Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2006-09-24 賀茂川の源泉をたずねて(その2)・・・和みの里・雲が畑

ikomanokaze2006-09-24

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |


HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 雲が畑は心安らぐ場所でした。  雲が畑は心安らぐ場所でした。。を含むブックマーク

雲が畑を訪ねた日は 暑くもなく寒くもなく 青空がひろがるすばらしい秋の日でした。

前回京都市北区雲ヶ畑」

市内から自転車で1時間弱(車で約30 分)。面積2000ha 弱、約80 戸・250 人余りが住む「林業の里」・・・と書きましたが、この林業が今、日本ではたちゆかなくなって、林は、山は、森は荒れています。鴨川の起点の立て札があったところから 中津川にそって500mのぼったところにある林業センターで昼食をいただきました。林業センターは 木のこと、林業のことを学ぶ拠点になっていました。

f:id:ikomanokaze:20060921230256j:image

林業センター


生駒山でも「山が荒れている」ことが問題になっています。下草を刈ったり、木の枝落としをしていないので、木がやせているし、立ち枯れなどが目立つそうです。かつては日本の山は手入れが行き届き、地域の山から切り出した薪や炭が大切なエネルギー源でした。この雲が畑では今でも薪を利用している所帯が半数ほどもあるそうです。家々の裏や横に薪が積んである小屋がみられ、なんだか懐かしい気持ちになりました。

森林センターの前庭からみた空の青かったこと、

f:id:ikomanokaze:20060924213847j:image

f:id:ikomanokaze:20060924214027j:image

[] 雲が畑の学校は小学校と中学校が同じところにあり、雲が畑小中学校という校名でした。  雲が畑の学校は小学校と中学校が同じところにあり、雲が畑小中学校という校名でした。を含むブックマーク

小学校の児童数は、1年3名 2年1名  3年0名 4年1名 5年2名 6年2名 合計9名


中学校の生徒数は 1年4名 2年2名 3年0名 合計6名





学校の校庭で運動会の練習の様子を少し見ましたが、大きい児童と小さい1年生らしき児童が一緒に行動している様子がほほえましく、のどかでやさしい風景として目に映りました。

f:id:ikomanokaze:20060924220540j:image

f:id:ikomanokaze:20060924220614j:image

[] のどかな山里・雲が畑の風景  のどかな山里・雲が畑の風景を含むブックマーク

f:id:ikomanokaze:20060924231634j:image




f:id:ikomanokaze:20060924231658j:image



f:id:ikomanokaze:20060924231721j:image



f:id:ikomanokaze:20060920125732j:image

のらしろのらしろ 2006/09/25 01:04 鴨川の源泉まで行かれたのですか、コスモスと言い枯れ尾花といい、里山の景色久しいですね。
雲畑の名そのままの小学校、過疎に、山は荒れて、
行く末が案じられます。自然を愛する教育、自然を育てる政策が出来ればいいのですが。

mi7comi7co 2006/09/25 09:29 抜けるような青空、コスモス、ススキ
黄色く実った稲田、
居ながらにして秋を満喫できました。
有り難うございます。

がんさんがんさん 2006/09/25 14:00 京都というと、つい三条とか四条とか祇園とか嵐山とか東山界隈などを思い浮かべてしまいますが、こういう京都もあるのですね。
ずっと以前に北山杉の里の方は通ったことがありますが、山や林業がそんなに危機的な状況とは…。
こののどかな景色とは裏腹な現実ですね。
生駒山は大好きな山なので、私にも何かできることがあれば良いのですが…。
黄金色に色付いた稲穂に杉林に青い空、爽やかさが伝わって来ます。

toshiko56toshiko56 2006/09/25 14:56 素晴らしい天気に恵まれて山里の景色素的ですね。コスモスも年々早く咲きだすように感じますが、杉の木の元気な事花粉を飛ばさけれないいのですが・・・ね。
林業の危機、素晴らしい環境の中なのに・・・考えてしまいますね。
自然が一杯の学校きっと良い子が育つことでしょう\(^o^)/

かりんかりん 2006/09/25 15:15 (o^-’)oこんにちは
京都市と市とついているのに小規模な小学校ですね。このような学校の子供達が上の学年の子たちがしっかりと年下の子を面倒をみて縦割り関係がいいって聞いたことがあります。北海道でも閉校が多くなってきています。
コスモスとススキが秋を感じさせますね、すっかりこちらも寒くなってきました。益々秋の季節で寒くなります。ひめぼたるさん、風邪をひかないでくださいね。

かたちゃんかたちゃん 2006/09/25 18:49 ikoさん、今晩は。前回とは打って変わって今回はとても明るいお写真ですね。ちょっと安心しました。真っ青な秋空、綺麗な野山の景色、そしてお花と、いよいよikoさんの本領発揮ですね!どれもとても綺麗に撮れてますね。構図がとても素晴らしいです。とても勉強になります。私もこのような写真が撮れるようになりたいです。それにしても京都市内にこのような所があるなんて驚きですね。

あまもりあまもり 2006/09/25 18:54 林業が盛んな山は手入れ場行き届いている。なるほどと思いました。木を伐採するだけじゃなく、山の手入れもなされていたということですね。
大阪のシンボルの生駒の山が荒れ放題というのは困ります。行政や国は何もしないのですか?住民だけに負担をかけて知らん顔は困ります。
雲が畑はとても京都とは思えません。きれいな山里です。遠くに行かなくても充分に田舎の雰囲気が味わえる所ですね。そういえば、周山街道もちょっと入れば田舎の雰囲気がありますね。京都は奥が深い。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/25 23:50 のらしろさん、こんばんは!
雲が畑は京都市北区なのですね。のどかな山里がいつまでも平穏に過ごせるところであってほしいと思います。
燃料にまきを使っていることを知って嬉しかったです。当たり前のことですよね、周り中が木になのですから・・・
でも、今は 山の人でも まきを使うより電気、ガスを使いたいと聞きました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/25 23:54 micoさん、こんばんは!
青い空の下、山里の林業センター大きな木のテーブルで木の椅子に座ってくつろいだとき 幸せな気持ちになりました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 00:05 がんさん、こんばんは!
京都は広いですね。いろんな顔を持っているところなのですね。こんな山の中でも「京都」を感じるのですから、京都のすごさを思います。賀茂川沿いの道を走るとき、たくさんの鷺と鴨がいるのもすごいと思いました。町中の川がこんなにも豊かなこと、貴船にしても雲が畑にしても「水」がまもられていること、さすが京都ですよね。
林業がむずかしいのは カナダやアジアの輸入材の方が安いからなのでしょうが、アジアのジャングルを日本が壊しているともいわれています。ここらで考えないといけないでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 00:11 はなちゃん、こんばんは!
おかげさまで、なんとか山にたどり着きました。前回のところに rarakuさんが 「はなちゃんは富士山の霊水を飲んでいるから元気」と書いておられましたが、なるほどそうなのか!妙に納得しました。霊験あらたかですね。
mituyoさんのおかげで 青い空からの光と森のオゾンをいっぱい浴びて 私も 霊験あらたか・・・・・です。楽しかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 00:16 かりんちゃん、こんばんは!
北海道も閉校になるところがいっぱいなのですか?
かりんちゃんが書かれているように、学年が違うこどもたちが一緒に練習する様子は心あたたまるような気持ちになりました。昔昔の日本の田舎はどこでもそうだったと思います。
そうそう、私は夏に風邪をひいたのですから、冬はひかないようにしたいと思います。ありがとう!

