Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2009-01-31 箕面のお山にある應頂山 勝尾寺

ikomanokaze2009-01-31

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[]大阪・箕面の勝尾寺は達磨さんのお寺でした 大阪・箕面の勝尾寺は達磨さんのお寺でしたを含むブックマーク

大阪の北の端・箕面にある勝尾寺の名前はよく知っていました。受験生が祈願にいくことでも知られています。私は お参りする機会がなく、1月29日にやっとでかけてきました。

何度か写真を見て知ってはいましたが 境内のいたるところにある達磨さんの多さに驚きました。鐘つき堂にも燈籠にも境内の木々の幹にもありとあらゆるところに達磨さんが置かれていました。

石楠花の咲く頃や紅葉の秋は美しいお寺でしょうね。石楠花のつぼみがぎっしりついた木々の数も多かったですし、楓の木も桜の木もたくさん植わっていました。

冬の勝尾寺は広い境内の裸木の間にお経と太鼓の音がとどろきわたり、ときおり「かつ」という大きな声に なんだかこれまでのお寺のイメージと違っていることで少し違和感を覚えました。「勝つお寺」ですから「己にも」「「仕事にも」「勉強にも」・・・「勝つ」ことを祈願するのです。だるまは「勝ちダルマ」というのだそうです。


f:id:ikomanokaze:20090130224503j:image

f:id:ikomanokaze:20090130225027j:image

小さい達磨さんがすらっと並んでいます

f:id:ikomanokaze:20090130225155j:image

なんだか可愛らしいですね

f:id:ikomanokaze:20090130225235j:image

まさかせせらぎに落ちるのを恐がっているのでは?

f:id:ikomanokaze:20090130225412j:image

f:id:ikomanokaze:20090130231310j:image

[]勝尾寺は古い歴史のあるお寺でした 勝尾寺は古い歴史のあるお寺でしたを含むブックマーク

清和天皇の玉体安隠を祈って効験があったことで 「王に勝つお寺」で「勝王寺」(かつおうじ)が「勝尾寺」(かつおうじ)になったそうです。

寺の由緒書を読むと

神亀四年(727年)創建。その後戦乱で大講堂や伽藍をことごとく焼失し、源頼朝が再建したものが今に残っているそうです。頼朝再建の薬師堂と供養塔がありました。本堂と仁王門(山門)は豊臣秀頼により再建されたものだそうです。鎌倉時代に法然上人が4年間修業された「二階堂」は大阪平野を見下ろすところに建っていました。

豊臣秀頼により再建された仁王門

f:id:ikomanokaze:20090131234611j:image

f:id:ikomanokaze:20090130231006j:image

石段のしたから見上げる多宝塔

f:id:ikomanokaze:20090130231007j:image

豊臣秀頼により再建された 本堂

f:id:ikomanokaze:20090130231306j:image

法然上人が4年間修業された「二階堂

f:id:ikomanokaze:20090130231307j:image

源頼朝が再建した境内で一番古い薬師堂

f:id:ikomanokaze:20090131235750j:image

f:id:ikomanokaze:20090201000035j:image

境内には大きな木々がありました

f:id:ikomanokaze:20090130231308j:image

f:id:ikomanokaze:20090130231309j:image

歌う カエル歌う カエル 2009/02/01 00:54 一月の勝尾寺は 寒かったでしょうね・・
多分 人影は5,6人かな・・
たしかに 達磨だらけ の お寺
麓の久安寺等とともに 行基か もしくは それ以前の歴史があるのかも・・
と すれば 役行者あたり・・
奈良の大仏開眼前後かも??

達磨と言えば 遠く 中近東辺りから インドへ
中国には 行ったかどうか 忘れましたが・・

大阪では 七転び八起き 七転八起とか 言って
縁起を担ぎ 努力家の手本とするのが一般的ですが
口の悪い人は 手も足も出ん・・と 言う
そこまで言っては 実も蓋も無い。

数年前
紅葉の頃は とにかく 満員でした。
駐車場の外で15分ぐらい 待ちました。
勝尾寺は 他の紅葉の名所より 時期が少し早いのは それだけ 高く深い場所なのでしょうね。

シーズン過ぎても 達磨の赤が 目に付くから
結構 楽しかったのでは??

必勝の願い事は・・? 勝負? 哲学的アングルからの克己・・?
とにかく 達磨が壁に向かって・・の 壁は
悟りへの障害の具象化らしい・・
僕などは 周りが壁だらけ・・
レッドクリフ状態で 谷底で小さく丸くなって
死んだフリ専門の 団子虫

明日から二月 我孫子観音の節分
旧正月も目前
それが 過ぎたら・・奈良のお水取り
そして 梅 桜・・

待てば海路の日和有り それまでは
後 当分 使い捨て懐炉の日が続くけど・・
悪い風邪など引かない様に 充分 ご自愛下さい。

micomico 2009/02/01 09:14 おはようございます、
箕面も自然がいっぱいで素晴らしい環境ですね、
若い頃に一度だけ訪れましたが
今ではずいぶん変わってしまったでしょうね。
勝尾寺にお参りしたのかどうかも覚えていません(苦笑
由緒あるお寺にお参りしたくなりました。

ima-2ima-2 2009/02/01 10:15 お早う御座います。
勝尾寺のだるまさん!を拝見しました。
勝尾寺は箕面の滝の奥にある立派なお寺で
僕も何度か行ったことがあります。
僕の行ったときは受験シ−ズンではなかったので
あまりダルマがなかった様な記憶しか有りません。
しかし、こうして画像を見せていただき新発見できました。
有り難う御座いました。

森 すえ森 すえ 2009/02/01 19:36 勝尾寺の由来をはじめて知りました。ありがとうございます。歴史ある寺であるのはわかっていましたが、鎌倉江戸にまたがって深くかかわり、法然上人さんも修業された寺なんですね。
だるまさんのご利益のスタイルは以前からあったのでしょうか?可愛いですね!

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/01 20:33 歌うカエルさん、こんばんは!
お身体の具合はいかがですか?

カエルさんは「勝尾寺」にいかれたことがおありなのですね。
「紅葉の頃」ですか? 綺麗だったでしょうね。
石楠花の木がたくさんありましたので 石楠花が咲くころはきっと美しいお寺でしょうね。
カエルさんがいかれた紅葉が美しいときは満員だったとか・・・・

冬の勝尾寺は訪れる人も少なく読経が各所に置かれたスピーカーから流れていました。

あとで知りましたが ここの「達磨さん」はあとからつくったものだそうですね。勝尾寺の勝運信仰と「七転び八起き」のだるまさんを結びつけたことから「勝ちダルマ」ができたどか・・・・

「達磨寺」は京都の法輪寺とか各地にあるとか・・・
今後機会がありましたら 京都の法輪寺のだるまさんに会って来ようかとも・・・

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/01 20:40 micoさん、こんばんは!

勝尾寺は想像していたより深い山にありました。
険しい山道でした。
法然上人の修業された「二階堂」のところから 遥か下のほうに大阪の町が見えました。
micoさんの足なら大丈夫、のぼれるでしょう。
千里中央駅から阪急バスがでていて45分かかるとありました。
石楠花の咲く頃、桜の咲く頃は きっと極楽浄土のように美しいと想像できました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/01 20:44 ima-2さん、こんばんは!
ima-2さんは勝尾寺に何度もいかれたことがあるそうですね。紅葉の頃ですか?石楠花のころですか?
目をかかない達磨さんが売られていました。願いがかなったら目を入れておさめるのでしょうか?
選挙のときもここで達磨さんを求める人が多いそうです。この近くに住んでいる「西川きよしさん」も勝尾寺にお参りされていましたね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/01 21:12 森すえさん、こんばんは!
森すえさんは箕面にお住まいでしたね。
勝尾寺にもお参りされたでしょうね。
広い境内 たくさんの花の木が植えられていて 花の咲くころは極楽浄土のようでしょうね。
可愛いだるまさんを思わぬところでみつけて なんだかほほえましく感じました。

至誠至誠 2009/02/02 01:23 達磨大師といえば「面壁九年」、壁に向かって九年間座禅、足が朽ちてしまって所謂達磨さんになったようですね。「面壁」は曹洞宗、やはり勝尾寺は曹洞宗の流れになるのでしょうか。

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/02 11:27 至誠さん、おはようございます!

勝尾寺の達磨さんは達磨大師との関係より 「勝ち運」の寺ということと 「七転び八起き」が結びついてあとで「達磨」が奉納されるようになったような気がしています(すみません、正しいことはわかりません)

それでちょっと調べてみたのですが、全国にある「達磨寺」の中には 真言宗、黄檗宗、臨済宗といろいろなんですね。
曹洞宗の「達磨寺」は広島にありました。

かたちゃんかたちゃん 2009/02/02 12:09 子供の頃、休みになると父親がお猿さんを見に行こうと言って車で何度も箕面の滝に連れて行ってくれました。でも勝尾寺に行った記憶はありません。
最近、寺社に興味を持つようになり、一度参拝したいのですが、徒歩なので、実現出来ていません。
でも、こちらで拝見出来て良かったです。

たそがれたそがれ 2009/02/02 12:40  このお寺は西国三十三ケ所と法然上人二十五霊場で、二度お参りしました。達磨の多さには目を見張りましたね。箕面の方へ降りようかと思ったのですが通行出来ませんでした。

庭花庭花 2009/02/02 14:35 勝尾寺ですか、ダルマさんが一杯ありますね。
みなさん、「勝つ」ことを祈願しに来るのですね。ユニークなお寺さんです。小さな「勝ちダルマ」さんが可愛いですね。私も祈願しに行きたくなりました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/02 19:08 かたちゃん、こんばんは!
かたちゃんは大阪うまれでしたね。結婚されて奈良にお住まいにと聞いていました。
学校時代は神戸、お嬢様の学校は京都、・・
関西圏を網羅されていますね。
私は大阪に住んで随分経つのに いまだあやふやな知識です。
この歳になって あちこち興味を持ち始めました。
知人写真が「勝尾寺」の達磨さんでしたので ちょっと興味をもちました。
石楠花の花が咲くころは すばらしいと思いました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/02 19:11 たそがれさん、こんにちは!

