Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2007-11-26 晩秋の蒜山高原から(その3)

ikomanokaze2007-11-26

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  蒜山高原の紅葉   蒜山高原の紅葉を含むブックマーク

11月19日には蒜山高原に初雪が積もりましたが、18日は時折日が差したりもしました。

もう、紅葉の時期はほとんど終わっていましたが、日の光で輝く楓はドキッとするほどきれいでした。

f:id:ikomanokaze:20071126140009j:image

f:id:ikomanokaze:20071126140101j:image


昨年の真っ赤な大山・蒜山スカイラインと比べてみてください。

朝日を浴びて道も松の木も真っ赤に燃えていた風景とはちがっていましたが、それはそれで山の秋色の美しい景色でした。

晩秋の蒜山高原からの景色です

下の画像をクリックしてください

 


 2007/晩秋の蒜山 


f:id:ikomanokaze:20071126140237j:image

f:id:ikomanokaze:20071126140350j:image

のらしろのらしろ 2007/11/26 18:53 日本人は晩秋と共にもみじを好む人種なのかも、自分だけ遠くまで初めての景色探して、皆さんも同じなのかと、車の渋滞を見るに付け同類と紅葉狩り族となりました。赤黄緑自然は心を癒してくれますね。錦秋よありがとうですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 22:28 のらしろさん、こんにちは!
おひさしぶりですね。
のらしろさんも息子さんと紅葉を求めての旅をされたのですね。
私は母のところへの途中ですが、車中から山の彩を眺めて季節の移り変わりを心に刻んでいました。

春の花とは違った美しさですね。「ありがとう!」って思いますね。

森すえ森すえ 2007/11/26 22:40 綺麗なお写真に目もさめますね。車窓からの眺めを見せていただきました。言ったことのない風景になじませていただきありがとうございます。
http://www.cw2.jp/2007-02/0001/morisue0215cw2/
うつく

たそがれたそがれ 2007/11/26 23:00 蒜山高原は一年前行った時は雨で残念でした。
あんなに素敵な紅葉で…こちらは今一ですね。
最近は遠いところも良いのですが、近いところで秋を…と思ったり…です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 23:06 森すえさん、こんばんは!
はじめまして!
訪問ありがとうございます。

驚きました!森すえさんのblogのすばらしいこと!
私の憧れが詰まっていました。
私はこのごろパソコン画を描いていますが、森すえさんのメルヘンの世界に感動しました。
詩と絵のページがこんなに美しく表現できるとは・・・・
素敵なものを見せていただきました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 23:12 たそがれさん、こんばんは!
石山寺はすぐお近くですか?
琵琶湖を1周されたときの記事を読ませていただいたことがありますが、琵琶湖も琵琶湖周辺も奥が深くて魅力がつまっていますね。
私も琵琶湖周辺で出かけてみたいところがたくさんあります。
たそがれさんのところを覗きながら いろいろ考えています。

ima-2ima-2 2007/11/27 11:35 こんにちは!
晩秋の蒜山高原の動く画像を見せていただきました。
蒜山高原の山並みと、高原の秋の紅葉が一望に見えて家にいながら楽しむことが出来ました。
有り難う御座いました。

あまもりあまもり 2007/11/27 17:07 蒜山は春にしか行ったことがないので、この紅葉にはもう感動です。
京都は造詣の美ですが、大山、蒜山は自然が織りなす美。
去年の大山・蒜山スカイラインの目に突き刺すかと思えるほどの紅葉にはびっくり。
今年の壮大なパノラマフラッシュ。もう日本の秋の美そのものですね。
冬でも蒜山の牛たちは放牧されているのでしょうか。
あの真っ黒な小振りの牛を見た時、とても牛には見えなかったものでした。

かりんかりん 2007/11/27 17:22 ドッキとをこえて、ため息が出るくらい赤くきれいな紅葉(*゜o゜*)~゜ ボー
「下の画像をクリックしてください 」
はいあ〜しますよ

かりんかりん 2007/11/27 17:27 スクロールが出てきた!
景色が動いたよ!。まるでその紅葉の風景をその場で見てようです。
車で移動してもてるようです♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

彦左彦左 2007/11/27 18:00 ひめぼたるさん、流石!プロの紅葉の写真ですね。
本当に素晴らしい。久しぶりに皆さんの元をお訪ねしています。

パソコンリニューアルして喜んでいますが、今回ほど困ったことがありません。各種ドライバの組み込み、CDを無くしているのでサイトからドライバをダウンロード(時間が掛かった)メールアドレス・お気に入りが何も残っていない。アプリケーションも最近ダウンロード品が多い上控えをとっていない等々と他の用事が重なってはかどりません。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/27 20:37 ima-2さん、こんばんは!
昨年と今年は ほぼ同じ時期に出かけたのですが、ずいぶん違う景色に出会いました。
それはそれで新しい山の彩をみつけたようで嬉しかったです。
雪にもヤマガラにも紅葉にもと もりだくさんの旅でした。
ima-2さんは本場の紅葉狩りを満喫されていますね。おこぼれをいただいています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/27 20:52 あまもりさん、こんばんは!
山の秋はうんと駆け足ですぎていくようですね。
今年は紅葉が遅いって聞いていたのですが、山はもう冬支度をしていました。
蒜山高原のちょっぴり小さい茶色のジャージー牛ですが、私が行ったときは外には出ていませんでした。
何しろ寒くて寒くてガタガタブルブルでしたので・・・・・
暖かい日には冬でも外に出されるのでしょうね。
ジャージー牛乳の美味しいこと、ヨーグルトも格別でした。
それにお豆腐も美味しいかったです。
山の冬はこれから厳しくなるでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/27 20:58 かりんちゃん、こんばんは!
もう痛みはないですか?
大変でしたね。

蒜山高原のパノラマをみていただいてありがとうございます。
今年は地味な落ち着いた景色でした。
写真で見るより 現地に立つと 山の空気も重なって結構感動的でしたよ。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/27 21:02 彦左さん、こんばんは!
パソコンのハードが傷つくとたいへんですよね。
彦左さんは ご自身もパソコンに強い上に 近くには頼もしい助っ人もおられていいですね。
羨ましいような環境で生活されていると思いますね。これも彦左さんの人徳のなせることなんでしょうね。

また、お話きかせてください。
私も勉強します。

至誠至誠 2007/11/27 23:09 素晴らしい紅葉ですね。高性能のカメラをお使いだと思いますが、それより何より、撮る人の感性そのものなのでしょうね。

庭花庭花 2007/11/28 12:51 素晴らしい紅葉の写真ですね。実物よりも綺麗なのでは?と思う程です。前回記事のヤマガラといい、何も言う事なしです。いい写真がどんどん増えていきますね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/28 18:13 至誠さん、こんにちは!
美しい風景は その一瞬で変化しますね。
写真は美しい部分を切り取っているに過ぎないでしょうが それでもその美しい部分を記憶に残したいという気持ちがあります。
カメラを持ってあちこち出かけるのが 楽しみのひとつになっています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/28 18:23 庭花さん、こんにちは!
庭花さんの撮られるものには 特別なものがあるような気がしています(秘密の薬?)
特に鳥の表情は魅力的です。
私は鳥を撮ると 庭花さんに報告したくなります(変ですね!)
レンズを通してみる世界は 目でみる世界と違いますね。
レンズを通してみる世界があまりにきれいでひき込まれそうになるときがあります。
風景の綺麗な部分だけを切り取って撮る写真のほうが美しいと感じるときがありますね。
それでも もっときれいに・・・・撮りたいですが・・・!

森すえ森すえ 2007/11/28 20:01 ご訪問していただきありがとうございました。
また、心温まるご丁寧なコメントに感動いたしております。生駒の山を仰いで青春時代をすごしましたので、懐かしい土地です。これからもよろしくお願いいたします。
私のHPはごらん頂き大体は分かっていただけたかと思います。そこで、あつかましいお願いでございますが、生駒の風さんのHPにリンクをお願いさせていただいてもよろしいでしょうか。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/28 21:14 森すえさん、こんばんは!
生駒山の見えるところでお過ごしになられたのですね。
私は8年ほど前に生駒山の麓に越してきました。
森すえさんの部屋を訪問したときは「どきどき」しました。
私の心の奥底にしまっていた「憧れと夢」が ぱぁーっと口の中から飛び出していくのが見えるようでした。

喜んでリンクさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

森すえ森すえ 2007/11/29 17:24 リンクをしていただき、ありがとうございました。
大阪の天王寺で育ちました。生駒には行くことが多くありました。あと、箕面に越し、現在は東京の渋谷に住んでおります。今後ともよろしくお願いいたします。

2007-11-25 冠雪の大山とメルヘンの世界

ikomanokaze2007-11-25

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  大山の魅力   大山の魅力を含むブックマーク

蒜山高原の初雪をFLASHでつくりました。

http://himebotaru.quu.cc/0711hiruzen/07hiruzen.html

11月19日は蒜山高原に初雪が積もりました。5cmぐらいでした。

お隣の大山の初雪は11月8日だったそうです。米子道を走ると冠雪の大山を裏からも表からもみることができます。

大山はトロイデ式火山(鐘状(しょうじょう)火山)です。西から見ると伯耆富士とよばれるように美しい姿です。

大山の西方に位置する私の生家から、この鐘状型の大山が見えました。

学校に行くときも大山を仰ぎながら、遊んでいるときも・・・と、大山とのつながりは心の中では大きいものでした。

遠足も、夏山登山も、冬山のスキーも、キャンプしたり、家族で遊んだりと私と大山の思いでも多いです。

しかし、私が大山をすきなのは 幼いときの思い出からだけではないように感じています。いろんな姿を見せる大山の魅力は豊かな自然を抱えているからでしょうか?

大山は主峰の剣ヶ峰から三鈷峰と外輪山の烏ヶ山・矢筈ヶ山・甲ヶ山・勝田ヶ山・船上山を総称しての名称だそうですが、専門家は蒜山三山も大山にふくめて呼ぶそうです。

西から見る大山を表大山と呼び、 東と南と北から見る崩壊が激しい荒々しい姿の大山を裏大山と呼ぶようです。

冠雪の裏大山(南からみる)

f:id:ikomanokaze:20071125173232j:image

冠雪の裏大山と烏ヶ山(手前)

f:id:ikomanokaze:20071125173334j:image

西から見る大山

f:id:ikomanokaze:20071125173638j:image

西から見る大山

f:id:ikomanokaze:20071125173740j:image

頂上付近の雪

f:id:ikomanokaze:20071125173757j:image

[]  今年も出会えた蒜山高原のヤマガラ   今年も出会えた蒜山高原のヤマガラを含むブックマーク

早朝だれもいない雪景色の中、東からの太陽の光とともに 凍った空気に反響するような鳴き声、昨年と同じ木に集まってきたのはヤマガラでした。

f:id:ikomanokaze:20071125174541j:image

f:id:ikomanokaze:20071125174613j:image

[]  絵本の中のようなメルヘンチックな景色   絵本の中のようなメルヘンチックな景色を含むブックマーク

雪は魔法使いみたいです。雪国で育った私は、雪の朝、窓の外の景色が昨日までのものと違っているのに驚かされたものでした。

汚いところも白く覆い、まっさらな世界は 光を反射していつもより明るく感じたものでした。

19日の午前2時ごろ宿舎の上には北斗七星が屋根に届くほどの近いところで鮮明な光で輝いていました。

そして高原のお化粧は その間も時々休みながらと 続いていたのでしょうね。

朝の光の中で目にしたのは ふわふわの真綿を敷き詰めた舞台で ところどころに赤や黄色や緑の飾りを見せながら踊る木々たちの姿でした。

紅葉の上にかぶさる雪の景色

f:id:ikomanokaze:20071125174749j:image

この雪で本格的な冬の到来でしょうか?紅葉と雪を一緒に楽しみました。

f:id:ikomanokaze:20071125174911j:image

f:id:ikomanokaze:20071125180059j:image

micomico 2007/11/25 19:57 大山も見る方角でいろいろな表情を見せてくれますね、
初秋の頃に何度か訪れましたが冠雪の大仙も魅力的です。
赤い葉に真っ白い雪ほんとにメルヘンチックです。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/11/25 20:56 雪と紅葉がとても素敵ですね。山々の雪と青い空も澄んでいて、深呼吸をしてみたいです。こちらでもヤマガラがえさをついばんでいました。同じ野鳥が離れていても見る事ができるのですね。何か嬉しい気持ちがします^^♪