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 00:24 かたちゃん、こんばんは!
そうなのです。「雲が畑」に出かけてみて、ふたつの顔をみたような気がします。のどかで明るくて・・・ひなたぼっこしているような気持ちになるところ と 肌に突き刺すような冷気と頭と心臓にひびく森の気配を感じる場所と・・・・
どちらも「雲が畑」なのですよね。
かたちゃんが写真をほめてくださって嬉しいのですが、かたちゃんの写真もすばらしいですよね。「ほうー!」って声がでてくる場面がいっぱいありますね。奈良にどんどん惹きこまれていきます。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 00:45 あまもりさん、こんばんは!
ほんと、京都は奥が深いですよね。
もうだいぶ京都を見てきたと思っていましたが、まだまだ・・・・ほんの入り口でした。手入れが行き届いた森を見るとほっとします。山が守られて、水が守られて、人は生かしてもらっているのでしょうね。
のどかな山里の一日は私を元気にしてくれました。

grandgrand 2006/09/26 10:12 京都は自然が多いです、京都の源泉と聞くと北山を連想します。杉の木立も連想します。

彦左彦左 2006/09/26 21:14 ひめぼたるさん、京都・賀茂川の源泉を訪ねての旅良かったですね。お元気じゃないですか。この写真を見せて頂くと本当に静かでいいところです。私も先日京都加茂の奥に行きまして、非常によい思い出になりました。古い静かな小学校もいいし、田んぼの風景、山の景色、ススキの穂など素晴らしいです。ありがとうございました。

kei249synyankei249synyan 2006/09/26 21:53 ikoちゃん、今晩は〜
雲一つ無い抜けるような空の青さにコスモスのピンク鮮やかですね〜過疎の地にぴったりな感じ。
少子化でやがてはこの村も消える運命を辿るのでしょうか。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 22:22 grandさん、こんばんは!
京都は自然が多いところだということを 実感しました。市内を流れる賀茂川(鴨川)沿いに歩くだけでも自然を満喫できますね。うらやましい環境が残っていると思いました。北山もなかなかのところですよね。今度行ってみたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 22:28 彦左さん、こんばんは!
お久しぶりです。やっと元気になりました。
元気になっていい旅ができました。彦左さんも京都の加茂の奥にいかれたのですか?いつもお元気に活躍されていますね。いろんなことに挑戦されていて、刺激をいっぱいもらっています。
10月にはネット仲間と和歌山を歩かれるのですね。いいですね。また報告を拝見するのを楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/26 22:37 keiちゃん、こんばんは!
ほんと、雲ひとつない青空でした。しかもその青いことといったら絵の具を塗ったように青、青・・でした。3人は夢中で空を撮りました。どんなに撮ってもそのときの青を表現できませんネ。
過疎の村が消えてしまっていいのかしら?寂しいことですよね。keiちゃんとの旅から始まって、いろんなところを見せてもらっています。
発見したり、思い出したり、考えこんだり、感動したり・・・頭と心をフル回転させています。楽しいです。

けいけい 2006/09/27 00:02 里山の秋良い感じですね。
空の青さが、都会の空とは、違いますね。
お体に注意され、素敵な写真をまた、見せてくださいね。楽しみにしています。(^o^)

rarakuraraku 2006/09/27 11:37 三番グループの二番です。ikoさんの写真と皆さんのコメントを照らし合わせながら拝見していると、色々な問題が提供されていて考えさせられます。それに明るい話題もあり、いいですね。楽しみにしています。
全校生徒15人の校舎、手入れが行き届いているように見えます。皆さんが大切にしているのでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/28 23:24 けいさん、こんばんは!
身体のこと ご心配いただきありがとうございます。ゆっくり楽しみながらやっていこうと思います。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/28 23:28 rarakuさん、こんばんは!
山里の学校は rarakuさんがおっしゃるように 皆で大切にしているせいか、清潔な感じがしました。
あわただしく、人間関係もがさつなところより あたたかくていいのでしょうね。

ima-2ima-2 2006/10/01 10:00 おはよう御座います。
先日のPCクラブへ元気な姿を見せて頂きホットしています。
京都の山間の風景のどかですね。
僕も先日、山間を走り大塔村と御手洗峡に行ってきました。
山が深く自然を堪能してきました。!(^^)!
先生も山間ののどかなところへ行かれて気分も
リラックス出来たことと思います。
これから紅葉の綺麗な時期ですね、次の撮影を楽しみにしています。(~o~)

かりんかりん 2006/10/11 13:05 (o^-’)oこんにちは
ひめぼたるさん、元気ですか?だんだんと北海道寒くなってきました。あと一ヶ月で平地にも雪が降ります。

たそがれたそがれ 2007/04/22 00:34  昨秋でしたか…黄金の波とコスモスと青空と…
 印象的ですね。山村の小・中学校…過疎化の嵐の中で頑張っているのですね。

2006-09-22 なぞなぞの旅(10)・・・賀茂川の源泉をたずねて(その1)

ikomanokaze2006-09-22

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |


HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] やっと 賀茂川の源流をたずねることができました やっと 賀茂川の源流をたずねることができました。を含むブックマーク

なぞなぞの旅(3)・・上賀茂神社と下鴨神社を流れる水

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20060616

で 賀茂川の源流が 雲ガ畑にあることを教わったのですが、なかなか雲ガ畑をたずねることができませんでした。20日に 京都名案内人のMさんに無理を言って連れてってもらいました。朝 立ち寄った 酔芙蓉の寺「大乗寺」でカメラのことを教えていただいたShiomiさんという男性の方もご一緒することになって3人で出かけました。

京都市北区雲ヶ畑」

市内から自転車で1時間弱(車で約30 分)。面積2000ha 弱、約80 戸・250 人余りが住む「林業の里」です。杉木立の間にある狭い道をとおっていきました。

f:id:ikomanokaze:20060616153041j:image

f:id:ikomanokaze:20060922171531j:image

[] まず、鴨川という名前の起点に到着  まず、鴨川という名前の起点に到着を含むブックマーク

上の地図の真ん中あたりにある「出会橋」から右に5mいったところに

一級河川 鴨川 起点 と明記された錆びた立て札がありました。

この起点から右上の川は中津川その川に沿って500mいくと立派なログハウス風のレストラン兼村の集会所兼林業体験学習ができる林業センターがありました。

f:id:ikomanokaze:20060922172522j:image

f:id:ikomanokaze:20060922173226j:imagef:id:ikomanokaze:20060922173250j:image

f:id:ikomanokaze:20060922202117j:image

中津川沿いにある雲ガ畑の集落です。

空の色を見てください。目が覚めるような青い空でした。

[] 賀茂川の源泉は昼でも暗い森の奥深くの志明院にありました。  賀茂川の源泉は昼でも暗い森の奥深くの志明院にありました。を含むブックマーク

志明院は「岩屋山金光峯寺志明院」といって、650年に役の行者が草創したものを、829年弘法大師が、淳和天皇の叡願により再興されたとありました。本尊の不動明王は弘法大師の直作と伝えられているとか・・・・

ここにくる、薄暗い細い道は不気味なものを感じましたが、この寺院の奥様のお話を聴いてもののけ」を強く感じる場所だということを知りました。

もののけ姫」の原作者 宮崎駿氏と司馬遼太郎氏と堀田善衛氏がこの志明院で鼎談したときの本が「時代の風音と説明され,関心をもちました。

門から中へは撮影禁止で、カメラもあずかられました。

f:id:ikomanokaze:20060922180854j:image

門をくぐり 急な坂道を上がると鐘楼があり、さらにあがると本堂がありました。

扉は閉じられていて、本尊の不動明王はみられませんでした。

奇岩怪石が多く修験者の修練場だったことがわかりました。洞窟もたくさんありました。

ずっと上にいくと清水の舞台のような舞台がありました。舞台から緑の海原を見ながら「もののけ」を感じるとき、人間の本来の感性がよみがえる気がします。舞台の後ろにはそれはそれは大きな岩がせりでていました。

もののけ」について奥様がすべてのものにある気配であることを教えてくださいました。なるほど、「もののけ」は「ものの気配」か?と気づきました。

自然の中で耳と目と肌と感性で人も多くものに気づくそうです。なんとなく想像できます。

f:id:ikomanokaze:20060922190723j:image

門に下げられた提燈に菊のご紋がありました

鴨川の水源地である洞窟の湧き水を重視、水神を祀り、清浄な御用水を祈願したこと、御所の水、京都人の命の水の源であることから菊のご紋がつけられているそうです。水の伝説の歌舞伎十八番「鳴神」の舞台としても知られているそうです。

f:id:ikomanokaze:20060920143400j:image

大きい画面で説明が読めます。入り口

f:id:ikomanokaze:20060922193501j:image

湧き水はここで飲むことができます。甘い水でした。

f:id:ikomanokaze:20060922184328j:image

志明院は天然の石楠花が1000本近くもあり、天然記念物に指定されていました。

mi7comi7co 2006/09/22 19:46 こんばんは
鴨川の源泉・・・いろいろ勉強になりました、
志明院、ちょっと不気味な感じですね

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/22 22:50 micoさん、こんばんは!
志明院って薄暗く、湿り気が多く、肌寒く、不気味なところでもありましたよ。蒜山のような広々とした自然とは違っていました。

kei249synyankei249synyan 2006/09/23 15:52 ikoちゃん、今日は。なぞなぞの旅を未だ続けるとは凄いですね〜興味津々で久しぶりに京都地図を出してみました。標高472辰旅發ぞ貊蠅膿木立の中を登って行くのね、そんな所だもの寒い筈だわ。志明院の立て札の字が読み辛く残念だけどikoちゃんの説明で大よその事は分かりました。本当「もののけ」を感じそうなお寺です。勉強熱心なikoちやんは薄気味悪くとも何の其の!その勇気には感心しました。お陰で私も勉強させて頂きました。有り難う!

