Hatena::ブログ(Diary)

蒼天遊々な旅日記

2018-08-28

山行記 第二次周南アルプス探訪 茶臼山

15:20

f:id:ikazuti-d:20180828094519j:image

第二回目となる周南アルプス探訪。

前回は2015年12月28日に北側から虎ヶ岳へ向かうルートで探訪したが、今回は南側から入り、とりあえず行けるところまでとした。

足しげく通うつもりだったが2年半もほったらかしだったな。

国道188号線にある大谷パーキングに駐車し、歩道橋を渡って登山開始。

f:id:ikazuti-d:20180828094936j:image

基本的に樹林帯になるので、日陰もあって大分ましだろうと思っていたのだが、入山が遅かったこともあり気温がぐんぐん上がり、一瞬で汗だくになった。

急な登坂は無いものの、地味に暑い。暑すぎる。

f:id:ikazuti-d:20180828101646j:image

夏でも日陰があって涼しいという話を聞いていたが、猛暑日の低山はかなりこたえる。

f:id:ikazuti-d:20180828095813j:image

展望台もあり、眼下には下松の工場地帯を望むことが出来た。

f:id:ikazuti-d:20180828104711j:image

そして第一ピークとなる茶臼山山頂へ登頂。

山頂は展望も良く、ベンチも沢山置かれて綺麗に整備されていた。

f:id:ikazuti-d:20180828104957j:image

周南アルプスの全容。一番高い部分が虎ヶ岳になるのかな?

双眼鏡で山容を確認するとピークと思しき地点に旗が掲げられている。

見える限り3つほど。

当初の予定では烏帽子岳、虎ヶ岳を目指すつもりだったが、烏帽子岳までの距離は5キロちょっと。

そこからさらに20分ほどで虎ヶ岳になるのだが、行って戻ることを考えると時間的に厳しいのは明らかだったので、時間を見ながらキリの良いピークで撤退する計画に変更した。

f:id:ikazuti-d:20180828110924j:image

ひたすら樹林帯を歩くのだが、コルに入れば大量の羽虫にまとわりつかれ、人の往来が少ないこともあってか蜘蛛の巣だらけ。

もういや。

f:id:ikazuti-d:20180828113433j:image

無名のピークに到達。

しかし暑い。標高が低いのでちっとも涼しくない。

樹林帯で日陰が多く、まだまともかなと思ったが、そうはいかなかった。

とにかく暑い。

汗が噴き出て止まらない。塩飴や多めに持ってきていた水で何とかしのいだが、今までで見たことが無い様な量の汗が体中から噴き出てきた。

めまいや倦怠感は無いものの、兎に角この汗のかきかたは熱中症の初期症状と想われるので、キリの良いピークですぐさま撤退。

ズボンの裾まで汗で濡れ、シャツを絞れるほど汗をかいたのは初めてだ。

f:id:ikazuti-d:20180828113444j:image

今回は弥迫平というピークまでとした。

探訪なので無理をする必要もない。というかこの手の低山は盛夏に来たらダメだわ。

f:id:ikazuti-d:20180828120049j:image

第一次探訪の時の様に、冬の寒い時期が丁度いい。

ちょっと反省。

右田ヶ岳は結構余裕なんだけどなぁ・・・。

f:id:ikazuti-d:20180828144958p:image

往路:東豊井コース 茶臼山まで1時間 弥迫平ピークまで35分

復路:上記ルートをピストン 1時間30分

この周南アルプスを縦走しようとしたらかなりの距離があるな。

とにかくルートが多数あるため色々なところからエントリーできるのが便利な所。

ピークハントであれば山頂から一番近い登山口から入山するのがベター

山域のほとんどが樹林帯とはいえ盛夏の縦走はお勧めできない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikazuti-d/20180828/1535437242