Information Society and Co-regulation このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-06-05

[][]林紘一郎先生他『インターネット時代の「通信の秘密」再考』について

 林紘一郎先生他『インターネット時代の「通信の秘密」再考』報告書、先ほど湯淺先生のところで見かけて早速拝読しました。24p以降の「憲法論」「事業法」「非対称」それぞれの視点から検討、そして27p以降の「改善のための7提案」が特に必読と思われます。7提案の中では、特に「4.2 「他人の秘密」「通信の秘密」「パーソナルデータ」の三層構造」=通信内容と通信履歴+αの区分的規律、そして「4.4 クラウドビジネスの規律」「4.5 コミットメント責任」が必読と思われます

http://lab.iisec.ac.jp/~hayashi/Report.pdf

 31pに「市場で起きる問題は、市場で解決するのが原則であり、約款や業界団体の基準のような自主的規制に任せることを基本とすべきであるが、nudge する(やさしくつつくことで気づかせる)までは許されると思われるので、第三者評価認証制度とコミットメント責任の組み合わせが有効かと思われる。」と書かれている通り、基本的にこの問題も共同規制しか解決し得ない問題です。共同規制≒nudged-self-regulation。サンスティンの定式化なのです。アメリカはこういうやり方が当たり前すぎるのであえて「共同規制」という言葉をあまり使ってこなかったけど、最近は通信規制でもプライバシーでもかなりこの言葉出てきてますね。

 そのエンフォースメントがFTC法5条方式含めたコミットメント責任によって担保されるべきというのは基本的に僕もそう思うのですが、共同規制課題は「コミットメントしない人たち」をいかにして切り分けて規律するか。僕はこの点については、(競争法的観点からも)いわゆる「セーフハーバー方式」が最有力の解法の一つだと思っております。この点近々拙稿も出版されるはずですが、また別のネタをいくつか進行中です。

 あとは今回は基本的に対象外の模様ですが、刑事訴訟法との関係も共同規制的にやっていくしかないですね。プリザーベーションやリテンション方法・対象・期間、そして開示は「どこまで」「どう」やるか含めて、やっぱり民間でマルチステイクホルダー自主規制ルール作って政府が承認するという「プロセス」と「権力分立」を、しっかり法律の中に書いて行く必要があるのだと考えています

実践 行動経済学

実践 行動経済学

2013-06-03

[][]オープンデータビッグデータ政策と文化芸術デジタルアーカイブ

 6/1に発表した日本公共政策学会スライドオープンデータ著作権:諸外国における政策動向と我が国への示唆」をULしました。オープンデータということでCC-BYです。基本的には現在流行している所謂オープンデータ・ガバメント」や「ビッグデータ」政策の中に、「文化芸術デジタルアーカイブの拡充」と「孤児作品問題の解決」、そして日本版Europeana(http://www.europeana.eu/)の構築をしっかりと位置づけていくべきだ、という話をしています

http://ikegai.jp/PPSAJ_opendata_copyright130601.pdf

 

 そこで12枚目にEurepeanaの収録デジタルデータ件数なんかを載せてたんですが、福井先生からご指摘頂いた通り2015年目標件数は5000万ではなくて3000万件でしたのでその点訂正しました(ありがとうございます!)。

 ついでに新しく公開されてた2013年度の活動計画書を読んでたところ、去年の報告書では2012年時点の収録デジタルデータ数が「2100万件」だったのが、2013年1月時点ではもう「2500万件」に増えている!ということで該当箇所修正しつつ、計画書の中で気になった数字をいくつかピックアップ

Europeana: Business Plan 2013

http://pro.europeana.eu/documents/858566/9d4632d3-3f6d-4162-ba29-27a9a739946d

 

・8p:現時点の収録デジタルデータ数は約2500万件。うち権利関係記述がしっかりされているのが64%、プレビューが用意されてるのが60%、地理情報付きが27.5%。これらを全て100%にしていく。今年の細かいKPIは11p参照。

・9p:約2500万件のうち、現状オーディオビジュアル動画コンテンツは80万件。これを2013年末までに全体で2700万件、オーディオビジュアルは110万件まで増やしていく。このペースだと「2015年3000万件」の目標来年には確実に上方修正されそうですね。

