Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2008-10-24 四天王寺・本坊庭園

ikomanokaze2008-10-24

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[] 四天王寺・本坊庭園  四天王寺・本坊庭園を含むブックマーク

四天王寺さんは毎月21日はお大師さん(弘法大師の命日)で、22日はお太子さん(聖徳太子の命日)です。この二日は四天王寺骨董市が開かれています。私はこのブログの縁で写真家のSさんのお店に何度か訪れたことがあります。お人形もいただきました。

事情があってお店はやめられたと知らせがありましたが、今月の21日と22日は特別に出店されると、ブログに書き込みがありました。21日は会合がありましたので22日Sさんに会いに出かけました。

お昼近くに雨が降り出してきました。お店も慌しく片付けられていきました。

残念ながら Sさんに会えませんでした。 

小雨の振る中を四天王寺の本坊庭園「極楽浄土の庭」を見学しました。

日本彼岸信仰の発祥の地に庭園はあると聞きました。

私のこれまでの四天王寺ブログです。

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20060223

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20060522

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20060720

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20080707

22日 四天王寺境内

f:id:ikomanokaze:20081024160826j:image

四天王寺本坊庭園

庭園は中国の僧侶・善導の「二河白道(にがびゃくどう)」のたとえ話を基に造られたそうです。

「二河」とは水の河と火の河で、水の河は人生で順境にあるときであり、火の河は逆境にあるときで、二河は生き地獄のことだそうです。二つ河に挟まれた「白道」は極楽浄土への道であると唱えられているそうです。

庭園の中は白砂の道が続いていて 釈迦の滝と薬師の滝があり、瑠璃光の池が広がっていました。一番奥には蓮池が広がり、蓮が咲くころはさぞかし美しい池だろうと思われました。

本坊庭園の地図

f:id:ikomanokaze:20081024165701j:image

湯屋方丈(本坊方丈)

本坊は 国の重要文化財です。江戸時代初期の元和3年(1617年)徳川秀忠によって再建されたものです。

この中に聖徳太子や法隆寺などのとかかわりのあるものの複製が展示されていました。

f:id:ikomanokaze:20081024171738j:image

f:id:ikomanokaze:20081024171739j:image

釈迦の滝

f:id:ikomanokaze:20081024171859j:image

f:id:ikomanokaze:20081024193944j:image

八角亭 登録有形文化財で明治36年(1903年)竣工

蓮池の奥に青い八角亭があり、そこだけモダンな建物でした。庭には茶室が点在していて、八角亭は茶室と調和していました。

f:id:ikomanokaze:20081024194452j:image

瑠璃光の池と茶室

f:id:ikomanokaze:20081024173149j:image

法隆寺絵殿に安置される 重要文化財「聖徳太子童形坐像」の模刻像

f:id:ikomanokaze:20081024172036j:image

勢至菩薩像の模刻

勢至菩薩は法隆寺にある橘夫人厨子の阿弥陀三尊像の脇侍だそうです。

f:id:ikomanokaze:20081024172037j:image

扇面法華経冊子の下絵写し

白い動物は何でしょうか? この絵の描き方が面白いですよね。人物の絵から見た動物の姿になっています。

f:id:ikomanokaze:20081024172305j:image

(江戸時代)庚申堂の絵

f:id:ikomanokaze:20081024172306j:image

micomico 2008/10/24 19:50 こんばんは
四天王寺いろいろ勉強になりました。
一日かけてゆっくりとお参りしたいです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/24 21:42 micoさん、こんばんは!
大阪は 京都・奈良のように庭がある寺社がありませんので 慶沢園とか方坊庭園が貴重に思えます。
紅葉のころはきれいでしょうね。

がんさんがんさん 2008/10/25 09:09 四天王寺は一度お参りしたことがあるのですが、こんな所があるとは知りませんでした…。
そのときも古着やら骨董品やらを売っている店が出ていたのですが、市となると凄く沢山のお店が出るのでしょうね…。

P.S.
神南備(↓)といえば、生駒山も神南備山らしいです。
ニギハヤヒが降臨したとか、八幡大神が降臨したという言い伝えがあるそうです。

日下のまつもと日下のまつもと 2008/10/25 09:41 生駒さん、おはようさんです。
ご無沙汰しています。
1年に1回かそこらあらわれるぐらいですが、ここはみせてもらっています。
元気であちこち廻っておられるとわかって安心しています。

今年も生駒さんが特別気に入っておられたノブドウが綺麗に色づき紫、青がいっぱいですよ。
一度みにいきましょ、カラスウリもきれいですよ。

そよ風君そよ風君 2008/10/25 10:02 四天王寺さんから、案内パンフレットにしたいと、お願いがくるのではないですか。

至誠至誠 2008/10/25 11:46 四天王寺さんは実家の近くですが、このように詳細に拝見したことはありませんでした。大変勉強になりました。

ima-2ima-2 2008/10/25 16:23 こんいちは!
良く雨が降りましたね〜
 ((; ̄д ̄)ハァ↓↓

四天王寺の極楽浄土の庭「本坊庭園」を見せていただきました。
(*^-^*) ニッコリ☆
自転車で行ける距離なのに、この場所は初めて知りました。
池とか、滝とか、茶室など庭園の存在が有るとは
驚き、 ♪♪ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/キイヤァ〜 ♪♪
大発見で〜す♪♪♪

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/25 19:46 がんさん、こんばんは!
四天王寺の骨董市には外国の人の顔が結構多いです。なんとなくわかるような気がします。
21日と22日は特に多いように思います。
本坊庭園の拝観料は300円ですが、とおしで購入すると700円だそうです。夏の蓮が咲く頃と 桜のころが一番綺麗だそうですが、紅葉の頃もきれいでしょうね。私はちょっと早すぎました。

生駒山も神南備山なのですね。
お恥ずかしいことですが、私は神南備山を固有名詞と思っていたのです。
神様が折られる山神南備山というのだそうですね。
龍田大社の近くの三室山を神南備山と思っていました。「神南」という地名がすぐちかくにあるものですから。

ニギハヤヒ降臨ですか? ニギハヤヒは物部の祖ですよね。
私は生駒山の麓のこともわからなくてウロウロしています。ウロウロすることを楽しんでいるのかもしれませんね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/25 19:56 日下のまつもとさん、おひさしぶりです。
オゼ川周辺を歩くときは まつもとさんのことを思い出します。 川の周辺の草や木の名前を教えてもらったことを思い出します。今年も「チョマ」が茂っていました。桑の木が大きくなりました。

昨日 Tさんからメールが届きました。老人大学の講座で日下周辺を散策したそうです。
オゼ川のノブドウを「ノブドウのトンネル」と名づけて大喜びしましたね。野イチゴと木イチゴのジャムの美味しかったこと、
カラスウリのリースを今年も作りました。
生駒の麓をまつもとさんに連れられて歩いたあの頃は 私の第2の青春時代だったように思い出します。夢と希望で胸がいっぱいでした。
今度連絡しますので また連れてってください。
いつもありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/25 20:00 そよ風君、こんばんは!
四天王寺さんは何度も取り上げていますが、今回は雨降りでうまく写真が撮れなくて 見せ方を変えてみようと思ったのです。
パンフレットに採用されるといいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/25 20:07 至誠さん、こんばんは!

四天王寺さんはいろんなお顔をもった寺院だと思います。境内の場所によって 雰囲気が違うのです。
私は いく度に 違うところから違う角度で見るようにしています。
興味尽きないところです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/25 20:17 ima-2さん、こんばんは!
ima-2さんは行動がはやいですね。心身ともお若い証拠でしょうね。
京阪電車中之島線に試乗されたのですね。拝見させていただきました。

四天王寺さんには自転車でいけるのですね。では是非「本坊庭園」を拝観されることをお勧めします。
もう少しして 紅葉のときは滝がいっそうきれいでしょうね。拝観料は300円です。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2008/10/26 18:09 ひめぼたるさん、四天王寺にこんな素晴らしいところがあるのですね。私も一度は極楽浄土の庭を歩いて見たいものです。蓮の花が咲いていないのですか。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/27 09:05 wmkishi(彦左)さん、おはようございます!

四天王寺さんに こんな素敵な庭があることを知らない方が多いので 驚いています。
大阪には 京都・奈良のような庭が少ないので いっそうこの庭が貴重に思えます。
春には桜が、夏には蓮が 秋には紅葉がきれいだと思います。 残念ですが 私が訪問したときには蓮も終わり、花がほとんど咲いていませんでした。

あまもりあまもり 2008/10/27 15:30 四天王寺は近くて遠いお寺です。
子供の頃はよく手を引かれてお参りするたびに亀池の亀を飽きもせず眺めていたことが思い出されます。
大人になってあまりお参りに行かなくなりましたが、こうしてikomanokazeさんに何度か紹介していただく度にまた行かなくてはと思うのです。
紅葉も綺麗なんですね。この秋はぜひとも足を運びたいと思います。
四天王寺は聖徳太子創建(創建と言っていいですよね?)のお寺で、本尊は聖徳太子と思っていましたが、違うようですね。何宗なんだろ?と検索しましたら「和宗」とありました。宗派を越えたお寺なんですね。度量あるお寺だと思いました。

たそがれたそがれ 2008/10/27 20:45  四天王寺はお参りしましたが、こんなに立派な庭園があるのですね。
 大都会の真ん中にこんな庭園があるなんて、信じられないぐらいです。