勝尾寺に二度お参りされたのですか?
山の上にある広い境内を歩いていると 開放感がありますね。
達磨さんには 驚きました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/02/02 19:17 庭花さん、こんばんは!
お寺さんの説明によりますと、試験、病気、選挙、スポーツ、芸事、商売などあらゆることに「勝ち運」がうまれ、成功するとありました。
私は あまり勝ったことがありませんでしたが これからひょっとしたら「勝ち運」がうまれるかもしれませんね。
可愛らしい達磨さんが境内のあらゆるところに座っておられるという不思議なお寺でした。

2009-01-27 モノづくりのまちからの人工衛星「まいど1号」成功

ikomanokaze2009-01-27

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[]まいど1号打ち上げ成功 まいど1号打ち上げ成功 を含むブックマーク

1月23日(金)午後0時54分、雷観測衛星「まいど1号」を搭載したH−IIAロケットが種子島宇宙センターからの打ち上げに成功しました。(2回の打ち上げ延期がありました)

私はTV速報で成功を知りましたが、クリエイション・コア東大阪南館3階クリエイターズプラザでは400人の人が集まって打ち上げの様子を大型スクリーンで見守ったそうです。成功がわかると大歓声が上がったそうです。

右側のロケットの→部分にまいど1号は搭載

f:id:ikomanokaze:20090127204753j:image


衛星はロケット打ち上げの33分後、ロケットからの切り離しに成功

午後2時36分に種子島宇宙センターが電波を受信し、順調に軌道に乗っていることが確 認

これから宇宙で雷などを観測するそうです

東大阪市役所1階ロビーに「まいど1号」の模型が展示されているとありましたので、見に行きました。本当に簡単な模型でしたのでちょっとがっかりしました。

展示された実物大の模型です

f:id:ikomanokaze:20090127205107j:image

展示された「本物のまいど1号の写真から」

f:id:ikomanokaze:20090127205108j:image

まいど1 号」は約50センチ四方の立方体で、重さ約50キロの大きさです。

2002年12月に東大阪市で「中小企業の技術力を結集して、人工衛星を打ち上げよう」という夢が始まり、東大阪宇宙開発協同組合(SOHLA)が設立されました。

現在は 東大阪だけでなく、大阪府全域で取り組んでいるそうです。

東大阪宇宙開発協同組合(SOHLA)は9つの会社がはいっているようですが、今回の「まいど1 号」の製作には5つの会社がそれぞれ得意分野を技術を結集してつくったと日経新聞に載っていました(1月24日版)

その5つの会社は東大阪市大阪市吹田市の会社です。そして、大阪大学、大阪府立大学、龍谷大学の共同事業でした。

さらに嬉しいニュースは来年打ち上げ予定の宇宙ステーションの屋外実験棟に「雷の探査装置」が採用されることに決まったそうです。

これまで 政府や公的機関の物とされてきた人工衛星プロジェクトに、今後民間企業が参入するきっかけと注目されているそうです。

航空宇宙分野への中小企業参入と産官学連携

f:id:ikomanokaze:20090127205632j:image

東大阪市のアオキの社長さんは「東大阪の人工衛星」ということでTVに何度も取り上げられた有名人ですが、航空機部品製造の会社経営者です。「まいど1 号」では衛星の骨格の製造

大阪市の棚橋電気は制御盤、分電盤、配電盤の設計・製作の会社で、「まいど1 号」ではバッテリーユニット製造

吹田市大日電子は高周波・遠隔制御・無線通信などの機器を設計、製作する会社で、「まいど1 号」ではアマチュア無線の送受信機の製造

東大阪市日本遠隔制御は模型用ラジオコントロールシステム 産業用リモコン装置 模型のヘリコプターなどの製造、製作する会社で 「まいど1 号」では衛星の姿勢制御装置の製造

大阪市のサンコー精機はアルミ素材を中心とした精密機械加工の会社で「まいど1 号」では衛星の姿勢制御装置の製造

SOHLA(東大阪宇宙開発協同組合)より、

2003年10月には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より委託事業を受け、

2007年度末までに2機の人工衛星を開発する計画のもと、プロジェクトをは進行。

不況に苦しむ関西を活気付け、若い世代へモノづくりを継承したいという町工場の夢から始まった衛星打ち上げ計画は、いま、実現にむけて着実に加速しています。」



下の写真は 最終点検を終えた「まいど1号」の機体に東大阪のイメージソング「つんくさん作曲」を刻印したプレートをとりつけているところだそうです

(筑波宇宙センター 2008年 12月8日

f:id:ikomanokaze:20090127210437j:image

[]人工衛星とは 人工衛星とは を含むブックマーク

1957年 旧ソ連の人類史上初の人工衛星「スプートニク1号」から始まり、世界各国で打ち上げられた衛星は約6000個に達しようとしているそうです。

人工衛星で利用されている通信・気象・偵察衛星ですが、私の知っている日本の気象衛星「ひまわり」は5号まで進化しています。地球磁気圏観測衛星「あけぼの」など日本の宇宙事業は 宇宙航空研究開発機構 (JAXA)  が取り組んでいて、今回の「まいど1号」も昨年8月つくばの筑波宇宙センターに運ばれて機器の保守、点検を行い、そこから種子島宇宙センター(鹿児島県)に運ばれていきました。

身近なものではカーナビ携帯電話に使われているGPSも人工衛星を利用しているそうです。自分が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステムで、米軍の軍事技術から発達したものだそうです。そのほか人工衛星は惑星探査目的のものもあり、火星や土星などの他の惑星を回る軌道上に宇宙探査機が到達しています。

そんな航空宇宙分野に中小企業が参入できるようにという夢の実現は今回の成功で 夢ではなくなるといいですね。

たそがれたそがれ 2009/01/27 22:47  中小企業が人工衛星を…なんて難しいことけど、素敵なことですね。雷さんの研究ですか。
 このあたりは好奇心豊かな大阪人さんのこと…
 心配いらないと思います。

 だ9

至誠至誠 2009/01/27 23:34 まいど1号の成功は輝かしいことですね。今回他に合計7個の小型人工衛星が打ち上げられたとか。
100年に1度だと言われている不況風を吹き飛ばして呉れれば良いですね。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2009/01/28 08:35 おはようございます。
まいど一号の成功はテレビのニュースで見ていました。皆さん、自信に満ちたいい顔をされていましたね。

そよ風君そよ風君 2009/01/28 08:35 関心をもって、打ち上げも是非成功して欲しいと願っていました。うまくいったようで、良かったですね。一番の元気になると思います。

次は飛行機を目指すとも話しがありましたね。

micomico 2009/01/28 09:09 同じ大阪人として誇らしいですね、
いろいろ勉強になりました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/28 13:19 たそがれさん、こんにちは!
「夢の人工衛星」が中小企業の技術力の高さをしめしたといわれていますが これまでくるのは大変なことだったようです。
今度の成功で あたらしいモノづくりへの分野がひらけるといいですね。
東大阪だけでなく大阪府には世界からみとめられたオンリー1の会社があります。
不況からの突破口がみつかってほしいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/28 13:26 至誠さん、こんにちは!
「まいど1号」が無事起動にのることができて嬉しいですね。
H2Aロケットには7つの衛星が搭載されていましたが 6つはロケットからの分離が確認されたというニュースをみました。
あと1つはどうなったのでしょうね?

ひさしぶりに大阪が元気なるニュースでした。
「まいど1号」は出発点で 次に続く衛星をめざして欲しいと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/28 13:31 湖のほとりさん、こんにちは!
ほとりさんもTVをご覧になりましたか。
私もTVを観て嬉しくなりました。

ここまでくるのにたいへんだったと思います。
日本のロケットも打ち上げ失敗が続いて足踏みをしていましたから 今回の成功はロケット開発にも衛星開発にも自信になったのではないかと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/28 13:36 そよ風さん、こんにちは!
東大阪のアオキ(株)の青木さんは3年以内にまいど1号と同規模の衛星を10基ほどつくって売り出すといっておられます。
成功すれば あたらしい製造分野が発展しますね。
アオキは航空機部品製造の会社ですから 飛行機製作も夢ではないかもしれませんね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/28 13:39 micoさん、こんにちは!
大阪は今までにも新しい分野開発には貢献してきたと思いますが それでも中小企業が生き残るのは厳しいようですね。
今回のまいど1号成功が中小企業の自信になるといいですね。

森すえ森すえ 2009/01/28 16:56 夢で打ち上げられた「まいど1号」の成功、本当に良かったですね。今後どのように新しい産業分野で活躍の仕事に繋がるのか楽しみです。ふと思ったのですが「まいど」の愛称は大阪で使われる挨拶「毎度おおきに」からなんですの?すみません、知識不足で。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/28 18:52 森すえさん、こんばんは!
「まいど1号」の成功で東大阪の中小企業が元気になるといいですね。 東大阪のイメージソングはつんくさん作曲ですが 「まいど1号」にとりつけられたそうです。
「まいど」は大阪弁の代表的なことばですね。「挨拶」だそうですね。いわば「こんにちは」という意味でつけられたのでしょうか?
私は大阪人でないので「まいど」って使ったことがありませんが お店の人はよく使われますね。
森すえさんは 使われたことがおありでしょうか?