・10p:お金がないのでがんがんロビイングとファンディングして追加で42万ユーロ手に入れる(ちなみに2012年度会計報告を見ると総収入は417万ユーロで大半が欧州委と各国からの補助金。各文化施設アーカイブのポータルなので基本的にバジェットは小さいです)。

・13p:権利処理を加速すると共に、今年のKPIとして【800万のコンテンツオープンライセンスPD/CC0/CC-BY/CC-BY-SA)を付与する】。

・14p:PRのKPIに「twitterで14000人のフォロワーをゲットする」が入っている笑! ぜひ協力して差し上げてください。 https://twitter.com/Europeanaeu

 

 こうして見てると、文化施設のKPIがネット活用含めてここまで明確に示されていることに感銘を受けずにはいられません。他のページも非常におもしろいので、オープンデータビッグデータ文化芸術デジタルアーカイブ関係の皆様はぜひご一読を。

[][]Two information policy papers by KANTEI, METI

 

 めずらしく一日二本目のポストプライバシーのシンポ聞きにきてるんですが、外国人先生方がメインゲストなので英語最近の日本のプライバシー政策についてアップデート情報

 

In last month, the Japanese government published the two important information policy papers, besides the MIC's one I mentioned here (http://d.hatena.ne.jp/ikegai/20130521/p1).

 

1) The Japanese KANTEI (Prime Minister of Japan and His Cabinet) officially published a new national IT strategy paper.

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/info/h250524-public.pdf

This is very comprehensive (and a little bit too general) strategy, but there are two interesting topics for us.

  • 6p: Fostering PSI (Public Sector Information) open data: PSI should be published in machine-readable format
  • 7p: Enhancing big data utilization and privacy protection: Advancing international harmonization and establishing the new independent privacy commissioner (see also my recent blog post on the MIC's proposal)

 

The KANTEI is the coordinator of the Japanese overall IT policy, so tasks described here will be advanced by the all other government agencies. With regard to PSI open data, ministries and local governments has been distributing PSIs in disjointed formats and schemes. Privacy protection law and policy is in the almost same situation. I'm expecting this paper can harmonize and integrate them.

 

2) The Japanese METI (Ministry of Economy, Trade and Industry) published a new report on "personal data" protection and its industrial utilization. The word METI's "Personal Data" is very very hard to explain in english (this is different from the concept of the EU Data Protection Directive's one), so please understand it as a general concept referring to the information that can be linkable to an individual person.

http://www.meti.go.jp/press/2013/05/20130510002/20130510002.html

This report is mainly focusing on the issues related to privacy policy (or privacy notice). As broadly known, privacy policy of web services/smartphone applications are very hard (or impossible) to read for the most of the average users. To solve this problem, the METI is proposing the new measures;

 

  • Standardizing the privacy policy format: developing the common "Label" and "Icon" for the purpose of providing understandable information on usage of personal data
  • Establishing new entity that reviews and certificates privacy protection activities of companies (It seems like different from the "independent privacy commissioner")

 

In the EU, recently the CNIL and the other national privacy commissioners ordered the Google to change their privacy policy into "multi-layerd" and user-friendly description. The METI's "Label" proposal seems to be similar one.

http://ec.europa.eu/justice/data-protection/article-29/documentation/other-document/files/2012/20121016_letter_to_google_en.pdf

2013-05-26

[][]ショーンベルガー『ビッグデータの正体』とプライバシー

 

 少し長くなりそうなので最初に結論。Viktor Mayer-Schornbergerは天才

 

 さて何かというと、昨日の情報NW学会ソーシャルメディア研究会で「ソーシャルメディアの最大の特徴は?」と問われてホッブズの話して、規範の話を問われてアブナー・グライフの話してたら(もちろん後で顰蹙)石川健治先生の『自由と特権の距離』を思い出して、今日の午後から喫茶店でサンドイッチ食べながら再読してたら、「カール・シュミットみたいな共通の参照軸が情報政策にもあったら議論もクリアになるんだけどなあ」とか思って、レッシグが試みて以来そういう人出てないなあベンクラーも厳しいしならバリアンやチロルのが実用的だなあ、そういえばoxのショーンベルガーはどうだろう、『忘却の美徳』はじめ良いんだけどそこまでではないしな、そいえばこんど出した“Big Data: A Revolution That Transforms How We Work, Live, and Think”はどうだろうと思って届くの待ちきれずiPadキンドルDLして読んでたのでした。16時から読み始めて遅いお昼ご飯に間に合うかなあと思って頑張ったのだけど(以上ほぼtwitterより)、結局ちくちくと1時間半かかって先ほど全頁読了したのでちょっと読書感想文

