Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2009-10-22 季節の色をみつけました

ikomanokaze2009-10-22

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[] 空の色が清明(あきらか)になりました。  空の色が清明(あきらか)になりました。を含むブックマーク

秋は空の色が清明(あきらか)なことから秋と呼ぶようになったになったという説もあります。「秋の語源」のひとつです。明るく澄んだ空、あきらか(清明)であるということからそのように説なえる人もおられるのでしょう。

昨晩は、その澄んだ秋の夜空、和歌山県紀美野町で撮ったオリオン座流星群の写真をみました。今の季節だからこそ見ることができる色があると感じました。

つくばにいる孫たちに会いに出かけてきます。

しばらくブログをお休みします

帰りましたら またよろしくお願いします。

しばらく留守にしますので 今日一日植物の手入れをしました。まだ頑張っている花、もうこんなに色づいた実、動きの鈍くなった昆虫たちは最後の大仕事をしていました。

庭の花 ・ホトトギス

今 一番元気に咲いています。向こうに赤く見えるのは南天です。もう赤くなっています。

f:id:ikomanokaze:20091022183511j:image

f:id:ikomanokaze:20091022183723j:image

赤い実は南天千両ハナミズキの実

f:id:ikomanokaze:20091022183824j:image

f:id:ikomanokaze:20091022183858j:image

f:id:ikomanokaze:20091022183940j:image

知人にいただいたハイビスカスがまだ咲いています

長い間留守にして水遣りもしていなかったのに 私が帰るのを待っていたように今になって次々と咲きます

f:id:ikomanokaze:20091022184228j:image

フジバカマも元気です

f:id:ikomanokaze:20091022184254j:image

シュウカイドウはまだまだたくさん咲いています

f:id:ikomanokaze:20091022184314j:image

わずかに咲き残ったジュランタにアオスジアゲハがきています

f:id:ikomanokaze:20091022184626j:image

すっかり葉がなくなった山椒の枝にアゲハの幼虫

「私を見逃してください」懇願するようにみています(?)

f:id:ikomanokaze:20091022185040j:image

カマキリさんは今年はどこに卵を産み付けるのでしょうか?

「私を見ないで!」責めるような目でこちらを窺っています(?)

f:id:ikomanokaze:20091022185118j:image

秋は昼間と朝夕の寒暖の差が大きく 1日の色の変化が一番大きい季節かもしれません。

秋の物悲しさはそこからきているように思います。

新古今和歌集の「三夕(さんせき)の歌」

どの歌が一番心に響くでしょう! 秋が深まるにつれ この歌の風景が見えてくるでしょうね。

寂しさはその色としもなかりけり 槇(まき)立つ山の秋の夕暮れ(寂蓮)

心なき身にも哀れは知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ(西行

見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋(とまや)の秋の夕暮れ(藤原定家

ima-2ima-2 2009/10/22 20:35 こんばんは!
庭の花達を見せていただきました。

ホトトギス.紫色の斑点模様の綺麗な花ですね。
ハナミズキもこんなに赤い美しい実を付ける事を初めて知りました。
虫たちも迫る冬に向けてガンバッテ生きている様に思います。
アゲハの幼虫も見かけによらず可愛く写っています。
かまきりも首をかしげて何事か???様子を見ている姿は、とても愛嬌良しに思えます。
可愛い孫さんの所へ行かれるのですか?
 \(@^〇^@)/☆
孫さんも「おばあちゃん」の来るのを楽しみにして
居られることと思います。
それでは気をつけて行ってください。
   (○´_●`)ノシ イテラ-♪

森 すえ森 すえ 2009/10/22 21:41 清明な花や実のお写真をみせていただき、ありがとうございます。私は西行の歌が心に残りました。季節の良い季節です〜筑波も紅葉して美しいことでしょう。又お写真を楽しみにしております。

micomico 2009/10/23 06:55 お庭も秋たけなわですね。
虫たちの健気な姿に愛しさを感じました。
お気をつけて行ってらっしゃい。

山口ももり山口ももり 2009/10/23 08:25 聞き覚えがあるお歌3種。新古今和歌集なのですか。此の歌集は、どの時代なのでしょう。西行は、新平家物語に出てたなあ・・・程度のことしか知らなくてすみません。