がんさんがんさん 2009/01/28 20:31 越して来て実感するのですが、東大阪の町工場の技術力はスゴイですよね。
東京の大田区の町工場もかなりなものらしいですけどね。
更に思うことは何故その優秀さが全国的に有名ではないのかということ。
おそらく関東に住んでいる人は東大阪の町工場のことなど知らないと思います。
昔は商売の街、生き馬の目を抜くとまで言われた大阪が東京に大きく差をつけられた理由はその辺にもあるのではないかと思うのですけどね。
もっともっとアピールしてもいいんじゃないかな〜。

山口ももり山口ももり 2009/01/29 09:56 大変な快挙ですね。子供達が小さかったころ、まだ小学生・・・3人とも・・・九州の内之浦のロケット基地を見に行きました。私はロケットのことは何も知らなかったけど、子供達はとても喜んでいました。もう・・・30年ほども前のことです。

あまもりあまもり 2009/01/29 12:10 打上成功はニュースで知りました。
ああようやく成功したんだ良かった〜と自分のことのように嬉しかったです。
海外で有名でありながら日本国内では無名に近い東大阪の町工場の技術。
以前(ン十年前のこと)ひしめき合う大小(中小?)様々な町工場を見学したことがありますが、そのほとんどは鉄鋼関係でした。中にはガチャガチャと呼ばれている小さな円形のプラスチック製のカプセルに入っているゴム製の玩具を製造している工場もありました。
あれほど活気のあった町工場も、大阪の地盤沈下で長い不景気にどっぷり浸かり数がうんと減ってきたとか。
その中での今回の「まいど1号」の成功。以前のような活気はなくても世界に通じる技術は脈々と生きている。
東大阪市が中心となって民間人の手で人工衛星を作り上げそして打上に成功したというこの事実。東大阪は大阪の誇りです。東大阪の町工場が元気になれば大阪も元気になる。そう思います。
東大阪と筑波。まいど1号は、ikomanokazeさんにとって関わりの深い人工衛星ですね。

かたちゃんかたちゃん 2009/01/29 13:26 ikoさん今日は。
今まで、人工衛星ってあまり関心がありませんでしたが、今回の件で、とても身近に感じるようになりました。東大阪は関西人にとって誇れる町ですよね。「まいど」は物心付いた時からずっと聞いてる言葉でした。うちの実家は商売をしてましたので。今はあまり聞かなくなったので、懐かしいと言うか人工衛星の名前になってちょっと気恥ずかしい感じですね。
奈良に住んで26年ですが、大阪にいたのも26年。私の体の中にはずっと大阪人の心がいるような気がいます。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/29 20:58 がんさん、こんにちは!
東大阪は大企業ではなく中小企業の会社が多いことと、商品というより 部品製造ですので一般市民には馴染みが薄いですね。
私も つい最近、少しだけ知りました。
それでも 部品では 世界で1番とか、ここだけにしか造れないものとか、人間国宝級の技術者とか 驚きべきものと人を紹介されるとしびれます。

東京の大田区もこのところ生き残りが心配されていますね。日本だけではなく世界中が吸収合併M&Aで大きいものだけが生き残るような流れになっていますね。
それに技術とか製品が上等でも その売リ方の工夫が求められてきていますね。いかに売るか?・・・という時代だそうですね。
「いいものは黙っていても売れる」時代ではないそうです。

また大阪の地盤沈下も東大阪の中小企業には不利ですね。今の日本は極端な一極集中ですね。住友銀行も田辺製薬も・・・とうとうチキンラーメン日清食品までもが・・・東京に
「プルータス お前もか?」の時代ですね。

でも 東京ではないことで、中央でないことで、いいこともあるようですよ!

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/29 21:08 山口ももりさん、こんばんは!

私も息子が小学生のとき人工衛星とかロケットに憧れました。ロボットにも・・・・
そんなものを造る人にも憧れました。

今娘家族がつくばに住んでいますので、つくばエキスプレス駅を出るとすぐに大きなロケットが目に入ります。
「あぁ ロケットのまちだぁ〜!」って子供のように嬉しくなります。
宇宙航空研究開発機構 (JAXA)も 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)もつくばにあり、東大阪とつくばがつながったようで(?)ちょっぴり喜んだりしました。 そんなことで喜んでも何のたしにもなりませんね(恥)

popaipopai 2009/01/29 21:33 辛口ですが・・・今までの所はH2Aの各衛星軌道投入に成功したと言う事。
あれだけ問題が有ったH2を良くここまで熟成させた物だと感心しています。(特に軍事転用が不可な我が国)

まいど1号が真に成功したかどうかはこれからの事。
ところでこれらのミニ・人工衛星の管制は何処が担当するんでしょうか?

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/29 22:04 あまもりさん、こんばんは!
あまもりさんは お久しぶりですね!気になっていました。お忙しいのでしょうね。
私など何ヶ月もお休みすることが度々あるのに あまもりさんのことは気になりました(変かな?)
聞いてみたいこと、教えて欲しいことなど ときどき「あまもりさーん!教えて!」と叫んでいます。
聞こえましたか?

「まいど1号」が軌道にのったときは嬉しかったです。 「やっと!」・・・と思いました。

私は 東大阪でもよそ者ですが、「まちづくり推進委員」に参加して 東大阪の難しさを痛感しました。
いまだに 「布施」と「河内」と「枚岡」がひとつになっていないのですよ。
それに 国も一緒ですが リーダーがいないこと、その場しのぎの政策で動いていて 将来のビジョンに向かって行政も市民も進もうとしないことなど問題点ばかりが目に付きます。

「中小企業のまち」をうたい文句にしているのに、中小企業の町の中にマンションや住宅を建てて、工場が成り立たないなって他県に移っていく現状、今回の人工衛星でも内部でゴタゴタがあったようです。
でも、そうだからこそ、今回の成功は嬉しかったです。こんどつくばにいったら宇宙航空研究開発機構と新エネルギー・産業技術総合開発機構を見学したいと思っています。

そうそう あまもりさんはつんくさんがつくった東大阪の応援歌を聞かれたことはありますか?
知らない人が多いですよね。
私は もうひとつなじまなくて・・・・
あまもりさんに聞いてみよう、なんて思っていました。すみません・・・・

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/29 22:52 popaiさん、こんばんは!

私は知識がなくて恥ずかしいのですが・・・・
これまでロケットの打ち上げに失敗続きで 日本の宇宙開発技術者は 自信を失っていたように思えました。
日本は 人工衛星でもうけようなんて考えていたときがありましたよね。今でもそうなんでしょうか?

日本の宇宙開発はアメリカにたくさんお金を出していますね。アメリカと一緒に研究させてもらうことによってしかできないところがあるような話を聞きます。
ロケットとミサイルは違いますが その技術は似ていますよね。
宇宙開発も軍事目的で発展してきましたので 日本は制限があって進歩しないのでしょうか?
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、イスラエルなどミサイル所有の国が宇宙開発先進国なんでしょうか?
そんなことを考えると 「夢」が夢でなくなってしまいそうですね。

popaiさんの質問
「ところでこれらのミニ・人工衛星の管制は何処が担当するんでしょうか?」
私は考えてもみなかったです。
今はJAXAしかできないと勝手に思っていました。データをJAXAから受け取って データをまとめるのは東大阪宇宙開発協同組合(SOHLA)がするのだと思っていました。
機会があったら聞いてみます。
popaiさん、またいろいろ教えてください。
よろしくお願いします。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2009/01/30 15:20 ひめぼたるさん、何とも勉強されたものですね。
まいど一号の成功は素晴らしいです。東大阪の名誉ですね。テレビで放送されて私も感動しましたよ。
それにしてもこれだけ記述されるって大変な作業をひめぼたるさんにこそ出来るのですね。

庭花庭花 2009/01/30 17:19 まいど一号の成功は、不景気の日本に大きな夢と希望を与えてくれましたね。明るいニュースでした。きっと、日本の新しい産業に成長するのでしょう。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/30 19:59 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!
東大阪まちづくり推進協議会委員を4年、地域まちづくり活動助成金審査委員を3年させていただきましたが 勉強不足でどうにもなりませんでした。

委員をしているとき中小企業の工場見学をしたり、ボルト・ナットや伸線の歴史も教えていただいたり、きんぼし東大阪の会社のことを勉強したり・・・と学生時代にかえったような気持ちでした。
「関西宇宙イニシアティブ」の活動にも関心を持ちましたが 専門的知識がなくて参加する勇気がありませんでした。
熱意だけではどうにもならないことを実感しました。
これからは 自分でできることをゆっくりじっくりやっていきたいと思うこのごろです。
彦左さんにほめていただいて嬉しいです。ありがとうございました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/30 20:07 庭花さん、こんばんは!
お元気になられたのですね。
このごろ 私の近所にカワセミがやってきます。
昨年みつけたところにメジロがたくさんいます。
元気な鳥たちをみながら 庭花さんのことを思いました。白い北アルプスの山々の景色を想像します。