庭花庭花 2006/09/23 15:52 もののけを感じながらの鴨川の源泉の旅・・・
ちょっと不気味でしたが、おもしろい旅でしたね。

かたちゃんかたちゃん 2006/09/23 20:49 ikoさん、今晩は。鴨川の源泉を辿られたんですね。その探究心には、本当に脱帽です。お陰でいつも勉強させてもらっています。感性豊かなikoさんだからこそ、不気味さを感じられたんでしょうね。そんな志明院なのに、石楠花が1000本もあるなんて開花の時期はさぞかし綺麗でしょうね。とにかく、ikoさんがお元気になられたようで本当に良かったです。

がんさんがんさん 2006/09/23 21:33 これほど行動されるとは、完全復調ですね。
いつもながら旺盛な探究心には感服いたします。
弘法大師といえば、今日やっと念願だった高野山のお参りができました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/23 23:36 keiちゃん、こんばんは!
今日もいいお天気でしたが、賀茂川の源泉を訪ねたときもすばらしい秋空でした。
keiちゃんとみっちゃんと3人で上賀茂神社へお参りしてから「世界不思議発見」ではありませんが、「関西歴史発見の旅」みたいに好奇心が次々と・・・・
とうとうというか、やっというか、上賀茂神社の水源にたどり着きました。私の好奇心を満足させてくれるところでした。
Mさんのおかげですよね。
「立て札が読めなくて残念」とありましたので、クリックしたら少し大きくなるようにしてみましたが、暗いところの撮影であまりはっきりしません。少しは読めるでしょうか?  keiちゃんとまた「なぞなぞ」の続きの旅ができたら嬉しいです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/23 23:45 庭花さん、こんばんは!
志明院は「平安時代の闇をそのまま残していると言われるお寺」だそうです。
「もののけ」に関心を持ちました。次は
「屋久島」にいきたくなりました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/24 00:00 かたちゃん、こんばんは!
志明院は平安時代の闇をそのまま残していると司馬遼太郎が言ったそうです。ものの気配をピンピン感じることができるところでもあるそうです。しゃくなげが美しいお寺だそうですが、今は野菊、ミズヒキ、ゲンノショウコ、ミゾソバなどの野草が趣をそえていました。
おかげさまで なんとか元気になりました。
もうひとつの「雲ガ畑」の顔もありました。明るくて 素朴で 心和む場所でした。次に紹介しますので、また覗いてくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/24 00:06 がんさん、こんばんは!
おかげさまで 元気になり秋の一日を楽しむことができました。
「高野山」にお参りされたのですか?
昔、何度かお参りしたり、宿坊で泊まったりしましたが、最近はご無沙汰です。
もう一度お参りしたいと思います。

wakawaka 2006/09/24 11:09 ikoさんこんにちは、
加茂川の源流を訪ねて、綺麗な写真がいっぱい、素晴らしい風景、
何時もながら感動して拝見しています、
何で「なぞなぞの旅」なのか解りません、
なぞなぞとかけて何と解く、、、お湯の無い空風呂と解く、、、心は、wakaの頭と同じです。good luck

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/24 15:37 wakaさん、こんにちは!
秋晴れのすばらしいお天気が続きますね。
どうしておられますか?私はおかげさまで元気快復!「なぞなぞの旅」の続きを始めました。
「なぞなぞ」って変ですよね。「どうして?」ここにあるの?という疑問から出たことですから「なぜなぜの旅」ですが、語呂が悪いことと、コジツケですが、大きい意味で「なぞ」が隠されていると思っていただけたら助かります(?)
つまり、この旅を通じてなんとなく悟ってほしいことは?・・・なんて、言ったりしていますが、はやりオカシイですよね。

あまもりあまもり 2006/09/24 17:31 完全に復調されたのですね。なぞなぞの旅を再開されたんですもの。
ついに淀川の水源のひとつでもある雲ヶ畑へ行かれたんですね。淀川になる頃には随分と薄れてはいますが、水源のひとつであることに間違いなし。
もののけとはものの気配。なるほど。じーっと静かに立っていると、街中では感じられない静かな気配を感じるのですね。あまりよろしくない人生を送っている私なんか、妖の気配におののくかもしれない。

rarakuraraku 2006/09/24 20:44 今晩は、
なぞなぞ、なぜなぜ、志明院は門の内部は撮影禁止なんでしょうね。もののけが写ったら大変ということかも知れませんね。
湧き水は賀茂川の源泉ですか、源泉を飲んで元気になろう!!エィ、エィおう。富士山の霊水を飲んで元気なtoshikoさん、ソウデスネ。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/24 23:42 あまもりさん、こんばんは!
そうですよね。淀川の水源のひとつでもありますよね。昨日お墓参りにとき枚方大橋から淀川を眺めました。私のお気に入り地点なのです。川はいいですよね。あまもりさんは神崎川と淀川をよく観察されているからいつも感動しています。
神崎川にも「もののけ」がいると思いますよ。あまもりさんを見ておののいている?・・・そんなことないですよ。喜んでいますよ。きっと!

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/24 23:49 rarakuさん、こんばんは!
志明院は門の中は なぜ撮影禁止なのか? 良い方に考えると、「もののけ」を感じて欲しいから、
でも「カメラを預かる」というのは やりすぎと思いました。一緒にいったshiomiさんの上着のポケットが膨らんでいるのをみて、「小型カメラが入っている?」と疑われたのには びっくりしました。京都は「貴船」にも水の神様おられます。神様と仏様が多いところだとつくづく感じます。toshikoさんは富士山の霊水のおかげでお元気なのですね。・・・・納得!

かりんかりん 2006/09/25 15:17 凄い〜空のいろ、緑のいろ、家の色が鮮やかですね。甘水飲んでみたい〜

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/25 23:39 かりんちゃん、こんばんは!
賀茂川の源泉といわれる水の甘かったこと、こんなに甘い水は私も初めてでした。

2006-09-18 生駒の麓のちいさな音楽会

ikomanokaze2006-09-18

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |


HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 生駒山の麓で音楽会がありました。   生駒山の麓で音楽会がありました。を含むブックマーク

私は依頼を受けて 昨年 豊浦谷の集会でほたるのお話をさせていただきました。

生駒山の麓には 七つの谷があり、その谷に流れる川のほとりではいまでも「ほたる」が見られます。そのほたるの環境を保全しようと活動している方たちに「私とほたるの出会い」と「ほたるの育て方」についてお話させていただきました。

その集会で とても素敵な独唱を聴きました。「涙涙そうそう」の歌が澄んだ声で心に沁みるようでした。 私の感想を覚えてくださって ギター演奏をされるHさんが今度の音楽会に招待してくださいました。台風の影響で風が強かったり、雨がパラパラ降ったりするのに 妙に空は青くなんだか変なお天気でしたが、部屋の中は澄んだ秋の空気が漂っていました。

アットホームな音楽会ですからすぐ目の前で素敵な声が聴けるのです。ピアノの音も身体中に沁み込んで、耳で聴くより身体全体で聴きました。久しぶりに音楽に親しんだような気持ちになりました。


f:id:ikomanokaze:20060918153533j:image

演奏の「ミックス・パワーズ」のメンバー

曲も 「星に願いを」「遠い世界に」「いい日旅たち」「少年時代」など私が若い頃の歌でした。歌声喫茶のようにみんなで「里の秋」「小さい秋みつけた」など秋の歌を合唱するひとときもありました。

