Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2007-06-30 茶臼山散歩(2)・・・堀越神社

ikomanokaze2007-06-30

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 一生に一度の願いをきいてくださる神さん「堀越神社  一生に一度の願いをきいてくださる神さん「堀越神社」を含むブックマーク

茶臼山近くにある堀越神社は 「推古天皇の時代、聖徳太子が、叔父の崇峻天皇を偲んで、四天王寺建立と同時に創建」とありました。このあたりは四天王寺さんを中心にお寺が多いところです。聖徳太子ゆかりのお寺が多いのは 四天王寺建立時にできたお寺が多いからでしょうね。

大阪の三大夏祭りのひとつとして有名な愛染祭が今日(6月30日)から3日間あります。この愛染祭のある愛染堂・勝鬘院も聖徳太子ゆかりのお寺です。

堀越神社は昔、境内の南沿いに堀があり、この堀を越えて参詣したので、堀越神社という名が付けられたそうです。谷町筋に面して小さな階段があり、その階段を上っていくと堀越神社の鳥居と狛犬と由緒書きがありました。

f:id:ikomanokaze:20070630160734j:image


堀越神社は「一生に一度の願いをきいてくださる神さん」の言い伝えがあると記されていました。私は願い事はいろいろあります。その時々で願い事は変わります。

だから「一生に一度の願い」と自分に問うとき 迷いました。

そして 今の私に「一生に一度の願い」は 痴ほうが進んでいる母のことでした。母の日々が心安らかでありますように!と・・・・・

堀越神社は小さい境内に木が茂りたくさんの花が植えられ、ころばないお守り「こけざるの梅」と「かえる石」と「樹齢550年のご神木」楠と「稲荷神社」と「熊野第一王子之宮」と盛りだくさんの神社でした。

熊野第一王子之宮」は「蟻の熊野詣」といわれるほどに賑わった熊野詣の出発点だったそうです。熊野権現の分霊を祀った九十九の王子社の巡拝しながらたどってくそうです。

f:id:ikomanokaze:20070630160942j:image

f:id:ikomanokaze:20070630161011j:image

かえる石

f:id:ikomanokaze:20070630161115j:image

f:id:ikomanokaze:20070630161235j:imagef:id:ikomanokaze:20070630161259j:image

f:id:ikomanokaze:20070630161431j:image

茶臼山にある慶沢園です。。

 下の画像をクリックしてください 

 天王寺公園・慶沢園 もみてください。

慶沢園の設計・施工を担当したのは当時の高名な庭師であった「植治」こと小川治兵衛だそうです。治兵衛は山県有朋の無隣庵を手掛けて以来、京都を中心に活躍し、日本の近代造園に大きな足跡を残した造園家です。

住友家がこの地に移った際、約10年をかけて本邸(茶臼山邸)とともに造営した庭だそうです。

林泉式回遊庭園で、中島を浮かべた大池を中心に、三方に築山を築き変化に富んだ地形でぐるりと散歩するととても町の中とは思えない静けさです。鷺などの鳥もいて河底池とともにこのあたりの自然を残しているところです。池の周辺には園路や飛石、橋をめぐらせ、茶室や四阿・あずまや・が配されています。

micomico 2007/06/30 20:47 いろいろ勉強になりました、
お恥ずかしいですが愛染祭りといえば
宝恵駕籠しか知りません(苦笑
天王寺の慶沢園一度だけ訪れました、
大阪市内とは思えない静けさですね。

たそがれたそがれ 2007/06/30 22:20  崇峻天皇さんと云えばなにか怖ーい天子様みたいに効いていますが…でも、一生の頼み…聞いて下さるって、思ったよりやさしい神様ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/30 22:22 micoさん、こんばんは!
今日は愛染さんのお祭りで「宝恵駕籠」が天王寺の駅から出発すると聞きました。
私はまだみたことがありません。人ごみが苦手でついつい足が鈍ります。
でも夕陽丘近辺のお寺めぐりをしてみたいと思っています。また教えてくださいね。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/30 23:00 ikoさん、今晩は。
一生に一度の願いを聞いて下さる神様ですか。私だったら、何をお願いするだろうかとちょっと考えてみました。やっぱり、自分の事ではなく、家族の事だと思います。
愛染祭は残念ながら、拝見した事がありません。とにかく、父がお祭とかが大嫌いな人で、人ごみに行く事を許してくれませんでしたので。今は、その反動で、いろんなお祭を見に行ってますが。
慶沢園は、以前、大阪市立美術館に行った時に寄りましたが、とても静かな落ち着いた庭園で、ちょっとびっくりしました。
いつも詳しい歴史のお話をありがとうございます。

papahaponpapahapon 2007/06/30 23:24 ご無沙汰してます。
お元気で取材活動のご様子安心しました。
私は、ドロボーに入られそうになって、幸いガラスを割られただけでしたが、気持ちだけでも防犯強化の工事
などしております。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/01 00:24 たそがれさん、こんばんは!
たそがれさんが「一生に一度の願い」をするとしたら何をお願いされますか?
私は お願いしたいことはたくさんあるのですが、ひとつに絞るとなると とても困ります。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/01 00:27 かたちゃん、こんばんは!
かたちゃんのブログの記事のように 京都や奈良は文化を大切に保存していますよね。
大阪はどうして 大切にしてこなかったのでしょうね。散歩していても寂しく感じることが多いです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/01 00:31 papahponさん、こんばんは!
ほんと お久しぶりですね。ドロボーさんに入られそうになったんですか? この頃は日本中安全とはいえませんね。 
papahaponさんは大工仕事も機械作業も得意分野ですのでドロボーさんに負けないやり方を工夫してくださいね。
さっそく防犯強化の工事にとりかかられたのですね。ドロボーさんはpapahaponのことを知らないのですよね、今度とっ捕まえてやりましょうね。

のらしろのらしろ 2007/07/01 07:20 あずまやに 一人佇み 願い込め

霊験あらたか御神木 祠にミーさん(白蛇)おわします。
谷町筋は楠が多くしめ縄を祭りその昔はお神酒を捧げて、崇め奉った物です。
道路のど真ん中に聳えるご神木も有ります。
大阪は住友さんで近代商都が育ったようなものですね。
茶臼山古今眺めて何思う。

歌う カエル歌う カエル 2007/07/01 11:02 拝啓 ご無沙汰致しております。
堀越神社へ 行かれた様ですね。
ほんで(ところで)・・道路の東側へは行かれましたか??

聖徳太子縁の「四天王寺」や北の政所縁の「一心寺」へのお参りの時、特に真夏のお盆は、東側は商店街ですので、屋根があって 暑いのがチョットまし。
しかも、珍しい店が多い。
以前、今東光先生の小説「こつまなんきん」を探しに、野菜の店へ・・こつまなんきん(木津川 沿岸の昔の名産・木積南京・・小さくて味が抜群・・(大阪のご婦人方 ミタイ)と、東光先生が 小説に書き、映画では たしか・・山田五十鈴の娘さん・・あ、嵯峨美智子さんが演じた役どころ・・でしたが・
ボクちゃんは 一応・男ですが、芋タコ南京が好きで・・カボチャを探しに行ったのですが・・
見当たらず・その代わり 天王寺カブラを売っていました。
最近は 地下鉄 西田辺付近の昔の名産・田辺ダイコンを見かけたと、人伝えに聞きましたが・・
 天王寺の近鉄デパートの デパチカに、回転焼き(ドラ焼き)の「御座候」も、ダイスキ人間でして、沢山買って帰り、冷凍して、時々 チンして
夜中に食べて 虫歯になりましたが、・・
今も ビョ〜キ(糖尿病)を気にしながらも、Drに内緒で・・その・あの・チョット・・。
本真・(ホンマに) 天王寺界隈は 吉(ええ)所(とこ)ですね!
日下から 本町経由? 時間がかかったでしょうね!?
あべのルシアスに、串かつ食べ放題の店、
廻る寿司の「御崎港」もダイスキな場所です。
イッペン(一度)是非 どうぞ!

庭花庭花 2007/07/01 18:40 「一生に一度の願い」を聞いてあげる、と言われれば、僕もやはり、身体の弱い母の事を考えます。自分の事はどうでもいいのです。
「どうか、元気で健康に生活が出来ます様に・・・」この願いしか考えが浮かびません・・・
たぶん幼い子供さんがいる家庭では、お子さんの願いになるのでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/01 19:24 のらしろさん、こんにちは!
堀越神社にお参りしたときは 他に参拝者がおられなくて それほど広くない境内がすぐ隣の通りの騒音と隔絶されて 静かな森の中で佇んでいるような感じになりました。
ご神木の楠の腐ったところにセメントを詰め込まれ、大手術を施された枝からは新芽が出ていました。
谷町筋を大切に守りたいですね。大阪の原点だいう気がしますね。
いろんなことを思いながら谷町筋を北へ歩きました。発見がいっぱいありました。
谷町筋は宝の道ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/01 19:43 歌うカエルさん、こんばんは!
谷町筋の向かい側のとおりも路地も歩いてみました。写真をたくさん撮りました。時々映画のセットの中を歩いているような気持ちになりました。もう一度歩いてみたいところがありました。
昔はここでお墓にお供えするお花を買いました。線香なども売っています。種ものやさんがあったのも不思議でした。路地はもっと不思議なところでした。ちょっとこわごわへっぴり腰で歩きました。

今東光さんの「こつまなんきん」観ましたよ。「悪名」もね・・・勝新太郎と田宮二郎のコンビが ハリウッド映画「明日に向かって撃て」のロバート・レッドフォードとポール・ミューマンのように小気味よかったですよね。
昨日の日経新聞に寂聴さんが今東光さんのことを書いておられました。「好き勝手なことをして思い残すことはないが、政治に首をつっこんだことが失敗だった」というような内容でした。

一心寺に行く角のところに天王寺野菜の漬物屋さんがありますね。天王寺かぶら、天王寺ダイコンなどを作っているところもあると聞きました。

あべのルシアス串かつ店と廻る寿司の「御崎港」ですね。今度覗いてみますね。いつかカエルさんと行きたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/01 19:49 庭花さん、こんばんは!
庭花さんも「一生に一度の願い」はお母様のことですのね。
私は母のことを考えると切ない気持ちになります。私は庭花さんよりうんと歳をとっていますので、母のあとを追いかけて歩いているような気がします。
だから 母が安らかであることがとても重要に思います。
庭花さんのお母様のご健康をお祈りします。

grandgrand 2007/07/01 20:16 昨年は宝恵駕篭行列の写真を撮りました、
初めて聞いた掛け声が面白くてしばらく付いて歩きました。もう1年が経ったんですね、早いです。

rarakuraraku 2007/07/01 23:04 いつも綺麗な写真と興味尽きない解説を拝見し、勉強しています。(いかに無学であったことか)
今回はとりあえず熊野権現の分霊を祀った九十九の王子社についてボチボチと。(歳ですからすぐに忘れてしまいますが)

ima-2ima-2 2007/07/02 10:42 こんにちは、!
堀越神社に「一生に一度の願い」をされて気分もスッキリとされましたか?
母を思う気持ちは皆同じですが、僕らも行き着く先を考えるような年になりました。
天王寺に行ったとき堀越神社に立ち寄り僕も「一生に一度の願い」を神社に託してこようと思っています。

がんさんがんさん 2007/07/02 12:34 嵩仏派の聖徳太子が神社を創建されていたのですね…。
しかも、お祀りされている崇峻天皇といえば、蘇我馬子が東漢氏に暗殺させたとされる人物。
その蘇我馬子は、太子が一緒に物部氏を滅ぼした仲間。
なにやら頭が痛くなって来るような…。
いつの時代でも政治というのは私のような単細胞には理解し難いものがあるようです。
それはさておき、大阪市立美術館には何度か行っているのですが、慶沢園はまだ…。
今度行く機会があったら、堀越神社にお参りして、慶沢園も散策したいと思います。
一生に一度の願いと言われると、よ〜く考えておかないといけませんね。

あまもりあまもり 2007/07/02 12:53 堀越神社は初めて知りました。聖徳太子が崇峻天皇を祀ったのですか。
蘇我馬子に殺されたと言われる崇峻天皇も当時の政争の犠牲者のひとりですね。
一生に一度の願いをお母様のことを願ったとは、ikomanokazeさんらしいですね。
私なら3億円の宝くじに当たりた〜い、ですねきっと。
たいへんですがお母様を大事になさってください。
慶沢園、懐かしく拝見しました。
猫ちゃんに案内してもらったようです(笑)
子供の頃、慶沢園は有料で未知の庭園でした。
無料で開放されてから一度行ったことがありますが、人がいっぱいでゆっくり見ることができなかったので、今回はじっくりと見せていただきました。
猫ちゃん、案内どうもおおきにぃ。
いや、ikomanokazeさんだった。おおきにぃ。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/02 21:33 grandさん、こんばんは!
宝恵駕篭行列の写真を撮られたのですか?いいですね。「べっぴんさん!」という掛け声もあって籠に乗る人は嬉しいでしょうね〜!
大阪夏祭りの最初が「愛染祭」で2番目が生駒山麓の石切剣箭神社の「牽牛祭」だそうです。
今日でかけてきました。写真を撮るのは難しいですね。特に私は人ごみが苦手で、どうやって写真を撮ったらよいのかわからず うろうろしているうちに行列は過ぎていきました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/02 21:37 rarakuさん、こんばんは!
「熊野権現の分霊を祀った九十九の王子社」ですが、熊野詣でとても盛んだったのでしょうね。京都の人も船で難波にきて難波から熊野へお参りしたとか聞きましたが どうなのでしょうね?
またrarakuさんの調査結果をたよりにしております。よろしくお願いします。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/02 21:45 ima-2さん、こんばんは!
「母」のことがいつも気がかりです。堀越さんはちょっと私の気がかりを軽くしてくださいました。
もうすぐ1年に1度のお願いをかなえてくださる「七夕さん」ですね。
私たちもいい年になりましたので ゆっくり安穏に暮らしていけるようにと思いますが・・・

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/02 21:56 がんさん、こんばんは!
本当ですね。 政治の世界理解することが難しいですね。先日亡くなられた宮沢喜一元首相も政治の世界に住んでいる妖怪について話されたことがあるようですが・・・ましてや私などには理解できないことばかりです。

大阪は京都や奈良のように伝統文化を大切にしてこなかったのですが なんとか持ちこたえたところが慶沢園でしょうか?
訪れる人が少ないので のらしろさんが書かれているように
「あずまやに 一人佇み 願い込め」がぴったりのところでした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/07/02 22:00 あまもりさん、こんばんは!
私はあまりお金を持ったことがありませんので、
「3億円」入ったら狂ってしまうかもしれません。TVのニュースでは億単位の話が珍しくなく流れています。お金持ちはどんな生活をしているのでしょうね?
慶沢園はあまり人が訪れないようですね。いつも静かですよ。あずまやでゆっくりするものいいですよ。

2007-06-24 生駒山のヤマアジサイとシチダンカ

ikomanokaze2007-06-24

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 額田園地のあじさい園のシチダンカ  額田園地のあじさい園のシチダンカを含むブックマーク

12日前 生駒山の額田園地のあじさい園に出かけました。あじさいは色づき始めたばかりでした。6月の末か7月に入ってからが見ごろということでしたが、それはそれでヤマボウシとタニウツギとナナカマドの赤い実がきれいでしたので充分楽しめました。

6月23日、幻のアジサイといわれる「七段花(シチダンカ)」が満開と聞いて、また出かけてみました。シチダンカを見たことがなかったものですから とても興味がありました。

生駒山は「ヤマアジサイ」を含めて「日本アジサイ」の種類が26種もあるそうです。

幻のアジサイといわれる「七段花(シチダンカ)」

ヤマアジサイの品種で装飾花が八重になったものが七段花だそうです。質素な野生味のある花で江戸時代から栽培され、茶花などに使われていたものがいつの間にかなくなってしまい、幻の花になったのだそうです。兵庫県六甲山で1959年に発見されて現在のシチダンカとして人気をよんでいるそうです。花色は淡青色ですが、薄紅、濃紫、藍色と変化する日本固有のアジサイの特色をもっているそうです。

f:id:ikomanokaze:20070624181037j:image

f:id:ikomanokaze:20070624180010j:image

その他の日本のヤマアジサイ

タマアジサイとエゾアジサイ

f:id:ikomanokaze:20070624183854j:imagef:id:ikomanokaze:20070624184003j:image

f:id:ikomanokaze:20070624184046j:image右の花は黒姫と呼ばれる
ヤマアジサイです。
もう花が終わっていて1輪だけでした。
幹と葉が黒っぽい。

ユキノシタ科 アジサイ属のアジサイはガク型とテマリ型にわけられるそうです。下の画像にようによばれ、装飾花がいろいろ変化して種類も多いそうです。

f:id:ikomanokaze:20070624151236j:image

初めて見たツルアジサイ

額田園地の中にツルアジサイのトンネルがありましたが、まだあまり花はたくさん咲いていませんでした。ところが帰りみち男性二人づれの方と一緒になり、ツルアジサイのことを教えてもらいました。すると道の両脇の大木の天辺に白い花がたくさん咲いているのに気づきました。今まで目にしていてもヤマボウシかな?・・・と思っていたものがよくよくみるとツルアジサイでした。高い木のうえで咲いていたり、谷に咲いていたり、あちこち咲いていました。こんなにもたくさん咲いているのを気づかずにいたのですから、やはり案内人は大切ですね。

f:id:ikomanokaze:20070624200624j:image

f:id:ikomanokaze:20070624200708j:image

ガクウツギもアジサイの仲間です

f:id:ikomanokaze:20070624201433j:image

micomico 2007/06/24 21:04 沢山の種類のアジサイを楽しませていただきました、
訪れてみたくなりました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/24 23:00 micoさん、こんばんは!
ヤマアジサイのこと このごろ少しわかってきたところです。原始的な素朴なアジサイですが、見ていると好きになっていきます。

至誠至誠 2007/06/24 23:33 あじさいにも色々な種類があるのですね。7月には日下町の井上邸の原始ハスを拝見すのを楽しみにしております。

歌う カエル歌う カエル 2007/06/25 00:03 雨の日曜でした。
ま、色々 片付けが済んで、偶にはイイか?