「まいど1号」があたらしい時代の一歩になってほしいと思っています。

2009-01-23 大洗磯前神社(茨城県)の海の中にある鳥居

ikomanokaze2009-01-23

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[]冬の海 冬の海 を含むブックマーク

冬の海は寒そうでしょうか

冬の海は気持ちを揺さぶるでしょうか

人のいない冬の海は 私の心の鏡のようです

海を眺めながら 私と語っています

白い波に 遥かな水平線に 海の上にある空に 雲に語っています


ゆたかな時代こそ、 じつは まずしいなんて信じられるか」・・・とあった長田弘さんの詩が浮かんできます。

f:id:ikomanokaze:20090123143325j:image

[]大洗磯前神社の海の中の鳥居 大洗磯前神社の海の中の鳥居 を含むブックマーク

茨城県大洗港は漁港があり、美味しい魚を売る市場があると聞いてやってきました。

近くに水族館、ヨットハーバーもあり、大洗海浜公園は夏には海水客で賑わうところですが、冬の海は人気がなく寒々としていました。

市場で美味しそうなジャコを買うと おじさんは求めた量と同じくらいおまけをしてくれました。そのおじさんに「神磯の鳥居 (かみいそのとりい)」のことを教えてもらいました。

平安時代前期の斉衡3年(856)、海岸の岩礁に神が降り立ったといわれる地だそうです。鳥居から昇る日の出を拝もうと大勢の参拝客や写真家が訪れるところだそうです。

神磯の鳥居(かみいそのとりい)

f:id:ikomanokaze:20090123150537j:image

f:id:ikomanokaze:20090123150621j:image

f:id:ikomanokaze:20090123150622j:image

f:id:ikomanokaze:20090123150623j:image

f:id:ikomanokaze:20090123150830j:image

この神磯の鳥居の西側には大鳥居があります。石段を上ると大洗磯前神社です

f:id:ikomanokaze:20090123150831j:image

f:id:ikomanokaze:20090123150832j:image

神社に座る蛙が気になりました

f:id:ikomanokaze:20090123150833j:image

[]蛙は神様のお使いだそうです 蛙は神様のお使いだそうです を含むブックマーク

先日お参りした天野山金剛寺の北朝行在所の入り口正面に蛙が座っていて驚きました。

時々神社で蛙の石像や置物をみかけます。神様のお使いと関係があるのでしょうか?

神様のお使いの蛙といえば 三重県伊勢にある猿田彦神社です。

天孫降臨の道案内の故事から、道ひらきの神・人生の道案内の神と信仰されているそうです。

天野山金剛寺にある北朝行在所の入り口の庭の蛙です

f:id:ikomanokaze:20090123152612j:image

f:id:ikomanokaze:20090123152613j:image

今世界中は混乱期に入っています。神頼みではいけないのかもしれませんが、今こそ蛙さんに登場していただいて 人類の進み道先案内をしてもらいたいですね。

「未曽有の金融危機」100年に1度あるかないかの金融危機」・・・なんて物騒な言葉を頻繁に目にします。金融危機だけではなさそうです。

エネルギー問題も、人種、宗教、思想の違いからの紛争も解決の糸口が見つかっていません。

アメリカ合衆国大統領オバマさんの『オバマ演説集』日本でも爆発的に売れているそうです。

やはりみんな蛙さんをもとめているようですね。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2009/01/23 18:02 ひめぼたるさん、今度は遠い海の中へ探検ですか。
不思議ですね。どうなってるのでしょう???。
鳥居が有ってその先は海で波が狂ってますね。どこに大鳥居やお社があるのでしょう。スゴイですね。
大洗磯前神社ってまるで海に潜って行ったような景色です。

たそがれたそがれ 2009/01/23 18:52  荒波が洗う岩礁に立つ大鳥居…
 雄大な風景ですね。海辺の鳥居と云うと厳島神社ですが、ここは厳しい自然の中で動画みたいな迫力がありました。
 カエルさんは神様の使い・・そういえば伊勢の二見浦にも祭られて賽銭が上げられていました。
 大切にしましょう。に

森すえ森すえ 2009/01/23 21:48 神磯の鳥居ですの。迫力がありいいですね!!
巌に波が突き上げるのを鳥居は毅然と受け止めている。鳥居は人々を守るためにか?波を守るためにか?とふと思いました。共存しているのでしょうね
。お写真の冬の厳しい光景を眺めていますと心もあらわれそうです。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/23 22:00 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!
冬の海は波の音が太鼓の響きのように身体に響くようです。
この磯の鳥居の下に神様が降り立ったといわれています。大鳥居は海の手前にあります。そしてその上に磯前神社がありました。

この海の鳥居からみる朝日がすばらしいと元旦はたくさんの人がお参りされるそうです。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/23 22:09 たそがれさん、こんばんは!
岩礁に立つ鳥居は大波にもびくともせず立っています。
大きな波の音は迫力をあり、近くに立つ私の身体ごと響いているような気持ちになります。
大洗の神磯の鳥居の上に日の出がみえるそうです。
昔の人ならずとも手をあわせたくなるでしょうね。
厳島神社の朱塗りの鳥居は美しいですね。やはり海と夕日に神を感じたのでしょうね。

琵琶湖の白髭神社は湖の中に鳥居がたっているそうですね。一度出かけてみたいと思っています。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/23 22:18 森すえさん、こんばんは!
大洗の神磯の鳥居は太平洋に向いて立っています。
そのせいか 冬の厳しい荒波の中でも明るさを感じたりします。
日本海の冬の海はもっとどんよりして重たい雰囲気でしょうね。
森すえさんの雪のなかの「諸橋近代美術館」をみながら雪の日本海にでかけたいと思いました。

ima-2ima-2 2009/01/24 08:43 こんにちは!
今回は、遠くに足をはこばれていますね!
大洗磯前神社(茨城県)の海の中にある鳥居を拝見して、鳥居が冬の荒々しさに堪え忍んで強く神を迎え入れようとけ懸命に足を踏ん張っているように
思います。
また、山下先生の撮影の技術でそう見えたのかも知れませんね〜♪♪♪
≪神様のお使いの蛙≫
『♪♪そうですね〜♪♪』
世の中がおかしくなってきていますね〜
オバマさんの期待が大きく世界の安定がこの先
早く安定期に入る事を願わなければなりません。

#チョット良い話もありましたね〜

昨日、打ち上げられた国産衛星に東大阪の中小企業が開発した人工衛星【まいど1号】が無事軌道に乗ったそうですね〜♪♪♪
東大阪の中小企業さんの技術力の高さにびっくりしました。

以前から人工衛星まいど1号の完成を新聞を通じて
打ち上げを楽しみにしていた1人です。

歌う カエル歌う カエル 2009/01/24 09:17  金剛寺のカエルの写真 ユーモラス・・
たしか 背中に チビを おんぶ してた・・・

神社の神様は 権力者・為政者の影響で
祖先を担いでるから 時代によって
代・・?? 神様が変わってくる

元々は 原始的な 自然への畏怖 畏敬
農耕神の代表は お稲荷さんだし・・
上で 鳴れば 上鳴りだし・・
お稲荷さんの狐は ケツネ 食(ケ)つ(・・の)
根(根本)からとか・・
ケ は 古代からの 韓国語で ケ(食)
ヨギソ モグ ケ スムニダ
 ここで 食べますか? は 現代も通用するし
ケの食は 朝餉・夕餉 の ゲ に残ってるし・・

鳥を追う 案山子も 
雨を呼ぶ カエルも
食の根のケツネも 素朴な 稲の実り 豊作の願望を込めて・・と 言われていますが・・

ん・ま 神鳴り 雷が 鳴って
空気中の 電気的刺激で 空中の窒素が 増加し
それが 雨水と共に 落下 窒素 リン酸 カリの中の窒素を補填し 肥料となるから
当然 豊作になる確率が上がる
背中に重いほど 稲を背負う 荷う これが
稲荷・・とか

雨は 現代でも 人工降雨で研究中とか
なかなか 自由に成らない らしい・
カエルに頼めば・・何とかなる???

ま そうは いかんと思うけど・・
雨蛙などは グレと呼ばれて 沢山居たから
グレ 群・・平群などの 古代豪族の名にも・・

そこへ行くと
仁徳天皇もカエルを食ってたし
モミは カエルの事で カエル以外は
旨くない・・モミ無い 不味いと
古い婆ちゃんの 言葉だった
大海皇子は 吉野で カエルのゴチになったし・・

終戦後が 僕ちゃんも 食った
現代でも 神戸元町付近の 中華料理の店なら
残ってるかも知れん・・?

S46年ごろ カエルの丼を 三人で 回し食いした
台湾流の 親睦の証とか・・

神様を食べるより 照る照る坊主を
脅迫したり 逆さまに ぶら下げたり する方が
文化的?? かも 知れん・・

カエル も 照る照る坊主も 最近ご無沙汰

ノスタル爺に なってしまった 21世紀
昔は 神様が居たけど・・
ニヒルな ニーチェが言ってた
最早 神は死んだ と・・ 
そんでも・・恵比寿さんは 毎年 儲けてるし

景気が悪くなっても
金持ち経営者諸氏は 派遣人員の増減で 加減出来るから ま ・・神仏とは 無関係

切られた方の 人は 信じてた神を
恨み やがては 心が崩壊する
精神の産物である神仏は 精神によって滅ぶ

そこで 英雄待望
オバマ氏は 英雄になれるかな?

