ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

私の時代は終わった。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-09-28

魂のよもぎ蒸し!


映画「進撃の巨人」を、あんまり凄くなかったって言う女子たちがいるわけです。
3Dメガネ1つで、あんなに巨人たちがワラワラ飛び出してくるっつーのに!

私なんて、眼鏡なくてもめちゃめちゃ3Dで生きてるわけです。
間違いなく3Dの独身女子なわけです。触れます。語れます。

なのにもう、あれほど進撃するって口酸っぱく言ってた巨人が、さっぱり壁を越えてこず、早34年。
私の下半身のウォール・マリアが、全然突破されない。
傷一つない。
安保もなければチンポもない。待てど暮らせど脅威がない。

ああ、平和すぎて瀕死。
陰部が隠居するレベルで。
雨ざらしの股間が、中野の中心で叫んでますよ。
巨人さまはいらっしゃいませんかー?誰か巨人さまはいらっしゃいませんかー?」


なんだろ。
好かれなさすぎない?

私のまわりの女子たちが、「キャッキャッウフフ」言いながら、まあいわゆる捕食されていく中、驚くほどの、この無事。

ほんと、巨人の食わず嫌い王にメニューとして出るわ。
奈良漬くらいのポジショニングで出るわ。


奈良漬と言えば、
最近、なんていうか、うちのウォール・マリアが臭う気がするんですけど。

いや、まだね、わからないよ!
はっきりとは言えないよ!

なんていうかな、ちょっとした海辺みたいなね。
うちのウォマリ、漁港だったかなっていう。
よく言えばお刺身。…悪く言えば…死んだ魚のにおいっていうね。

で、まあよくよく観察してみてね、
ちょっと毛深いせいかなってアセスメントしてみたんですけど。

ちょっとっていうか、幼子が入ったら迷うくらいの毛量。

いや、もう、正直ね、誰も訪ねて来てないわけです。
私が34歳にして邪気眼を操りし者だとしたら、多分ここを「最果て」って呼ぶわ。

そんな局部をね、叱りたい。
もー何してるの?って。
何と戦ってるの?って。
もののけの森気取りなの?って。
つーか、もののけの森でも、もうちょっと人の手が入ってたよねえ?
アシタカ来ねぇし、エボシもいねぇし、サンは今年で四捨五入したら四十路…!

そして、ついに陰毛の奥に揺れる白いのが見えて、ついに股間にコダマが!って思ったら、ティッシュだった2015年秋。



そうだ、よもぎ蒸しに行こう!



女性の局部にいいって聞いたので、よもぎ蒸しに行こう。
ニオイも取れると聞いたので、よもぎで蒸してもらおう。
股間が南極くらい冷え切ってるので、よもぐっきゃない。

あたしの下半身だって越冬したい。
ここにもねタロとジロが超取り残されてますよと。超わんわん言ってますよと。



そうして9月にしては寒かった仕事帰りに、私はよもぎの門を叩きました。
たのもー、と。たのむよー、って感じで。

店の奥から出てきた店員は2名。
1人は「マンマ」と呼ばれるカタコトの韓国人女性。
もう1人はマンマに「センセイ」と呼ばれる謎の日本人女性。

「あの、よもぎ蒸しを・・・」と私が言うと、
「センセイ、お客さんダヨー」つってマンマがセンセイに声をかけて。
で、奥から出てきたセンセイが、「こちらへ」とサウナ室っぽいとこに案内してくれた。

で、センセイが何か韓国語でマンマに渡したピンクのケープみたいなビニールが、マンマから私にバケツリレーみたいに渡ってきて、

「服脱イデ、コレ着テ」

って言われて、

「全部脱ぐの?」

って聞いたら、マンマ→センセイ→マンマみたいな質問が経由して、
「ソウデス」ってマンマが言った。

マンマの接客初めて感がすごい!

で、まあ、私は脱ぎましたよ。
で、ピンクのを被りました。

なんていうか、首から下がテルテル坊主状態の、いわゆるよもぎ蒸しのアレです。

そして、スケベ椅子みたいな、股間が丸開きになってる椅子に座らされて、下からヨモギを焚かれました。


で、私はまあ、よもぎ蒸しの実力を舐めてたよね。


私ったら何だかんだでよもぎ蒸されるのは初めてで、うっすらと、癒しの〜みたいなイメージがあったのね。

よもぎ、あったかーい。
イイにおーい。
汗かいてデトックスぅー。
みたいな。

あと全身を蒸されるみたいな印象だったのね。

まさか電気コンロ全開でヨモギ入りの土鍋を股間の下に直でグツグツ煮えたぎらせるとは思ってませんでした。

この時点で、蒸すなんつーね、生易しいもんじゃないわけです。
鍋と陰部間30僂琶騰ですよ。
股間が逃げも隠れもできないわけです。

いや、これ地獄絵図で見たことあるやつー。

「センセイ!」って思わず呼んだよね。何の先生か知らんけど。
したらセンセイはニッコリ笑って、「熱くなったらマンマに裾をめくってもらってください。蒸気が逃げて温度が下がりますから」って言い残して、出て行ったよね。

マンマと1on1。

もうね、「熱くなったら」とか悠長なこと言ってられない。すでに、今、熱いの。
一瞬で南極からインドへ。いや、インド越えたね。
世界でいちばん熱い夏より、むしろ熱い。もう股間がプリプリ状態!