長居公園のシチダンカは 紫陽花苑の橋の下の南、西側に咲いていました。
今年は未だ行ってませんが、・・・
そのシチダンカは ピンクでした。

「風」さんの  淡い青色のシチダンカ なんと言う美しさ!
幻想的・・こう言う控えめな花は、 訴えるものがあって、島崎藤村の「初恋」の主人公の様に、
可憐!
(・・・未だ 上げ初めし 前髪の 林檎の下に
見えし 時・・)
そんな 曲が浮かんで来る 風情ですね。
この花の色は 実に印象的 UPにしたいぐらい・・。
可哀想に 今頃は 雨に濡れているでしょうね。

又 来ます。 実に良い写真をありがとう ございました!!

たそがれたそがれ 2007/06/25 06:03  シチダンカと云うのは、あっさりした清楚な感じの紫陽花ですね。これが原点ですか…
 我が家のももう一息…ですが、おシかちゃんに新芽を食われたので回復がなかなかです。

庭花庭花 2007/06/25 09:11 多くの種類のアジサイを見せて頂いて、とても勉強になりました。こうして見せて教えていただけると助かります。
ツルアジサイを初めて見ました。ガクウツギというのもあるのですね。
一度、アジサイを自分で勉強してみようと思います。

がんさんがんさん 2007/06/25 09:15 タイトルを拝見して、「七段花ってなんだろ…?」と思いましたが、紫陽花なんですね。
とても素朴な感じで、魅力ありますね。
昨日は雨で、花を見に行くことはできませんでした。
今週末は曇りマーク。
降らなきゃいいんですけどね…。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/25 10:49 ikoさん、今日は。
いつも本当に記事を書かれる時は、深く追求されていろいろと調べておられるので、感心しております。私は、撮影したら、名前だけ調べて終わりですので、とても良い勉強になります。
シチダンカは、大阪万博公園で水色とピンクのを初めて拝見しました。その後は、矢田寺でも拝見しましたが、薄紫色と言う感じでした。とても美しくて可愛いですよね。特にブルーの時が涼しげで好きです。
矢田寺の住職さんが、アジサイはあまり香りがないが、カシワバアジサイとツルアジサイが良い香りがすると仰ってました。ツルアジサイをご覧になられて良かったですね。私も見つけて香りを嗅ぎたいです。

rarakuraraku 2007/06/25 11:03 幻の七段花を探してうろうろと。装飾花が八重で似たような紫陽花はありますが、両性花が中央に大きく、七段花という確証がありません、関東地方にはないのかも。
これから、つるあじさい探し。

珊底羅珊底羅 2007/06/25 17:58  赤、黄のような個性の強い色もいいのですが、青に紫のような、控えめな色が好みです。

あまもりあまもり 2007/06/25 18:25 まぼろしのシチダンカ。ここで見せていただいて嬉しい〜。
春に出かけた六甲森林植物園でもこのシチダンカを見ることができるとその時に知り、アジサイの時期にもう一度来ようと思ったのですが、とうとう今年は行けそうにはありません。
これがシチダンカなんですか。貴重なアジサイを見せていただきありがとうございました。
ツルアジサイもお初です。これははっきりいってアジサイには見えませんね。ほんと詳しい案内人は大事ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 20:09 歌うカエルさん、こんばんは!
華やかな西洋アジサイもきれいですが、このごろヤマアジサイの素朴さに惹かれます。
やっとシチダンカに会えました。暗い一角にひっそりと咲いていました。
カエルさんの<島崎藤村の「初恋」の主人公のよう・・・>という表現も素敵ですね。
ほんとうに「まだあげ初めし前髪の・・・」そんな青でしたよ。
今は幻でもなくあちこちで見られるアジサイですが、私はやっときれいなシチダンカに会えました。
他のアジサイより開花時期が早いので、なかなかきれいなときに会えないのです。
他にも素朴なヤマザサイを見ましたが 気品すら感じました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 20:14 たそがれさん、こんばんは!
たそがれさんのところは私のところより開花が半月ほど遅いようですね。我が家のアジサイはそろそろ終わりそうです。
たそがれさんのところはシカさんに食べられたあとが重症ですね。
アジサイは日本のガクアジサイが原種だそうです。ヤマアジサイはアジサイの原型だそうです。なるほど・・・て思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 20:17 庭花さんのところにも いろんなアジサイはあるでようね。鳥を観察にいかれる山できっとヤマアザシを見つけられるでしょうね。
庭花さんの目に留まったアジサイはどんなアジサイでしょうか?
なんだか期待してしまいます。
いつも素敵な写真を拝見させていただいています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 20:26 がんさん、こんばんは!
がんさんところから矢田寺は近いですね。
昔は関西でアジサイといえば「矢田寺」でした。何度かいったことがありますが、最近は行っていません。いきたいな〜!と思っています。
額田園地のアジサイ園は 生駒遊園地から歩いて10分と書きましたが、20分はかかるそうです。近くまで車で行っておられる人は 額田園地の管理事務所で許可申請をしないといけないようです。
詳しいことがわからなくてすみません。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/06/25 20:29 こんばんは。
今日、私もツルアジサイを撮ってきました。一面、真っ白に咲いているところがありました。高い木にず〜っと昇って咲いているのもあって、見事でしたよ♪

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 20:31 かたちゃん、こんばんは!
かたちゃんは いろんなところで「シチダンカ」をみておられるのですね。
私はこんなにきれいに咲いているのは初めてでした。かたちゃんのところでいろんなアジサイの名前を見ていましたので 同じものをみつけることができました。少しでも知識があるとみる目が違うような気がします。
万博公園も行きたいし、長居公園の行きたいし、鶴見緑地公園も行きたいし、矢田寺も・・・・・
思うだけでなかなか実現できませんが、かたちゃんはなんなく達成しておられて 感心しています。
いつも素敵な写真をみせてもらっています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 21:06 rarakuさん、こんばんは!
シチダンカもきれいでしたが、大きな木に絡まって白い花をいっぱいつけている「ツルアジサイ」も感動的でした。
rarakuさんの近くにもあるでしょうね。
rarakuさんがよく出かけられる「狭山市都市緑化植物園」は随分スケールの大きい公園ですね。豊かな自然林を残しているところですよね。ツルアジサイも見つかるでしょうね。楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 21:09 珊底羅さん、こんばんは!
シチダンカは楚々とした風情の花でした。
優しい花でした。ひっそりと咲いていました。
とても魅力ある花でした。
珊底羅さんは 鮮やかな花よりこんな花が好きなのですか? 少しだけ珊底羅さんのことがわかったような気がします。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 21:14 あまもりさん、こんばんは!
六甲森林植物園にはたくさんシチダンカを育てていると聞きました。私も出かけてみたいのですが・・・なかなか難しいですね。
今回は あまもりさんがおっしゃるように 案内人の大切さを感じました。
ツルアジサイの下に白いホタルブクロが咲いていました。ヤマボウシもまだ咲いていましたので なんだか「白づくめ」って感じでした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/25 21:18 湖のほとりさん、こんばんは!
そうです、そうです・・・・高い木に絡まって白い花をいっぱいつけているツルアジサイを私もみました。感動的でした。
私も何枚か写真を撮りました。 こんなときもっと望遠がきくカメラがあればなぁ〜!
ほとりさんの写真を楽しみにしています。

ima-2ima-2 2007/06/25 22:22 こんばんは!
生駒山には珍しい紫陽花があり初めて見るようなシチダンカと言うあじさい、可愛らしくてとても珍しく見せていただきました。!!

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/26 17:55 ima-2さん、こんにちは!
生駒山の紫陽花園はすばらしいですよ。生駒遊園地からでもいけますので 奥様とでかけられたらいいですね。 先日行かれた三室戸寺のようにあでやかではありませんが 山の空気をたっぷり吸って歩くとまた違った楽しさがありますよ。
私は このごろ山歩きが好きで 歩いているだけで満ち足りてきます。
Picasa2で画像の公開がどんどんできてよかったですね。次はどんなところでしょうか?楽しみにしています。

rarakuraraku 2007/06/27 22:25 ikomanokazeさん、今晩は。智光山公園に行ってきましたが、ツルアジサイは見つかりませんでした、残念。そのかわり、薮の中で虫に刺され、蛇に睨まれ、久しぶりで子供にかえったようでした。園内の小川に蛍が飛び交うそうですが、夜は行ったことがありませんのでなんとも。

けいけい 2007/06/30 14:41 七段花、きれいですね。
それに紫陽花のことが、わかって楽しかったです。
来年は、ikomanokazeさんの情報を頭に入れて紫陽花を見にいくともっと、楽しく花見れそうです。(^o^)

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/30 22:06 rarakuさん、こんばんは!
ツルアジサイがみつからなくて 残念です。
やはり 案内人がひつようかもしれませんね。
私も教わるまで 目にしていてもわからなかったのです。 また見つかるといいですね。
でも虫に刺されて蛇に睨まれては おっかなびっくりで・・・森に入るのが怖いですね。
ご用心、ご用心・・・・ですよね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/30 22:08 けいさん、こんばんは!
お仕事が始まったのですね。
慣れるまで大変でしょうね。
パソコンが使えなかったものですから お返事が遅くなってごめんなさい。

ikomanokazeikomanokaze 2007/09/16 00:23 至誠さん、こんばんは!
井上さん裏の原始ハスを見に行かれるのですか・
私も毎年みています。
http://ikoma.web.infoseek.co.jp/
kodaihasu/kodaitop.html
を覗いてみてください。
http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/
20060709
朝早く行きますと 誰もいなくて朝もやの中ハスがポンと開きます
今年も楽しみにしています。
(2007/06/25 19:46)
コメントのURLが横に伸びてうまく表示できなくなったので ここに書き写しました。

2007-06-22 磐船渓谷の大岩と森の上にある「星のブランコ」

ikomanokaze2007-06-22

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[] 生駒山系・磐船渓谷大岩と緑の森のブランコ  生駒山系・磐船渓谷の大岩と緑の森のブランコを含むブックマーク

f:id:ikomanokaze:20091111140223j:image

http://himebotaru.quu.cc/hoshi2/hoshi.html


 大きい画像で表示しています のぞいてみてください。

http://himebotaru.quu.cc/hoshi2/hoshi.html

 天の川の上流・生駒山系の岩と緑が織りなす磐船渓谷には大岩がたくさん集まっていてとても珍しいところだそうです。特に鮎返しの滝の景観は. 江戸時代前期の儒学者貝原益軒が「南遊紀事」に

岩船石の下を、天川、流通る。奇境地。凡、大石は何地にも多けれ共、かくのごとくおびたたしき石の一所にあつまるれる処をいまだ見ず」と紹介しているそうです。

6月4日のブログでとりあげました天孫降臨伝説の磐船神社大岩がたくさんありました。

さらに この磐船神社のすぐ近くの森の中に日本最大人道吊橋「星のブランコ」があります。

府民の森・星田園地http://www.osaka-midori.jp/mori/enti-hosi.html

f:id:ikomanokaze:20070622164552j:image

f:id:ikomanokaze:20070622165832j:image

全長280m、最大地上高50mの木床版吊橋です。人道吊橋としては、 全国的にも最大級の規模だそうです。

吊橋からは、ほしだ園地の森が眼下に望め、まさに緑の絨毯の上を歩いているようです。

f:id:ikomanokaze:20070622165103j:image

f:id:ikomanokaze:20070622165141j:image

[]磐船渓谷の大岩 磐船渓谷の大岩を含むブックマーク

f:id:ikomanokaze:20070622165443j:image

f:id:ikomanokaze:20070622165522j:image

庭花庭花 2007/06/22 18:26 すごい大きな吊り橋ですね!
渡ってみたいです。きっと絶景ですね。なんだか興奮してきました(笑)。通称「星のブランコ」ですか・・・あまり揺れないでほしいですね(笑)。
緑が目に気持ちいいです。

micomico 2007/06/22 20:35 すごい吊り橋ですね、
写真を見ているだけで足が竦んでしまいそうです、
灯台下暗し、行った事がありません、
訪れてみたいです。

たそがれたそがれ 2007/06/22 20:58  高さ50mといえば …凄いですね。一度は行って見たいです。
 とても夢一杯の素敵なネーミングです。この名前聴いただけで心が惹かれますよ。
 でも、いろいろと素晴らしい場を見付けられますね。あちこち案内して戴いて有難うございます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/22 22:07 庭花さん、こんばんは!
それはそれは素敵なつり橋です。
雲の上を歩くのではなく 森の上を歩くような・・・気持ちです。下も回りもふわふわした緑に覆われていました。
大阪にもまだこんな豊かな緑があるんだと、胸が熱くなりました。
「ブランコ」という名前と違ってあまりゆれませんでしたので、ほっとしました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/22 22:10 micoさん こんばんは!
micoさんに ぴったりなところです。
micoさんは健脚ですから この森をまわってくろんど池まで歩かれたらいろんな植物があると思います。私は年寄りですから「星のぶらんこ」だけできりあげました。
でも最高に気持ちがよかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/22 22:14 たそがれさん、こんばんは!
「星のぶらんこ」とはこのつり橋のしたに天の川が流れているところからつけられたと思います。
天の川の上で織姫様になったような気持ちでした。
空はきれいでしたし、豊かな森に囲まれて 豊かな気持ちになれたような・・・・そんな一日でした。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/22 22:18 ikoさん、今晩は。
タイトルの「星のブランコ」と言うのを拝見して、え?どこの遊園地?と一瞬思いました。写真を拝見してびっくり。すごい吊り橋ですね!私は、怖がりなので、ちょっと渡るのに躊躇しそうですが、でも、勇気を出して渡って、絶景を眺めたいですね。天の川と星のブランコ、素敵ですね!ikoさんらしいメルヘンな記事をありがとうございました。

rarakuraraku 2007/06/22 22:39 今晩は。まず見事な写真に思わず見とれました。次に人がいない、織姫様だけではもったいない。(と思ったのは早合点、一人いましたが牽牛様?)
多分、休みの日はこの橋上は往復する人たちでいっぱい、その動きにゆっさゆっさブランコ、高所恐怖症の人は真ん中で立往生でしょうね。
府民の森・星田園地を写真で堪能しました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/22 22:55 かたちゃん、こんばんは!
先日かたちゃんが行かれた 大阪市大植物園 のすぐ近くにありますので、今度でかけてみてください。
思ったより揺れませんでした。しかし、人が多いときは揺れるかもしれませんね。
下を流れる天の川は緑に覆われて小さく見えました。織姫さんと彦星さんはどうやって降りるのでしょうか?

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/22 22:59 rarakuさん、こんばんは!
緑が盛り上がって見えました。まさに森の上に立った気分でした。
そうです、そうです 人が通ると揺れますね。たくさん通っていたら・・・と思っただけで「ゾーッ」です。
彦星さんがいましたよ!織姫さんになった気分で大きく手を振りました・・・・気づいてくれたのでしょうか?
生駒山系のひとつですが 豊かな森を見つけて幸せいっぱいでした。

珊底羅珊底羅 2007/06/22 23:01  初めまして。
 珊底羅といいます。
 生駒山系にあるなんて・・近くに住んでいながら知りませんでした。

至誠至誠 2007/06/23 00:32 木床版吊橋、凄いですね。以前に十津川の吊り橋を渡ったことがありますが、足がすくみそうですね。

grandgrand 2007/06/23 07:52 ハイキングで何度か行っています、日本の七夕伝説があってロマンに満ちていますね。
今の時期は夜には蛍も飛び交っているのではありませんか。

がんさんがんさん 2007/06/23 08:25 車で京都に行くとき、この近所を通るのですが、こんなに大きな吊り橋があるとは知りませんでした。
磐船神社も一度お参りしたいと思いつつ、まだ…。
越して来て3年以上になるのに、まだまだ行けてない所が多いですね。

歌う カエル歌う カエル 2007/06/23 09:39 星の吊り橋へ行かれましたか!
羨ましい限り・・!!
アクセスが車主体で、おまけに足が丈夫でないと無理みたいなので、つい、見送っていた場所です。

肩野物部の時代から延々と続いた神話の近畿本拠。
平安時代の皇室の御狩り場 天野川周辺は
憧れでしたが・・
今は 公園化されていて 家族連れが多いらしい。

吊り橋だけでも 相当 長がぁ〜い。
まさに画になる場所。
近くに 天孫降臨の魁 哮ヶ峰 らしき候補の場所が遠望できるポイントがあるとのこと。
哮ヶ峰は 諸説あって 未だ謎??
そんな興味シンシンの場所へ いとも 簡単に
実行してしまう「風」さんの行動力に感服。!!

