Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2006-10-31 大和三山のなぞ・・・藤原京跡から眺める

ikomanokaze2006-10-31

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 大和三山にはなぞがたくさんあります。  大和三山にはなぞがたくさんあります。を含むブックマーク

古代大和の象徴でもある大和三山は畝傍山と耳成山と天香久山の三つの山の総称です。

つくば日記で取り上げた筑波山古事記万葉集に登場する恋歌の山でした。男体山と女体山という二つ峰が仲良く並んでいるところから男女の歌が多いのも頷けます。

しかし、大和三山のロマンはかなり複雑で今でもなぞめいています。

畝傍山(うねびやま)は 198.8 mあり、三つの山で一番高い山です。きれいな釣鐘型なので、火山のようにも見えます。

天香久山(かぐやま)は152 mありますが、独立した山ではなく峰つづきですので、平らな丘のようにみえます。

耳成山(みみなしやま)は139.6 mと一番小さな山ですが、姿がいい山です。

よく近鉄大阪線大和八木・耳成駅間の車中から眺めていました。容からなのか清潔感を感じる山です(?)


藤原京跡から見た耳成山

f:id:ikomanokaze:20061031160244j:image





藤原京跡から見た畝傍山

f:id:ikomanokaze:20061031160058j:image



藤原京跡から見た天香具山

f:id:ikomanokaze:20061031160130j:image


この大和三山がなぞめいているのは

たとえば、畝傍山は女性の山で、耳成山と天香久山が男性の山で恋争いをしたという伝説があります。

それは、中大兄皇子の歌

「 香具山は 畝火ををしと 耳梨と 相争ひき 神代より

   斯くにあるらし いにしへも 然にあれこそ

      うつせみも 嬬を 争ふらしき  」

「をしと」をどう捉えるかによるそうで、今もいろんな説があるようです。「雄(を)し」ととらえる説と「愛(を)し」と捉える説とでは山の見方がずいぶん変わってきます。

私が今回 藤原京跡から大和三山を眺めてみると、「天香具山」は山の姿がなだらかで女性的にみえます。それにこの山だけ「天」が付いていること、香具やが かぐや姫語源とも言われる説もあることから女性の山のほうが説得力あるような気がしました。ただの見た感想だけで、何の根拠もありませんが・・・・

美貌の万葉歌人額田王と、彼女をめぐる中大兄皇子と大海人皇子の兄弟の恋争いの物語を重ねて考える人が多いところからロマンあふれる「なぞなぞ」が生まれてきます。

額田王の歌と大海人皇子の歌もなんとおおらかでしょう!

あかねさす 紫野行き 標野行き

 野守は見ずや 君が袖振る」

                 額田王 


 「紫草の にほへる妹を 憎くあらば

   人妻ゆゑに われ恋ひめやも」

                 大海人皇子 

ふたりの皇子に愛された額田王はどんな女性だったのでしょうか? 額田王はどちらを愛したのでしょうか?

大和三山のどの山が額田王だったのかしら?・・・と眺めると、どこからでも目立つ山は畝傍山ですので、やはり「畝傍山」は背が高くても額田王かな?・・・と思ったりしました。

藤原京跡です。後ろに天香具山が見えます。

f:id:ikomanokaze:20061031161005j:image




コスモスいっぱいの藤原京跡から見た耳成山

f:id:ikomanokaze:20061031161113j:image




コスモスいっぱいの藤原京跡から見た畝傍山

f:id:ikomanokaze:20061031161227j:image

広い野原の藤原京のどかでした。

f:id:ikomanokaze:20061031162019j:image

mi7comi7co 2006/10/31 16:29 こんにちは
藤原宮跡私も先日訪れましたが、素敵な所ですね
大和三山勉強になりました
有り難うございます

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/31 16:35 micoさん、こんにちは!
micoさんのところでコスモスがきれいでしたので、一度コスモスいっぱいの藤原京を眺めてみたいと思っていました。まだコスモスが咲いていたのでおどろきました。田焼きの煙をみて、micoさんを思い出しました。10月の終わりなのにまだ暑いほどの一日でした。

彦左彦左 2006/10/31 17:09 ひめぼたるさん、奈良はよくKWCで歩くので、大和三山は畝傍山と耳成山と天香久山は知っています。
でも私は好きなところです。

かりんかりん 2006/10/31 18:25 こんばんは o(^-^ o )
ひめぼたるさんのブログの写真を見ています。
本日は内容は読まずに、写真のみの観賞〜。
心配をかけています。すいません。生理で色々痛いです。今日はもう終わりらしくて、楽なりました。やっぱり、又病院に行くつもりです。
風景&花の写真は癒しになりますね。これから寒くなります。ひめぼたるさんも体を大切に^^
訪問&コメントをありがとうございました。本日ブログをあけてコメントが読めて嬉しいです。

あまもりあまもり 2006/10/31 18:55 藤原京跡はのどかですね。コスモス畑から見た大和三山も素敵です。20数年前ぐらいになりますか、天香具山に上って耳成山や畝傍山を見たことがあります。平地にぽこんと突き出ているので、古墳跡じゃないかと思ったりもしました。
二人ののちの帝に愛された額田王。ほんとどんなべっぴんさんだったのでしょう。頭も良かったんでしょうね。あの当時の女性はなんだか皆頭が良かったんじゃないかと思うことがあります。

ima-2ima-2 2006/10/31 20:33 こんにちは、ご無沙汰しています。
近頃プロバイダ−の変更やメ−ルの送信状態が悪く
なかなか上手く行きませんでした。(>_<)
まだ、メールの状態が思う様に行かないかもしれません。?
プロバイダーをeoネットに変えました。
一つの変更でなかなか上手く波に乗れません!!
徐々にこれからやっていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/31 22:29 彦左さん、こんばんは!
私も大和三山は何度もみたことがあるのですが、藤原京跡からはみたのは初めてでした。広々とした野原で古を想像しながらくつろぎました。
彦左さんは お元気であちこちを散策されていますね。先日のKWCの会の動画を拝見しました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/31 22:32 かりんさん、こんばんは!
私も今年の夏はたいへんでした。かりんさんの場合 働きすぎでは?
病院にいかれるそうですから、よく診てもらってくださいね。無理しないでくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/31 22:46 あまもりさん、こんばんは!
私もきっと誰かのお墓だとおもっているのですが・・・自然にできた山には見えなくて・・・・
藤原京跡のあたりはのどかなところですよね。いなごがいっぱいいました。