「マンマ!裾を上げてください!」
割と、すぐ言ったよね。

したら、マンマが椅子に座ってる私のピンクのビニールの裾を10センチくらいチラッと上げてくれるわけ。
加藤茶のちょっとだけよでも、もうちょっとめくれるわっつーくらいの、マジちょっとだけの世界。

オーケーオーケー。
聞いてマンマ、蒸気ってやつはね、基本、上なわけ。
正直、蒸気が逃げてない。
100股間に来てる。

で、10秒くらいで、マンマはすぐ裾を下した。
しかも「首デテルカラ、サウナより涼シイデショ」みたいなことドヤ顔で言ってくる。

いや、出てるよ。首は出てる。
でも股間が多分、今100度くらい。
ヨモギ蒸しなんて生易しいものじゃない、蒸されてるのはむしろ股間です。はい。
事件は股間で起きてる。

なのに、もう自分の社交性が憎い。
「そうですね、涼しいですねー」
って言ってたよー。
もう社交界デビューできる。
股間がボーボーに炙られてるってのに。
白鳥かってくらい優雅に言ったよね。

でも水面下では、あたしの白鳥がエライことになってる。
アワビの踊り食いの、まさにアワビくらい踊ってると思う。
踊るっていうか、多分、うちのアワビブレイクダンスしてない?

そんくらいの熱湯。
右のビラビラを蒸された、左のビラビラを差し出すキリストくらいの精神で戦ったんですけど、死んじゃう、股間が死んじゃう。

藤井隆に教えたい。体の一部がHOT!HOT!ってこんなもんじゃなかったです。

局部が「もう・・ここまでか・・」つってる。
すると、背後から肛門が「あきらめるな!ここは俺にまかせて、今のうちに逃げるんだ」って言ってる。
で、一身に蒸気をあびて、うぁああぁああぁあってなったよね。
エヴァでこんなシーンあったんじゃない?
したら局部も局部で「おまえ一人にかっこはつけさせないぜ、そいつは俺の獲物だ」みたいになって、陰毛が「おいおいお二人さん、俺を忘れてもらっちゃ困るぜ」みたいな感じで、全員バレーです。

この時点で、20回くらいマンマに裾を上げてもらってるわけですが。
フラメンコのスカートくらいチラッチラッしか上がらなくて、蒸気がほとんど逃げなくて、私のアワビメルトダウン寸前。

したら、センセイが様子を見に来て、私の尋常じゃない汗を見て、「時々、足を椅子の上に乗せて、体育座りするといいよ」とアドバイスをくれ、また部屋を出て行った。

私は藁をも掴む勢いで、体育座りした。

体育っていうか、椅子がU字型になってるので、おのずと34歳のインリン・オブ・ジョイトイを垣間見せた。

で、結論を言うと、これ涼しくなる方法じゃなかったのね。
なんと、よもぎ効果UPの方法だったのね。

私の決死のジョイトイによって、34年隠してきたあたしのデリケートゾーンが、あたしのあの手塚ゾーンが、ノーガードで露わになったわけです。

いわば観音堂が開いて、えへへって恥ずかしそうに顔をのぞかせた観音様が一瞬にして100度の蒸気に蒸される瞬間を見たよ。


極楽浄土が見えました☆


これが浅草寺なら、あたしの股間、京大受かるくらい、煙を浴びて、もう限界に熱すぎて思わず、自分で裾をまくりあげた。
もう目の前にいるマンマを気にする余裕もなく、50センチくらい一気にオーレッ!て、まくりあげた。

もー、マンマと私のマンマが、完全にマンonマン。

でも恥ずかしいなんて感じないくらい、一気に蒸気が抜けて、一瞬にして涼しくなりました。

急に裾を上げたので、マンマは水蒸気と一緒に飛び出した私の汗とPerfumeをだいぶ浴びて、ムセながら「自分デ、アゲチャダメ」って言ってました。

その後も、あまりにマンマがムセるので、センセイが奥から出てきて、マンマとセンセイがバトンタッチしました。


「すいません、ちょっと熱くて、自分で裾をあげちゃったんです・・」
と私が恐縮すると、センセイは、裾を20センチくらい上げてパタパタしながら、「大丈夫になったら、また下すので、それまで少し仰ぎますね」って言って裾を仰いで風を入れてくれました。