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 22:07 micoさん、こんばんは!
micoさんも蒜山・大山にたびたび行かれていますね。大阪からわりと気軽にでかけられるところですよね。
私はこのあたりの高原の風景がとても気に入っています。
micoさんは如何ですか?
浄瑠璃寺の紅葉もすばらしいですね。お元気で歩いておられるのが羨ましいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 22:10 湖のほとりさん、こんばんは!
湖のほとりさんのところが居心地よいのは、小鳥がたくさん登場するからでしょうか?
高原や山や湖への郷愁が私をほとりさんのところへ導いてくれているようです。

たそがれたそがれ 2007/11/25 23:28  こんばんわ
 大山の冠雪の姿…素敵ですね。
 昨年秋には雨とか雲とかで奇跡的な一瞬を写すことが出来ましたが、今年は紅葉と冠雪が一度に…
 いいのかどうかは判りませんが、自然の不思議と魅力…再認識です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 00:11 たそがれさん、こんばんは!
大山の雄雄しき姿に惚れ惚れと眺めました。大山は素敵な山ですね。

山の天気は変わりやすい・・・・っていいますが、今回は半時間ごとにころころ変わって、お日様がでたり、虹がでたり、霙が降ったりと・・・まあおどろきました。
雪と紅葉の時なんてあまりお目にかかりませんので 楽しみました。
雪景色も紅葉の景色もきれいでした。

がんさんがんさん 2007/11/26 09:33 大山は羽田から長崎へ飛ぶ飛行機の中から見たことがあります。
美しい山ですよね。
蒜山には林間学校の想い出が…。
空気も良くて、いい所ですね。
風邪の具合は如何でしょうか…?
季節の変わり目は体調を崩し易いといいます。
ご自愛ください。

かたちゃんかたちゃん 2007/11/26 13:46 ikoさん、お帰りなさいませ。
お母様の看病、お疲れ様でした。お母様の足の怪我の具合はいかがだったでしょうか。早く回復される事をお祈り致します。
ところで、今回、すごいお土産を持って帰って来られましたね。私達が島根にお邪魔したのは、16、17日で、ikoさんが行かれたのは、その翌日。私達はポカポカ陽気でしたが、たった一日で、雪が降るなんてびっくりです。防寒着の用意がなかったので、一日早くて良かったと思う反面、雪を見て行きたかったと言うのも本音です。何せ、家族4人全員関西人ですから、雪を知らないのです。
雪を被った大山は富士山みたいですね。冬にもまた島根に、足立美術館に、行って見たいなあと思っています。そして、あの旅館にも。
ikoさん、お風邪をひかれたとの事。どうか、ご無理をなさらないで、お大事になさって下さいね。

あまもりあまもり 2007/11/26 16:23 悠々として猛々しい裏大山に比べ、表大山は富士山に匹敵するほど優雅で美しい山ですね。
うわぁ、裏日本はもう晩秋を通り越して冬ですね。
雪を被った紅葉した木々。こんな景色を実際に見てみたい。感動でしょうね。
私は雪国を知りませんからこんな雪景色には憧れてしまうんです。
この3連休は身近な紅葉を見てきました。それでよしとします。ちょっと寂しいですけど。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 22:34 がんさん、こんばんは!
大山は大好きな山です。蒜山高原も好きです。
蒜山はがんさんも親しんでこられたところですよね。
紅葉に雪がのって 淡い色が御伽噺の世界みたいで嬉しかったです。

帰阪してから外出を控えて家に閉じこもっています。あと少しの辛抱だと思っています。ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 22:46 かたちゃん、こんばんは!
足立美術館に行かれたのですね。絵も焼き物もすばらしいですが、庭の美しさは外国人記者の投票でも連続1位をとっています。

十神山とか、一夜干しカレイなんて目にするとなんだかご近所さんになったみたいに嬉しくなります。
このあたりはシジミのお味噌汁と一夜干しカレイは毎朝でてくるのです。
足立美術館から北に少し行くと広瀬町があります。尼子氏の城下町は小さい町ですが伯太川が流れ町の疎水もきれいで、気持ちのよい町です。是非次回足をのばしてください。

いつもご家族なかよしで 素敵ですね。銀婚式のいい思い出の旅ができてよかったですね。

私の風邪も もうすこしで治まりそうです。ありがとうございました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 22:54 あまもりさん、こんばんは!
今回の旅は 母の見舞いが目的でしたが、こんな風に紹介していると、紅葉と雪ばかり撮っていたみたいですよね。
早朝から雪の中に飛び出して写真を撮っているのですからネ・・・・

とうとう風邪をひいてしまいました。
それでも 美しい景色をみるとたまらなく飛び出しそうになります(笑)

大山の姿はは四季を通して心に響きます。山を眺めて暮らしたいと生駒山の麓に越したのですが、ちょっとちがいますね(笑)

ima-2ima-2 2007/11/27 11:43 こんにちは!
大仙の初冠雪を見せていただきました。
雪をかぶった山と白銀の世界、見事ですね!
大阪にいる私どもにはなかなかと見ることが出来ない世界ですね!
また、山雀の撮影もなかなか味があり上手に撮影されましたね!
小鳥の声が耳元に聞こえてくるようでした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/27 20:18 ima-2さん、こんばんは!
私は雪国育ちですので、雪の思い出がたくさんあります。
大山や蒜山で雪をみて大喜びでした。
寒さを忘れ、年齢を忘れ、雪の中を歩き回りました。
・・・・で、風邪をひいたのでしょうね。
ヤマガラとも出会えてなんだか幸福な気持ちでした。

2007-11-24 蒜山高原の初雪(11/19)

ikomanokaze2007-11-24

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  蒜山高原の初雪   蒜山高原の初雪を含むブックマーク

11月18日、島根県鳥取県の県境に住んでいる母に会いに出かけました。天気予報では午後から山陰地方は冬型の天気になって雪が降るような話でした。ところが中国自動車道を走っているときは目が覚めるような青空でした。

・・・ひょっとすると蒜山大山のすばらしい紅葉が見られると期待に胸が膨らみました。昨年、同じ時期に母と姉と兄夫婦と蒜山大山の紅葉見物をしました。スケールの大きい彩の秋に感嘆の声をあげた記憶が鮮明に残っていました。

今年も・・・・!やはりわくわくしてきました。

昨年の蒜山高原の紅葉です。

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061124

昨年の大山風景です。

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061127

昨年、FLASH蒜山大山の作品をつくりました。お暇なときに また、覗いてみてください。

晩秋の蒜山高原

晩秋の国立公園大山

ところが、中国自動車道から米子自動車道に入ると 西のほうから黒い雲がひろがって、今にも泣き出しそうな様子です。

・・・と思っている間に山の天気の変化は早く、とうとう降り出しました。

「雨!」・・にしては音が大きい、よく見ると霙のようです。

その後も、すこし明るくなったと思ったら、霙交じりの雨が降り、寒い、寒い・・・

用意していた防寒着をみにつけても 寒さに慣れていない身体はブルブル・・・

蒜山高原道の駅で休んでいると 「寒い、寒い・・・」と飛び込んでくる人が続きました。

霙交じりの雨の合間に見る蒜山

f:id:ikomanokaze:20071124151635j:image


f:id:ikomanokaze:20071124151846j:image

f:id:ikomanokaze:20071124152111j:image

翌朝(19日)、一面の白い景色・蒜山高原の初雪だそうです。

19日の日の出ごろ(6:40ごろ) 

f:id:ikomanokaze:20071124152527j:image

早朝6時、街燈に照らされた白い景色

f:id:ikomanokaze:20071124152418j:image

蒜山もうっすら雪化粧です。

f:id:ikomanokaze:20071124152446j:image

かりんかりん 2007/11/24 16:55 おかえりなさい
お母様の入院&怪我大変でしたね。看病ご苦労様〜
風邪をひかれたとのこと、暖かく休憩してくださいね。
写真でも雪景色をみると寒さが伝わってきます。紅葉から雪景色。寒い!

耳の痛みは治まってきています。心配をありがとうございます。

micomico 2007/11/24 20:44 11月に初雪!!冬の訪れが早いですね。
寒さがこちらまで伝わってきそうです。
お母様が入院ですか?
お大事になさってください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/24 22:24 かりんちゃん、こんばんは!
痛みはとれましたか?
北海道は寒いでしょうね。
蒜山で突然雪が降ってきて驚いたり、よろこんだり・・・・・

母は足が痛くて大騒ぎでした。もう歩けなくなるような気がしています。
丈夫な足でしたが 年齢には勝てませんね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/24 22:25 micoさん、こんばんは!
micoさんもよく蒜山にいかれますよね。雪の蒜山はとてもきれいでした。
でも、寒くてさむくて・・・・
寒さ対策ができていませんでしたので・・・

たそがれたそがれ 2007/11/24 22:32  お里帰りでしたか…大仙ももう初雪ですか…
 私が山陰を訪れたのも昨年11月でした。
 安来節が懐かしく思い出されます。
 そんなに寒くなかったですが…

至誠至誠 2007/11/25 01:22 韮山の風景、素晴らしいですね。雪景色、相当冷え込んだようですね。

庭花庭花 2007/11/25 05:27 お母様に会いに山陰地方へ行かれたのですね。蒜山高原の雪化粧が綺麗です。紅葉から雪の季節に一気に早変わりですね。お母様はお元気でしたか?

歌う カエル歌う カエル 2007/11/25 05:56 心配ですね。
怪我でなくとも、内科でも・・
ある程度の年齢になると、少し入院しただけで
歩けなくなる人も居ます。
若ければ、その後、少しずつ 歩いて回復も可能ですが、・・・退院後のリハビリ等プロが就かないと困難です。確立は低いですが 歩けるようになる人もいますが・・
それも、家事等 雑用を休止して リハビリ のみに集中してのこと。
しかし 山などを歩けなくとも、日常の生活には問題ない程度までは 回復するでしょう。
なかなか リハビリも 理屈どうりには行かないようですが、そこは、体力差でしょうか・・
何にしても 元気になられる事を願っています。

山陰は 雪 雨・・もう 季節的に そうかも知れませんね。
しかし 写真は 素晴らしい。
その場の空気や 静かな中に なにかの 音が時々
かすかに聞こえる様です。
その事が かえって 静けさを感じさせる風景
その 大きく 広い風景の 1コマを 抜き出す感性こそ その人の 所謂 腕 と言うべきでしょう。
羨ましい限りです。

28日ごろ 大阪も 鬱陶しく なると言います。
今は 少し 「風 さん 」 も 休まれては?

また 12月に入っても 時には 快適な日がある筈です。
現状は 面白くなくても 必ず 素敵な日が来ます。

天気が悪く、体調が 芳しくないのは
リズムの調整には むしろ 良い時間を与えられたと 解釈すべきでしょう。

今こそ ゆっくり 食欲の秋を楽しんで下さい。
元気で・・

ima-2ima-2 2007/11/25 12:49 山下先生こんにちは!
島根県に居られるお母さんの所へ行かれ久しぶりの
ご対面ですね!
お母さんも喜んで居られたと思います。
蒜山の雪景色と街燈に照らされた白い景色絵はがきに出てくる景色に圧倒されています。
初めの蒜山の紅葉もお天気が良ければ
もっと綺麗でしょうね。!

