Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2008-12-23 茨城県・水戸偕楽園

ikomanokaze2008-12-23

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[]水戸偕楽園 水戸偕楽園を含むブックマーク

水戸と言えば 第2代藩主徳川光圀の水戸黄門」水戸藩第9代藩主徳川斉昭が浮かびます。

水戸黄門」は講談・小説映画・テレビドラマ・漫画では徳川光圀のことですね。しかし、私も知らなかったのですが 権中納言に叙せられた水戸藩主に対する漢風の別称だそうですから「水戸黄門」は光圀だけではなかったようです。

水戸といえば徳川御三家ひとつで、先日終了したNHK大河ドラマ「篤姫」にも将軍の継嗣問題や攘夷か開国で 井伊直弼と対立する徳川斉昭や最後の将軍・徳川 慶喜が登場しました(徳川 慶喜は御三卿のひとつ一橋家の養子になりますが・・・・)

ドラマの中では 徳川斉昭は偏屈な人物として描かれていました。

しかし 水戸では弘道館、偕楽園を建設するなど業績も多く賢公とされているようです。その斉昭の偕楽園は梅の名所としても知られています。3000本の梅の木の庭が広がっていました。

私の訪ねたのは11月の末でしたので、梅の咲くころにもう一度訪ねたいと思いました。

「古の人は民と偕(とも)に楽しむ、故に能く楽しむなり」という孟子の一節から名前をとったそうです。

偕楽園

右側の大きな湖は千波湖です。

白鳥、鴨類、ユリカモメ、オシドリ、カイツブリ、川鵜、白鷺などたくさんの水鳥がいました。

常磐線が通っていて、偕楽園駅があります。

f:id:ikomanokaze:20081223173733j:image

f:id:ikomanokaze:20081223174605j:image

f:id:ikomanokaze:20081223174606j:image

f:id:ikomanokaze:20081223174607j:image

f:id:ikomanokaze:20081223174608j:image

千波湖のそばには水戸黄門さんの銅像が・・・

f:id:ikomanokaze:20081223154336j:image

偕楽園の梅の木です

f:id:ikomanokaze:20081223174938j:image

偕楽園の中に好文亭があります。

木造2層3階建ての好文亭本体と木造平屋建ての奥御殿からなり、3階にお膳を運ぶための今で言うエレベーターが設置してあるなど創意工夫と各部屋ごとの花の絵柄の襖や太鼓廊下など酒脱さを感じさせる建物です。

f:id:ikomanokaze:20081223201231j:image

f:id:ikomanokaze:20081223201232j:image

右側は好文亭にある茶室何陋庵(かろうあん)の待合です。

好文亭は偕楽園での詩歌の会や茶会などを催すために建てられたものです。当時、腰かけ式の待合は珍しかったそうです。

好文亭の名前中国の故事 「文を好めば則ち梅開き,学を廃すれば則ち梅開かず」という梅の別名「好文木」(こうぶんぼく)からとった名前だそうです。

f:id:ikomanokaze:20081223201433j:image

待合にかけられた書

「巧詐不如拙誠(こうさせっせいにしかず)」

意味は「巧みにいつわるよりは、つたなくとも誠であるほうがよい」ということだそうです。

f:id:ikomanokaze:20081223201956j:image

奥御殿の優雅な襖

菊の間,桃の間,つつじの間,桜の間,萩の間,紅葉の間,松の間,竹の間,梅の間,清の間の10室からなる部屋は華やかです。

f:id:ikomanokaze:20081223203419j:image

好文亭の三階楽寿楼からの展望

手入れの行き届いた美しい庭がひろがっていました。千波湖が見えます。

f:id:ikomanokaze:20081223153449j:image

広々とした庭は千波湖と繋がって開放的です

f:id:ikomanokaze:20081223153859j:image

f:id:ikomanokaze:20081223154027j:image

好文亭の庭には四季咲きの桜の大木があり、「二季桜」と説明がありました。

f:id:ikomanokaze:20081223203948j:image

f:id:ikomanokaze:20081223203949j:image

f:id:ikomanokaze:20081223203950j:image

満開の二季桜やボケの花が咲いて冬の庭に彩を添えていました

f:id:ikomanokaze:20081223203951j:image

森 すえ森 すえ 2008/12/23 21:36 水戸の偕楽園は本当に立派な庭園ですね。
梅の季節はさぞかしだろうと思います。白鳥も綺麗です。好文亭の部屋の襖絵にうっとりします。庭に桜夜ぼけが咲いていたのですね。見事です!!私も茨城の友人に誘われていますので、綺麗なお写真を眺め一度訪れたく思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2008/12/23 22:46 森すえさん、こんばんは!
「偕楽園」へ行ったのは 初めてです。
想像していたより大きくて 手入れの行き届いたすばらしいお庭でした。
すーさんは 茨城にお友達がいらっしゃるのですね。東京からは日帰りでもいけるでしょうね。
梅の頃 是非でかけてみてください。
私も梅の頃にもう一度訪れてみたいと思いました。

童話「星空を飛ぶモコ」が始まりましたね。
すばらしいお話にわくわくしています。
楽しみです。

至誠至誠 2008/12/23 23:17 「偕楽園」は素晴らしいところのようですね。
機会を見て訪れたいと思います。
好文亭の「巧詐不如拙誠」の文言に感じ入ります。

ikomanokazeikomanokaze 2008/12/24 00:03 至誠さん、こんばんは!
好文亭の「巧詐不如拙誠」の書ですが、「至誠」に繋がりますね。