ま 日本人の中では 英雄は 無理だろうけど・・
もう チョット マシな 政治家の出現を
願うばかり・・

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/24 13:07 ima-2さん、こんにちは!
荒々しい波を受けながら踏ん張っている鳥居に 自分の気持ちを重ねながら エネルギーをもらっています。
アメリカだけでなく日本も、ヨーロッパも世界中が行き詰っていて閉塞感がありますね。
「発展する」ということがすばらしいことだった今までと何かが違ってきましたね。

「これ以上発展してどうなんんだ!」
・・・なんて言葉まで聞こえるようになりました。

それでも「いいこと」がありましたね!
と書いてくださるima-2さん、嬉しいです!
苦節8年か7年 もかかって苦労の末の夢の実現人工衛星「まいど1号」の成功はすごいですね!


昨年夏に「まいど1号」が完成して 茨城県つくば市の筑波宇宙センターへ搬送されたことがニュースになりました。
つくばから種子島宇宙センターに搬送されたのですね。

2009年1月23日「まいど1号 」打上げに成功! 14時36分(日本時間)
電波を受信出来、衛星が正常であることを確認できました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/24 13:25 歌うカエルさん、こんにちは!

蛙が「神様のお使い」というお話を教わったのは 確かカエルさんからだったような気がしています。

それまで 神社に「蛙」の置物があってもあまり気にしていませんでした。

NTTのコマーシャルかなんかで 「カエルコール」が話題になったり、「紛失ものすぐカエル」とかのごろあわせと関係があるぐらいに思っていました。

古事記や日本書紀に「蛙」がでてくるのですね。
鳥獣戯画の蛙の相撲などカエルの絵が記憶にあります。

それ以来 神社で「蛙」を見ると「道案内」のカエルさんと結びつけてしまいますが

政治の世界でも舵を失ったような 旋回している情景をみると 沈没しなければいいが・・・と心配します。

今 人類は転換期にさしかかっているのでしょうか?「ものをつくり」どんどんつくり、それが豊かになることだと信じてきたのですが ものが溢れ、資源がなくなり、ただ「ものをつくる」のでは駄目!ということになりましたね。

果たして「オバマさん」が行き詰まった世界の道案内をしてくれるのでしょうか?
みんな神頼みのように「オバマさん頼み」をしているのでしょうか?
日本の報道は一部しか伝えませんし、私などは報道による知識しかありませんので 身近な「道案内板」をさがしています。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2009/01/25 10:50 混沌とした時代、新しいリーダーを世界中が求めていると感じます。
冬の海、行ってみたくなりました♪

そよ風君そよ風君 2009/01/25 12:20 冬の海というと、日本海の海の厳しさと、海の幸のおいしさの両方を求めてでかける人が結構いますね。人生に立ち向かう勇気を得られるからでしょうか。

花咲か爺花咲か爺 2009/01/25 13:47 ワビスケの楚々とした花姿、綺麗に撮っておられますね。冬の海、日本海側の荒波と太平洋側の白波とどちらも私は好きな海ですが、見せて頂いた海の荒波、今の世相を映して居る様ですね。

山口ももり山口ももり 2009/01/26 09:19 冬の海、打ち寄せる大波・・・素晴らしい写真ですね。かえるさんも・・・京都では、見られない写真ばかり、とても楽しく拝見しました。又、伺います。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/27 21:51 湖のほとりさん、こんばんは!
これから どんな世の中になるのでしょうか?
希望がもてる世の中であってほしいのですが・・・

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/27 21:53 そよ風さん、こんばんは!
厳しい冬の海は また恵みの海でもありますね。
私は海を見ながら育ったせいか、海をみると心が落ち着きます。荒れた海もなぜか好きです。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/27 21:56 花咲か爺さん、こんばんは!
花咲か爺さんのところで 花を紹介していただき私もその花をもとめて廻りました。
ワビスケは好きな花です。花咲か爺さんのところの蝋梅を撮りそこないました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/27 21:57 山口ももりさん、こんばんは!
いつもすばらしい絵と小気味いい語り口に 拍手喝采です。
すばらしい生き方をされていますね。お手本にしたいと思っています。

2009-01-19 寒さの中でも美しく咲く花

ikomanokaze2009-01-19

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[]佗助(ワビスケ) 佗助(ワビスケ) を含むブックマーク

まだ風が冷たくて首をすくめて歩いています。赤い山茶花や椿の花を見つけると気持ちが和みます。

「あっ!椿が咲いている」と近づいてみると、ラッパ開きの小さい花です。ひょっとすると「ワビスケ」かな?

「佗助」はツバキの園芸品種の中でも、ひときわ小さく、可憐で半開きの花で、茶花としても大切にされています。豊臣秀吉の時代に中国の花が朝鮮半島から日本に伝わったという説があります。

「ワビスケ」は冬の花とされ、同じ仲間の椿より早く咲くそうです。下の佗助は大阪府立花の文化園で咲いていたものです。

白佗助(シロワビスケ)

f:id:ikomanokaze:20090119163818j:image

数寄屋佗助(スキヤワビスケ)

f:id:ikomanokaze:20090119163819j:image

寒咲赤佗助(カンザキアカワビスケ)

f:id:ikomanokaze:20090119164048j:image

これは佗助ではないかもしれません。島根県松江の椿で「伯州」です

私もよくわかりませんが、椿と佗助の違いのひとつに雄しべの先端の花粉を作る器官が退化している(花粉を作らない)のが佗助だそうです。伯州には花粉がありますので椿でしょうか?

f:id:ikomanokaze:20090119164049j:image

[]蝋梅(素心蝋梅) 蝋梅(素心蝋梅) を含むブックマーク

蝋梅と素心蝋梅の違いは花の中が赤いものが蝋梅で 花の中まで黄色いものを素心蝋梅というそうです。大阪城の素心蝋梅が綺麗に咲いたと聞きました。ブログでもいろんな方が紹介してくださっています。蝋梅は香りがよくて横を通ると風が運ぶ匂いは幸福の香りのようです。花びらが蠟細工のように見えるところから蝋梅という名前がついたとも言われますが、成る程です!

すべて素心蝋梅です

f:id:ikomanokaze:20090119164050j:image

f:id:ikomanokaze:20090119164051j:image

光にすかしてみると 本当に蠟細工のような花びらです

f:id:ikomanokaze:20090119164052j:image

[]紅梅とジャノメエリカ 紅梅とジャノメエリカ を含むブックマーク

梅たよりが届くようになりました。一輪咲いた紅梅を見つけました。

梅一輪 一輪ほどの 暖かさ 」   服部嵐雪の俳句ですね。

f:id:ikomanokaze:20090119171800j:image

ジャノメエリカは昨年の11月ごろから咲いています

f:id:ikomanokaze:20090119172018j:image

春まで楽しませてくれるジャノメエリカです。よく見ると可愛いらしい花です

f:id:ikomanokaze:20090119172019j:image

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2009/01/19 18:00 ひめぼたるさん、花の無い時期と云って、さぼっているのはわたしだけですね。椿の種類も沢山sりますね。白佗助(シロワビスケ)にもいろんな色があるのですね。ジャノメエリカって私は実物を見たことがないですが、ジャノメ傘に似ていますね。小さな写真には難しそうな花でも見事に撮られています。

micomico 2009/01/19 20:13 こんばんは
ワビスケ気品があって好いですね、
大好きな椿です、
ロウバイが咲きだしましたね、
香りと花色に惹かれます。
ジャノメエリカ、今年はまだ目にしていなくてこちらで楽しませていただきました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 22:32 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!
花が少ない時期ですので 小さい花でも惹かれますね。蝋梅は地味な花ですがそばを通るときの香りで足を止めます。
ジャノメエリカは近くでよく見ないと花の形がみえないのですが あちこちのお庭でもよく咲いています。寒さに強い花なのでしょうね。
近づくとこんなに可愛い花でいとしくなります。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 22:35 micoさん、こんばんは!
micoさんは花が少ないときにも たくさんの花を紹介して下しますので 私も花をよく見て歩くようにしています。
いつもありがとうございます。
ワビスケの花は魅力がありますね。

popaipopai 2009/01/19 23:58 椿の花には凜とした潔さが感じられますね(散り際も)

余談ですが、島根・・で、うかつにも忘れていた事が。
35年前、某自動車会社に勤務していた折に結婚。
その時の直属の上司が島根出身の方で結婚式の司会をしていただきました。
落ち着いた後に御礼にお伺いしましたところ、郷里(島根)から届いたとのモズクを沢山頂きました。
その素朴で美味しかった事!
その方には当時巨大企業でも珍しかったコンピューターの基礎を教わりました。(当時はパンチ・カードで・・)
話が逸れてご免なさい。

山口ももり山口ももり 2009/01/20 09:15 河内長野の女人高野・天野山金剛寺・・・興味深く拝読。今、宮尾登美子の「平家」を読み始めたのですが、改めて、随分以前に読んだ吉川英次を引っぱりだして、読み比べてみますと、そりゃあ、面白いのよねえ。後白河天皇は、もう登場しました。ホント・・・あの当時の天皇家って・・・興味は尽きません。吉川英次のほうがはるかに好きですけど。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/20 11:23 poapiさん、おはようございます!