交野をカメラ制覇すれば もう ほとんどの歴史史料が手に入ったも同然ですね。
後は 近代 京都中心の平安以降ですから 平地へ
史跡が移るから・・
「風」さんの 次なる カードは はたして何?!

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/23 10:32 珊底羅さん、おはようございます。
はじめまして、生駒山の近くにお住まいでしょうか?これからもよろしく お願いします。
私は 生駒山系の魅力が少しずつわかってきたところです。いろんな情報をお待ちしていますので 教えてください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/23 10:44 至誠さん、おはようございます!
想像するより歩きやすいつり橋でした。すぐ下に緑が迫っていて 緑のマットの上を歩いているような気分だったからでしょうか。
至誠さんは 奥穂高へ登山されるのですか?
羨ましいです。日ごろからトレーニングをしておられるからできることでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/23 10:49 grandさん、おはようございます。
生駒山系でも交野市の山々は七夕伝説が残っているせいなのかしら・・・・・天の川沿いを通っていても古のロマンを感じます。
grandさんは何度も出かけられたのですね。
そうそう 蛍が飛び交う場所がたくさんありますね。夜出かけられないのが残念です。え

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/23 10:54 がんさん、おはようございます。
がんさんは生駒に越して3年以上も経つ・・・ではなく3年しか経たないのに・・・というのがあてはまりそうです。
3年の間に奈良・京都のあちこちに出かけられましたね。がんさんに教えていただいて 素敵なところを発見できました。
磐船神社は昔を知っている方はがっかりされます。道路をつくるために寸断されたそうですね。

けいけい 2007/06/23 11:11 高所恐怖症の私には、この美しい風景を見ているだけでお尻が、寒くなってきます。
ikomonokazeさん、ここを渡ったのですね。
私には、出来ないので凄いとの一言。
風景は、見に行きたいのですが、この吊り橋には、足が、すくんで動けなくなりそうです。(^_^;)

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/23 11:38 歌うカエルさん、おはようございます!
「肩野物部の時代から延々と続いた神話の近畿本拠。平安時代の皇室の御狩り場 天野川周辺」
・・・・の雰囲気が残るところでした。整備されて公園化されて、神話のさとが白日の下に引っ張り出されてしまった感がありますが、それでも、
想像していたより豊かな森が残っていて嬉しかったです。つり橋の上から眺めるといっそう強く緑を感じることができました。
天の川、七夕伝説に敏感になっていましたので 途中で見つけた「織物神社」もなにかある(?)と思いましたが 「機織」は残っていましたが「七夕伝説」とは関連がないようでした。
寄り道ばかりしていましたので 駐車場の門限にひかかりそうで 展望台と哮ヶ峰にある石碑はいかれませんでした。饒速日命が磐樟船に乗ってこの哮ヶ峰に天降ったというお話のところですから 日を改めていきたいと思っています。
まだまだ このあたりは興味津々です。
カエルさんに教わって少しだけ 古代史の謎トキができました。ありがとうございます。
まだまだ これからも引っ張ってくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/23 11:57 けいさん、こんにちは!
このつり橋は想像するより怖くありませんでしたよ。つり橋の下がふわふわの緑のマットですから、なんとなく落ちても大丈夫!・・・なんて思いました(笑)
けいさんのかいつぶりの親子の写真とチョウトンボの写真に感動しました。こんな出会いがあると嬉しくなりますね。

かりんかりん 2007/06/23 14:57 すごい大きな(長い)吊橋ですね。磐船渓谷の岩の下には温泉脈はないかしら?

珊底羅珊底羅 2007/06/23 16:27  ikomanokazeさん、私が住んでいるのはアスベストを製造会社の近所です。付け加えますと西友、イズミヤもあるところです。
 虎で有名な信貴山に足を運んではどうでしょうか。

彦左彦左 2007/06/23 18:06 ひめぼたるさん、「星のブランコ」行かれたのですか?。以前に吉原さんがご紹介下さってよく覚えています。一度は是非行ってみたい処です。はやく足を治さないとゴルフにも行けません。26日のKWCも欠席します。でも、星のブランコ歩いてみたい。

ima-2ima-2 2007/06/24 08:02 おはようございます。
朝から雨模様で、うっとしい、お天気ですね!!
雨の少ない地方では歓迎の雨かも知れませんね。
先日は有り難う御座いました。
何とか、後へ戻りつつも完成できて嬉しく思っております。!!
生駒の山も、先生の様に良く調べると”新”発見の
ところが沢山ありますね??
僕らの知らない「新発見」で〜す。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/24 22:52 かりんちゃん、こんばんは!
温泉?・・・・あるかな〜?
こんな森の中の温泉もいいですね。
もしあったら入ってみたいです。想像しただけでもワクワクしてきます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/24 22:55 珊底羅さん、こんばんは!
信貴山の麓にお住まいですか?
私は何度とか信貴山にお参りしたことがあります。
最近のブログでは
http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20070502
ここを覗いてみてください。
信貴山近辺のこと、また教えてください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/24 22:56 ima-2さん、こんばんは!
Picasaをマスターされましたね。次々と作品を公開されてすごいですね。
これで いろんなところを回る楽しみが倍増ですね。次の作品を楽しみにしています。

2007-06-18 茶臼山と雲水寺と統国寺と坂口楼

ikomanokaze2007-06-18

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[] 雲水寺と統国寺と坂口楼  雲水寺と統国寺と坂口楼を含むブックマーク

 以前にもこのブログで「不思議なご縁」について書いたことがありました。

先日お手紙がとどきました。産経新聞の5月26日の夕刊に載った私のブログを見たひとからでした。その方、Sさんは私に不思議な縁を感じると書いておられました。

夫の家とのつながりがある人で、私も7年前に一度だけお会いしたことがありました。

S家代々のお墓が大阪市天王寺区雲水寺にあり、夫の家のお墓も同じところにありましたので、詳しい関係は知らずにS家のお墓にお参りしてきました。

当時雲水寺とよんでいた墓地の横は河底池で茶臼山のすぐ近くでもあり、とても静かな場所でしたが、いつのころからか墓地の周りはラブホテル街になってしまいました。お墓参りするのに似つかわしくないところで 子供たちとお参りするときも落ち着かない気持ちで通っていたものでした。

15年ほど前に 高槻にお墓をうつしたので 天王寺公園に出かけても この茶臼山の麓にある かつてお墓のところにいくこともなくなり、すっかり忘れていました。

ところが、手紙をいただいたS家は今でもこの地に墓地があり、手紙をいただいてすぐに 奇しくもある会合がここと地続きの「坂口楼」であるということを知りました。

雲水寺の境内の一角にある坂口楼は大阪でも格式のある料亭だったそうですが、私はこの坂口楼のことも知らずにいました。

坂口楼

f:id:ikomanokaze:20070630151600j:image

坂口楼の門標と河底池に面したお座敷

f:id:ikomanokaze:20070618202633j:imagef:id:ikomanokaze:20070618202659j:image

坂口楼はかつては大阪のみならず、大隈重信、吉田茂、大野伴睦、池田勇人ら日本の政財界の重鎮が集い、まさしく明治以降の夜の商工会議所だったと「なにわの夢便り」の中でルルさんが書いておられます。名だたる文豪もここに通ったとありました。

禅宗黄檗派の普茶料理と漆塗りの箱

f:id:ikomanokaze:20070618204822j:imagef:id:ikomanokaze:20070618204853j:image

私が「雲水寺」とよんでいたお寺は今は「統国寺」になり、在日本朝鮮仏教徒協会傘下の寺院だそうです。

「大雄殿(本堂)」は大阪市の指定文化財だそうです。異色の黄檗宗仏殿として極めて重要な遺構と説明されていました。

ルルさんの「なにわの夢便り」の中にこんな説明をみつけました。

>> 雲水寺は正式には和気山・邦福寺。聖徳太子の庇護のもと百済の人達が建立した古寺で 宇治の万福寺と同系列。雲水(諸国行脚托鉢の修行僧)達が多数出入りしていた為、俗に雲水寺と呼ばれた。

1970年から北朝鮮の在日仏教連盟が維持し『統国寺』と改められ、元々建てた渡来人に返った。<<

統国寺の本堂大阪市の指定文化財です

異色の黄檗宗仏殿として極めて重要な遺構といわれています。

f:id:ikomanokaze:20070618205114j:image

統国寺にベルリンの壁が展示されていました

f:id:ikomanokaze:20070618205429j:imagef:id:ikomanokaze:20070618205456j:image

[] 茶臼山  茶臼山を含むブックマーク

坂口楼の北北西に茶臼山が見えます。大阪市内の「3大前方後円古墳」の1つだそうです。

大坂冬の陣で徳川家康が本陣を置き、翌年の大坂夏の陣では真田幸村が陣をしいたところで歴史の大舞台になったところですが、小さい小さい真ん丸い丘は 今は何事もなかったように 歴史の足跡はすでに消えてしまったかのようでした。

河底池と茶臼山

f:id:ikomanokaze:20070618210754j:image

茶臼山の頂上に向かう階段と頂上

f:id:ikomanokaze:20070618210832j:imagef:id:ikomanokaze:20070618210901j:image

茶臼山といい、雲水寺といい、時代の流れの中でさまざまな様相をみせてきたのだと感じました。この日だけでいろんな謎がとけたような気がしました。あらゆる物事は目の前にあるだけでは見えないものですね。見ようとしないと何にも見えないのだと気がつきました。「不思議なご縁」のSさんに この日の報告ができたことが嬉しかったです。Sさんとご一緒に茶臼山近辺を歩いてみたいと思いました。Sさんは86歳になられたそうですが ご自身が歩んでこられた歴史を誰かに伝えたいと努めておられるような気がしました。


 下の地図クリックしてください 



たそがれたそがれ 2007/06/18 22:55  天王寺周辺は幼少期から子育て期まで、なにか〕思いで多い土地です。
 天王寺駅は田舎へ帰るときの基点でした。
 子供の小さい頃、動物園へ行ったり…なにか郷愁を感じる風景です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 00:06 たそがれさん、こんばんは!
天王寺の駅は今でも昔の雰囲気を残している駅だと思いました。今でも田舎へ繋がる基点のようなところですね。
でも 駅の周辺にはごみやタバコの吸殻がたくさん落ちているのは いただけない と思いました。

庭花庭花 2007/06/19 02:27 不思議な縁と感じるのは、実は自分が知らないだけで、歴史的には何処かでつながりが有るのかもしれませんね。
目に見える大きな歴史の流れもあれば、誰も知らない自分だけの小さな歴史もあるでしょう。そのふたつが、既に今、気付かないうちに、つながりを持っている場合もあるでしょう。
ふと、ブログというのは自分史を作る事ではないかと思い始めました。

歌う カエル歌う カエル 2007/06/19 06:42 天王寺の茶臼山の池は、チビの頃に海老を捕りに出かけた場所。広口のビンに糠を入れて紐でくくり、
ポチャンと放り込んで・・・
ボートに乗って遊んで、帰る頃にビンを引き上げると、小さな白いエビが沢山入っていました。
環状線が 未だ城東線と呼ばれていた時代。
昔は春の「日展」が開かれる頃、美術館へも出かけました。最近では、テント生活鵜の人が多く、
ブルー・テントのカラオケ屋が有ったりして、通りにくい場所になっていましたが・・
それと、堀越神社の裏、一心寺の裏、生玉神社の裏
谷町九丁目付近はラブホテルがひしめいていて、
ラブレスのボクちゃんには 甚だ 面白くない場所。ただ、一心寺の北の「天王寺七坂」へは、時々出かけます。由緒あるお寺の多い場所ですね。

がんさんがんさん 2007/06/19 08:21 産経新聞にこのブログのことが載ったのですか?
スゴイですね〜。
縁とか運命というもの、私は絶対にあると信じます。
科学や理屈では説明のつかないことってありますよね。
それを無理矢理既存の物差しで測ろうとすると無理が出る…。
論理で説明しようとか数値化しようと試みるのは悪いことではないと思いますが、全てそれで片づけられると思い込むのはどかなと。
心でしか観じられないものってありますよね。

けいけい 2007/06/19 09:21 ikomanokazeさん
コメントありがとうござました。
それから、今回のブログの中のikomanokazeさんの「見ようとしないと何にも見えないのだ」という言葉に真実を感じました。
今まで 必死に 自分なりに走り続けてきましたが、もしかしたら、ikomanokazeさんのこの言葉が、私には、足りない部分だったように思います。
これからは、色々見るようにしようと思っています。ikomanokazeさん、ありがとうございます。
明日へ向かって歩いていきます。本当にありがとうございます。(^o^)

至誠至誠 2007/06/19 09:59 実家が生野区林寺。高校時代は天王寺公園にあった大阪市立図書館に通いました。今は年に数回天王寺美術館を訪れます。茶臼山方面は私にとっても馴染みの場所です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 11:58 庭花さん、こんにちは!
「不思議なご縁」というものについて、庭花さんがおっしゃるとおりかもしれませんね。
庭花さんの作られた曲から感じた清清しい感覚、初々しい感情、さらには鳥たちの画像から 私のレンズを通してみる世界が違ってきたように感じています。
うまく伝えられませんが レンズを通して見るものに語りかけている時があります。

「ブログというのは自分史を作る事ではないかと思い始めました」という言葉に 同じ気持ちです。

産経新聞の記事野中に
「・・・ブログの中で教わることが多く、自分の見方や考え方が変わってきて成長を実感しています。」・・・という私の言葉が載っていました。
本当にそうです。ありがたいことです。しみじみそう思います。庭花さん、ありがとうございます。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/06/19 12:00 本当に縁というのは不思議なものですね。
今、日本中にはたくさんのブログがあるはずですね。その中でふとした縁でコメントのやり取りが始るのですから・・・。そして、そのブログから、多くのことを学びます♪

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 13:26 歌うカエルさん、こんにちは!
カエルさんは大阪や堺の昔のことをよく知っておられて とても参考になります。
私は よそから大阪にきましたが それでも40年近くになります。 住まいがあったところからの半径2km圏内しか知らない”井の中の蛙”でした。”歌う蛙”にかけています(笑)

堀越神社、一心寺、生玉神社の裏は歩きませんでしたが境内をぐるぐる廻ってきました。
今度カエルさんを捜しに「天王寺七坂」をうろうろしてこようと思います。
思いがけず・・・なんてことがあるような気がしています(?)

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 13:39 がんさん、こんにちは!
「科学や理屈では説明のつかないことってありますよね」って書いておられますが、本当にそう思います。
「ご縁」とか「運命」とかしか思えない「不思議なこと」に遭遇したことがありますから・・・

できるだけその「ご縁」を大切にしたいと思います。これからもよろしくお願いします。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/19 13:43 ikoさん、今日は。
子供の頃、名前は聞いた事があっても、行った事がなかったです。どちらかと言うと大阪の北の方へ行く事が多かったです。もちろん、天王寺公園へは良く行ったのですが。今なら、興味深く拝見出来ると思いますが。
トップの通天閣の小さな写真に反応しちゃいました。この近くの会社に勤めていたのです。お昼休みには、じゃんじゃん横丁で食事した事もありました。今は会社は難波に移転しましたが。そこの会社で主人と出会ったのです。
縁は本当に素敵ですし、大事にしたいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 13:47 けいさん、こんにちは!
ブログから伝わるけいさんの思いは私の思いと重なるような気がしています。
けいさんに伝えるというより自分に言っているのかもしれませんね。
私も「明日へ」手紙を届けたいと思っています。
「私の明日へ」にも期待したいのです。
ちゃんと目を開いてよくみていきたいと思います。
ずっとすぐ近くにあるものに気がつかずにいたことへの反省も含めて 今そう思っています。
けいさん、これからもよろしくお願いします。

micomico 2007/06/19 14:30 天王寺といえば通天閣、動物園、四天王寺しか
頭に浮かびませんが、奥が深そうですね。
いろいろ勉強になりました。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/19 16:13 何度もすみません。
↑のコメントで、「聞いた事はあっても行った事がない」と言うのは、「茶臼山」の事です。主語が抜けていました。失礼しました。

rarakuraraku 2007/06/19 16:47 雲水寺にベルリンの壁?
実は、東西ドイツの統一後にベルリンを訪れたことがあります。旧境界に一部残っていた壁を見て民族分断の悲劇を思い、日本は分断されなくてよかったとしみじみ感じたものでした。
どうして壁がこの寺にあるのかわかりませんが、ikomanokazeさんの「1970年から北朝鮮の在日仏教連盟が維持し『統国寺』と改められ、元々建てた渡来人に返った。」という解説でやや納得。
為政者の思惑はどうあれ、朝鮮民族の願いをみる思いです。
余談ですが、壁の西側は絵と言うか落書きというか、写真のような色々な図柄が一面に描かれていました。これも統一の願いが込められたもの?