音楽会があったのは、 私が住んでいるところより もっと生駒山を近くに感じることができる場所にありました。山の木々の葉の変化がわかるところにありました。

f:id:ikomanokaze:20060917133336j:image

家並の間からすぐそこに、ひょっこり顔出す生駒

f:id:ikomanokaze:20060915094940j:image

生駒

[]麓の小さい秋 麓の小さい秋を含むブックマーク

f:id:ikomanokaze:20060911163200j:image

空いっぱいに羊雲(9月15日)


f:id:ikomanokaze:20060918172212j:image

夏から秋に咲く秋海棠




f:id:ikomanokaze:20060914114827j:image

少し色づき始めた紫式部

庭花庭花 2006/09/19 01:16 素敵な音楽会だったようですね。すぐ近くで演奏が聞けるアットホームな感じが、写真から伝わって来ました。
山の表情、空の表情、花の表情、実の表情、今回はどの写真も良かったです。きっと、秋のせいと、ひめぼたるさんの体調の良さのせいでしょうね。

がんさんがんさん 2006/09/19 08:29 「豊浦」というのは、蘇我氏に関わりのありそうな、由緒ある名前のように感じました。
来年は是非ホタルを見たいです。
生駒でも東大寺でも宇治でも上賀茂神社でもどこでもいいです。
母に見せてやりたいんですよね。
音楽会、いい雰囲気ですね。
曲名を拝見すると、私が高校生だった頃、文化祭などで歌ったものが含まれていて、懐かしく思いました。

あまもりあまもり 2006/09/19 12:06 私はikomanokazeさんとあまり歳が変わらないかも・・・と。歌声喫茶、行ったことはありませんが、遠い記憶にありますよ。中学か高校の頃流行っていたように思います。
身体全体で聴く音楽会、いいですね。いつも遠くに見る生駒の山が身近に見られるのもいいですね。羊雲、鱗雲ともいいますよね。小学生の頃、雲日記をつけていました。もう雲の名前はほとんど忘れましたが。

かたちゃんかたちゃん 2006/09/19 13:52 ikoさん、今日は。小さな音楽会、良いですねえ。楽器の生演奏って、本当に身体に響きますし、心にも響くんですよね。そして、綺麗な雲!とても同じカメラを使用してるとは思えません。撮る人の気持ちがレンズを通して表れるんでしょうね。少しずつ体調が戻って来ておられるのが、ブログを通じて感じられます。何と言っても、出かけなくても窓の外やお庭を眺めると素敵な題材があるのが、羨ましい限りです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/19 19:52 庭花さん、こんばんは!
歌が歌える、楽器が演奏できる、みんなで音楽を楽しめる・・・・なんて素敵なことでしょう!今の家に越すとき ピアノが入らなくて ピアノを処分したことを残念に思いました。老後、ピアノを楽しみたかったのにと・・・・
庭花さんはどうしてあんなに素敵な曲ができるのですか?ずっと音楽にたずさわってこられたのでしょうか?気のあうお友達と音楽会ができたらいいでしょうね。
「生駒の小さな秋」の画像を庭花さんにほめていただいて嬉しく思いました。

rarakuraraku 2006/09/19 21:47 今晩は、芸術の秋でもあります。ミックス・パワーズ、写真を拝見してよくもぴったりの名前を付けたものと感心しています。
月のはじめには熟年女性の童謡クラブ、老人の日には小学生歌唱団のプチコンサートがあり、いずれも童謡をたっぷり聞くことが出来ました。「里の秋」は観客も一緒に唄い盛り上がりました。どういうわけか涙が出ましたが年でしょうね、涙腺が緩んでいるようです。
秋海棠、綺麗に撮れていますね、近所を探しているのですが、ベゴニアとの区別がわからずなかなか見つかりません。

kei249synyankei249synyan 2006/09/19 22:26 ikoさん今晩は!凌ぎよくなりました。
生駒山は良い所みたいですね。ikoちゃんはピアノが出来るの?ピアノを処分したとは惜しいこと。
この前みつよさんに連れて行って貰った阿弥陀寺に
秋海棠の花が沢山咲いてたのを思い出しました。あそこのはもっと色が白っぽかったようです。紫式部
も良いですね〜有り難う。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/19 22:41 がんさん、こんばんは!「豊浦」と曽我氏は関わりあるというがんさんの書き込みを拝見して興味がでてきました。この「豊浦谷」にそって奈良に向かう道は重要な道だったようです。何か出てきそうな気がしてきました。
「ほたる」がきれいに見られるところ 来年までに捜しておきますね。お母様に是非「ほたる」を見てもらいたいです。
この歌が流行った頃、がんさんは「高校生」。私は二人の子のお母さんでした。歳の差はかなりありますが、それぞれにとって若かりしころの歌ですよね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/19 22:46 あまもりさん、こんばんは!
歳が変わらない?・・・・とんでもない、私が若い頃なんて書いたものですから、誤解があったようですが、私はもうふたりの子のお母さんをしていました。今思うと、その頃は結構輝いていた時代に感じます・・・・・??
息子が小学校3年生のとき毎日雲の日記をかいていました。そのとき私も一緒に覚えたものですが、今は私も忘れてしまいました。
あまもりさんの河原の花の観察記録はすばらしいです。影響を受けて 植物をよく観察すいるようになりました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/19 22:52 かたちゃん、こんばんは!
この夏の暑さにも負けず、かたちゃんは毎日のように元気に撮影の旅を続けてこられましたね。まぶしいほどでした。 
おかげさまで、私も快復しつつあります。涼しくなったのでぼちぼち外へ出てみたくなりました。
ゆっくり秋の里を歩いてみたいです。
花は家の花です。出かけられないので家のもので済ましていました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/19 23:00 rarakuさん、こんばんは!
私もrarakuさんと同じです。昔よく歌った「唱歌」を聴いてもウルウルするようになりました。
秋海棠は種が落ちてあちこちに咲いていますが、葉が痛んでいるので撮れません。もっと葉は大きくて大きい葉の間から可愛らしいピンクの花がみえるのが秋海棠らしいでしょうね。これではベゴニアと変りがないですね。秋海棠もベゴニアの一種ですのでお許しを・・・・

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/19 23:07 keiちゃん、こんばんは!
お久しぶりです。ピアノは子供のときにちょっぴり。その後あまり進歩しなかったのですが、娘と一緒にまた少し。でも娘のようには弾けませんでした。だから老後にと・・・思っていました。小さな家ですが、ピアノを置こうと思っていた地下には 運ぶ方法が見つからなくて手放しました。いまだ心にひっかかっています。
秋海棠は家のあちこちに咲いていますが、葉が汚くて大きい葉をとったので少し違うようにみえるかもしれません。もっと薄いピンクのものもありますが、我が家の栄養がいいのか儚げには見えにくいです。やはり阿弥陀寺の秋海棠は風情があるでしょうね。

かりんかりん 2006/09/20 14:17 (o^-’)oこんにちは
おひさ〜演奏会に講演会(??)にいかれたんですね。ちょっとずつ体調が戻っているようで、良かったです。歌は健康に秘訣だと聞いたことがあります。また、何か機会があれば聞けにいけると良いですね。
引越しの際にピアノを手放したことを気にかけているようですね。きっとピアノ購入から使用にあたり色々な思い出があった商品だと想います。この用に想われている今は手元にないピアノですが、きっと置き場所がぴったりな方に演奏をしてもらえていますよ。最近じゃ、ピアノもコンパクト化しているようです。ひめぼたるさんが老後にって考えているのであれば、楽器店で中古でもいいものが売られています。置き場所と相談しながら、小さめの物はどうでしょうか??

toshikotoshiko 2006/09/21 07:34 ikoさん、おはようさん〜
素的な演奏会でしたね〜ikoさんがお話して居る様子が浮んできます、皆さん耳を澄まして聞き入っていたのでしょう〜素的な演奏と共に素的な雰囲気で素晴らしい時間を過ごせて羨ましい\(^o^)/
長く続けられる事でしょう。
何、ikoさん、ピアノ残念でしたね〜ほんとまた、置き場所お考えて是非ともまた、弾てください。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/21 19:31 かりんさん、こんばんは!
関西地方も秋の色が日ごとに濃くなっていきます。
かりんさんところは すっかり秋、どんどん秋・・・北海道の紅葉はすばらしいですよね。北海道にいきたくなります。でも今年の秋はどうかしら? 孫たちのところのお引越しでしばらく 孫たちの新居にお邪魔することになりそうです。
なんだか、短い夏の次は 短い秋・・・・そしてすぐに冬支度・・・ちょっぴりさびしい気持ちになります。
かりんさんの秋をうんと教えてくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/21 19:35 はなさん、こんばんは!
気持ちのよい気候になりました。音楽会に絵画展・・・「芸術の秋」とはよくぞ言ったものですね。HPに集合したはなさんの「パソコン画」を拝見していますと、ほんとうにすごい記録だと感嘆します。「芸術の秋」をいっぱい感じることのできるページですね。みなさんの注目を集められることでしょうね。これからも楽しみにしています。

mi7comi7co 2006/09/22 13:45 素敵な音楽界でしたね、写真からも雰囲気が伝わってきました、小さい秋、其処ここで見られる様になりましたね、蛍が見られる素晴らしい環境!!
羨ましいです、