http://big-data-book.com/

 長い前置きは以上にして早速内容へ。全243頁10章のうち7章までは「全く」法制度の話が出てこず延々とビッグデータ技術ビジネスの話が続いて正直「えー」という感触。もちろん「それ系」としてのクオリティは7章までも最高レベルで、主な読みどころを挙げると以下の通り(ページ数はキンドル依拠、たぶん紙も同じ)。

 

・77pに産業技術大の越水重臣先生研究が紹介されてる!車盗難防止技術の話。

・115pにオープンデータの話。内容はベーシック。

・132pにアマゾンキンドル読書履歴データ分析の話。

 

 あとは強いて言えば133pのData Intermediaryの話が少し面白かったくらいでご飯行こうかなあと思い始めてたんだけど、これまでは単なる序章に過ぎず(おそらくここまでは共著者の方が書いてるな)、第8章から突如ショーンベルガーの本領が発揮され始めます。1行も目が離せなくなります本当に。ここからはぜひビッグデータ関係者はみなさますぐにでも読んで頂きたいのだけれど簡単に概略。

 

 まず第8章、「RISKS」。ビッグデータプライバシーに関する一般的なリスクの話が続いた後、それを保護するために「notice and consent」もダメ、「包括的同意」も当然ダメ、かといって「オプトアウト」もダメしまいにはPaul Ohmを引きつつ「匿名化」もダメという話になって、ではどうするのという感じになります

 そしてもうひとつリスクとして、「Probability and punishment(157p)」、つまりビッグデータ解析によって個人の将来が予測可能になる中、人がそれによって評価されて、映画「マイノリティ・レポート」なんかを引きながら(松井先生先生ごめんなさい、これボーンスプレマシーではなかったです、、)、しまいにはそれによって国家から罰を受けるようになるディストピアまで。さあどうしましょう。

 

 そして第9章「Control」、解法の章です。ここが本書の白眉プライバシー保護法制については従来の個別同意前提の「privacy by consent」から説明責任対応義務を重視した「privacy through accoutability」に全面移行するべきだという一瞬たまげるようなラディカルな主張が行われます(172-175p)。その具体的な姿は要約が難しいけれど、PIAなんかに基づいて事前のリスクをしっかり判定して事後の消去・訂正義務を強化した上で、「事前許諾」という考え方から離れなければ、もはやビッグデータ価値プライバシー保護もどちらも実現不可能だろうという、きわめて説得的な議論が行われます

 同章は続いて「People versus predictions(175p)」、予測による害をいかに防ぐか。中心的主張を要約すると、「個人はその『傾向』に対してではなく、『行い』に対してこそレスポンシブルであるべき」。この原則は法制度だけではなく私人による私人の評価、すなわち採用や昇進、解雇にも当てはめられるべきであると。これはこないだカタリナさんとお話ししたEUデータ保護指令案の「不正入手されたデータによって評価されない権利」の話にもつながりますね。昨日研究会でも焦点になった「忘れられる権利」はどちらかというとaccoutabilityの方。そして両方とも、基本的にはmidataやスマグリデータ共有を含む近年の英国の議論をサポートする内容に読めることは言う間でもありません。

 そしてさらに同章、「The rise of the algorithmist(179p)」。ショーンベルガーによれば、もはや今後は「データアナリスト」は古くて(とまでは言ってないけど)、アルゴリズム設計して実装できる「アルゴリズミスト」が圧倒的に重要になる、という主張です。そしてその倫理は共同規制手法によって強力に担保されることが不可欠であると。ここのところアルゴリズムの方々とずっと一緒に論文書かせて頂いていたのでこの主張には心から理解と賛同を表したいと思います。Tendaさんたちの出番ですよ!ショーンベルガー先生は今はドイツにはいないけど、こんどフライブルク行く機会などに合わせてアポでも取れたらいいなー。

