Information Society and Co-regulation このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-06-03

[][]オープンデータビッグデータ政策と文化芸術デジタルアーカイブ

 6/1に発表した日本公共政策学会スライドオープンデータ著作権:諸外国における政策動向と我が国への示唆」をULしました。オープンデータということでCC-BYです。基本的には現在流行している所謂オープンデータ・ガバメント」や「ビッグデータ」政策の中に、「文化芸術デジタルアーカイブの拡充」と「孤児作品問題の解決」、そして日本版Europeana(http://www.europeana.eu/)の構築をしっかりと位置づけていくべきだ、という話をしています。

http://ikegai.jp/PPSAJ_opendata_copyright130601.pdf

 

 そこで12枚目にEurepeanaの収録デジタルデータ件数なんかを載せてたんですが、福井先生からご指摘頂いた通り2015年目標件数は5000万ではなくて3000万件でしたのでその点訂正しました(ありがとうございます!)。

 ついでに新しく公開されてた2013年度の活動計画書を読んでたところ、去年の報告書では2012年時点の収録デジタルデータ数が「2100万件」だったのが、2013年1月時点ではもう「2500万件」に増えている!ということで該当箇所修正しつつ、計画書の中で気になった数字をいくつかピックアップ

Europeana: Business Plan 2013

http://pro.europeana.eu/documents/858566/9d4632d3-3f6d-4162-ba29-27a9a739946d

 

・8p:現時点の収録デジタルデータ数は約2500万件。うち権利関係記述がしっかりされているのが64%、プレビューが用意されてるのが60%、地理情報付きが27.5%。これらを全て100%にしていく。今年の細かいKPIは11p参照。

・9p:約2500万件のうち、現状オーディオビジュアル動画コンテンツは80万件。これを2013年末までに全体で2700万件、オーディオビジュアルは110万件まで増やしていく。このペースだと「2015年3000万件」の目標来年には確実に上方修正されそうですね。

・10p:お金がないのでがんがんロビイングとファンディングして追加で42万ユーロ手に入れる(ちなみに2012年度会計報告を見ると総収入は417万ユーロで大半が欧州委と各国からの補助金。各文化施設アーカイブのポータルなので基本的にバジェットは小さいです)。

・13p:権利処理を加速すると共に、今年のKPIとして【800万のコンテンツオープンライセンスPD/CC0/CC-BY/CC-BY-SA)を付与する】。

・14p:PRのKPIに「twitterで14000人のフォロワーをゲットする」が入っている笑! ぜひ協力して差し上げてください。 https://twitter.com/Europeanaeu

 

 こうして見てると、文化施設のKPIがネット活用含めてここまで明確に示されていることに感銘を受けずにはいられません。他のページも非常におもしろいので、オープンデータビッグデータ文化芸術デジタルアーカイブ関係の皆様はぜひご一読を。

2013-05-25

[][][]スリストライクから共同規制

 少しだけ日本語に戻ります。さいきん諸般の事情により急ぎでフランス語とフランス法を強化中ということで色々やってましたところ、前にモルガン先生から教えて頂いた今月公開のPierre Lescureの報告書に基づいて(Merci beaucoup, Dr Morgan!)、オランド政権文化通信大臣がHadopiを来月にも(extrêmement rapidement, dans le mois qui vient)廃止することを正式に発表したとのこと。兎園さん(いまだご正体は不明)のtwitterにて見つけたのですが、なぜかまだ英語圏ではニュースが見当たらず。

http://www.lemonde.fr/technologies/article/2013/05/20/hadopi-la-coupure-internet-sera-supprimee-en-juin_3385291_651865.html

 

 ということでグーグル翻訳使ってちくちくと報告書読み。本体はこちらの右側PDF

http://culturecommunication.gouv.fr/Actualites/A-la-une/Culture-acte-2-80-propositions-sur-les-contenus-culturels-numeriques

 基本的には代わりに検索エンジン等を含む媒介者の対応を強化させるという形で(34p-)、しかもそのやり方は公的枠付けを受けた自主規制に依るべき(Ainsi, la puissance publique pourrait promouvoir, tout en l’encadrant, une autorégulation fondée sur des engagements pris volontairement par les différentes catégories d’intermédiaires ... Cette forme d’autorégulation encadrée par la puissance publique offrirait une souplesse et une réactivité..)ということで、まさに「政府規制から共同規制への移行」とも言うべききわめて興味深い内容。『情報社会と共同規制』第6章では欧州のスリストライクに関して、