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/25 23:43 micoさん、こんばんは!
山に近いところということで、少し自然が残っているのが嬉しいです。
でも 歳をとっての坂道は きつくて、今のうちに体力づくりをしておかないと・・・・
考え込んでしまいます。

はまだはまだ 2008/03/01 23:37 コンサート情報をご紹介戴きまして、恐縮です・・・

ikomanokazeikomanokaze 2008/03/02 15:13 はまださん、こんにちは!
素敵な音楽会でしたね。
ありがとうございました。

はまだはまだ 2008/03/24 13:12 ikomanokazeさま
4月20日の日曜日に、この同じ会場で「スプリングコンサート」を、昼13:00頃から開催いたします。
お時間の都合が合いましたら、また聞いてやってください。

演奏曲目

サボテンの花
なごり雪
岬めぐり
涙そうそう
四季のうた
若者たち

〜〜などです♪

2006-09-10 夏の「忘れ物」

ikomanokaze2006-09-10

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |


HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

[] 高田 敏子さんの「忘れ物」という詩  高田 敏子さんの「忘れ物」という詩を含むブックマーク

私には 毎年夏の終わりごろ 空を見上げると いつもでてくる歌があります。

もう ずいぶん昔のことになりますが、小学3・4年生の子供たちと 何度も何度も

繰り返し歌った「詩」だったからでしょうか?

<画像1> 夏の忘れ物

f:id:ikomanokaze:20060910173709j:image

夏の終わりが 物悲しいのは 強くて激しいものの終わりだからでしょうか?

そして子供のころから「夏休み」という体験の刷り込みがあるからでしょうか?

<画像2> 夏の忘れ物

f:id:ikomanokaze:20060910160115j:image

 <画像1>と<画像2>の中にある<3つのもの>から 夏の思い出をたどり

思い出が小さくなるとき 秋の訪れに気づきます。

昨日、今日と残暑が厳しく 体調がもうひとつよくないわたしはアップアップしていますが、

景色の中に 秋を見つけて驚いています。

生駒の麓では まだセミが鳴いています。温暖化の影響で昔は珍しかったクマゼミが多くなりました。

夏の終わりになるとミンミンゼミがないて。今はつくつくぼうしがツクツクボーシと鳴いています。



高田敏子作 「忘れ物」


入道雲にのって

夏休みはいってしまった

「サヨナラ」のかわりに

素晴らしい夕立をふりまいて



けさ 空はまっさお

木々の葉の一枚一枚が

あたらしい光とあいさつをかわしている



だがキミ! 夏休みよ

もう一度 もどってこないかな

忘れものをとりにさ



迷い子のセミ

さびしそうな麦わら帽子

それから ぼくの耳に

くっついて離れない波の音

[] 残暑の中で見つけた秋一番  残暑の中で見つけた秋一番を含むブックマーク

f:id:ikomanokaze:20060910191801j:image





f:id:ikomanokaze:20060910211911j:image



f:id:ikomanokaze:20060910211755j:image


f:id:ikomanokaze:20060910212007j:image

mituyo1941mituyo1941 2006/09/11 02:09 ikoちゃん、お久し振りです。
少しは元気を取り戻せましたか?ikoちゃんの元気な声が聞けないと淋しいですよ〜。

「忘れ物」の詩、子供の頃を思い出させてくれる、素敵な詩ですね。  子供が成人して、夏休みも関係なくなり、夏休みにしか出来ない楽しみも無くなったようです。

彼岸花がもう咲いているのですか? 早いですね〜。こちらではまだ見かけませんのよ。 これからは秋のお花が楽しめますね。 そろそろ出かけられそうですか? また一緒に秋を探しに出かけたいですね(^0^♪♪

彦左彦左 2006/09/11 08:13 ひめぼたるさん、お久しぶりです。お身体の調子は如何ですか・・・今日の秋を見るとお元気になられたご様子ですね。歌がいいですね。入道雲が必ず出たのが最近入道雲をあまり感じなくなりました。
入道雲が少なくなった??そんなバカなと云われるけど。

mi7comi7co 2006/09/11 09:40 おはようございます、
夏が行ってしまいましたね〜
涼しさを待ち焦がれていましたが少し寂しい気持ちです、高田敏子さんの詩素敵ですね、
彼岸花がもう咲いてるんですね
明日香の里を歩きたくなりました。

ima-2ima-2 2006/09/11 10:32 # ikomanokaze 先生こんにちは、
お体の調子は如何ですか?
今回は、回復が遅いようですね。これから涼しく
なりますので回復も早いと思います。
体調を見ながらぼちぼちとやって下さい。
<画像1><画像2>の夏の名残構図も素晴らしく
いかにも夏だ〜と言う感じがします。良く撮れてますよ〜
秋の気配の彼岸花も見れて涼しさを感じさせてくれています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/11 17:13 mituyoさん、こんにちは!
長い間 閉じこもっていて 心身にすっかりカビが生えてきました。虫干ししようと須磨まででかけましたが、あまりに暑くて虫もろとも私までダウンしてしまいました。まだ体力がついてないみたいです。

mituyoさんはHPも着々と進行していますね。面白くなって夢中になっておられるのでしょうネ?

先日、寝そべって雲が流れていくのを見ているとき思い出しました。「雲ガ畑」に連れてってもらうことを忘れていました。今年のうちに是非行きたいと思っていますので、よろしくお願いします。

もう少し涼しくなりましたら、外出GOーサインが出ると思いますので よろしくお願いします

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/11 17:25 彦左さん、こんにちは!
ご無沙汰しています。もうどこも悪いところはないみたいですが、すっかり体力減退、なかなか元気もりもりにはなれません。

彦左さんはいつもお元気ですね。心身とも健康でおられる様子に感服しています。

そうそう 彦左さんがおっしゃるとおりです。
「入道雲が少なくなった」と思います。日本の気候が変わったからでしょうか? 生物にも異変があるようですから・・・
日本の夏は「熱帯気候」に属するみたいです。
亜熱帯の動植物が多くなったそうです。
青い空にもくもくのぼる「入道雲」が夏の代表だったのが昔話になるのは寂しいですよね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/11 17:34 micoさん、こんにちは!
micoさんのところで季節の花を観賞させてもらっていますが、花の種類の多いことに驚きます。次々と新しい花がでてくるような気がします。
micoさんは昔からある花も紹介してくださっていますので 懐かしく拝見しています。
もうすこし涼しくなりましたら、私も明日香の里をのんびりと歩いてみたいと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/11 17:47 ima-2さん、こんにちは!
ホント、どうしたんでしょうね。これまでに経験したことがないような回復の遅さです。歳のせいなのか? 他に悪いところがあるのでは?・・・と心配になります。
でも、家では普通に生活しています。暑いところに出かけるのは極力ひかえています。
もうすこし 涼しくなったら大丈夫です。またあちこち出かけたいと楽しみにしています。

すっかり家に閉じこもっている間に 秋がそこまでやってきていました。近くの山の栗も大きくなっていました。
もしよろしかったら、ima-2さんのHP計画を教えてくださいませんか? 途中で伝え忘れたままのものをどうしようかと思案しています。次回少しでも出かけられたらいいのですが、まだ決めかねています。ごめんなさい。ご迷惑をおかけしています。元気になったら取り返したいです。

wakawaka 2006/09/11 19:07 ikoさん今晩は
夏と云えば麦藁帽子、軽さと涼しさは抜群、私ならずとも皆さんお使いの事と思います、
そろそろ使用の季節も終わりで、風が一段と涼しさを感じるこの頃です、
彼岸花にコスモス、すっかり秋の季節になりまして、心なしか淋しい思いも致します、
食べ物が一番美味しいこの季節、このままず〜ッと続けばいいのだが?
お元気で頑張って下さい。

けいけい 2006/09/12 23:43 ikoさん、体調大丈夫ですか?
今年は、夏の戻りが、あったりしてお疲れだったのでしょう。それに 結構お出かけも 多かったりで無理されたのでは、
秋に なったのでぼちぼち体調も 戻ってくると思うので無理せず、頑張ってくださいね。(^o^)

grandgrand 2006/09/13 08:41 彼岸花が咲き始めましたか・・
彼岸近くなると忘れずに咲いてくれます!

