今津っ子のてくてく日記

2011-04-19 [大阪市]淀川区新高の道標

本文はこちらにあります。

[大阪市]淀川区新高の道標

Hatenaのシステムが変わり、私の環境(MacIE)では画像の貼り付けが出来なくなりましたので緊急避難しました。

点と点点と点 2011/04/21 14:58 こんにちは 十三の公園ではお世話になりました。 ブログを見ました。
考察がいい、立派にできています。
私は「見つけた道標」にアップしました。
十三を探索しもう一つ見つけました。
http://www.eonet.ne.jp/~pc007/framepage3.html
で確認してください。

今津っ子今津っ子 2011/04/22 02:22 「見つかった道標」拝見しました。
大阪市内にはまだまだ報告されていない道標があるようですね。
大阪市だけ、まとまった形での道標調査報告がないのは、本当に不思議です。

点と点点と点 2011/05/17 06:36 点と点
こんにちは お元気ですか!
昨日、荒木勉さんから 「豊中市の道標」冊子にするので監修の依頼でした。
上新田の道標も調べているそうです。楽しみです。
話を聞いていて、前に今津っ子産から聞いていた方ですね!
まだまだ 元気な方です。
 先日 天満の国分寺で 大量の道標(5基)を見つけました。
 一度、ブログをご覧下さい。
「道標が呼んでいるのでは!」と思います。

tentententen 2011/07/25 23:19 上村 和功です。
体のほうはどうですか!
新高公園の件分りました、
 旧在所 能勢街道 JR貨物線北 約50メートル
 同じ方向で別な知名については 神津神社道標Cと同じ
 神津神社で説明します、  すぐが幹線で十三の渡しへ、右は途中右に神津神社がある。と理解したら。
 新高公園の道標も理解できる。
  メール待っています。

2010-10-28 会報「阪神間の街道」をWEB公開しました

会員に配付していた会報「阪神間の街道」のバックナンバーをメインHPの方で、WEB公開しました。

メインHP:阪神間の街道をあるく

第1号の主な内容

 太田南畝の野田藤見物

   =今から200年前の野田・福島・曽根崎=

第2号の主な内容

 津戸ノ中道

   =秀吉中国大返しの道=

街道解明の調査過程等の地味な内容ですが、興味のある方はご覧ください。

2010-08-02 [西宮市]所在が確認された上之町の厄神道道標

本文はこちらにあります。

[西宮市]所在が確認された上之町の厄神道道標

Hatenaのシステムが変わり、私の環境(MacIE)では画像の貼り付けが出来なくなりましたので緊急避難しました。

2010-06-22 [西宮市]郷土資料館に移設された旧はり半道標

本文はこちらにあります。

[西宮市]郷土資料館に移設された旧はり半道標(1)

[西宮市]郷土資料館に移設された旧はり半道標(2)

Hatenaのシステムが変わり、私の環境(MacIE)では画像の貼り付けが出来なくなりましたので緊急避難しました。

2010-04-19 [尼崎市]救出された富松町の道標

富松町は阪急塚口駅と武庫之荘駅のほぼ中間にあり、一般には富松城跡のある町として知られています。

f:id:imazukko:20100419193257j:image

その富松町の一角に道標を兼ねたお地蔵さんがありました。

少し東の辻から移設されて来たとのことですが、ガードレールに守られ、立派な台座の上に据えられて安泰であるように見えました。

ところが、以前撮影した写真のデータを無くしたので、2009年、再撮影のために訪問したところ、台座だけを残して道標部分が無くなっていました。

f:id:imazukko:20100419193344j:image

元は花が生けられ、近所の方により大切にされていました。

f:id:imazukko:20100419193425j:image

2009年の訪問した時にはまだ生けられた花が残っていましたが、2010年4月、捜索のために再訪してみると、かつてそこにお地蔵さんがあった形跡すらも無くなっていました。

f:id:imazukko:20100419193520j:image

周辺で聞き取り調査をしてみたところ、道標はある施設に保管されているとの情報を得ました。

さっそく訪ねてみると、情報通り道標が保管されていましたので写真撮影をさせていただきました。

f:id:imazukko:20100419193613j:image

道標は小川とガードレールのすき間に設置されていたのですが、その小川の川底に落ちていたのを発見した方が持込んできたそうです。

警察や市役所に連絡したが、所有者不明のものは扱えないということで帰ってしまい、やむなくそのまま預かっているとのことでした。

物が物だけに、捨てるということはないが、処置に困っているそうです。

この道標のあった辻は、尼崎から昆陽寺、中山寺有馬へのルートの内の一つにあたり、また逆に、西武庫地区から塚口、神崎を経て大阪に通じる道筋でもありました。

f:id:imazukko:20100419193712j:image

亡失したと思ってた道標に再会できて嬉しいかぎりです。

できれば、この道標が再び日の目を見ることを願っています。

メインHP:阪神間の街道をあるく