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 15:13 たそがれさん、こんにちは!
大山の初雪は11月8日だったそうです。
蒜山の初雪は11月19日でした。

今年は紅葉が遅いって聞いていましたが、昨年よりはやく終わったようで 「鍵掛峠」からの紅葉風景を楽しみにしていましたので残念でした。ここからの紅葉は息が止まるほどの感動ですよ。

たそがれさんは「安来節」が歌えますか?
私の家の近所に安来節の名人が住んでおられ、銭太鼓やドジョウ掬いの踊りをよく見たものでした。「アラ、エッサッサー!」って掛け声を思い出します。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 15:54 至誠さん、こんにちは!
「鍵掛峠」からの紅葉のパノラマを楽しみにしていましたが、雪でそこまでいけませんでした。しかし 雪の大山・蒜山の景色も感動的でした。

同じパノラマでも至誠さんの「東洋のエーゲ海」のパノラマは明るくて暖かい風景ですね。
私は寒くて寒くて・・・・まだ身体が冬支度していなかったもので・・・

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 16:00 庭花さん、こんにちは!
出かけるときは紅葉の景色の中を走っていましたので、一足飛びに冬景色に変わったのには驚きました。
庭花さんの可愛らしい白鳥をみて、大山の麓の米子にも安来にも白鳥公園や白鳥海岸があることを思い出しました。
母のことで 白鳥のことをすっかり忘れていました。すぐ近くなので覗いてみたかったです。
次回には白鳥さんをみてきたいと思いました。
庭花さんところも 寒くなりましたでしょうね。風邪をひかれないようにしてくださいネ。・・・私は風邪をひいてしまいました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 16:18 歌う カエルさん、こんにちは!

本当に ありがとうございます。
母は おそらく自らの足で歩くことはできないと思います。専門家のリハリビで 車椅子で移動ができるようになったら嬉しいのですが・・・
ベットで寝ているだけでもたいへんみたいです。急に小さくなってしまったように感じました。

蒜山の初雪で、朝4時半に起床して飛び出すのですから まさに「変な人」でしょうね。自分の歳も考えずにですから・・・

誰もいない白い景色の中は
気持ちもピーンと張って、凍る空気と呼応しているかのようでした。

しばらくすると 東の空から 雲の切れ間から光の筋が届いて・・・
それを合図に鳥の鳴き声がしました。
金属音のような鳥の鳴き声がするほうにと歩いていきますと ヤマガラでした。
昨年と同じ木に集まっていました。

ふと 気がつくと 山の朝が始まっていました。とても素敵な時間でした。

カエルさん、ほんとうにありがとうございます。嬉しいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 16:28 ima-2さん、こんにちは!
ima-2さんは 奈良と京都と高野山と紅葉狩りの旅をつづけておられますね。
感心しながら 拝見させていただいていますよ。
私は 今年の紅葉狩りはima-2さんのPicasa で楽しませてもらいますネ!

私の今年の紅葉見物は雪と紅葉とのミックスと桜葉の紅葉で 一味違ったものになりました。

2007-11-17 晩秋の吉野山

ikomanokaze2007-11-17

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  晩秋の奈良吉野山   晩秋の奈良・吉野山を含むブックマーク

京都伏見散歩はまだまだ続くのですが、その後 大阪鶴見緑地の秋と奈良吉野山と安倍文殊院に出かけました。

整理が追いつかなくて載せられなくて このまま秋が過ぎていくようです。伏見散歩を中断して晩秋の吉野山の風景を紹介することにします。

晩秋の吉野山は 華やかではないのですが いわゆる「渋い」色に染まり、真っ赤なカエデの紅葉とはちがった美しさがありました。

日本人が大切にしてきた色がたくさん重なっている世界は 見るものを虜にする魔力もありました。

「癒し」の色でしょうか? 心を落ち着かせて、穏やかにする色の景色はみていると懐かしい気持ちになります。

[] 銀色のススキが茂る吉野川  銀色のススキが茂る吉野川を含むブックマーク

橋を渡ると吉野山です

f:id:ikomanokaze:20071117104043j:image

川一面のススキは朝日を浴びて銀色に輝いていました

f:id:ikomanokaze:20071117104307j:image

[]下千本も中千本も桜の木の葉はほとんど散って山は冬木立のようでした。 下千本も中千本も桜の木の葉はほとんど散って山は冬木立のようでした。を含むブックマーク

上千本に ここだけなぜか散らず残ったところがありました

山桜の季節の画像ものぞいてみてください。

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20070414

http://himebotaru.quu.cc/yoshino3/yoshino.htm

山桜も白いソメイヨシノの花と違って 茶色の葉と重なるせいで、紅葉みたいな景色だといわれましたが

独特な色で 山桜を好む人もたくさんいるようです。

f:id:ikomanokaze:20071117104748j:image

f:id:ikomanokaze:20071117104834j:image

f:id:ikomanokaze:20071117105141j:image

f:id:ikomanokaze:20071117105655j:image

f:id:ikomanokaze:20071117105853j:image

f:id:ikomanokaze:20071117112633j:image

f:id:ikomanokaze:20071117110109j:image

f:id:ikomanokaze:20071117110554j:image

f:id:ikomanokaze:20071117110315j:image

f:id:ikomanokaze:20071117110345j:image

たそがれたそがれ 2007/11/17 13:05  私も五条から橋本そして高野山へ行ったことあるのですが、吉野山は未踏の地です。
 吉野と云えばお花見…お云う先入観があって敬遠してしまいますが、このような趣きのある見方もあるのですね。
 錦秋の装いと初冬を思わせるような…日本の原風景ともいえる一面が、落ち着いた色彩で表現されています。又、行きたい所が出来ました…

かりんかりん 2007/11/17 14:19 (o´・ω・`o)ノ゛ こんにちは
「渋い」色に染まり、真っ赤なカエデの紅葉とはちがった美しさって書いていたので、どのような写真かしらと!綺麗な赤い紅葉!ちょっと赤いが濃い感じの紅葉色がいいね。
9枚目の紅葉の葉っぱの写真が凄くいいだけど、バックをぼかす事で紅葉が沢山あるって印象が受けるしね。

山桜の季節の画像ものぞいてみてくださいってことで覗きました!!
これも↑綺麗だよね。

今日アップの「タルタル天ぷらベーグル」はここだけの話しだけどさぁ〜一口しか食べてないの!あの量で口からはみ出して、周りの目もあるから、今回は我慢して友人に譲って。友人はあの「タルタル天ぷらベーグル」を美味しい美味しいと言いながら分解して食べてました。

micomico 2007/11/17 14:22 こんにちは
吉野山の紅葉はスケールが違いますね、
春の山桜の写真にも息をのみました。
たくさんの方が訪れるはずですね。
吉野川のススキの群生も見事ですね。

かりんかりん 2007/11/17 14:22 <返事>
目のほうはそのごいかがですか?
>日中は問題ないです。やっぱり夕方からちょっと違和感を感じるですが痛いってわけじゃないから。落ち着いています。

お酒嫌いで良かったかな〜これで酒飲みだったら、飲んで食べて温泉めぐりは続けられませんw

ima-2ima-2 2007/11/17 16:22 こんにちは!
吉野山の上千本の紅葉見せていただきました。
山が深く桜の木の紅葉とお寺、ススキなど
深まった秋を思わせる風景に見とれています。
もう間近に、12月になり今の気候の良さとうって変わった寒さがきますね!
僕は、寒さは苦手です。\(><;;><)ヘ☆苦手です・・・・・
今のまま、の気候が何よりです!サイコ〜オ♪♪♪♪

歌う カエル歌う カエル 2007/11/17 18:53 コンチワ!
今の時期の吉野は 知りませんでした。
ケーブルからの歩きですか?

陀羅尼助の看板等の 通りに 赤米の店があった様な記憶が・・
もう チョット寒いから 湯豆腐なんかも あるのかなあ??・・・大川のコンニャクなんかも 入っているのかなぁ?

写真で見ると 深い場所ですね
通りから 相等 離れているのですか・?

何にしても 多分 静かな場所
蔵王堂なんかも もう 修理が済んでいるのでしょうか?
僕が行った時は 今にも倒れそうだったから
シンパイ・・・
風邪に気を付けて下さい。
僕は 二三日、背中が寒い・・灯油が高くなりそうなので 湯たんぽ を 探しに行って来ました。

場所は 堺近くの 地下鉄 北花田駅の
イオン・モール 内のジャスコ
色々 あって 迷って・・
結局 買わずに・ たこ焼き を 食べて、
お土産に 阪急百貨店で 散らし寿司を買って帰りました。
紅葉は 今月末まで リーチ です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 19:40 たそがれさん、こんばんは!
今の季節の吉野山の良さは観光客がほとんどいなくて とてものんびりできるところです。
バケツ1杯500円で柿を売っていました。でもお店も開いていないところが多いです。

私はこんな色の山がみたくて出かけました。もう少し早い時期で 桜の葉が落ちていなければ 鮮やかでしょうね。
錦秋とはいえないでしょうが、こんな色の山もいいものだと思いました。

あまもりあまもり 2007/11/17 19:47 ちっともじっとしていないikomanokazeさん。
伏見の次は鶴見緑地と吉野山ですか。その行動力に脱帽します。
鶴見緑地は近いので行きたいと思いながらも、この秋はまだ行っていません。
吉野山の秋景色は素晴らしい。
光る川と真っ白なススキ。
木々の紅葉に色を添えるススキの白。
わぁ、もう最高ですね。私には撮れない風景。
さすがikomanokazeさんの撮影技術はすごい。
春の吉野山もいいですが、秋の吉野もいいですね。
下と中の桜の葉は散っているのに上千本だけ残っていたのですか。
そういえば、桜の花も上、奥と行くほど咲くのは遅いですよね。
これだけの素晴らしい紅葉風景。
歩け歩けとかなり闊歩されたご様子。
秋の吉野をいっぱい見せていただいてありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 19:47 かりんちゃん、こんばんは!
若い人はもっと艶やかなカエデの紅葉がぴったりくるでしょうね。
この色は渋い、地味・・・・年寄りの色みたいですね。でも、じっとみていると心にしみてくる色でした。

かりんちゃんの「タルタル天ぷらベーグル」はやはり食べるのがたいへんだったみたいですね。お友達はすごいですね!
目がまだすっきりしないみたいですね。違和感を感じるのでは心配です。お医者さんの診察結果はどうでしたか? ほんと、お大事にしてください!

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 19:51 micoさん、こんばんは!
14日室生寺でしたのね!大野寺も磨岩仏も拝見しました。
私もいく予定でしたので くいるように拝見しました。
また機会をみつけていきたいと思いました。吉野山も素敵でした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 19:57 ima-2さん、こんばんは!
吉野山もよかったですが、室生寺もすばらしかったようですね。
見たいところがたくさんあって 決めrかねます。
明日から母のところへ 出かけますので 今年は室生寺は無理ですね。
ima-2さんのところで 拝見しながらいろいろ想像しました。
今度はどこかでぱったり・・・ということがありそうですネ。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 20:16 歌う カエルさん、こんばんは!
風邪気味ってありますが、大丈夫ですか?くれぐれもお大事にしてくださいね。

ところで、本当は御手洗渓谷に行こうと思っていたのですが・・・兄が具合が悪くなって気持ちが落ち込んでいる間に時期が過ぎてしまったようです。
吉野山もほとんど桜の葉っぱが落ちていました。
10月には 御手洗渓谷の近くで宿をとって 思い切り写真を撮ろうと思っていました。
すると、カエルさんが私の気持ちが通じたように先発隊として偵察してくださって(?)感謝、感謝・・・・。
これで準備万端整って「さぁ!」・・て時に・・・・・
それでも吉野山だけはと室生寺を捨てて(?)出かけました。

ほとんど人がいない吉野山は初めてです。お店もほとんど閉まっていました。
のんびりとした山で気持ちがよかったです。ケーブル近くから歩いて歩いて上千本の上あたりにくると 散り残った木々がありそこら一帯が光を受けて輝いていました。歓声をあげるほどの光景でした。

蔵王堂は工事をしていませんでしたので 終わったのでしょうか?
湯豆腐やさんも柿の葉寿司やさんも休業していました。

それでも この時期の吉野山に大満足で下山しました。
明日から95歳の母のところです。転んで骨折して入院していますので・・・

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 21:17 あまもりさん、こんばんは!
春の吉野山ではあまもりさんにいろいろ教わりました。
私が出かけた春の吉野山はちょうど神輿が出る日と重なったので 蔵王堂周辺は歩けないほどの人でした。
人ごみを避けて 私は上千本あたりから桜見物をしました。

秋はだーれもいない道を下から上へと歩きました。蔵王堂もゆっくり見物できました。お弁当もここでいただきました。

秋の吉野山の景色は写真では地味ですが 心に響くほどすばらしかったです。
しかし、春と違って道は整備されてなくイノシシが荒らした跡がでこぼこして歩きづらかったです。(まぁ、これはこれで悪くなかったのですが・・)

