Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2011-04-23 明日香は菜の花と菊桃の花が鮮やかです

ikomanokaze2011-04-23

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2011 | 01 | 02 | 03 | 04 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[] 明日香村は桜が散ったあとも菜の花がきれいでした。  明日香村は桜が散ったあとも菜の花がきれいでした。を含むブックマーク

4月22日(金)は朝からどんよりとした曇り空、お昼頃には雨が降るという予報です。

遠出をやめて 久しぶりに明日香へ出かけてみることにしました。レンゲが咲いている頃です。新緑もきれいでしょう。

最初は石舞台です。桜が散ったあとの石舞台周辺はほとんど訪れる人もなく、静かで気持ちの良い風が吹いていました。

桜が散ったあとも菜の花が新緑を引き立てるように輝いていました。

葉桜の下の石舞台

f:id:ikomanokaze:20110423215032j:image

石舞台周辺の菜の花畑

f:id:ikomanokaze:20110423215327j:image

f:id:ikomanokaze:20110423215418j:image

稲渕の棚田にも菜の花が咲いて・・・

f:id:ikomanokaze:20110423215728j:image

稲渕の川原にはカラシ

f:id:ikomanokaze:20110423220140j:image

稲渕に着くと少し雨が強くなりました。いつもの出店で朝堀のタケノコをセリとワサビ菜を買いました。

帰宅してすぐにタケノコをゆでてあく抜きしました。お店で買うものと比べるとアクがなくて柔らかくて美味しかったです。

[] 甘樫の丘の東側、飛鳥川沿いの菊桃の花  甘樫の丘の東側、飛鳥川沿いの菊桃の花を含むブックマーク

江戸時代からあるモモの品種ですが、花が菊の花に似ていることから菊桃と名付けられたそうです。濃い赤と桃色が遠くからでもよく目立ちます。

f:id:ikomanokaze:20110423221751j:image

f:id:ikomanokaze:20110423225907j:image

f:id:ikomanokaze:20110423221926j:image

f:id:ikomanokaze:20110423222025j:image

甘樫の丘の周辺も菜の花畑が広がっていました

f:id:ikomanokaze:20110423222905j:image

石舞台の横で咲く菊桃

f:id:ikomanokaze:20110423223039j:image

時折雨が降るものの、雨脚も強くなく、新緑の季節を迎え気持ちの良い一日でした。

桜が散ったあとの明日香は祭りの後のような静けさを取り戻し、ゆったりのびやかな雰囲気でした。

出店と道の駅で新鮮な野菜と花を買い求め、満ち足りた一日を過ごしました。

歌う カエル歌う カエル 2011/04/24 03:23 今晩わ・!!
菊桃 と言うのですか・!! すごい 赤さ ですね

まるで ナナカマド みたい・・ この 鮮烈な 色ならば
正に 遠景の パノラマ風が 似合い ますね

盆地の奈良 甘樫の丘 付近も もう 暖かい 筈でしが・
ま 普通の人に とっては・・
僕は 未だ チョット・イマイチ
空模様も もう・ひとつ パッ と せん し・・

ま その 内 いくら 遅くても もう チョット したら
・・と 爬虫類みたいに 陽光待ち です

micomico 2011/04/24 06:20 おはようございます。
菊桃と菜の花が鮮やかですね、
この川筋を良く通りますが花がない時期ばかりで
何の木かなと思っていました、
菊桃だったんですね。
菜の花が満開の稲渕の棚田に訪れてみたくなりました。

たそがれたそがれ 2011/04/24 06:50  飛鳥の里にも陽春が…石舞台のそばの
 菜の花や桃の花が綺麗ですね。 
 川沿いののどかな牧歌的な風景に心が安らぎます。
 千数百年の歳月が生き返って欲しいですね。

ガマさんガマさん 2011/04/24 09:00 おはようございます
私もこの時期になると、花を求めて動き回っています
ここ2〜3年は静かな奈良が気に入って行っています
法隆寺の周りを散策して、法輪寺まで歩いてレンゲ畑を探しています
石舞台付近も良いですねー
ゴールデンウイークは、人ごみを避けてレンゲを求めて明日香を散策してみます。

ima-2ima-2 2011/04/24 11:00 お早うございます!
今年も春の棚田を満喫されましたね。
棚田に咲く菜の花はとても奇麗ですね。
僕もここの景色はとても気に入っています。
もうすぐゴールデンウイーク「筑波」の孫さんも来られるでしょうね。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/24 11:22 歌う カエルさん、おはようございます!
菊桃の赤は強烈ですね。そこだけ燃えているようで「なんだろう?」って目にとまります。
名前の通り「桃」ですが 花弁が菊のようで、桃の花とはずいぶん違う感じです。

出かけた日は、時折雨が降るものの 五月のような爽やかさを感じました。
こんなに人がいない明日香は あまりないことですので とてものんびりできました。
道の横で売っておられる野菜は新鮮で安くて、これを買い求めるのも目的のひとつです。
道の駅もよく利用しています。

