ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

虚虚実実――ウルトラバイバル このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-03-16 糖尿病を海産物(牡蠣、根昆布)で改善する

iirei2010-03-16

糖尿病海産物牡蠣根昆布)で改善する 19:37 糖尿病を海産物(牡蠣、根昆布)で改善するを含むブックマーク 糖尿病を海産物(牡蠣、根昆布)で改善するのブックマークコメント



 わたしは、牡蠣(貝のカキ)が大好きで、鍋に、カキフライにと、「無性に牡蠣が食べたい!」と思うことがしばしばでした・・・その理由が解ったような気がするので、以下に書きます。

牡蠣(かき)の佃煮(つくだに)↑

(醤油甜菜糖ショウガ山椒の実、柚子いり)

 

http://www.nagayoku.com/shop/487562mm/gtf/gtf.html

http://www.nagayoku.com/solution/

という

HPに、糖尿病に罹りにくくする因子として、3価クロムという物質が取り上げられていました。この3価クロムは、糖類を細胞なかに行き渡らせるために重要なそうなのです。昔公害問題になった6価クロムとは形態が違います。


ただ、この3価クロムは体内に吸収しにくく、クロムフェリンという結合体にすると格段吸収がよくなるとのことであり、このHPはこの薬剤の宣伝用なのですね。ただ、いまの私はいますぐにこの薬に手を出そうとは思いません。


私は糖尿病の気があり、いまでは通院している病院でしばしば血糖値を調べますが、3年ほどまえ調べてもらった際には300もあって、医者もあきれていました。(正常値は100前後


糖尿病は、糖類(ブドウ糖)が、インシュリンを仲立ちとして、スムーズ細胞内部に運ばれることが阻害され、細胞内部に栄養が行渡らず、余った糖類が血液中に過剰に存在することで起こる病気ですが、その真因は、いまだ明らかにされておらず、「あれも食べてはダメ、これも食べてはダメ」ということになる、患者にとっては寂しい病気です。このとき、「3価クロム」が重大な役割を演じるとすれば・・・インシュリンの効き目も向上するのでしょうね。ひいては、糖尿病も軽減されるか?


ところで私は「牡蠣(かき)」が大好きで、ナベ料理フライとよく食べますが、その「恋しい思い」は、もしかして牡蠣が「海のミルク」と呼ばれるほど、ミネラルの宝庫であり、亜鉛(Zn)、そして例の「3価クロム」も含んでいるからのようですね。


・・・「3価クロム」・・・お目当ての物質だ。・・・という具合に考え、加熱調理用の牡蠣を700円位買ってきて、日持ちを良くするため佃煮にしてみました。これほど恋しかったのは、牡蠣がお目当ての食品だということを私の体が知っていたのでしょうか。


1日、4個ほど食べています。それを2ヶ月半ほど続け、そして、最近検査で、空腹時血糖値が100を切り、99になりました。これは目覚しい進歩です。ある意味糖尿病」=「ミネラル欠乏症」と言えるのかも知れないですね。

    細胞の働きを増強する 海の食物

    魚、海草類、貝類などミネラルいっぱいで、貴重なタンパク質補給源とも

    なります。

   特に牡蠣は、糖尿病食としても最高です。

      牡蠣は、完全栄養食(海のみるく)とも言われますが、糖尿病改善

      必要栄養も入っていて、特に亜鉛タウリンをズバ抜けて多く

      含んでいます。

      

      糖尿病の人では、1日150gの生カキを2週間も食べ続けると、

      たいがいの人で血糖値の変化が確認できます。

      試してみてください。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-minami/tounyou.html より。


いくらなんでも、一日150gの生カキを2週間も食べ続けられませんが。


 ところで、漢方薬生薬となる「牡蠣の殻」・・・「ボレイ」、これは、もしかしたら、牡蠣そのものより多くミネラル分を含んでいるのではないか、と思い、家庭用のお酢に貝殻を漬けました。殻と酢酸で、酸・アルカリ反応をさせようというわけです。牡蠣の身よりよほど存在感がありますから、この殻。酢酸カルシウムという形で、牡蠣殻は溶出しますが、このなかに「3価クロム」も入っているはずです。ただ反応が終わると、ほぼ中性になってしまい、液が腐る可能性があるので、牡蠣の柔らかくなった殻を取り出し、再び酢を入れて酸性にして、たまに料理に入れています。

↓この殻(ぼろぼろ)

f:id:iirei:20100304135643j:image


@@以上の牡蠣殻の記述、もしかしたら、カルシウム摂取後、カルシウムが悪さをしないか、と疑念が出てきて、今はこの酢は使っていません。 (2016.07.12)


 あるいは、以前鍼灸師の友人から聞いたことですが、「カボチャアズキ根昆布」のスープは、やはり糖尿病に効くとのこと。(これは、「マクロビオティック」=「食養」にある治療法です)この場合も、海産物の「根昆布」が重要です。これは、昆布の海中陸地面にくっつくまさに根の部分です。根昆布は主に乾物で売っていますが、フコイダンというぬるぬる成分を含み、これは抗ガン作用を持つことで注目されているようです。


