ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

BLOG_inainaba このページをアンテナに追加 RSSフィード


2026-03-13

[]伊奈正司著・伊奈正人解題『やけあと闇市野毛の陽だまり

購入される方は、486339070XというISBN番号を添えて書店に注文するか、もしくはハーベスト社に直接注文が確実です。Amazonは時々出ますが、すぐなくなります在庫成城堂、有隣堂本店紀伊國屋新宿南などにあるようですが、確実ではありません。


試し読みはこちらへ。

http://nogelog2014.hatenablog.com/archive/2014/9

内容紹介

昭和23年闇市でにぎわう横浜野毛にのろまでどじな1人の若者巡査として赴任してきた。 「のろまの竹さん」とあだ名されたこの若者がみたものは、どろぼう・進駐軍やくざ風太郎・ヒロポン中毒者・売春婦浮浪者・浮浪児などが目の前に行き交うカスバのような街。 日々、彼ら/彼女らと接しながら街に暮らす人びとに支えられ、街の治安に奔走する。 そのような戦後の一時代を「のろまの竹さん」は、たしか記憶で文・イラストを駆使し細部まで描く。そこには貧しく混乱した社会戦後を生き直す若者や街の人びとが巧まずして記録されている。 それはまさに原初的フィールドワーカー眼差しともいえるだろう。

出版社からコメント

著者の伊奈正司さんは90歳になられた現在も、元気に野毛暮らしておられます。 70年ちかくも昔のことを細部まで記憶されていて、細部に描かれたものにいろいろな発見があるでしょう。 イラスト退職後絵を勉強され、ご自分で描いています戦後の混乱した一時期、本書で描かれたような世界日本のあちこちで現出したことでしょう。そこに様々な街のコードや下位文化を読み取ることもできるでしょう。

ブログ記事などの紹介

朝日新聞書評掲載されました。

http://www.asahi.com/articles/ASJ5J4KB5J5JULOB00P.html


神奈川新聞書評掲載されました。


真田のよもやまばなし

http://sanada.at.webry.info/201601/article_2.html


Tatsuya Shirahase Blog

http://shirahase-tatsuya.tumblr.com/post/141636531487/%E3%81%8A%E5%B7%A1%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%80%83%E7%8F%BE%E5%AD%A6

2026-03-10

[]『社会学想像力』2刷訂正

オーウェル)『一九八四』⇒『一九八四年』p.247 p.289

:ほとんどの邦訳が『一九八四年』という書名になっているため(中村

https://twitter.com/ChikumaGakugei/status/8368788838824796164


[]『社会学想像力誤訳集 from名古屋大学

 名古屋大学上村泰裕先生が、大学院ゼミ検討された結果を、「改訂時の参考に」と言うことで送ってくださいました。また、以前に作成した重要箇所の抄訳リンクもお知らせいただきました。http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/~kamimura/mills.pdf いずれも、精読する上で重要資料と思いますので、先生の承諾を得て、公開共有させていただけることになりました。活用いただけましたら幸いです。


 ミルズ『社会学想像力』(ちくま学芸文庫2017年誤訳


【1章】

17頁

つの方法にすぎない→ただ一つの方法

19頁

私的問題→困難

21頁

なにが最良なのかをめぐる試金石→最良なもののしるし

24頁

私的問題個人的困難

33頁

始末に負えない→制御不能な

34頁

評者→コメンテーター

この用語を用いることで、非常に強い信念を示すことができる。他の用語省察スタイルは、問題回避曖昧化にすぎないように見える。

物理学生物学用語に絶大な信頼を置くことができる一方、他の用語体系や思考様式は逃避や曖昧化の手段に過ぎないかのように思えてくるのである

37頁

自然が明白に征服され、食糧難が解決されたのはほぼ間違いない、と過剰開発された社会人間は感じている。

自然征服と欠乏の克服はほぼ達成されたと超先進社会の人々は感じている。

40頁

大きな図絵→全体像

41頁

…テーヌは、現代への関心が強く、よい歴史家たりえなかった。理論にすぐれていたので、よい小説家たりえなかった。そして、文学を、特定時代や国における文学の記録であると考えていたため、一流の批評家たりえなかった。

→彼はたんなる歴史家になるにはあまり現代への関心が強く、たんなる小説家としてやっていくにはあまり理論家であった。たんなる批評家として一流の地位を築くには、彼の文学思想はあまりにも一時代ないし一国の文化全体の記録でありすぎた。