森すえ森すえ 2008/10/28 20:11 四天王寺のことをコメントさせていただいたと思っていましたが、のっていないようですので今一度失礼いたします。四天王寺の近くで生まれましたので、信心深い母につれられ、お大師様の日には必ずお参りをさせられました(笑)本坊庭園があるのですね。とても立派ですが、普段から一般に開放されてるのでしょうか。知りませんでした。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/28 20:26 あまもりさん、こんばんは!
あまもりさんは大阪育ちですから 幼いときにも四天王寺さんにお参りされたのですね。
聖徳太子によって建てられたものですが、戦火、台風などで壊滅状態になったうえに世界大戦の空襲で境内のほぼ全域が灰になったそうで、
次から次と襲う被害をくぐりぬけ それでも今に残っているものがあるのですね。
聖徳太子建立ということで太子堂があります。
石切さんを含む河内の物部守屋を倒して 四天王寺を建てたのですから、守屋領地に住まわせてもらっている私としては(笑)・・・・?です。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/28 20:38 たそがれさん、こんばんは!
四天王寺さんの本坊庭園は5年ほど前から一般公開されるようになったと聞いています。
庭園の中は別世界のように静でした。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/28 20:46 森すえさん、こんばんは!
森すえさんも お大師さんの時に お参りされていたのですね。
私は 夫の家のお墓がこ四天王寺さんの近くでしたので 何度かお参りしたことがありましたが、最近はお墓が高槻にうつされたこともあって ご無沙汰していました。
ところが このブログが縁でお大師さんやお太子さんのときにお参りすることができました。
本坊庭園は5年ほど前から一般公開されるようになったそうです。大阪にこのような庭が少ないこともあって貴重に感じます。
立派なお庭でした。

森すえ森すえ 2008/10/31 07:30 5年前からの公開されてるのですね。機会があれば庭園を歩いて見たいです。

karinkarin 2008/10/31 16:39 こんにちは
お久しぶりです。こないだはコメントをありがとうございます。
名前を見つけたときに凄く感動をシマシタ。私の方から伺えばよかったですが、私もなにやら忙しい日を送っていて・・・。

ブログにのせている写真が一段と腕を上げていると関心しています。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/31 20:58 森すえさん、こんばんは!
大阪にお帰りになられましたら 是非庭園にお出かけください。
私もお供できたら・・・と、勝手な空想です。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/31 21:05 かりんちゃん、お久しぶりです。
私は今年の夏はずっとブログをお休みしていました。かりんちゃんのところへも伺えなくて気になっていました。

忙しいですか?
身体は大丈夫ですか?
ときどき お話できたら嬉しいです。

「写真の腕が上がった」とは嬉しいですね。
もっと腕を磨きます(? ? ? ?)ので、ときどき覗いてみてください。
ありがとう!

katukamekatukame 2008/11/03 11:11 ikomanokazeさん 大変立派な四天王寺のお写真、正にクリスマスプレゼントにしたく思っています。十一〜十二月は最後の露天商として、21&22日は晴天でしたら出店致します。 本当に、先月は失礼致しました。 ダイアリーなどにカキコ致しましたが、投稿が出来ず、当方のパソコンが可笑しいのでしょうね〜
先程も貴掲示板にも投稿しようとしましたが、失敗です。 ながいさんに先月29日には診断を仰ぎましたが、まだ調子がもう一つ?ノートパソコンはもう5年以上も使って居り、先日ビスタ東芝を買いましたが、今度は使いこなせません。
ikomanokazeさんは高級な写真加工とか盛り沢山のアイテムをホームページにもたれ敬服して居ます。

後2回の四天王寺では、是非クリスマスプレゼントにお気に入りの品が在ればと思っています。 必ず、お逢い出来ればと楽しみにしています。鈴木拝

ikomanokazeikomanokaze 2008/11/03 20:27 katukameさん、こんばんは!

先日はお目にかかれなくて 残念でした。
昼ごろから雨が降ってきましたので みなさんお店をたたまれていました。
小雨の中 本坊庭園を拝観しましたが 拝観者が少なくてゆっくりできました。
また出かけます。お会いできるのを楽しみにしています。

2008-10-20 花の不思議と斑鳩の不思議

ikomanokaze2008-10-20

を含むブックマーク

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

斑鳩の中心 法隆寺の画像です。

[] 花の不思議  花の不思議を含むブックマーク

道端によく生えているいるそうですが、私は今まで気づかずにいました。ところが家の庭でどんどん大きくなっていく真ん丸い葉が何故か気になりました。9月になると小さな小さな真ん丸い紅い蕾をたくさんつけ始めました。どんな花が咲くのだろうと観察していましたがなかなか花が咲きません。

名前もわからない侵入者をネットで訊ねてみました。するとすぐに返事があり、「ハゼラン」という名で、午後三時ごろに花が咲くので「三時草(さんじそう)」とも言うと教えてくださいました。

早速午後三時に花のところに行ってみると 咲いていました!小さい花ですが時間どおりに咲きました。面白いですね。

蕾のつき方は「爆ぜる(はぜる)」にぴたりです。「爆蘭(ハゼラン)」ですね。

花火草という名前もあるそうですが、線香花火のような蕾のつき方をみると納得です。

ハゼラン

f:id:ikomanokaze:20081020163531j:image

f:id:ikomanokaze:20081020163532j:image

f:id:ikomanokaze:20081020163533j:image

ハゼランとクモの巣

f:id:ikomanokaze:20081020164034j:image

不如帰の花がさきました。

鳥のホトトギスの斑点と花の模様が似ているのでつけられた名前だそうです。ゆり科ホトトギス属の多年草です。

日本を中心とした東アジアに分布している植物です。日本に自生している植物です。

f:id:ikomanokaze:20081020172434j:image

f:id:ikomanokaze:20081020172530j:image

[] 竜田川に沿って斑鳩 竜田川に沿って斑鳩へを含むブックマーク

千早ぶる 神代も聞かず竜田川 から紅に水くくるとは」 在原業平

の歌をたよりに生駒山をくぐって(第二阪奈道路600円)平群の里へ出ました。竜田川にそって近鉄生駒線も走っていました。このあたりの竜田川は平群川とも呼び、大和川の支流です。岩がごろごろしている渓谷の様子がありました。竜田川沿いに緑地が続いていて桜の名所になっています。

竜田大橋を渡ってすぐのところに昔の家並みがのこっていました。法隆寺の寺町として栄えたのでしょうか。

飛鳥時代、聖徳太子が斑鳩宮造営にあたり、太子の出生地の飛鳥神名備の産土神を龍田に近い山に勧請されたそうです。その山を神名備山とも呼ぶそうです。(三室山のこと)

この神名備山を私は固有名詞と思っていましたが、神様がおられる山のことをいうので いろんなところに神名備山はあるそうです。

竜田大橋を渡って東にいくと龍田神社があり、法隆寺に続きます

竜田大橋を渡って南西にいくと神名備山とも呼ばれる小高い丘のような三室山があり、龍田大社があります。

竜田川が大和川と合流する近くに神南という地名があります。神南は三室山の南です。神南山で神名備山と思っていましたが、大きな間違いでした。

それに、歌に読まれた竜田川は大和川のことだそうです。

法隆寺建立の地を探していた時、推坂山で翁に姿を変え、建立の地を指示されたのが龍田大明神で龍田大社の本宮に祀られているそうです。法隆寺の鎮守です。

龍田大社が法隆寺に遠いので分霊して龍田神社ができたそうです。竜田大橋をはさんで右に龍田大社、左に龍田神社と紛らわしいです。

龍田神社周辺の家並み

太田酒造株式会社は創業が明治2年という歴史のある蔵元で地酒以外に奈良漬も有名です。奈良日本酒の発祥の地だそうです。現在でも多くの蔵元があります。奈良の蔵元は規模は小さいが良い酒を造ってきたそうです。

f:id:ikomanokaze:20081020171229j:image

f:id:ikomanokaze:20081020171230j:image

龍田神社

f:id:ikomanokaze:20081020171432j:image

龍田神社境内にある金剛流の碑

金剛流は 能楽シテ方のひとつで 大和猿楽四座といわれる 結崎、円満井、外山、坂戸のうちの坂戸座を源流とする流派です。

坂戸座は法隆寺周辺部にあった古代郷で、今の斑鳩町竜田服部、稲葉、小吉田、神南付近を範囲とする板戸郷に由来し、法隆寺に所属して発展した猿楽の座だそうです。

f:id:ikomanokaze:20081020171433j:image

中宮寺入り口

f:id:ikomanokaze:20081020171631j:image

中宮寺新本殿

微笑をたたえたやさしいお顔の中宮寺弥勒菩薩象が安置されていました。クスノキでつくられたそうですが、黒く光る像はとても美しかったです。

日本最古の刺繍天寿国曼荼羅刺繍」の複製が飾られていました。高松塚壁画にあった飛鳥時代の服装とよく似た姿の始終があり、また月には兎も刺繍されていました。、

f:id:ikomanokaze:20081020171632j:image

昔見た「五十円切手」は中宮寺の弥勒菩薩像です。

中宮寺山吹の寺と呼ばれるそうです。まだ少し咲き残っていました。

f:id:ikomanokaze:20081020171951j:image

f:id:ikomanokaze:20081020172241j:image

道からも法隆寺の夢殿が見えます。柿ならぬ桜の葉が色づき始めていました。

f:id:ikomanokaze:20081020171633j:image

2年前に訪れた法隆寺の画像です。是非覗いてみてください。

屋根の上の宝形は上から、光芒、宝珠、宝傘、宝瓶、受花と蓮花の反花からなります。

f:id:ikomanokaze:20081020171634j:image

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2008/10/20 20:08 ひめぼたるさん、ハゼランと蜘蛛の巣面白いですね。本当に蜘蛛の巣とは見えませんね。網を被せたようです。ホトトギスは始め鳥と思いました。咲いたのはよくお目に掛かるがこの様な咲きかけは初めてです。 竜田川の最初の詩は知ってますが、良い詩ですね。斑鳩沢山見せて頂きました

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/20 21:17 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!
ハゼランも初めて知った花ですが、くものすも写真でこんなに面白いものだと知って、しばらく払わないで置いておこうと思いました。

近いところに 龍田大社と龍田神社があることも初めて知りました。
このあたり のどかな雰囲気のところでした。
歩けば棒にあたるではないですが、面白い発見がありますね。

ima-2ima-2 2008/10/20 21:17 こんばんは!
花の不思議を読んでハゼラン のことを知りまた。
詳しく解説をしていただいて分からただ見ているだけの時が、良くありますがこの様な不思議な事があるのだなぁ〜と思いました。
龍田神社ですが、竜田の紅葉の川の近くに有るのですか?