よく椿が好まれる理由に 「散り際の潔さ」を聞きますね。武士道に通ずる美学でしょうか?
同じ時期に咲く山茶花と比べると違いがよくわかりますね。

popaiさんは 島根のモズクを召し上がったことがおありですか?
私も大好きでした。市販されているものでは同じものを見つけられませんね。
細くて歯ごたえがあるモズクは島根半島産か隠岐の島ものが一番だと今でも思っています。

popaiさんはすばらしい出会いがあって 今があるのですね。
コンピューターの基礎を教わり、コンピューターとの出会いがそこで生まれたのですね。
いいですねぇ。羨ましいです。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/20 11:45 ももりさん、おはようございます!
宮尾登美子の「平家」は読んだことがありませんが、吉川英次の「平家物語」の一部は昔に読んだことがあります。確か映画でも見た記憶があります。「おごる平家」ですが、いつの時代も同じですね。
ももりさんの読後感をうかがうのが楽しみです。

かたちゃんかたちゃん 2009/01/20 12:33 ワビスケは小さくて可愛いので好きです。普通の椿より早く咲くと言うのは知りませんでした。
そう言えば、お正月に奈良公園を散歩してる時、ワビスケをたくさん見かけました。
ロウバイは今が見頃ですね。あの透明感が素敵です。
梅も寒紅梅など早咲きがぼちぼち咲き始めていますね。これから、奈良の梅林も咲き始めるでしょうね。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2009/01/20 19:30 ワビスケは渡辺淳一さんの小説の中で、主人公の女性が生ける花として出てきました。こんなふうなお花なんですね^^

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/20 20:34 かたちゃん、こんばんは!
奈良公園のワビスケを見に行きたいですね。かたちゃんは奈良公園を毎日のように歩いておられるからいろんな出会いがありますね。
美しいものを見つける特権をお持ちですよね。うらやましいです。
大阪城の蝋梅もみせていただきました。
奈良公園の梅だより楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/20 20:44 湖のほとりさん、こんばんは!
渡辺淳一さん北海道生まれで 札幌医科大卒だから北海道舞台の作品が多かったですね。
佗助が似合う作品と言えば「ひとひらの雪」でしょか・・・
立原正秋も「佗助」と「やきもの」にこだわりをもっていましたね。

がんさんがんさん 2009/01/21 11:08 侘介椿、いいですよね。
昔、横浜で「奥侘」という品種を育てていましたが、枯らしてしまいました…。
機会があったら、また挑戦してみたいですね。
ロウバイもいい香りがする良い花ですよね。

たそがれたそがれ 2009/01/21 21:44  寒い中ですがいろんな花が咲いているのですね。
 梅の花がもうちゃんと咲いて来たのですか。
 ロウバイって花びらが透き通ってほんとに綺麗に見えます。

森すえ森すえ 2009/01/22 08:57 透き通るような美しさ!!蝋梅が綺麗です。素心蝋梅と蝋梅の違いなど細かくあるのですね。蝋梅の一枚目の写真の中は紅いようですがやはり素心ですの?先日これと同じのを新宿御苑で見ました。また、昨日見た花もジャノメエリカって名だとここで知りました。可愛いですね。

ima-2ima-2 2009/01/22 11:59 おはようございます。
”あ”〜 11時50分か....?
お天気もうっとしい〜 時間もわからない?
チョット老人ぼけですかな?
 ヤダ佗助!! ☆\(><;;><)ヘ☆ ヤダ!!
蝋梅と佗助を見せていただきました。
我が家の盆栽の梅の花も満開で見頃です。
以前我が家にも寄せ植えで白佗助がありましたが
家内が抜き差しして植えている間に枯れてしまいました。
侘び助は花が小さいですが可憐な花を咲かせてくれますので、とても好きな花です。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/22 17:47 がんさん、こんにちは!
「奥侘」を育てておられたのですか?
「奥侘」は「佗助」の中ではすこし大きくて華やかでしょうか?(違っているかもしれません)
がんさん「佗助」は似合うような気がします。
清潔な花だからでしょうか・

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/22 17:51 たそがれさん、こんばんは!
今日は雨降りで、暗い一日でしたが そんな日でも梅が咲いているのを見ると 季節は進んでいることを実感します。
大阪城の梅もちらほら咲いているようです。
大阪城の蝋梅もきれいだそうです。お天気がいいと花びらが透き通ってきれいです。

たそがれさんのところはここよりうんと寒いでしょうね。風邪をひかれませんように!

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/22 17:56 森すえさん、こんばんは!
蝋梅は花びらの中が赤いのと花芯の形が違うようです。
ジャノメエリカはよく見かけますね。
寒さに強い花でしょうね。寒くても元気よく咲いていますね。
可愛い花ですよね。名前も可愛いですね・・・・

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/22 18:00 ima-2さん、こんばんは!
盆栽の梅が満開ですか?
今年は奥様のお手による盆栽ですよね。

ima-2さんところにお庭には「佗助」が似合うような気がします。竹の柵と「佗助」でなかなか風流ですよね。
ima-2さんは器用で 何でも手づくりされるのですごいと思います。

至誠至誠 2009/01/22 21:18 佗助、こんなに沢山の種類があったのですね。
白い花の佗助は知りませんでした。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/23 12:08 至誠さん、こんにちは!
日本人に「佗助」は好まれるようですね。
華やかな花ではないのですが たくさんの人が大切にされている花ですね。
種類もいろいろありますね。
よく観察すると 少しずつ違いを感じます。

2009-01-18 河内長野の女人高野・天野山金剛寺

ikomanokaze2009-01-18

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[]金剛山の麓にある天野山金剛寺 金剛山の麓にある天野山金剛寺 を含むブックマーク

大阪の東端には生駒山が連なって奈良との境界になっています。生駒山に沿って南へいくと信貴山、二上山金剛山、葛城山が連なっています。

金剛山金剛山の麓には、南北朝時代の史跡や社寺が多くあります。楠正成ゆかりの社寺もたくさんあります。

この金剛山の麓に女人高野ともよばれる天野山金剛寺があります。

女人高野というと奈良の室生寺が有名ですが、河内長野にも女人高野と呼ばれるお寺が存在したことはあまり知られていません。

天平時代(729-749)、聖武天皇の勅願により行基が開創し、弘仁時代(810-824)弘法大師空海修行したと伝えられています。平安時代の末期、後白河法皇と妹の八条女院の帰依を受け、八条女院が高野山より真如親王筆の弘法大師御影御影堂に奉安し、女性が弘法大師と縁を結ぶ霊場とされたことから、「女人高野と呼ばれるようになったそうです。

しかもこの寺は北朝時代には南朝の行在所になったり、北朝の行在所になったりした寺で、多くの国宝や重要文化財があります。後村上天皇が正平9年(1354年)から6年間行在所され 大政を執られたそうです。「天野行宮」と呼ばれていたそうです。また、正平9年から4年間北朝の光厳、光明、崇光の三上皇が御座所 されたそうです。

金剛寺の広い境内には金剛寺と南朝行在所と北朝行在所があり、北朝行在所の(拝観料500円)室町時代に造られた枯山水式庭園と北朝行在所内部が見学できます。南朝行在所は日曜日か事前に連絡すれば平日でも見学できるそうです。

天野山金剛寺の案内図

右側が北朝行在所、左側が金剛寺、真ん中上あたりが南朝行在所です

f:id:ikomanokaze:20090118174104j:image

朱塗りの金剛寺桜門

楼門」は鎌倉時代の建築とされており、重要文化財指定

f:id:ikomanokaze:20090118175010j:image

南朝六年間常御殿」の石塔が建つ「天野殿」

桜門をくぐるとすぐ右側に天野殿があります。正平9年(1354年)に後村上天皇の行在所で6年間大政を執られたとされている天野殿は鎌倉時代の創建、重要文化財指定

f:id:ikomanokaze:20090118175158j:image

正面に御影堂、右側に金堂

 金堂に安置されている本尊の木造大日如来坐像、脇士の木造降三世明王坐像、木造不動明王坐像は何れも運慶の作と伝えられています。

金堂も本尊も脇士二体もすべて重要文化財指定です。御影堂とその隣の観月堂も重要文化財です。

f:id:ikomanokaze:20090118175826j:image

重要文化財指定の御影堂と観月堂

f:id:ikomanokaze:20090118181916j:image

金堂と向かいにある多宝塔

「多宝塔」は平安時代の創建ともいわれていますが、内部は見学できません。本尊の大日如来が安置されています。重要文化財に指定

f:id:ikomanokaze:20090118181917j:image

北朝行在所の庭は室町時代に造られた枯山水式庭園

f:id:ikomanokaze:20090118194034j:image

f:id:ikomanokaze:20090118194035j:image

一番奥が「御座所」、襖には菊のご紋

f:id:ikomanokaze:20090118194036j:image

南朝行在所は見学できませんでしたがこの門の奥です

f:id:ikomanokaze:20090118194601j:image

境内を流れる天野川にはたくさんの橋がかかっていました

f:id:ikomanokaze:20090118194602j:image

奥深い山里にある天野山金剛寺が政治の中心になった時代もあったなんて不思議に思えるほど、今はひっそりとした佇まいでした。

境内を流れる天野川の岸の桜や後村上天皇御手植桜が咲く春はさぞ華やかだろうと想像しました。春にまた訪れたいと思いました。

micomico 2009/01/18 20:09 天野山金剛寺、初めて知りました、
由緒あるお寺ですね、
いろいろ勉強になりました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/18 22:12 micoさん、こんばんは!
天野山金剛寺は近くの人はよくお参りされるようですが 遠くの人はご存じない方も多いようです。
私は以前に一度お参りしたことがありましたが 北朝行在所は初めて拝観しました。すばらしい庭でした。
京都をおわれて吉野山に行かれた後醍醐天皇のこともありますね。

popaipopai 2009/01/18 22:40 郷里の金剛山を隔てた反対側ですね?
金剛山&葛城山の名前が出ると・・・懐かしいです。
その二つの山の境目、水越峠は毎日のように中学の部活(生物地学)で歩き回っていました。
(でも今は新しい道やトンネルが出来てしまい、すっかり様変わりしているようですね?)