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/13 09:56 wakaさん、おはようございます!
昨日からめっきり涼しくなり、今朝は肌寒いくらいです。関東地区は関西より気温が低いそうですね。
wakaさんは このごろデジカメをもって散歩に出かけられますか? また秋の景色を知らせてくださいね。私もそろそろ外に出たくなりました。
不思議なもので 元気になると うずうずしてきます。 wakaさんもお元気でいてくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/13 11:51 けいさん、こんにちは!
おひさしぶりですね。涼しくなって元気がでてきました。そろそろうずうずしてきました。

けいさんの「ドリームタンカー」の写真を拝見しました。すばらしいですね。海の上を歩く芸術ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/13 11:59 grandさん、こんにちは!
彼岸花って名前のとおりですね。彼岸が近づいたな〜、って思います。お墓参りに行かなくては・・・って思います。

grandさんのところの黄色い花ですが、<キンポウゲ科「リュウキンカ」>と書いてありますが、これと俗に「ゴールドコイン」って呼ぶ花はちがうものなのでしょうか? ゴールドコインが繁茂していたのですが、整理しているうちになくなってしまいました。正式名がわからなくて・・・

かたちゃんかたちゃん 2006/09/13 15:07 ikoさん、今日は。
一枚目の演出されたお写真、とっても素敵ですね。こういう写真も撮ってみたいなあって思いました。すごく懐かしい感じがして心が和みました。そして二枚目のお写真、りっぱな入道雲ですね。最近このような景色は見ていないような気がします。
彼岸花にコスモス、秋はもうそこまで来ていますね。またあちこち散策に行きたいものですね。

rarakuraraku 2006/09/13 17:59 今晩は、遅れています。雨の日はなんとなく一日が長いようです。ボーッとしているせいでしょうかね。
額縁入りの写真、スチール製がぴったり合っています。入道雲がすごい、ここに飛行機で突っ込んだら快感か悪寒か、想像するだけで!!!  雲でよかったぁ。
高田敏子さんの詩、知りませんでした。ウィキペディアで勉強中。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/13 22:35 かたちゃん、こんばんは!涼しくなりましたね。
ほとんど出かけないないものですから 家の花を撮ったり、こんな風に思いつきでセットして遊んでいました。
かたちゃんは、いつも元気ですね。夏の間もあちこちを廻っておられましたね。すごいエネルギーですよね。ブログも毎日更新されているのですから驚きです。どんどん膨らんでいきますね。楽しく拝見させていただいています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/13 22:47 rarakuさん、こんばんは!
今日はこちらも雨降りでした。雨が降って急に涼しくなって、途端に元気モリモリ・・・・です。

このごろハンサムな入道雲を見かけなくなりましたね。美人がいっぱいいるのにね・・・・?
もくもくと湧き上がる入道雲をみたら、麦藁帽子を手で押さえて走りだしていたころ、私はトンボとりの名人でした。蝶のりんぷん転写に明け暮れて、片手間で薬草採集していました・・・・・・

「わたしが一番きれいだったとき
 わたしの頭はからっぽで
 わたしの心はかたくなで
 毛足ばかりが栗色に光った」
茨木のりこさんの詩の一部だけよく思い出します。

kei249synyankei249synyan 2006/09/13 23:07 ikoちゃん、今晩は。どん尻かな?麦藁帽子が可愛いよ。ikoちゃんの帽子なの?赤いリボンを結んで被れば岩崎ちひろの世界を感じるよ。ikoちゃん可愛いものね。詩とマッチしていいわねぇ〜

かりんかりん 2006/09/14 18:10 今年の夏は、ひめぼたるさんが体調をこわしていたので十分な夏を感じる暇がなかったであはないでしょうか?お孫さんとは遊べましたか?
空をみて秋空に驚いたことでしょうね。
今回のブログにのせている写真の素敵ですね。ちょっと写真の撮り方が変わりましたね。

あまもりあまもり 2006/09/14 22:06 麦わら帽子に貝に青空と白い雲。それに遠い懐かしさを感じさせてくれる高田敏子さんの詩。その上秋の花をもってくるとは。もうこれは言葉もなく感嘆しています。ikomanokazeさんは、前々から思っていたのですが、ロマンチストで芸術肌ですね。私にはないものばかりです。
生駒でもクマゼミさんがわんさかですか。大阪市内はクマゼミ以外見ることはないような気がしますが、これはヒートアイランドと関連しているのかもしれませんね。なるほど。私はもう長いことクマゼミの大合唱以外セミの鳴き声を聞いていません。
今夜は外で虫の声が聞こえてきます。秋ですね。

toshiko56toshiko56 2006/09/14 23:04 ikoさん、こんばんは〜
高田さんの詩いいですね〜麦藁帽子と良い可愛い〜青い空に真夏の元気な雲、詩からそんな絵が浮かんだのでしょうか〜。
写真も立派ですね、素的に撮れてます。
何時も素晴らしいブログありがとう御座います。

matumoto1217matumoto1217 2006/09/15 12:20 山下さんご無沙汰しています。体調はいかがですか今年は暑さが厳しく 8階の部屋でもクーラのお世話になっています。先週のPCは雨模様と体調思わしくなく休みました。涼しくなれば又ホームページの変更をおねがいします。お会いできる日を楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/15 21:38 keiちゃん、おひさしぶりです。
今年の夏は1月も休んでいたので、ずいぶん短かかったような気がします。
年齢的に、もう無理ができないことがよくわかりました。自分の身体と上手におつきあいしなくては・・・・と、
思いました。10月になったら しばらく 孫たちのところへいくことになっています。それまでに体力つけておかないと、なんだか自信をなくしました。keiちゃんは元気、元気・・・・すごいなぁ〜!

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/15 21:44 かりんちゃん、ほんと、そう!
空を見て? あれ?羊雲が・・・!と
夢をみているような不思議な感覚でした。このごろ妙に空の色、雲の形がきになります。長い間雲を見てすごしていたからでしょうか?
北海道からのかりんちゃんの写真はいいですね。青い空、広いお花畑、羊蹄山、北海道の紅葉はいつが一番いいかしら?

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/15 22:41 あまもりさん、こんばんは!
あまもりさんは「クマゼミ」の時代なのですね。私は「アブラゼミ」が多かったです。ところが、このごろは「アブラゼミ」は珍しくなりましたね。

私は歳を忘れて まだ少女趣味のところが残っているのでしょうね。「赤毛のアン」「ハイジ」「秘密の花園」を思い出したように読むのですから・・・・(恥ずかしいですネ)
「麦藁帽子と貝殻」だって センチメンタルな思い出です。あままりさんにほめていただいてちょっぴり嬉しくなりました。ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/15 22:45 はなちゃん、こんばんは!
はなちゃんが言われるように、高田敏子さんの詩からあの写真を思いついたのです。ベッドに横になって空を見ていると遊んでみたくなりました。
このところ涼しくなってきましたので、快調です。ご心配をおかけいたしました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/15 23:00 matumotoさん、こんばんは!
sinさんが私のblogにきてくださるなんて、珍しいですね。嬉しいです。
sinさんから暑中見舞いのお葉書をいただきながらお返事もだせないうちに 秋になってしまいました。申し訳ありません。
sinさんはお身体は大丈夫でしたか?
私は 今夏は 初めてこんなに寝込みました。病気になってみて、「もう無理はできない」と、年齢のことも考えないと・・・など いまさらのように思いました。
sinさんがお元気でパソコンやカメラに取り組んでおられる姿を拝見しながら私も活力をもらっています。ありがたいことです。
10年以上も前から ずっと変わらない心遣いが嬉しくて sinさんに会いに出かけています。お会いできるのを楽しみにしています。

2006-09-01 さよなら「夢の国」奈良ドリームランド

ikomanokaze2006-09-01

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |


HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

[] 奈良ドリームランドが昨日(8月31日)45年間で夢を閉じました。  奈良ドリームランドが昨日(8月31日)45年間で夢を閉じました。を含むブックマーク

閉園のお知らせ http://www.nara-dreamland.co.jp/

今から6・7年ほど前までFresheyeというサイト掲示板に「大阪」掲示板がありました。

その掲示板のお仲間のひとり、「店長さん」が生駒の風の掲示板にひょっこり顔を覗かせてくれました。

Subject: 奈良ドリームランド閉園  (2006/07/25 18:42:15)の書き込みがありました。

そうか。奈良ドリームランドも閉園するのか? 