ある寺の境内(見学料300円払って)は池には鯉の死がいが浮かんでいるし 荒れた庭は まるで舞台裏をみたようで悲しかったです。夢から覚めたような気持ちになりました。お金をとって人をいれるのであれば、最低限の整備はして欲しいと思いました。
春に訪れたとき とてもきれいだったので失望感も大きかったですネ。

残念なところもありますが、吉野山を独り占めできる贅沢は最高でした。
素敵な秋をを満喫できました。

かたちゃんかたちゃん 2007/11/18 15:57 ikoさん、今日は。
吉野と言えば、奈良県民でさえも春の千本桜のイメージしかありません。秋の紅葉を見に行かれたなんて、さすがです。かなりの奈良通ですよね。
真っ赤なお洒落な紅葉も素敵ですが、このような素朴な紅葉も心が落ち着いて良いですねえ。これぞ、吉野って感じがします。私はカエデの紅葉が好きなんですが、主人は桜の紅葉が好きなんですよ。あの色が良いんだそうです。私はもっぱら奈良公園でいろんな紅葉を楽しんでいますが、こちらで吉野の紅葉を拝見出来て嬉しいです。ありがとうございました。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/11/18 17:54 美しい秋・・・。深まりゆく秋が情感豊かに表現されています。屋根に積もる紅葉も素敵ですね^^♪

至誠至誠 2007/11/19 09:08 桜の木の紅葉はカエデとは違った趣がありますね。写真を拝見して再確認いたしました。

彦左彦左 2007/11/19 11:12 ひめぼたるさん、吉野山本当に素晴らしい紅葉ですね。黄あり赤あり、真っ赤有りで見事です。それに吉野川は紀ノ川の上流で懐かしいです。こんなに広いのですね。ススキの穂大好きですので見応えありましたありがとう。

花咲か爺花咲か爺 2007/11/20 12:40 やっと関西も紅葉が始まりましたね。
先日、私は高野山、龍神の方面に行きましたが
新聞の(紅葉便り)ではもう落葉も真近と成っていました。急に冷え込めば、色付く前に落葉しそうですね。京都あたりは混雑しそうだし紅葉狩りは何処へ出かけようかと思案中です。

かりんかりん 2007/11/21 08:20 おはようございます。心配をかけてすいません。
目のことより、月曜日から耳の周辺に激痛が走り夜中に寝れない事が起こりました。昨日、病院で診察をしてもらい、ウイルスがはいたらしいとことで治療を続けています。明日にぐらいには耳の痛みや口を大きく開けて食事が出来るようにあります、それまで激痛に耐えますd( ̄  ̄)

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 23:44 かたちゃん、こんばんは!
島根の安来に出かけられているのですよね。私も18日からそちらに出かけます。母のお見舞いです。
足立美術館から少し行った広瀬病院に入院しています。足立美術館を通っていきますが、今回は美術館に立ち寄る時間はなさそうです。

吉野山の紅葉はまっかなカエデと比べると地味ですが 私は好きな色です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 23:48 湖のほとりさん、こんばんは!
吉野山の晩秋の風景は京都・奈良のように華やかではありませんが、落ちついた渋い日本の色がいっぱいに広がって、なかなか趣がありました。
北海道はもう本格的な冬でしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 23:53 至誠さん、こんばんは!
桜の葉はカエデより早く色づき、早くに散ってしまうようですね。
吉野山の下のほうは冬景色のような木立が並んでいてさびしい風景でした。
それでも上のほうに残っていた色づきに陽があたるとそれはそれは見事でした。
秋の吉野山も好きです。
至誠さんの絵の題材になりそうだと 勝手に思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/25 23:59 彦左さん、こんばんは!
吉野の山歩きはとても気持ちがよかったです。しかし鈍った身体には結構こたえました。
歩いているときは さほど感じませんでしたが 帰宅するとあちこち痛みました。 もう無理ができない身体だと思いました。

吉野川は紀ノ川の上流ですか? 上流の川にしては川幅も広くて大きい川ですよね。 この山の向こうが和歌山ですね。
桜の葉の色づきをみたいと前々から思っていましたが もう少し早く出かけたらもっと綺麗だったと思いました。
ちょうどいい頃に出かけるのは難しいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 00:02 花咲か爺さん、こんばんは!

いつも素敵な花便りをみせていただいて楽しんでいます。
大阪市内の花どころはいつもきれいに紹介していただいていますので、おっかけながら廻っています。
鶴見緑地もでかけてきました。部分的に紅葉がきれいなところがあり、写真をとってきました。
今年の花咲か爺さんの紅葉かりの場所は どこでしょうか?楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/26 00:05 かりんちゃん、たいへんでしたね。
目が痛いって聞いていましたが、耳のほうがもっと痛くて 口が開けられないほどとは・・・・
ウイルスが入ったのですか?
きちんと完治するまでおとなしくしてくださいね!

2007-11-13 京都・伏見散歩(4)・・・・酒造りと名水

ikomanokaze2007-11-13

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  酒造りと名水   酒造りと名水を含むブックマーク

ミネラル分を多く含む水を硬水、少ない水を軟水と呼び、伏見は今でも豊かな硬水の地下水「伏水」が湧き出ているそうです。

伏見は28社(2007年2月現在)が酒造組合に加盟し、酒造りが行われているそうです。、日本で一番酒造りがさかんな神戸・灘についで2番目に多いそうです。

灘の水は「宮水」といい、「宮水」は飲料水としても「おいしい水」といわれるています。

この水は、六甲山地の花崗岩層を流れれてきた水が海岸近くに湧き出た「硬水」で、カルシウムをはじめとする、適量のミネラル分を含んでいるからだそうです。

[] 伏見の水  伏見の水を含むブックマーク

京阪電車中書島駅に伏見の湧き水が汲めるところが紹介してありました。

黄桜記念館の中の「伏水」にも 朝からたくさんの人が水を汲みにきておられました。

鳥料理屋「鳥せい」の横の水「白菊水」も、御香宮神社の「御香水」も水を汲みにきている人たちにあいました。おいしい水が飲めるなんていいですね。

鳥料理の「鳥せい」本店の中も素敵です

「鳥せい」横の駐車場角にある名水「白菊水の水汲み場

f:id:ikomanokaze:20071113203325j:image f:id:ikomanokaze:20071113203353j:image

f:id:ikomanokaze:20071113203443j:image

カッパのキャラクターでお馴染みの黄桜記念館には名水「伏水」がありました

f:id:ikomanokaze:20071113203815j:imagef:id:ikomanokaze:20071113203844j:image

f:id:ikomanokaze:20071113203932j:image

貞観4年(862年)境内から香りのよい水がわきでたことから御香宮神社と呼ばれるように

御香宮神社の香水も自由に汲めます

f:id:ikomanokaze:20071113204542j:imagef:id:ikomanokaze:20071113204602j:image

f:id:ikomanokaze:20071113204643j:image

[] 伏見の酒蔵見学  伏見の酒蔵見学を含むブックマーク

2007年2月現在で伏見には28の酒造りをしているところがあるそうです。

(1)黄桜酒造記念館

早朝から掃除が行き届いた黄桜記念館には自転車や車で水を汲みに来ている人がたくさんおられました。

 
f:id:ikomanokaze:20071113205252j:image

f:id:ikomanokaze:20071113205351j:imagef:id:ikomanokaze:20071113205438j:image

f:id:ikomanokaze:20071113205534j:image

カッパのキャラクターは「週刊朝日」に清水崑さんが描くマンガ「かっぱ天国」をみた黄桜の先代が依頼し、それ以来50年。清水崑さんから二代目作者の小島功さんへと受け継がれ、今や黄桜といえば「かっぱ」といわれるほど広く親しまれています。記念館にはたくさんのカッパの絵が展示されています。

f:id:ikomanokaze:20071113205859j:image

黄桜記念館の庭で隠れキリシタンの灯篭がありました。当時はキリスト像は土の中に埋められていたそうです。

f:id:ikomanokaze:20071113205957j:image f:id:ikomanokaze:20071113210037j:image




(2)宇治川派流から見える白壁と煙突の月桂冠酒造

ここはバスで団体客の見学があり、入場料が300円要ります。小さいお酒のビンのお土産があります。

f:id:ikomanokaze:20071113210640j:imagef:id:ikomanokaze:20071113210704j:image

f:id:ikomanokaze:20071113210752j:image

f:id:ikomanokaze:20071113210822j:image

[] 「酒林」と酒蔵  「酒林」と酒蔵を含むブックマーク

酒蔵見学していると軒下の大きな玉が気になります。「酒林」と呼ぶそうです。

「酒林」は杉の緑葉を竹で編んだ玉状の籠に挿して作る大玉です。

古くは酒造家がその年の新酒の出来たことを愛飲家に知らせるために軒先につるしたそうです。

今では縁起物として、酒蔵の風物詩になっています。

杉の葉が青から茶色に変わる様子で、酒造りの経過を表すとされ、酒造りを終えて杜氏が蔵をさる日まで吊されるそうです。

黄桜の酒林

f:id:ikomanokaze:20071113211841j:image

月桂冠の酒林

f:id:ikomanokaze:20071113211914j:image

日下のmatumoto日下のmatumoto 2007/11/14 06:53 生駒さん、おはようさんです。
今日はお天気がよろしいようです。
生駒山も少しいろづいてきました。
枚岡あたりもきれいになりました。

生駒さんは 伏見におでかけでしたか。ここもよろしいですな。
私も何度かでかけましたが、生駒さんの写真を拝見しておもいだしています。
川べりの景色が気に入っています。
伏水のこと勉強になりました。
風邪をひかんようにおきばりやす。

かりんかりん 2007/11/14 08:12 酒造りと名水、美味しい酒のあるところには名水あり!!いたるところに美味しい水汲み場があるんですね。もちろん、どこもひめぼたるさんは味見済みでしょね。

かっぱカントリー〜
黄桜といえば「かっぱ」といわれるほど。うんうん、これは私もCMを通して知っています。近頃はCMに河童ってでていたか?日本酒はこれから冬に向けて喜ばれる飲み物だからこれからCMが多くなるかな?

おはようございます。目の心配をありがとうございます。朝起きたら、目の痛みが治まっていました。普段から目を使う仕事なので最近疲れがたまっていたから。コメントへの返事書きは遅れるけど、ごめんなさいm(_ _)m。ひめぼたるさんも風邪をひかんようにしてくださいね。

がんさんがんさん 2007/11/14 09:05 こういうのを拝見すると、「やっぱ行ってみなくちゃ…」と思いますね。
日本酒といえば、灘か伏見。
私は余り日本酒をいただくことはありませんが、ホントに上等なのをいただくと水みたいにすっと飲めるんですよね。
暖かい日を見計らって行ってみるかな…。

かたちゃんかたちゃん 2007/11/14 11:47 ikoさん、今日は。
黄桜も月桂冠も行きましたよ。黄桜で子供の時に見た懐かしいCM映像がエンドレスで流れていてずっと見入っていました。
鳥せいでも何度かお食事しました。何せ、校長先生、教頭先生、PTA会長と皆さん、お酒好きの方ばかりで。さすが伏見の高校だけの事はあります。宴会にはほんと困らない場所でした。だから、PTA役員も3年間楽しく出来たのかも知れませんね。
軒下の大きな玉は酒林と言うのですか。ならまちの酒造にも吊るされています。良い勉強になりました。

彦左彦左 2007/11/14 15:32 ひめぼたるさん、今、娘の家からです。メールでもっきましたが、素晴らしい写真の数々流石!とうなっています。そして写真の説明がすべて出来るなんてどんな頭してるんだろうと感心しています。私など写真を撮るのはいいですがそれが何か説明できないのです。やっぱり頭の問題でしょう。黄桜は懐かしいです。