昨日はよく降りましたね。昨日のような降り方ですと私も出かけるのを避けますが、今日はどうでしょう?風がありますね。
今年は 季節の進み方も遠慮がちですね。
カエルさんの待ち望んでおられる 陽光を私も待ちのぞんでいます。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/24 11:27 micoさん、おはようございます!
飛鳥川はmicoさんの散策コースのひとつですよね。
飛鳥川の菊桃の赤がひときわ目立っていました。他にも菊桃は咲いていましたが、ここほど目立たなくて、微妙な色の違いでしょうね。

稲渕に着いたら 雨が降り出してきましたので、入り口だけで帰りました。
稲淵のれんげ畑をみたかったのですが・・・
飛鳥寺周辺のれんげはどうしたのでしょうね。見られませんでした。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/24 11:33 たそがれさん、おはようございます!
たそがれさんは大阪を訪問されたのですね。
大阪駅とその周辺はかなり変わりましたでしょう。
たそがれさんが訪れられたときは 大阪も寂しそうだったとか・・・

私も 大阪南のアメリカ村に何度かでかけましたが、人出は多いのになんとなく大人しくて いつもの活気が感じられませんでした。
大阪駅も新しくなったことですから 活気が戻るといいですね。

でも、勝手ながら静かな明日香は気持ちがよかったですよ。
しみじみと古を散策している気分に浸れました。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/24 11:37 ガマさん、おはようございます!
ガマさんは法隆寺におでかけになったのですね。
私もれんげ畑を見ようと飛鳥寺周辺を散策しました。
ところが例年ですと 飛鳥寺周辺はピンクの絨毯を敷きつめたようにれんげが咲いているのですが、今年はどうしたのでしょうね。
何度かぐるぐる廻って見たものの、いつもの景色に出会えませんでした。
ガマさんは 素敵な風景を見つけられたら教えてくださいね。

エフ・エムエフ・エム 2011/04/24 11:43 明日香村は何回か訪れたことがあります。
蘇我氏の邸宅があったという甘橿丘から明日香村を見下ろし、
古代史のロマンを思い浮かべたりしました。
今は桃や菜の花が咲いて、のびやかな風景ですね。
また訪れてみたい場所の一つです。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/24 11:46 ima-2さん、おはようございます!
ima-2さんも何度か訪れられたところですよね。
稲渕でバタリと出会いましたよね。
今回は稲渕に着いたら雨が降り出しましたので、入り口だけで引き返しました。
一日中、小雨が降ったりやんだりのお天気でしたが とても気持ちよく歩けました。
明日香だけでなく 藤原京周辺も 途中の川岸も 今菜の花が咲き乱れていますね。
桜は散っても菜の花は残ったということなのでしょうか?
新緑と菜の花の黄色がきれいでした。

5月の連休につくばの孫たちが来てほしいのですが 孫たちは早くから予定しているところがあるようです。 孫たちも大きくなるといろんな行事でなかなか大阪まで来られない様子。
私たちが押しかけることにしようかと?・・でも孫たちが留守のところでは・・・ネ。

桃源児桃源児 2011/04/24 22:33 花に囲まれた石舞台、いい写真ですね。
明日香、一度、行ってみたいと思いつつ、まだ果たせていません。
自然と遺跡を堪能できる所のようですね。

のらしろのらしろ 2011/04/25 10:25 なのは〜〜なばたけには>>>本当の日本の春を感じさせてくる油菜科は心を和ませてくれる穏やかな気持ちになりますね。
大和路の川沿いには色とりどりの自然のキャンバスが見え隠れそぞろ歩きが出来て幸せでしたね。
足元が不安な小生は羨ましく感じる次第です、生駒さんのブログでほんわかさせて頂いております。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/25 10:28 エフ・エムさん、おはようございます!
明日香村には何度も訪れられたそうですね。
私も甘樫の丘からの眺めが好きです。
飛鳥寺、畝傍山、二上山、葛城山もみえますね。
ここからの大和三山の香久山、耳成山もいいですね。古代大和の風景が楽しめる場所ですね。
桜が咲くころと紅葉の美しい秋は 明日香村は見学者でいっぱいですが、桜が散った今は見学者の端境期(?)なのでしょうね。
静かでしたので、私も古代の風景を思いめぐらしながらゆったり過ごしました。

エフ・エムさんに教わった「シロイヌナズナ」をみつけました。そして、シロツメクサの葉の模様の違いを観察できました。新しい目で観察すると 新たな楽しさがありますね。
いつもありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/25 10:50 桃源児さん、おはようございます!