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/20 21:39 ima-2さん、こんばんは!
ハゼラン(三時草)ですが、今までだって見ていたかもしれないのですよね。
関心がなかっただけのことなんでしょうが、今はこの花がとても気に入っています。
じっくり見ると、可愛らしい花です。紅い実がはじけたようにパッと咲くのです。

龍田神社も龍田大社も紅葉のきれいな竜田川の近くです。紅葉のときにまたいってみようと思います。

たそがれたそがれ 2008/10/21 06:24  平群の里は法隆寺から生駒山宝山寺へお参りした際に通りました。竜田川にかかった赤い橋が印象的でした。道を間違えて生駒の中腹あたりで迷いましたよ。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/21 09:13 たそがれさん、おはようございます!
そうでしたね、たそがれさんが宝山寺に参られお話覚えています。山道がたくさんあって結構入り組んでいますよね。
以前、春先に花の写真を撮りにグループで出かけたときも迷いました。
竜田川は和歌が先行していて 思っていたところと違っていました。

あまもりあまもり 2008/10/21 11:42 探求心旺盛なikomanokazeさんは、ちょっとしたことでも見逃さず不思議を感じられるんですね。見習いたいです。歳を重ねるほどに好奇心を失っていく自分に反省させられました。
ハゼランはほんと可愛い花ですね。この可愛い花を見ることができるのは三時前後だけ。
クモのレースを通して見るハゼラン花も素敵です。
そう言えばテルナミもサンジソウと呼ばれていますよね。ハゼランと同じように午後三時頃に開花するのでそう呼ばれているそうですが、同じ三時草でもハゼランのほうが身近ですね。
ホトトギスが咲きましたね。梅田スカイビルの里山のホトトギスも咲いていました。

二つ目の不思議の斑鳩の里。中宮寺は法隆寺の塔頭寺院の一つと思っていたのですが、私はあまり法隆寺のことは知りませんので勘違いしているかもしれません。法隆寺には子供の頃の遠足と、大人になってからツーリングで2度ほど行っただけですので。
でも高速を通らずに阪奈道路を下りて自然豊かな田んぼの中を走り抜けた時の気持ち良さは今でも覚えています。あの辺りも住宅開発で田んぼが少なくなったのでしょうか。
懐かしい50円切手の仏像は聖徳太子ゆかりの中宮寺の弥勒菩薩だったことは知りませんでした。お恥ずかしい・・・。
私の知らないところを歴史を踏まえて詳しく教えてくださるikomanokazeさんに感謝です。

そよ風君そよ風君 2008/10/21 11:53 ホトトギス私の庭にも今咲いています。よく見ると味わいのある花ですね。

のらしろのらしろ 2008/10/21 14:30 紅葉の季節となりましたね、後生掛温泉のしゃくなげ茶屋の山道の全山紅葉は忘れることが出来ません。
今朝鼻孔胃カメラ済ませました。オエは全然なく苦痛らしき物はありませんでした。
鼻が少し痛い程度で楽に検査ができるようになりました。10.0ミリが5.9ミリに細くなって苦痛はありません。
竹村クリニック、都島、消化器内科で検索することが出来ます、今日の胃カメラの予約は11月3日となりますと 患者さんが言われていました。

至誠至誠 2008/10/21 15:17 ハゼラン、我が家の庭にもあります。午後3時の観察、実行してみたいと思います。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/21 21:32 あまもりさん、こんばんは!
私の疑問はほんの小さなことですが、あまもりさんはもっと根本のところの疑問を解明してくださっていますよね。教わることが多いです。ありがとうございます。
「テルナミ」って知らなかったのですが、サボテンの花によく似ていますね。どうして三時に咲くのでしょうね。以前あまもりさんが調べておられたオシロイバナは4時ごろ咲くのだそうですね。
「中宮寺は法隆寺の塔頭」といわればそんな位置にありますよね。
「中宮寺拝観のしおり」には「法隆寺は僧寺、中宮寺は尼寺として計画されたもの」とありました。平安時代に衰退して宝物の主なものは法隆寺に移されたそうです。
私は法隆寺を建立するための守寺として龍田大社ができ、龍田神社ができ・・・法隆寺建立にあたっての大事業、難事業を想像しました。龍田大社と龍田神社はどんな役割をしていたのでしょうね。
中学校の教科書に中宮寺の弥勒菩薩像と広隆寺の弥勒菩薩像が並んで載っていたのを思い出しますね。日本を代表する美しい仏像ですね。

法隆寺近辺や竜田川周辺はまだのどかな田園風景が残っています。私はあまり歴史に強くないのですが、藤ノ木古墳があり、途中には長屋王墓ありと興味がつきないところですね。私はいつまで経っても不思議がってばかりです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/21 21:36 そよ風君、こんばんは!
ホトトギスの花は「きれい」という花ではありませんが、ほんとおしゃるように「味わい深い」花だと思います。
紫式部が咲いて、フジバカマがさいて、ホトトギスが咲くといよいよ秋本番に向かいますね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/21 21:46 のらしろさん、こんばんは!
「後生掛温泉の紅葉」が忘れられない・・・というのはよくわかります。
八幡平の紅葉は格別なような気がします。白神山地のブナを見たとき紅葉のときにきたいなぁ~と思いました。まだ実現できていません。

のらしろさんの検査は無事終わってよかったですね。鼻孔胃カメラのことをうかがってほっとしました。竹村クリニックを教えていただいてありがとうございます。カメラも半分近くに細くなったのですね。嬉しいニュースです。ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/21 21:50 至誠さん、こんばんは!
ハゼランって目立たない花ですが、今回じっくり観察したことで愛着がでてきました。
いろんな角度から いろんな方法で写真を撮ってみました。名前を知って、可愛さに気づき・・・と、まるで人との出会いのような感じです(笑)

森すえ森すえ 2008/10/21 22:10 ハゼランって可愛いいですね。お花も又可愛いです。奈良はお酒の名所で歴史的にも古い蔵元があるのですね。奈良漬が有名で美味しいのも理解できました。奈良では奈良漬を頂き土産にいつも買っています。

歌う カエル歌う カエル 2008/10/22 04:57 竜田川ですか!
チビのころ・関取の竜田川が 花魁の千早太夫に惚れた話の落語を聞いたのが きっかけで 歌を覚えました。業平は 藤の花で有名な 葛井寺にも
縁があるとか・・・
そして 業平は屏風の紅葉をみて この歌を詠んだとか 色々 面白い話のある竜田川

以前に 竜田神社の風神を訪ねようと計画したのですが・・
生憎 例の 幼女誘拐事件が興り 警戒中だったので 鬱陶しいので 中止しました。
紅葉の季節になると思い出します

今年は 多分 友人の車で 河内長野の 天野山金剛寺に なりそうです。
奈良の大仏殿の西に 手向山神社と言う名所があって 春日大社は 混むだろうが 多分 ゆっくり できるのでは? と 思っていたのですが
2対1の多数決で 天野山金剛寺に・・

ま まだ 先の話ですが・・
又 来ます では・・

花咲か爺花咲か爺 2008/10/22 14:53 ハゼラン、不法侵入でも可愛い花を咲かせてくれましたから無罪放免ですね(^○^)。散歩に出るのが午前中なのでハゼランの花見つけて居るのですが撮るのを諦めていましたが蕾の感じも可愛いですね。ホトトギスの花も綺麗に咲きましたネ。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/23 15:36 森すえさん、こんにちは!
ハゼランって可愛いですよね。名前を知ってじっくりみるようになったら愛着を感じるようになりました。
あぜ道に咲いていても気づかなく素通りしていたのでしょうね。
まだ気づかずにいる可愛い花がたくさんあるのでしょうね。
Webのお陰で、いろいろ教わり関心を持つようになりました。嬉しいことです。
森すえさんの旅のお話から 私の世界も広がりました。楽しませていただいています。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/23 15:52 歌うカエルさん、こんにちは!

病院からの脱走兵(?)さんは 身体の方は大丈夫ですか?
お友達と紅葉狩りに出かけるお話をされているということは 元気になられたと思っていいのでしょうか?
病気は完治しなくても 病気と仲良くしながら上手に生きていく人たちも多いですよね。
「一病息災」って言葉がありますから 健康って思っている人より長生きするって話です。
大変でしょうが お元気で できるだけ愉快に過ごしてくださいますように・・・・と勝手に念じております。
「天野山金剛寺」にはお参りしたことがあります。
私は このあたりの景色がとても好きです。
「手向山神社」はおっしゃるように あまり人が訪れない紅葉の穴場かもしれませんね。

「竜田神社の風神」ですが、これは「龍田大社」です。私も神社と大社を間違えて 神社の方にでかけました。 「風神」のときは人が多いでしょうね。一度見たいと思うのですが・・・・

カエルさんがこうやって顔出してくださるようになって 私も元気百倍です!ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/23 15:59 花咲か爺さん、こんにちは!

>不法侵入でも可愛い花を咲かせてくれましたから無罪放免ですね

そうです、そうです。無罪放免というより、
今は「よくぞ 我が家を訪問してくれました!」・・・て嬉しい気持ちです。
花咲か爺さんのところで 道端や公園の花をアップできれいに紹介されたのを拝見して 花を見直した気持ちになることがたくさんあります。

こうやって「知る」「知らされる」「教わる」ことで何倍も得した気分になるものですね。
ありがたいことです!