あまもりあまもり 2007/11/14 18:29 宮水というのは京都だと思っていました。
単に宮と言う字の発想だけですが(笑)
灘のどこか知りませんが、休みの日になるとポリタンク持参で水を汲みに来る人が殺到するとか。ここ伏見の伏水を汲みに来ている人達もポリタンク持参なのでしょうか。枯れてしまわないかと心配すますが、伏水はコンコンと湧き出ているのでしょうか。
大阪の井戸水が塩分を含んでいて飲料水には適さなかったということを知ってから、美味しい地下水が豊富な地域の人々は幸せだったのだと尚更の感慨です。
黄桜はやっぱり河童ですね。
カッパカントリーというのは見学できる場所なんですね。やはりカッパ(笑)
清水崑さんの漫画が先に有りきだったのですか。
企業のキャラクターとしては珍しく逆なんですね。
軒先にぶら下がっている大きな玉は蜂の巣だと思っていました。杉なのですか。
蜂の巣だったら恐いですよね(笑)
杉の葉で編んだ酒林、その色の移り変わりで酒造りがなされる。
昔はいかに自然と共に生きてきたかを物語ってます。
伏見界隈をこれだけ詳細に見せていただいて行ったような気分になります。
でもやっぱり実際に見たいな。
十石舟に乗った帰りは酒蔵見学でほろ酔い気分もいいなぁ(笑)

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/15 11:11 motumotoさん、おはようございます!
おひさしぶりですね。お元気そうですね。
そうです・・・私もいつも生駒山を見上げて暮らしていますが 色づき始めましたね。
ちょっぴり残念なのは生駒山は常緑樹が多いので 山の変化に乏しいところでしょうか?
・・・これは 贅沢な話でしょうね。山を眺めながら自然を感じることができる環境に感謝ですよね。
ここしばらく枚岡方面にも出かけていません。
近いうちに出かけたいと思っています。いつもありがとうございます。
matumotoさんも風邪ひかないようにしてくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/15 11:25 かりんちゃん、おはようございます!
目のほうの痛みはとれたのでしょうか? 私も目は丈夫なほうではありませんが 目が痛くなると心配ですね。

がんばり過ぎないようにしてください。・・・と言っても若いかりんちゃんですから じっとはしておられませんよね。
いつもすごい馬力で走り回っておられるので 感心しています。

かりんちゃんは「日本酒」を飲まれることはありますか?
若い人は「焼酎」のほうが多いみたいですね。月桂冠で「プチムーン」という可愛らしいお酒を販売していました。「梅のわいん」もありました。

かりんちゃん、お大事にしてくださいね!

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/15 11:32 がんさん、おはようございます!
がんさんは「ワイン」がお好きですか? 
がんさんがおっしゃるように 冷たい上等なお酒をいただくと すーっと喉を通っていきますよね。
「梅のわいん」とか飲みやすいお酒もありました。
この界隈を歩いていると楽しい発見があります。
がんさんの目で感じられた伏見に興味があります。私が気がつかなかったこと、知らなかったことなど 教わることが多いです。
お母様と倉敷を思い出しながらの十石舟遊覧もいいでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/15 11:37 かたちゃん、おはようございます!
3年間のPTA役員、ただではやっておられない?
歴史の宝庫、博識の方たちに囲まれて、あちこち廻られて見聞きされたことは貴重ですね。
私も縁あって ここでの集まりがあり、いままで訪れた伏見と違った印象を持ちました。教わる人がいるということはありがたいですね。

私はかたちゃんの記録から 観光路線では知りえない奈良も教わっています。ありがたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/15 12:21 彦左さん、こんにちは!
お嬢さんのところからのメールありがとうございます。
お嬢様のPCをお借りになられたのでしょうか? ノートパソコンを持っていっておられるのでしょうか?

彦左さんは パソコンがない生活はとてもできない(?)と勝手に思い込んでいるものですから・・・・

私も娘のところでは 娘のパソコンを使ってブログをかいたりしていましたが、このごろは齢のせいでしょうか。孫たちと一緒に寝込んで パソコンがない生活もできるようになりました(?)
カメラも持って パソコンも持っての移動も遠距離だとたいへんです。
でも パソコンがない生活は気の抜けたビールみたいです。
便利になって不便・・・を感じることもありますね。

いつも彦左さんの誉められて ついつい張り切って写真を撮りまわっています。ありがとうございます。

ima-2ima-2 2007/11/15 16:03 こんにちは!\(@^〇^@)/☆
京都、伏見の黄桜記念館の中の「伏水」ミネラル豊富な湧き水、この水でコ−ヒ−やお茶などを戴くと
とても、水道水で飲むのと一味も二味も違いますね!
又、お酒づくりには良質のお水で作られた
お酒も素晴らしい出来栄えになるのだと思いました。(^^)/~~~

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/15 16:20 あまもりさん、こんにちは!
今でも おいしい水が汲めるところがあるなんて 伏見も灘もすばらしいですね。
生駒山の麓でもかつては水を汲めるところが何箇所もあったのですが・・・
近鉄のトンネルをつくる時水脈にぶつかり水が枯れたそうです。
今でも 湧き水が汲めるところはあるのですが、「生水は飲まないように」という但し書きが貼って 飲めないみたいです。

伏見ではペットボトルを数本持ってきておられる方、ポリタンクを持ってきておられる方がおられました。
訊ねますと今のところ枯れる心配はないとのことでしたが・・・・
ほんと、うらやましいお話です。

伏見にはまだまだ面白いところがたくさんあるようですよ。
あまもりさんだったら 私が見えなかったところを見つけられるでしょうね。何しろ探偵団の団長ですから(笑)
竜馬どおりを歩いていてお店の名前が「次郎長」であったり「新撰組」という名前「龍馬」というのれんを見て 歩くのも楽しかったです。
「銀座」発祥地の跡もありました。源空寺、乃木神社、明治天皇を祀った御陵、伏見桃山城・・・とみどころ満載のところですね

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/15 19:56 ima-2さん、こんばんは!
15年ほど前にヨーロッパ旅行したとき、フランスでもイタリアでも水は買って飲むものだと知り 日本は水道から飲める水が出ていることを誇らしく思ったものでした。
今では日本でも当たり前のように「水」が売られていますが そのころは珍しかったような記憶があります。

今では「名水」とはいえ そのまま飲むことはせず お茶やコーヒーに沸かして飲んているようですね。

昨日 吉野山にでかけてきました。
綺麗な桜の紅葉がみられて嬉しかったです。

ima-2ima-2 2007/11/16 10:56 生駒先生  こんにちは!
11月14日木曜日に紅葉を見に室生寺に行きました
又、後日ブログに乗せてみたいと思います、その時は見ていただけますか?

かりんかりん 2007/11/16 18:52 心配をありがとうございます。
かりんちゃんは「日本酒」を飲まれることはありますか?
ううんお酒は嫌いで飲みません。ビールなどを飲むなら炭酸飲料が大好きで(^^;;

でも酒蔵などの見学は大好きで一時期は旭川などを回ったことがあります。このブログをみていて遊びに行ったことを懐かしく思い出していました。

目の方はさすがに診察に行くね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 13:53 ima-2さん、こんにちは!
14日の室生寺を拝見しました。
すばらしい景観ですね。ima-2さんのところにも書きましたが、14日に私も室生寺に行く予定でした。お会いしていたかもしれませんね。
いろんなところへ出かけられて 写真をたくさん撮られて どんどん楽しみが大きくなっていっているみたいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/17 13:56 かりんちゃん、こんにちは!
かりんちゃんはお酒は嫌いなようですね。でも車を運転されるから お酒嫌いでラッキーですね。

旭川にも酒蔵がありますね。やはり水がおいしいからでしょうね。

目のほうはそのごいかがですか?
大事にしてくださいね。

2007-11-11 京都・伏見散歩(3)・・・宇治川派流の酒蔵と柳

ikomanokaze2007-11-11

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  月桂冠大倉記念館の酒蔵と柳の景色   月桂冠大倉記念館の酒蔵と柳の景色を含むブックマーク

伏見の港から濠川沿いの散策、出会い橋から宇治川派流に沿って 京橋中書島方面に歩るいていくと、今は記念館になっている かつての月桂冠酒造の倉がならんでいるところにきます。この風景はよく絵に描かれるところです。私が歩いたときも絵を描いている人がおられました。

月桂冠酒造のほかに黄桜酒造など伏見は良質な水に恵まれて酒造りが盛んなところです。伏見の酒造りに使われる地下水はカリウム、カルシウムなどを含んだ中硬質だそうです。伏見は、かつて“伏水”とも書かれていたほどに、質の高い伏流水が豊富なところだそうです。

御香宮神社の社伝によると千数百年前、境内に香り高い清泉が湧きだし、朝廷から「御香宮」の名を賜ったのがそもそもの起こりとありました。


f:id:ikomanokaze:20071111214159j:image

f:id:ikomanokaze:20071111214306j:image

熱心に絵を描いておられました

f:id:ikomanokaze:20071111214424j:image

f:id:ikomanokaze:20071111214546j:image

f:id:ikomanokaze:20071111214855j:image

[]  宇治川派流の弁天橋にある長建寺   宇治川派流の弁天橋にある長建寺を含むブックマーク

月桂冠大倉記念館の向かいに 深紅の土塀と中国風の竜宮門がめだつお寺があります。真言宗醍醐寺派の寺で、本尊は八臂弁財天さんで「島の弁天さん」と呼ばれているそうです。

f:id:ikomanokaze:20071111221816j:image

鐘の説明に三十石舟の時を知らせた鐘とありました。

f:id:ikomanokaze:20071111221923j:imagef:id:ikomanokaze:20071111222101j:image

f:id:ikomanokaze:20071103133029j:image

彦左彦左 2007/11/11 22:49 ひめぼたるさん、月桂冠大倉記念館や長建寺は以前kwcで歩いたことがあるのです。オフ会のあと疲れも知らず参られましたかすごい馬力です。写真すべて懐かしく拝見しました。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/11/12 08:06 おはようございます。「太平洋戦争時に・・・」という説明に胸が熱くなりました。このような状況で、戦争を続けて多くの犠牲を・・・。平和の大切さをあらためて感じました。

がんさんがんさん 2007/11/12 08:18 時々、このような水辺が無性に恋しくなるときがあります。
うちの近所には海は勿論、絵になる川も無いので…。
竜田川は古くから歌にも詠まれた川ですが、今はさほどの風情も無く…。
近い内にここ(↑)にも行ってみたいですね〜。
しかし、そろそろ紅葉が…。
なかなかうまく行かんもんです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/12 09:22 彦左さん、おはようございます!
この日は 朝は黄桜記念館、寺田屋、月桂冠記念館とまわり、集合場所へ・・・
解散後は 御香宮神社、川べりの残りと駆け足で廻りました。
帰宅したときは 足が棒のようになっていました。
廻っているとき 面白いところを発見しましたので、いつかまたゆっくり廻ってみたいと思っています。

みなさんと談笑しながらの散策の楽しかったこと・・・ありがとうございました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/12 09:36 湖のほとりさん、おはようございます!
「太平洋戦争」「第二次世界大戦」の記憶が消えていく中で ひっそりと当時の痛みを伝えているような「鐘の説明」ですね。
「平和であることのありがたさ」を忘れないようにしたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/12 09:41 がんさん、おはようございます!
ここの風景はがんさんの倉敷の風景を思い出させますよね。
私は柳と川の流れの美しい景色といえば 真っ先に倉敷を思い出します。
美術館も憧れの場所でした。

そろそろ紅葉が始まりますので 忙しくなりますね。
がんさんは 今年はどこの紅葉から廻られるのでしょうか?とても気になりますね(笑)
私は がんさんの後をおっかけて 楽しませていただいています。

あまもりあまもり 2007/11/12 15:21 ちょっとお休みしている間に連続UP。
中書島、伏見港辺りは情緒あるところですね。
下の記事の角倉了以は、嵐山でもお馴染みの名前です。
嵐山に行くと船着き場からこの角倉了以邸の前を通って河内山荘まで歩きます。
河内山荘から右に折れて竹林へと向かうのが私のパターンです。
って、これは記事とは関係が無かったですね。
角倉了以が「すみくらりょうい」と読むことを知ったのでちょっと嬉しかったので。
私は「かどくらりょうじ」と読んでいました。(恥)
十石舟に乗ってぜひとも観光した場所の一つになりました。
多くの貴重な歴史遺産が軍の供出で無くなったことを聞くたびに悲しくなります。

ima-2ima-2 2007/11/12 16:42 こんにちは!
きょうは少し肌寒いお天気でしたね!
京都・伏見の倉の有る川沿い
月桂冠酒造の倉がならんでいる辺りは本当に絵になる風景だと思います。
十国船で川をさかのぼっている景色も絵になると思います。
僕の近くにも運河がありますが以前はどぶ川で
汚かったですが、近頃は、大きな魚もおり、お年寄りは朝から魚釣りを楽しんで居られます。
少しは綺麗になったのかと思います・・・・・?