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/18 23:13 popaiさん、こんばんは!
金剛山は大阪では高い山ですので樹氷が見られます。のぼってみたいなぁ〜・・・と思いながら山を見上げていました。反対側の麓がpopaiさんの故郷ですね。popaiさんは地学の部活でしたか?地層など調べられていたのでしょうか?
第二阪奈道路や南阪奈道路ができて奈良と大阪は近くなりました。様変わりしたところも多いと思います。
それでも金剛山の麓をまわると時間が止まったままのような風景が残っています。
すっかり忘れられた場所みたいに昔を残しています。私はここにくるとくつろぎます。

至誠至誠 2009/01/19 01:13 天野山金剛寺は我が家から車で5分、お馴染みのお寺です。参拝者が少なく落ちついた佇まいが気に入っています。楼門を40号の水彩画に描いて公募展に入選したのは5年前のことでした。詳しくご案内、興味深く拝読致しました。

そよ風君そよ風君 2009/01/19 07:50 立派なお寺ですね。絵を描くにも面白そうなところです。

そよ風君そよ風君 2009/01/19 08:15 アグスに関するご質問について、
アグスのサイトに行って、URLやヘッダー情報を入力して調べるだけなら、XPやビスタなどのOSを問いません。なんでもOKです。
但し、この昨日をブラウザにプラグインするソフトをダウンロードするのであれば、2000のSP4かXPのSP2に限定されているようです。プラグインする必要はあまりないのではないでしょうか。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 10:40 至誠さん、こんにちは!
天野山金剛寺は以前にも訪れたことがありましたが 至誠さんのところで拝見してまた出かけたいと思っていました。
やっと参拝できました。広い境内は参拝者もほとんどなく静まりかえっていました。
桜門の水彩画が入選されたそうですね。至誠さんがどの角度から桜門を描かれたのか想像しています。
堂々としたりっぱな桜門は鎌倉時代に創建とありました。こんな山深い里に京都・奈良に匹敵するものが存在していたのですね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 10:51 そよ風さん、おはようございます!
金剛山周辺や麓には りっぱなお寺がたくさん存在するのです。奥深い山里に残るりっぱな社寺は中世の歴史を思い起こさせてくれます。

アグスのことありがとうございました。おっしゃるようにブラウザにプラグインするソフトをダウンロードする必要はありませんね。
昨晩拝見したときに きちんと読まずにすみませんでした。
さっそく使ってみました。サイト情報が興味深く、これからも使ってみようと思いました。
ありがとうございます。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2009/01/19 11:10 以前にも書きましたが、ikomanokazeさんのブログを拝見するたびに、歴史に興味がわいて、もっと勉強しておけば・・・、と思います。これからでも遅くないですね。頑張ります^^

ima-2ima-2 2009/01/19 11:12 おはようございます。
女人高野ともよばれる天野山金剛寺天野山金剛寺を拝見しました。
落ち着いたたたずまいと、歴史観に富んだ由緒あるお寺ですね〜
多宝塔も歴史を感じ、室町時代に造られた枯山水式庭園 も見事に整備されて落ち着いた様子が良いですね〜

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 12:09 湖のほとりさん、おはようございます!
私も歴史をあまりよく知らなくてきました。
生駒山の麓に住むようになって 歴史の宝庫みたいにあちこちに存在する由緒ある寺社にふれる機会が多くなり少しずつ関心を持つようになりました。

すぐに忘れてしまいますが 歴史を教わったときはタイムスリップしたようで楽しいです。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 12:12 ima-2さん、おはようございます!
以前、ima-2さんのお住まいの平野郷について調べたことがあります。でもすっかり忘れてしまいました。杭全神社も由緒あるところですね。またお参りしたいと思っています。

金剛山の麓のりっぱな寺社にも歴史を感じますね。

たそがれたそがれ 2009/01/19 12:14  金剛山は国道24号線から見上げただけです。
 金剛寺は山麓にあるのですか。天平から南北朝まで、歴史の深いお寺なんですね。
 聖武天皇のゆかりと云うと紫香楽宮とよく似た年代なのですね。興味がありますね。

かたちゃんかたちゃん 2009/01/19 13:09 ikoさん、今日は。
さっそく、ikoさんらしい記事が登場ですね。
全くこちらの存在を知りませんでした。
とても良い勉強になりました。
是非、主人にもこのお話をしたいと思います。

最後のお写真、ほんと桜が咲くと見事な景色でしょうねえ。

森 すえ森 すえ 2009/01/19 15:11 奈良から金剛周辺は矢張り歴史が深いですね。天野山金剛寺の保存は見事のようでお庭もいいですね。込み合っていないのが最高のイメージを沸かせます。お写真からどっしりとした落ち着きを感じました。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2009/01/19 15:50 ひめぼたるさん、寒い中で、活動家実践ですね。
天野山金剛寺は昔一度行ったきりですが、殆ど忘れていました。見事な建物と素晴らしい庭いいですね。私などどこへも出かけられず。ブログも殆ど同じような写真(実際は同じ写真は使ってませんよ)
それに比べて羨ましいばかりです。年は取りたくないと思うけど仕方ないですね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 21:36 たそがれさん、こんばんは!
国道24号線から 金剛山と葛城山が見えるでしょうね。そちら側からじっくり眺めてみたいと思います。
金剛寺はちょうど反対側になりますね。
聖武天皇の時代に金剛寺は創建とありましたが、紫香楽宮遷都のあとぐらいでしょうか?
聖武天皇の遷都は興味がありますね。また、教えてください!

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 22:13 かたちゃん、こんばんは!
このあたりはかたちゃんの奈良の都からは不便なところですよね。こんな不便なところに天皇が移り住まなくてはならない政治事情を推し量りながら古を思いました。
建物も当時のままに残っていて 趣があるお寺でした。
桜が咲くころは古の華やかさを感じることができるかもしれませんね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 22:19 森すえさん、こんばんは!
至誠さんが家から車で5分くらいのところと書いておられました。それにこの寺院の桜門の水彩画が公募展で入選されたそうですね。
至誠さんのテリトリーのお寺ですね。
山里に残る歴史を思い起こさせるお寺でした。
お庭もすばらしかったです。手入れがきちんとされているようでした。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/19 22:26 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!
彦左さんは天野山金剛寺にいかれたことがおありなのですね。
ふと思ったのですが 金剛寺は彦左さんところからと私のところからと同じくらいの距離のところにあるのかな?
私のところが近いに決まっていますが、それでも関空へ行く道もあり、ずっと行けば和歌山市に続くでしょうね。
彦左さんの作品づくりにいつも感心しています。
見る人が楽しめるようにいつも考えておられますね。そこに彦左さんの意気を感じています。
すごいです!

2009-01-15 今年もよろしくお願いします!

ikomanokaze2009-01-15

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[]今日は小正月 今日は小正月を含むブックマーク

f:id:ikomanokaze:20090115114737j:image

元日は大正で、今日1月15日は小正月だそうです。小正月までが松の内と言っていたそうですが 今は地域によって異なるようです。

小正月」は「女正月」とも呼んで、女性の骨休めの日でもあったそうですね。暮れから正月にかけて忙しく働いた主婦をせめて1日でも家事から解放してあげようとねぎらう意味があったようです。昨晩石切劔箭神社のとんど祭があり、小正月を迎える準備がありました。

[]石切劔箭神社のとんど祭 石切劔箭神社のとんど祭を含むブックマーク

1月14日 石切劔箭神社のとんど祭にでかけました。このとんど祭で松がとれるそうです。

「上之社御本殿から松明に受けられた御神火は、暗闇の中を行列をなした神職等によって本社まで運ばれ、 神火祭場の大釜に遷されます。」

午後7時半より神火祭場に運ばれた御神火は祝詞をあげたあと、巫女の舞とお神酒で清められた大釜に点火されました。

f:id:ikomanokaze:20090115132012j:image

f:id:ikomanokaze:20090115140739j:image

f:id:ikomanokaze:20090115140823j:image

f:id:ikomanokaze:20090115140915j:image

絵馬堂(桜門)の「天の羽羽矢」を持つ邇芸速日命像と「韴御霊ノ劔(ふつのみたまのつるぎ)」

f:id:ikomanokaze:20090115140955j:image

f:id:ikomanokaze:20090115141128j:image

「とんど祭」

というと、私の子供のときは田んぼで注連縄、門松、箸などお正月につかったものを燃やしました。スルメやお餅も焼いて食べました。書初めのときに書いたものを燃やすと字がうまくなるとも言われていました。