 

 第10章は少し評価が分かれるかも。いやしかし、本当にショーンベルガー先生の実力を改めて心から、思い知らされたのでした。情報法に携わる方々も、そしていま色々とクレストさきがけにご対応されている方々も(どちらも僕だ)、8-9章のみといわず全頁熟読されることを改めて心からオススメします。

 それにしても一番の発見は実はiPadキンドルの恐るべき使い易さでした!iPad洋書Cover to Coverしたのは初めてだけど、紙と比べて全く不自由を感じないというか、しおりアンダーライン機能が圧倒的に使い易くて、むしろ紙よりも圧倒的に効率的。そしてさすがにそろそろ朝からサンドイッチとケーキしか食べてないまま限界が近づいてきたのでラーメン食べて明日所内締切のさきがけ申請書仕上げますー。

 

 

※同日深夜追記:なんと夜になって気付いたんですが5/21に邦訳が出てる(汗)。いやこれは素晴らしい、ぜひアクセスください(本投稿中のページ数は原著Kindleなのでご注意くださいませ。英語表現も読み易いので原文もオススメ)。とゆわけで元の記事タイトルは何言いたいかわかりにくかったこともあり、ちょっと合わせて変更。

2013-05-25

[][][]スリーストライクから共同規制

 少しだけ日本語に戻ります。さいきん諸般の事情により急ぎでフランス語とフランス法を強化中ということで色々やってましたところ、前にモルガン先生から教えて頂いた今月公開のPierre Lescureの報告書に基づいて(Merci beaucoup, Dr Morgan!)、オランド政権の文化通信大臣がHadopiを来月にも(extrêmement rapidement, dans le mois qui vient)廃止することを正式に発表したとのこと。兎園さん(いまだご正体は不明)のtwitterにて見つけたのですが、なぜかまだ英語圏ではニュースが見当たらず。

http://www.lemonde.fr/technologies/article/2013/05/20/hadopi-la-coupure-internet-sera-supprimee-en-juin_3385291_651865.html

 

 ということでグーグル翻訳使ってちくちくと報告書読み。本体はこちらの右側PDF。

http://culturecommunication.gouv.fr/Actualites/A-la-une/Culture-acte-2-80-propositions-sur-les-contenus-culturels-numeriques

 基本的には代わりに検索エンジン等を含む媒介者の対応を強化させるという形で(34p-)、しかもそのやり方は公的枠付けを受けた自主規制に依るべき(Ainsi, la puissance publique pourrait promouvoir, tout en l’encadrant, une autorégulation fondée sur des engagements pris volontairement par les différentes catégories d’intermédiaires ... Cette forme d’autorégulation encadrée par la puissance publique offrirait une souplesse et une réactivité..)ということで、まさに「政府規制から共同規制への移行」とも言うべききわめて興味深い内容。『情報社会と共同規制』第6章では欧州のスリーストライクに関して、

 

・米やアイルランドなんかはプロバイダと権利者団体の協定に基づく「自主規制

・英国なんかは自主規制の失敗に基づく「共同規制」(ただその実現は微妙)

・フランスはHadopiの「政府規制

 

 という整理をしてみたんだけど、政権交代という背景があれど、フランスで政府規制たるHadopiが失敗して、共同規制に移行というのは英国と対照的で面白い。「イノベーションと共同規制」では21pに書いたオンライン・プライバシーを巡るEU・米国の相互接近の図が、まさに著作権・スリーストライクを巡って対照的だったフランスと英国の間にも該当し始めているという。やはりネットの問題は自主規制でも政府規制でもだめで、共同規制によってのみ解決されうる。

http://ikegai.jp/Innovation_and_coregulation.pdf

 ちなみにSelf-regulationの訳語として自主規制を充てるのはよいとして、フランスを対象にするときは文脈によってはautopoïèseよろしく「オートレギュレーション」とちゃんと訳し分けるべきなのかなというあたりの問題は専門ど真ん中なので、概念の経緯と実際の運用をよく調べつつ要検討。翻訳は言語と文化への敬意をもってこそ、ですよね。しかしだとしたら、フランスの共同規制は「セミオート・レギュレーション」、なのか?滝汗

 

