Hatena::ブログ(Diary)

八月の残りの日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2003 | 09 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 09 |
2009 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 |
2015 | 03 |

2004年11月30日

散華 散華を含むブックマーク 散華のブックマークコメント

http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/diary/diary0411.html#30p7

 要は死にたいってことじゃないのかしら。美しく、あるいは何かのために。愛のために死ねる朝を探しているのか(「勝利者達の挽歌」)、みたいな。

 あと、太宰治『散華』。個人的には、「供養の際に花をバラまくこと」という本来の意味で用いられるのは滅多に目にしません。

 あと最近はなんか『ベルセルク』や『デモンベイン』でけっこう変な使われ方をしてるなあ。「木っ端となりて散華せよ」とか。違和感ないのは『覚悟のススメ』ぐらい。

 でも「散華の衝動」となるとわりと意味不明なのは確かかやっぱり。せめて「散華への」じゃないかなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/imaki/20041130