庭花庭花 2008/10/24 16:02 ハゼランは小さな花なのに綺麗に撮れましたね。雨の雫がついた蜘蛛の巣は宝石のように感じます。ホトトギスと言えば、秋の花の代表選手ですね。個性的な形に惹かれます。
これからは紅葉が見られるようになりますね。お寺と紅葉の風景を思い出しました。楽しみにしていますよ!(笑)

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/24 21:58 庭花さん、こんばんは!
ハゼランはほんと 小さくて撮るのに苦労しました。雨上がりの蜘蛛の巣がキラキラ輝いていて なんだかはらいのけるのがもったいないように思いました。
でも 蜘蛛っていばっているのですね(?)巣に葉をのせたら すぐに取り外すのです。自分の家に余計なものを入れるなって! でも私の通る場所なんですけど・・・・ネ!

庭花さんのところは紅葉が始まりましたか?
私の近所はまだですが、そろそろですね。
どこへ撮りにいきましょうか?
庭花さんのように自然の中の紅葉を見つけたいです

2008-10-17 コスモスと稲穂に囲まれた法起寺(ほうきじ)

ikomanokaze2008-10-17

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

斑鳩の中心 法隆寺の画像です。

[] コスモスと法起寺(ほうきじ・ほっきじ)  コスモスと法起寺(ほうきじ・ほっきじ)を含むブックマーク

法起寺は岡本尼寺、岡本寺、池後寺、池後尼寺とも呼ばれ、法隆寺がある斑鳩(いかるが)の里にあります。法輪寺中宮寺もちかくにあります。すべて聖徳太子ゆかりの寺院です。

斑鳩(いかるが)の里が仏教文化の中心だったことがうかがえます。

国宝三重塔は日本最古の三重だそうです。

三重塔は中世に改造されたが、1970年の解体修理の時、創建当時の形に復元されたとありました。二層と三層の高欄(手すり)も解体修理で復元されたそうです。土台も新しいものに見えました。

重要文化財の木造十一面観音菩薩立像は本堂である講堂にあったものを 今は収蔵庫に安置されていました。

講堂の前のコスモス

f:id:ikomanokaze:20081017203308j:image

f:id:ikomanokaze:20081017203309j:image

法起寺周辺はコスモス畑があちこちにあります

f:id:ikomanokaze:20081017220905j:image

f:id:ikomanokaze:20081017221742j:image

f:id:ikomanokaze:20081017221352j:image

f:id:ikomanokaze:20081017221353j:image

コスモス畑の周りには写生するグループとカメラマンたちがたくさんでした

左にちょっと見えるのがいちぢく畑です。いちぢく畑と柿畑もあちこちにあり、即売していましたので、買い求めました。美味しいいちぢくでした。

f:id:ikomanokaze:20080915135323j:image

黄金色の稲穂が輝いていました

f:id:ikomanokaze:20081017220906j:image

f:id:ikomanokaze:20081017221743j:image

境内の池から三重塔を見る

f:id:ikomanokaze:20081017220909j:image

たわわに実った柿の実の間から三重塔を見る

f:id:ikomanokaze:20081017222358j:image

南大門三重

f:id:ikomanokaze:20081017220908j:image

西門・入り口です

f:id:ikomanokaze:20081017233853j:image

たそがれたそがれ 2008/10/18 06:02  お早うございます、
 斑鳩周辺は法隆寺しか知らないのですが、いろんな名刹があるのですね。
 コスモスの花と古塔との取り合わせが絶妙ですね。
 たわわに実った柿があの名句を想起させますね。
 これからの大和路…いいですね。
 正倉院展もあるしも一度訪問してみたい・・・と思ったり・・・の毎日です。

庭花庭花 2008/10/18 08:22 黄金色の稲穂や柿の実など、秋は色々な角度から風景を楽しめますね。特に、法起寺三重塔とコスモスの写真が好きです。素敵な秋の風景です。今日の写真は、とても参考になりました。

micomico 2008/10/18 09:02 おはようございます。
斑鳩の里は暫くご無沙汰です。
素晴らしい風景に足を運びたくなりました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/18 09:07 たそがれさん、おはようございます!
一口に奈良と言っても 古の様々な足跡がありますね。
奈良公園を中心に広がる飛火野の景色も、飛鳥寺、橘寺周辺の明日香も、法隆寺を中心に栄えた斑鳩も魅力ある景観が残っていますね。
いくたびに発見があり、楽しい場所です。
たそがれさんも 是非奈良を訪問されて紹介してください。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/18 09:23 庭花さん、おはようございます!
好天に恵まれた秋の一日、斑鳩の里を散策しました。竜田川沿いにも広がる田園にもコスモスが満開でした。古都を華やぎを添える花ですね。
コスモスと法起寺の三重塔は絵になる景色ですので絵をかく人たちも多かったです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/18 09:38 micoさん、おはようございます!
micoさんは奈良のあちこちをよく歩いておられますね。
先日歩かれた当麻の里と竹内街道は私も大好きなところです。木津川のほとり12キロも歩かれたのですよね。micoさんの健脚に感心しています。

そよ風君そよ風君 2008/10/18 09:49 写生をしておられるすぐ上の縦のコスモスの写真。いい写真です。見事なアングルを探して撮影されました。

至誠至誠 2008/10/18 11:58 写生の写真、私もこの寺に写生で訪れたのを思い出します。柿が紅葉する晩秋の頃でした。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2008/10/18 12:06 ひめぼたるさん、やはり活動家でありんすね。
奈良の法起寺コスモスの中にあるのですね。寺にも咲いてるのでしょうか?写真で見るとコスモス畑のようで沢山の花見客が来てますね。三重の塔が最古のものだとは知りませんでした。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/18 16:55 そよ風君、こんにちは!
よかったです。コスモスの写真がそよ風君のお目に留まって、
法起寺のコスモスはかなり早くから満開でしたので、綺麗に咲いているものの横で終わった花もたくさんありました。
コスモス畑が多いのにも驚きました。遠くのコスモス畑から法起寺の三重塔を向いて写真家が並んでおられました。
夕焼け空を撮ろうと夕方になって来る人もおられました。
写生のグループの方たちは集まって合評会をしておられました。
法起寺の周辺は賑わっていました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/18 16:58 至誠さん、こんにちは!
至誠さんもここに写生にこられたのですね。
写生をしている方たちの絵を拝見させてもらいました。同じ場所を描かれてもそれぞれ雰囲気が違う絵になっていました。
至誠さんの絵はブログにありますでしょうか?

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/18 17:05 wmkishi(彦左)さん、こんにちは!
境内にもコスモスが咲いていましたが、寺の周辺のコスモスは田んぼ一面に咲いていて、あちらにもこちらにも・・・といった具合でした。
かなり離れた場所のコスモス畑からでも三重塔を入れて写真をとっておられました。
田園の中に建つ三重塔は絵になるようですね。

popaipopai 2008/10/18 22:21 恥ずかしい事ですが、郡山に3年ほど生活していましたが法隆寺しか知りません・・。
澄みきった青空にコスモスの花が映えますねぇ!

それにしましても、絵筆を操れる方には感心します。
(絵心のない私は、四季の写真を集めたスライドショーを更新しているのですが
各シーズンや、撮影場所を表すタイトル画面はPhotoshopやらGIMPの機能を使って
油絵や、ヴァンゴッホ風とか・・・でごまかしています。

森すえ森すえ 2008/10/19 07:41 国宝の三重塔、しっかりと保存されているのですね。柿の間から、すすきの向こうに、池のそば、素晴らしい姿が映し出されています。十一面観音様にもお会いしたいです。昔、見た奈良のコスモスの美しさががいまだに忘れられませんので、今、お写真を見せていただきとても嬉しいです。奈良に柿とコスモスが似合っていますね。

ima-2ima-2 2008/10/19 09:22 こんにちは! \(@^〇^@)/☆
法起寺に行かれたのですね〜
満開のコスモスと三重の塔、とてものんびりとしていて(⌒∇⌒)ノ”
お天気も良く、撮影も素晴らしいアングルで、此方も行かせていただいた気分になりました。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

一番のスポットに大勢のカメラマンが撮影されたり
写生に腕をふるわれている方々と池に映る塔など
沢山見せていただきました。
有り難う御座いました。
ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!!

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/19 20:10 popaiさん、こんばんは!
郡山に住んでおられたということですから、郡山城下はよくご存知でしょうね。今度郡山に行く予定です。
今回は法隆寺境内には入りませんでしたが、周辺を散策しました。のどかな田園風景と昔の町並みを楽しみました。
いいお天気で、あちこちで写生する人をみかけました。みなさんお上手でした。
popaiさんはPhotoshopを上手に使っておられますね。私も覚えたいと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/19 20:38 森すえさん、こんばんは!
奈良の秋にはコスモスが似合いますね。
森すえさんの萩とススキも古都によく似合う花ですね。
くずれかけた土壁のところに萩が咲いていました。なぜこんな風景が心に響くのでしょうね。
あまりにも有名な 子規の「柿食えば 鐘が鳴るなり法隆寺」からなのか、「柿の葉寿司」のせいなのか、奈良と柿は連想ゲームのように重なります(笑)

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/19 20:46 ima-2さん、こんばんは!
ima-2さんに また会えるかな(?)と、キョロキョロしましたよ(笑)
この日は晴天でしたので コスモスも稲穂もまぶしいほどでした。

SINさんとご一緒に美味しいものを食べにいきませんか?