額田王のことを悪く書いたものはひとつも残っていませんよね。
よほど素敵な女性だったでしょうね。
額田王は十代のころ、大海人皇子と結婚して十市皇女を出産。そのあと中大兄皇子の妻となって 上に書いた歌を交わしているのですから・・・
まだ大海人皇子のこと 好きだったのでしょうね。二人とも好きだったのでしょうか? それとも大海人皇子がすきだったのに、中大兄皇子が無理やり自分の妻にしたのでしょうか?
知りたいなぁ〜。
あまもりさんがおっしゃるように才色兼備な女性だったんでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/31 22:51 ima-2さん、こんばんは!
お久しぶりですね。プロバイダーが変わったのですね。eonetですか?私と同じですね。HPもeonetにされますか?
変更すると慣れるまで面倒でしょうが、パソコンもすべて新しくなって これからうんと調子がよくなっていくと思いますよ。またお会いしたときお話聞かせてください。楽しみにしています。

かたちゃんかたちゃん 2006/10/31 23:04 ikoさん、今晩は。相変わらず中身の濃い内容で感心しております。私も先日藤原京跡に伺って、コスモスを拝見して参りましたが、何も勉強せず、ただお花を見て来ただけです。ですから、ikoさんのブログを拝見してとても勉強になりました。
お写真もいつもの事ながら、とても綺麗に撮れてますね。山を借景にして撮影するって難しいですよね。私も大和三山のそれぞれの山を借景にコスモスを撮りましたが、とても苦労しました。でも、お花は美しいですし、ロマン溢れる場所ですよね。

庭花庭花 2006/11/01 04:21 なぞめいた大和三山ですね。コスモスが沢山咲いていて、よりロマンを感じます。僕は中大兄皇子と大海人皇子の兄弟の恋争いの物語と考えたいです(笑)。

がんさんがんさん 2006/11/01 09:31 2年半前に越して来て、大和三山を見るために藤原宮跡へ行きました。
平城宮跡と違って、大極殿跡があるだけの荒涼とした所でしたが、古の都を思ってジーンとしました。
日を改めて甘樫丘に登って三山を見渡したときにも古代ロマンに浸って、何とも言えない感動がありました。
額田王は当然大海人皇子を愛していたでしょうね。
元々恋人同士だったのを中大兄皇子が見そめて譲ってくれと言ったとか…。
換わりに大海人皇子は中大兄皇子の娘二人を娶り、その一人が持統天皇になったんでしたよね。
古代史は謎とロマンに満ちております。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2006/11/01 10:34 額田王、本当にどんな女性だったのでしょうか?二人の男性に深く愛された・・。今より男女の恋愛が自由で情熱的だと感じてしまいます。

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/01 15:06 かたちゃん、こんにちは!
いつも精力的に廻っておられますね。驚きます。
それに、画像もどんどんすばらしくなっていきますね。「へえぇ〜!」こんなところにこんなものが・・・と驚きながら 私のポケットはいつか尋ねるためのメモでいっぱいになりました。いつもありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/01 15:12 庭花さん、こんにちは!
額田王をめぐる中大兄皇子と大海人皇子の兄弟の恋争いの物語は歌を通していっそうロマンチックになりますね。
「紫がにおい立つように美しい人、人妻だからといって諦められない・・・・」なんて歌を返す大海人皇子も紫がにおう額田王もすばらしい人だったのでしょうね!  ほんと、情熱的ですね〜!

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/01 15:19 がんさん、こんにちは!
奈良に住まれて2年半?・・とは驚きます。京都、奈良の案内人と思っていたのですから・・・
私はがんさんに教わって知ったところが多いです。新しいところを開拓しないで いつも決まったところを往復していましたが、ほんとつい最近あちこち廻ってみたいと思うようになりました。
でも、疲れやすいのでゆっくりカメさんですが・・・

>額田王は当然大海人皇子を愛していたでしょうね。
きっとそうなのでしょうね。
額田王は がんさんの想像力ではどんな女性だったと思われますか?
「紫がにおうたつ人」・・・とは?気高い美しさがある人でしょうが 素敵でしょうね!