あまもりあまもり 2007/06/19 17:55 なんと懐かしい茶臼山。懐かしいと言ってもついこの間、市立美術館の帰りに少し寄ったところですが。でも子供の頃遊んだ茶臼山ではありませんでした。
十数年前に寄った時より綺麗になっていましたが。あの時も当然子供の時の思い出の茶臼山ではなかったですが。
あの池は河底池というのですか。子供の頃どう呼んでいたかもう記憶にありません。淀んだ池だということしか。
坂口楼、何となく立派な門構えの屋敷があったのを覚えています。子供心にここで遊んではいけないと思ったところかもしれません。
新聞に載ったことで不思議なご縁が結ばれましたね。茶臼山の生き字引のような方でしょうか。

かりんかりん 2007/06/19 18:03 おひさしぶり〜。
縁っていうものは不思議なものですね。σ(・・*)も名も知らないひめぼたるさんとのやり取り、そして、ひめぼたるさんが書いてくれる観光や社会状況の話や人とのかかわりの話を通して、同じ世代じゃ話さないことを「ちょっとだけでも」理解しようと読んでいます。最近、同じ世代の友人に言われたことは「かりんって本州の社会情報が詳しくない?」っていわれました。
このブログはひまぼたるさんの自分史を作る事、σ(・・*)もそう感じます。

(お世話かけている、写真アルバムは一度PCから削除して一からやり直します。日曜日まで寝たり起きたりを繰り返していたので今は作業はそこまでです。)

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 20:05 至誠さん、こんばんは!
今回の舞台茶臼山近辺と至誠さんはご縁があったのですね。
私も 天王寺美術館へはよく出かけました。若いときは 今以上に絵に憧れをいだいていました。
最近は この茶臼山近辺が遠くなって 足も遠のいてしまいました。
ところが 何かに引き戻されるように 四天王寺周辺に関心がでてきたのです。
至誠さんのとっておきの場所がありましたら こっそり教えてくださいネ。
至誠さんの水彩画の魅力につかまりました。写真とは違ったの味ですね。おしゃれな至誠さんを感じています。ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 20:13 湖のほとりさん、こんばんは!
北海道の湖の風景がますます憧れのところに感じるようになりました。
ほとりさんの庭にも小鳥さんがやってくるなんて素敵ですね。ほとりさんを通じて たくさんの鳥を身近に感じるようになりました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 20:20 かたちゃん、こんばんは!
私はかたちゃんのことをどれだけ知っているのでしょうか?一度もお会いしたことがないのに いろんなことをしているような気持ちになります。
神戸のこと伊丹の昆陽池のこと枚方のこと奈良公園のこと 数え切れないほどですヨ(笑)
今度はご主人との出会いの場所を知りました。へえぇ〜職場恋愛なんだ〜!・・・なんてね。
私はまだじゃんじゃん横丁で串揚げを食べたことがないのです。
そうそう、今度は通天閣にのぼってみたいです。
かたちゃんは ご主人と通天閣にものぼられました? 大阪、神戸、奈良、京都にかたちゃんの足跡がいっぱい残っていそうですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 20:27 micoさん、こんばんは!
micoさんは天王寺公園は写真に撮られていましたね。慶沢園に大きな葉っぱに大きな花が咲いていました。アカンサスといって古代ギリシャの柱のデザインに使われた植物のようですが・・・・
珍しくてmicoさんに連絡しなくては?・・・と思ってしまいました。
可笑しいですよね。珍しい花に出会うとmicoさんはご存知だろうかと思ってしまいます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 20:46 rarakuさん、こんばんは!
素晴らしい紫陽花の絵に驚きました。ますます筆がすすんでいる様子、頼もしいですネ。

rarakuさんはベルリンで東西分断の壁を見られたのですね。東ドイツの中にあるベルリンの中にまた壁があって・・・・想像するだけで首を傾げてしまいます。
現在の統国寺になぜ「ベルリンの壁」が?・・・と思いました。するとすぐ横に石に彫られた説明がありました。ここに「ベルリンの壁」を設置した団体は「京都耳塚帰国実行委員会」とありました。
京都に「耳塚」があるそうです。
秀吉の朝鮮遠征帰国の供養塔である耳塚には残酷な話があるということでした。

ベルリンの壁にある落書きにはいろんな意味をこめて著名人が描いたもの、人々がそれぞれの思いで描いたものがあるそうです。
聞いたお話ですが壁1個(幅1.2m、高3.6m)800万円から1200万円するそうです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 21:00 あまもりさん、こんばんは!
あまもりさんのなじみの場所ですよね。私のようなよそから来たものには この地がもっと大切に保存されていたなら?・・・なんて思ってしまいます。
大阪は文化を大切にしてこなかったような気がしました。もったいないような気持ちになります。四天王寺界隈などもったいないものが一杯ありますよね。あまもりさんの出番(?)と思ってしまいます。
今回ご縁を感じたSさんは茶臼山だけではなく大阪の歴史に造詣が深い人です。テープにいろんなお話を吹き込んでおられました。テープをいただきましたのでこれから勉強させていただこうと思いました。
私はときどき聞かれます「あまもりさんて何者?」
って・・・・私もおなじことを以前に尋ねましたよね。私はこのブログを始めてから 歴史に関心をもちましたが あまもりさんはずっと以前からでしょうね。 関心をもってみると 今まで見えなかったものが見えてきますね。楽しいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 21:12 かりんちゃん、こんばんは!
おひさしぶりですよね。体調が悪かったのですね。今はいかがですか?元気がでてきましたか?
かりんちゃんとの おつきあいも結構長いですよね。自分の娘より若いかりんちゃんとブログを通じて話しているとき、 かりんちゃんの頑張りに胸キュンになったこともありました。私が病気のときもこまめにコメントを残してくれていて「そろそろ動こうかな!」って思いました。
そんなこんなを考えただけでも不思議ですよね。
私は北海道の温泉のこと、結構詳しくなりましたよ。いつかのんびり温泉旅行をしますね。楽しみです。

のらしろのらしろ 2007/06/20 06:52 坂口楼 普茶料理 めったに訪問できない重鎮達がここで関西の経済、政界、の指針たる物を司ったのでしょうね。
京都の吉田山荘も料亭で、かっては伏見の宮様の別邸で一度母と墓参りの折、料理とお庭を拝見古きよき物を心落ち着く一時でした。
たまには国民の安らぐ場所が欲しいですね。
天皇様が解放される御用地素晴らしい事です。

kako335kako335 2007/06/21 16:19 先生!今日は〜昨日は、色々と、有り難うございました。地図を、クリックすると、夢が、広がります。茶臼山は、私が、青春していた頃の思い出が、一杯の天王寺公園ですが、沢山の歴史を、かいま見る思い出に、一時を、過ごしました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/22 18:26 のらしろさん、こんにちは。
私は坂口楼をずっと見ていながら 何も気づかずにいました。京都には老舗の料亭がたくさんありますが、大阪はほとんどなくなりましたね。
京都の吉田山荘は今でも私には手が届かない料亭です。元東伏見宮家別邸 だったとか・・・・
のらしろさんは お母様とここでお料理をいただかれたのですね。すばらしいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/22 18:30 kakoさん、こんにちは!
楽しい時間をすごせました。ありがとうございました。
kakoさんは青春時代大阪で過ごされましたの?
生粋の浪速人のだんな様に昔の大阪の話を聞いておいてください。
また でかけたいと思っています。みなさんとわいわい言いながらパソコンの勉強会はあっと言う間に時間がたちますね。
でも元気になります。これからもよろしくお願いします。

2007-06-12 生駒山にある府民の森・額田園地の紫陽花

ikomanokaze2007-06-12

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 




 6月の生駒山の花と蝶です

下の画像をクリックしてください

[] 大阪府民の森 額田園地のあじさい  大阪府民の森 額田園地のあじさい園を含むブックマーク

10日ほど前 生駒山あじさい園に出かけた人から「すこし色づき始めましたよ!」とメールが届きました。

額田園地日本アジサイ26品種、西洋アジサイ12品種、約2万株のアジサイが咲きます。特に「幻のアジサイ」とされていた七段花が見られます。「あじさいプロムナード」は 1,500mの遊歩道沿いのアジサイは圧巻、府内随一の規模を誇り、大阪平野を眺望しながら花が楽しめるところです。

枚岡神社横からの登山道、瓢箪山かららくらく登山道を通って、石切から、日下からと ハイキングコースはいろいろあります。

あまり歩かないでアジサイだけ見たい人は 生駒山上遊園地からすぐおりていくことができます。遊園地から徒歩10分ほどくだったところにあります。

6月11日のアジサイは まだ色がつき始めたものがすこしあるだけでした。6月の末頃から見ごろになりそうです。

しかしヤマボウシの大木が並んでいて まるで雪化粧をしているように真っ白に染まった景色は圧巻でした。ハコネウツギ、ナマカマドの赤い実が新緑を背景にして印象的でした。

鶯が枝から枝へと渡っていく様子が間近で観察できるのでワクワクしました。

イボタの花にはいろんな種類の蝶が集まっていて忙しそうに飛び回っていました。

f:id:ikomanokaze:20070612160612j:image

まだ はやかったのですが 紫陽花の原種がたくさんありました

f:id:ikomanokaze:20070612160905j:imagef:id:ikomanokaze:20070612161350j:image

ヤマボウシの大木がたくさん並んでいて白い景色に圧倒されました

f:id:ikomanokaze:20070612161113j:image

ナナカマドの赤い実が林の中で赤く光っていました

f:id:ikomanokaze:20070612161644j:image

ハコネウツギがあちこちにしていました

f:id:ikomanokaze:20070612161833j:image


イボタの木に集まる蝶

f:id:ikomanokaze:20070612162136j:image

イボタの木にいろんな蝶々が

f:id:ikomanokaze:20070612162036j:image

桜の木にたくさんの鶯がいました

f:id:ikomanokaze:20070612162332j:image

彦左彦左 2007/06/12 17:38 ひめぼたるさん、スライドショーの別ブラウザ表示完成ですね。流石研究者お見事です。綺麗な花と沢山の蝶や鳥見応えありました。写真の枚数がかなり多いですね。

mi7comi7co 2007/06/12 20:21 こんばんは
額田園地アジサイの他にもたくさんの花木が楽しめそうですね、らくらく登山道は何度も行っていますがそちらまで足を伸ばしたことがありません。
楽しめそうですね。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/12 20:29 ikoさん、今晩は。
スライドショー、拝見しました。うぐいすに遭遇されたんですね。羨ましいです。私の小鳥の究極の目標はうぐいすです。いつか私も撮影したいです。
額田園地、素敵な所ですね。お花が一杯で。紫陽花が一杯色付くのが楽しみですね!

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 20:46 彦左さん、こんばんは!
やっと なんとか 彦左風になりました。
彦左さんのやり方がいちばんいいと思いました。
まだまだ 教わりたいことがいっぱいありますが なにしろ 理解するのに時間がかかるようになってオタオタしています。
生駒山には鳥も昆虫もたくさんいますが 撮影は難しいですね。何度も通わないとダメだと思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 20:49 micoさん、こんばんは!
らくらく登山道から 山頂に向かっていかれると micoさんの好きな植物がたくさんあると思います。
是非お薦めします。
アジサイも原始的なヤマアジサイの種類がたくさんありました。また行きたいと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 20:54 かたちゃん、こんばんは!
ウグイスはたくさんいるのですが、カメラが届かないことと 木々が茂っていてくらいことで 私では無理でした。いいレンズだと撮れるのでしょうか?

でも額田園地は植物も豊富で散歩するのも楽しいところです。体力があったら何度も登りたいのですが、このごろアップアップしています。
アジサイの色づく頃 もう一度いきたいと思っています。

たそがれたそがれ 2007/06/12 22:43  素敵な花々ですね。紫陽花ももうシュンを迎えたようですね。ウグイスも姿が綺麗に撮れてます。
 こちらではウグイスとホトトギスが一緒にさえずってます。
 季節が判らなくなりそうです。

至誠至誠 2007/06/12 23:20 スライドショーを拝見して、昨年10月にハイキングで訪れた生駒山を思い起こしました。梅雨空に傘を差して眺める紫陽花も風流だろうと思ったり致します。

歌う カエル歌う カエル 2007/06/13 06:46 コンニチワ!!
額田に ナナカマドが ありましたか。
写真で見るのも久し振りです。

この「赤さ」は特別ですね。
クロガネ・モチも好きですが・・
たしか・・
クロガネ・モチは 堺の反正天皇の陵近くで
見た記憶が・・
反正天皇の陵付近は 朝早く行くと サイコウー!

静かで まるで 別世界。
南海電鉄 堺東駅の東側改札口に出ると
地面に「てくてく・ロード」の案内が書かれてあって、その案内にしたがって 歩けば 約3分〜5分で もう 御陵です。
多分 今頃、カラスが鳴いていると思います。
滅多に人が歩かない穴場ですので カラスが挨拶しているのでしょう・・多分・・
堺東駅の西側は近代的な街。デパートもありますが
、西側は絶対 お勧め!

でも行かれるなら・秋が良いでしょう。
「ケヤキ通り」の紅葉の中を 南へ出れば 「三国が丘」の駅です。
摂津・和泉・河内の三国の接点で 堺東駅近くには
「方違い神社」もあります。
厄除けの神様の鳥居の前には 蕎麦屋があって 有名・・らしい・・昼時だったので 満員でパスしましたが・・

あまもりあまもり 2007/06/13 13:07 額田園地の紫陽花の種類と数はすごいですね。
去年は、宇治の紫陽花寺(三室戸寺)に出かけましたが、あのお寺より種類も数も多いですね。七段花はぜひとも見たい紫陽花です。
生駒山上遊園地の近くなんですか。でも車を手放したので、ちょっと行きづらい場所ですね。
ウグイス、初めて見たような。なかなか姿を現してくれない鳥だと聞いています。よくぞ撮れましたね。
6月の生駒、見てきました。別表示にしていただいたので、一旦閉じる必要もなく助かりました。

がんさんがんさん 2007/06/13 13:56 一度だけちらっとは見たことがあるのですが、まだはっきりとウグイスを見たことがありません…。
「スカイランドいこま」から歩いて行けるのですね?
当然、大阪側ですよね?
ありがとうございます。
是非母を連れて行ってみたいと思います。

花咲か爺花咲か爺 2007/06/13 14:28 お寄り頂きコメントを有難う御座いました。
6月11日御誕生日おめでとう御座います。
スライドショーで見事な写真拝見させて頂きました。
ウグイスの姿を真近で撮れて凄いですね。
中々姿も見る事が出来ないので、羨ましい限りです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/13 22:36 たそがれさん、こんばんは!
ウグイスとホトトギスの声を聞きながらの毎日はいいでしょうね。
奥様とお二人のドライバーで高松の法然寺参りの様子を楽しく拝見させていただきました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/13 22:49 至誠さん、こんばんは!
ハイキングで生駒山にのぼられたのですね。額田園地にもいかれました? ここのアジサイの種類と数はなかなかのものですね。
山の上にこんな素敵な場所があるのですから 毎日でものぼりたいと思いました。もう少し体力づくりをしたいものです。
至誠さんは ジムで鍛えておられますので 体力には自信がおありでしょうね。教わるところがいっぱいあります。ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/13 23:26 歌うカエルさん、こんばんは!
「反正天皇陵」のこと知りませんでした。大きな仁徳天皇陵のまわりにあるいろんな陵のこともあまり知らないでいます。
いちど 堺にも出かけたいと思います。
カエルさんは 堺にも よく出かけられますか?
堺にもお宝がいっぱいありそうですね。

そういえば、羽曳野や河南町にも陵がたくさんありますね。ここも もういちど出かけてみたいところです。
楽しみがいっぱいです。ありがとうございました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/13 23:33 あまもりさん、こんばんは!
私も昨年 宇治の三室戸寺に出かけました。ここのアジサイもみごとでした。
しかし 額田園地のアジサイはヤマアジサイが多く、アジサイの原種に近い素朴なアジサイがたくさんあることで興味深いです。
野鳥と昆虫も多いですよ。もっとも忍耐づよくないと撮影はできませんので 私には無理ですが・・・
生駒遊園地には生駒駅からケーブル電車でいけますので、また足をのばしてみてください。
あまもりさんの発見に興味津々なのです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/13 23:39 がんさん、こんばんは!
「スカイランドいこま」は入園料は無料ですが 駐車料は1000円、生駒スカイラインが700円で、利用する人が少ないのでしょうか。いつもガラ空きです。7月になってからの方がアジサイはきれいだと思います。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/13 23:50 花咲か爺さん、こんばんは!
花咲か爺さんのブログ2周年と私の誕生日が同じでしたので ご縁を感じます。
いつもお花をみせていただいていました。
これからも よろしくお願いします。

のらしろのらしろ 2007/06/14 05:25 生駒山系を四季の移ろいを好いとこ撮りで何時も拝見、只々感心と目の保養で楽しませていただいております。
お庭の花々素晴らしいですね。有難うございました。

けいけい 2007/06/14 08:50 ikomonokazeさん
コメントありがとうございました。
ご心配かけすみませんでした。
今日から 気持ちを入れ替えてがんばります。
ところで紫陽花きれいですね。
うちの近くでも 紫陽花咲き出したのでまた、ブログに載せていきます。
また、見てください。(^o^)

grandgrand 2007/06/14 11:36 紫陽花は少し早かったようですね。白っぽく見えるヤマボウシ、そんな名前がすぐわかるのが素敵です。ハナミズキの雰囲気のある花が咲く花でしょう? 糠田園地にはしばらく行っていませんがいろいろ咲いているようですね。