 

・米やアイルランドなんかはプロバイダ権利者団体の協定に基づく「自主規制

・英国なんかは自主規制の失敗に基づく「共同規制」(ただその実現は微妙

・フランスはHadopiの「政府規制

 

 という整理をしてみたんだけど、政権交代という背景があれど、フランスで政府規制たるHadopiが失敗して、共同規制に移行というのは英国と対照的で面白い。「イノベーションと共同規制」では21pに書いたオンラインプライバシーを巡るEU・米国の相互接近の図が、まさに著作権スリストライクを巡って対照的だったフランスと英国の間にも該当し始めているという。やはりネットの問題は自主規制でも政府規制でもだめで、共同規制によってのみ解決されうる。

http://ikegai.jp/Innovation_and_coregulation.pdf

 ちなみにSelf-regulationの訳語として自主規制を充てるのはよいとして、フランスを対象にするときは文脈によってはautopoïèseよろしく「オートレギュレーション」とちゃんと訳し分けるべきなのかなというあたりの問題は専門ど真ん中なので、概念の経緯と実際の運用をよく調べつつ要検討。翻訳言語文化への敬意をもってこそ、ですよね。しかしだとしたら、フランスの共同規制は「セミオート・レギュレーション」、なのか?滝汗

 

 さはさりとて。他に全体的に報告書を拾い読みしている限りでも、現行フランス法にも明文規定のないdomaine publicを明文化すること(38p-)などが含まれており、これは先日の著作権学会島並先生たちのご報告の文脈からも興味深いところですよね。「利用」や「自由」は利用者の権利とし得るのか、あるいは「文化の発展」の上位概念として位置づけられるべきであろう「公共/公益の増進」は、そもそも著作権法の実現しようとする価値に(どの程度)含まれるんだろうか?問題など、など、など。

 ここのところいくつか欧州各国の先生方とやりとりさせて頂く機会が増えているけれど、その中でもフランスは米IT勢との戦いという意味でもとても興味深い一方、孤児作品どころか絶版書籍をもオプトアウトでデジタル化・公開しようとするBNFのReLIRE(http://relire.bnf.fr/)に代表されるように(Merci encore, Dr Morgan!)、自国の「文化のためであれば」逆向きの方向性も非常にアグレッシブなことをしていらっしゃいます。これが本当の「カルチャーファースト」なんだなあと感銘を受けるばかり。日本ももっと真似したいところです。なにしろLe droit civil japonais est basé sur le droit et l'histoire française!ですから

2013-05-22

[][]NISC proposed new data retention law

Yesterday, the National Information Security Center (NISC) at the Japanese Cabinet Secretariat officially published a proposal document that recommends next strategies for Japanese cybersecurity law and policy.

http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/

http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai34/pdf/34shiryou0101.pdf

 

This document contains topics as below;

 

  • Enabling to scan and block e-mails that is suspected to contain malware or other message with harmful intent
  • Legislating new law that requires ISPs of long term retention and preservation of all communication datas (Japanese version of the EU's Data Retention Directive, 2006/24/EC)
  • Establishing a new cyber defense force under the Self-Defense Force

 

As a matter of course, the most important agenda is balancing privacy (secrecy of communication) and scanning/retaining communications. Under the Japanese Constitutional Law that became effective in 1947 and the other related privacy protection laws, the meaning of “secrecy of communication” is very broad. The latter article 21(2) of the Constitutional Law says that “No censorship shall be maintained, nor shall the secrecy of any means of communication be violated”.

 

The meaning of the word “communication” is interpreted as containing not only communication content itself, but also communication data by court and government (e.g.; government’s official commentary of Telecommunication Law of 1984 article 4). Even if the purpose is cyber security, government or ISP can’t scan or brock them without strongly clear and comprehensive consent of customers or other legitimate reason. How to amend or change the interpretation of secrecy of communication is very important topic in Japanese legal scholars in these years, in the context of blocking unlawful information including copyright infringement, child porn, and other harmful content.