 さはさりとて。他に全体的に報告書を拾い読みしている限りでも、現行フランス法にも明文規定のないdomaine publicを明文化すること(38p-)などが含まれており、これは先日の著作権学会島並先生たちのご報告の文脈からも興味深いところですよね。「利用」や「自由」は利用者の権利とし得るのか、あるいは「文化の発展」の上位概念として位置づけられるべきであろう「公共/公益の増進」は、そもそも著作権法の実現しようとする価値に(どの程度)含まれるんだろうか?問題など、など、など。

 ここのところいくつか欧州各国の先生方とやりとりさせて頂く機会が増えているけれど、その中でもフランスは米IT勢との戦いという意味でもとても興味深い一方、孤児作品どころか絶版書籍をもオプトアウトでデジタル化・公開しようとするBNFのReLIRE(http://relire.bnf.fr/)に代表されるように(Merci encore, Dr Morgan!)、自国の「文化のためであれば」逆向きの方向性も非常にアグレッシブなことをしていらっしゃいます。これが本当の「カルチャー・ファースト」なんだなあと感銘を受けるばかり。日本ももっと真似したいところです。なにしろLe droit civil japonais est basé sur le droit et l'histoire française!ですから

2010-11-13

[]学際学徒の心得

 学部時代も含めて学際学徒10年近くもやってると色々心得みたいなものも見えてくるな、ということで私家版「学際学徒の心得」をtwitterhttp://twitter.com/ikegai)でつぶやいていたのをちょっと転載します。まだまだ勉強していく中で間違いも分かってくると思いますので、たまにアップデートしていけましたら。

 

●学際学徒の心得その1、とにかく数を書くべし。学際分野では「彼は論文少ないけれど実力あるよね」とは誰も認めてくれない。一見関係なさそうな色々な物を結び付けたり新しい現象を論じるためには研ぎ澄まされた分析力と文章力が命。そしてその能力はとにかく数を書く中でしか身に付かない。

 

●学際学徒の心得その2、とにかく色々な人に読んでもらうべし。既存のディシプリンと違ってどんな論文が素晴らしいかの尺度は一義的には存在しない。書きたいこと・書くべきことは片端から書いてできるだけ多くの人に読んでもらう中で初めて価値は見出される。当然文章は極力ネットに載せる必要がある。

 

●学際学徒の心得その3、実践は何だかんだ業績にはならないと心得るべし。認めてくれるところもあるけれど少数派、学界で認められて学者になる以上やはり文章が命。実践で手足口を動かしてる間でも、「この実践をやった人間にしか書けない文章は何か」を見出すことに常に頭を回し続けているべき。

 

●学際学徒の心得その4、殊更博士課程以上になったら日本語の文章は読んでる時間は無いと心得るべし。英語圏ではとんでもない量と質の人たちが本気で学際を学問として何十年もやっている。あらゆる言語・分野から自分の研究関係する最も優れた文章を探してきて、徹底的にその内容を盗み取るべき。

 

●学際学徒の心得その5、査読に出すべし。学際の場合特に既存分野の先生方に査読で認めてもらうのは難しいけれど、一流の研究から指導を頂くまたとない機会になる。関係学会が無数ある中でどの雑誌にどんな書き方で出すとどの位の確率で通るかの方法論を体得する必要がある。

 

●学際学徒の心得その6、実業と学問の境目を体得するべし。学際の世界では両者は常にある程度曖昧、その境目は誰にも説明できない。とにかく経験する中でその境界を体得して初めて学問ができるようになるし、それがわからなきゃ「実業と学問の架け橋」だってできるはずがない。

 

●学際学徒の心得その7、競争するべし。学際は常にイノベーション、それは競争の中からしか生まれてこない。学際分野はともすれば「この分野は自分だけ」という場合もあるけれど、そこには競争圧力がない。擬似的にでも競争集団を作り出してその中に身を置く必要がある。

 

●学際学徒の心得その8、研究者にこだわるべし。学際には多才な人たちが多いから他業種に移ることが比較的容易だしそれは望ましいんだけれど、その退出可能性が研究者としての甘えになっていないか。自分が考える研究者像とは一体何で、それにこだわる理由とは一体何なのかを殊更明確に持つ必要がある。