たそがれたそがれ 2007/06/14 13:43  歌うカエルさんのコメントに惹かれました。
 堺東駅と仁徳御陵の間で私は幼少期を過ごしました。三国ケ丘や方違神社は戦時中に、戦地へ赴く兵隊さんを見送ったり、戦勝祈願にお参りしました。
 今は埋め立てられた、海岸の方も海水浴や水族館など思い出いっぱいでした。
 堺市…是非お出かけしてレポを…私も記事を書いたことありますよ。
 歌うカエル様によろしくお伝えください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/14 23:42 のらしろさん、こんばんは!
お久しぶりですね。 おもちゃも作られましたね。
体調がよくなられて嬉しいです。
生駒山は歩いてみると いいところがたくさん見つかります。山の木は1本1本が大きいと改めて感じました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/14 23:45 けいさん、こんばんは!
ご近所にきれいな紫陽花がたくさんあるのですね。ベランダからでも見えるのですね。
けいさんは 花をきれいに撮られますね。私もいろいろ工夫をしていますが まだ思うように撮れません。けいさんの紫陽花をみせてもらって すこし解かったように思いました。やってみますね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/14 23:53 grandさん、こんばんは!山の中は暗くて どうしてもブレてしまいます。
「息を止めて・・・・」と昔レントゲン撮影をするときみたいに撮りましたが 失敗でした。
蝶も鳥も私のレンズでは難しいのかな?・・・と思いました。 技術がないのをレンズのせいにしています(恥)
写真は難しかったですが きれいなの声の鳥の名前を知りたかったです。
grandさんのようにきれいな写真を撮るには 忍耐が必要ですね。私はすべてにおいてまだまだです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/14 23:57 たそがれさん、こんばんは!
歌うカエルさんは 私の歴史の先生ですが なかなかつかまえる(?)ことができなくて・・・

そうですか、たそがれさんは「堺東駅と仁徳御陵の間」で幼少期を過ごsれたのですか。
今度 私もでかけてみたいと思っています。
カエルさんにも よろしくお伝えします。

歌う カエル歌う カエル 2007/06/16 06:25 「風」さんの この コーナーを無断拝借

「たそがれ」・さん 始めまして・・
yahooで検索したら
「たそがれ」さん が 二名ほど 居られました。
年配の方(多分 ボクより先輩)と思われましたので、見当をつけて・・多分 詩人の「たそがれ」さん だと思います。

      後は ほとんど 「たそがれ清兵        衛・・さん・」

反戦歌や詩のボクシングなどが載っていました。

ボクも昔 サトー・ハチローの少年詩から入り
高校時代に「学灯社」の雑誌「若人」に投稿したりしていました。

最近では 市販詩誌「詩人会議」に投稿したり、
数年前まで、同人誌の「コスモス文学」や
「海岸線」に投稿したり・・
読売新聞の花壇なども・・
結局 新聞代はネットの費用にまわしたり、「海岸線」では前の会長が亡くなられたのを期に退会、
どれも これも長続きせず・・自費出版の詩集も結局 友達に迷惑かけるだろう・・と、諦めて・・現在では・(昔も・・)ブラブラ・・です。

詩は好きですが 出来る詩は ウットウシイ 詩 ばかりで・・きっと読んで下さる、皆さんを 落ち込ませるので
これも あまり 楽しい作業ではないし・・ 

ま、ふらふらと 風に任せています。
今後とも 何卒 宜しくお願い致します。

たそがれたそがれ 2007/06/16 23:41  ikomanokazeさま
 勝手ながらしばしこのページをお借りします。
 「歌うカエルさま」
 はじめまして…早速応答して下さっていたのに気づくのが遅れて大変失礼しました。
 検索してくださったそうで恐縮です。
 私…そんな大物ではなくて、ほん小粒のケチな者でして下記でブログを開いています。
   http://twilight001.at.webry.info/
〔山峡の四季彩々」で自家菜園・お出かけ 花・タマには古い映画や音楽…五目寿司でございます。
 先のコメントで堺市のことを拝見して、懐かしくなって再度コメントさせて戴きました。
 よろしければお越しいただければ嬉しいです。
 よろしくお願い致します。失礼します。

rarakuraraku 2007/06/17 22:53 今晩は。額田公園というと額田王を思い浮かべましたが、額田王の出生地といわれる大和国平群郡額田郷は現在、生駒市なんですね。(インターネットの知識)
七段花という紫陽花が咲いていないかと市内の垣根などを覘きながら探していますが、いまだ発見に至らず、幻に終わるかも。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 00:02 rarakuさん、こんばんは!
平群は生駒山を越えたところにあります。今年の春モクレンを撮りにいきました。
額田王の生地ですね。額田王は美貌の才女だったようですね。でも悲劇の人でもあるような・・・・
七段花が咲いたときにまた額田園地に出かけてみたいと思っています。

しろうしろう 2007/06/19 04:41 ikoさん、おはようございます!
紫陽花のシーズンで毎週のように何処にしようかと
行き先で迷っていますが、結局同じ所になってしまいます。「額田園地のあじさい園」は魅力的ですね!ハイキングもかねて楽しめますね。
そしてなにより近い!つい電車で遠くに出かける事ばかり考えていましたが、出来るだけ近場で教えてもらった良い所を回るのもいいですね。
早速今度の休みに計画してみようかと思います。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/19 21:32 しろうさん、こんばんは!
おかえりなさい。故郷日記を拝見させていただいています。私の気持ちと重なって感情がおおきくなってコメントが書けませんでした。
今週末「額田園地」に出かけられるのですね。
紫陽花はだいぶ色づいたでしょうね。ユリもたくさん咲いていますから 楽しみですよ。
私も またでかけようと思っています。

2007-06-09 大阪八尾市にある大聖勝軍寺

ikomanokaze2007-06-09

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 




今年の我が家の花たちです

下の画像をクリックしてください



[] 聖徳太子戦勝の寺「大聖勝軍寺」  聖徳太子戦勝の寺「大聖勝軍寺」を含むブックマーク

物部守屋の墓のすぐ近くに「大聖勝軍寺」があります。もともと守屋の別宅あとに聖徳太子が寺を建てたといわれています。

正式には椋樹山大聖勝軍寺(りょうじゅざんたいせいしょうぐんじ)という「下の太子」の名で親しまれている太子巡礼寺です。

物部守屋蘇我氏・聖徳太子連合軍の戦いは守屋が優勢で、聖徳太子の軍は三度退却したそうです。以前このブログで紹介した信貴山に退却した聖徳太子は毘沙門天に祈ったそうです。そしてこの戦いに勝ったあかつきには四天王寺を建立すると誓ったと言われています。難波の高台に日本仏教最初の四天王寺を建立し、この渋川の土地に勝軍寺を創建して、太子像と四天王像を安置したといわれています。

この大聖勝軍寺の門前に四天王寺像がありました。

f:id:ikomanokaze:20070609224604j:image

f:id:ikomanokaze:20070609224750j:image


左・境内の中心にある本堂「太子殿」は 守屋との戦い後、太子は仏法の「和の精神」を後世に伝えるため、太子堂を建立したそうです。 右・毘沙門堂 

f:id:ikomanokaze:20070609224839j:imagef:id:ikomanokaze:20070610101356j:image

f:id:ikomanokaze:20070609225017j:imagef:id:ikomanokaze:20070609225109j:image

f:id:ikomanokaze:20070609225231j:image

当山の山号の由来の「神妙椋樹」の椋の木です。聖徳太子の軍勢は守屋の軍勢の前に3度敗退、大軍に包囲され絶体絶命の窮地に陥った時、椋の大木が真っ二つに割れ、太子はその幹の空洞に身を潜め、九死に一生得たといわれ、椋の木の下に祠が祀ってあります。

f:id:ikomanokaze:20070609225607j:image

至誠至誠 2007/06/10 02:39 随分と八面六臂でご活躍ですね。お住まいの近くにこのような著名な名所があるのですね。私も近くの名所旧跡を巡ら無ければならないと思った次第です。

たそがれたそがれ 2007/06/10 06:13  おはようございます
 聖徳太子の故事についてはよく存じませんでしたが、ご苦労されているのですね。
 九死に一生を…と云うほどの敗戦の、経験をされていたのですか。今まで知りませんでした。
 お花の数々拝見…素晴らしく綺麗でしたね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/10 10:21 至誠さん、おはようございます!
生駒の麓の日下に住んでから 歴史に関心を持つようになりました。周りの人たちから興味深いお話を聞くうちに 少しずつ面白さがわかってきました。
至誠さんの富田林と河内長野は楠正成の里ですよね。のどかでゆったりとした空気が流れている土地ですね。私の大好きな場所です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/10 10:34 たそがれさん、おはようございます!
私も聖徳太子のことがよくわかっていませんが、あちこちに聖徳太子ゆかりのお寺がありますね。
土地にも「太子」とか「太子堂」という地名がたくさんあることに 今になって「どうしてかな?」と思っています。大阪の河南町にも八尾市にも大阪市内にも太子ゆかりの場所があります。
もういちど 廻ってみたいと思っています。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/10 11:55 ikoさん、今日は。
ご自宅のお庭のお花を拝見しました。わざわざ出かけなくてもお家で見れるなんて羨ましい限りです。
ガクアジサイはもう綺麗に色付いていますね。スモークツリーは以前、お庭にあるとおっしゃってましたので、見れて良かったです。白とピンクと両方あるんですね。図鑑でしか見た事のないようなお花も一杯咲いていて、植物園の様です。タマランの花がすごく気に入りました。
素敵な写真をありがとうございました。また季節ごとに拝見したいです。

mi7comi7co 2007/06/10 13:53 灯台下暗しで知らないことばかり、いろいろ勉強になりました。
一度訪ねた記憶がありますが・・・
お庭のお花拝見しました、
綺麗なお花にウットリです。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/06/10 16:44 今から、日本史の勉強をしなおそうかなぁ〜と思っています。ブログで歴史上の人物の名前や、縁のある地名や建物を見ると、もっと勉強しておけば・・・、と後悔しています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/10 20:59 かたちゃん、こんばんは!
我が家はお庭といってもネコの額もないほどの狭い狭いところです。そこにぎっしり花を植えています。
夏になると花の水遣りが欠かせないので 出かけるときが大変です。
毎年花を減らそうと言う話になります。 昨年は芙蓉の木を切りました。花をこれ以上増やさないようにと思っていますが・・・いつのまにか
ガクアジサイは田舎から持ってきたものですが 毎年たくさん花をつけます。今年もきれいに咲きました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/10 21:09 micoさん、こんばんは!
「勝軍寺」はmicoさんのおひざもとですよね。
私は まだ東大阪も八尾もよくわかっていません。
とくに西のほうはわかりません。
久宝寺緑地も初めていきました。いつも初めてづくしです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/10 21:12 湖のほとりさん、こんばんは!
私はここ生駒の麓に越してきて、自分が住むようになった土地の歴史に興味をもつようになりました。
まだ 興味を待ち始めたばかりですので 好きなところだけつまみ食いしています。
恥ずかしいですね。

rarakuraraku 2007/06/10 21:42 椋樹山大聖勝軍寺。その読み方、由来を知らずして聖徳太子を語るべからず。信貴山朝護孫子寺もそうでしたが聖徳太子ゆかりの寺が多いですね。
四天王。気安く何とかの四天王と言いますが、本物の四天王の名前を知らずにいました。
大聖勝軍寺門前にある四天王像の中央に置かれた像は帝釈天像かと思ったのですが、虫眼鏡で見たら聖徳太子像のようですね。
「太子堂」という地名、東京都世田谷区にもあります。以前、近くに住んでいましたが全然に関心がありませんでした。(聖徳太子像を祀る太子堂が地名となったようですが)

がんさんがんさん 2007/06/11 10:03 戦争の歴史においては、どちらが「善」でもどちらが「悪」でもなく、成り行きにおける必然みたいなものがありますね。
時代が古来のの神道ではなく、新しい(異国の)仏教を求めていたのでしょうか…。
勢力争いの道具として、戦いの大義名分として廃仏とか崇論が使われたのでしょうけね、きっと。
そう考えると、宗教がそういうことに利用されるのは、現代も同じような…。
本質的に、人間って余り進歩が無いのかな…。
などと、最近は考えてしまいます。

彦左彦左 2007/06/11 10:04 ひめぼたるさん、大聖勝軍寺(聖徳太子戦勝の寺)って初めて知りました。いろんな事をよくご存じですね。Picasaスライドショー見せて頂きました。随分沢山の花を家で育ててますね。デユランタも咲いています内ではまだ蕾も出ません。やはり「戻れない」ですね。画面がそのまま切り替わってます。
リンクタグが問題ですね。

あまもりあまもり 2007/06/11 13:00 「下の太子」があるなら「上の太子」もあるはず。とWeb検索かけたら南河内郡太子町の叡福寺がヒット。境内の磯長陵は太子の墓と。
去年「難波宮」で調べた時、孝徳天皇の墓も「磯長陵」とあったのでちょっと不思議でした。
また「中の太子」もあったんですね。羽曳野の野中寺。
四天王寺を振り出しにこの三つのお寺を巡ることを「太子寺巡礼」ですか。
ikomanokazeさんの記事は見逃せない。次から次へと知らないことを教えて貰えて。
それに聖徳太子がこれほど苦戦した戦であったことも知りませんでした。
ひとつ間違えば「十七条憲法」も「日出国の天使・・・」も無かったということですね。
興味あるお話をありがとうございました。

庭花庭花 2007/06/11 17:41 お庭には、たくさんのお花が咲いていますね。もうビックリです。ウチには黄色の花がありません。ビヨウヤナギですね。一つひとつ勉強になります。
八尾市は大阪府ですか?生駒山の左側にあるようですね。今、地図帳を見ています。激動の飛鳥時代のロマンを感じます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 00:00 rarakuさん、こんばんは!
東京・世田谷の地名にもなっている太子堂ですよね。太子とつく地名は北海道から九州まで広い地域にあるのに 驚きました。
江戸時代以降「太子信仰」「太子講」は流行ったと書かれているものもありました。
今になって まだ驚きがいっぱいでてきます。
今まで関心がなかっただけに より驚いているのでしょうね。

かりんかりん 2007/06/12 00:05 HPにあるメールアドレスにですね。分かりました。
まだ、手をつけていないので・・・・。

周りの人たちから興味深いお話を聞くうちに 少しずつ面白さがわかってきました。
ひめぼたるさんは周りに歴史に詳しい人が多いですね。ひめぼたるさんも一杯色々と調べているので教科書では分からない、歴史の勉強をここで学んでおります

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 00:12 がんさん、こんばんは!
>時代が古来のの神道ではなく、新しい(異国の)仏教を求めていたのでしょうか…。

きっとそうでしょうね。
でも 日本人は不思議ですね。 仏教も神道も受け入れて 一つの家の中に 二つが同居していても抵抗ないのですから・・・

田舎の家にはいまでも仏間と神棚があります。新年は神社で迎え 亡くなるときは仏様に 何の不思議もなく続いていますね・・・・・
日本人の良いところなのかもしれませんね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 00:16 彦左さん、こんばんは!
スライドショーですが もとにもどるやり方を工夫してみます。
我が家は今花盛りです。春から夏にかけてが一番華やかです。でも 出かけるとき 水遣りが大変です。もうそろそろ花づくりも 縮小しようと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 00:25 あまもりさん、こんばんは!
あまもりさんはやはり お気づきですね。
上の太子の叡福寺もお参りしてきました。
中の太子の野中寺(やちゅうじ)といっしょに もう一度廻ってこようと思っています。
羽曳野と河南町にはまだまだいっぱい謎が(私個人の)埋まっていて 宝の山に見えます(笑)

今でも あまもりさんの難波宮調査記録のすばらしさを覚えています。すごい人がおられるなぁ〜!って思いました。
また いろいろ教えてください。マン丸眼で期待しています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 00:28 かりんちゃん こんばんは!
私は みんなから歴史の面白さを教わっているとかきましたが、 温泉のことはかりんちゃんから教わって関心をもっています。 面白い温泉や気持ちのよい温泉をみつけると かりんちゃんに報告しないと・・・・と思ってしまいます。
かりんちゃん=温泉=美味しい食べ物=めずらしい食べ物 ・・・ですね。

かりんかりん 2007/06/12 16:32 ↑おかしな方程式ができたみたいでw
風邪を引いて倒れています。興味ある作業はお休み中です、心配かけてすいません。

2007-06-08 枚方市・山田池公園で咲き始めたばかりの紫陽花

ikomanokaze2007-06-08

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[] 山田公園紫陽花  山田池公園の紫陽花を含むブックマーク

山田公園水生花園は花菖蒲の池があってスイレンの池があってその奥に紫陽花園があります。紫陽花は山の斜面にたくさん植えられていましたが まだ咲き始めたばかりのようでした。青い紫陽花の他は色がつき始めたばかりでした。

f:id:ikomanokaze:20070608140910j:image

f:id:ikomanokaze:20070608141112j:image

f:id:ikomanokaze:20070608141738j:imagef:id:ikomanokaze:20070608141810j:image

紫陽花の本当の花です?

f:id:ikomanokaze:20070608163449j:image

  

「がくあじさい」は「あじさい」の原種だそうです。私達は額を愛でているそうです。

f:id:ikomanokaze:20070608165907j:image

ガウラ(白蝶草 はくちょうそう) 

よく見ると白い蝶のようでした。

f:id:ikomanokaze:20070608163225j:image

シオカラトンボと蝶です 

f:id:ikomanokaze:20070608170039j:imagef:id:ikomanokaze:20070608170101j:image

彦左彦左 2007/06/08 21:56 ひめぼたるさん、ガウラ(白蝶草 はくちょうそう)本当に綺麗ですね。下のトンボと蝶も見事です。スライドショー拝見しました。Picasaをダウンロードして困っています今度教えて下さい。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/08 22:53 ikoさん、今晩は。
アジサイは、花ではなく、ガクだと言うのは聞いたことがありますが、ガクアジサイがアジサイの原種で、真ん中のが本当の花だとは知りませんでした。とても良い勉強になりました。今度ガクアジサイの花をじっくり観察してみます。
トンボは割りとどこかに止まるとじっとしてくれるのですが、蝶々はなかなかじっとしてくれないので、上手く撮れません。
お花も昆虫もとても綺麗に撮影されてますね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/08 23:36 彦左さん、こんばんは!
Picasaですが メールの説明でいいのでしょうか?
もし 説明が悪いようでしたら また説明しなおしますので、お知らせください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/08 23:40 かたちゃん こんばんは!
かたちゃんは ほんとうに奈良のあちこちご存知ですね。 大和民族公園にあんなに素敵な花菖蒲があることを知っていたら そちらに出かけたのに ・・今度機会がありましたら 是非でかけてみたいと思います。

花菖蒲の種類は山田池公園より多いような気がしました。
矢田寺の紫陽花はそろそろ色づきはじめる頃でしょうか?

