Hatena::ブログ(Diary)

ikomanokazeの日記 RSSフィード

2014-04-15 吉野山の一目千本の山桜

ikomanokaze2014-04-15

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2014 | 01 | 02 | 03 | 04 |

HOME 生駒の麓へようこそ >へどうぞ!

大きい画像のページ  生駒の麓から 

私のふるさと島根県の安来市のHPリンクさせていただくことになりました。

ここに載っています

[] 一目千本の桜に浮かぶ金峯山寺の景色  一目千本の桜に浮かぶ金峯山寺の景色を含むブックマーク

 4月に入ると里の桜(ソメイヨシノ)は満開になって、あれよあれよという間に散っていきました。4月10日に出かけた大阪万博公園でも桜は散っていました。里桜が散り始める頃になると、山桜が次々と満開になります。

 山桜といえば「吉野山の桜」です。下千本、中千本、上千本、奥千本と山の上に桜の開花が進んでいきます。10日には中千本が満開になったと聞きました。そろそろ出掛けようかと思っているうちに、中千本の桜は散り始めて上千本、奥千本の桜の見頃になっていました。

 15日、上千本の桜をみようと出かけることにしました。

  4月8日の明日香の桜 

http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20140408

を見に出かけたコースと同じです。吉野川に突き当たって吉野川に沿っていけば吉野山が見えてきます吉野川を渡ると吉野杉の材木所があり杉林をくねくね上ると千本の中心如意輪寺の駐車場です。想像どおり桜はかなり散って道をピンクに染めています。

 千本の桜、櫻本坊、竹林院の桜もすっかり散っていました。せめて上から金峯山寺を眺めようと奥山めざして歩きました。

 私たちが着いた時にはあまり人出がなかったので、桜が散ったことをみなさんよくご存じと感心したのですが、ところが驚くことに9時を過ぎて10時ごろになると 狭い道が人でいっぱいになりました。あれよあれよという間にどこの駐車場も満車になり、たくさんの観光バスが並んでいました。

  

庶民が桜をめでるようになったのは江戸時代からだそうですが、桜が蔵王権現の神木であるとされたことによって、吉野山の桜は平安時代から大切に育てられ、どんどん増えていったと言われています。

桜の種類は大変多いですが、大きく分けて里桜と山桜に分けられます。里桜の代表がソメイヨシノで、山桜の代表が吉野山に多いシロヤマザクラとオオシマサクラです。

ヤマザクラの見た目はソメイヨシノとほぼ同じですが、開花と同時に葉が出るのが特徴です。また、一斉に咲くソメイヨシノと違ってヤマザクラは開花時期に個体差があるため一気に散るということがなく、花の時期は長いようです。

華やかさは少し褪せていますが、それでもさすが金峯山寺を中心に一目千本山桜です。

f:id:ikomanokaze:20140423171326j:image

f:id:ikomanokaze:20140423171128j:image

f:id:ikomanokaze:20140423171720j:image

f:id:ikomanokaze:20140423171737j:image

f:id:ikomanokaze:20140423172021j:image

f:id:ikomanokaze:20140423172051j:image

f:id:ikomanokaze:20140423172119j:image

f:id:ikomanokaze:20140423172144j:image

櫻本坊に咲き残っていた枝垂れ桜

f:id:ikomanokaze:20140423174904j:image

櫻本坊の樹齢350年の銀木犀

f:id:ikomanokaze:20140423175017j:image

聖徳太子創建と伝えられる竹林院の庭は大和三庭園ひとつです

f:id:ikomanokaze:20140423175202j:image

格調高い宿坊

f:id:ikomanokaze:20140423175304j:image

至誠至誠 2014/04/23 21:34 吉野の一目千本の山桜、下から上そして奥へと長く楽しめるようですね。
親鸞の「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」の桜は山桜ですね。
ソメイヨシノはそれより遙か後に出現したのでしょうから。

吾亦紅なまえ吾亦紅なまえ 2014/04/23 23:30 こんばんは〜〜
圧巻ですね〜〜
一目千本とはよく言ったものですね
吉野には2度ほど行きましたが、全体を
これだけ見えるポイントは解りませんでした