 牡蠣といい、根昆布といい、海水中でゆっくり代謝をし、さまざまなミネラルの貯蔵庫となっているのではないでしょうか。だから、3価クロムも含有し、糖尿病の病魔から我々を救ってくれるのかも知れません。


 なお、陸上農産物糖尿病に効くといわれる「カイアポ芋シモン1号):サツマイモ一種」は、地中のミネラルを沢山吸収するためか、一度作付けしたら、数年は作れないということがあるようですが、(朝鮮人参などなら、50年は作付けできないとか)ミネラル豊富にある海水なら、そのような制限はないようですね。



今日のひと言:糖尿病は、やはり手ごわい病気であり、甘くみていてはならない国民病です。国民の10人に1人が糖尿病、ないし予備軍なのですから

 ただし、牡蠣根昆布ミネラルの宝庫であるからと言って、油断は禁物です。有益ミネラルだけではなく、有害Cdカドミウム)とかHg水銀だって濃縮しているかも知れないですから。このブログに書いた私の実践法をやろうという人がいたら、その点についてご注意ください。


 常識に挑戦する過去ログ

おしん」とたくあん(収穫後のダイコン光合成をする!):

   http://d.hatena.ne.jp/iirei/20070724

糖分による歯周病制御

   http://d.hatena.ne.jp/iirei/20080219

毎晩ビールを3リットル飲んでも痛風にならない?:

   http://d.hatena.ne.jp/iirei/20090302



f:id:iirei:20100315154245j:image


今日の一句


  あるじなき

  家に咲く花

  紅梅や


 昨年、犬の散歩ときによく声を掛けてくれたおばあさんが亡くなり、認知症気味だったおじいさんが、埼玉県に住む息子夫婦に引き取られていきました。そして空き家となったその家にも、春がやってきたのです。この句の源イメージは「東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」(菅原道真)です。




牡蠣礼讃 (文春新書)

牡蠣礼讃 (文春新書)


糖尿病の気のある私、改善のためこれまで冬は牡蠣(かき)夏は根昆布を食べてきましたが、昨日掛かりつけの病院で季節ごとの血液検査の結果を聞いたところ、甲状腺の異常をしめす3つの指標のうち、2つに要警戒データがでていました。「TSH」と「FT3」。前者は標準が「0.4〜4.0μIU/ml」なのに対し、「0.1以下」、後者は標準が「2.2〜4.1pg/dl」のところ「4.3」と、標準値から外れています。甲状腺異常・・・バセドー病橋本病などの疑いがあります。

 ここは、やはり半年ほど夕食時に決まった量根昆布を食べてきた副作用のように思います。この間、確かに血糖値は低く抑えられましたが(今回103mg/dl)、甲状腺には、根昆布に含まれるヨード沃素)のため、異常が現れたとみるべきで、根昆布毎日たべるのは控えるべきであろうとの結論に至りました。7月に検査を受けたときは異常なかったのですが・・・以上、緊急のお知らせです。(2010.11.12)

レモンバームレモンバーム 2010/03/16 22:09 最近牡蛎フライをし、また牡蛎鍋を食べたばかり。やはり牡蠣フライはジューシーで、牡蛎鍋はコクがあり、食べるとしあわせ。ビタミンも鉄分も豊富。
しかし最近ノロウィルスもはやってきているとか。
糖尿病予防はブラックコーヒーもよいそうですね。

iireiiirei 2010/03/16 22:31 >レモンバームさん
 ブラックコーヒーが良いというのは初耳でした。ノロウイルスは、魚介類などを生食することで感染するのでしたっけ。
 牡蠣は生も美味しいけど、ノロウイルスは困るな。我が家では弟が生カキが嫌いなので、生食するのは私だけです。佃煮は・・・美味しいけれど、私の薬用食なので、弟は箸を付けません。

オンコリオンクスオンコリオンクス 2010/03/18 13:31 私も牡蠣が大好物。とすると、糖尿の予備軍かもしれないですね。無性に食べたくなることがあります。今のところ、健康ですが、体が欲するものを素直に食べているので大病がなかったのかもしれませんね。
ブラックコーヒーも一日4杯飲んでいます。
俳句とっても素敵な句ですね。
家人のいなくなった家屋、淋しい名残なんともいえず、紅梅の色彩が滲み込んでくるようです。あるじなき、と紅梅を差し替えても余韻があっていいですね(^^)

iireiiirei 2010/03/18 13:57 >オンコリンクスさん
 「体が欲するものを素直にたべる」ということに関して、確かにそれは健康に良いことかもしれませんね。ただ、マヨラーのように、何にでもマヨネーズを入れないと気がすまないというひとはむしろ「不健康」なのではないかと思いますね。
コーヒーは、「アカネ科」の植物で、「クチナシ」などの色素を取れる植物ですね。これがなにか糖尿に良い作用を持つのかもしれません。

 牡蠣は英語で「r」の付かない月には食べられないというコトワザがあり、5月(may)、6月(june)、7月(july)、8月(August)は食べられないのですね。その間、カンズメを注問しようと思っていますが、「燻製、油付け」のものが大半なので、太るのが気になります。