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/01 15:24 湖のほとりさん、こんにちは!
額田王のこと想像してみますが、賢くて美しくて気高くて・・・・
そのひとつでもあれば・・・と、思います。
ハリウッド映画のような スケールの大きいロマンムービーができそうですよね。

toshiko56toshiko56 2006/11/01 20:29 ikoさん、こんばんは〜
うわ〜素敵な写真、のどかで見ていても気持ちがいいです。
大和三山素敵です〜耳成山の写真、素敵な雲ですね〜中々こんなに素敵なチャンスめぐってこない〜見入ってます。
コスモスも綺麗〜ikoさんの顔までピンクで染まっていることでしょう〜有難うございます。

けいけい 2006/11/01 21:38 雄大な景色ですね。
ikomanokazeさん、こんなに綺麗な雄大な景色が、奈良にあることを知りませんでした。
それに歴史ロマンが、感じられて凄いです。
また、色々教えてくださいね。(^o^)

rarakuraraku 2006/11/02 10:03 今日は、「大和三山のなぞ・・・藤原京跡から眺める」奥行きが深いですね。さっと見ても色んなことが含まれており、次から次へと謎が湧いてきて勉強になりました。
額田大王の歌と大海人皇子の歌の解釈だけでもイロイロな説があるようで、纏めるとダヴィンチコード以上の面白さになりそうですね。
万葉集、恥ずかしながら20巻4500首もある歌集とは全く知りませんでした。多分、学校で必須科目逃れをしていたせいでしょう。

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/02 17:54 はなさん、こんにちは!
大和三山で恋物語を想像して不思議な気持ちになりました。古の人も情熱的なのですね。コスモスがいっそうロマンをかきたてていました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/02 17:57 けいさん、こんにちは!
コスモス以外に何もないのでいっそう雄大に感じますね。何もない野原に三角形を結ぶ三つの山。古の人は想像力が豊かだと思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/02 18:06 rarakuさん、こんにちは!
藤原京跡に立って大和三山を眺めながら壮大なロマンを創作してみたらすばらしいでしょうね。
ほんとうにダヴィンチコードのような歴史ロマンができるのでは?と思います。私も万葉集のことあまり知らないのです。「つくばね」の恋歌をいくつか見て、なんと美しい表現なのだろうと感心しました。現代の表現はストレートなので想像力で遊べませんね(?)
万葉集は20巻4500首もあるのですか?すごい数ですね。驚きました。

かおるかおる 2006/11/03 00:42 ほんと素敵な所ですね。
天香具山ってこんな山なんだ!って思いました。
…っていうか、ちゃんと実在する山なんですね^^;
ikomanokazeさんの記事はホント勉強になるなぁ。。

ikomanokazeikomanokaze 2006/11/03 19:40 かおるさん、こんばんは!
のどかで広々としたところに ぽつねんと立っていると、不思議な気持ちになりました。
「今、私はどこに?」・・・と、
古の人は山に人格みたいなものを当てはめて考えたのでしょうか? ただ当てはめただけにしては良くできすぎていると思いました。

2006-10-25 つくば日記・・・その12

ikomanokaze2006-10-25

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |


HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 茨木県の焼き物の町笠間にある笠間工芸の丘」  茨木県の焼き物の町笠間にある「笠間工芸の丘」を含むブックマーク

つくばからは隣の県の栃木県益子焼きの方が近いので、益子焼きは訪問したことがあったのですが、笠間焼き は初めてです。

笠間焼きといえば、「板谷波山」の名前が有名ですが、今回人間国宝の「松井康成」の展示を観て、私の持っていた焼き物の概念が一変したような気持ちになりました。

私は焼き物に興味があったので、六古窯はじめあちこちの窯元を見学したり、展示会に足げく通った時期がありました。織部の作品も斬新ですが、織部より華やかで細かい模様がぎっしり表現された松井康成の壷や器は目をみはるほどでした。


笠間工芸の丘」からの景色(1)笠間焼きのモニュメントの穴から

f:id:ikomanokaze:20061025212223j:image



 笠間焼きのモニュメントの穴から

f:id:ikomanokaze:20061025212358j:image




モニュメント全景

f:id:ikomanokaze:20061025212503j:image

丘からみた遠くの山々

f:id:ikomanokaze:20061025212601j:image



丘から見た夕焼け

f:id:ikomanokaze:20061025212628j:image

[] ちょっと陽がさすとアキアカネがどこからでも飛んできます。  ちょっと陽がさすとアキアカネがどこからでも飛んできます。を含むブックマーク

アキアカネも今の時期精いっぱい生きているようです。

f:id:ikomanokaze:20061025214122j:image

f:id:ikomanokaze:20061025214153j:image

かたちゃんかたちゃん 2006/10/26 00:58 ikoさん、今晩は。つくばって、一杯見所があるんですね。行ってみたくなりました。
モニュメントの穴からの景色、面白いですね。青空も夕焼けも素敵です!そして、トンボさんの超アップに驚きました。お目目の所を指でグルグルしたくなりました。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2006/10/26 08:37 夕焼けがとても不思議な色ですね♪とても綺麗です。アキアカネの顔も、こんなにはっきり!初めてUPを見ました♪

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/26 08:56 かたちゃん、おはようございます。
つくばは 生活するのにはとてもいいところだと思います。奈良、京都のような華やかな歴史はないかもしれませんが、万葉集にうたわれた「つくばね」ですから、もっと歴史のほうも学びたいと思っていますが、まだ勉強不足です。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/26 09:00 湖のほとりさん、おはようございます!
おっしゃるように「夕焼け」がきれいというより、何か気になる夕焼けでした。しばらく不思議な色に
包まれているようでした。
アキアカネはほんとうに秋の色にそまってとんでいるのですね。

mi7comi7co 2006/10/26 09:29 おはようございます
自然が一杯、素晴らしい文化、一度訪ねてみたくなりました、素晴らしい夕焼けですね。

がんさんがんさん 2006/10/26 10:12 心が和む風景ですね。
私も焼き物が好きで機会があれば拝見しておりますが、松井康成氏の作品、斬新な絵付けですね。
それとも笠間焼きの伝統的な柄でしょうか?(下手なことを言うと恥をかいてしまいますが…)
アキアカネ、うちの方でも沢山飛びますが、今年はまだ見かけません。
つくばの方に一足早く秋がやって来ているのでしょうか。

toshiko56toshiko56 2006/10/26 13:03 ikoさん、こんにちは〜
筑波は素晴らしいところですね、帰り道に通るだけですがこんなにすばらしい所あるとは行ってみたくなりました。
穴から覗いた景色また、違った感じに見えたのでは〜良いですね。
アキアカネほんまにこんなに近くから見たのは初めてです、素晴らしい夕焼けでね。どの写真も素晴らしいです。ありがとう。