けいけい 2007/06/08 23:48 ikomanokazeさん
紫陽花きれいですね。
大阪もそろそろかな?うちの近くの花壇の紫陽花は、まだ、色が、ついていないのでつきだしたら、
載せたいと思っています。
でも、明日は、雨になりそうなので来週ぐらいから、紫陽花探しになりそうです。(^o^)

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/09 00:31 けいさん、こんばんは!
今 雷がゴロゴロ音を出しています。
雨が降るようですね!紫陽花が喜びますね。

紫陽花は いろんな色の変化が楽しめて魅力のある花ですね。
けいさんは どちら方面に紫陽花さがしにいかれるのでしょうか?

かりんかりん 2007/06/09 10:19 紫陽花の本当の花・・・私達は額を花だと思って見ているんですね。Picasaをダウンロードして困っている人が他にもいらっしゃるんですね。ここで公開講座が開かれそうですね^^

歌う カエル歌う カエル 2007/06/09 10:40 居た・居た・・トンボのシオカラ
最近は イカの塩辛しか お眼にかかってない。

赤とんぼ は 夢の夢・・
三木露風の歌碑と 揖保素麺の里も 計画倒れ

ま 瞼の裏

たそがれたそがれ 2007/06/09 12:21  紫陽花…これからが咲き時ですね。
 トンボと蝶…ちょうさんの模様が綺麗ですね。
 紫陽花と云い蝶といい、自然の作った芸術は大したものですね。
 我が家の紫陽花はおシカちゃん被害から、今懸命に回復中です。
 やがて何とか咲いてくれるかと思います。

あまもりあまもり 2007/06/09 13:02 ヤマアジサイ(ガクアジサイ)が日本原種の紫陽花で、このヤマアジサイが西洋で改良されてセイヨウアジサイとして逆輸入された。ということはブログを始めて知りました。
花と思っていたのは実はガクだったこともブログから。今やブログは貴重な情報源ですね。取捨選択はしなければいけませんが。
ガウラはまた何と綺麗な花。別名の白蝶草は、耳で聞けば白鳥草と取ってしまいそうですね。でも花を見れば、大きな紋白蝶ですね。
トンボはなかなか撮らしてくれないのに、綺麗に撮れていますね。
蝶は、蜜を吸うのに夢中だと近づいても逃げずにポーズ(?)をとってくれる時もありますが、小さなモンシロチョウやモンキチョウはヒラヒラするばかりで、これまた写させてくれない・・・。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/09 23:16 かりんちゃん、こんばんは!
かりんちゃんは Picasaができました?
もし 必要でしたら私のHPにあるメールアドレスにメールくださいませんか?

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/09 23:19 歌うカエルさん、こんばんは!
シオカラトンボ、チョウトンボ、イトトンボ・・・まだまだいたのですが とまってくれなくて・・・
動くものは 忍耐強くないとダメですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/09 23:21 たそがれさん、こんばんは!
紫陽花をシカさんが食べたのですか? サルに玉ねぎを、シカもやられながら それでも綺麗な花と美味しい野菜ができるのですから 素晴らしいですね。 たそがれさんは いろんなことがおできになるのですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/09 23:25 あまもりさん、こんばんは!
最近 日本の原種に近い紫陽花を復活させて育てているところがあります。
素朴な紫陽花に より魅力を感じるようになりました。我が家のガクアジサイは毎年はないっぱいつける丈夫な苗木です。今日アップしました。

けいけい 2007/06/11 11:22 ikomanokazeさん
今年は、万博記念公園か?長居公園に出かけようとは、思っています。でも、今日は、近くの花壇に咲く花が、色が、つきだしたのでそれを撮ってみようかと考えています。(^o^)

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/12 15:19 けいさん、こんにちは!
長居公園の紫陽花も万博記念公園の紫陽花もきれいでしょうね。もうそろそろでしょうか?

2007-06-07 枚方市・山田池公園内の気になる木々とスイレン

ikomanokaze2007-06-07

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[] 山田公園で目にとまった木々  山田池公園で目にとまった木々を含むブックマーク

山田公園に入るとすぐ目にとまったのはブラシノキでした。4年前植物園で初めて見たときは ほんとうに木にいっぱいついているビーカー洗い用の「ブラシ」が楽しくて 珍しい木に驚きました。この頃では庭木として家庭に植えられているようです。聞いてみると日本には明治時代に入ってきて家庭にも普及していたそうです。耐寒性があり乾燥にも強い育てやすい木のようです。

それにしても山田公園は赤・白・ピンクのブラシの木はたくさん並んでいて目をひきました。

ヤマボウシの大木が まだ白い花をつけていました。ハナミズキとは違った趣があり 森の住人みたいにどっしりと構えて頼もしく感じました。

大きな桑の木を見つけたときは久しぶりに友に会ったような懐かしさを覚えました。しかもぎっしりと黒い宝石が地面を染めていました。木を見上げると赤 黄 緑の粒が美味しそうでした。木の上からこのご馳走目当ての鳥の鳴き声が聞こえてきました。

フトモモ科ブラシノキ属ブラシノキ

f:id:ikomanokaze:20070606234726j:image

赤いブラシをキンポウジュと呼び、白いブラシをマキバブラシノキと呼ぶそうです

f:id:ikomanokaze:20070606235916j:imagef:id:ikomanokaze:20070606235942j:image

よく見るとどの色のブラシの先端にも金色の小さい点が見えます。

f:id:ikomanokaze:20070607000057j:image

どっしりとした大木のヤマボウシ

f:id:ikomanokaze:20070607094606j:image

4・5mもある桑の木と桑の実

桑の実を食べると口の中も周りも真っ黒になりました。桑の実が落ちて地面は真っ黒でした。このごろ桑の実を使ったお菓子をつくる人はいなくなったのでしょうか?バケツを持ってきていたら もらってかえりたいのにな〜!

f:id:ikomanokaze:20070607094904j:image f:id:ikomanokaze:20070607095010j:image

浅瀬の渓流沿いに歩いていくとスイレンが咲く池がありました。さらにあるくとスイレン科のオグラコウボネの池があり鯉がおよいでいました。

下の画像をクリックしてください。山田公園の花たちのスライドです


スイレンの池

f:id:ikomanokaze:20070607100356j:imagef:id:ikomanokaze:20070607100203j:image

f:id:ikomanokaze:20070607100515j:image

f:id:ikomanokaze:20070607100608j:image

コウホネです。

オグラコウホネ(巨椋河骨)は近畿地方以西の一部の湖沼にのみ生息する希少植物だそうです。今は武庫川上流にしか見られないそうです。山田公園はただのコウホネでした。コウホネがたくさん咲いていました。

f:id:ikomanokaze:20070607100648j:image

f:id:ikomanokaze:20070607100805j:image

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/06/07 11:55 こちらの池でも夏になると黄色い花の「コウホネ」が咲きます。今から楽しみです。鯉が元気に泳いでいますね。水がとても綺麗ですね。

彦左彦左 2007/06/07 13:55 ひめぼたるさん、見せて頂きましたね。非常に沢山のそれも綺麗な写真で吃驚しました。ブラシの木って好きなんですよ。GoogleのPicasaって初めて知りました。いろんなことやられますね。

mi7comi7co 2007/06/07 14:22 こんにちは
たくさんの花を楽しませていただきました、
初夏の公園は見所がいっぱいですね、
ブラシの木のピンクと白は初めてです、
桑の実は見た事も食べた事もなくて興味津々!!
水辺の花もいろいろ楽しめそうですね。

たそがれたそがれ 2007/06/07 15:17  気になる木…やはりブラシの木ですね。
 どなたかのブログで初めて見ましたが、ほんとにズバリそのものですね。
 巨椋河骨…は戦前に京都宇治あたりに巨椋池云う沼地があったそうですが、そこが原産でしょうか?

かりんかりん 2007/06/07 15:42 花などのスライドショーを楽しんできました。ブログでみる写真よりも大きくとても綺麗でした。ひめぼたるさんは色々な機能を使いこなして凄いですね。
スイレンの花が綺麗です。σ(・・*)もあすスイレンアップする予定ですが・・あの花がスイレンなのか教えてくださいね。

あまもりあまもり 2007/06/07 15:55 オグラコウホネの漢字は「巨椋河骨」なんですか。河の骨・・・水の中で見たら茎が骨に見える?なんてバカな想像をしてしまいました。
近畿以西の稀少植物ですか。城北でいいものを見せてもらったということですね。
ハナミズキは街路樹にもなっているところが多くよく見ますが、日本古来のヤマボウシはまだ見たことがありません。見るのは画像ばかり。一度見てみたいです。
スライドショー見てきました。大きな画像で満足しました。でもここに戻ってくるのに難儀。一度閉じてまた新たにやってきました。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/07 19:48 ikoさん、今晩は。
スライドショー拝見しました。どれもとても綺麗に撮れてますね。お花が大好きな私は、しっかりと楽しませて頂きました。
ブラシの木の白やピンクは初めて拝見しました。赤色だけだと思っていました。そして、素敵な池もあるんですね。コウホネは最近では、大阪市大植物園、その前は平安神宮の神苑で拝見しましたが、オグラコウホネと言うのもあるんですね。
本当にいろいろ楽しめて素晴らしい公園ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 21:52 湖のほとりさん、こんばんは!
私が間違えていました。山田池公園は日本中にあるコウホネでした。オグラコウホネが希少植物です。葉がちがいました。訂正します。
きれいな水の中で鯉が気持ちよさそうでした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 21:57 micoさん、こんばんは!
いろんな花が咲いていて目移りします。micoさんのところで珍しい花をみせてもらっていますね。
だからでしょうか 珍しい花にすぐ目がいきます。

昔は蚕をかっているところがたくさんありましたので、蚕の餌として桑が植えられていました。田植えの頃になると桑の実が熟れるのを覚えています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 22:02 彦左さん、こんばんは!
彦左さんも「ブラシノキ」がお好きですか?なんとなく楽しくなる木ですよね。たくさんブラシが風に揺れていました。
GoogleのPicasaも彦左さんは試してみられることお薦めします。何でも試していろんな使い方をされるのが彦左さんの素晴らしいところだと思っています。教わりたいことがいっぱいあるのですが なかなか時間をつくれなくて つくりかけばかりたまっています。恥ずかしいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 22:07 たそがれさん、こんばんは!
「ブラシノキ」をみると なんとなく掃除をしたくなる?・・・・・なんてことありませんよね。
面白い木があるものですよね。
ところで 「巨椋河骨」ですが、たそがれさんの書いておられるとおりです。
「京都市南部の山城地方の巨椋池で発見されたことに由来するとの説がある」と書いてありました。
ところが 私が見たのはただの「コウホネ」でした。日本全国どこにでもあるそうです。すみません。まちがえました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 22:12 かりんちゃん、こんばんは!
たくさんのスライドショーをみてくださってありがとう! かりんちゃんもたくさんの写真があるときはこれを使うと便利ですよ。
Googleに登録して GoogleにあるPicasaをダウンロードしてみてください。一度試してみられたらどうでしょうか?
かりんちゃんに教わったExciteのコメントに絵を張ることができないでいるのにね・・・(恥)
スイレン楽しみにしています!

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 22:21 あまもりさん、こんばんは!
「コウホネ」の「河骨」はあまもりさんの推理のとおりです。
しかし、この花は「オグラコウホネ」ではありませんでした。ただの「コウホネ」でした。葉がぜんぜん違うのに花だけみていました。・・・恥ずかしいです。
「オグラコウホネ」は兵庫県でしかみられないそうですね。一度見てみたいものです。

スライドショーをみてくださってありがとうございます。一度閉じてまたここにくるのでは面倒ですね。何かいい方法はないものでしょうか?
あまもりさんのお知恵拝借できませんか?
植物でもなんでも「あまもりさん!SOSです!」どこが先輩でしょうか? 歳が多いだけですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 22:27 かたちゃん、こんばんは!
「ブラシノキ」の鮮明な画像をかたちゃんのところで拝見しましたね。 そのときも私は鮮明に撮れなくて、今度は結構気をつけましたが なにしろ風が止まないので今回も諦めました。ピンクのブラシもきれいですよね。

ところで、「オグラコウホネ」はまちがいでした。ごめんなさい。ただの「コウホネ」でした。咲ききった花があったのですが それをみて「オグラコウホネ」と思ってしまいました。葉をみないでいました。すみません。恥ずかしいですね。

かりんかりん 2007/06/08 12:27 Googleに登録してGoogleにあるPicasaをダウンロードして登録しました。その先が分からず途方にくれています。ひめぼたるさんは設定の所で、たしか「ダウンロードを皆さんに出来るようにしますか?の設定はどうしていますか?」
ブログにはどのように貼り付けたのでしょうか?

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/08 13:48 かりんちゃん、こんにちは!
北海道のスイレンをみてきました。たくさん咲いていますね。スイレンは北海道も大阪も同じごろにさくのですね。

Picasaのことですが・・・Picasaをダウンロードして インストールして そのあと デスクトップの画像を登録するのか、パソコン内全部の画像を登録するのかきいてくると思います。
どちらかを選択してください。

次にPicasaウエブアルバムに登録します。そのとき
ユーザー名とパスワードをきいてきます。Picasaをダウンロードしたときのと同じもので登録します。

自分がウエブにアップしたい画像のフォルダを左から選んで 右上のウエブアルバムをクリックしてみてください。画像が右側に表示されます。

ここまでで あと、また きいてください。

かりんかりん 2007/06/08 14:24 ↑のところまで一度ありましたが、びっくりしてPicasaに保存した画像をすべて削除しってしまいました。その続きでまた写真を入れたんですが見れないです。非公開にしていると自分のアルバムも見れないですね。

後ほど、またカチカチ弄ってがんばります。

grandgrand 2007/06/08 19:23 山田池公園は池の水がきれいですね、澄み切って見えます、鯉も幸せでしょう。
鶴見緑地にも”コウホネ”が植えてあったと思います、狭い池でしたけど、今が咲く時期なんですね・・

かりんかりん 2007/06/09 10:28 Picasaを昨日ブログをそっちのけでやっていたけど・・(夜中まで)目が痛くなって挫折です。一から登録しなおしてやれば解決できるのだろうか?と思うくらいです。ちょっとこのPicasa作業は休憩します。昨日から目がゴロゴロして痛いので目を休ませます。月曜日から開始しますね。分からない事があったら教えてください。
メールの方がいいかしら?月曜日に何処まで状態が進んでいるのか連絡を入れます。すいませんが、こないだ迷惑メールを整理したときに仲良しさんのメールアドまで全て間違って消えてしまい、ひめぼたるさんのアドまで消しちゃった(ごめんなさいm(_ _)m)
ブログでやり取りするよりメールの方で連絡を取ったほうがひめぼたるさんの都合がいいでしょうか?
色々な人たちから頼りにされて、忙しいのに・・(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ ごめんなさい。

2007-06-05 枚方市・山田池公園の菖蒲

ikomanokaze2007-06-05

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[] 枚方市にある山田池公園菖蒲  枚方市にある山田池公園の菖蒲園を含むブックマーク

山田池は以前に野鳥をみにいった兵庫県昆陽池公園と同じように古くからある灌漑用の池だったそうです。およそ1200年前の築造だそうですから驚きます。

昨年は尼崎農業公園の菖蒲園にいきました。

今は池の護岸工事や渓流の造成をして山田公園としてたくさんの人が集うところになっています。四季を通じてさ色とりどりの花々が咲いているので一度行きたいと思っていましたがやっと実現しました。

山田公園内にある菖蒲をみたいと思ったのです。園内は菖蒲だけではなく紫陽花、睡蓮、ハーブなどもきれいに咲いていました。とても広い公園で迷子になりそうでした。

f:id:ikomanokaze:20070605203031j:image

f:id:ikomanokaze:20070605203151j:image

f:id:ikomanokaze:20070605203707j:image

f:id:ikomanokaze:20070605204100j:image

f:id:ikomanokaze:20070605203956j:image

f:id:ikomanokaze:20070605204242j:imagef:id:ikomanokaze:20070605204312j:image

浮御堂のある山田池は水鳥もいます。

f:id:ikomanokaze:20070605204452j:image

アカシヤ、センダン、メタセコイヤなどの大木がある山田池に通ずる道と紅葉谷の渓流

f:id:ikomanokaze:20070605204543j:imagef:id:ikomanokaze:20070605204610j:image

たそがれたそがれ 2007/06/05 22:16  水の青さと木々の緑が染入るような風景ですね。
 我が家もアヤメがありますが、なんの種類か判りません。一度調べてみようかな?