 俳句、評価していただきありがとうございます。私は詩人を自認していますが、自作で秀作だと思われる詩には、なにかの下敷きがあるような気もします。いわゆる「本歌取り」です。

iireiiirei 2010/03/20 14:11 >オンコリンクスさん
 追加です。仰るように句の語順を替えてみました。

 紅梅や
 家に咲く花
 あるじなく

と言った感じですかね。原詩がちょっと説明的なのに対し、ニュアンスの含みがありますね。

FTGFOPFTGFOP 2010/03/24 00:21 牡蠣に当たったって言う人は結構いますよね。
自分はまだ、一度も当たったことはありませんけど。
あれってどんなに気をつけてても、どんなに新鮮でも、当たる時には当たるんでしょうか?
生牡蠣じゃなかったら、大丈夫な気がしますけど。

しかし主を無くしても咲く梅の花は悲しくも美しいなあ・・・

iireiiirei 2010/03/24 09:41 >FTGFOPさん
 フランスの作家・モーパッサンの短篇小説「ジュール叔父」というはなしのなかで、大成功したと「私の家族」に伝えたけれども、じつはスッカラカンで、「牡蠣の殻をむいて売る」仕事についているのを見て「私」は落胆するという話がありますが(これは高校で教わったかと)、遠いフランスでも生牡蠣をよく食べていたというのがよく解りますね。
 私は、生牡蠣を食べた経験は数えるほどですが、運よく当たったことはありません。生牡蠣で当たるのは、もしかしたら「ノロウイルス」が原因かもしれませんね。それで、このウイルスに耐性のあるひとは当たらず、ない人は当たる、といった感じかも知れません。
 
 梅について、「主」なくして咲くのを、ただの梅の生理現象だ、という見方もあるでしょうが、それはあまりに「唯物論」的だと思いますね。

mizuyama-oyster-farmmizuyama-oyster-farm 2010/06/30 18:21 宮城県 水山養殖場(代表 畠山重篤、牡蠣の森を慕う会)です。代表に関するコメント、ありがとうございます。このたび畠山重篤エッセイブログの掲載を開始いたしました。ご覧いただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。(水山養殖場WebStore HP管理者)

iireiiirei 2010/06/30 20:08 >mizuyama-oyster-farmさん
 これは、ご丁寧にありがとうございます。牡蠣と糖尿病の間には、なにやらスゴイ関係があるな、と思っています。ただ、今の時期は牡蠣が食べられないのが残念ですけど。

「はつらつ元気」編集スタッフ「はつらつ元気」編集スタッフ 2011/12/02 13:43 昨年の記事にコメント失礼します。私は芸文社という出版社が発行している健康雑誌「はつらつ元気」の編集スタッフです。
実は、糖尿病を改善した方を探しており、こちらの記事を発見しました。牡蠣を食べて血糖値が最大で300程から100近くまで低下するお話とても興味深いです。
もしよろしければ、そのお話を取材させていただけないでしょうか。取材方法は、直接お会いする他、電話やメールなどでいつも行っています。
ご了承いただける場合は、メールでご連絡いただけるとうれしいです。
何卒、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

iireiiirei 2011/12/02 14:12 >「はつらつ元気」編集スタッフさん
 連絡先の記述がないので、こちらからはなにも伝えられません・・・

「はつらつ元気」編集スタッフ「はつらつ元気」編集スタッフ 2011/12/06 13:31 大変失礼しました。肝心のところが抜けており申し訳ありません。
アドレスの欄にも入れましたが、私のアドレスは以下になります。
sawayaka@mu2.so-net.ne.jp

編集部の電話番号も一応載せておきます。
03-5956-6471

ご連絡いただけると嬉しいです。何卒よろしくお願いいたします。

iireiiirei 2011/12/06 16:20  >「はつらつ元気」編集スタッフさん
了解しました。メールを送りました。

whitewitchwhitewitch 2012/09/04 13:52  その後の血液検査の結果はいかがですか?効果が高いものほどあまり毎日食べ続けるのは良くないのかも知れませんね。
 生ガキは私も好きですが、知り合いのお父さんがたくさん食べたら急性肝炎になって無くなってしまったことがあってちょっとこわいです。
 「はつらつ元気」は時々夫が購読していますが、掲載されたんですか?バックナンバーあるかなー?

iireiiirei 2012/09/04 15:52 牡蠣は夏季(だじゃれ)、店頭に出回らないため、夏はクロム、セレンを配合したマルチビタミン・ミネラルを摂取しましたが、健康に関わる項目、全部「no problem」でした。冬になったら、また牡蠣を買ってきて、佃煮にしようと思っています。(私は生牡蠣は苦手です)
 「はつらつ元気」2012年2月号に私のブログの概要が紹介されました。いかにも糖尿病対策にいろいろなやり方があるんだなあ、といった紙面です。おそらく、バックナンバーはあると思います。

  • 20180810195858
  • 20180810195639
  • 20180810195422
  • 20180810195217
  • 20180810195030