「とんど祭」をみると 井上靖の作品「しろばんば」を思い出します。

主人公が憧れている女の子の書初め「少年老いやすく学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず」を見て、主人公が衝撃を受ける場面が鮮烈でした。

現在の私は「少年老いやすく学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず」の言葉に胸を熱くしていた頃が遠い遠い昔話に感じます。

歌う カエル歌う カエル 2009/01/15 19:42 遅ればせながら・・おめでとう御座います。

良い お正月を 迎えられた事と 思います。
石切さん は とんど でしたか・・
寒い中 夜の神社の とんど・・さぞ 綺麗だった事でしょう。
 今の北朝鮮の「コッチョビ」と同じ生活の僕等 のチビ時代は 「バラック族」で、 祭りなど ほとんど無く、連夜 停電続きで
都市ガスも復旧せず・・煮炊きの燃料は タキギ
炭や 豆炭 煉炭で 暖を取りました。
そんな 時
使い切った炭俵を 集めて
長屋の路地で 焚き火をしました。
大阪のチビは とんど とは言わず
トント と言ってました。

勿論 朝方に トント を するので
闇に浮かぶ 炎の 綺麗な様子は 見ることは
出来ませんでした。

寒い中で 綺麗な物を見たのは・・
最近・と 言っても もう20年も前の
札幌雪祭りでした。

ま・去年は オリンピックの年で 僕は オリンピックの年には 何か異変が起きるので・
去年は8月まで 何とも無かったけど・
末には 入院の憂き目に会いました。

オリンピックの年は ビクビク です。
ま 最短 あと3年は まず 大丈夫でしょう。
去年年末に イタズラ電話や 無言電話があって
電話番号を変更しようか と 考えています。

とりあえず、「成りすまし」ヤフー? の メールを初め ほとんどの 会社のメールを拒否設定しました。
一度に 全ては ムツカシイので ぼちぼち です。

今年は 去年と違って ゼッタイ いい年に
と 願っています。
まだまだ 二月の節分が過ぎる迄 油断しない つもり ですが・・

今年も 元気で 色々 楽しませて下さい。
では 又・・

森 すえ森 すえ 2009/01/15 22:32 新年を迎えました。今年も暖かなお付き合いをよろしくおねがいいたします。
石切神社のとんど祭りってとっても迫力がありますね。昔ながらの伝統の御祭りには精錬さがあり、とても惹かれます。

たそがれたそがれ 2009/01/15 22:46  石切神社のドンドですか…勇壮ですね。
 女正月…こちらでは正月3ケ日は、一家の主が朝起き餅焼きしてます。
 ずっと以前からですからこれは戦前かな・・?

至誠至誠 2009/01/16 01:25 石切剣神社は由緒ある神社ですね。壮大なとんど祭り、今年の不景気風を吹っ飛ばしてくれそうですね。今年もよろしくお願い致します。

そよ風君そよ風君 2009/01/16 11:51 皆さんのブログにどんと焼きが、いくつか登場しています。「どんと」とあったり「とんど」とあったりするので、調べてみました。これ以外にも{どんど」焼きともいうそうで、寒い時期ですから、口が凍えて色んな風に聞こえるのではないかと、勝手に納得しました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/16 12:14 歌う カエルさん、今年もよろしくお願いします。

カエルさんは昨年は入院されたりで大変でしたね。
書き込みからだけでも いつ倒れられるか心配なときもありました。

カエルさんも書いておられるように「油断大敵」ですが このごろはお元気になられた様子嬉しく思います。

今年の11日に 15年まえにHPづくりでお知り合いになった方が亡くなられたお知らせがありました。
昨年の12月30日に亡くなられたということでした。

昨年夏にも HPの続きをやろうね、美味しいものを食べにいきまひょ!とかメールやブログへの書き込みがありました。
お会いしたときから歩くのに不自由なご様子でしたが 車椅子で移動されるときもありました。
それでも いつも明るくて 私を励ましてくださっていました。

お歳は82歳かと思いますが 知り合ったときから時が止まったままに感じています。
私と一緒につくったHPが残っていますので みてください。
http://www.oct.zaq.ne.jp/afabu500/

今年もいっしょにHPづくりやお食事会をしたいと思っていましたのに 寂しいですし残念です。
不思議な方でした。いつも前向き思考をされていました。会いたいなぁ〜・・・・と思います。

カエルさんは私よりお若いかもしれませんが、勝手に同じような年代と思い込んでいます。一緒に今年がいい年になるようにしたいと思っています。

今の年齢は 特別一日一日が貴重に感じます。
贅沢はいえません。今私のいる環境の中で 大切なものをみつけたいです。

カエルさんから たくさんの刺激をいただいて活力にしたいです。
今年も 仲良くしてくださいね。よろしくお願いします。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/16 12:24 森すえさん、今年もよろしくお願いします。

森すえさんのメルヘン童話に出会ったときの感動は今でも続いています。

清里の自然の美しさも富士山の美しさも 森すえさんを通じて再認識しました。
いつも綺麗な空気を運んでくださっているような気持ちになります。
ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/16 12:38 たそがれさん、 今年も映画、音楽、歴史、行事について「たそがれさんらしい解説」を聞かせてくださいね。

たそがれさんの音楽と映画の解説から 思い出したものは 映画の内容ではなく、それを聴いた時代の環境と私の気持ちでした。
たそがれさんの説明をきっかけに 私も昔の映画をみなおしました。曲に感動しました。
いつも楽しませていただいています。
今年もよろしくお願いします。

P.S. このごろは 我が家もたそがれさんちと同じく女正月の必要がなくなりました。ひょっとしたら男正月を新設しなくては?・・・・とひやひやしています。
でも 10年前までは 暮れとお正月は 男性陣がうらやましく思いました。おせち料理をつくりながら私も「紅白歌合戦」をみたいと思っていました。
時はうつり、時代は変わり・・・?ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/16 12:54 至誠さん、 今年もよろしくお願いします。

生駒の麓に移り住んで11年目ですが、石切神社のとんど祭は初めてです。

10年間 すぐ近くの丹波神社のとんど祭に出かけていました。
地域の人たちの手作りのとんど祭に感動したものでした。
今年初めて石切神社の伝統ある儀式に参加して 新たな発見がありました。
神社のこと 歴史のこと それを守ろうとする人たちの試みに触れた時間でした。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/16 13:10 そよ風さん、ことしもよろしくお願いします。

「とんど」「どんと」「どんど」といろんな呼び方をするのですね。寒いので訛ったというのは頷けますね。
私の田舎では「どんどさん」と呼んでいました。

話は変わりますが 昨年の忘年会でNHKの朝のドラマ「だんだん」の話題のときに 東北地方と出雲地方の訛り、いわゆる「ずうずう弁」の話になりました。松本清張の「砂の器」なども話題に出ました。
寒い地方にある訛りは寒くて口を開けないでしゃべることから発祥したということで納得・・・・

「とんど」もそれと同じことかもしれませんね。

山口ももり山口ももり 2009/01/16 18:28 どうやら、戦後の事をご存知の歌うカエルさん・・・その頃のこと思えば、ホ^ント、今が異常なんですよ。トンド・・・田んぼの中で大人がやっていましたよねえ。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/16 20:15 ももりさん、こんばんは!
とんどは私の田舎でも田んぼの中でしていました。
火を扱うのは大人でしたが 子供も参加できました。とんどが終ると正月気分がなくなり なんだか寂しいような気持ちにもなりました。

popaipopai 2009/01/16 22:09 懐かしいとんど(わたしの郷里では、どんど)ですね。
田舎の三叉路、竹を組み合わせて直径2m程の篭状のたき火。半紙に書いた習字や正月飾りがオレンジ色の炎に包まれ、灰が高く飛ぶ様は今でも鮮明に覚えています。
どんどで焼いて貰った黒こげお餅の味、懐かしいです。

かたちゃんかたちゃん 2009/01/17 10:56 ikoさん、今日は。
いよいよ2009年始動ですね。
今年もよろしくお願いします。
いつも記事にされる時は、言葉のいわれをきちんと
調べられて載せて下さるので、本当に勉強になります。
今年もikoさんから一杯の事を学びたいです。

ima-2ima-2 2009/01/17 11:23 こんにちは!
お正月も過ぎ、恵比須祭りも過ぎ、早や1月も後半に差しかかっています。
石切劔箭神社の「とんど祭」を拝見させていただきました。
夕闇〜 おごそかに、神事が営まれて参拝者の方たちも今年の健康悲願や心の神事をされている様子が
良く伝わりました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/18 13:03 popaiさん、こんにちは!
popaiさんの郷里といえば 奈良県ですよね。
といっても島根の出雲弁では「どんど」も「とんど」も同じように聞こえましたが・・・

焼いたお餅を竹つきさして食べたことを思い出します。
島根の出雲弁では

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/18 13:07 かたちゃん、こんにちは!
私が 冬眠している間に 驚くべき行動力ですね。
奈良県は勿論、大阪城、京都、琵琶湖一周までされたのですね。

かたちゃんのところで拝見しながら 一緒に旅をしているような気持ちでした。
今年も各地の様子を教えてくださいね。楽しみにしています。

ikomanokazeikomanokaze 2009/01/18 13:11 ima-2さん、こんにちは!
遅い 出足で やっと動き出しました。
SINさんのこともショックが大きくて 複雑な気持ちです。

昨日はお天気がよかったので 天野山金剛寺にでかけてきました。
今年もよろしくお願いします。