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 23:27 たそがれさん、こんばんは!
山田池公園は初めてでしたが 水と緑が豊かで気持ちのよい公園でした。
私の家から遠いのでなかなかいけないのですが 近くにこんな公園がある人が羨ましくなりました。

しろうしろう 2007/06/06 05:11 ikoさん、おはようございます!
早速行かれましたね。とても行動的でいいですね。
山田池公園の菖蒲は丁度良いタイミングには
行った事がなく、ikoさんの記事で楽しませて貰いました。有難うございます。
私もどちらかというと、おちょこちょいと
尻の軽さでは誰にも負けません(これ自慢になりませんね、汗、、)
その点は家内と全く正反対で、出掛けるのは
殆ど一人です。気楽に思う存分歩き回る休日と
なります。ikoさんは、今度は何処に行かれるのか
とても楽しみな毎日です。

しろうしろう 2007/06/06 05:14 すみません!さっきのコメントで
「、、私もどちらかというと、、」ではなくて
「、、私はどちらかというと、、」ですね。
大変失礼しました。

庭花庭花 2007/06/06 05:27 色とりどりの花菖蒲が咲き乱れていますね。黄色にはビックリしました。確かに花菖蒲の花の形をしています。黄色はキショウブだけかと思っていたので勉強になりました。色々種類がありますねぇ。

歌う カエル歌う カエル 2007/06/06 07:01 コンニチワ!
山田池公園・・枚方ですか! 梅・桜・・
もう・・花菖蒲ですか!? 早いものですね。

枚方と言えば、4年程前 紅白の梅を撮りに行きました。
神社の裏の公園に 坂之上田村麻呂の命乞いも虚しく惨殺された東北の英雄 鬼と呼ばれた
「アテルイ」の首塚が寂しそうにありましたが・・
勝ち組・田村麻呂は 杭全神社が坂之上の縁で 息子の広野麻呂が建てた とか・・ん で・・ヒラノ区に・・

守屋の墓へ行かれたのですね!
八尾は広いから、大変だったでしょう・・
弓削氏 矢作氏等 物部守屋(刑部守屋・・なにせ
付近は物部ダラケ・・物部の中では 刑部がエリート集団だった・ラシイ・・)
物部氏をはじめ 品部の税は物納だったらしく、
その中でも矢作氏(やはぎ・し)は矢を納品する時
矢を背中に背負って納めた・・ラシイ・・
矢を背負う・・矢を負う・・八尾・・バンザ〜イ
・・ん・・で・・八尾市・・
( もう一つの説は 遺伝子交換?で、尾羽が八つ有ったソプラノ歌手の鶯のマンションの木があった八尾木から・・とか・・真偽の程はサダカでない。)
守屋の墓の前に 牛丼の吉野家があったでしょう?
ボクちゃん の 場ヤイは ライフテーマが安近短で(安)を主体に何でも お食いなされます ので・・
外食は牛丼 長崎皿うどん 廻る寿司
とか・タコ焼き・お好み焼き。

天王寺のアベノ・ルシアスに回転すしの旨い店がありますよ。
四天王寺まで 足を伸ばせば(引っ張って延ばすのでは無く・・)
四天王寺の西側に天王寺七坂があって 大阪市内の滝があります。
ま 水はチョロチョロですが・・
七坂の一つ 愛染坂の勝鬘院と言うお寺 通称(愛染さん)には、もうすぐ・・朱色の花が咲きます。
情熱的な花の名は ノウゼンカズラで カレの桂を恋い慕う小説「愛染桂」で有名になった花。
( もっとも 小説の舞台のお寺は静岡? 神奈川? ボー却・なんせ あの辺り )

大阪で最初の夏祭りがあるのは このお寺です。 恋愛成就祈願のアベックで ごった返します。
付近には仁徳天皇の高津神社があり
ここには 縁切り坂も あります。
ま・そんな事がありません よ〜に!
何時までも お前 掃くまで わしゃ九十 熊手 で・・仲良くお過ごし下さい。

mi7comi7co 2007/06/06 10:51 花ショウブの季節ですね、
たくさんの花色を楽しませていただきました、
整備が行き届き四季折々たのしめそうですね。

がんさんがんさん 2007/06/06 13:50 地図を見ると、私は車で京都に行くときにはこの公園の近くを通っているんですね…。
しかしこんな立派な公園があることは存じませんでした。
穏やかな気持ちでノンビリできそうですね。
馬見山も万博公園も長居の方も行っていない所ばかり…。
そして行ってみたい所ばかり…。
関西は良い所が多すぎて大変ですね。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/06/06 13:54 日ごとに緑が濃くなりますね。爽やかな風を感じますが、気温は高いのでしょうか?

かたちゃんかたちゃん 2007/06/06 14:52 ikoさん、今日は。
大阪市出身で奈良市在住の私ですが、主人の実家が枚方市なので、新婚の時、1年間だけ枚方の香里園に住んでいました。と言っても、一度もこの公園には行った事ありませんが。
今年の私の「花菖蒲園リスト」に山田池公園は入っているのですが、こちらで拝見したので、満足しちゃいました。
主人がikoさんの撮影された花菖蒲の写真を褒めていましたよ!

ima-2ima-2 2007/06/06 16:19 山田池の菖蒲綺麗ですね。
僕は、昨年山田池の菖蒲を見に行きました。
大きな池があり菖蒲も綺麗に咲いていました。
懐かしく見せて戴いております。
僕のブログのコメントの字が出なくて済みません!!原因を調べていますがなかなか思うように
行きません??
何か良い方法は有るのでしょうか?
良い方法が有れば教えて下さいお願いします。

あまもりあまもり 2007/06/06 19:31 あら、偶然にも菖蒲園の記事が。私のほうは、城北菖蒲園です。ヒマな折に見てくださいね。
山田池公園は園内に菖蒲園もあるという広い公園なのですね。迷子になるほど・・・。
城北は迷子になりたくてもすぐに見つかります。菖蒲池の対岸からでも(笑)
枚方はパークだけじゃなく、こんな素敵な公園もあるんですね。私は大阪市以外を知らなすぎです。反省。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 20:51 しろうさん、こんばんは!
早速 枚方山田池公園にいってきました。
高槻菖蒲園にいこうか迷いました。高槻菖蒲園は毎年お墓参りにいく近くなのです。
今回は 初めてのところを選択しました。
とても素敵なところでした。大きな大きな桑の木があって 桑の実がいっぱい熟れていました。小鳥が桑の実を食べにたくさんいました。
何年かぶりに桑の実を口にしました。なるほど・・・味を思い出しました。睡蓮も紫陽花もブラシノキもヤマボウシも・・・・休憩するまもなく歩きまわりました。

そうそう わたしもオッチョコチョイです。見破られたかな?・・て思いましたよ(笑)

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 20:59 庭花さん こんばんは!
お久しぶりです。今 庭花さんのところはモズ一家がお泊りで 賑やかですね。 雉はどこかでモズが巣立つのを待っているのでしょうか?

黄色い花菖蒲がなんとなく気になりました。カンカン照りでしたので きれいな写真が撮れませんでしたが・・・・

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 21:19 カエルさん、こんばんは!
PCとともに休眠・・・なんていわれるものですから少々焦りました(どうして焦るのかはわかりませんが)
思うに いろいろ聞きたいこと、確かめたいことがあるときどうしようか? 連絡方法はないものか?
カエルさんのブログが消えなければ そこが連絡場所になるのですが、ここ3日ほど表示されませんでした。

物部守屋のお墓参りがやっとできました。鏑矢塚はカエルさんの説明がなかったら気づきませんでした。ありがとうございました。

四天王寺さんの愛染さん、高津神社、杭全神社 懐かしいです。
もう一度じっくりまわってみたいと思っています。
まだ 消えないでくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 21:25 micoさん、こんばんは!緑と水が豊かでのんびりできる公園でした。紫陽花も咲き始めていました。
桑の大木がありいっぱい実をつけていたのをみたのが収穫でした。桑の木のこんな大木をみたのは初めてでした。とんぼが多いのも嬉しかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 21:37 がんさん こんばんは!
もうすっかりよくなられましたか?

このごろ いろんな公園をみていると 大阪にも緑があるような気がしますが 東京都比べると緑の面積がうんとすくないのですよね。
先日 八尾市と東大阪市と大阪市の三つの境にある久宝寺緑地にいきました。 ここも緑と花がいっぱいの大きな公園でした。

がんさんは枚方市を通って京都にかよっておられるのですか?私はこのあたりにくるとどこがどこなのかわからなくて迷います。山が見えると東とだけをたよりに動いています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 21:40 湖のほとりさん、こんばんは!
羊蹄山の麓の緑が輝いていますね。こちらも緑がきれいです。一段と濃くなったようですが・・・
この日はとても暑かったです。夏日でした。
でも まだ家の中にいますと 涼しく感じます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 21:48 かたちゃん こんばんは!
かたちゃんは 大阪生まれで 大阪のことも詳しくて 学生時代は神戸や伊丹の方を散策されていて、箕面に妹さんが住んでおられて・・・・そして今度はご主人の実家は枚方市、 
今は奈良公園に囲まれてすごしておられますね。
京都にも近くてよく出かけておられますね。
やはり かたちゃんは 関西案内人です。
いつもお世話になっています。かたちゃんのブログが消えない限り このブログをたよりに少しずつ廻ってみたいと思っています。よろしくお願いします。

ご主人様によろしくお伝えくださいね。嬉しいです。もう少し励みますので またみてください。

rarakuraraku 2007/06/06 22:17 今晩は。
浮御堂のある山田池の風景がいいですね。
橋を渡って堂まで行けるようですが、浮御堂から月を愛でつつ一刻を過ごすのもこれまた風流。嫋嫋たる笛の音が聞こえてくるようです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/06 22:25 ima-2さん、こんばんは!
山田池公園にima-2さんはいかれたことがあるのですね。私は初めてです。
みなさんから聞いていましたので 一度行ってみたいと思っていたのです。思っていたより遠かったですが、花がたくさん咲いていて素敵な公園でした。

ima-2さんのブログの文字はなおっていましたね。
背景の色が黒になったので見えるようになりましたね。 フォントの色をさわっられたとき </font>で閉じておられなったのでは?・・・と思いますが・・
コメントがセンターになっているのも
画像のところが</Center>で閉じておられないからだと思いますが・・・文章や画像のタグがコメントや横の表示にも影響をあたえるのですね。
また調べてみてくださいね。

けいけい 2007/06/06 22:43 ikomanokazeさん
山田池の花菖蒲、きれいです。
花もよく咲いていてよく撮れていますね。
もっと、近かったら、いきたいです。(^o^)

至誠至誠 2007/06/06 23:24 枚方山田池公園は素晴らしそうですね。一度行きたいです。拙宅から近くに「花の文化園」があります。まず文化園に明日にでも出掛けてみたいと思ったりしています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 14:42 rarakuさん、こんにちは!
浮御堂のある池のほとりでお弁当を食べました。
暑い季節を迎えると水があるとほっとしますね。水が流れる木陰で休んでいると満ち足りた気持ちになります。
夕べに「嫋嫋たる笛の音」を聞きながら蛍の舞を鑑賞したいものですね。ここには蛍がいそうな気がしました。小川にカワニナがたくさんいましたから
・・・となるとそわそわしてきます。

rarakuさんが紹介された「智光山公園」の方がスケールが大きいと思いますが・・・
「自然生態観察園」にホタルが飛ぶんですって?
この公園は武蔵野の雑木林がそのまま残っているのですか? とても素敵なところですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 14:47 けいさん、こんにちは!
このごろお忙しいのですよね。元気ハツラツって感じですね。
私が緊張しても仕方がないですが、何かいいことありそうな期待をしています。

山田池公園は池を中心に雑木林がのこっているところがよかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/07 14:53 至誠さん、こんにちは!
そうそう、至誠さんのお近くに 「大阪府花の文化園」がありますね。花菖蒲も紫陽花もスイレンもここにいけばすべて揃っていますよね。
水彩画の題材がみつかりますね。
私は「錦織公園」も好きです。緑したたる公園ですよね。
お暇なときに覗いてみてください。
http://ikoma.web.infoseek.co.jp/photostory06/
PhotoStory6.html

2007-06-04 生駒西麓にある物部守屋のお墓参り

ikomanokaze2007-06-04

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[] 生駒西麓の物部氏のルーツ  生駒西麓の物部氏のルーツを含むブックマーク

私のホームページのトップに「物部氏の里は 生駒山を挟んで奈良の都に対峙しています。」

と書いています。私の住んでいる生駒西麓は物部氏のさとです。

家の近所にある石切剣箭神社は物部氏ゆかりの神社です。

石切剣箭神社は上の宮と本社があり、上の宮には饒速日尊(ニギハヤヒノミコト)が祀られ、本社には可美真手命(ウマシマデのミコト)が祀られています。

その 可美真手命(ウマシマデのミコト)は櫛玉饒速日の子で、物部氏の祖だそうです。

饒速日尊(ニギハヤヒノミコト)はというと、天照大神の命で、天磐船に乗って交野市私市にある磐船神社に降りてこられたという いくつかある天孫降臨伝説が残っています。

交野市私市にある磐船神社にいきました。

生駒山系の北端にあり、河内大和の境に位置します。境内を流れる天野川は、10キロほどくだって淀川に注ぎ込みます。この天野川にそって古代の道ができ、古代における当社の祭祀は饒速日の子孫である物部氏(もののべし)によって行なわれていました。その中でも特に交野地方に居住した物部氏を肩野(かたの)物部氏という」との説明が神社にありました。

神話によると物部氏はここから始まったそうです。

磐船神社の御神体です

「天の磐船」といわれる高さ12メートル、幅12メートルある船の形をした巨大な磐座(いわくら)です。

f:id:ikomanokaze:20070604213745j:image

あちこちに巨石があるのには驚きます。

f:id:ikomanokaze:20070604214110j:image

[]物部守屋の墓(八尾市 物部守屋の墓(八尾市)を含むブックマーク

神話はともかく 物部守屋は実在の豪族です。この歴史上の大人物の墓をみて寂しく感じました。

蘇我入鹿の首塚も飛鳥寺の裏門近くにぽつんとあったのと似ています。

勝者の歴史が残っているせいでしょうが、悪者にされた人が果たして悪者かどうかは未だにわかりませんね。

よく善悪は後の歴史が決めると言いますが 1000年以上も経っているのに解き明かされないままです。

歴史はともかく、物部氏のさとにきて物部守屋の墓を一度この目でみたいと思っていました。

やっとこのブログでカエルさんから「物部守屋の墓」をおしえていただき、出かけてきました。

物部氏の本拠地は東大阪市衣摺から八尾市渋川・跡部にかけてであったそうです。

蘇我氏と聖徳太子の連合軍対物部氏の戦いがあったとき衣摺(きずり)に物部氏は陣をつくったと聞きました。

守屋が打たれたのは現在の八尾市太子堂にある聖徳太子建立の「勝軍寺」近くだったそうです。

守屋打たれた矢を埋めたところはカエルさんがなげいたおられたように飲み屋さんの看板に隠れていました。

物部守屋の墓(八尾市

f:id:ikomanokaze:20070604215502j:image

守屋の首を洗ったいわれる守屋首洗池

f:id:ikomanokaze:20070604221710j:image

守屋首洗池は勝軍寺門前にありました。

f:id:ikomanokaze:20070604221739j:image

守屋を射た鏑矢が落ちその矢を埋めたとされる鏑矢塚(かぶらやづか)(八尾市

飲み屋さんの看板に隠れています

f:id:ikomanokaze:20070604221814j:image

f:id:ikomanokaze:20070604221850j:image

車の往来の激しい道に面して マンションや民家に挟まれて守屋の墓はありました

f:id:ikomanokaze:20070604221926j:image

守屋の墓を囲む石には全国有名神社の名前がならんでいました。

f:id:ikomanokaze:20070604222016j:imagef:id:ikomanokaze:20070604222036j:image

f:id:ikomanokaze:20070604222111j:imagef:id:ikomanokaze:20070604222137j:image

grandgrand 2007/06/04 23:32 磐船神社も石切神社も2度ずつぐらい行っていますが 守屋の墓は見落としていますね、見ても意識がなかったので覚えていないのかも分かりません。
次の機会があれば確認します。
全国の有名神社の名前はどうしてなんでしょうね。

たそがれたそがれ 2007/06/04 23:51  守屋の墓に見られる有名神社の名は凄いですね。
 こちらの多賀大社の名も見られます。
 神様も彼には一目置いていられたのでしょうか

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/06/05 09:01 おはようございます。
>よく善悪は後の歴史が決めると言いますが・・・
本当にそうかもしれませんね。それでも解明されないことが多いのですね。
>飲み屋さんの看板に隠れています 
どんな気持ちでしょうか?

ima-2ima-2 2007/06/05 12:41 こんにちは
巨石の側に磐船神社の御神体が祭られていて
霊前豊かにと、言おうか凄い雰囲気で見応えがあります。
矢を埋めたとされる鏑矢塚の前に「飲み屋」、「お昼の定食」の看板何となく酒好きの方には応えますね〜
僕も、看板を見てお腹がすいたので今からお昼にします〜!!(*^ 〇 ^*)