あまもりあまもり 2006/10/26 20:44 すごいトンボのドアップに感動。こんなにきれいにくっきりと撮られるとは素晴らしいです。マクロレンズで撮られたのですか?
>アキアカネも今の時期精いっぱい生きているようです。
この言葉にも感動しました。画像に優しさがいっぱい溢れていますよ。
モニュメントから覗いた風景。丸窓から見た借景のようでこれも素敵です。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/27 14:18 micoさん、こんにちは!
つくばの生活もなれたところで大阪に帰ってきました。
micoさんのblogで拝見した藤原京跡から大和三山を眺めてみたいと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/27 14:32 がんさん、こんにちは!
がんさんはお料理も上手ですし、盛り付けも考えておられますので、器が重要になってくるのでしょうね。
以前は窯の中で突然変異的に生ずる灰かぶりなどに惹かれたものです。ヨーロッパに保存されている有田焼きの大きな壷を海外でみたときにも焼き物にあこがれました。
松井康成氏の柄の素地は笠間焼きあると思いますが、彼ほどそれを高めていった人はいないような気がしています。しばらく追随を許さぬ世界が守られるように感じました。それほどすばらしい作品でした。
がんさんはたくさんの作品をみてきておられますので。また焼き物についての感想を聞きたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/27 14:39 はなさん、こんにちは!
はなさんは つくばに近いのですね。日光に行かれたときも通られたのですか?
はなさんの絵に「筑波山」がありましたものね。
つくばで ひょっこり なんてことがあったらいいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/27 15:04 あまもりさん、こんにちは!
マクロレンズをもっていないので、普通のレンズで撮りました。こうやってよく見ると、トンボにも気持ちがあるように感じてきます(笑)
関東平野は広いせいか、つくばが田舎だからなのかのんびりします。
あまもりさんの「難波橋」のライオンには驚きました。帰阪しましたので、早速ライオンに会ってきます。

小池直行小池直行 2006/10/28 21:49 確かに斬新な焼き物ですが、やはり本物を見ないとその存在感は判りません、いつか機会があったら見てみたいものです

庭花庭花 2006/10/29 09:18 お帰りなさい。
夕焼けで、雲が非常に赤く映っています。美しい空ですね。アキアカネが沢山飛んでいるようです。いい時間を過ごされましたね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/29 19:19 小池さん、こんばんは!
松井康成氏の本物を見られたら その存在感の大きさに驚かれると思いますよ。是非是非一度みてください。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/29 19:26 庭花さん、ただいま!です。
ほんとうに いい時期にいい時間を過ごせました。
「ホトトギス」の花は見れば見るほど 不思議な花ですよね。不如帰のお腹のところの模様とにているのでしょうか?比べてみたいいです。

彦左彦左 2006/10/30 21:06 ひめぼたるさん、つくば日記が続きますね。そして素晴らしい写真の数々をありがとう。今日は夕焼けと赤とんぼ・・・童謡が思い出されます。夕焼けもこれが本物の写真だと教えられました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/31 16:32 彦左さん、こんにちは!
時期的にも暑くもなく寒くもなく 散歩するのに適していたので、今回はつくばを楽しむことができました。感動多い日々でした。

2006-10-24 つくば日記・・・・その12

ikomanokaze2006-10-24

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] つくば市の鳥は「ふくろう」だそうです。  つくば市の鳥は「ふくろう」だそうです。を含むブックマーク

中央公園にはふくろうの彫刻の募集があって、入賞者のふくろうの彫刻が点在していました。

ふくろうは、昔から森の守り神として大切にされてきたそうです。

それに、今では不苦労とか福籠(福がこもる)といわれて縁起がいい鳥といわれ、いろんなマスコット、置物があります。

f:id:ikomanokaze:20061024125905j:image

ふくろうの写真を撮るのは難しいでしょうが、家のすぐ前の森に住む雉の写真はいつか撮りたいと思っています。

[] つくば公園のとりたち  つくばの公園のとりたちを含むブックマーク

つくば公園は池があり、葦が茂っているので 葦の中に巣がたくさんありそうです。

f:id:ikomanokaze:20061024130415j:image

望遠レンズがあれば 鳥たちの様子が撮れるのでしょうが・・・

あちこちの茂みの中から 鳥が見えました。

f:id:ikomanokaze:20061024130656j:image

何を思ったのか?私のほうへ一直線に・・・・

f:id:ikomanokaze:20061024130848j:image

この鳥は? あひる?それとも何の鳥でしょう?

池の周りを歩き廻っているときはあひると思ったのですが、色がなんとも・・・

f:id:ikomanokaze:20061024130921j:image

セキレイが大きな口をあけて鳴いています。

f:id:ikomanokaze:20061024131238j:image

鴨の目の優しそうなこと・・・こちらまで優しい気持ちになりますね。

f:id:ikomanokaze:20061024130949j:image

白鳥の赤ちゃん?・・・・鳥の名前がわからなくて、少し勉強します。

f:id:ikomanokaze:20061024131054j:image


f:id:ikomanokaze:20061024131506j:image

f:id:ikomanokaze:20061024131534j:image

f:id:ikomanokaze:20061024131620j:image

葦の向うには鳥たちの住処がいっぱいありました。

がんさんがんさん 2006/10/24 14:14 野鳥も沢山見られるんですね。
水辺は気持ちが落ち着きますね。
赤い顔の水鳥(↑)、「バリケン」ではないでしょうか…。

toshikotoshiko 2006/10/24 14:31 鳥たちの表情がとても可愛いですね〜口お開けているセキレイ、あくびをしてるのかと(^_-)-☆
何とも絵の具でも塗られたアヒル?違いますね、何て鳥でしょうか?
鳥を見ているとあきませんね〜草紅葉と言いますか綺麗に紅葉していて写真の撮り方がまた、一段とさえてきて素晴らしいです。