このところ、各地の遊園地がなりたたなくなってきました。閉園の知らせは珍しくないことです。

奈良ドリームランド」おまえもか?・・・というところです。見納めになるのですから、木製コースターもみたいし、夜の花火もみたいし、みんなを誘って出かける計画をたてました。

ところが、私が体調をくずして8月13日から31日まで静養するはめになりました。それでもなんとか無理を言って 31日3時過ぎに連れてってもらい、「夢の国」とお別れすることができました。

f:id:ikomanokaze:20060901183453j:image

f:id:ikomanokaze:20060901183438j:image

[] 8月31日の産経新聞から  8月31日の産経新聞からを含むブックマーク

45年前国内初のテーマパークをつくった「日本一の興行師」松尾国三氏のことが記載されていました。米国視察にいった松尾氏はロサンゼルス近郊に完成したばかりの「ディズニーランド」をみて「日本にもディズニーランドをつくりたい」という夢をもったそうです。

中央にディズニーランドシンデレラ城をまねたものがそびえているところから、当時の夢が感じられます。ウォルト・ディズニー本人にもあって「ノウハウを教えてほしい」と頼んだそうです。熱意に感動して ノウハウを教えることを承諾され、建設のときには技術者も派遣してもらったそうです。しかしその後いろいろうまくいかないこともあったようで、「東京ディズニーランド」ができてからは赤字が続くようになったそうです。

奈良の「あやめ池遊園地」が閉園になるときもそうでしたが、夢のなごりは悲しさが漂っていました。夢の残骸が痛々しくもありました。それでも この場所で心を躍らせた子供たちはたくさんいるでしょう。十分お役目は果たしたのかもしれませんね。

1998年完成した  木製コースターASUKA 

f:id:ikomanokaze:20060901185511j:image

f:id:ikomanokaze:20060901185623j:image



f:id:ikomanokaze:20060901185704j:image

[]閉園した関西の遊園地 閉園した関西の遊園地を含むブックマーク

大正15年(1926年)の6月11日に誕生した関西では老舗の遊園地あやめ池遊園地も平成16年6月6日78年間の夢を閉じました。

宝塚ファミリーランドは1911年(明治43年)、阪急電鉄の創業者小林一三氏が始めた娯楽施設「宝塚温泉」が前身で、宝塚歌劇もその出し物として誕生したそうです。遊園地事業は、沿線の宅地開発やデパートの展開とともに私鉄企業の集客術でもあったのです。よく阪急さんは商売上手なんてささやかれていました。しかし、90年を超える「宝塚ファミリーランド」も閉園しました。

甲子園球場のお向かいにあった「阪神パーク」も 2003年3月30日閉園しました。

私は子供たちと宝塚ファミリーランドと阪神パークによく出かけました。子供たちの目を通してみた遊園地や動物園は格別でした。

東京ディズニーランド大阪ユニバーサルスタジオジャパンを見た子供たちには「奈良ドリームランド」はつまらなく感じるでしょうか?のんびりできて、ゆったりと楽しむことができる遊園地もいいなー!・・・・なんて思わないのかしら?

そもそも のんびりできる遊園地 なんて採算がとれないのでしょうね・・・・・・・・。

f:id:ikomanokaze:20060901191118j:image

f:id:ikomanokaze:20060901191203j:image

f:id:ikomanokaze:20060901191234j:image

彦左彦左 2006/09/02 12:13 ひめぼたるさん、お身体大丈夫ですか?元気はつらつですか。遊園地が閉鎖されるのは寂しいですね。
宝塚ファミリーランドは昔よく行きました。あやめ池遊園も懐かしいところです。東京デイズニーランドのように人混みで大変なぐらい人が集まらないと維持できないのでしょうかね。日本の遊園地の入園料は外国に比べて高いとおもいますが・・・。

彦左彦左 2006/09/02 12:17 奈良ドリームランドも閉鎖ですか?寂しいですね。
ここはよく行きました。昔高校の剣道の試合が奈良であって勝ち進む予定が初回で負けまして、父兄として付き添っていた私は生徒をドリームランドへ連れ行ってアイススケートなどで子供たち大喜び下のを思い出しました。

かりんかりん 2006/09/02 12:32 ひめぼたるさん、体調はどうですか?木製コースターASUKAは、テレビで何度か見たことがあります。当時テレビでみて、スゴイーってもったものです。
時の流れは、辛いものですね。バブル崩壊後色々な施設が、無くなって行きます。人は新しいもの好き??ここの遊園地が閉鎖されるのは寂しいですね。このような施設で、ゆっくりと遊びたいものです。

かたちゃんかたちゃん 2006/09/02 12:33 ikoさん今日は。体調が完璧じゃないのに、頑張って最終日に行かれたんですね。先日娘達とドリームランドが閉鎖だから、最後にもう1回行っておきたいねって話してたんですよ。でも、2人共多忙で結局行けませんでした。奈良生まれ奈良育ちの彼女達には、ドリームランドとあやめ池は忘れられない遊園地でしょうね。もう数えられない位連れて行きましたから。大阪出身の私は宝塚ファミリーランドと阪神パークがそれに当たると思います。ファミリーランドで温泉に入るのが最高の楽しみでした。キャラクターもいない、パレードもない遊園地、でも家族で楽しめましたよね。お弁当も食べれましたしね。ikoさんのお陰でドリームランドの最後の様子が良く分かりました。ありがとうございます。

mi7comi7co 2006/09/02 14:26 こんにちは
奈良ドリームランド閉園のニュースに驚きました、
子供が小さい頃によく行きました、
走馬灯のように頭を巡っています、
ほんとに寂しいです、

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/02 14:48 彦左さん、こんにちは!
おひさしぶりですね。やっと元気になったような気がします。

奈良ドリームランドが閉鎖になるので、みんなでお別れ会をしようって言っていたのですが、私がダウンしてできなくなってしまいました。
そのことが気になっていましたので、最後の最後にちょっと覗いてみました。USJやTDLと比べると華やかさがなくてさびしいですが、当時は最前線のテーマパークでしたよね。
彦左さんは高校生の付き添いで行かれたのですか? 思い出がおありですね。まさに「夢」の場所だったことがわかるようなところでした。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/02 14:55 かりんちゃん、こんにちは!
やっと 元気が出てきました。不思議ですね。よく ここまで 休んでおれたものです。 初めはいろいろキャンセルすることが嫌で、気になっていましたが、だんだん開き直って何もしないで暮らしていました。ベッドで寝転んで観たかったDVDを12本観ました。贅沢な時間を過ごしたような気もしています。奈良ドリームランドのASUKAには乗る元気がありませんでしたので、眺めてきました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/02 15:06 かたちゃん、こんにちは!
かたちゃんは大阪生まれの大阪育ちでしたね。私は子育ては大阪と兵庫でしたので、やはり遊園地といえば「宝塚ファミリーランド」と「阪神パーク」でした。お花見も遊園地で、プールも遊園地で動物園も遊園地で・・・何でも遊園地にそろっていたような気がしていました。USJやTDLと似ているのにまったく違うものみたいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/02 15:12 micoさん、こんにちは!
micoさんてお母さんでしたのね。なぜか若々しい画面なので「子供が小さいころは・・・・」なんて言葉を聞いて驚いています。
micoさんも奈良ドリームランドにいかれたのですね。
あと大阪では「ひらパー」だけでしょうか?ここにも思い出がいっぱいあります。

rarakuraraku 2006/09/02 16:37 今日は。活動家のikomanokazeさんにはちょっと長かったと感じられたと思いますが、長い人生、このくらいの休みがあってもいいですね。まずは快気祝い、お大事に。
木製コースターASUKは1998年完成だそうですが、骨組を見ていると「俺はまだ8歳だぞー、これからだー」と叫んでいる声が聞こえてきそうです。