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2008/10/20 09:30 おはようございます。
古い建物と、コスモスのコラボが
なんともいえません。
こんな風景に出会うと、
日本ていいなぁ〜と思います。

がんさんがんさん 2008/10/20 11:20 法起寺も世界遺産なんですよね。
斑鳩は長閑な雰囲気で、コスモスも三重塔によく似合います。
が、カメラマンがずら〜っと並んでいる光景はちょっと無粋…。
ま、お互い様ですけどね。
農家の方が即売されている果物や野菜は新鮮で美味しいですよね。
昨年は大根菜を買って帰り、おあげと一緒に炊いたらすっごく美味しかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/20 21:48 湖のほとりさん、こんばんは!
私もほとりさんと同じような気持ちです。
古い塔と土壁、広がる田園風景、青い青い空・・・
日本の秋だなぁ~・・・・と心底 気持ちよくなりまし。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/20 21:55 がんさん、こんばんは!
そうなんですよね。「世界文化遺産」と明記されていました。
斑鳩のあちらこちらにコスモスが咲いていました。竜田川に沿ってコスモスが植えられていました。
ここでは カメラマンより絵を描くグループの方たちが多かったです。折りたたみの小さい椅子を持参して 何時間も描いておられる様子でした。
写真のグループもお絵かきグループの方たちでした。
大根菜も美味しいですね。丹波の黒豆を売っているところも多かったです。
購入した柿もいちぢくも新鮮で市販のものより美味しいと思いました。

2008-10-12 秋の草花を撮る

ikomanokaze2008-10-12

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[] 万博日本庭園・秋の山野草展  万博日本庭園・秋の山野草展を含むブックマーク

万博日本庭園内で10月5日から明日(13日)まで 「秋の山野草」が展示されています。今回は66回目だそうですが、今まで知らずにいましたので初めての見学です。

丹精こめて山野草を育てているグループの方たちの鉢がたくさん並んでいました。(関西山艸クラブ

その中から選んで写真を撮らせてもらいました。

日本庭園入り口からは太陽の塔の後姿が見えます

f:id:ikomanokaze:20081012194149j:image

シモバシラソウ

f:id:ikomanokaze:20081012172620j:image

シモバシラソウって珍しい名前ですので、その謂れを教えてもらいました。冬、花も葉も枯れたシモバシラソウの茎が地中の水分を吸って、茎の中で氷ができ、破裂していろいろな形の氷柱ができるそうです。一度見てみたいと思うのですが 冬山に登っても見つけられるかどうか?

f:id:ikomanokaze:20081012172331j:image

タイカカラマツ

白い花のタイカカラマツから変化したもののようです。

f:id:ikomanokaze:20081012172515j:image

f:id:ikomanokaze:20081012172516j:image

ジュズサンゴ

北米南部〜南米原産の非耐寒性常緑多年草です。「ジュズサンゴ(数珠珊瑚)」「リビナ」とよばれ、ヤマゴボウ科 ジュズサンゴ(リヴィナ)属

f:id:ikomanokaze:20081012172659j:image

f:id:ikomanokaze:20081012172700j:image

ヒネム

マメ科の「緋合歓

f:id:ikomanokaze:20081012172815j:image

コスモス

万博公園コスモスフェスタが昨日から始まりました(10月11日(土)〜11月3日(月))

万博公園花の丘で6種類約30万本のコスモスが咲くそうですが、今はまだちらほら咲き始めたところでした。

f:id:ikomanokaze:20081012172816j:image

f:id:ikomanokaze:20081012173347j:image

f:id:ikomanokaze:20081012173348j:image

我が家の秋の花・ムラサキシキブ

紫の玉暖簾のようにたくさん咲いています

f:id:ikomanokaze:20081012173555j:image

実だけみると葡萄のように見えます

f:id:ikomanokaze:20081012173830j:image

ホトトギスの蕾が膨らんできました

f:id:ikomanokaze:20081012173831j:image

f:id:ikomanokaze:20081012173558j:image

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2008/10/12 22:18 ひめぼたるさん、万博日本庭園・秋の山野草展 で珍しい花々見せて頂きました。ジュズサンゴなど素晴らしい写真です。流石だな〜〜って感心しながら見せて貰いました。シモバシラソウや」タイカカラマツなど珍しいですね。

至誠至誠 2008/10/12 23:41 シモバシラソウは珍しい山草ですね。
万博日本庭園、是非訪れたいと思います。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/12 23:53 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!
万博日本庭園内の山野草展では他にも珍しい花がたくさんありましたが 写真はあまり撮れませんでした。
抹茶とお菓子を戴いて、お話を伺って、写真を見せていただいて 一日があっという間に過ぎていくという感じでした。
山野草は華やかではないですが、じっと見ていると魅力がある花たちでした。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/13 00:01 至誠さん、こんばんは!
シモバシラソウの名前のいわれを伺って 驚きました。そんな草花があるのですね。
花とその謂れを知ると 愛着がでてきますね。
トリカブトの小形の花みたいなレイジンソウ(伶人草)の花が雅楽を演奏する伶人の冠に似ていると聞いて、なるほどと思いました。
出展されている人たちの花を育てる苦労話も面白かったです。

たそがれたそがれ 2008/10/13 09:14  ヌラサキシキブ…優雅な感じですね。今年は千年紀とかでイベントも盛り沢山みたいです。
 太陽の塔・・高度成長期の中年時代…あの熱気が甦りそうです。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2008/10/13 15:09 野草の優しさが大好きです。
誰かに見てもらおうというわけではなく、
静かに咲いているのを見ると、愛おしいです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/13 17:48 たそがれさん、こんにちは!
源氏物語が登場して千年を迎えるのですね。
紫式部の実がぎっしりなること紫重実(むらさきしきみ)とよばれていたそうですね。
紫の色が目立つことからいつの頃より紫式部と呼ばれるようになったとありました。

紫式部は今読んでもすばらしい小説ですね。

太陽の塔と日本の高度成長期が重なりますが、あれから38年、万博会場の木々は大きく育ち森のようになりました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/13 17:52 湖のほとりさん、こんにちは!
野草はよく見ないと その美しさがわかりませんよね。目立たない花ですが、よくみると繊細な色や形が美しいですね。
気高く清く匂う花・・・・「野菊」の歌みたいですね。
私も大好きです。

そよ風君そよ風君 2008/10/13 18:28 ヒネム、シェービングクリームを塗るブラシみたいです。

micomico 2008/10/13 18:40 こんばんは
色々な秋の花を楽しめましたね。
シモバシラソウとタイカカラマツは初めてです。まだ一度も訪れたこと無い万博公園に行って見たくなりました。
ムラサキシキブの実が見事ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/13 21:38 そよ風君、こんばんは!
ほんと、シェービングクリームを塗るときに使えそうですね。
柔らかいピンクのネムノキと同じ仲間ですが、ヒネムは花が重いのでしょうか、下向きに咲いていました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/13 21:48 micoさん、こんばんは!
私も「シモバシラソウ」をはじめてみましたが、家で咲いているミントの花のような紫蘇の花のような感じがしました。
冬シモバシラができるなんて 面白い植物ですよね。

9月からずっとムラサキシキブの実が綺麗です。

かたちゃんかたちゃん 2008/10/13 22:01 あら!またかぶってしまいましたね。
私も昨日、万博公園に行ってたんですよ。
箕面に住む妹と会うのが目的でしたので、ちょっとコスモスを見て来ただけなんですけどね。
山野草の方は見れませんでしたので、こちらで拝見出来て良かったです。
それにしても、ikoさんとは、赤い糸でつながっているのでしょうかね?

ima-2ima-2 2008/10/14 09:41 こんにちは!
昨日とは打って変わったお天気になり
秋雨がふつてきましたね〜
山野草のジュズサンゴの赤い実がとても綺麗で
昨年、見せていただいたムラサキ式部今年も沢山の
実を付けて秋の気配が漂っていますね〜
先日、10月10日鶴見緑地のコスモスとサルビヤを見に行きましたが時期が悪かったのか、あまり綺麗では有りませんでした。

がんさんがんさん 2008/10/14 09:42 万博公園は広いので、伸び伸びと散策を楽しめますね。
この時期の草花はしっとりとした趣があってよろしうございます。
空気も清々しくて気持ちいいですよね。

花咲か爺花咲か爺 2008/10/14 14:30 そろそろ、コスモスも見頃かなと思って居ましたが
まだ早そうですね。今回は山野草展が早かったのかな、コスモスを見た後に寄るつもりでしたが残念ですが見ずに終わってしまいました。此方で珍しい山野草を拝見出来て良かったです。写真が綺麗で花が活き活きしていますね。

森すえ森すえ 2008/10/14 17:02 「秋の山野草」展が66回目を迎えられてるのですね。と言うことは私が箕面に在住していたときもあったのですね。綺麗なお写真です。シモバシラソウにうっとりします。ヒネムは綺麗なかんざしにも見えます。

あまもりあまもり 2008/10/14 19:59 久し振りに懐かしい太陽の塔を見せていただきました。
日本庭園から見たら確かに太陽の塔は後ろ向きですよね。
日本庭園にはもう十数年も行っていません。万博公園の入り口からは一番遠いのでそれに広いし、つい避けてしまっています。
でもこんな珍しい山野草がいっぱいなんですね。もう今年は行くことはないのでこうして見せていただいて嬉しいです。
ikomanokazeさんちのムラサキシキブは栄養たっぷりで実がたわわに実ってますね。
ホトトギスのつんつんした蕾もいいですね。こんなに毛深かったとは、です。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/14 20:03 かたちゃん、こんにちは!
ほんと、今年はかたちゃんとご縁がありますね。
仏隆寺、明日香・稲渕の棚田、そして万博公園でしょ・・・・同じ日ですものね。

10人で山野草展を見学して 日本庭園でお食事して、コスモスを見学に行ったのは5人でした。

花の丘に行く途中で おみなえしとススキがたくさん咲いているところで すらっとした綺麗な二人連れの方がおられました。 とても気になりました。
ひょっとしたら?・・・・・今になって思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/14 22:42 ima-2さん、こんばんは!
鶴見緑地公園に出かけられたのですね。
ここしばらく出かけていないので そろそろ出かけてみようかと思っていたところです。
コスモスはまだでしたか?
今年はどこも遅いような気がしています。

我が家の庭も結構秋の草花が咲いています。紫式部、ホトトギス、シュウメイギク、フジバカマ・・それにハナミズキの紅い実も綺麗ですし、シュウカイドウもデュランタもまだ咲いています。
アメジスト・セージが満開です。
猫の額のようなところにぎっしり植えて楽しんでいます。ima-2さんのお庭は今は何の花が咲いているでしょうか?ima-2さんが丹精こめてつくられたお庭を思い出します。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/14 22:47 がんさん、こんばんは!
万博公園は広いので、目的地に行くのには一苦労です。
ゆったりと散策すのには 気持ちがいいですね。
おみなえしとフジバカマとススキがきれいでした。
わずかに紅葉した葉を見つけて 秋を味わいいました。奈良公園も少しずつ色づき始めたでしょうか?

