ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

BLOG_inainaba このページをアンテナに追加 RSSフィード


2026-03-13

[]伊奈正司著・伊奈正人解題『やけあと闇市野毛の陽だまり

購入される方は、486339070XというISBN番号を添えて書店に注文するか、もしくはハーベスト社に直接注文が確実です。Amazonは時々出ますが、すぐなくなります在庫成城堂、有隣堂本店紀伊國屋新宿南などにあるようですが、確実ではありません。


試し読みはこちらへ。

http://nogelog2014.hatenablog.com/archive/2014/9

内容紹介

昭和23年闇市でにぎわう横浜野毛にのろまでどじな1人の若者巡査として赴任してきた。 「のろまの竹さん」とあだ名されたこの若者がみたものは、どろぼう・進駐軍やくざ風太郎・ヒロポン中毒者・売春婦浮浪者・浮浪児などが目の前に行き交うカスバのような街。 日々、彼ら/彼女らと接しながら街に暮らす人びとに支えられ、街の治安に奔走する。 そのような戦後の一時代を「のろまの竹さん」は、たしか記憶で文・イラストを駆使し細部まで描く。そこには貧しく混乱した社会戦後を生き直す若者や街の人びとが巧まずして記録されている。 それはまさに原初的フィールドワーカー眼差しともいえるだろう。

出版社からコメント

著者の伊奈正司さんは90歳になられた現在も、元気に野毛暮らしておられます。 70年ちかくも昔のことを細部まで記憶されていて、細部に描かれたものにいろいろな発見があるでしょう。 イラスト退職後絵を勉強され、ご自分で描いています戦後の混乱した一時期、本書で描かれたような世界日本のあちこちで現出したことでしょう。そこに様々な街のコードや下位文化を読み取ることもできるでしょう。

ブログ記事などの紹介

朝日新聞書評掲載されました。

http://www.asahi.com/articles/ASJ5J4KB5J5JULOB00P.html


神奈川新聞書評掲載されました。


真田のよもやまばなし

http://sanada.at.webry.info/201601/article_2.html


Tatsuya Shirahase Blog

http://shirahase-tatsuya.tumblr.com/post/141636531487/%E3%81%8A%E5%B7%A1%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%80%83%E7%8F%BE%E5%AD%A6

2016-07-27

[]伊奈正人『C・W・ミルズとアメリカ公共社会: 動機の語彙論と平和思想

 真っ先にメールが届いたのは、共著者でした。ちょっと早いので、特別一冊送ってくれたのかもしれませんね。献本は、社会学史学会でご一緒する数人、転載刊行物の編者、などを優先させて頂きました。それらは彩流社バージョンで。6日くらいに女子大バージョンが届くので、順次著作をくださった人たちにお送りします。あまりに専門がかけ離れている人には、送らないかもしれませんが、てめごるぁああとかメールくれれば考えます。リツイ拡散図書館購入申請などお願い致します

版元の方たちがページをつくってくださいました。カバーデザインとか目次とかアップしてくださいました。

http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-1897-5.html

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=498351376898591&l=8b98aafe33


[]拙著誤植【正誤表】です。

あれだけくり返し見て発見できなかったものが、本を手にとってペラペラめくった瞬間に見つかるのもワケわかんないです。気づいた誤植などありましたら、コメント欄にでも書いていただけましたら幸いです。

p.21の4行目、「同所」→「同書」(中村好孝氏より)

p.24ナント→メナンド 2カ所

p.72 前田本 出版社新曜社 カツなぜか文献表に欠落。サーセン

索引 地口(ぢぐち)pun → J 

----

2013/06/26 更新

p.73 最終行 動機論が→を

p.66 井上1967 → 1966

p.167 引用文中『』→書名をのぞき「」

p.157 4行目 の姿を異化する → サラリーマンの姿を・・・

----

2013/07/02 更新

p.26 見田2008→見田[2008]2009 文献表 見田2009→見田[2008]2009

p.49 注1 盛山2007→2006

p.113 注12 後ろから三行目 Summers→サマー

p.220 Burke1941 → 1941b

----

早稲田大学那須先生に文献表の不備を指摘いただきました。重要文献が抜けており、ファイルの保存間違いとチェックミスと思われます。心よりお詫び申し上げるとともに那須先生にご指導感謝申し上げます