あまもりあまもり 2006/09/02 23:54 ディズニーランドのシンデレラ城をモデルにしたことを初めて知りました。
残念ながら奈良のドリームランドは行ったことがないのです。いつか行こうと思いながら・・・閉園してしまったのですね。
私にとって一番の思い出は宝塚のファミリーランドでした。次に枚方パーク、あやめ池。阪神パーク。
もう枚方パークしか残っていないですね。その枚方パークも菊人形はやめてしまったし。
もう子ども達も大人になっているので一緒に遊園地とはいかないですが、遊園地はやはり懐かしい場所です。
木製のジェットコースターはドリームランドだったのですね。このコースターだけは印象にありました。どこかで引き取ってもらうのでしょうか。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/03 10:49 rarakuさん、おはようございます!
お見舞いありがとうございます。おかげさまでようやく元気になりました。
半月以上も休んでいたわけですが、ベッドで映画を観て過ごしていました。なんて贅沢な時間・・・・と思いました。中国の映画が主でしたが、「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの結婚」・・・・などを観て涙をポロポロ・・・・
何度観ても涙が出てくるのですから可笑しいですよね。「男はつらいよ」の寅さんシリーズみたいなものでしょうか?

そうそう「奈良ドリームランド」の木製ジェットコースターASUKAの行き先がきになるところです。分解・組み立てがたいへんそうですが・・・

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/03 10:59 あまもりさん、こんにちは!
あまもりさんも「枚方パーク」には思い出がおありなのですね。私は今はお墓参りのときに淀川沿いに見える観覧車を見ながら枚方パークが健在なのを確かめているのですが・・・
今は古い思い出深いものがどんどん消えていく時代なのかもしれませんね。お役目が終わったのでしょうね。ASUKAをみながら時代の変化を感じました。
ASUKAの行き先はまだ決まってないようです。

wakawaka 2006/09/03 13:20 時代の流れに押し潰される遊園地は良く耳にしますが、
奈良ドリームランドも閉園?
こんな所にも少子化が響いているのですね、
でも、片寄った所に我も我もと押し寄せて、栄えし所も有ると云うのに、
写真を拝見する限りでは、素晴らしく綺麗で勿体無いナァ〜 と云う思いです、
さて、お体の具合は如何ですか、無理をしないで下さいね、
私は、間違いかな?と、思うほど元気ですよ、なのに何時もご無沙汰ばかり、申し訳有りません。

kei249synyankei249synyan 2006/09/03 13:55 ikoちゃん、お久しぶりです。元気を取り戻されて良かった、よかった!案じて居りましたよ。
日本各地の遊園地が消えて行くのは淋しいですね。時代の流れには勝てないのでしょうか。無理しないようにね。

のらしろのらしろ 2006/09/04 08:29 わ〜こんな カラフルなドリームランド、入場料が高いとか無茶な理由をつけて子どもたちを1度もつれて行きませんでした。
木製のジエットコースター、本当に怖そうがたびし
壊れそうですね。スリル満点、でしょうね。
のらしろは金のかからない山歩きに、雪中登山等しました。
大型外資系に個性に強いキャラクターに負けますねざんねん>>

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/04 10:43 wakaさん、おはようございます!
wakaさんは今はとてもお元気になられたとのこと、よかったですね。ご心配していただきましたが、私も少しずつ元気になっています。ありがとうございます。
奈良ドリームランドもそうですが、いろんなところに時代の流れを感じます。お役目を終えたものを眺めながらいろんな感情が出てきます。自分を重ね合わせているのでしょうね。
また お話できるのを楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/04 10:49 keiちゃん、おはようございます。
ずいぶんご無沙汰してごめんなさい。京都でも会えませんでしたね。
keiちゃんはいつもお元気にみえますが、夏の疲れなどありませんか?
最近は朝夕涼しくなり 秋の気配を感じます。出かけたくなります。またお会いできるのを楽しみにしています。これからは 体調管理も考えて動くようにします。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/04 10:58 のらしろさん、おひさしぶりです。
今度 奈良ドリームランドに行ってみて、美しい山並みに囲まれた場所が、それこそドリームランドだと思いました。USJや東京ディズニーランドなどと設置場所すら異質な気がしました。どうしてここにつくろうと考えられたのか?不思議でもありました。
のらしろさんは山歩きをしてこられたのですか? 自然から感じる楽しさを大事にされてこられたのですね。
のらしろさんのページから大切にされているものを少し感じています。ありがとうございます。

ima-2ima-2 2006/09/05 15:34 # ikomanokaze 先生
お久しぶりにブログにアップされました。
その後お体大部良くなられて良かったですね。
奈良のドリ−ムランドも閉園になり一時代終わって
お役目ご苦労様と言いたいです。
近頃、何処の遊園地も閉園に追い込まれて子供達の
夢の楽しい遊園地も一つずつ消えていき閉園に追い込まれていますね。
あやめ池の木製コ−スタ−も木で組まれていて
これを見せて頂いただけでも値打ちがありますね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/06 17:57 ima-2さん こんにちは!
朝夕涼しくなりましたね。秋の気配が感じられますね。ご無沙汰しています。ima-2さんにずいぶんお目にかかってないような気がします。
元気になりましたので、また一緒にHPの新バージョンをつくりたいですね。
よろしくお願いします。

toshiko56toshiko56 2006/09/07 08:06 遅く成りました〜ikoさん、すっかり体調は良くなったのかしら〜心配してました。
本と、rarakuさんと同じ忙しいikoさんに休養をくれたのかもしれません、あわてずゆっくり身体を治してまた、元気に頑張って下さいね。
奈良のドリームランド閉店、淋しく成りますね〜また、一つ消えていく、ゆっくり出来る遊園地があても良さそうに・・・何て、勝手な事言ってます。
またまた、忙しく成りますね〜秋が直ぐそこまで、体力付けて頑張って下さい。

かりんかりん 2006/09/08 17:13 (o^-’)oこんにちは
うん、しっかり寝ていられたようですね。
ところで、このブログタイトルゝ(。♡ω♡。)ノズキュン とするよ「さようなら〜」って言葉が え??と誤解を受けちゃう^^

papahaponpapahapon 2006/09/08 17:48 また体調崩されたそうで、心配です。
「トシ(エッ?)なんだから」とは申しませんがおからだ大事になさってください。
(こんなこと言っても元々元気印のひめぼたるさんだから効目ないと思います(●’ω’●)ん? )
歴史ある遊園地の閉鎖は寂しいですね。。。日本で元気なのはTDLだけ、ユニバーサル・スタディオ・ジャパンすら危ないと聞いています。
九州では三井グリーンランドが辛うじて生き残っていますが、他は全部ダメです。子供のころのノンビリした遊園地の思い出は経済戦争の中でかき消されてしまうのでしょう。。。高い入場料を払って、一つのアトラクションに5時間も並んで、乗れなかったアトラクションに乗るためにリピーターする現代っ子の気持ちも私には最早不可解ですC= (-。- ) フゥー

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/10 21:29 はなさん、こんばんは!
ホームページがどんどんできあがっていきますね。
はなさんの「絵」をまとめて拝見しながら あらためて驚いています。わたしも少しずつ描き始めました。 また 教えてくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/11 11:30 かりんちゃん、こんにちは!
今は特にどこがって?それほど悪いところはなさそうですが、夏風邪が長引いて、体力がおちているみたいです。家の近所をぶらぶらしているのには ちっとも困らないのですが・・・・・
かりんちゃんは元気ですね。かりんちゃんのw若さがまぶしく感じます。いつも気にかけてくださって感謝しています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/09/11 12:33 papahaponさん、お久しぶりですね!
papahaponさんはどうして いつも こんなに元気なの? papahaponさんは歳をとらないみたいですね。
今回は完治しない夏風邪とともに 家でぶらりぶらり優雅な日々(?)を過ごしていました。病気でもならないと 勤勉なるJapaneseは何もしないで暮らすことに後ろめたさを感じます(?)正当なる言い訳を片手に寝そべって雲の観察をしていました。
サイモンの「明日にかける橋」の曲が心にしみました。
私はもう「トシなんだから・・・」無理はできなくなりました。心配していただいてありがとうございました。

Connection: close