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/14 22:55 花咲か爺さん、こんばんは!
山野草展にいらしたことがおありでしたか?
私は初めてでしたので 会の人のお話をうかがって たくさん学びました。
たくさんの出展の中から少しだけ写真を撮らせてもらいましたが 難しかったです。
コスモスはこれからどんどん華やかになりますね。また出かけてみようと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/14 23:14 森すえさん、こんばんは!
第66回「秋の山野草展」とありましたが、おそらく「春の山野草展」とあわせてではないでしょうか? 万博会場ができて38年、日本庭園が公開されて35年ぐらいでは?
勝手な計算ですが すると計算があうような気がするのです。今度聞いておきますね(すみません)
ヒネムはほんと「かんざし」みたいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/14 23:24 あまもりさん、こんばんは!
日本庭園は遠いですね。そのせいでしょうか?
みなさんが「日本庭園がなくなるのだって」って言われます。来園者が少ないからでしょうか? 

我が家の紫式部は実際はもっと紫の滝みたいですよ。でも消毒しないので葉が虫食いでギザギザです。大きい実がいっぱいですので 食べられたらいいのにね(花より団子)
ホトトギスは今日みたら いっぱい咲いていました。咲いた花の中はホトトギスの曼荼羅模様です。でも変な花の形ですよね。
あまもり先生に調査してもらいたいような花です。

藤田藤田 2008/10/16 17:41 山野草展での撮影楽しまれたでしょうか。ジュズサンゴのタマボケ画面の下に入りましたが、これはこれで面白いと思います。タイカカラマツのアップの写真はしべにピントがきておればなおよかったとおもます。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/16 20:35 藤田さん、こんばんは!
山野草展ではたくさん教わり楽しかったです。
たくさん撮りましたが 背景が暗くなってしまったことと ピントがあってなくて満足できるものがなくてちょっとがっかりしました。
次回に役立つことがたくさんありました。
藤田さんはじめ「写真の駅」のみなさんの写真のすばらしいこと、驚きました。名刺をいただいた方たちの写真も拝見させていただきました。
すごい世界ですね。みなさんが虜になるのも納得できます。
これからも時間をみつけて 万博公園に出かけようと思います。お会いできるのを楽しみにしています。
また 教えてください。
教わるたびに 写真の世界が広がっていくようです。ありがとうございました。

2008-10-07 神戸・異人館散歩・・・その1

ikomanokaze2008-10-07

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[] 神戸北野町の異人館  神戸北野町の異人館を含むブックマーク

異人館通りに来たのは久しぶりです。10年以上も経ちます。

阪神・淡路大震災以後初めて訪れました。震災でかなりの建物が失われ、現在は40棟ほどが残っているそうです。

北野異人館」の案内板によると、

1858年(安政5年)6月の日米修好通商条約にともない、1867年(慶応3年)に神戸港が開港されました。開港とともに外国人居留地が港近くに設けられ、外国人技師たちによって西洋商館が建てられました。

1873年(明治6年)になると区画整理も終わり、まるでヨーロッパの小都市をそのまま移してきような風景が現われたそうです。

1887年(明治20年)以降になると、経済的に安定した外国人たちは、見晴らしのよい山手に住居を移すようになったそうです。異人館がある北野町の建物はほとんどが明治20年より大正初めまでのものだそうです。当時は100棟以上あったとか・・・

1980年、北野山本通は重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

坂道電車のようなバスが走っています

f:id:ikomanokaze:20081007203456j:image

左・にしむら珈琲店   右・明治40年に建てられて木造建築

にしむら珈琲店は1948年に北野坂で本格的なコーヒーの店を開いたところです。いろんな緑の蔦が建物全体を覆っています。右の木造建築はNHKドラマ「風見鶏」のモデルになったドイツパン職人の2世が最後の持ち主だったそうです。

f:id:ikomanokaze:20081007204416j:image

f:id:ikomanokaze:20081007204417j:image



うろこの館・旧ハリヤー邸

この建物は、外国人のための借家として旧居留地付近に建てられものを大正になって移築されたものだそうです。

外壁に貼られた天然スレートの形状が魚の鱗のように見えることから「うろこの館」と呼ばれるようになったそうですが、なるほどうろこが壁一面に貼られています。

室内は豪華な家具や器が展示されていました。

デンマーク王室ご用達の陶器工房ロイヤル・コペンハーゲンイギリス最古の名釜「ペインテッド・フルーツ」、フランスで国賓マイセンで生まれた皿やカップなど豪華な品々ばかりでした。

それにアールヌーヴォーのガレやティファニーらのしゃれたガラス工芸がたくさんありました。

美術館にはこの建物のオーナー収集のコロー、ユトリロ、マチスなどが展示されていました。(入館料1000円)

美術館3階から神戸の町が一望できました。港が見えます。

f:id:ikomanokaze:20081007203457j:image

f:id:ikomanokaze:20081007203458j:image

f:id:ikomanokaze:20081007203459j:image

うろこの館の室内に飾られた花を人魚に貼り付けてみました

f:id:ikomanokaze:20081007204749j:image

こちらが 本当の人魚の像です

f:id:ikomanokaze:20081007204933j:image

f:id:ikomanokaze:20081007205924j:image

f:id:ikomanokaze:20081007205925j:image

f:id:ikomanokaze:20081007205349j:image

f:id:ikomanokaze:20081007205803j:image

美術館からの眺望

f:id:ikomanokaze:20081007220612j:image

f:id:ikomanokaze:20081007220613j:image

micomico 2008/10/08 06:34 おはようございます。
20年近く前に訪れたことがあり懐かしく
拝見しました、
大震災で破壊されずいぶん変わってしまったでしょうね。

たそがれたそがれ 2008/10/08 07:35  異国的な感じの多い神戸は第二神明などで通るだけで、落ち着いて訪問したことがありません。
 古都京都とはまた変わった雰囲気ですね。
 一度こんなエキゾチック・ムードでお茶を戴いて見たいたいですね。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2008/10/08 08:40 おはようございます。
阪神・淡路大震災のことを、つい、忘れてしまいます・・・。京都までは行ったことがありますが、神戸はまだ行ったことがありません。いつか行って見たいです。

至誠至誠 2008/10/08 09:41 神戸はおしゃれな街並みですが、北野町は独特な風情ですね。5年前、スケッチで訪れました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 10:33 たそがれさん、おはようございます。
大阪に住んでいますと、神戸と京都と奈良の違ったまちの魅力を強く感じます。
神戸はお洒落なまちですね。土地が狭いので海と山が近くて 独特な雰囲気があります。
北野町の坂を散歩するだけで嬉しくなるまちでした。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 10:40 湖のほとりさん、おはようございます!
阪神・淡路大震災から10年以上経ちましたが、震災以後 神戸はいろんなところで震災の跡を残しています。
それでも 神戸は魅力的な町です。おしゃれな町です。散歩していても気持ちがウキウキしてきます。
ずっと以前 函館の坂道を歩いたとき 西洋建築が並んでいて異国情緒がありました。
是非神戸も訪問してみてください。
詩人のほとりさん、お気に入りの町になるような気がします。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 10:43 micoさん、おはようございます!

micoさんの名前が抜けていて 書き直しました。すみません。

私も久しぶりに訪れてみて、以前と雰囲気が変わったところも感じました。
横浜も北海道も長崎も明治から大正にかけての異人館はあまり残っていないそうです。
震災で残ったものを保存していくこともたいへんだと思いました。
「神戸ブランド」が輝いていた頃を思い出しました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 10:48 至誠さん、おはようございます!

至誠さんは歴史的建築物のあるところに訪れて スケッチをされていますね。
北野町では どの場所を描かれたのでしょうか?
私もユトリロが描くような通りをみつけました。
通りの向こうに教会ではありませんが尖がった建物が見えて嬉しくなりました。
海が近くにみえるのもいいですね。生駒山からは海が遠いと感じました(当たり前?)

そよ風君そよ風君 2008/10/08 13:52 2度くらい訪ねたことがあります。坂道が尋常でなく、歩くのも大変。特に車がくると、コントロールを失うのではないかと、余計な心配もしました。

のらしろのらしろ 2008/10/08 14:15 今年孫の高校入学祝に中国料理を家族で戴き、異人館街を散策しました。それぞれの館が個性があり飽きませんね、やはりあの猪はスナップの的になりましたね震災前と後のうろこの色が年月の差で重厚さが違いましたね。
天満宮が風見鶏の隣にあり少し不釣合いな感じがしました、春のお宮参りがあったせいなのかも知れません。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2008/10/08 18:46 ひめぼたるさん、相変わらず活動的ですね。神戸異人館は私も好きな風景ですが、随分行ってません。これを見ると行きたくなりました。コペンハーゲンの人魚の像二種類あるの撮り方ですか?