文献表 

高橋肇 1994二つを 1994a と 1994bへ。

Aronowitz. S. 2012 , Taking It Big: C. Wright Mills and the Making of Political Intellectuals, Columbia University Press.

Aronowitz, S (Ed.)., 2004, C. Wright Mills?−?. London: Sage.

遠藤薫編, 2007 ,『グローバル化社会変容』京都世界思想社.

江藤淳 1958.「実感主義は人間的か」『中央公論』73(3).

福田恒存, 2004, 『福田恒存文芸論集 (講談社文芸文庫)』講談社.

橋川文三加藤秀俊江藤淳田口富久治・大江健三郎 1958.「『実感』をどう発展させるか」『中央公論』73(7).

前田泰樹, 2008, 『心の文法』新曜社.

宮台真司北田暁大,2005,『限界思考双風舎.

森常治,1984,『ケネスバークロゴロジー』勁草書房.

西川珠代,1991,「社会学における『動機概念の変容―ウェーバー動機理解と『動機の語彙』論の動機付与」『ソシオロジ』36 (1).

Oakes,G. & Vidich,A.J., 1999, Collaboration, Reputation and Ethics in American Academic Life: Hans H.Gerth and C.Wright Mills, University of Illinois Press.

Press, H. ,1978, C. Wright Mills, Boston: Twayne Publishers.

桜井哲郎,1983,『知識人運命三一書房

盛山 和夫, 2006, 「理論社会学としての公共社会学にむけて (<特集> 理論形成はいかにして可能か)」『社会学評論』57(1).

Tanenbaum, S. J., 1995, Underground Harmonies: Music and Politics in the Subways of New York Corner University Press (=2009, 宮入恭平訳,『地下鉄ミュージシャンニューヨークにおける音楽政治朝日新聞出版).

玉水俊哲・矢澤修次郎,1999,『社会学のよろこび』八千代出版.

[]献本お礼

佐藤健二さんより、『論文の書き方』をご恵投たまわりました。ありがとうございました。謎解きの実践として、読み書きについて論じる。単なる技術論ではなく、本筋が本格的に論じられている。読むと、うひょ思考、どや思考が解毒されてゆくようだ。

http://www.koubundou.co.jp/book/b185665.html

論文の書きかた (現代社会学ライブラリー 18)

論文の書きかた (現代社会学ライブラリー 18)


奥井智之さんより、『恐怖と不安社会学』をご恵投たまわりました。ありがとうございました。感情社会学と思いきや、グローバル化リスクなどを鍵とした現代社会である。これも本筋ががっちり書かれている。

http://www.koubundou.co.jp/book/b185662.html

恐怖と不安の社会学 (現代社会学ライブラリー 16)

恐怖と不安の社会学 (現代社会学ライブラリー 16)


野村一夫さんからは、『ゼミ入門』をご恵投たまわりました。ありがとうございました。スキルスタディーズ系の著作はいろいろありますが、ソキウス構築者のものだけに、ひと味違うものがあります。ご本人のブログに、索引が公開されておりました。

http://nomurakazuo.com/2014/12/23/seminar-index/


内海博文さんからエリアス論の『文明化と暴力』をご恵投たまわりました。ありがとうございました。随分前に出ることになっていたのは、某シンポでご一緒した際の予習で知りました。光源とされている論者をみるだけでも、わくわくします。巧妙な味わい深い一冊です。http://www.toshindo-pub.com/detail/?id=1448

文明化と暴力―エリアス社会理論の研究

文明化と暴力―エリアス社会理論の研究