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/12 21:13 あまもりさん、こんばんは!
さすが あまもりさんですね。
嵐山のことを紹介されましたものね。
私も「かどくらりょうじ」でした。それに「柴島」は まだスーとはでてきません。「一瞬の間」があきますね。
柴島の水道記念館にも興味があります。わくわくする建物ですね。
あまもりさんの表示は魅力的ですね。引き込まれてしまいます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/12 21:17 ima-2さんこんばんは!
宇治川流派のこのあたりと伏見港公園の水辺はとても気に入っています。
とても気持ちがいい場所です。
ima-2さんのけいはんな記念公園の大きな石の庭もすばらしいですよね。紅葉が始まっていましたね。
今度はどこへお出かけでしょうか?
楽しみにしています。

歌う カエル歌う カエル 2007/11/12 22:39 川の歴史ですね。
30石舟と言うのは この大きさ でしたか!
次郎長の子分 森の石松が 金毘羅代参に帰路
乗った舟ですね。
先代 浪曲師・広沢寅三の名調子が 聞こえてきそうな風景。
川辺 水辺には 必ず 歴史がありますね。

秀吉・家康の時代
枚方あたりには 「食らわんか 舟」の 水上行商の舟もあった・・とか・・

DVDスライドの件ですが
色々 調べてみて 今 Proshow Gold 3・1の お試し版 15日無料を 使ってみるつもり・・
マクロメディアのFlashは 高嶺の花
国内の物で、もっと スリムな・・スライドだけのものを探すつもり です。
ま、今 使っている Uリードの物は シーンの間しか変化のバリエイションが無く
シーンそのものが 変化する物も 持っていますが
CDビデオなので イマイチ。
ま、欲しいものが 目白押しで リストの後ろの方に・・買うのは ずっと 先になるでしょう。

御手洗峡は 車なら 日帰り充分ですが
温泉等も計画すると 一泊になるかも・・
ただし 西吉野 周辺に ハマルと南朝や、壬申の乱直前・・天武の足跡や 大東の宮・・楠木正成・・南の 和歌山 三重の 神武東征に絡んだ神話や 世界遺産 熊野古道・・そして 戦国時代の九鬼水軍・鉄砲衆の根来・矢田烏の陣羽織で有名な雑賀孫市 もっと古くは 除福渡来地 黄河 秦始皇帝 紀伊 黄色 木の国 紀の国・・紀ノ川
 不老長寿の薬と思われていた 天然硫化水銀の 朱の産地 あおによし の 丹 など ゴマンと歴史関係の観光スポット、それに 醤油の歴史・・
メッチャ 写真が撮れますよ

ま 皆 畿内だから 都合で トンボも 一泊 三泊も自在ですが もし ノッピキならない事情がなければ ですが・・
これから 寒くなれば 南国紀伊の温泉めぐり
 紀の松島巡り うらしま 忘我洞・・まぐろ や 太地の鯨・・一冬は かかるでしょう。

旅は 知らない内に 疲れますから 自宅で ゴロ寝 コタツ・ミカン・ネコの 三点セット で
リラックス
旅は 時々 行った方が・・とも 思ったり・・ ・・ 又 来ます デス。

至誠至誠 2007/11/12 23:03 私も以前私のブログに、この「長建寺」や「十石舟」のスケッチを載せたりしました。和やかな風情を思い出します。

庭花庭花 2007/11/12 23:09 酒蔵と柳の景色を見て、「いい町だなぁ」と思わず声を出してしまいました。このような落ち着いた雰囲気がスッゴイ好きなんです!何だか野鳥がやって来そうな場所にも思います。

たそがれたそがれ 2007/11/12 23:14  今春疎水に三十石船がありました。
 でも昔みたいに伏見までは行けないのですね。
 高瀬舟もこの運河を通って下ったのですか。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/13 00:17 カエルさん、こんばんは!
宇治川派流では 十石舟、三十石舟が運行されていました。
淀川の「食らわんか舟」、森の石松の乗った舟・・・なんて想像すると面白いですね。
舟が自家用車みたいだった商家もあったんでしょうね。10年前タイに行ったとき 朝道路は車が渋滞して動きがとれなかったとき、船はすいすいと とても早かったのを思い出しました。

カエルさんは歴史に詳しいですので 吉野あたりも面白いお話がザックザックなのでしょうね。
神話もあるのですね。以前吉野に行ったとき、壬申の乱直前・・天武の足跡や 大東の宮・・楠木正成の話を少し知りました。九鬼水軍・鉄砲衆の根来衆の話も面白そうですね。
でも、私はまだまだ勉強不足で、まとまりませんが・・・

スライドのことユーリードは知っていますがProshow Gold 3・1は知りませんでした。
マクロメディアのflashは高すぎますよね。
それでは、また!

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/13 00:20 至誠さん、こんばんは!
きっと至誠さんもここの場面は描かれたことと思っていました。
その絵をアップされたURLを教えていただけませんか?
拝見したいです。いつも素敵なスケッチをみせていただいています。
ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/13 00:23 庭花さん、こんばんは!
ほんとうに気持ちのいいところです。
水辺の風景は心が落ち着きますね。ぼんやりたたずんでいても散歩しても緩やかな流れが心を癒してくれますね。
私も 庭花さんに よく似合うと町だと思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/13 00:33 たそがれさん、こんばんは!
今は舟で伏見までいけませんね。ダムができて 舟の行き来が難しくなって三栖閘門のように水位を調節するやり方が必要です。
高瀬川は 現在は鴨川で京都側と伏見側で分断されておりつながっていないそうです。伏見あたりは東高瀬川とよばれていたようです。

かたちゃんかたちゃん 2007/11/13 11:58 ikoさん、今日は。
とてもお写真、懐かしく拝見しました。
PTA役員をしてました時は、会議、会議で周辺を見学する事もなかったのですが、校長先生が社会の先生でしたので、伏見ツアーが実現したのです。
普通にご近所の方が湧き水をペットボトルで汲んでおられる姿を何度も見て、生活に密着してるんだなあと感心しました。酒蔵見学ではしっかり主人に美味しいお酒を買って帰りました。

kako335kako335 2007/11/13 16:13 生駒先生 今日は〜ご無沙汰しています。伏見に行かれたのですね。川ぞいを、散歩して、ゆっくりとした風景が、美しく時の過ぎゆくままに、、、と思いにふけっています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/13 22:34 かたちゃん、こんばんは!
お嬢さんは伏見の高校に通っておられたのですね。3年間PTAの役員をされて かたちゃんも伏見に通われて「伏見通」になられたのですね。

私は今回かたちゃんが感じられた「普通にご近所の方が湧き水をペットボトルで汲んでおられる姿を何度も見て、生活に密着してるんだなあと感心しました」
私も驚きました。羨ましいですね。
今回 伏見のことがちょっぴり分かりました。また教えてくださいネ。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/13 22:39 kakoさん、こんばんは!
お久しぶりですね。能登にいかれたのですか?
能登の千枚田はすごかったでしょう!
千早赤阪村の棚田とは比べものにならないスケールだったでしょうね。
またスライドショーで見せていただくのを楽しみにしています。

伏見も素敵なところですよ。
お酒のすきなご主人で酒倉めぐりはいかがですか?楽しいですよ。十石舟か三十石舟に揺られるのもいいですよ。

また お会いできるのを楽しみにしています。

2007-11-10 京都・伏見散歩(2)・・・濠川沿いに

ikomanokaze2007-11-10

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  京都伏見港から濠川沿い遊歩道を歩く   京都・伏見港から濠川沿い遊歩道を歩くを含むブックマーク

三栖閘門資料館で、伏見港が京都大阪奈良を結ぶ水上交通の中継地点だったことを学びました。

京都二条から伏見を結ぶ高瀬が開削され、宇治川淀川を経て大坂までが結ばれ、伏見がその中継点となり、京の町の玄関口になるのには、河川開削工事の大家でもあった京都の豪商 角倉了以(すみのくらりょうい)という人の活躍があったそうです。

この角倉了以という人は江戸時代における日本運河の父のようなすごい人だったようです。三栖閘門から濠川沿いに北に上がると東西に流れる宇治川派流と出合うところに「出会い橋」があり、角倉了以の碑が建っていました。

富士川・天龍川・大堰川・高瀬川等の開削も角倉了以の手によるものだそうです。

角倉了以は大堰川の開削工事で亡くなった人たちをとむらうために京都嵐山に大悲閣千光寺を建立。角倉了以の墓は京都洛西の「二尊院」にあるそうです。、

f:id:ikomanokaze:20071107110434j:image

出会い橋にある角倉了以の碑

f:id:ikomanokaze:20071110171329j:image

出会い橋の下

f:id:ikomanokaze:20071110171832j:image

f:id:ikomanokaze:20071110171859j:image

出会い橋のところから宇治川派流に進む十石舟

f:id:ikomanokaze:20071110171944j:image

濠川沿いの遊歩道にはいろんな花が咲いていました

皇帝ダリアです。

メキシコ原産のキク科の植物で、別名木立ダリアというように、草丈が3〜4メートルにもなります。

f:id:ikomanokaze:20071110173826j:image

f:id:ikomanokaze:20071107111552j:image

f:id:ikomanokaze:20071110174210j:imagef:id:ikomanokaze:20071110174241j:image

左はフジバカマ、右はツワブキです。ブルーサルビア、メキシカンセイジ、ランタナ、コスモスなどが咲いていてました。

[]  出会い橋から宇治川派流を東に歩いて京橋近辺   出会い橋から宇治川派流を東に歩いて京橋近辺を含むブックマーク

京橋近辺は 大名の宿泊した本陣、脇本陣があり、旅籠がたくさん並んでいたところだそうです。

坂本竜馬が襲撃された寺田屋もこのあたりです。

f:id:ikomanokaze:20071110180539j:image

京橋には三十石舟の乗り場がありました。

f:id:ikomanokaze:20071110180624j:image

f:id:ikomanokaze:20071110180453j:image

庭花庭花 2007/11/11 10:55 昔は水上交通というものがありましたね。舟で川を移動する光景を、よくテレビの時代劇で見かけます。こうして写真で見ると情緒がありますね。
皇帝ダリアという花は、きれいなピンク色をしていますね。オシャレな感じがします。

彦左彦左 2007/11/11 15:47 流石!ひめぼたるさん、やはりポイントを抑えてのアップ恐れ入りました。私など何でもいいからアップと意味が違うので感心しています。恐れ入りました。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/11/11 15:52 水と緑の取り合わせ、とても落ち着く風景です。これから紅葉でしょうか?皇帝ダリア、ずいぶん大きいのですね。実際に見上げて見たいです^^♪

ima-2ima-2 2007/11/11 19:46 こんばんは!
出会い橋のところから宇治川派流に進む十石舟
なかなか情緒豊かですね。
また、旅籠の雰囲気も時代を超えて、なにか違う次元に飛んでいった気がします。
撮影のポイントも良いのかな?
感心しました\<(_ _)>/

至誠至誠 2007/11/11 20:45 宇治川流派はスケッチで訪れました。十石舟や三十石舟、情緒のある風情を思い起こします。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/11 20:55 庭花さん、こんばんは!
大阪でも京都でも昔の商家は裏に船着場もっていたようですね。自家用車ならぬ自家用舟で運搬や移動をしていたのでしょうか?
舟からみる風景はいつもの景色と違って見えますね。
古い歴史のできごとを想像しながら散歩するのも楽しい時間でした。
竹の子のようにぐんぐんのびる皇帝ダリアも花は優しい色でした。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/11 20:58 彦左さん、こんばんは!
先日はとても楽しかったです。ありがとうございました。
その後もまた続きを写真に撮ろうと歩きました。
月桂冠大倉記念館が見える宇治川派流の景色は一番のみどころでしょうね。
次回アップしますので また覗いてみてください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/11 21:02 湖のほとりさん、こんばんは!
京都の伏見の水辺の美しい場所は 次回に紹介する宇治川派流と酒蔵の景色だと思います。
私も今回歩いてみて とても気持ちがよい場所ということを改めて感じました。また、覗いてみてください。
皇帝ダリアもきれいでしたが 川辺の花壇はいろんな花が咲いていて楽しかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/11 21:10 ima-2さん、こんばんは!
石山寺につづいて けいはんな記念公園にでかけられたのですね。
かなり紅葉が進んで綺麗ですね。
私は今日 鶴見緑地で集まりがありました。真っ赤に色づいたカエデの木が何本かありました。
これから どんどん深まる秋にわくわくしますね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/11 21:12 至誠さん、こんばんは!
宇治川派流の月桂冠の酒蔵と柳が美しいところでは 絵を描いている人がおられました。
私も酒蔵のと川辺の絵を何度か見たことがあります。
とても気持ちが和む場所ですね。