なにこれ・・・!
カ・イ・カ・ン・・・!
マンマとセンセイのクオリティーが全然ちげぇ。

ああ、そよ風が吹いてる。
戦いは終わったんだ。
うちの観音菩薩が完全にオーケーサイン出してる。


なんていうかな、その一瞬の油断っていうかな。


なんかね、アレ・・?って思ったんだよね。
アレ?
私?
アレ?って。


アレ、私、うんこしてない?って。


いやいやいや、そんなはずない。
まさか、しないでしょ。
34歳ですよ。
ベートーヴェンだったら「英雄」とか発表してる年ですよ。
何かを成し遂げてもおかしくない年齢ですよ。
こんなところで、ヴェンしてるわけないんですよ。

なんだろ、北風と太陽っていうのかな。
ギュッと握ってたコートを、すっと解かれたっていうか。

一瞬、無意識になったんだよね。
その時、なんか、ぽろりって。

いや、わかんない。
なんか一仕事終えた感じはないんです。
出たような気もするし、出てないような気もする。
これが、シュレディンガーのうんこ?

で、まあとりあえず、今できることとしては、最悪の場合を想定して早急にセンセイに「裾を下げてください」って言ったよね。「大丈夫です」って。

でも鍋では相変わらず、ヨモギが蒸されてるわけです。
そして、もしかすると、なんらかの具がね、追加で蒸されてる可能性があるわけです。

こわい。
そして、熱い。

「センセイ、よもぎ蒸しって、あと、どのくらいですかね?」

「ああ、あと10分くらいですね」

10分…。
大舞台にうんこが落ちている可能性がある今、もう幕を上げてもらうことはできない。
土鍋は絶好調。
シュワちゃんが指を立てながら沈んでった溶鉱炉ってここじゃないの?ってくらい。

股間はもはやワニにかぶりつかれてるみたいな感覚。
そして、なんだろう。このピンチに、ちょっと便意もある。
前に続けー!とばかりに。

気をそらすために、壁のポスターのよもぎ蒸しの効能を見ると、思いっきり「便秘」って書いてありました。

ヨモギの仕事が早い。
ヨモギがデキル。

絶望しているとセンセイが、「お客さん、何の仕事してるの?」って話かけてきたので、
気を紛らわすように「看護師です」と答えると、
「ああ」とセンセイは懐かしいような悲しいような顔をされて、語り出した。

昔、看護助手の仕事をしていた時期があること。
仕事がとても辛かったこと。
患者さんのトイレや便器の片づけの仕事がどうしても慣れなくて、この仕事に変わったこと。

「大変だったんですね」
私は、深く頷きながら、多分、うんこを漏らしている。

「でも、この仕事に就けて本当に良かった」
って優しく微笑むセンセイに、ああ、この便意が落ち着いたら、あいつに結婚を申し込むんだ。くらいの気持ちにはなった。

なったけど。
便意もさることながら、もうね、熱いです。直火じゃない?ってくらいです。
気象庁が観測してたら、私の股間も噴火レベル2に引き上げられてもおかしくないレベル。
気を許すと軽く噴石出そう。

尋常じゃない汗が噴き出してきて、多分これ温泉になる。
そして下半身はもはや熱されすぎて、感覚がない。
助けて、気象庁!?私、股間の大涌谷から温泉卵出てない?ちょっとなんか産んでない?
効能に「デトックス」って書いてあるんだけど、なんかもう、色んなものが出とるっくすー!



結局、暗黒の10分を経て、ヨモギっつーか、色んなものに蒸されて、体験は終わった。
私は怖くてセンセイと、自家製鍋を直視できないまま、サウナ室をいそいそと出た。
会計ではマンマがまだムセていて、おつりの100円が転がったけど、私は拾う間も惜しむように店をあとにした。


家に帰って、慌てて股間を鏡で見たら、まあ案の定、赤かったです。
完全にエアーズロック
おしりから前にかけて、超ウルル
冷え切って南極みたいだったのが嘘みたいです。
多分、今後、山田孝之が傷ついた際には、ここに登って愛を叫ぶんじゃないかな。




なんて、のんきにブログを書いてたら、福山雅治が結婚してたので、ショックで吐きそう。
マジ、山田孝之を押しのけて、私が愛を叫ぶわ。
巨人さまはいらっしゃいませんかー?
誰か巨人さまはいらっしゃいませんかー?
アントマンでもいいよー!