彼はこうした著作により実証主義思想を伝えた→彼の実証主義手段であった

44頁

技術者技術

【2章】

75頁

政治正統化とその根拠政治正統化とその原因

76頁

理論(the theory)→唯一の理論

79頁

共通価値」をひとつにまとめることは決して必要ない

→「共通価値」の統一は決して必然ではない

81頁

だいたいにおいて、私たちは常にそうした決着に止まるわけではないのである

→とは言うものの、私たちは常に最終段階に直面しているわけでは決してないのだ。

82頁

の鍵→を理解する手がかり

83頁

アンカーポイント判断基準


86頁

それぞれずいぶんと異なる→それぞれの社会でずいぶんと異なる

88頁

調和(correspondence)→一致

「統整(co-ordination)」→「調整」

92頁

理論体系→この理論体系

抽象的な理論体系→この抽象的な理論体系

93頁

グランド・セオリーというものは、問題も、検討も、解決も、威厳たっぷり普遍的理論性をもっている

パーソンズ問題方針、解答のいずれも、傲慢なまでに理論的なのである

【3章】

96頁

意見(opinion)」については、通常の時事的・一過的な典型的政治問題についての発見だけでなく、態度、感情価値情報など関連する行為を含めて、私は考える。

→「意見」と言うと、時事的一過的な、典型的には政治的テーマに関する意見をさすのが普通だが、私は、態度、感情価値観情報、および関連する行為も含めて考えることにしたい。

100頁

「移行」されることはなく→「翻訳」などできるはずもなく

ヴェーバー試論的に統計化した「社会階級

統計では扱いにくいヴェーバーの「社会階級




101頁

アメリカ階級地位権力などの構造階級地位権力などの全国的構造

技術者技術

107頁

一般化するにはお粗末な主題一般化するのは好ましくない主題

108頁

なんらかの→ある種の

その特徴的な方法ではなく、方法論的という専門性から定義する

社会学に特徴的な方法によって定義するのではなく、方法論の専門学科として定義する

110頁

幸福の評定を集める→幸福を測定する

114頁

社会学者が突然→この社会学者は突然

115頁

不適切→不十分

具体的な問題自分の具体的な問題

118頁

明らかにポリシー→明示的な方針

119頁

ポリシー方針

お粗末な承認→通り一遍挨拶

121頁

研究実践は→実際には

128頁

杓子定規ものではないこと→いかに何とでも言えてしまうか

130頁

経験主義明解方法は、哲学とは区別されるもの

経験主義哲学はさておき、経験主義の個々の方法

【4章】

135頁

社会科学者はしばしば自分たち合理的であると思い込んでいるわけだが、すべての人がそれと同じくらいに合理的なわけではない。

社会学者はみな、自分が信じているほど合理的ではない。

139頁

全体像→全体

140頁

公共の財→公共財産

147頁

宗主権力宗主国

149頁

制度づくりを行う→制度的な

152頁

と誰かがかつて言ったに違いない→と言った人がいなかったっけ。

154頁

古い考え方と新しい事実は、しばしば新しい考え方より重要であることが多いが、しばしば教室でのテキスト採用」数を制限する危険のあるものとして考えられる。

→古い考え方と新しい事実は、しばしば新しい考え方より重視される。教科書に新しい考え方を盛り込むと講義採用されにくくなる、と考えられているからである

155頁

個人事案→個々のケース

156頁

事案→ケース

157頁

「ふさわしい」→「必要とされている」

160頁

社会性をまとっていない言葉社会的にむき出しの言葉

【5章】

179頁

問題特定選択→明確な問題選択

こうした公衆から…重視してきたのである

→何ものにも囚われない客観性という考え方は、曖昧一定しない圧力に対する敏感さに基礎を置くものであり、したがって、ささやかながらも独立していて指図されない研究者一人ひとりの関心にこそ基礎を置くものだったのだが、それがこの公衆からクライアントへの移行によって掘り崩されることは疑いない。

182頁

調査技術者調査技術

183頁

当時主流であった西欧思考モデルに熱中していた

西洋社会の主要な思考様式を身につけていた

184頁

調査技術者調査技術

185頁

技術者技術

187頁

技術者技術

192頁

遠大→誇大

202頁

集合的自己制御」には…可能になる。

→これまでにさまざまな種類の「集合的自己制御」が考案されてきた。集合的自己制御について十分に論じようと思えば、自由と理性、理念価値に関するあらゆる問題を論じなければならない。さらに、社会構造の一類型としての、また一連の政治的期待としての「民主主義」の理念についても論じる必要がある。