生駒の風さんの解説も丁寧に良くわかり
金峰山寺まで歩いた事を思い起こします

桜前線も今は東北あたりでしょうか?・・・
桜の頃は日本全体が、桜を愛でる好い習慣
ですよね〜〜

各地の名所の桜もブログで紹介して
貰い本当に居ながらにしてお花見が
出来ますありがとうでした〜〜

フクジイフクジイ 2014/04/24 08:56 ikomanokazeさん
おはようございます
さすが! としか言いようがないですね
下千本,中千本,上千本,奥千本,山の上と何度も楽しめるのですね
一度は行きたいと思っていながら、もうこの年になって、夢は実現しそうにないです
江戸時代から植え継がれてきたから、相当の数なのでしょうね

ポージィポージィ 2014/04/24 11:12 こんにちは
「一目千本」と呼ばれているのが納得できる素晴らしい景観ですね。
山桜は花と葉がほぼ同じ時期に出てくるので、山が柔らかく染まりますね。
山桜のほんわりとした色と、木々の新芽の柔らかな緑とに染まった
春山の色彩は大好きです。似た雰囲気の春山を初めて目にしたときの感動は
いまもはっきりと胸に残って、また見られることに憧れ続けています。
吉野山のこの素適な様子を見せていただき感謝しています。

korutekorute 2014/04/26 08:29 吉野山の一目千本の山桜素晴らしいですね

きれいに手入れされた公園の桜もいいですが
山の中に点々と咲く素朴な山桜も素敵ですね
山の青さと新緑の緑それにピンクの桜の花
まさに絶景です
素晴らしい景色を見せていただきありがとうございました

エフ・エムエフ・エム 2014/04/26 10:25 桜の名所といえば、第一に挙げられるのはやっぱり吉野ですね。シロヤマザクラは薄いピンク一色のソメイヨシノとは違って、薄いピンクから白までの色があって、また美しい葉が同時に出るので、落ち着いた感じがします。
残念ながら吉野に行ったことがなく、その見事さは、ブログの写真を拝見しつつ想像しています。
ピンクの濃いオオヤマザクラもありますか。

ikomanokazeikomanokaze 2014/04/27 16:33 至誠さん、こんにちは!
桜が鑑賞されるようになったのは平安時代以降と聞きました。
それまでは「花」と言えば、梅の花だったようですね。
しかも庶民が桜を愛でるようになったのは江戸時代以降だそうです。

私たちが今「桜」として一番愛でているのは「ソメイヨシノ」ですが、そのソメイヨシノは江戸時代の終わりごろから明治になってうまれたとありました。
山桜と違って、一斉に咲き、一斉に散る華やかさと儚さを持ち合わせているところが日本人の美意識にマッチしたのでしょうね。
日本人にとって桜は特別な花ですね。

ikomanokazeikomanokaze 2014/04/27 16:41 吾亦紅さん、こんにちは!
吉野山に2度ほど行かれたのですね。
桜の頃の吉野山は人が多くてじっくり写真を撮ることもできないほどですね。
私は 奥千本を残してほとんど散り始めている頃に出かけたにも関わらず、人の行列が続きました。
もっと早い時期にきていたら もっと柔らかくて明るい桜の山を見られたのでしょうね。
山桜はソメイヨシノと違って葉も一緒に出ますので独特な色合いになりますね。
その色合いを好む人も多いと聞きます。