彦左彦左 2006/10/24 15:17 ひめぼたるさん、フクロウの謂われ面白いですね。初めて知りました。フクロウって見たことがなかったのですが、この前神戸花鳥園で沢山のフクロウを見ました。上から4枚目の鳥はバリケンじゃないでしょうか?。

庭花庭花 2006/10/24 17:07 つくば市の鳥は「ふくろう」ですか!
>不苦労とか福籠(福がこもる)・・・なるほど、縁起のいい鳥ですね。
上手に野鳥の写真を撮っていらっしゃいます。僕よりも上手です。これで野鳥の写真家の仲間入りですね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/24 17:08 がんさん、こんにちは!
野鳥もたくさん見られるのですが、私が鳥のことあまり知らないことと、望遠カメラがないので撮るのが難しいですね。
「バリケン」ですか?ありがとうございました。
「バリケン」って調べてみました。
「家禽化され、食用として飼育されていたものが逃げ出し、野生化したもの。」とありました。鴨の仲間なのですね。たくさんいました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/24 17:24 はなさん、こんにちは!
今まで 鳥のことを知らずきました。カメラで撮るのがむずかしいこともあって、ついつい・・・
でもつくばにきて いろんな鳥がいるので 鳥のことをもっと知りたくなりました。レンズも欲しくなりました。 鳥をみていると心が和みますね。
口に絵の具を塗ったような鳥は「バリケン」ですって・・・・名前もすごいですよね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/24 17:27 彦左さん、こんにちは!
「神戸花鳥園」へいかれたのですか? みなさんのお話を聞いて一度覗いてみたいと思っています。
「ふくろう」は何度かみたことがありますが、一度写真を撮ってみたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/24 17:33 庭花さん、こんにちは!
「野鳥の写真家の仲間入り」はまだまだ無理ですね。庭花さんのところで見た雉の姿が忘れられません。庭花さんの影響を受けて鳥に興味を待ち始めましたが、写真を撮るには知識もレンズもなくて・・・でも、鳥をみるだけで こころが弾みます。

かたちゃんかたちゃん 2006/10/24 18:18 ikoさん、ご無沙汰しております。久し振りに覗かせて頂いたら、もう一杯更新されていてびっくりしました。つくばでも楽しんでいらっしゃるようで安心致しました。何から書いたら良いのか分かりませんが、まず、鳥の写真素敵ですねえ。本当に上手く撮影されてますよね。鳥はお花と違って動くから難しいんですよね。根気良く撮影されたんでしょうね。公園にあんなに野鳥が一杯なんて楽しいでしょうね。
それから、キノコ、もう可愛い!ikoさんは以前から素敵な詩を書かれたりしてメルヘンを感じさせる方でしたが、本当に童話の世界に引き込まれたような気がしました。つくばって、とっても素敵な所ですね。これからもikoさんらしく楽しんで下さいね。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2006/10/24 21:07 コメントありがとうございました。ここにコメントを書いていいのかしら・・?間違っていたらごめんなさい♪野鳥の写真、とても綺麗ですね。私も何度か一眼レフ・・、という文字が頭をよぎっていますが、コンパクトデジカメで、頑張っています。どうぞこれからもよろしくお願いします♪

のらしろのらしろ 2006/10/24 22:21 つくばの鳥 ふくろう すばしっこく勇敢で、
福が来る。
自然の中でのびのびと野鳥が育って欲しいですね。
大阪府の鳥はモズですね。
いつも最高のアングルとチャンスで有難うございます。

かりんかりん 2006/10/25 15:54 ひめぼたるさん(o^-’)oこんにちは〜お久しぶりです。直ぐに訪問が出来なくてご免なさい。
↓ キノコのアップ美味しそう^^
白鳥のヒナじゃないような気がします。。サギもいるんですね。バリケンもその下の写真も野鳥専門のブログさんたちにはきっと喜ばれる写真でしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/25 19:39 かたちゃん、こんばんは!
相変わらず、精力的に奈良と京都を廻っておられますね。美術館めぐりもされていて うらやましいです。正倉院展も始まり、奈良・京都の美術館も賑わってまさに芸術の秋ですね。
つくばは自然が豊かなところです。子守りの合い間に写真を撮って楽しんでいますが、なかなか時間がつくれなくて・・・・
歳ですねぇ〜!夜は疲れてくたくたです・

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/25 19:46 湖のほとりから さん、こんばんは!
いつも素敵な画像を拝見していました。
えっ! 今までの写真は「コンパクトデジカメ」で撮られていたのですか? わたしはてっきり「すごいカメラ(?)」って思っていました。
私もカメラのせいにしたら駄目ですね!
鳥は難しいと思って手が出ませんでした。
どうぞ これからもよろしくお願いします。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/25 20:04 のらしろさん、こんばんは!
「手作りの木の動物」の展示会、お疲れ様でした。
素敵な動物さんにみなさんが喜ばれたことでしょうね。11月は是非でかけたいと思っています。楽しみです。
大阪の鳥「もず」は昨年まで生駒の麓でもよく見かけましたが、今年になって森や林がなくなってみかけなくなり寂しいです。
色々な鳥の鳴き真似が上手なので「百舌」だそうですが、よく聞いてみたいですね。かわいい鳥ですよね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/25 20:10 かりんちゃん、こんばんは!
北海道の紅葉すばらしいですね。雄大な自然の紅葉はさすが北海道ですね。
「白鳥の子供」ではなく やはり「あひる」でしょうね。いろんな鳥がいるのですが、名前がわからなくて・・・・・
かりんちゃん、また鳥のこと教えてくださいね。
かりんちゃんところは 白鳥がいっぱいですね。