【6章】

207頁

役立つものである→それなりに役立つものである

想像力解放して→モデルによって想像力解放して

研究のヒントを得る→モデルから研究手続のヒントを得る

臆病→おかし心配

210頁

方法論議が現れている→方法論議が実際に行なわれている

212頁

警告を受けている→警告したい

213頁

研究を行え!→仕事しろ

アイディア理念


214頁

アイディア理念

217頁

ポリシー方針

219頁

ポリシー方針

220頁

ポリシー方針

221頁

マクロ的→巨視的

ラインナップ→構成

に基づくものである→しだいである

222頁

究明はおろか対峙すらされてこなかった→解明も対峙もされてこなかった

【7章】

230頁

大規模な歴史的構造観点から、小規模な生活圏を選択して研究する必要がある。

→小規模な生活圏は、大規模な歴史的構造と関連づけて選択研究すべきである

233頁

調査専門家調査技術

236頁

全体主義的であり形式的には民主的でもある

全体主義的なもの形式上民主主義的なものも含めて


237頁

個人的非人格的

239頁

主要西側諸国→主な西洋諸国

242頁

百科事典的→百科全書

【8章】

246頁

今のところ→いまや

247頁

主題が軽視されて→主題が当然視されて

250頁

という意味である→ことを意味する

253頁

歴史的比較可能な素材→歴史的素材や比較的素材

254頁

固有の時代観点で→特定時代と関連づけて

つの独特なパターンのようなもの→何らかの独特なパターン

255頁

そう言ってよければ→ないしは

258頁

自律的創造自律的創造



266頁

しか撤退するためには、歴史社会性質について、有益でもなければ正しくもない想定をする必要がある。

しかしそんなことをすれば、歴史社会本質について有益でも真実でもない想定をするはめになるだろう。

277頁

多分そうするはずである→多分そうすべきなのである

【9章】

280頁

私たちを混乱させる→私たちに方向を見失わせる

282頁

であり続けるのであれば→であり続けるべきだとすれば

283頁

言い換えられねばならない→立て直す必要がある

286頁

このような合理化という支配趨勢の影響を考えれば

合理化という支配趨勢のこのような作用を前提として

288頁

現代社会科学の怠慢になりうるものにそれほど深く関係する

現代社会科学では放棄されかねない

289頁

今日ではややもの悲しそうな側面→今日ではむしろ切ない側面

291頁

それを定式化することにあるのだろう→それを定式化することにある

294頁

未来は決定されるものだ→未来私たちが決定できるもの

そしてネガティブ面でいえば→逆に言えば

296頁

怠慢によって進行する→放棄されてしまう

【10章】

297頁

明確な議論→明示的な議論

298頁

キャッチフレーズお題目

304頁

明確な決定→明示的な決定

305頁

自分でかってに選んだ事情自分で選んだ状況

306頁

自分でかってに選んだ事情自分で選んだ状況

307頁

彼らの事情→彼らの状況

308頁

陳腐な関心→些末な研究

自由限界と、歴史における理性の役割限界を確定させる

自由と、歴史における理性の役割を極限まで推し進める

309頁

構造問題について適切に述べるのであれば…

社会科学者の発言を、彼らの願いを聞き入れてくれそうな生活圏の問題限定するのは適切ではない。

311頁

権力をもっており、そのことを自覚している人々に対しては…

権力をもっており、そのことを自覚している人々に対しては、彼らの決定や非決定が構造的結果に重大な影響を及ぼすことを研究によって明らかにし、各種の責任の取り方を教える。

319頁

私たちは主に法律的形式形式的期待においては

私たちは主に法律的形式形式的期待においてのみ

付録

329頁

論文を並べる→論文を準備する

336頁

たまには創造的な人でなければならないが→時には想像上の人々であるかもしれないが

あらゆる重要社会的知的環境社会的知的に関連のあるすべての環境

342頁

格好の研究→格好の仕事

343頁

独創的でなければならない→工夫がなければならない

350頁

本全体に組み入れられる→一冊の本になる

355頁

一般性のレベルを注意して見張ろうとする→一般性のレベルに注目する

しばしば感じるであろう→しばしば気づくであろう

358頁

溺れるかもしれない→溺れかねないか

359頁

サンプルを抽出する前に世界を知る→サンプルを抽出する前に母集団を知れ

362頁

それが問題なのだ→そこが難しいところなのだ

363頁

散文→無味乾燥文章

あなたの適切な研究あなた自身研究

364頁

読まれるだけの地位→読まれるだけの資格

365頁

自分にどんな地位要求しているのか→自分にどんな資格があると主張するのか

368頁

誰に読まれるのだろうか→誰に読まれたいのか

373頁

歴史的構築→歴史横断的解釈

比類のない大事件→一回限りの出来事

狂信的になってはならない→マニアになってはいけない

【原注】

382頁

五〇パーセントが冗談→五〇パーセントが冗漫