2007-11-09 京都・伏見散歩(1)・・(伏見の港)

ikomanokaze2007-11-09

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  京都伏見のみなと見学   京都・伏見のみなと見学を含むブックマーク

11月7日 京都伏見で集まりがありました。京阪中書島駅に集合して 伏見公園伏見みなと広場、三栖閘門、三栖閘門資料館を廻って、濠川、宇治川派流沿いを歩き、梅の花伏見店でお豆腐会席をいただきました。


伏見公園伏見みなと橋

f:id:ikomanokaze:20071109215502j:image

少し色づき始めた伏見公園の木々

f:id:ikomanokaze:20071109220012j:image

f:id:ikomanokaze:20071109220225j:image

[]  三栖閘門(みすこうもん)   三栖閘門(みすこうもん)を含むブックマーク

豊臣秀吉伏見築城の際に外堀として開削された濠川は、明治になって疏水とつながれたそうです。琵琶湖疎水の水流を鴨川運河から宇治川へと運んでいます。

伏見城と城下町を造ったとき、当時このあたりで最大の淡水湖だった巨椋池(おぐらいけ)の中に大堤防を築き、宇治川の流れをかえて町の中に水を引き入れたそうです。

秀吉の死後、徳川家康は伏見の町を幕府の直轄地として強化し、今の淀川派流域は伏見浜と呼ばれ、明治維新後も京都大阪奈良の三都を結ぶ水運として利用され、伏見港は活気のある重要な地点だったそうです。蒸気船が就航していたときもあったそうです。

しかし、鉄道の発達とともに需要が低下、伏見港の埋め立てが決まったそうです。

2003年第3回世界フォーラムの一環として「三栖閘門と伏見みなと広場」ができ、川の周辺の整備、資料館の創設を行うと共に、閘室に再び水を引き入れ「十石舟」の乗船場として復元されました。今回、三栖閘門資料館で伏見の港と川と水のことを興味深く学びました。

f:id:ikomanokaze:20071109224940j:image

f:id:ikomanokaze:20071109225126j:image

f:id:ikomanokaze:20071109225338j:image

f:id:ikomanokaze:20071110000417j:image

f:id:ikomanokaze:20071110001659j:imagef:id:ikomanokaze:20071110002138j:image

宇治川へ流れ込む濠川

f:id:ikomanokaze:20071110001845j:image

閘門の上から見る宇治川

f:id:ikomanokaze:20071110001938j:image

f:id:ikomanokaze:20071110002257j:image

閘門の上から伏見桃山城の天守閣が見えました

f:id:ikomanokaze:20071110002811j:image

庭花庭花 2007/11/10 05:09 歴史のある町の公園は、きれいに整備されており、木々は高く林のようになっており、紅葉も見ごたえがありますね。近くに宇治川があることから、野鳥も多く集まりそうです。
散歩するには、とても良いコースですね。

たそがれたそがれ 2007/11/10 08:02  宇治川は近くなのに車ではいつもパスばかりです。昔あった伏見桃山城の防御のためのに堀があって、埋め立てられたことも初耳です。

がんさんがんさん 2007/11/10 08:36 ああ、新緑の頃に十石舟や酒蔵を訪れようと思っていたのに、今年も逃してしまった…。
伏見はまだ伏見稲荷とその周辺しか行ったことが無いのです。
ホントに関西には興味の尽きない所が沢山あって、なかなか思う所を全部は廻れませんね。
「いずれまた…」と思っていると行けず仕舞いだったりするので、何が何でも行っておかねば…。

micomico 2007/11/10 09:53 おはようございます、
伏見は素通りばかり、素敵なところがいっぱいですね、
ゆっくりと訪ねてみたくなりました。

ima-2ima-2 2007/11/10 10:44 こんにちは!
昔の伏見は、宇治川から淀川へ流れ、川の拠点として町が栄えた事が良く分かりました。
伏見は、伏見稲成しか知りません!
三栖閘門を使って「十石舟」の往来なかなかと情緒
があり新発見が出来ました。\(@^〇^@)/☆

あまもりあまもり 2007/11/10 13:28 伏見に港があり閘門もあったなんて初めて知りました。
えっ?伏見に海?
港は海だと決めつける私の頭の中味はこんなもんです。
船の出入りができる場所を河であっても海であっても港というのですね。
京阪奈を結ぶ伏見みなとに悠久の歴史を感じました。
三栖閘門にも大いに惹きつけられました。
なるほど、壕川と宇治川の水位の違いを調節する大事な閘門ですね。
毛馬の閘門は余程のチャンスがなければ通れませんが、
この三栖閘門は十石舟に乗って観光できるのが嬉しい。
水位を調節する様子を実感してみたい。
それに閘門の上からも見学できるなんて最高ですね。
それに閘門がまたお洒落です。
ikomanokazeさんにいろんな観光スポットを教えていただくので、
行きたい場所が増える増える(笑)

かたちゃんかたちゃん 2007/11/10 15:27 ikoさん、今日は。
うちの次女は桃山御陵のすぐ近くの高校で、私は3年間PTAの本部役員をしておりましたので、伏見はとても懐かしいです。娘と共に3年間通ったようなものですので。ここもPTAの行事で行きました。十石舟にも乗船しましたよ。伏見の酒蔵巡りツアーもありました。そして、梅の花伏見店はPTAの集まりで何度も行きました。お豆腐美味しいですよねえ。すっかりファンになって、梅田店や京橋店にも行きました。これからの季節、お豆腐料理良いですねえ。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 18:57 庭花さん、こんにちは!
このあたりは2003年に整備されて、水辺を散歩していても気持ちがいいです。絵を描いているいる人もおられます。宇治川、木津川と大きな川が流れていて風光明媚なところです。
水が美味しく 古くからお酒をつくっているところです。次回は有名な酒造を紹介しますので、また覗いてみてください。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 19:28 たそがれさん、こんにちは!
たそがれさんのお住まいの琵琶湖の水と宇治川の水と木津川の水とつながって淀川を通って大阪の人が恵みを受けているのですよね。
確か京滋バイパスもこのあたりを通っていましたよね。
地形的にも伏見は重要な中継地点だったということを 今回改めて知りました。楽しかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 20:21 がんさん、こんにちは!
おっしゃるとおりですね。私も行きたいところ、見たいものがいっぱいあるのですが、とても廻りきれません。
私は がんさんが京都や奈良に詳しく よく廻っておられるので ついつい関西の人と思ってしまいます。
伏見の黄桜記念館と月桂冠の大倉記念館をみてきました。水を汲みに来ている人がいました。今でも美味しい水が湧き出るととはすばらしいと思いました。お母様と十石舟で川めぐりされたら気持ちがいいでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 20:26 micoさん、こんにちは!
伏見もいいところですよ。川べりにはたくさんの花が咲いていますよ。
でも micoさんは奈良の自然の野花の方がお好きかしら? 
私はみなさんと歩いていると 花の名前をよく知っていると言われます。
でも 名前が分からなくて困るときも多いです。micoさんのようになれたらな〜・・・と思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 20:34 ima-2さん、こんにちは!
石山寺に行かれたのですね!
京滋バイパスを通っていかれたのでしょうか?
私も以前、石山寺で名古屋の兄たちと待ち合わせて 母を案内しました。
ちょうど今頃の時期でしたが もう少し紅葉がすすんでいました。懐かしく拝見しました。
今度は 伏見の川を舟でゆったりと廻られたら 奥様もきっと気に入られますよ。
いつも お元気であちこち廻っておられますね。私まで嬉しくなります。元気のおすそわけしてもらっているみたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 20:41 あまもりさん、こんにちは!
水位の違う川を行き来する船の仕組みを三栖閘門資料館では模型を使って上手に説明されています。
あまもりさんだったら もっと上手に説明ができるでしょうね。表現方法もいろいろあるのでしょうね。
私ではうまくできないとき、あまもりさんを思い浮かべます(笑)
工夫だけでなく根気もいりますよね。このごろ 私は根気がなくなって なんにでも妥協・・というか「手打ち」をしています。つまるところ「いい加減」なのですよね。
私は もともと水とか川に関心がありました。「ほたるの保全活動」をしていたからでしょうか。 
でも、このごろはあまもりさんの影響を強く感じています。
「あまもりさんに報告」・・・なんてね、ちょっとおかしいでしょ!

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 20:53 かたちゃん、こんにちは!
お久しぶりですね。
「桃山御陵前駅」のこと覚えています。私は「御香宮」の鳥居の前で待ち合わせをしてきたのに、「御香宮」へお参りしていないことを かたちゃんのブログで知りました。
それで そのあと2回もお参りしましたよ(笑) 近辺の歴史的な建造物も見て廻りました。
今回 乃木神社と源空寺にもお参りしてちょっと伏見通(?)になった気分です(笑)
それでも かたちゃんの3年にはかないませんよね。かたちゃんは詳しいですよね。よく廻っておられますよね。
とても心強い案内人です。頼りにしておりますので、よろしくお願いします。
そうそう、「梅の花」の豆腐料理の美味しかったこと、私もファンになりました。お店の内装もとても素敵でしたね。

2007-11-06 秋の公園・朝の風景

ikomanokaze2007-11-06

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

[]  公園の朝   公園の朝を含むブックマーク

10月24日から茨城県つくば市にでかけていました。

孫たちと庭で遊んだり自転車で田んぼ道や公園を廻って過ごしていました。

つくば市は 「学園」と呼ばれる「研究学園地区(約2,700ヘクタール)」と「周辺開発地区」に分けられます。「学園」とよばれる地区には大きな公園がたくさんあって、公園の町のようです。「学園」から一歩出ると田園地帯が広がり、のんびりした風景がみられます。

2005年8月24日に開通した「つくばエクスプレス(TX)」で、東京秋葉原」と「つくば」の58.3kmを、最速45分で走るようになり、東京にはずいぶん近くなったような気がします。

東京隅田川をわたり、荒川中川江戸川利根川と大きな川を渡っていくうちに筑波山麓の平坦な地形、関東ローム層の黒い土の田園風景が広がってきます。この黒い土は関西では見られないもので、肥沃な土地のように見えます。

朝、近くの公園に出かけると、たくさんの鳥が朝食の真っ最中でした。

お日様が昇りはじめると、地面は黄金色に輝きました

f:id:ikomanokaze:20071106211932j:image


公園の池は眠りから覚めたばかりです

f:id:ikomanokaze:20071106212320j:image


朝の身づくろい

f:id:ikomanokaze:20071106213048j:image

昨年みたバリケンが今年はたくさんに増えていました。
f:id:ikomanokaze:20071106213312j:image
f:id:ikomanokaze:20071106213348j:image
色づき始めた木々はやさしい色で公園を包んでいます
f:id:ikomanokaze:20071106213546j:image
f:id:ikomanokaze:20071106213628j:image
f:id:ikomanokaze:20071106213704j:image

昨年のつくば風景もみてください。 (1) http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061019 (2) http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061020 (3) http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061022 (4) http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061023 (5) http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061024 (6) http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20061025

彦左彦左 2007/11/06 21:51 ひめぼたるさん、暫くお姿が無いとおもっていたらつくば市に行かれていましたか。学研都市死ぬまでに一度は行かなければと思いますが・・・どうでしょうか。素晴らしい風景そしてバリケンも居ますね怖い顔をしてるがいたって大人しい水鳥でしょう。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/06 23:02 彦左さん、こんばんは!
長いこと留守にしていましたが、明日には間に合うようにと 帰阪しました。
つくばは とてものどかな町です。散歩するのが楽しいところです。
孫たちと遊んでいるとあっという間に時が経っていきます。
ちょうどロボコンの発表会もあり、いろんなロボットの試作品をみました。タッチパネルで動く画面の映像も面白かったです。
彦左さん、是非 学研都市つくばと筑波山へ
それに水戸も益子もいいところですよ!
明日は お会いできるのを楽しみにしています。