遠くから桜に浮かぶ金峯山寺をみると やはりいいものですね。
ゆっくり眺めてきました。
ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2014/04/27 16:57 フクジイさん、こんにちは!
吉野山の桜木の数はたいへんなものでしょうね。
3万本の桜が植えられていると聞きましたが、毎年植え続けているそうです。
駐車料金には 桜の植林のための1000円が含まれていますので、1500円です。
山桜は花の咲く期間が長いうえに、下から順に咲いていくので 吉野山のお花見期間は長いです。
太陽が昇ると朝霞の中から浮かんでくるような景色は 空中庭園みたいでした。
ありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2014/04/27 17:08 ポージィさん、こんにちは!
ソメイヨシノの華やかさと違って 渋みがある山桜ですね。
一目千本とはよく言ったものですね。
山を歩いているとき、ときどき見晴らしがいい場所があります。
歩いている人たちから 歓声があがります。
そして次のビューポイントへと移動していくのが吉野山のお花見のようです。
今回は時期が遅かったので、金峯山寺を取り囲むように咲く桜を上から見ることだけが目的でした。
しばらく眺めてお弁当を食べて ひっきりなしにのぼってくる人とすれ違いながら山からおりました。
賑やかなお花見より ひっそりとしたお花見が好きなので いつも人の流れと逆行しているようなところがあります。
山桜は 早朝に靄の中から浮かんでくる時が一番美しい気がしています。
いつもありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2014/04/27 17:15 koruteさん、こんにちは!
白い冠雪の山々を背景に咲く、信州の薄桃色の桜風景は心に沁みますね。
それとは違った色ですが、吉野の山桜も渋い色なのに華やかで心に響きます。
桜はそれぞれの咲く場所によって 雰囲気も美しさも色までも変わりますね。

桜の季節は終わりましたが、桜の風景と色が今でも心に残っています。
koruteさんの桜風景も楽しませていただきました。
いつもありがとうございます。

ikomanokazeikomanokaze 2014/04/27 17:28 エフ・エムさん、こんにちは!
吉野山は桜の種類が多いです。
オオヤマザクラ・カスミザクラなどピンクが濃いものや オオシマザクラ・サトザクラのように白っぽい桜もあります。ヒガンサクラや枝垂れ桜もあります。
咲く時期も一斉に咲くのではないですので、微妙なグラデーションが魅力です。
今年は出かけるのが遅かったので 枝垂れ桜やヒガンサクラは散っていましたが 如意輪寺、竹林寺、櫻本坊の枝垂れ桜は大きくて見ごたえあります。

中山尚徳中山尚徳 2014/04/28 17:11 はじめまして。大阪在住の中山尚徳と申します。
広告関係の仕事をしておりまして、大阪の夕日の画像をお借りすることはできますでしょうか?
出来れば大きなデータのままメールでいただければありがたいのですが…ご検討ください。
zingi1983@yahoo.co.jp

野花野花 2014/05/06 01:23 奈良に住んでいた時には奈良をはじめ、京都のお寺に桜を見に行ったことを思い出しますが、、、、
残念ながら。吉野の桜、、、あんなに有名なのに見たことがなくて、、、
生駒さんの写真を見て、、、なんてもったいないことしたんだろう〜って後悔するばかりです。

遠くから全体を見ると。。。山全体がピンクで、、、、
素晴らしいです。
桜しか植わってない山なのかしら〜と思ってしまうほどです。

また出かけていきたいなあ〜
素晴らしい景色の写真をありがとうございます〜

渡邉祥子渡邉祥子 2014/07/03 10:55 突然のご連絡で失礼いたします。私は大阪の放送局で報道番組を制作しています渡邉と申します。
この度、こちらのホームページを拝見させていただき、【http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20140201/p1】に掲載の20年前のタラヨウの葉書の写真を私どもが制作している番組内で使用させていただきたくご連絡させていただきました。

大変恐縮なのですがお返事いただけると幸いでございます。
何卒よろしくお願い致します。

ikomanokazeikomanokaze 2014/07/03 21:03 中山尚徳さん、お返事が随分遅れて申し訳ございません。
大阪の夕日の写真ですが、mailさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

ikomanokazeikomanokaze 2014/07/03 21:16 野花さん、こんばんは!
お返事が遅れて申し訳ありません。
2か月もたってしまいました。
吉野山の山桜を見た後、菜の花が咲いて、藤の花が咲いて、薔薇が咲いて、笹百合が咲き、花菖蒲が咲き、紫陽花が咲き、今は蓮が咲き始めています。

花を追っ掛けて、花の写真を撮ってきましたが、ブログに載せることができないできました。
なんとか これらかは 続けられるようにしますので、許してくださいね。

ikomanokazeikomanokaze 2014/07/03 21:19 渡邉祥子さん、こんばんは!
私の記事を目にとめていただき嬉しいです。
大阪の放送局で「20年前のタラヨウの葉書」をとり上げてくださるとのこと楽しみです。
放映される日時を教えていただけたら嬉しいです。