あまもりあまもり 2007/06/05 14:40 衣摺は物部氏の本拠地ぐらいの認識しかありませんでした。
この衣摺地域で、蘇我の話は御法度ということを聞いたこともありましたが、守屋の鏑矢塚の史跡が飲み屋やカラオケの看板に埋もれているとは・・・。東大阪市じたいが、物部氏の史跡を保護していないのではと思ってしまいます。
守屋の墓所を守っているのも、地域の住民ではなく全国各地の神社だけ?
衣摺で、蘇我氏の話は御法度は昔々の物語だったのでしょうか。

mi7comi7co 2007/06/05 15:08 詳しく調べられていて感心してしまいました、
いろいろ勉強になります、
何気なくお参りするのと調べてからお参りするのでは感じ方が違うでしょうね。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/05 18:48 ikoさん、今晩は。
元々歴史がお好きで、お詳しいようですが、それでもどれだけ下調べをされて現地に向われるんだろうと感心しております。いろいろ文章で見たり、話に聞いたりした物を実際に目にされるときっと感動的でしょうね。でも、それだけで終わらず、さらに深く勉強されるのがikoさんのすごい所ですよね。
それにしても看板は、もう少しお店の方達も理解して下されば良いのになあと残念に思います。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 19:25 grandさん、こんにちは!
守屋の墓は八尾市にあります。聖徳太子建立とされる勝軍寺の近くです。
全国有名神社の名前がありますが、この神社さんたちが守屋の墓の管理保存をしていると聞きました。
かなりの数の神社名です。旧官幣社一覧表みたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 19:28 たそがれさん、こんにちは!
滋賀県の「多賀大社」は旧官幣大社ですよね。
まだきちんと調べてはいませんが 名前にあるのは旧官幣社がほとんどです。いきさつはわかりませんが・・・何か分けありですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 19:35 湖のほとりさん、こんにちは!
「ほんとうのこと」って一つではないみたいですね(?)立場によって本当のこともちがってくるみたいです。1000年以上も経って名誉が快復された人もいるようですから 真実はなかなか見えないみたいです。
飲み屋さんの看板をなんとかできないものかと思いますが、八尾市と住民が動かないと駄目なのでしょうね。近くに中学校がありますが 歴史のお勉強では地元をとりあげないみたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 19:41 ima-2さん、こんにちは!
磐船神社の巨石も驚きますが、この下に入っていくところがありました。老人、子供はダメって書いてありましたので上から覗いてみただけですが・・・
近くには天の川が流れていて七夕伝説もありますよ。
守屋の鏑矢塚ですが よくみると まあ、いろんなお店がならんでいますね・・・

彦左彦左 2007/06/05 19:44 ひめぼたるさん、本当に感心しますね。ご活動ほど。磐船神社の御神体はそれは大きな岩なんですね。交野市といえば友人が沢山います。
物部守屋の墓(八尾市)大阪も古い史跡が数多いですね。kpcの吉原さんもいろんな処をよく知ってますがひめぼたるさんもすごいです。これが、新聞にブログとして掲載されるゆえんですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 19:48 あまもりさん、こんにちは!
こういっては何ですが・・・守屋の墓も、鏑矢塚も八尾市にあります。
私がまわってみた限りでは 東大阪市は史跡は結構大切にしているような気がします。
衣摺は東大阪市です。ここから南東へいって守屋の別宅があったところが墓のちかくにある勝軍寺だとか・・・
衣摺では蘇我氏のほうが悪者なのでしょうね!でも蘇我氏・藤原氏は恨みをたくさんもたれたことで神社を建立することで沈めたのだと思いますが・・・

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 19:52 micoさん こんにちは!
このブログでいろいろ教わっているうちに 少し歴史に興味をもつようになりました。
でも境内に花があると まず花の方に足が向くのです。にわか歴史勉強家はすぐに本性をみせますので
恥ずかしいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 19:58 かたちゃん、こんにちは!
私はブログを始めるまで あまり歴史に関心がありませんでした。 ここで教わっているうちにちょっぴり興味を持ち始めました。
かたちゃんがおっしゃるように 捜していたものが見つかると感動します。推理があたる(たいした推理ではありませんが)と、まるで歴史家になったような気分です。
これまでにまとめられたものを つまみ食いしながら楽しんでいます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 22:38 あまもりさん、こんばんは!
漢字の間違いを訂正します。
「神社を建立することで沈めたのだと思いますが・」の「沈める」は→「鎮める」の誤りでした。
すみません。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/05 22:54 彦左さん、こんばんは!
KPCの吉原さんは それはそれは驚くべき人です。
歴史に造詣が深い上に長年歩き調べてこられたものの蓄積があります。
私は このブログで教わっての にわか勉強です。
でも、少しずつ繋がっていくものがあり 楽しいです。
彦左さんは交野市にお知り合いがいらっしゃるとか、是非磐船神社の御神体の磐をごらんなってください。それに天の川も流れていますよ。

2007-06-03 生駒西麓・枚岡神社の梅の収穫祭

ikomanokaze2007-06-03

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |



HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

画像のページ < 生駒の麓から 

[] 今日は(6/3)生駒西麓の枚岡神社の梅の収穫の日でした。  今日は(6/3)生駒西麓の枚岡神社の梅の収穫の日でした。を含むブックマーク

枚岡神社の梅林にはもともとはお寺があったそうです。廃仏毀釈で壊された跡地に明治のころ地元の氏子の人たちが境内整備の一環として梅を植えたのが始まりということです。約500本の梅は今年もきれいに咲きました。その梅の実を今日はみんなで収穫するという案内をいただきました。

希望者が集まって梅の収穫をするようになって 今年で10年目というお話でした。

9時からということでしたが8時前にでかけると すでにたくさんの人が並んでおられました。昨年は800人の参加者だったそうですが 、今年はどのくらいだったでしょうか?

f:id:ikomanokaze:20070603132828j:image f:id:ikomanokaze:20070603132923j:image

f:id:ikomanokaze:20070603133053j:imagef:id:ikomanokaze:20070603133131j:image

梅を採るときの注意を聞いて、さあ梅採り開始!

高いところのものは 棒でたたいて落としたり、木をゆすって落としたり・・・

昨年も参加されている人は 傘を持ってきて傘で梅を受け取っておられました。

棒でたたき落とす人と ビニールシートをひろげて受ける人との共同作業もあり、いろんな方法で梅の収穫をされていました。 

f:id:ikomanokaze:20070603133223j:image

f:id:ikomanokaze:20070603133503j:imagef:id:ikomanokaze:20070603133405j:image

我が家の収穫です。早めに終えたので収穫は少ないほうだと思います。参加者が充分な量の収穫があるのですから 梅の実は豊作なのでしょうか?

f:id:ikomanokaze:20070603133919j:image

[] 枚岡神社は元春日といわれています。  枚岡神社は元春日といわれています。を含むブックマーク

枚岡神社は元春日とも呼ばれ、春日大社の本殿の四殿のうち二殿が枚岡神社から迎えられたそうです。

春日大社は四柱の神は、第一殿 武甕槌命(タケミカヅチのミコト)、第二殿 経津主命(フツヌシのミコト)、第三殿 天児屋根命(アメノコヤネのミコト)、第四殿 比売神(ヒメガミ)で、藤原氏の氏神です。

枚岡神社も 四柱の神が祀ってあります。

f:id:ikomanokaze:20070603135328j:image

第一殿に天児屋根大神、第二殿に比売大神(天児屋根大神の后神)、第三殿に武甕槌大神、第四殿に斎主大神(経津主神)を祀ってあるそうです。やはり藤原氏の氏神です。

藤原氏の氏神で元春日と呼ばれるほどですから、あちこちに目を惹くものがあります。

鳥居に飾ってあるのは 注連縄の四手で、縄で作った「雷」だそうです。

f:id:ikomanokaze:20070603135852j:image

神社にある狛犬にあたるものが鹿というのも藤原氏との関連でしょうか?

f:id:ikomanokaze:20070603140002j:imagef:id:ikomanokaze:20070603140041j:image

f:id:ikomanokaze:20070603140606j:imagef:id:ikomanokaze:20070603140633j:image

mi7comi7co 2007/06/03 16:17 枚岡梅林へ直行か、枚岡公園の散策だけで
神社は素通りです(苦笑
謂れのある神社の様ですね、
勉強になりました。
梅の収穫、たくさんの方ですね〜
驚きました。

かたちゃんかたちゃん 2007/06/03 16:38 ikoさん、今日は。
梅林に行った時、神社にもお参りしたのですが、狛犬ならぬ狛鹿には気付きませんでした。元春日のお話もとても勉強になりました。
梅の収穫、良いですねえ。梅干しにされるんでしょうか。梅酒も良いですよね。子供達が小さい時は良く梅蜜を作りました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/03 21:30 micoさん、こんばんは!
私も生駒の麓に越してきたときから 枚岡神社の梅を収穫することを聞いていたのですが やっと今日になって出かけました。楽しかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/03 21:33 かたちゃん、こんばんは!
親子の鹿・・・どう呼ぶのでしょうか?
狛鹿?・・・変ですよね。
この親子の鹿の像ですか?とてもいい表情をしていました。宮司さんにもう少し聞いてみたかったです。
梅は梅酒にしようと思います。

rarakuraraku 2007/06/03 22:38 今晩は、私としては早いほうです。
枚岡梅林、梅の大盤振る舞い。楽しそうですね。こういう行事は人の心を豊かにしてくれます。
梅酒が一般的ですが、最近は梅シロップも流行しているようです。いずれにしても失敗が無く出来上がりが楽しみ。
鳥居に飾ってある縄で作った「雷」、何か曰く因縁由緒がありそうですね。

至誠至誠 2007/06/03 22:50 我が家では「梅肉エキス」にします。梅汁を煮詰めて作ります。毎日、仁丹粒ほどを舐めるとピロリ菌退治に効果があるようですね。

たそがれたそがれ 2007/06/03 22:52  梅採りに参加すれば取れただけ貰えるのですか。
 神社などの頂き物は「お下がり」として、僅かなものでも大切に扱う慣例があります。
 よく似た伝統行事として大切にしていきたいですね。

けいけい 2007/06/04 09:27 ikomonokazeさん
この梅で梅酒が、出来るのですね。
自分で撮った梅で作った梅酒は、格別でしょう。
でも、神社の整備のためといえ、梅の配給は、うれしいですね。それにたのしそうですね。(^o^)

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/06/04 09:36 梅の色が爽やかですね。こちらは花が終わって、葉がやっと出てきました。桜が咲いても花がつかず心配でしたが、桜が終わるころ咲きだしました。実がなりそうですよ。梅の収穫、みなさんで楽しそうですね。

matumotomatumoto 2007/06/04 09:49 生駒さん、おはようございます!
私も1昨年出かけましたよ。ご近所さんといったのですが結構な量をいただいて みなさんでわけました。
私はずっと後に、梅シロップになったものを持ってきてもらいました。
みなさんが楽しそうだった様子が何よりのおみやげでした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 10:04 rarakuさん、おはようございます!
梅酒にしようかシロップにしようかと思案中?です。どちらにしても今日中に・・・・
縄で作った「雷」のこと、狛犬ならぬ狛鹿のこと 聞いてみようと思ったのですが お忙しそうでしたので早々に引き上げて 聞けずにいます。
また たずねてみたいと思います。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 12:42 至誠さん、おはようございます。
梅エキスをつくっておられるのですか?梅の実をおろし器ですっておられますか?
梅の種の上手なはずし方はあるのでしょうか?
梅エキスもつくってみたいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 12:46 たそがれさん、こんにちは!
由緒ある枚岡神社の「おさがり」ですので きっと格別な味と思います。
みなさんの楽しそうな様子を拝見していると この梅の収穫祭が定着していて みなさん楽しみにしておられるのがわかりました。
大勢でわいわい言いながらの収穫はリクリエーションみたいでした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 12:49 けいさん、こんにちは!
来年はけいさんも出かけてこられませんか?
あわてなくても充分みなさんにゆきわたる量の梅があるみたいですので 楽しみながら収穫できますよ。駅からも近く便利ですよ。
是非 大阪の東の端に足をのばしてください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 12:53 ほとりさん、こんにちは!
ほとりさんところは これから実が大きくなるのですね。ほとりさんは 梅干しをつくられています?
北海道の収穫は6月末か7月でしょうね。
チューリップがきれいに咲いている様子をTVで観ました。これからはルミナスがきれいでしょうか?
ほとりさんは自然の中の風景を紹介してくださっているのが素敵ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 12:58 matumotoさん、こんにちは!
matumotoさんも枚岡神社の梅の収穫祭に参加されたことがあるのですね。
私はたまたま 枚岡神社のお手伝いをボランティアでされている方からお知らせをもらって 取材をかねて出かけました。たくさんのかたがボランティアでお手伝いをされていました。
おかげで 10年も観梅と梅の収穫祭つづいているのですね。ありがたいことです。

がんさんがんさん 2007/06/04 14:23 ご祭神のお名前を拝見する限りでは、明らかに藤原氏の氏神様ですね。
尤も、記紀の成立前後に祭神をすげ替えられた神社も多いと聞きますが、こちらの「元春日」の名前からすると最初からそうだったのでしょうね。
まあそれはさておき、梅採りの行事も面白そうですね。
地元の行事には参加したいのですが、生駒には何かあるのかな…?
往馬大社の火祭りは資金不足と聞いたので、微力ながら寄付させていただいたのですけどね…。
地域の伝統行事は守って行きたいですね。

かりんかりん 2007/06/04 15:42 梅の収穫ご苦労様です。これで梅干や梅焼酎などを作るのでしょうか?約800人も人出がいても十分にみなさんに梅が当たるとはドレくらいの木の本数なんでしょうね。
狛犬が鹿を使用とは、変わっていますね。

あまもりあまもり 2007/06/04 15:53 鹿の狛犬さんですか。お初です。
向かって右側の鹿の口がわずかに開いているように見えますが、この狛鹿(?)は阿吽形になっているのでしょうか。面白いですね。
枚岡神社の梅狩りは無料なんですか?傘を広げてとはやりますね〜。雨が降ってきて慌ててさせば受けた梅が全部落ちますね〜(笑)

あまもりあまもり 2007/06/04 16:24 記事に関係ないことですが、書き忘れていました。
昨日、城北の菖蒲園に行った帰りにワンドに寄りました。そしてikomanokazeさんが見つけた名前不明の水草も見ました。ミズヒマワリではありませんでした。この水草は去年神崎川で見つけて名前が解らなかった水草でした。
でもようやくわかりました。多分ですが、「ナガエツルノゲイトウ」だと思います。近々記事にしますのでまた見てください。

彦左彦左 2007/06/04 19:24 ひめぼたるさん、相変わらずのご活動ですね。
枚岡神社の梅採りわずかな時間と云われるが沢山の収穫ですね。梅酒つくりますか?お好きですか?私の家では毎年青梅を買って付けてます。長男が大好きなんですよ。枚岡神社は元春日との謂われありがとうございました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 20:26 がんさん、こんばんは!
お元気になられた様子で安心しました。でも 治りかけですから 無理をされないようにしてくださいね。

奈良の春日大社に
祭神
第一殿:武甕槌命(鹿島神宮)
第二殿:経津主命(香取神宮)
第三殿:天児屋根命(枚岡神社)
第四殿:比売神(枚岡神社)
と書かれています。枚岡神社から二神が迎えられたとありましたので 元春日というのは本当だと思います。
往馬大社がお近くにあるのですね。私も往馬大社に一度お参りしようと思いながら まだできていません。往馬大社の杜は素晴らしいと聞いています。
往馬大社の火祭りは資金不足ですか? なんとか続いてほしいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 20:33 かりんちゃん、こんばんは!
梅ノ木は500本と聞きました。みなさん、私などとは問題にならないほどたくさん採っておられました。それでも 参加者に制限がされていないということはそれだけの量があると言うことなのでしょうね。
今日 梅シロップにしました。あとは梅干にする塩漬けです。
狛鹿というのか?呼び方はわかりませんが 鹿というのも面白いですよね。
枚岡神社にもほたるが飛びますよ。以前ほたるの飼育についいて説明にいったことがあります。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 20:45 あまもりさん、こんばんは!
あまもりさんは さすがですね。
阿吽ときましたか?・・・そこまでは気づきませんでした。写真を拡大してみると 本当に右側は口を開けていました。左の鹿はきっちりと閉じているのに・・・・
やはり、阿吽で対になっているのですね。
発見です!

梅の収穫は誰でも参加できて採った分だけ持ってかえれるようですよ。勿論無料ですよ!
傘をひろげている人のやり方を観察していましたら、少し入れては閉じて大きなビニール袋に落とし、またひろげ・・を繰り返しておられました。それが手馴れた動作でしたから 毎年参加しておられるのでしょうね。マイッタナー!・・て思いました。

「ナガエツルノゲイトウ」って植物を見て、私が見たのはこれでした。
ホテイアオイ、ボタンウキクサ、ナガエツルノゲイトウが城北ワンドを覆う嫌われ浮草の3代表だそうですね。
あまもりさんの記事を楽しみにしています。
あまもりさんはどんなカメラを使っておられるのですか?あまりにきれいに撮れているのでびっくりです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/06/04 20:51 彦左さん、今度またお会いできますね。
楽しみにしています。
今日、梅シロップにしました。梅酒にしようとおもったのですが、今年はシロップと梅干にしました。
梅エキスも作りたかったのですが・・・・
枚岡神社も元春日といわれ、そのうえ 近くにはたくさん春日大社あります。物部守屋が藤原氏に敗れたことと関係がありそうな気がして 調べてみました。今日少し報告しますので また覗いてください。