Hatena::ブログ(Diary)

ijiruの山歩備忘録 RSSフィード


私的Link
私的ポータル 私的予定 私的antenna 私的深百 @ijiru

09/01/11(日) 滝子山

[]笹子駅→寂ショウ尾根→滝子山→鎮西池→ズミ沢→大鹿峠→笹子駅

今日も良いお天気でした。おととい降った雪が新雪状態(10cm〜15cm)で下りは快適。冬枯れのミズナラの枝でウスタビガの繭がゆれていました。

ウスタビガの繭

陽光きらめくふもとの集落で春の花が咲いたり落ちたり。

赤い椿白い椿と落ちにけり

ミーコさん同行。あさかわで熱燗で〆。

08/07/13(日) 富士山のご来光を見に

[]河口湖口→お鉢めぐり→須走口

19:50 西新宿高速バスターミナル発。蒸し暑い。バス内半分以上外人さん。お隣の方もガタイがでかく肩身が狭い。4列バスでは辛い。東京はずっと曇りでしたが高速が郡内に入ったところで晴れ始めお月さんが見える。富士急ハイランドの観覧車が見えるころ、バックの空に一線の光の筋。河口湖口五合目から山頂に向う登山者と山小屋の明かり。22:10定時少し前に五合目到着。

どうせ時間があるからとゆっくり歩き出す。短パンにロングスパッツ・上はTシャツというラフないでたち。八合目までは順調だったが富士山ホテル前あたりから大渋滞。ずっとうねうねと光の道が上も下も続いている。すごい人数が一度に登ってるんだなあ。体を動かさないので寒くなり上はカッパを着る。

大渋滞

3:30ごろ九合五杓あたりでちっとも動かない。日の出に間に合うか不安だったが4:10にようやく到着。強風で寒いのなんの。水溜りに氷が張っています。山中湖方面から美しい日の出です。

日の出直前!!!

筋雲がなんともいえない風情を出しています。体が冷えてしまうのでお鉢めぐり。

3776

剣が峰まではちょっとなのに眠くて力が入らない。よれよれしながら登頂。日が当たってきて少し暖かくなった。眠すぎて測候所の階段で20分ほど仮眠。火口内はまだ雪がいっぱいあるね。

影富士や八ヶ岳・南アが手に取るように見えました。中アや北ア・奥秩父の峰々も堪能。

一周しおわり6:05須走の下山路から下降。江戸屋でトイレを借り大陽館まで駆けおります。

止まれ

大陽館の入り口でなぜかゴノレゴが「ここは須走口だっ」と言っております。河口湖口に行くつもりでここまで間違って来てゴノレゴに「2つ上の小屋までもどれ」と言われたら寂しいね。堀山の富士なかさんはいないかと見ましたがおらず。他のスタッフは客応対に忙しそうなので中には入らず須走へ突入。ここも一気に砂払五合目吉野家まで駆け下ります。時計はまだ7:10だあ。ここからは樹林帯、キノコでもないかと見ながら歩きますがボウズ。7:30に東富士山荘に到着。

08/07/06(日) 尾瀬3

[]見晴→ヨッピ橋→牛首→山の鼻→鳩待峠・・・戸倉・・・沼田

ニッコウキスゲ

湿原だね

浮島と燧

池塘とヒオウギアヤメ

野郎は撮ってない

山彦のとんかつで〆

08/07/05(土) 尾瀬2

[]見晴⇔燧ケ岳

木道

蜘蛛の巣

怖い

至仏

尾瀬沼

08/07/04(金) 尾瀬1

[]

新宿・・・大清水→尾瀬沼→大江湿原→沼尻休憩所→見晴野営場

沼は見えるが曇ってます

長蔵小屋

ちょっと晴れ間が

燧とレンゲツツジ

咲き残りのミズバショウ

レンゲツツジと至仏

明日の昼ご飯

07/10/08(月) 木曽駒・空木 3日目

[]

避難小屋からは霧雨→土砂降りとなりました。写真とるどころではなかった。

針葉樹林帯に入りお楽しみは獲物取り。こまくさの湯で汗を流し。すぐ隣の「ガロ」へ。11:30開店で、ほぼぴったりの時間に行ったら30人以上並んでました。2回転目に入りそうでしたが一人だったのでカウンターに入れてもらって無事げと。

ガロのソースカツ丼

蓋を取ったところ

雨はやまず。バス電車乗り継ぎ。

Sあずさ内で小宴会。岡谷のウナ肝

夕焼け。御坂方面

おうちに帰って獲物をさばく

左ヌメリイグチ・ハナイグチ 右シロヌエリイグチ

寄せ鍋風にしてみた

07/07/16(月) 富士山

[]荻窪までタクシー・・・河口湖・・・河口湖口富士5合目→吉田頂上→剣ヶ峰→大須走口・・・御殿場・・・松田・・・新松田・・・新宿


antenna
工事中スペース
TOP