かたちゃんかたちゃん 2009/10/23 12:20 ikoさん、今日は。
お庭には、一杯のお花が咲いていて、素晴らしいですね。木の実も可愛く色付いていますね。
そして、虫たちもikoさんのお庭では居心地が良さそうですね。
つくばのお孫さん達とお会いになるんですね。楽しみですね。どうぞ、お気を付けて行ってらっしゃいませ。

wmkishi(彦左)wmkishi(彦左) 2009/10/23 16:16 生駒の風さん、今日のブログは身近な秋を入れてますね。立派なホトトギスを庭に咲かせていていいですね。アゲハチョウの幼虫もまだ居ますか、内ではよくキンカンの木に生まれるのですが今年は見ませんでした。

そよ風君そよ風君 2009/10/24 14:55 どんどん成長するお孫さんを見るのは楽しみでしょう。気をつけていってらっしゃい。

たそがれたそがれ 2009/10/24 21:12  夏も今はなくて秋の寂しさが身に沁みそうなカマキリ君…寂しそうです。
 涼しさにもかかわらずハイビスカスが頑張っていますね。真っ赤な色が印象的です。
 気をつけてお出かけ下さい。

至誠至誠 2009/10/24 23:39 お孫さん、お楽しみですね。
私は西行の歌が好きです。僧籍の侘びを感じます。

松風松風 2009/10/26 22:15 こんばんわ
ホトトギスって
目立ちはあまりしないのに
なんとも優雅な花なんですよね。
咲く場所で風情もあって好きです。

桃源児桃源児 2009/10/27 12:23 お孫さんに会いに行かれるのですね。楽しい時をお過ごし下さい。
花も虫も多くて、自然を感じることが出来て、いいですね。

ミー太郎ミー太郎 2009/10/27 12:59 深まりゆく秋ですね。画像で堪能させて頂きました。今頃はまだつくばでしょうか?
お孫さん達とゆっくり楽しんで下さいネ。
お帰りをお待ちしております。^^

花咲か爺花咲か爺 2009/10/31 16:58 綺麗なホトトギス、秋を感じて真っ赤なハイビスカスに青虫にカマキリ、皆今の時期を生きているのですね。
どの写真も綺麗ですね。

湖のほとりから・・・湖のほとりから・・・ 2009/11/03 11:07 こんにちは。
秋の三夕、高校の古典の時間に暗誦しました。試験に出すぞ!という先生の言葉に必死になって覚えました。今読み返すと、とても意味深いものがそれぞれの歌にありますね。今では余裕を持ってこの歌に接することができます。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/05 22:58 ima-2さん、こんばんは!
昨日帰ってきました。
孫たちとたくさん遊んできました。
夏休みからそんなに経っていないのに さらに成長したように感じました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 17:11 森すえさん、こんばんは!

森すえさんは「西行」の秋がお好きですか?私は 特にどうてことないのですが、「寂蓮」の秋の歌がつい口に出てきます。

つくばの秋は黄色い銀杏を楽しみにしていましたが まだ少し早かったようです。
森すえさんのところで拝見した ひたち海浜公園のコキアを是非みたいとでかけました。
このコキアの紅葉には少し遅かったようです。
銀杏には早く、コキアには遅く、一番美しいときに出かけるのは難しいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 17:14 micoさん、こんばんは!
長く家を空けていますと 庭の花たちも変化していました。
ご近所さんに水遣りを頼んで出かけましたので元気に迎えてくれて嬉しかったです。植物は出かけるときに困りますね。
勝手な言い分ですが、いつも悩みの種です。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 17:27 山口ももりさん、こんばんは!
「新古今和歌集の三夕の歌」と言っても 私もよく理解していません。
それでも学校で何度か暗誦させられたことと、なんとなく歌の雰囲気を教わった記憶があります。
秋の夕暮れのなかで つい口から出てくるときがあります。
「論語読みの論語知らず」ですが それなりに自分なりの解釈をしています。
鎌倉時代だったでしょうか? すみません。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 17:33 かたちゃん、こんばんは!
かたちゃんのところもお花が増えましたね。あれよあれよという間にどんどん増えていった感じですね。
もともとお花が好きで お花の写真をたくさん撮ってこられていますから お花が増えるのも当たり前といえばそうですよね。