 

In the 2011 amendment of the Japanese Criminal Procedure Law (article 197) that has made for the purpose of ratifying the Convention on Cybercrime, limited preservation of communication data by request from relevant authority has been newly approved. The provision accredits the government authority to request ISPs to keep their customer’s communications data in at most 30 days in case of specific criminal activities is detected without the court’s warrant. Some Japanese legal scholars criticize it from the viewpoint of privacy and secrecy of communication. The NISC's new strategy goes beyond it.

 

I will make a presentation that deals with this topic, especially how to solve the cybersecurity trade-off problems at the 43rd Annual IEEE/IFIP International Conference on Dependable Systems and Networks, Workshop on Systems Resilience (Budapest/Hungary) in next month.

http://systemsresilience.org/wsr2013/wsr2013.html

And I'm preparing an article that forcuses on scanning and blocking communications in case of emergency, with analyzing 2,000 samples questionnaire data. That will be written in English.

2008-10-22

[]文化審議会「中間整理」とthink C 有志提言をめぐる緊急総括シンポジウム


 下記要領で10月30日に開催致します。

 おもしろくなりそうですのでぜひご参加ください。なんか僕一人すっごく浮いてる気がしますが、あまり気にしないでください。

http://thinkcopyright.org/resume_talk07.html


=====


日時:10月30日(木) 18:00-20:30

場所:虎ノ門フォーラム(虎ノ門琴平タワー22階。銀座線虎ノ門駅2番出口1分)

http://www.kotohiratower.com/area.html


【入場無料・申込制】 申込はこちら→

http://thinkcopyright.org/registration/


※終了後、自由参加の懇親会(4000円程度。学生・院生は割引)を予定


登壇予定者(敬称略/パネリスト・提言報告者を含む):


中山信弘 東京大学名誉教授

甲野正道 国立西洋美術館副館長 (前文化著作権課長)

松本零士 漫画家

生貝直人 慶應義塾大学DMC機構RA、クリエイティブ・コモンズ・ジャパン事務局

太下義之 三菱UFJリサーチ&コンサルティング芸術・文化政策センター長兼 主任研究員

津田大介 ジャーナリスト、think C 世話人

林紘一郎 情報セキュリティ大学院大学副学長

福井健策 弁護士/ニューヨーク州弁護士、think C 世話人


主催:著作権保護期間の延長問題を考えるフォーラム

共催:コンテンツ政策研究会(http://contents-policy.net/

   慶應義塾大学DMC統合研究機構(http://www.dmc.keio.ac.jp/


※なお、今回のネット中継については、後日フォーラムのHP上でお知らせいたします。

2008-09-09 thinkC提言(案)公開しました

[]thinkC提言(案)公開しました

 空前絶後の豪華メンバーで進めて参りました「保護期間延長問題と創作・流通支援策に関するthink C-PT 提言案」、公開致しました。ただいまパブコメの受付中ですのでぜひ忌憚なきご意見をば!(特に第3章「流通促進」。)


http://thinkcopyright.org/public_comment.html


プロジェクトチームメンバー

(50音順。なお※は原案の主な執筆担当のみ示す)

太下義之:三菱UFJリサーチ&コンサルティング芸術・文化政策センター長(文化政策) ※第3章流通促進

金正勲:慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構准教授(デジタルコンテンツ産業論)

小林真理:東京大学大学院人文社会系研究科准教授(文化政策) ※第4章創作支援

田村善之:北海道大学大学院法学研究科教授(知的財産権法)

津田大介:ジャーナリスト

林紘一郎:情報セキュリティ大学院大学副学長(法と経済学)

平田オリザ:劇作家、演出家、大阪大学教授

福井健策:弁護士、座長(芸術文化法) ※第1章延長問題・第2章権利制限

横山久芳:学習院大学法学部准教授(著作権法)


(事務局)

生貝直人:クリエイティブ・コモンズ・ジャパン事務局スタッフ、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構RA ※第3章流通促進

酒井麻千子:東京大学大学院情報学環・学際情報学府 ※第2章権利制限・構成

作田知樹:Arts and Law 代表※第4章創作支援