歌う カエル歌う カエル 2007/11/07 00:40
最後の写真 水面が静まりかえり、朝の静けさが 伝わってきますね。
筑波降しが吹く頃は メッチャ厳しい所ですね。
大昔、僕はこの近くで 正月15日から
ウイスキーボンボンを バレンタインに間に合わせるべく納品した機械が上手く動かず、悪戦苦闘した
思い出があります。
勿論 付近の景色どころか、納品先の工場に缶詰状態で、試作失敗のウイスキーボンボンを 口に放り込んで、糖尿悪化・・寒いから ウイスキーは有り難かったのですが・・
筑波は 伊達政宗の伊達家が 住んだ土地と聞いていましたが・・
潮来も近いらしい し・・
仕事で無く ボンヤリ ノンビリの遊びで、仲の良い奴と 廻ってみたい場所です。
たしか・・東大阪・布施の毎度一号なる人工衛星の実験も筑波大学だったような 記憶が・・
日本は広い どんどん変化するし・・
何時までも 長生きして 色んな場所に行けたら・・・と 夢を見ています。

至誠至誠 2007/11/07 01:31 見事な写真の数々ですね。どれも見事なアングル、シャッターチャンス、酔いしれて拝見しております。

micomico 2007/11/07 07:13 おはようございます、
お孫さんとの日々は楽しかったでしょうね。
学研筑波市素晴らしいですね、
一度ゆっくりと訪ねてみたくなりました。
素晴らしい紅葉の写真にウットリ!!
バリケンは初めての鳥です。

あまもりあまもり 2007/11/07 12:59 MyBlogで川の名前をずらーっと並べたikomanokazeさんのコメントを読んでびっくりされた方がいましたよ。私も同じようにびっくりしました。よくぞこれだけメモされたものだと。好きなんですね川が。
つくばの紅葉(黄葉)の美しさにため息が出ます。水面に映る木々もいいですね。
バリケンは去年より増えていたんですか。今年のバリケンは去年よりちょっと地味?(笑)
バリケンの子供はご覧になりましたか、親に似ずほんと可愛らしい。
とまたまた見たことがあるような書き方をしましたが、いまだ実際に見たことはございませぬ。
この野生化したバリケンは関東方面に多いのでしょうね。
関西では和歌山にも居ると去年検索した時にあるサイトに載っていましたが。

かりんかりん 2007/11/07 18:51 芝生が黄金に輝いている〜。茨城県つくば市にでかけていたんですね。お孫さんとも一杯遊ばれたようで、良かったですね。
奥に見えている白い鳥はサギかしら?

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2007/11/07 18:56 つくばももう秋が始まって、紅葉が美しいですね。バリケンははじめて見ましたよ。カモに比べるとずいぶん大きな鳥なのですね^^♪

歌う カエル歌う カエル 2007/11/07 19:01 訪問感謝! アメ・アラレ・オカキ・千兵衛です。

みたらい峡情報

紅葉祭りは、役所の発表では、3日、4日でしたが見ごろには まだまだ・・
多分 20日頃と・・神のお告げがありました。
しかし 紅葉祭りの期間が過ぎると
ひょっと すれば 無料バスが 出ないかも知れません。
4日の当日は バスがピストンで運転していましたが・乗っている時間は 5分〜10分ぐらいでした。

したがって・バスが無く 歩くとしても バスの運転道程は 約1kmぐらいでしょう。
それに、後 1km つまり 僕らがバスを降りてから、実際に歩いた距離をプラスすると 計2km+α に なるでしょう。

流れを右に見て ゆるい坂道 足が普通の状態なら
坂とは気付かない程度の 車道(舗装道路)を1kmあるくと、有料の駐車場がありますから、車なら直接この駐車場へ行くのが手っ取り早いでしょう。
土産の店があって、鮎の串焼きが 売っています。
駐車場のすぐ隣に 短い( 約5m ) 角度 推定10度の滝 (幅 約70cm)があり 淵になっていて 其処が ポイント らしい。
友人が 以前 奥方同伴で行った時は 素晴らしかった との事

んで・・
「 それ 何日やった ? 」
「 覚えてないん や・・」
「 何や それやったら 役所の情報は ガサネタ かいな・・お前も 覚えてないし・・なぁ・・」

「 ・・・ (ブス・・)・・・」

ま しゃあ〜ない
やっぱり オレの言う通り 25日以降の
京田辺 酬恩寺 が ええ。
そこで 一休さんの発明した 納豆を買おて 帰って 熱い飯にかけて ガサガサ 食うのが
イッチャン エエ と 思った次第

ポイントの 淵の横に 階段があって
もっと 上に ハイキング コースの道があるとか
そこの路は 元来た方向へ 向かっているらしい。
階段の下の 畳一畳ほどの 案内板が ありました。
友人の 話では 何処かの 温泉に 繋がっているらしい・・

ま・渓谷の水音を バックに聞きながら
握り飯を食ったのが 収穫。

ブログの写真は 大きくなります。
「 せんべい の 落書き帳 」には、歴史以外も
載せていますが・・
「小路千兵衛の歴史のページ」は、次回 石上神社を訪問すれば 物部シリーズ は おおよそ 終わりです。
石上 以外は もう 写真が 溜まっていて
冬に 更新予定です。

本当は 物部以前 長脛彦関係を 探りたいのですが・・写真となると 秋田 青森・・ま 夢・・

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/07 23:38 歌うカエルさま、千兵衛さま、こんばんは!
つくばから帰阪して 我が家の片付けも 私の頭の中の整理もまだできていません。
でも、カエルさんは精力的に探索をされて刺激をいっぱいいただきました。
つくばは魅力あるまちだと思います。好奇心が膨らみます。
東大阪の毎度1号の実験は筑波大学でおこなわれたのですか?知りませんでした。勉強不足ですね・・・
カエルさんと私は同じ歳ごろでしょうか? 私も元気でいろんなものを見て廻りたいと思っています。
みたらい峡情報 ありがとうございました。是非行きたいと思っています。
昨年の京田辺 酬恩寺
http://ikoma.web.infoseek.co.jp/
ikyuzi/ikyu.html
もし よろしかったら覗いてみてください。
天理の石上神社にいかれたのですよね。物部氏のこと勉強させていただきます。いつも教わることが多いです。怠け者で まだ私は廻っていないところも多いです。
長脛彦は秋田 青森につながるのですか?脛が長い渡来人ではないのですね。名前はどこからでしょうか?
石上神社を楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/07 23:56 至誠さん、こんばんは!
今回は孫たちと遊んでばかりで 写真を撮る時間がつくられなくてちょっぴり心残りです。 
それでも 素敵な風景と楽しい時間は私の気持ちを潤わせてくれました。
至誠さんの絵のように 写真で少しでも伝えることができたら嬉しいですが、それはちょっと厚かましいですよね・・・・・

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/08 00:00 micoさん、こんばんは!
孫たちとの時間は楽しくて あっという間に過ぎていきますね。大阪での生活をすっかり忘れていましたので 帰ってきてからがたいへんです。
今もその大変のど真ん中にいます。
頭の切り替えも鈍くなって 困った、困ったと言っています。お恥ずかしいことです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/08 00:09 あまもりさん、こんばんは!
今年のバリケンは地味?・・・なるほど! 
昨年は「この鳥は何?」・・・て驚きがありましたが  今年はこの一見奇妙な鳥があちこちにいても「おうおう・・・元気だね! それにしてもこの繁殖力は?」・・・と余裕をもって眺めていましたからでしょうね。

バリケンの子?
しまった!そこまで気づかなかったです。可愛らしいのですか?今度はよく観察してきますね。まだまだ観察力がたりませんね(反省)

川の記録、おかしいですよね・・・・
でもね、あまもりさんに報告しようと思ったのですよ。
どうってことないのでしょうが、「この川 きれい、汚い、」「水量多い、少ない」「川の周辺の草は?」・・なんてね・・・
車の中からですから どうなんでしょうね。でも気になったのです。
やはり、おかしいですよね(笑)

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/08 00:16 湖のほとりさん、こんばんは!
つくばの紅葉はこれからはもっと華やかでしょうが 途中で帰ってきましたので心残りです。
北海道の自然はもうそろそろ冬支度でしょうか?
厳しい冬の美しさも北海道ならではのものがあるのでしょうね。

そうそうバリケンはタイワンアヒルと呼ばれているそうですから アヒルを大きくしたくらいのものですが、ちょっと奇妙な顔をしていますので、昨年は怖かったです。
おとなしくてほとんど飛ばない鳥です。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/08 00:26 かりんちゃん、こんばんは!
つくばで「おばあちゃん」として活躍(?)してきました。いっぱい遊んで楽しかったです。
帰阪したら また行きたくなるのですから 困ったものです。
かりんちゃんのところは もう寒いでしょうか?
こちらは今日なんか歩いていたら汗をかきました。
風邪の時期ですね。気をつけて取材してくださいね。

ima-2ima-2 2007/11/08 20:43 山下先生こんばんは!
先日のPCクラブで欠席とお聴きしていました。
娘さんの居られる筑波に行かれているとお聴きして
居りました。
筑波は研究学園地区と田園に囲まれた環境の良いところだと思います。
公園には鳥たちの鳴き声や紅葉などと、
お孫さんとの楽しい時間を過ごされたのだと思いました。

庭花庭花 2007/11/09 14:37 紅葉が素晴らしいです。水鳥の姿が見えます。晩秋のしっとりとした佇まいですね。娘さんのお住まいの近くでしょうか、環境の良いところですね。羨ましいです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 01:11 ima-2さん、こんばんは!
ご無沙汰していいます。
孫たちと遊んでいると 大阪のことを忘れています。
今回は あまり写真が撮られなくて ちょっぴり心残りです。その分たくさん遊べましたが・・・
朝霧が幻想的で、大きい公園もたくさんあり、自然が豊かなまちです。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 01:16 庭花さん、こんばんは!
つくばは町全体が公園みたいなところです。家のすぐ前に森があり雉がすんでいます。
庭花さんは もう雉がめずらしくないそうですが、私は興奮するほど嬉しいのです。
今回は望遠レンズをもっていかなかったものですから 鳥の写真は撮れませんでした。
庭花さんのように 鳥と仲良くなるのにはまだまだ時間がかかりそうです。

たそがれたそがれ 2007/11/10 07:51  つくば市へ行っていられましたか。
 友人からもよく話を聞きますが、私には未踏の地です。学園都市風のイメージが多いのですが…
 自然の触れ合いがが多い土地のようですね。

かたちゃんかたちゃん 2007/11/10 15:16 ikoさん、お帰りなさいませ。
お孫さん達と楽しい時間を過ごされたようで良かったですね。孫と遊べるなんて何と幸せな事でしょう。私には、当分無理なお話でございます。
つくば、とっても素敵な所ですよね。去年も記事を拝見して素晴しいと思いました。きっと心が洗われて気分一新された事でしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 22:27 たそがれさん、こんばんは!
つくばが学園都市ですが、学園を取り囲むように田園風景が広がっています。
関西では見かけない真っ黒な土です。だだ広い平野にどこまでも続くようにキャベツ畑が・・・白菜が・・・とたそがれさんにも一度みてもらいたいと思いました。
北海道もひろい畑がつづいていますが それともちがっていますが、こんな畑を目にすると 嬉しくなります。

ikomanokazeikomanokaze 2007/11/10 22:35 かたちゃん、こんばんは!
おばあちゃんしていると パソコンのこともブログのこともすっかり忘れています。
以前だったら つくばにいても孫たちが寝たあとに パソコンを開けたのですが このごろは孫と一緒に私も寝こんでしまっています。

かたちゃんがおばあちゃんに!・・・なんだか想像できませんね。そりゃあ、いつかはおばあちゃんになられるのでしょうが、まだまだ うんと先・・・であってほしい(勝手ですよね)と思います。
かたちゃんは若々しいかたちゃんが似合うような気がしています(?)

つくばは 豊かな自然が残っているので 私は気に入っています。自然の中で暮らすのはいいものですね。