきわめて実利的な技術標準の折り合いをどうつけるか。[210-211]
  • 次のような原則で、二つの相容れない立場の妥協・合意を形成[204-205]
    • 技術標準を提供する側は、利用者側の立場や感情を尊重し、利用者側が要求する結果を実現するための技術的な手段を提供する(解決策例:音価は等しくても表記形が異なるものについては、その表現に必要なビット列の長短にかかわらず、公的に固有の名前を与える:Unicode Standard Annex #34 Unicode Named Character Sequence)
    • 利用者側は、要求する結果を実現する具体的な方法については技術的意見を差し挟まない(解決策例:ある表記形に対応する内部のビット列の長短や表示のメカニズムには拘泥しない)
  • 標準化活動の流れ
    • Ideographic Variation Sequence(IVS)は、アイディアをUTCに提案してから実用的な普及段階に入るまで12年かかった。[222-235]
    • 2008年末、ユニコードの普及に伴い、UTCでの議論の多くは、実装面での他の規格、たとえばHTMLXMLを軸とするインターネットの世界、構造化言語の世界とどう整合性をとっていくか、符号化文字だけではなくユニコードを使って言語文化依存要素をシステムに実装していくために必要な情報の収集と公開といった議論に移行。JIS X 0213の制定と改訂に伴いユニコードとの整合性を確保。[235-236]
  • 専門性と相対化
    • 専門性こそが情報通信技術者社会の中で生き延びていくための資産であり、戦うための武器なのだ。(165)
    • しかし自戒を含めて振り返ってみると、何よりも困難なことは、自分の持てる武器装備を相対評価する能力をもつことではなかったか。みずからの戦闘能力を相対化して知ることが戦場で生き延びるための要諦なのだ。たとえ、それが名誉ある撤退につながったとしても。(166)
  • 利用者技術者
    • 佐藤敬幸さん「だから、大切なことは、自分たちで考えた実装方法をがむしゃらに提案するのではなく、どういうことを実現したいかをていねいに説明することなのです。ぼくはいつでもその橋渡しをやります。ドアはつねに開けておきます」(160)
    • 実ユーザーと情報通信技術の専門家集団との対話がいかに困難かということ。半可通の知識は、要求を明確にするうえでは必ずしも役に立たないこと。最も必要なことは、実ユーザーと専門家集団が真摯に話し合い、相互理解を図ること。(161-162)
    • 利用者部門とシステム部門がもっと話し合うこと、を思った。利用者部門は自分たちがほしいものは何かを良く話し合い、必須の要件をしっかり把握した上でまとめること。システム部門はそれを実現するための技術を把握し、利用者部門の提示する要件を必須のものから実現していくこと。