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 20:01 そよ風君、こんばんは!
確かに異人館がある北野通りは坂の町ですね。道は狭いし・・・・となると車の運転はたいへんでしょうね。 でもゆっくり散歩しているみたいに歩くと、そんなにきつくはなかったです。それに親切なことにところどころにベンチがあって、休みながら歩くようになっているのかな?・・・て思いました。
駐車場が多くなっているのが目に付いたのですが、震災で壊れた家の跡地を駐車場としてつかっているのかな?と思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 20:09 のらしろさん、こんばんは!
のらしろさんは今春 異人館にいかれたのですね。
いわれるように うろこの館の塔が左右違うところに震災の跡を感じました。
天満宮と風見鶏の館が隣り合わせなのもおかしな組み合わせかもしれませんが 神戸らしいと思ったりもしました。
「海が見える天満宮」とありましたので、急な階段を上りました。風見鶏の館が美しく見えました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 20:19 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!

久しぶりに北野通りに出かけました。震災のあとの修復でずいぶん変わっていました。
それでも素敵なところをたくさん見つけることができて嬉しかったです。
「人魚の像」ですが、ひとつは室内に飾られた花を人魚の身体に貼り付けてみました。私のイメージですが、ことわりをしておく必要がありますよね。すみません。

SINですSINです 2008/10/08 20:26 しばらくぶりです、
元気で活躍の様子、楽しい写真撮影風景が目の前に浮かんで来ます。
私も今年は厳しい暑さにやられ、体調を崩しクラブもやすんで居ます。
井上さん 武知さんが情報を伝えてくれますので、感謝 感謝です。
涼しくなつっら美味しい物でも食べに生きましょう。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 20:35 SINさん、こんばんは!
お久しぶりです。ima-2さんからクラブをお休みされていることをお聞きしました。
私もSINさんのことをよく思い出します。お会いしたいと思っています。
是非ご一緒に美味しいものを食べに出かけましょう!
ima-2さんに頼んでおきますね。

私も7月と8月は忙しくてこのブログも更新できませんでした。
ima-2さんが病気では?・・・と心配してくださったほどです。暑さと忙しさでアップアップしていました。

散歩するのによい季節になりました。SINさんはどうしておられるだろうかと、西の空を見ながら思います。
お会いできるのを楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/08 20:39 SINさん、書き忘れましたが、
奈良の明日香の棚田の案山子の前で ima-2さんと奥様にぱったり!・・でした。
ふたりとも 瞬間わからなくてボーッと見合っていました。こんなことがあるのですね!

かたちゃんかたちゃん 2008/10/09 11:10 30年前は花の女子大生。神戸に4年間も通学していたのに、異人館巡りをしたのは、1回だけ。何をしてたんでしょうね。確かお友達と三ノ宮で飲食しながら、喋ってばっかりだったように思います。

何年か前に子供と一緒に神戸に行った時、「お母さんは神戸に詳しいねんで。」と自慢してたのに、私の知ってるお店が震災でつぶれていて、とてもショックでした。でも、本当に良く頑張って復興したなあと思います。地下鉄に乗った時はちょっと感動しました。

がんさん@大和の国がんさん@大和の国 2008/10/09 14:50 私も数年前に神戸の異人館を訪れました。
横浜にも異人館はありますが、横浜より坂が急な印象を持ちました。
あと、空いた駐車場を探すのがひと苦労で、『車で来るんじゃなかった…』と反省…。
面白かったのは、スタッフのおばさんが如何に異人館が素晴らしいかを得意げに説明してくれたこと。まるで、『あんたなんか、こんなの見たこと無いでしょ』みたいな感じで。
横浜に限らず、長崎でも立派な異人館は見られるんですけどね…。

papahaponpapahapon 2008/10/09 17:04 摩耶小学校一年生の時半年ほど摩耶山ケーブル駅の直ぐ下に住んでいました。
近所にドイツ人一家がうちと同じ借家に住んでいて、
うちの犬がドイツ人に噛み付いたので
ドイツ人のおじさんが
「コノイヌコロシマショウカ!?」
と言ったのを憶えています。
父がどういう賠償をしたか知りませんが
犬は殺されずにその後台湾で5年くらい
一緒に暮しました。

あまもりあまもり 2008/10/09 17:53 しばらくブログをお休みしている間に随分あちらこちらに出かけられたのですね。素晴らしい行動力に脱帽です。
北野は近いのにまだ一度も行ったことがありません。六甲山はよく歩いたのですが。
あの震災でかなりの異人館が壊れたのですか。残念ですね。
異人館と言えば風見鶏が有名ですが、うろこの館もかなり有名ですね。一度は行ってみなければと思いました。
人魚と花の合成はお見事です。

森すえ森すえ 2008/10/09 19:52 神戸異人館、関西人である私の知らない館の町です。今、国内にとても関心があります。姉が神戸にいますので一緒に坂道を歩きコーヒーを味わいたいです。素敵な町ですね!!

ima-2ima-2 2008/10/09 20:51 こんばんは!
神戸の異人館に行かれようですね〜
異人館の室内の撮影とても洋風の雰囲気で素晴らしいですね。
また、お聴きしますが!
うろこの館の室内に飾られた人魚に貼り付た花は
チョツト手を加えたイタズラでしょうか?
参考まで・・・・???

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/10 15:17
異人館も少なくなりましたが、お店も少なくなったのがちょっと寂しい気がしました。それでもこのあたりを歩くと嬉しくなりますかたちゃん、こんにちは!
かたちゃんは 大阪生まれで神戸で学び奈良で過ごし・・・と関西圏のよいところを知っておられるので 参考にさせていただいています。

北野町の異人館は震災前と変わってしまったところがあります。復興がたいへんだったことでしょうね。北野町の雰囲気が大好きです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/10 21:50 がんさん、こんばんは!
神戸は平地が狭いですね。すぐ山が迫っていて、坂も急です。息切れします。
駐車場がやたら目に付きました。震災以後 空き地が駐車場になっているのでしょうね。

横浜にも 長崎にも 函館にも異人館はありますね。明治から大正初期の異人館は神戸に多くあったとか聞きました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/10 22:02 paphaponさん、こんばんは!
papahaponさんは 神戸、敦賀、九州・・・・アメリカ、フィリピン、台湾・・・と、あとどこに住まれたことがあったのでしたか? 
そうそう大学時代は東京でしたね。

九州が一番長く住まれていますよね。過ごしやすいところでしょうね。
各地の面白いお話たくさん聞いてきたような気がします。
でもドイツ人の「コノイヌコロシマショウカ!?」は恐いお話?ですね。
父上の交渉で命拾いしましたね。
神戸にドイツの人が多かったのは どうしてだったのでしょうか?

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/10 22:17 あまもりさん、こんばんは!
北野町の異人館といえば「風見鶏の館」が有名ですよね。震災で場所が移っていましたが今でも訪問者が一番多い異人館だと思います。
今回は入館しなかったので、是非また訪れてみたいとおもっています。

室内の豪華な造花をみたとき、 人魚に花の服を着せてみたくなりました。
すみません。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/10 22:23 森すえさん、こんばんは!
お姉さまは 神戸にお住まいですか?
それでしたら、是非異人館どおりを散策されたら楽しいでしょうね。
素敵なお店がありましたよ。
にしむら珈琲店は店内もクラシックでカップも素敵です。

森すえさんは大阪ご出身と記憶していますが 大阪に帰られる(こられる)ことはおありですか?

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/10 22:26 ima-2さん、こんばんは!
SINさんから久しぶりに書き込みがありました。
美味しいものを食べに行きましょうと誘ってくださいました。
ima-2さん、よろしくお願いします。

人魚にお花の服を着せたのは 遊び心です、イタズラ心です。ごめんなさい!

歌う歌う 2008/10/11 13:37 どうも・どうも・・
ひょっとして・・入れ違い????

8月30日から 入院してましたデス。
入院費のご都合で ケフ11日 強制的に
Drの止めるのも聞かずに 半脱走状態で
退院しました ゾ・・

ま も チョット 落ち着いたら 又 来ますデス
世の中 秋らしい けど・・
どうやら 人生も 晩秋気分
近付く年貢の納め時、地獄からの使者を待たねばナランとは・・いやはや・まったく あっけない人生
ま 蝋燭の消えかけみたいに 最後に チョット
明るく成りたいもの・・
それまでに 借金の清算を と 考えておりますが
逆に 借金の生産になりそう・・
ま・ボチボチ ・・・
阪神もボクちゃんも・イマイチの平成20年で
あったゾナ・・短足・元イ・・嘆息・・・

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/12 00:48 歌うカエルさん、こんばんは!
お久しぶりですね~・・・・
心配していましたが、入院されていたとは?
1月以上も入院されていたのですか?
しかも まだ心配をかかえておられるような状態で・・・

「入れ違い」って書いておられましたが 私は7月、8月はプライベートなことでてんてこ舞いでした。ブログを書く体力的な余裕がなくて 気になっていましたが 休んでしまいました。
肉体的な病気ではありませんでした。

カエルさんは今日、退院されたのですよね。
しばらくは おうちで養生されるのですか? 大丈夫ですか?

