Hatena::ブログ(Diary)

ilyaの日記 RSSフィード

2018-05-08

名探偵薄井明とアーヴィング・ゴフマンの謎

20:18 |

  1. 薄井 明「ゴフマン社会学の脱皮の跡 :彼の修士論文(1949)に関する一考察」(2011)|北海道医療大学学術リポジトリ http://id.nii.ac.jp/1145/00006340/
  2. 薄井 明「社会階級論の磁場の中のゴフマン社会学 :彼の最初の公刊論文(1951)に関する一考察」(2012)|北海道医療大学学術リポジトリ http://id.nii.ac.jp/1145/00006354/
  3. 薄井 明「ゴフマンの「隠れジンメリアン」疑惑 :従来のゴフマン理解の見直し」(2013)|北海道医療大学学術リポジトリ http://id.nii.ac.jp/1145/00006376/
  4. 薄井 明「ジンメルの影響圏におけるゴフマン社会学」(2015)|北海道医療大学学術リポジトリ http://id.nii.ac.jp/1145/00010439/
  5. 薄井 明「羽化したばかりのゴフマン社会学 :第二公刊論文(1952)に関する一考察」(2016)|北海道医療大学学術リポジトリ http://id.nii.ac.jp/1145/00064404/
  • 薄井 明「若きゴフマンの知的生活誌 :高等学校時代と大学時代」(2017)|北海道医療大学学術リポジトリ http://id.nii.ac.jp/1145/00064516/

▽次のページでの教示。(「わたしとしては、この一連の論文が ぜひとも どこかの出版社から単著刊行されることを期待しお祈りしております。」と紹介されている。)

 →▼酒井泰斗+小宮友根「ルーマン『信頼』を読む:質疑応答」(2017年10-12月、朝日カルチャーセンター新宿) - socio-logic http://socio-logic.jp/luhmann_acc/201710_trust.php#q207


▽メモ。

▼アーヴィング・ゴッフマン - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3

nabe labo|Goffman DataBase http://www.nabe-labo.jp/goffman/g_articles_j_2010.html

アービング・ゴッフマン:L'illusion biographique (1922-82)〔池田光穂〕 http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/000711goff.html

▼アーヴィング・ゴフマンの社会学 〜ありふれた「コミュニケーション」を考える〜〔松岡智文〕 - Cute.Guides at 九州大学 Kyushu University https://guides.lib.kyushu-u.ac.jp/goffman

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ilya/20180508/1525778320