あまもりあまもり 2006/10/25 21:16 わぁびっくり、ほとんど毎日更新されていたんだ。
つくばの自然は素晴らしいですね。まだつくばにいらっしゃるのですか?
上から4番目の鳥はバリケンですね。でもこんなカラフルな色をしたバリケンを見たのは(と言ってもネットだけでですが)、初めてです。
微笑ましいふくろうの置物から始まって沢山の野鳥、つくばの森は自然に優しい。
こちらでも冬の渡りカモがやってきましたよ。これからは寂しい川が賑やかになりそうです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/26 09:01 あまもりさん、おはようございます!
あまもりさんの「大阪探検」はすばらしいですね。
いつも興味深く拝見しています。驚きがいっぱいですね。

2006-10-23 つくば日記・・・その11

ikomanokaze2006-10-23

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 公園でみつけた秋の宝物  公園でみつけた秋の宝物を含むブックマーク

つくばは「芝」の生産地だそうです。郊外の田んぼに植えられた芝がサッカー場がゴルフ場のように緑がつやつやしています。

公園の芝で御伽噺に登場するようなきのこをみつけました。

f:id:ikomanokaze:20061023151153j:image




こんなキノコがずらっと並んでいました。

思わず 小人さんを捜したくなりました。

f:id:ikomanokaze:20061023151230j:image


f:id:ikomanokaze:20061023151300j:image

f:id:ikomanokaze:20061023151433j:image




f:id:ikomanokaze:20061023151337j:image

f:id:ikomanokaze:20061023151625j:image



f:id:ikomanokaze:20061023151719j:image

[]真っ赤なからすうりがいっぱいでした。 真っ赤なからすうりがいっぱいでした。を含むブックマーク

からすうりで大きなリースができました。

f:id:ikomanokaze:20061023153217j:image

くぬぎの帽子はどうしてこんなに洒落ているのでしょうね。

かぶってみたくなりますね。

f:id:ikomanokaze:20061023154236j:image

ほうずきさんはレースのベールをつけていました。

f:id:ikomanokaze:20061023154258j:image

f:id:ikomanokaze:20061023154407j:image

mi7comi7co 2006/10/23 16:00 こんにちは
きのこに木の実、秋を満喫できました、
綺麗なきのこ小人さんを探したくなりますね〜
自然が一杯の環境素敵ですね。

彦左彦左 2006/10/23 16:41 ひめぼたるさん、筑波が芝の生産地って初めて知りました。家の庭も芝生を植えていて刈り込むに苦労しています。こっち側をやっと刈ってやれやれと思ってると反対側はボウボウ。ゴルフにもよく行くので芝生の美しさは分かるのですが手入れが大変です。芝生の間にキノコも沢山出来ていますね。まだいいですよ。私のところは雑草がよく生えます。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/24 11:23 micoさん、おはようございます!
雨上がりの森もロマンチックです。生駒山も雨上がりは素敵でした。そんな風景を眺めていると心が満たされます。
micoさんはお花が大好きですから、ここにこられたら毎日歩くのが楽しくなると思いますよ。
私は運動不足が少し解消されたかな?・・・と思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/24 11:28 彦左さん、おはようございます!
つくばが芝の産地だということを私も知りませんでした。孫の幼稚園の運動会に行ったとき、幼稚園のまわりが緑の運動場がいっぱいで驚いたのです。
「このグランドは何をするところ?」と聞いたら 芝を育てているところと教わりました。
娘の庭の芝も朝田んぼからとってきて植えるものですから 水遣りをしなくても根付くのです。
でも彦左さんのお話から「芝刈り」が大変とわかって、これからが思いやられそうです。
なんでも眺めているだけにはいいのですが、世話は大変ですね・・・・・

2006-10-22 つくば日記・・・・その10

ikomanokaze2006-10-22

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] つくばは緑の公園に囲まれた町です。  つくばは緑の公園に囲まれた町です。を含むブックマーク

つくばセンターからつくばエキスポセンター>

ロケットがみえます。

つくばセンターつくばエキスプレスの始発駅です。バスターミナルもあり「つくば」の玄関です。

その玄関のすぐ近くに「中央公園」があり、北に行くと「松見公園」につながります。

南にいくとつくば国際会議場があり、会議場を周りに公園があります。さらに南にいくと、二ノ宮公園、洞峰公園があります。

とくにすばらしいのは下の画像のような木のトンネル公園をつないでいて、自転車と歩行者専用の道路が交差点を通らないで続いているところです。

f:id:ikomanokaze:20061022221629j:image

木のトンネル公園をつないでいます。

f:id:ikomanokaze:20061022223546j:image

ほとんどの公園には池があり、野鳥がいます。木々が茂って森のようです。

f:id:ikomanokaze:20061022224910j:image

f:id:ikomanokaze:20061022225219j:image


f:id:ikomanokaze:20061022225312j:image

[]つくの道路は広くて街路樹が美しいです。 つくの道路は広くて街路樹が美しいです。を含むブックマーク

モミジバフーの並木道路、ケヤキとシラカバ並木の道路、トウカエデの並木道路、ユリノキ並木道路、イチョウ並木の道路など

車で通っても気持ちがいいです。

私はケヤキの並木の自転車道路を通るのが大好きです。人口が少ないせいかしら とてもゆったりのんびりした感じの町です。

f:id:ikomanokaze:20061022230516j:image

f:id:ikomanokaze:20061022230201j:image

庭花庭花 2006/10/23 05:38 広くて美しい公園ですね。見とれてしまいます。公園内の池も整備されていて、水鳥が気持ち良さそうに泳いでいます。このような公園が近くにあれば、僕はほかに何も要りません。毎日、この公園に通うと思います(笑)。