私は大阪側から竹内トンネルを潜り抜けるとすぐ、大和三山が目の前に浮かぶ景色に出会うと いつも胸がキュンとなります。
私のように古代史に疎いものでもそうですから、古代史に関心がある方はどんな気持ちになられるのだろうかと思ってしまいます。

そして、畝傍山の横を通って 東へ走る路地に入ると景色が一変して 古代の道へつながるような気分になります。
何度、訪れても気持ちが高なります。
桃源児さんの好きな奈良は唐招提寺と柳生の里でしょうか?
奈良は いろんな景色が歴史と重なりますね。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/25 11:24 のらしろさん、おはようございます!
ほんとうに「菜の花ばたけ〜に〜♪」の景色でした。私はいつも菜の花は桜より早い時期にみてきていましたから 少し不思議な気もしました。
このごろ菜の花を植えるところが増えましたね。河原も、土手も道端も田んぼの畦まで菜の花で埋まる景色には少し驚きました。

偶然、藤原京跡まえの醍醐池の横の菜の花畑を見つけた時にも驚きました。
誰もいない黄色の畑は圧巻でした。
のらしろさんが朝の散策を楽しんでおられる様子を拝見して嬉しく思います。

森 すえ森 すえ 2011/04/25 11:39 出店などで地元の特産を買うのが私も好きですが、
新鮮で柔らかく甘みのあるお野菜がおおいですね。
深緑に生える菜の花、菊桃の美しい風景のお写真に心が和みました。

ミー太郎ミー太郎 2011/04/25 15:05 目が覚めるような鮮やかなピンク、見事な色ですね。
やはり桜咲く春は良いですね。私も週末は桜を堪能してきましたが、
ずっと余震漬けだった事もあり、物凄く良い気分転換になりました。^^
このままずっと静かになって欲しい大地です。
奈良・明日香村は確か高校の修学旅行で行きましたが、当時は
何も考えず食べる事ばかりで景色を全然覚えてません。^^;
勿体ない事をしました。。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/25 22:11 森すえさん、こんばんは!
菊桃の鮮やかな色は よく目立ちますね。
桜の散ったあとの明日香の里を思い切り華やかにしていました。
森すえさんはよく旅にでられますね。いろんな特産物をみられるのでしょうね。
旅の地で新鮮なものに出会うと嬉しいですね。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/25 22:21 ミー太郎さん、こんばんは!
ミー太郎さんのところも余震が続いていてたいへんでしょうね。
私の娘一家はつくばにいますが、やはり余震が多くて落ち着かない日々のようです。
私も 娘や孫たちと地震や福島原発のことを毎日話していますので 一緒になって落ち着かない気持ちになっています。
私が思い悩んでも 少しも役には立たないのですが気になります。

ミー太郎さんが今度の災害でとても心を痛めておられることがよく伝わってきます。
私は これ以上ひどくならないようにと祈るばかりです。

ミー太郎さんは修学旅行で奈良を訪問されたのですね。
今 また奈良を訪問されたら きっと新鮮ですよ。
奈良は 日本の故郷を感じるところがたくさんあります。語り継がれてきた物語と重なるところが楽しいですよ。

bettybetty 2011/04/26 06:47 おはよう^^
菜の花が爽やかに広がっていますね。
桜の後の穏やかさでしょうか。
それと”菊桃”の赤の鮮烈な事!
私もミー太郎さんと同じく奈良には修学旅行で行きました。
鹿さんと写真を撮った気がします。
懐かしいですねw
               betty^^♪

庭花庭花 2011/04/26 21:52 のどかな風景に真紅の菊桃が一際目立ちますね。
美しい明日香の風景に気持ちが和らぎます。
ほっと一息つける夢のような光景です。
このような場所を歩いて、私も春の一日を過ごしてみたくなりました。

至誠至誠 2011/04/27 22:24 菊桃、鮮やかな朱色ですね。
甘樫の丘は何度か訪れましたが、古代の雰囲気が感じられる風情、
ゆったりとした気分にひたれます。
筍は旬の食材ですね、我が家では晩餐にタケノコステーキを味わいました。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/28 00:57 bettyさん、こんばんは!
bettyさんも修学旅行で奈良に。・・・という私も修学旅行で奈良、京都へ。
そして、あまり覚えていませんでした。
奈良の近くに住むようになって やっと奈良のことが少しだけわかってきました。
奈良公園は鹿さんの多いことと 人に慣れているのに驚きますね。でもあまり人とのトラブルがないこともすばらしいですね。
この時期ちょうど人が少ない時で、ゆったり過ごすことができます。
5月の連休は またたくさんの人でしょうね。藤と牡丹の花を見る人たちも多いことでしょう。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/28 01:00 庭花さん、こんばんは!
観光客がほとんどいない明日香の里はめずらしいです。
のどかな里を独り占めしたような 贅沢な時間でした。
曇り空でしたが 風が気持ちよくて いつまでも歩いていたいと思うほどでした。

ikomanokazeikomanokaze 2011/04/28 01:05 至誠さん、こんばんは!
甘樫の丘から見る明日香の里風景はいいですね。
石に腰をおろして眺めていると タイムスリップして古の空間を味わっている気分になりました。

明日香の里で買ったタケノコは柔らかくて美味しかったです。
至誠さんは ご自分で掘られた 掘りたてのタケノコですから言うことないでしょうね。
タケノコは掘りたてが一番ですよね。
今日の晩餐はタケノコステーキでしたか?
いいですね〜!