「偕楽園」はゆっくりと廻るのに適した庭だと思いました。春はもっと華やかでしょうね。

micomico 2008/12/24 07:14 水戸の偕楽園、バスツアーで立ち寄ったことがあります。
素晴らしいお庭ですね、
梅の咲き頃にゆっくり散策したくなりました。
千波湖は水鳥の楽園のようですね。

そよ風君そよ風君 2008/12/24 08:20 子供は小さい頃は、この時期よく渡り鳥を見物に連れていきましたが、鳥インフルエンザの脅威が伝えられるこの頃、どこか不安があって、近所の池で遠くから撮影する程度に留めています。早くこの問題を解決してほしいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/12/24 09:27 micoさん、おはようございます!
水戸偕楽園は 名前はよく聞いていましたが 梅の頃でないと 訪問してもどうかなー?
・・・と思っていました。
梅の咲いているころが一番美しいでしょうが、他の季節でも見ごたえありました。
micoさんは梅の頃にいかれたのでしょうか?

千波湖も大きい湖ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2008/12/24 09:33 そよ風くん、おはようございます!
「鳥インフルエンザ」は今世紀 人間を襲う病の最大脅威といわれていますね!
特にアジアは危険が大きいとか・・・・
今年は 特にその危険があるとも・・・

可愛い鳥から人間に病気がうつるなんて 悲しいことです。 しかも鳥には国境がなく 自由に地球上を移動できるところに 「夢」を重ねてきたのですよね。 その「自由」が「凶器」になるなんてことが現実になるのでしょうか?

ヒッチコック「鳥」以上の恐怖ですね。

がんさんがんさん 2008/12/24 12:25 水戸の偕楽園といえば、岡山の後楽園、金沢の兼六園と共に日本三名園に数えられていますね。
私も一度、梅の時期に訪れたことがあります。
懐かしいですね。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2008/12/24 16:19 ひめぼたるさん、先日奈良へ行ったと思うと今日は水戸ですか。スゴイ活動でまったく驚いてしまいますね。私どもには知らない偕楽園の様子ありがとうございました。千波湖ってすごく広いのですね。水鳥が沢山で見事です。水戸黄門様は毎週テレビでみています。昔の東野英次郎さんから見てますよ。銅像見せて貰ってすごく良かったです。

ikomanokazeikomanokaze 2008/12/24 22:44 がんさん、こんばんは!
日本三名園では 金沢の兼六園が一番印象深かったです。
岡山の後楽園も水戸の偕楽園も金沢の兼六園も城主の思いが庭に表れているような気がします。
がんさんは 梅の時期に行かれたのですか?
私も梅の咲く頃に行こうかと思っているのですが・・・

ikomanokazeikomanokaze 2008/12/24 22:49 wmkishi(彦左) さん、こんばんは!

順序が逆になってごめんなさい。水戸の偕楽園は11月の末にいきました。
奈良公園は12月18日にいきました。

偕楽園の湖、千波湖は大きくて水鳥も多くて 伊丹市の昆陽池公園を思い出しました。
水戸黄門さんは長寿番組ですね。私も東野英次郎さんの黄門さんをよく覚えていますよ。

歌う カエル歌う カエル 2008/12/25 06:37 クリスマス ですねぇ・・・

大阪にも 幻想的な 場所があるとは・・
橋下知事も こういった光景に惹かれる らしい・・

僕も・・せめて 写真を と 思ったけど・・
冬の夜は 出にくい
それに 一人で 出かけるには あまりにも
悲し過ぎる

ん・で・

この前 11月29日に 天野山に行って
撮った写真を スライドにして 見ながら・・TVの前で 独酌

ソフトを アップデイト したら ヴァージョンが
上がって CPUが 対応しなくなった

そこで 元の ヴァージョンに 再インスツール
あれや こらや で 悪戦苦闘
正月に もしも 友人が来たら・・プレゼント しようと 思っていますが・・

ま 人によって 好みが違うから ・・
それに 書き込みするにも メディアが 品切れ
今の所保留

今日は 地デジ 対応の為 団地の 共同アンテナの チェックに 来る
放送開始 なんて 先の話
新しい時代に対応するだけの 時間と 費用が ないのに・・

ま 今 出来る事だけ
幸せ や 寿命に 大小 多少 長短 なんて
無い・・らしい・・
別に 坊さんの説教を 聞いたワケ では ないが・・
天野山 金剛寺の 中に
「 無量寿院 」と言う お寺が在って
その 看板を 写しながら 思いました。

そう 言えば 奈良の 「猿沢の池」
本当は 「去る 差・和」 とか・・
加減 プラス マイナスに 関係なく 生きる心を
その 姿を 写す池 らしい・・

とは 言うけど・・
クリスマス や 正月・・みんな 楽し そう
それに 引き換え わが身の侘しさ・・
   トホホホホホ・・・

ま 何時か まとめて 来るだろう 多分・・
 
写真 有難うございました
 寒い思いせず 生駒 さん の ブログが
あれば 大よそ 中ノ島界隈の 見当が付きました

寒くなったり 暖かくなったり
気温の 変化が 激しいらしい
気をつけて 下さい。