がんさんがんさん 2006/10/23 09:16 空も青くて、綺麗に紅葉してますね。
空気も良さそうです。
こちらの紅葉はもう少し先でしょうか。
つくばには行ったことが無いのですが、拝見したところ、自然が一杯で住むには良い場所と感じました。

mi7comi7co 2006/10/23 11:17 御無沙汰してました〜
つくばは素晴らしい環境ですね、
一度訪ねてみたいです。

彦左彦左 2006/10/23 14:54 ひめぼたるさん、筑波は是非一度行きたいところですが、未だに実現できてません。公園も素敵ならば森も素敵ですね。すでに紅葉も始まってるようです非常に綺麗な写真を見せて頂きました。

toshikotoshiko 2006/10/23 15:15 ikoさん、お帰りなさい〜
ちょっと遅れてますね〜いつの間にか載せてある〜
本当に筑波学園都市はすばらしいところですね、緑が多く住みごこちがよさそう\(^o^)/
こちらに住みたくなるのでは?
もうこんなに紅葉してるのですね、私が筑波を通るもみじの街路樹はまだ紅葉には早いようでした。
綺麗な写真ありがとう\(^o^)/

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/23 16:18 庭花さん、こんにちは!
つくばには 美しい公園がたくさんあり、すぐ近くの公園は家の庭のように感じて いつも出かけています。 池には葦がたくさん生えていて、水鳥の巣があります。
家のすぐ前の森に雉がすんでいるそうです。庭花さんの写真を思い出して 私も撮りたいと覗いてみますが まだ会えないでいます。いつか雉の写真を撮りたいものです。朝霧がでるとあたりが神秘的な風景に見えます。大好きな町です。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/23 16:23 がんさん、こんにちは!
つくばは 自然がたくさん残っていて空気もよく 人ものんびりしていて 住みやすく感じています。
京都・奈良も大好きですが、つくばは京都・奈良とは違ったよさがあります。田舎のようで 都会の機能も備わっているところでしょうか?
がんさんのところから京都と奈良を感じています。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/23 16:25 micoさん こんにちは!
micoさんは奈良に出かけられたのですね。素敵な風景に感慨ひとしおでした。
つくばは micoさんもきっと気に入られる町だと思います。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/23 16:30 彦左さん、こんにちは!
孫たちのお守りは楽しいですがたいへんですね。彦左さんはいつもお孫さんと上手に遊んでおられますね。感心しながら拝見しています。
彦左さんのつくばへの関心は研究所でしょうか?ここはたくさんの研究所と政府の機関があり、外国人もたくさん住んでいる町ですね。外国人がとても大切にされている町だそうです。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/23 16:33 はなさん、こんにちは!
お久しぶりです。はなさんところからつくばは近いのですね。よくつくばを通られるのですか?
つくばでお会いできたら楽しいでしょうね。私は車の運転ができないので はなさんの運転でドライブしてみたいです。行きたいところがたくさんありますが、まだ行けないでいます。ぼちぼち探検してみようと思っています。

2006-10-20 つくば日記・・・その9

ikomanokaze2006-10-20

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 筑波神社  筑波神社。を含むブックマーク

万葉集

「妹が門いや遠そきぬ筑波山も恋歌です。

筑波山は男体山・女体山の双峰からなる山ということで、男女が歌をやりとりし互いの相手を見つける集いの「歌垣」の場になっているそうです。

恋歌が多いのも想像できます。

筑波山神社は男体山頂に筑波男大神(いざなぎのみこと)を、女体山頂に筑波女大神(いざなみのみこと)を祀る本殿が建てられており、筑波山は山岳信仰の対象とされてきたそうです。昨年に開通したつくばエキスプレスの効果もあって参拝客が多くなったとか・・・。 

f:id:ikomanokaze:20061020225719j:image

f:id:ikomanokaze:20061020225759j:image


f:id:ikomanokaze:20061020225823j:image

随神門

f:id:ikomanokaze:20061020225857j:image

筑波山神社からみた風景

[]筑波山の麓の風景 筑波山の麓の風景を含むブックマーク

この木何の木?  

やつでの花のような白い花があちこちの畑一面に咲いていました。

たずねてみると「うどの花」ということでした。あの「うどの大木のうどですか?」と問うと、

そうだ、という返答でした。白いうどは見たことがありますが、花は初めてみました。

よくみると なかなか面白い花です。

うど元は山菜として、江戸時代以降は畑で栽培されるようになったもので、日本原産の植物だそうです。

f:id:ikomanokaze:20061020231131j:image

f:id:ikomanokaze:20061020230852j:image

ゴマが干してありました

そういえば、このごろゴマのうえてあるところが少なくなったような気がします。手間がかかるからでしょうか?