昨日、とうとう阪神も・・・・
このところずっと野球は見ないようにしておりました。スポーツニュースって聞いただけで チャンネルをかえていましたのに 負けたことはわかるものですね・・・・

「イマイチの平成20年」なんて、まだまだ・・・・
残り2ヵ月半 いいことありますよ。
「気持ちの折り合い」ができたら、できるようにと
私も努力したいです。
できるだけ「のほほん」と生きられたらいいですね~・・・・

また 教えてください!
楽しみにしています。
平成20年は 私にもキツイ出来事がありました。
まだ残り2ヵ月半あります。過去形で表現

森すえ森すえ 2008/10/12 08:10 姉の住まいは須磨です。関西には姉妹もおりますので行くことはありますが、両親他界、育った家も売られて今は足場が無いので寂しい限りですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/13 01:07 森すえさん、こんばんは!
お姉さまは須磨にお住まいですか?
森すえさんが暮らしておられた家やご両親様が亡くなられてからは 大阪は遠いところになったようでしょうね。
でも、森すえさんは京都や奈良や大阪にご親戚や友人のつながりがございますよね。
私のように成人してから 大阪にきたものより 大阪で育った人の方が詳しいことがたくさんありますね。
京都に出かけられたときは 大阪にも 奈良にも脚をのばしてくださいね。

2008-10-04 コスモスが咲き出した藤原京跡

ikomanokaze2008-10-04

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[] 秋の藤原京  秋の藤原京跡を含むブックマーク

昨日(10月3日)神戸三国志展をみてきました。

1800年ほど前、中国大陸を三分して、魏・呉・蜀の三国が覇権を争った時代です。

三国志」を描いた青磁、木彫り、絵画など多数の美術工芸品の中に金印がありました。「魏志倭人伝」による「漢委奴国王印」の説明もありました。

「漢の倭の奴の国王」と読むのか「倭奴(わど)」について諸説があるそうですが・・・・魏の国からみたら当時の日本は小さな野蛮人が住む国だったのでしょう。

「魏書」にある邪馬台国を治めた倭国の女王(倭王)卑弥呼は大和にいたのでしょうか?それとも九州に? 

箸墓古墳の周辺から出土したものが 卑弥呼の時代のものであることから邪馬台国・大和説が強力なったとも言われていますが どうなるでしょう?  まだなぞが多いですね。

明日香から藤原京跡にやってきました。 ここでも まだ発掘調査が続けられていました。

藤原京跡から畝傍山を仰ぐ

f:id:ikomanokaze:20081005005819j:image

コスモスの向こうに畝傍山

コスモスの満開には少し早すぎました。

1昨年のコスモスが咲く藤原京跡です。

f:id:ikomanokaze:20081005005821j:image

f:id:ikomanokaze:20081005005822j:image

f:id:ikomanokaze:20081005005823j:image

f:id:ikomanokaze:20081005005824j:image

藤原京跡から耳成山がきれいです。

f:id:ikomanokaze:20081005010345j:image

天の香具山です

f:id:ikomanokaze:20081005010346j:image

藤原京跡の周りを彼岸花が囲っていました

f:id:ikomanokaze:20081005010347j:image

今も続く藤原京の発掘調査

今回の調査は 藤原京の時代、国の政治や儀式を行っていた朝廷部だそうです。

昨年は大極殿院南門でした。

f:id:ikomanokaze:20081005010348j:image

f:id:ikomanokaze:20081005010349j:image

発掘調査の向こうに見えるのは天の香具山です

f:id:ikomanokaze:20081005010350j:image

藤原京跡は大和三山に囲まれた広々とした地でススキと葦とコスモスが風にゆれていました。

たそがれたそがれ 2008/10/05 07:56  藤原京の近辺も大和三山と共に日本人の心のふるさとです。大和は邪馬台国にも想定されていますが、九州説もあり混沌としてますね。
 これもブームだった時期もあり懐かしいです。
 三国志は私の中国観の原点でもありますが、あの時代の中国に戻ってほしいな・・と残念に思う昨今です。

micomico 2008/10/05 09:03 奈良の散策はロマンを感じますね。
コスモスはまだでしたが藤原京から眺める
大和三山は最高でした。

ima-2ima-2 2008/10/05 09:12 大和三山と藤原京、歴史観の有る土地と発掘により
新しい発見があり、考古学をされている方は、
発見に夢をとどろかされて黙々と作業をされている様子が思い浮かびます。

庭花庭花 2008/10/05 10:33 古代には謎の部分が多いですよね。考古学には、その謎を解明するロマンがあります。地道な作業ですが、歴史に新しい光が当たることを期待します。
藤原京跡に、コスモスがとても気持ち良さそうに咲いていますね。

至誠至誠 2008/10/05 10:44 三国志時代の中国、今の食品偽装の中国とは別の感じがしますね。

森すえ森すえ 2008/10/05 13:05 奈良の発掘は今も続き、そして永遠と続くのでしょうか?歴史が古いので仕方ありませんが、いつまでなのかとふと思ったりします。コスモスのお写真、とても可愛く明るく美しいです!!

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/05 13:27 たそがれさん、おはようございます!
三国志の時代を< 『三国志』の時代は「華麗なる暗黒時代」でした。>という表現がされていて、「華麗と暗黒」という言葉にどきりとしました。

「三顧の礼」「死せる孔明、生ける仲達を走らせる」「泣いて馬謖を斬る」「水魚の交わり」 の語源といわれる「孤(われ)の孔明あるは、魚の水あるがごときなり」の三国志の時代から日本はたくさん学んだことを知りました。

邪馬台国の時代に中国の高い文化にも驚きました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/05 13:30 micoさん、こんにちは!
藤原京跡のコスモスのことを知ったのは micoさんからでした。
今回は コスモスの満開にははやかったですが、だだっ広い地で大和三山を仰ぐと気持ちが大きくなります。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/05 13:34 ima-2さん、こんにちは!
古の都を歩く度に 発見がありますね。
何度 訪れても期待感でわくわくします。

ima-2さんは壷阪寺にお参りされたのですね。私もいつも気になっていますが、まだお参りしていないのです。
是非一度と思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/05 13:44 庭花さん、こんにちは!
私はあまり歴史に強くありませんが 秋の日の長閑な一日を大和三山に囲まれた地でコスモスや彼岸花を眺めてすごす時が大好きです。
大げさですが「悠久の自然」を感じるような気がします。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/05 13:53 至誠さん、こんにちは!
三国志の時代から想像する中国は「義に厚い」「義を重んじる」 でした。

日本だって同じようなことが相次いでいますが、嘆かわしいことですね。
「勧善懲悪」の物語に登場してもらいたいです・

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/05 13:58 森すえさん、こんにちは!
奈良の都はどこを掘っても遺跡だといわれますね。今の進化した技術でも解明されないものが多くて、謎解きはなかなか終わりそうにもありませんね。
私は真相とは関係なく 大和三山を眺めるだけでわくわくしていいます。広々とした野原がいいのかもしれません。

コスモスは10月の末になるともっときれいですが・・・ちょっと早かったです。

そよ風君そよ風君 2008/10/05 16:45 亀岡のコスモス園横を通りましたが、まだちらほらでした。また有料で切花の持ち帰りをしていましたから、余計花が少なくなったこともあるでしょう。

発掘調査面白そうですが、工場用地などで出てくると、建設が進まず大変だという話も聞きます。

かたちゃんかたちゃん 2008/10/05 23:05 コスモスはまだ早かったそうですが、
綺麗な景色をご覧になられて良かったですね。
あの辺りは、私の住む奈良市内とは、
また違った感じの奈良だと思います。
大和三山に藤原京跡はロマンを感じますよね。
奈良はいろんな所で発掘調査がされています。
何か、すごい所に住んでるんだなあって思います。

がんさんがんさん 2008/10/06 08:47 今年はどこにもコスモスを見に行っておりません…。
奈良はコスモスの名所が多いですよね。
横浜に住んでいた頃はコスモスといえば長野まで行かなければいけないようなイメージがありました。
古代史はロマンに溢れて面白いですが、私は卑弥呼は北九州にいたと思いたいですね。
スサノオとニギハヤヒが出雲から九州に遠征し、戦うことなく征服。
卑弥呼(=アマテラス)はスサノオの現地妻となり、その子と母のイザナミは人質として出雲へ。
イザナミはそこで亡くなります。
ニギハヤヒは大和に入り、ナガスネヒコの妹と結婚し、大和の大王として君臨する。
ニギハヤヒ亡き後、末子相続の習慣に従って末娘のミトシが跡を継ぎ、日向からイワレヒコ(神武天皇)を入り婿として迎えたという説が説得力があるように思います。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/07 11:41 そよ風君、こんにちは!
亀岡のコスモス園のコスモスが満開になるのは11月ごろでしょうか?
亀岡周辺ものどかでいい風景が見れますね。

発掘調査ですが、奈良では建築するときたいへんでしょうね。
今までも 遺跡が出て建築ストップになった話をよく聞きました。難しい問題ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/07 11:46 かたちゃん、こんにちは!
ほんと、かたちゃんは「すごいところに住んで」おられますね!
散歩しながら、買い物途中で 出会う風景や神社や鳥や花・・・・・の紹介を拝見して私はいつも「すごい!」って思っていました。

家の外にでるのが楽しいですね。
私も外出して 石切駅に着き、家までの景色に心が動きます。真っ赤な夕焼け空、生駒山の木々の変化・・・自然が与えるものは「すごい」ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/10/07 12:14 がんさん、こんにちは!
私は 歴史に強くありません。特に古代史は勉強不足です。
でも、聞きかじりの知識でも心が躍ります。不思議ですね。
ずっと以前、がんさんから「ニギハヤヒは大和に入り、ナガスネヒコの妹と結婚し、大和の大王として君臨する」というお話を伺ったことがあります。
物語としてもロマンがあってワクワクしました。
「日向からイワレヒコ(神武天皇)を入り婿として迎えたという」お話もわくわくしますね。
生駒東麓の日下には神武天皇顕彰碑があります。

がんさんのお話は説得力がありますね。