わたしは つくばでも娘の花壇の整理と庭木の剪定をしてきました。もともと私が選んで植えたものですので愛着がありますが 年齢でしょうか 年々身体が思うように動いてくれなくなっています。

孫たちの方が私たちをいたわってくれる年齢になりつつあります。でも楽しかったです。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 17:41 wmkishi(彦左)さん、こんばんは!
彦左さんところは金柑にアオムシですか?
金柑やからたちの木にもアゲハチョウの幼虫がいますね。
私のところはいつも数え切れにほど次から次にたくさんの幼虫がいます。小さくて黒いときに採らないと 気がつくと葉がなくなっています。
枯れない程度に幼虫を住まわせています(?)が、虫が嫌いな人にはたまらない光景でしょうね。
カブトムシの幼虫みたいな「根きりムシ」が木の周りの土の中にいるのは 私もこまっています。これは殺虫剤をまくしかないでしょうね。土を掘り返して何十匹もとったことがあります。

娘のところでも花壇や庭木の整理をしてきました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 17:47 そよ風さん、こんばんは!
幼子の成長は早いですね。今年の夏休みに会ったというのに 2ヶ月でさらに成長しているのに驚きました。
優しい色使いで絵を描くのですが その絵をおみやげにもらいました。
からすうりを箱一杯とって それもお土産です。
毎年カラスウリでリースをつくっています。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 17:50 たそがれさん、こんばんは!
秋の虫は 夏の虫とちがって寂しそうですね。
それは私たちの勝手な感情移入でしょうね。
気候からくるものなのでしょうか?
夏の虫は寂しそう・・・なんて思わないのに変ですね。
孫たちとたくさん遊んできました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 18:00 至誠さん、こんばんは!
至誠さんは西行の歌が心に響くのですね。
私は寂蓮の歌です。
何故か秋が深まると この歌の情景が浮かんできます。

孫たちとたくさん遊んできました。孫たちと遊ぶと笑ったり声を出したりで知らずと賑やかな自分を感じます。
ひょっとしたら 若返りの薬かもしれませんね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 18:02 松風さん、こんばんは!
松風さんはホトトギスをいろんな角度から撮っておられますね。
お花が好きで お花を美人に撮られるのがお上手で 私も学ばせてもらっています。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 18:52 桃源児さん、こんばんは!
孫たちとたくさん遊んできました。
長いこと留守にしていると ボーッとして現実感に乏しく浦島さんの気分です。

することは たくさん溜まっていますが、はてさて、何から手をつけたらよいのか?
気持ちの入れ替えにも時間がかかるようになりました。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 18:55 ミー太郎さん、こんばんは!
長いことつくばにいて やっと帰ってきました。まだ頭がボーッとしています。

いろいろ片付け物を整理しながら現実感を取り戻しつつあります。
こんなところにも加齢を感じます。
加齢ではなく華麗だといいなぁ〜と思いました(笑)

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 19:00 花咲か爺 さん、こんばんは!

長いこと留守にしていまして お返事が遅くなりました。
留守にしている間に ホトトギスの花もほとんど終っていました。
スモークツリーの大きな葉が美しく色づいていました。
今日はいいお天気でしたので 草花の手入れをして 今年の春取り出した球根を植えました。庭は今から来年の春の準備ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2009/11/06 19:04 湖のほとりさん、こんばんは!

ほとりさんのおっしゃるとおりですね。試験に備えて必死に覚えたものが 今になってしみじみ味わう余裕がなんとも不思議です。

「論語読みの論語知らず」でもいいですね。唱えているうちに なんとなく理解できるようになるものですね。