f:id:ikomanokaze:20061020230924j:image

wakawaka 2006/10/21 15:11 ikoさんこんにちは、
つくばを旅行なされた様ですね、
ゴマはこの近くでも栽培していますので、同様な風景は目にします、
不思議に思うのは、うど、です、
うどは春の植物と思いますが、今時こんなに花盛り、別のうどかな?
秋は食欲が増します、きのこが美味しそうですね、
良く食べて、夜長の秋に良く寝て体力増進勤めましょう。

rarakuraraku 2006/10/21 21:42 今晩は、しばらくぶりですがお元気のようで何よりです。
筑波でしたか、山頂からは関東平野が一望のようですね、綺麗に撮れています。
江戸からは筑波の山がよく見えたようで広重の浮世絵に沢山描かれています。
『筑波山は男女が歌をやりとりし互いの相手を見つける集いの「歌垣」の場になっているそうです。』
これは、現在の合コンでしょうか。そういえば、いざなぎのみこと、いざなみのみことの出会いがその始まりだったんだなと納得。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/22 23:14 wakaさん、お久しぶりです。
私は今、つくばにきています。孫たちの子守をしながら暮らしていいます。うどはもっと大きくなったら土にうめるのだそうです。春には白いウドが食べられるのでしょうね。
wakaさんの近くでもゴマが栽培されているのですね。大阪近辺では見かけなくなりました。
wakaさんはお元気なご様子ですね。私はやっと元気になりました。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/22 23:19 rarakuさん、ご無沙汰しています。
なんだかとてもお久しぶりのような気がします。
筑波山は男体山と女体山が仲良く並んでいるので、恋歌がたくさん読まれているのでしょうね。でも女体山がちょっとだけ高いので、女性上位の地だった可能性もあるといわれていますがどうなのでしょうね。ちょっと妻が強いほうが家庭はうまくいくともいいますので「家内安泰」の地だったのでしょうか?

彦左彦左 2006/10/23 14:51 ひめぼたるさん、ご無沙汰お許し下さい。
[つくば] 筑波神社ってすごく綺麗な神社で大きい神社ですね。ゴマを干している風景もゴマの木ってこんなに大きいのかと初めて知りました。

2006-10-19 つくば日記 ・・・その8

ikomanokaze2006-10-19

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |




HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 筑波山にのぼる  筑波山にのぼる。を含むブックマーク

万葉集

つくばねの 峰より落つる 男女川

         恋ぞ積りて 淵となりぬる」の歌と

男体山・女体山の双峰からなる山ということ・・・・しかも「女体山」がちょっとだけ高い!

なんだか またまた「なぞなぞの旅」に逆戻りしそうになります。

男体山・女体山がとても仲良く並んでいる姿はいいものです。

筑波山はそれほど高い山ではありません。

西側に位置する男体山は標高871m、東側に位置する女体山は標高877mです。

日本百名山の一つに挙げられている名峰ですが、百名山のなかでは最も標高が低いそうです。

しかし 黒い大地の開けた平野が続くので、いろんなところからみることができます。

この黒い大地も肥沃な土地のイメージで気に入っています。

f:id:ikomanokaze:20061017143559j:image


f:id:ikomanokaze:20061017143805j:image


f:id:ikomanokaze:20061017143845j:image



f:id:ikomanokaze:20061019120817j:image

papahaponpapahapon 2006/10/19 16:01 昔、東京⇔東海村の途中でよく筑波山を眺めていました。
一回だけ登ったこともありますよ。
当時「筑波鉄道」というのが昼間だけ走っていましたが、夜中の絶対電車が来ない時間に「踏切一時停止違反」で捕まり、大変悔しかった記憶もあります〜(p・Д・;)

kei249synyankei249synyan 2006/10/19 21:20 ikoちゃん、お久しぶりです。筑波へ行かれたのね。お孫さんと楽しい日を過ごされた事でしょう。
男体山は22年前に日光から帰りにタクシーの中から見ました。懐かしいです。この歌も恋歌ですね、
恋情が積もり積もって深くたまっている心情を詠ったもののようです。万葉集の勉強も楽しいです。

のらしろのらしろ 2006/10/20 01:28 秋の収穫が終えて一抹の寂しさが有りますが、万葉の人々は朝な夕なに自然と向き合いこれからの晩秋を迎え旅情や都人との事を慮り歌詞を楽しんだ事でしょうね。よい季節晴天に恵まれて、最高の旅になりましたね、筑波山ありがとう〜

あまもりあまもり 2006/10/20 11:34 しばらくいらっしゃらないと思ってたら旅に出てはったんですね。
筑波山とコスモスいいですねぇ(^o^)
下から見あげるだけじゃなく登ったんですね。登ってもなおかつ女体山の方がなぜ高いか解明できなかったと。これはまた筑波まで出かけなければ(笑)

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/20 22:15 papahaponさん、こんばんは!
ご無沙汰しております。10月に入って「つくば」に手伝いできています。孫たちのお守りとつくば探検でパソコンなしの生活です。TVも観ないので外国で暮らしているような気分です。
つくばは緑の多い公園の中にある町で自然もたくさん残っています。とんぼやザリガニとり、どんぐりや栗ひろい、童心にかえって興じています。
papahapnさんの悔しい思い出、よくわかります。まさに悔し〜い!話ですよね。警察が捕まえるのは 安全なところで捕まえるのですから・・・・

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/20 22:22 keiちゃん、こんばんは! ご無沙汰しています。
古事記の男体山のいざなぎのみこと、女体山のいざなみのみことのお話も万葉集も二つの山が並んでいるところから生まれたんでしょうね。古人はロマンチックな気持ちを大切にしていたのでしょうか?
keiちゃんから万葉集のお話を聞くと楽しいでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/20 22:32 のらしろさん、こんばんは!
関東平野は広いですね。キャベツ畑、そば畑、うどの畑が続いているのを眺めるとほっと気持ちが和みます。自転車で自然の中を走っていると 歳を忘れて気持ちがわかやぎます。

ikomanokazeikomanokaze 2006/10/20 22:40 あまもりさん、こんばんは!
ご無沙汰しています。文明から離れた(?)生活をしています。すぐ近くに雉が住んでいる森があります。真っ赤なカラスウリがいっぱいです。どんぐりもいっぱいです。広い公園がいっぱいです。
暑くもなく寒くもない気候ですので、自然の中を歩き回っています。